寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【レイプ・痴漢】【痴漢・痴女】弥生【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

2017/04/30 22:47


名前 = 弥生年齢 = 18住んでる所 = 神奈川 職業 = 高校生アクセス = 自宅種類 = 私の体験告白 はじめまして、弥生といいます。十八歳の高校三年です。昨日たまたまレディス系のホームページでここのことが話題に上っていて、「露出」という単語を目にし、どうしても書きたくなって送ってしまいました。私は普段自分をぼくといっているので、ここでもそう書かせていただきます。 ぼくはたまに、三ヶ月に一回くらいでしょうか、どうしようもなく裸を人に見せたくなります。確か中学校に入った頃からそんな感じでした。部活はテニス部に入っていて(そこで「ぼく」と言うようになりました)、いつも練習が終わるのは陽が落ちてからでした。-----いつも友達と一緒に帰っていましたが、家が学校から遠かったので最後は一人で帰ることになってしまうのです。ある日、いつものとおりにみんなと別れてから、突然誰かにぼくの裸を見られたいと思ってしまったのです。ぼくの通っていた中学校はジャージ通学が可能だったので、運動部はほとんどがジャージで通っていました。ぼくもジャージを着ていたのですが、道をちょっとそれた藪に入って最初はジャージを脱ぎました。下には白いTシャツとスポーツブラをつけていて、部活中はみんな気にしないのですが、ブラが透けて見えるのです)次にブラをはずしました。もう暗かったのでよく見ない限り絶対ノーブラだとは思われないはずです。それだけでもう胸のあたりがどきどきしました。でももっとしたい、もっとよく見せたい、そう思ってシャツも脱いでしまいました。そのまま道に戻って歩き始めました。もう胸はどきどきして足は震えて、もし誰か知り合いにあったらと思ってぼくは何をしてるんだろうとパ二ックになっていたと思います。それからしばらくその格好で歩き、また藪に入って初めて自慰をしてしまいました。 それからは露出癖がでると夜家の中を裸で歩き回ったり、妄想したりして解消してきました。 四ヶ月ほど前のことです。夜、本を読んでいて気がつくと十二時を回っていたので、お風呂に入りに行きました。テニスをやっていた(高校でもやっていましたが、三年になって引退しました)こともあって、ぼくの髪はシャギーの入ったショートなので、乾かすのは自然に任せてもそう時間はかかりません。まだまだ暖かかったので裸のままソファにもたれていました。そのとき突然例の癖が強烈に襲ってきました。ぼくの裸を人に見せたい。今までにないくらい強烈な思いで心臓がどきどきしていました。部屋に入って自慰をしよう、そう思い自室に向かいました。ぼくの家は玄関から一本の廊下で全部の部屋がつながっています。玄関を見てぼくは、このまま外に出たら・・・その思いが理性を無くしてしまいました。 全裸のままスポーツサンダルだけを履いて外に出ました。玄関を出るとき電灯の光を浴びて、見られたのでないかと思うとそれだけで足ががくがくになってしまいました。このままどこに行こうか、考えて海に行くことにしました。ぼくの家からは歩いて十五分くらいですが、川沿いのサイクリングロードには電灯も少なく、人通りもないだろうと思ってのことでした。路地の暗いところを選んでサイクリングロードに行きました。途中、広い交通量の多い道が一本あるので、そこを渡るときは本当に緊張しました。渡るときに車が二三台いたので、見られたかもしれません。サイクリングロ?ドに降りてから、ちょっとクリトリスをさわってみました。濡れていて、軽くいってしまいました。 それから海に向かって歩き始めたのですが、一度いってから冷静な思考力が戻ってきました。ぼくは何をしているんだろう、こんなことをするなんて変態だ。エッチもしたことがないのに自慰をしてもまだ収まらないなんて。そう冷静な自分が言ってきて、それがまた胸や子宮をうずかせてしまいました。それからしばらくしてサイクリングロードが車道と合流しました。そのとき気づいたんですが、この道は国道とバイパスを結ぶ抜け道になっていて地理に詳しい車はよくこの道を通るらしいんです。夜中なので安心していたのですが、そうはいきませんでした。最初に会ったのは犬をつれて散歩している年上の女性でした。何もこんな夜中にと思ったのですが、気づくのが遅れて完全に姿を見られてしまいました。本当に恥ずかしくてうつむいてしまいました。犬もこちらに気づいて吠えていて、そのお姉さんもこちらを見ている気配がして、恥ずかしいのにその恥ずかしさがいっそうぼくをぞくぞくさせました。お姉さんはそのまま行ってしまいましたが、うつむいていたとき、電灯に照らされたぼくの体が見えて、下半身がきらきら光っていました。ぼくのことをどう思ったんだろう、顔を見られていたらどうしよう、そう思うと見られる快感と一緒に不安も出てきました。それから二台の車がぼくを追い抜いていき、それにも見られてしまったと思います。 バイパスが見えて海まであと少し、というところでぼくはバイクの音を耳にしました。そのとき、本当に快感よりも恐怖が襲ってきました。今日は土曜日だ・・・暴走族そんなのに見つかったら普段でも危ないのにこんな格好ではどんなことをされるか。必死に近くの草陰に身を隠しました。それから実際には十分くらいだったと思いますが、本当に今までで一番怖い思いをしました。それで、興奮も冷めてしまい、海についてもただ気が抜けて、すぐにまた道をもどって歩きはじめました。 歩きはじめて少したって、後ろから車が来る気配がしました。そのときにはまた興奮が戻ってきていて、ああ、また見てもらえると思って車がやってくるのを待っていました。車が通り過ぎる瞬間のあの快感を待っていたんですが、その車はぼくの後ろにつけたまま追い越そうとしませんでした。ぼくはまたパニックになっていました。そのとき、車の窓が開いて、男の人と女の人の声がしました。「おまえそんなことして何やってんだよ」「あれ露出ってやつじゃない?」ああ、見られてる、そう思って下を見るとまた下半身が濡れはじめていました。「ねー、そんなことして恥ずかしくない?」「いじめられてんじゃねーの?」「そんなことはないでしょう。かわいいのにねー。変態じゃん」「おい。もうべとべとだぜ」車はぼくの横に並び、そんな会話が聞こえました。恥ずかしい、もうだめ、そう思ったら何もしないまま軽くいってしまいました。そのとき声が出て、きっと表情にも現れたんだと思います。「ねえ、今いっちゃったんじゃない?」「やっぱ露出かよ、おまえ変態だな」それからぼくが歩くのと同じ速さで車を走らせながらぼくに向けてそんな言葉をかけ続けてきました。それだけでもう、ぼくは何度もいってしまいました。 車道と歩道の分かれ目が近づいてきて、あそこでこの人たちと別れるんだと思っていたときです。女の人が車を降りてぼくをつかみ、そのまま車の中へつれていかれました。もう意識がもうろうとしていたので抵抗もできず、ぼくは助手席のその女の人の膝に座らされて後ろから抱かれました。二人は笑いながら私のことを話していました。「ねぇ変態さん、名前はなんて言うの?」はじめに聞かれたのが名前でした。そんなことを話せるはずもなく黙っていると、いきなりクリトリスを摘まれました。敏感なところを摘まれ痛みに思わず声を上げてしまったぼくに、「ねえ、言ってくれないとこうするよ。もっとされたい?」「別に言わなくてもいいけどよ。そん時はこのままドライブして朝俺らもしらねぇ所でおろすけどな」そういわれるともう逆らえませんでした。「いとうやよい」「やよいちゃんかぁ、あたしはおぎわら、こっちがひとし。まぁ名前知っててもどうって訳じゃないけどさ」なぜか自己紹介をしてくれました。それからも二人の(おぎわらさんとひとしさん)質問は続きました。あまりはっきりとしないので大まかにしか書けません。「何歳?学生?」「十八で高校三年」「うっっわ、まじかよ。女子高生が夜中に裸で道歩いてんだぁ」「いつもこんなことしてるの?」「今日が初めて」ひとしさんが乳首をつねりました。「あうっ!中学の時に初めてして二回目です」「こんなことしてあんた自分が変態だって思わない?しかも中学の時から?それじゃあもう真性ね」「セックスは何回くらいしてる?」「変態なんかじゃ・・・それにセックスなんてしたこと無い・・・本当に!ぼくしたこと無いの!まだバージンなの」「ぼく?ふーん、あんた学校なんかじゃあ結構男にも女にももてるタイプでしょう?そんなのが夜外を裸で歩いててここをこんなに濡らしてるなんて知れたらどうだろうなぁ」「なんかさっきよりびしょびしょじゃねえ?おい、シート濡らすなよ」そんな言葉をかけられていたらもう我慢できなくなってすごい声をあげていってしまいました。「あ、いった」「うわ、すっげぇこえ」「ねぇ、やよいちゃん?あんた今日これで何回言ったの?」答えられずにいるとまた摘まれ、「もうわかりません。いや!本当にもう数えられなくって」「ふーん、じゃあこれから数えるか」荻原さんはそういって訳の分からないぼくのクリトリスをいじりはじめました。「そんじゃおれも」ひとしさんも一緒になってぼくの体を、胸やお尻を揉みはじめ、それで一回いってしまいました。もう何回いったのか、全くわかりませんでした。それなのにおぎわらさんは、「はーい、今ので二回めー。目指せ十回」そういって手の動きを止めようとしません。そのまま何度も何度もいかされました。七回目にいったとき、ひとしさんが、「あーもう我慢できねぇ」ジーンズとトランクスをおろして、ペニスを出しました。ぼくは、そのときにはもう何もかもどうでもよくなっていたので、あま…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
年上の嫁3(完結)
2017/06/12 21:01
2017/06/12 21:01
あのまま寝入ったものの、思ったよりも眠りが浅かったようで朝の6時には目が覚めてしまった。 とりあえず、会社に連絡を入れしばらく休む旨を伝えた。 基本的に出張中は休みもほとんど無い上に残業も多いので、一時帰宅時はその分の代休を 取るのが通例になっており、特に問題はなかった。 俺が目覚めた時にはC子はすでに起きていたようで寝室には居なかった。 さて・・・と何からやるべきかと考えを走らせる。 正直言って昨日のあまりの状況に現実味がどんどん無くなってきているのは確かで 怒りのままに突き進むといったようなことは出来そうになかった。 が、さすがに相手のガキをそのままにしておくわけにはいかない。 これ…
大量の精液を奥さんの子宮にぶちまけた・・・
2016/03/17 20:01
2016/03/17 20:01
1年間付き合ったセフレの奥さん30歳が急に別れたいと
急に言い出した、理由は喧嘩していた旦那と最近仲良くなり
インポ気味だった旦那が病院治療で治り子供を作れるように成ったそうだ・・・

僕は少しショックだったが、不倫だし引き際も有るし
仕方ないので、奥さんに最後のSEXしたいと
僕は申し出た・・・
奥さんは危険日なので絶対ゴム付きでと言う事で何とか
OKしてくれた・・・
以前なら生挿入は当たり前で安全日には当然のように
中出しも、させてくれていたのに凄い変貌だった・・・
近所のホテルに入りました・・・
奥さんは僕に愛情が、もう無くマグロ状態でフェラも
してくれず只挿入を待ってるだけ…
【痴漢・レイプ】小学生の痴漢少年 3.
2015/11/01 13:14
2015/11/01 13:14
僕はサルのように2人の女性の下にかけてく、エロガキの後ろになんとかつくことができました。 ホーム上では、以前とおなじく2人の女性→クソエロガキ→僕の順番で電車を待っています。 僕は2人の女性を改めて見ました。 2人ともかなり背が高く、、168cmの僕よりも高いので。。少なくとも170以上は確実にあります。 そしてプロポーションも抜群にいいので、本当に雑誌のモデルか何かやってるのかもしれません。 顔は1人はナチュラルロングの毛先にウェーブがややかっている茶髪で、、目もキリッとしたお姉さん的な感じの美人です。、 もう一人は同じく茶髪ですがこちらはセミロングで全体的にふわふわとしたウェーブがか…
キモオタ豚野郎
2016/05/11 20:05
2016/05/11 20:05
私が高校のころに好きだったKは、 今思えばつまんないヤツだった。なんであんなヤツ好きになったんだろ。 デブでゲーオタでネクラで、努力もしないクソ野郎。 女の子を勘違いさせて傷つけまくるクソ野郎。 私の想いに気づいていながら、デブのくせに余裕かまして私が話しかけるのを待ってやがるの。キモイ。 政経の授業でもさ、私が前回休んだのわかってるくせにプリント貸してくれないの。わたしは待ってたのに。 仕方なく、今の彼氏に借りたよ。 Kはさ、ホントキモイんだ。卒業式の話もしたよね。でさ、最近になってmixiで「あの頃はゴメンなさい」って謝ってきてんの。 知らねーよ、デブ!カス!お前みたいな恋愛負け組は死ね!…
高校の時から10年付き合った元カノが寝取られた人生最大の復讐話
2015/12/23 20:00
2015/12/23 20:00
高校の時から10年付き合った元カノが寝取られた時の話 高校の時から10年付き合った元カノ、U子。 25の誕生日の前日から仕事の出張で会えないことになり あきらめていたのだが取引先の都合で延期になった。 驚かせてやろうとケーキを買って、欲しがっていた腕時計も買って いそいそとU子の部屋へ行ったらかすかに聞こえるギシアンな声と音。 速攻飛び込んで、U子の尻を抱えて後ろから必死に腰振ってる男の 後頭部に靴履きのままケリ入れてのたうってる顔面踏みつけた。 ほとんど声らしい声もださないまま失神したよ。   言い訳をするヒマすらU子に与えず、ベッドの下の小箱から ローターを…
仕込まれた妻
2016/02/10 14:00
2016/02/10 14:00
私は、建設会社で工事の請負の仕事をしていますがこの不況で、なかなか採算がとれません。そんな時ある工事会社の役員が、いい仕事があるよと3人で家にきました。
私の妻は自分の手料理で3人を一生懸命もてなしました。
妻が他になにかおつまみつくりましょうかと言うと、3人のうち先に酔った40代前半の社員が、奥さんのつまみを、よろしくなどと下品な事をゆうようになりました。


私は、困りましたが子供2人も、二階で寝ている事だしまあ、大丈夫だと思
い安心していました。

そして3人のうち私の知り合いの部長が私に、仕事の打ち合わせをするから
図面をとってきてくれといいました…
ネトゲで知り合った彼氏持ちの可愛い女の子
2018/03/09 09:41
2018/03/09 09:41
ある不登校の少年の一日[前編]
2017/02/10 20:19
2017/02/10 20:19
近所でも可愛らしく真面目で通っている裕実。 私にとってはごく普通の妻である。 妻は月に一度ボランティア活動に励んでいる。 ボランティア活動といっても、不登校の少年宅を訪ね保護者に近況を聞くといった、お茶のみの延長のような活動であるのだが・・・。 6月にはいっての日曜日、台風も過ぎ去り、もう外は、暑いぐらいの日中家事を済ませ、不登校児宅訪問の支度をしている妻。 平凡な毎日に、ちょっと気合が入る。 月一回の家庭訪問の準備である。 この活動を始めてから、どんな少年でも深く話せば理解しあえると確信を持ち始めた妻。 実際、何人もの少年達が妻の励ましで学校へ通うようになってきた。 やりが…
経歴詐称していた人妻職員は、責められると喜ぶタイプだった
2016/05/26 18:00
2016/05/26 18:00
私の職場には女性しかいません。
なぜかと言うと、介護ビジネスだから男性は必要ないのです。
唯一男性は私1人いますが、介護の現場ではなく事務、営業や運営をしています。
いちお法人の役員をしてますが、あまり儲かってないので、役員報酬もありませんが、ある程度の決定権は持っています。


そんなことはいいとして、うちには数人の人妻職員がいますが、その1人の事務も兼務している人妻職員の話です。
彼女は年齢は46歳で子供2人いるのですが、私がこの職場に来てから数年たちますが、この前初めて、前任者からあの人は離婚歴があり、子供も再婚相手の連れ子で実際に自分で産んだわけではないそう…
【風俗体験談】日暮里にいるという中出し専用の売春婦を買ってみた
2016/07/15 16:00
2016/07/15 16:00
昨年、指名した中出し専門売春婦との話です。 日暮里のラブホテルに彼女はやって来ました。 入口のドアを明け入室したとたん、何と私の下着を下ろして即フェラのご挨拶。 それがまた上手なせいと玄関でのフェラときて息子はピンピン爆発状態。 その場で私も彼女の下着を剥ぎとりバックから巨大化チンポを入れて立ちマン攻撃、敵もさることながら彼女の方からも尻を振って応戦、ついに我慢できずにマン〇に中出し。 この時、玄関での中出しは異様な興奮を感じたのを覚えました。 (癖になりそう)彼女のおしりの間から私の精子が太ももを伝わり下に流れ落ちていく光景は最高の淫靡。 彼女は部屋に入ってから事務所に連絡を…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・お義父さんと私4-1「来客中に、うしろから」

・【レイプ】高校生の時、母と一緒に犯されました

・【熟女体験談】Iカップで超爆乳おばさんと出会い系で会って、OKをもらって中出し射精

・最高のオナニー

・妻の養鶏所のおじさん達とのHなふれあい

・有名子役タレント”U”の放送事故並のエロガキ振り

・【近親相姦】セーラー服の妹と唇を重ね、2人で腰を動かした

・外人の彼女ができたとか羨ましい!!

・綺麗な人妻の顔が快感に歪む

・性生活が有料で離婚したら粘着うざー

・【人妻体験談】大親友の幼馴染に妻のオマンコを生で見せて、SEXまでさせてあげた

・男は女とヤル事で頭の中がいっぱい

・【浮気】美人で清楚な社長秘書はいい感じのM女だった

・俺には7歳離れた妹が居る

・酔ったマヤはエロい

・輪姦される事で体に性の快感が

・【人妻体験談】サービスとばかりにパンチラする天然な妻のおかげで後輩に慕われるようになった夫

・【熟女体験談】服従のポーズをして洗濯ばさみを使ってオナニーをする変態おばさん

・羽を伸ばしたいという出会い系の人妻

・あけおめパンティ!ことよろパンティ!

・大学生男女の飲み会の末は乱交SEX

・【Hな体験】知り合いの人妻看護婦さんがしてくれた手コキ[前編]

・【人妻体験談】近親相姦をした息子が嫉妬してくれることに愛おしく思う母

・シナ人によりアフリカ内戦を激化 象は絶滅の危機

・あけおめパンティ?ことよろパンティ?

・【浮気】女の悦びを蘇らせてくれたスーパー銭湯のバイト君

・彼女がほかの男に弄ばれ感じている・・・

・あんなに綺麗ごとを言っていた母が・・・

・【初体験】処女なのに乳首イキさせられた

・二股かけてたJKに年上彼女を寝取られた