寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【レイプ・痴漢】【痴漢・痴女】弥生【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

2017/04/30 22:47


名前 = 弥生年齢 = 18住んでる所 = 神奈川 職業 = 高校生アクセス = 自宅種類 = 私の体験告白 はじめまして、弥生といいます。十八歳の高校三年です。昨日たまたまレディス系のホームページでここのことが話題に上っていて、「露出」という単語を目にし、どうしても書きたくなって送ってしまいました。私は普段自分をぼくといっているので、ここでもそう書かせていただきます。 ぼくはたまに、三ヶ月に一回くらいでしょうか、どうしようもなく裸を人に見せたくなります。確か中学校に入った頃からそんな感じでした。部活はテニス部に入っていて(そこで「ぼく」と言うようになりました)、いつも練習が終わるのは陽が落ちてからでした。-----いつも友達と一緒に帰っていましたが、家が学校から遠かったので最後は一人で帰ることになってしまうのです。ある日、いつものとおりにみんなと別れてから、突然誰かにぼくの裸を見られたいと思ってしまったのです。ぼくの通っていた中学校はジャージ通学が可能だったので、運動部はほとんどがジャージで通っていました。ぼくもジャージを着ていたのですが、道をちょっとそれた藪に入って最初はジャージを脱ぎました。下には白いTシャツとスポーツブラをつけていて、部活中はみんな気にしないのですが、ブラが透けて見えるのです)次にブラをはずしました。もう暗かったのでよく見ない限り絶対ノーブラだとは思われないはずです。それだけでもう胸のあたりがどきどきしました。でももっとしたい、もっとよく見せたい、そう思ってシャツも脱いでしまいました。そのまま道に戻って歩き始めました。もう胸はどきどきして足は震えて、もし誰か知り合いにあったらと思ってぼくは何をしてるんだろうとパ二ックになっていたと思います。それからしばらくその格好で歩き、また藪に入って初めて自慰をしてしまいました。 それからは露出癖がでると夜家の中を裸で歩き回ったり、妄想したりして解消してきました。 四ヶ月ほど前のことです。夜、本を読んでいて気がつくと十二時を回っていたので、お風呂に入りに行きました。テニスをやっていた(高校でもやっていましたが、三年になって引退しました)こともあって、ぼくの髪はシャギーの入ったショートなので、乾かすのは自然に任せてもそう時間はかかりません。まだまだ暖かかったので裸のままソファにもたれていました。そのとき突然例の癖が強烈に襲ってきました。ぼくの裸を人に見せたい。今までにないくらい強烈な思いで心臓がどきどきしていました。部屋に入って自慰をしよう、そう思い自室に向かいました。ぼくの家は玄関から一本の廊下で全部の部屋がつながっています。玄関を見てぼくは、このまま外に出たら・・・その思いが理性を無くしてしまいました。 全裸のままスポーツサンダルだけを履いて外に出ました。玄関を出るとき電灯の光を浴びて、見られたのでないかと思うとそれだけで足ががくがくになってしまいました。このままどこに行こうか、考えて海に行くことにしました。ぼくの家からは歩いて十五分くらいですが、川沿いのサイクリングロードには電灯も少なく、人通りもないだろうと思ってのことでした。路地の暗いところを選んでサイクリングロードに行きました。途中、広い交通量の多い道が一本あるので、そこを渡るときは本当に緊張しました。渡るときに車が二三台いたので、見られたかもしれません。サイクリングロ?ドに降りてから、ちょっとクリトリスをさわってみました。濡れていて、軽くいってしまいました。 それから海に向かって歩き始めたのですが、一度いってから冷静な思考力が戻ってきました。ぼくは何をしているんだろう、こんなことをするなんて変態だ。エッチもしたことがないのに自慰をしてもまだ収まらないなんて。そう冷静な自分が言ってきて、それがまた胸や子宮をうずかせてしまいました。それからしばらくしてサイクリングロードが車道と合流しました。そのとき気づいたんですが、この道は国道とバイパスを結ぶ抜け道になっていて地理に詳しい車はよくこの道を通るらしいんです。夜中なので安心していたのですが、そうはいきませんでした。最初に会ったのは犬をつれて散歩している年上の女性でした。何もこんな夜中にと思ったのですが、気づくのが遅れて完全に姿を見られてしまいました。本当に恥ずかしくてうつむいてしまいました。犬もこちらに気づいて吠えていて、そのお姉さんもこちらを見ている気配がして、恥ずかしいのにその恥ずかしさがいっそうぼくをぞくぞくさせました。お姉さんはそのまま行ってしまいましたが、うつむいていたとき、電灯に照らされたぼくの体が見えて、下半身がきらきら光っていました。ぼくのことをどう思ったんだろう、顔を見られていたらどうしよう、そう思うと見られる快感と一緒に不安も出てきました。それから二台の車がぼくを追い抜いていき、それにも見られてしまったと思います。 バイパスが見えて海まであと少し、というところでぼくはバイクの音を耳にしました。そのとき、本当に快感よりも恐怖が襲ってきました。今日は土曜日だ・・・暴走族そんなのに見つかったら普段でも危ないのにこんな格好ではどんなことをされるか。必死に近くの草陰に身を隠しました。それから実際には十分くらいだったと思いますが、本当に今までで一番怖い思いをしました。それで、興奮も冷めてしまい、海についてもただ気が抜けて、すぐにまた道をもどって歩きはじめました。 歩きはじめて少したって、後ろから車が来る気配がしました。そのときにはまた興奮が戻ってきていて、ああ、また見てもらえると思って車がやってくるのを待っていました。車が通り過ぎる瞬間のあの快感を待っていたんですが、その車はぼくの後ろにつけたまま追い越そうとしませんでした。ぼくはまたパニックになっていました。そのとき、車の窓が開いて、男の人と女の人の声がしました。「おまえそんなことして何やってんだよ」「あれ露出ってやつじゃない?」ああ、見られてる、そう思って下を見るとまた下半身が濡れはじめていました。「ねー、そんなことして恥ずかしくない?」「いじめられてんじゃねーの?」「そんなことはないでしょう。かわいいのにねー。変態じゃん」「おい。もうべとべとだぜ」車はぼくの横に並び、そんな会話が聞こえました。恥ずかしい、もうだめ、そう思ったら何もしないまま軽くいってしまいました。そのとき声が出て、きっと表情にも現れたんだと思います。「ねえ、今いっちゃったんじゃない?」「やっぱ露出かよ、おまえ変態だな」それからぼくが歩くのと同じ速さで車を走らせながらぼくに向けてそんな言葉をかけ続けてきました。それだけでもう、ぼくは何度もいってしまいました。 車道と歩道の分かれ目が近づいてきて、あそこでこの人たちと別れるんだと思っていたときです。女の人が車を降りてぼくをつかみ、そのまま車の中へつれていかれました。もう意識がもうろうとしていたので抵抗もできず、ぼくは助手席のその女の人の膝に座らされて後ろから抱かれました。二人は笑いながら私のことを話していました。「ねぇ変態さん、名前はなんて言うの?」はじめに聞かれたのが名前でした。そんなことを話せるはずもなく黙っていると、いきなりクリトリスを摘まれました。敏感なところを摘まれ痛みに思わず声を上げてしまったぼくに、「ねえ、言ってくれないとこうするよ。もっとされたい?」「別に言わなくてもいいけどよ。そん時はこのままドライブして朝俺らもしらねぇ所でおろすけどな」そういわれるともう逆らえませんでした。「いとうやよい」「やよいちゃんかぁ、あたしはおぎわら、こっちがひとし。まぁ名前知っててもどうって訳じゃないけどさ」なぜか自己紹介をしてくれました。それからも二人の(おぎわらさんとひとしさん)質問は続きました。あまりはっきりとしないので大まかにしか書けません。「何歳?学生?」「十八で高校三年」「うっっわ、まじかよ。女子高生が夜中に裸で道歩いてんだぁ」「いつもこんなことしてるの?」「今日が初めて」ひとしさんが乳首をつねりました。「あうっ!中学の時に初めてして二回目です」「こんなことしてあんた自分が変態だって思わない?しかも中学の時から?それじゃあもう真性ね」「セックスは何回くらいしてる?」「変態なんかじゃ・・・それにセックスなんてしたこと無い・・・本当に!ぼくしたこと無いの!まだバージンなの」「ぼく?ふーん、あんた学校なんかじゃあ結構男にも女にももてるタイプでしょう?そんなのが夜外を裸で歩いててここをこんなに濡らしてるなんて知れたらどうだろうなぁ」「なんかさっきよりびしょびしょじゃねえ?おい、シート濡らすなよ」そんな言葉をかけられていたらもう我慢できなくなってすごい声をあげていってしまいました。「あ、いった」「うわ、すっげぇこえ」「ねぇ、やよいちゃん?あんた今日これで何回言ったの?」答えられずにいるとまた摘まれ、「もうわかりません。いや!本当にもう数えられなくって」「ふーん、じゃあこれから数えるか」荻原さんはそういって訳の分からないぼくのクリトリスをいじりはじめました。「そんじゃおれも」ひとしさんも一緒になってぼくの体を、胸やお尻を揉みはじめ、それで一回いってしまいました。もう何回いったのか、全くわかりませんでした。それなのにおぎわらさんは、「はーい、今ので二回めー。目指せ十回」そういって手の動きを止めようとしません。そのまま何度も何度もいかされました。七回目にいったとき、ひとしさんが、「あーもう我慢できねぇ」ジーンズとトランクスをおろして、ペニスを出しました。ぼくは、そのときにはもう何もかもどうでもよくなっていたので、あま…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
温泉で彼氏が寝ている隙に他の男子とエロ行為
2016/02/04 08:09
2016/02/04 08:09
197 :えっちな21禁さん:03/02/24 05:46 彼氏の会社の温泉旅行に無理言って連れて行ってもらいました 警備会社なので男ばかりでしたけど コンパニオンさんもタクサン来ていたし 彼氏も一緒だったので安心して飲みました そして なんか楽しそうだったので 時々彼氏の隣から離れ コンパニオンさんの真似して  彼氏の同僚さん達にお酌してまわったりしてました 彼氏にやきもち焼かせてみたくて 胸や足を触らせたりしてしまいました 宴会が終わるとコンパニオンさん達は帰り 気がつくといつのまにか  彼氏は酔いつぶれて寝ていました …
※子育ても落ち着いた妻が、クスリを飲まされてキメセク地獄に堕ちていた3(転載禁止)
2017/10/26 01:33
2017/10/26 01:33
私は、射精しながらうめき声が出そうになるのを抑えていた。ネットカフェなので、いくら個室ブースでも変な声は出しづらい。
画面の中では、対面座位のまま中出しされている妻が、獣じみた声をあげている。気持ちよさそうと言うよりも、我を忘れてうめいているという感じだ。私は、妻のはしたない姿を見ながら、手も触れずに射精してしまったことに動揺していた。昔、それこそ学生の頃に夢精した経験はあるが、こんな風に起きているときに手も触れずに射精してしまうなんて、経験もなければ聞いたこともない。

「スゲぇ出た。どうだ、旦那より良かっただろ」
男は、ニヤけた顔で言う。妻は、
『ひどい……。中に出すなんて、…
彼女と旅行先で
2016/08/08 23:01
2016/08/08 23:01
(彼女との温泉旅行に来た翔太…眺めの良い温泉に美味しい食事…どれをとっても充実した旅行)(だがその夜…彼女のみちるは早々に眠りについてしまった…二人で布団を並べて寝ているが、翔太は我慢が出来なくて…)(自分に背を向けて寝ているみちるの布団に潜りこんで、後ろからみちるを抱き締める…足を絡めて逃げれないようにして)(そして翔太はみちるの耳元でこう囁いた)……ねぇ…?みちる…折角二人きりなんだし…このまま寝るなんてこと…ないよね? 俺はもう我慢できないから… (浴衣ごしに翔太の勃起した硬いものが、みちるのお尻に押し付けられていて…)(そして翔太の舌がみちるの首筋にゆっくりと這っていく) ん…ぅ…はぁ…
妹の苛め
2016/04/26 10:05
2016/04/26 10:05
子供の頃1コ下の妹にパンツを脱がされたことが何度かある。 何度かどころじゃなく何十回もだ。今は同じくらいの背なんだが子供の頃は妹の方が体がでかかった。一番体格差が大きかったのは妹が小5~6くらいの時で俺よりも1回り以上でかかった。 ケンカして俺が泣かされることも度々で、ケンカになりそうな時は俺が妹を無視するようにしていた。無視して耐えてる俺に対して妹は蹴りをいれてきたりつねってきたりした。 途中から揉み合いになり押し倒されて上に乗っかられた。謝んないと泣かすぞみたいな事を言われ黙っているとズボンを脱がされそのままパンツも脱がされた。暴れても上に乗った妹はビクともしなくて体中をつねくられた。ちん…
■病院のお見舞いはなんだったか
2018/05/25 22:21
2018/05/25 22:21
 義兄の幹雄が怪我をして入院しました。屋根の雪下ろしをしていて足を滑らせたのです。幸いにも左足甲の骨折と捻挫ですみました。昨々日(日曜日)の午後、主人と市立病院に見舞いに行ってきました。

 義姉のミズエさんは1時間前に帰ったあとでした。「もう松葉杖をついて歩いとる」と、以外にも元気そうでした。私は目を伏せ主人のうしろに付いておりました。

■個室の掃除中におじさんの悪戯
2018/03/09 23:12
2018/03/09 23:12
 私は都内の満喫でアルバイトをしている19歳です。胸がFカップあるので、できるだけ強調しないような格好をしています。今日丁度個室の掃除をしているとき、ドアを開けたままのおじいさんがいました。

 なんとそのおじいさんはエッチな動画を見てました。私は処女なんですが毎日オナニーしてるくらいエッチで、わざと何度もその個室の前を行き来しました。するとおじいさんが、ちょっとわからないことがあると言って、私を個室に呼びつけました。

好きだった女の子に初体験で中出しまでさせてもらった体験談
2017/10/26 21:10
2017/10/26 21:10
今から20年以上も前の話で、初めてのセックスで幸運にも初中出しさせてもらった時のことを書きます。


それはちょうど、地方から東京に出てきて「学生時代を謳歌してやるぞ」とばかり、解放された気分になってた大学1年の時で、季節もちょうど今頃でした。


相手は高校3年の時の同級生で、駅も西武池袋線のS名町とH長崎で、隣同士でした。


彼女は、結構色っぽくて、可愛いというよりは“いい女”といった感じで、クラスではあこがれていたヤツも多かったようです。


かく言う俺も、彼女の結構ミニなスカートからのぞく脚や水泳授業の水着姿などを目に焼き付けてはオナニーしていたものです。


実は、彼女には高校時代…
金髪でヤリマンな黒ギャルの妹に包茎チンポを弄られ
2017/05/01 09:49
2017/05/01 09:49
妹と二人暮らししてた頃、妹がやらせてくれてた。 つか、初めての相手が妹だったけど。 うちの妹、お前らが嫌いな金髪日焼け肌超ヤリマンな典型的なギャルだったからなぁ・・・。 妹が専門学校入る時に親が「女の子一人だと危ない」って言って、大学生だった俺と二人暮らしする事に。 んで、最初の飲み会でベロベロに酔って友達に送られてきて、友達が帰ってから俺にゲロぶちまけた。 シャワー浴びようとしたら寝たと思ってた妹が服着たまま入ってきて・・・。 「悪いから洗ってやるよぉぇ」って言い出した。 (この酔っ払いが・・・)と追っ払おうとしても・・・。 「なんだよ~恥ずかしがんなよ~兄妹なんだからさぁ」…
人生を諦めていた童貞の俺に自信をくれた20歳の処女だった彼女
2016/06/02 20:50
2016/06/02 20:50
俺が28歳の時、

取引先に美人な20歳のバイトの女の子がいた。

俺はキモイおっさんで安月給でガリで色白で

彼女の前ではいつもキョドっていたのに、

彼女はなぜか気に入ってくれて、

あれよあれよという間に付き合うことになった。

ちなみに彼女は歌手の中島ミカ似のちょいキツめの美人。

彼女は可愛いし、

今までに普通に彼氏がいたと聞いていたので

非処女だと思っていたが、なんと彼女は処女だった。 俺も童貞で、お互いビビッてたって事もあり、

付き合い始めて3ヶ月はキスだけにとどまっていたが、

俺が我慢できなくなり、恐る恐る誘ってみたところ

なんとOKがもらえた。
【熟女体験談】AV男優さんそっくりの男性を逆ナンパし、初めて何度も連続でイカされた熟女美容師
2018/05/14 18:02
2018/05/14 18:02
2018/05/14 (Mon) 離婚したのは31歳の時

色々あり子供は
夫の方に引き取られ
現在四十路熟女の私ですが
一人で生活をしています

私は長年、美容師をしていて
数年前に独立して
地方で小さな美容室を
一人で切り盛りしています

離婚後は、男性運があまりなく
最近欲求不満な事もあり

ネットでエロ動画や
アダルトビデオを見ながら
オナニーしたりして
欲求不満を解消していたんです

最近だと女性向けのAVも多くて
素敵なAV男優さんや素敵なシチュエーションで
すっかりAVの奥深さに
夢中になっていったんです

それであるアダルトビデオに出演していた
筋肉ムキムキのAV男優さんに…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【痴漢・レイプ】最悪な夜

・【人妻体験談】筆下ろししてくれたエロい淫乱母は何でも言う事を聞いてくれる本当にエロい生き物

・19の時バイト先のパート人妻に筆おろししてもらった話

・【熟女体験談】童貞引き篭もりにSEXカウンセリングをしてくれた爆乳熟女カウンセラー

・【痴漢・レイプ】息子に

・拾った女子高生 2

・ハプニングバーに行き久しぶりにエッチしました

・★寝台列車で行きずりの女性とのエロ

・生理中のセフレが中出しさせてくれた

・【痴漢・レイプ】高校の時、通学の電車でデブ女に「こいつ痴漢です!」と腕を掴まれたが、同じクラスの女ヤンキーAが「そいつは痴漢やってねえよ」 とオッサンの襟首掴んで立ってた…

・ダブル不倫をしている美人な彼女は妻の友達です・・・

・パートの美人妻と結ばれました

・飲み会のトイレで偶然に中学時代の彼女に会い、その後…

・友達の母ちゃんとセックスしたことあるやついる?

・バイト先で社員さんにフェラチオしてあげた

・星明りの下で、泳いでみる?

・妻のノーパン姿が見たくてお願いしてみた

・弟が私の日記を見ながらオナニーをしていました

・酔っ払った2人の女上司の前でオナニー

・【不倫】会う前の2日間を電話エッチで盛り上げて

・28歳の処女は、相当焦って捨てたがっていた

・【熟女体験談】上司を睡眠薬入りの酒で潰して自宅に送り届け、上司の奥さんにも同様のことをし、中出し輪姦レイプ

・セックスの才能が半端ないドMのブス

・息子の担任【人妻体験談】

・【痴漢・レイプ】飲み会のゲームでたくさん飲まされてフラフラになって

・先輩と俺の子供欲しい!

・■私は飲食店に勤めている女19才です

・【痴漢・レイプ】犯されて…にい

・【Hな体験】巨乳のセフレと激しすぎるバレンタインエッチ

・悪戯で触ったはずだったんだけど