寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

私はこの悦びなしには生きていけない・・・

2017/04/06 20:01


今32才の平凡な主婦です。今も表向きはそう。
人妻って言うほうが男性に受けるのでしょうね。
でも主婦です。子どもはいません。

でもあるで出来事をきっかけに、私の身体が狂ってしまったのです。
夫にも誰にも言えない告白できる所を探して、たまらず書いてしまっています。
最初、ほんの出来心から始まった事件でした。
どうしてそんな事をしてしまったのか…
今でも悔やまれてなりません。
一生ではじめての万引き、それが発覚したことで、私はそのお店の社長や、その仲間達に身体をもて遊ばれることに
なったのです。

それは、今まで体験したことのない衝撃的な出来事の数々でした。
痴漢、レイプまがいの行為、複数の男性に身体を弄ばれる地獄の日々。

平凡な人生しか知らなかった私には、あまりにも異常な日々でした。
一人語りになるかもしれません。
でももう彼らなしにいられないのです。
どうしたらいいのかわかりません。
せめて告白する場所が欲しい。
誰かに言いたい。ただそれだけです。

夫は特に淡白ではありません。
でも私は30すぎ、子どもが欲しい。
でも”排卵日”と言うと夫は”そんな冷めること言うな”とセックスに応じてくれないのです。

今思えば、子どもの出来ないあせり、社会から置き去りにされてる自分、夫への不満で、鬱屈がたまって
いたのかもしれません。
今でも悔やまれます。
郊外のジュエリーショップで、生まれてはじめての万引きをしてしまったのです。

そしてそれはすぐに見つかり、警備員の部屋でなく、オーナーが一人いる部屋に連れて行かれました。
「奥さん、犯罪だよ。」とまず言われて、私は俯くだけでした。
「何取ったの」と言われて、ポケットのイヤリングを出しました。
「警察だけど‥ダンナさんでもいいけどね。」
主人に何て言ったらいいでしょう。

まっすぐ商社で生きてきた真面目な夫です。
「何とかそれだけは。何でもします!お願いします!」と私は机に頭をするつけて頼みました。
「何でも‥ね」と。煙草をふかし、私に吹き付けます。
「ウチの商品はさ小物だからね。高いしさ。まず他に盗んだものがないかどうか調べるよ。」
「本当にこれだけです!!」
「じゃあダンナに言っていいのかよ!!!」
割れるような声でした。
怖さに震えました。

そんな私に「じゃ、脱いで」と男は言ったのです。
「えっ脱ぐって?」と驚く私に
「裸にならなきゃわからねーだろ!!」とさらに怒鳴ったのです。

男は机のカッターナイフを持って近づき
「破いてほしいのかい?」の妙な笑顔で言いました。

私は手がガタガタと震えながらブラウス、ランジェリー、と少しずつゆっくりと脱いでいき、男はその様子を
じっと見つめていました

私は初対面の男性の前でこんな格好になったことなどありません。
残りはパンティーとブラジャーだけなのですから。
「お願いします!何卒これで!!」
私は殆ど泣き叫びながら頼みました。
男は聞こえないかのように相変わらず煙草を吹かし私の背後に回ったのです。
何をされるかと恐怖のどん底でした。

目を思わずつぶったその時、男は私のブラジャーの中にむんずと手をいれ、私の胸を揉み回したので。
「きゃあ‥」
みたいな叫びが男の手で塞がれたかと思うと、今度はパンティの中に手をいれられました。
体中に電光が走ったみたいな感じというかそんな余裕もなく、ただただあまりの出来事に
もがき続けました。

男の手が私のアソコの中を掻き回してるんです。
こんなことって‥。
驚き、痛み、ショックで呆然としている私を横倒しにして、アッサリ男は私から離れました。

そして「身分証明書、出しておいてね。」と言いつつハンコを押し、住所その他を言われるまま記載し、
その日は開放されたのです。

それからしばらく、私は近所の目、何かあるのではという不安にさいなまされましたが、意外なことに
何も起きませんでした。
私はすんだ事、と一安心、当時お手伝いをしていたフラワーコーディネーターの教室に出かけました。
バスに乗りました。
運転免許所を通るバスのこの時間結構混むんです。
いつもながらの満員バスの混雑ぶりは相当です。
ただその日に違ったのは揺れにまぎれて私の胸をギュッと握った男がいたことです。
「痴漢!」
と叫ぼうとした私はその顔を見て唖然としました。
あの男だったのです。

私は逃げるように人を掻き分け、停留所で降りました。
偶然だったのでしょうか。
フラワー教室は生徒さん達の集まらない時間は、意外とヒマなものです。
先生は、講演会で出かけ、私は材料の片付けをしていました。
そこに男がいました。いえ、男達です。
もう一人若い男がいました。

私は思わずドアに駆け寄りましたが男二人の腕力に勝てるわけがありません。
”いつのまにか”全裸にされていたのです。
それだけではありません。
彼らはフラワー教室用の大きめテーブルに私を寝かせ、椅子の足に、私の手足を括りつけたのです。
こんな恥ずかしい格好は今までではじめてです。

若い男が「ホントだ。結構ありますね」
と私の胸のあたりを触ってきました。
”イヤー!”という絶叫は漏れませんでした。
口に、たぶんガムテープだと思いますが、口を塞がれていたのです。
そしてシャッターをさかんに切る音がしました。

「時間も無いから早速パーティーだ」
最初の男はワインらしきボトルを空け、何と私の体に降りかけたのです。
私は華奢ですがくぼみもあります。

男達は体のどこと言わずしゃぶり続けました。
男達の生ぬるい下が体中を這い、怖く、気味悪く泣きそうでした。

「今日のメインディッシュはここだな。」
と今度は二つの胸を狙ってきました。
若い男が胸をむんずと掴むかと思うと、二つの舌が谷間を舞い、乳首のまわりをくるくる嘗めたりします。
私はこの時、自分が壊れる予感がしました。

胸が1番感じるんです。
でもこんな男達に!涙が出ました。
年長の男が私の乳首を抓り、私はガムテープの中で泣きました。
「痛かったか。可愛そうにな。今度は優しくしてやるよ」と乳首を優しく甘く噛んできたのです。
頭の中が白くなってきました。

男達は胸への攻撃を止めません。
さらに手で揉んだり、大きく咥えたかと思うと、舌の先でチロチロ嘗めたりするのです。
「鳴きたいみたいだぜ」と年長の男が言い、若い男が口のガムテープをはずしました。
私は叫んだり、助けを呼んだりするべきだったんでしょう。
でも私の口から出たのは喘ぎでした。

夫ではない複数の男達の愛撫に悦んでいるのです。
「いい声で鳴いてるぜ。」と年長が言いました。
「やらないんっすか」と若い男が聞いたようです。
「まだヤバイからな。お楽しみは先さ。たっぷり味わえる女だ」
「細いし、白いしね。胸が結構大きいよ。アソコも意外とキレイだ、ダンナさん、トクだね。」
と言いながら、ローター、というのでしょうか、ごめんなさい器具の名前がわかりません。

アソコの形をしたものも入れられたのですが、それはあまり感じませんでした。
やはり男達の胸責めにやられ、彼らは喜悦を隠せない私に白濁したものを振りかけたのです。
私は片付けをしながらボーッとしてました。

これは犯罪?警察に言うの?万引きがバレる?
それよりも自分の体がうずいている方がまずいと思いました。
「どうして入れてくれなかったんだろう」
なんて思っていたのです。

そして1週間後、”パーティーの招待状”が宝石店から届いたのです。
「いらっしゃいませお待ちしておりました。」
としゃあしゃあと男はいいました。
そしてその性癖用に作っていたのか奥の窓のない広い部屋に通されました。

その日、男はさらに増え、3人いて、覚悟してたものの人数に驚き、逃げかけた所、今度は天井から
下がった梁のようなものから下がった紐に腕を中吊りにされ、手の自由が利かぬまま全裸にされました。

手だけではありません。
足も宙吊りにされました。
まるで罠にかかった狸のようでした。
そして片足を抜き、宙吊りの状態で、ようやく年配の男がいきなり私に挿入したのです。
この衝撃は忘れられません。

あまりに激しい挿入でした。
濡れてもいません。
それなのにわざとスッと抜くようなふりをして、ドン!と奥まで突いてくるのです。
私の絶叫は‥
次第に獣のような声に変わっていました。

「何でも女は気持ち良くなるんですねー。」
と若い男達が愛撫をはじめました。

手の紐を外し、片方は胸にしゃぶり、もう一人は、吼えたような声をあげる私の口に男根を
入れてきました。

その間も長い挿入が続き、私は串刺しにされたようでした。
どれくらい時間がたったかわかりません。
口への発射の方が早かったです。

年配の男はさらに体の解放された私を、後ろから犯し続けました。
胡坐をかいて私の髪を後ろからひっぱり、その上に軽々と乗せ、さらに太股ごと私の体を持ち上げた
かと思うとドスンと落とすのです。

その度に私は涙を出し、恥ずかしい叫びをあげました。
それをくりかえしたかと思うと、後ろから胸を揉み乳首だけ指で撫で、前の部分をピアノか何かを
奏でるように愛液を塗った指で撫で、そして激しいドスン、を繰り返すのです。

何度イッたかわかりません。
「おい、撮影忘れんなよ。」
年配の男は意外に冷静な声で言い、私は男の足の上で滅茶苦茶にされている様子を、わざわざ
「顔をあげろよ。」
と髪をつかまれ、撮られました。

年長の男が果てた際には、私自身もすでに壊れていました。
「オレらもやっていいか?」
「ヤレよ」と声がし、今度は若い男二人に輪姦さ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【姉との告白体験談】 姉ちゃんとセックス
2016/05/07 19:59
2016/05/07 19:59
2008/05/04 10:58┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:455姉との関係は、小さいころから喧嘩もあまりしたことがなく、ものすごく仲がいい。  普通に一緒に買い物したり、デートしたりなどなどいろいろしていて、兄弟は仲が悪いというのは俺と姉にはあてはまらない。  普通に休みの日とか、部屋に遊びに行けそうになると、喜んで行くほどで今年に入ってから何度か遊びに行っている。  帰ったら、夜は必ずやっている。たまに生理のときがあり、必ずというわけではないけれども、できるときはやっている。  体をあわせるまでになったのは、姉が言うには、「○○(俺の名前…
別れた彼女が他の男とセックスしているのを目撃した体験談 2
2015/10/12 12:00
2015/10/12 12:00
別れた彼女が他の男とセックスしているのを目撃した体験談 2 前)別れた彼女が他の男とセックスしているのを目撃した体験談 私の位置から二人の性器が丸見えでした。 射精したばかりでしたが彼のペニスはまだ多少の硬さがあるようでした。 彼女のオマンコは襞がいやらしく開き、クリトリスまでも見えそうでした。 彼女は優しく彼の息子をさすり何か彼と話をし、おもむろに体勢を変えると彼の足の間にうずくまって顔を彼の股間に近づけました。 彼の足で見えないですが、彼女の頭はゆっくり上下していて彼の大きなペニスを口で奉仕しているのは明らかでした。 彼も手を伸ばし彼女の胸を揉みだしました。 (またセックス…
【近親相姦】最近「けいおん!」にハマってます【体験談】
2017/02/21 23:47
2017/02/21 23:47
最近「けいおん!」にハマってます。以前に買った女子高生のエロ小説をブックオフに持って行こうかと思ったんだが、 攻め役を田井中律、攻められ役を秋山澪で想定して読んだらけっこう萌えた。この本もうちょっと手元に置いといてもいいかな。
海開き(花火大会)【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/09/13 09:44
2017/09/13 09:44
2年前の話になります。 地元の恒例行事に海開き花火大会があります。 数時間で1万発もの花火が大空いっぱいに開花するんです。 海辺には、数万人の人が集まり露店も多く出ているので、大変な賑わいをみせます。 私達は、その込み合いから逃げる様に、穴場を見つけ陣取っていました。その日の夕方、妻は薄い藍色の浴衣に身を纏い髪を束ねた姿は、久々にドキッとする位 女性らしさを醸し出していました。 (妻25歳、165cm/50kg/88・60・91 顔も結構可愛いいと思います) 妻とは、幼馴染で物心ついた頃から一緒にいて、中学卒業と同時に交際を開始し、7年後に 結婚し、この花火は何度一緒に見た事か・・・。 歩い…
生協の宅配をやっていた頃
2016/10/06 23:05
2016/10/06 23:05
生協の個配とは主に組合員の家庭に食料品などを配達する仕事です 基本ルートで同じ家には一週間に一回だいたい同じ時間に行きます 一日40?50件くらい回るので約200人の奥様方と出会えます とは言っても留守宅も結構あるし、50代?60代の残念な奥さんも多いですその中に俺のお気に入りの奥さんがいました 当時22才子供一人でAV女優ですが白石ひよりって子に似てます(特に体型はそっくり) いつもニコニコしてて人懐っこい感じで正直俺は真剣に好きになってた 奥さんとは一週間に一回は必ず会うわけでだいぶ仲良くなり 暑い日にはアイスやお茶を貰ったりもしてましたある夏の日その奥さんのマンションのエレベーターが故障…
今は別の彼氏はいるらしい元カノをエロテクで寝取ったエロ体験談
2016/01/19 10:00
2016/01/19 10:00


暇だったので久しぶりに二年付き合ってた元カノに電話した


適当に世間話してたら彼氏居る事わかって


「彼氏と今どうなん?」って聞いたら


「うーん…メールや電話毎日何回も掛かってきてちょいウザイ。

好かれてるのわかるんだけどね」


あれ?もしかしてヤレるかもって思って誘ってみた


「次の日曜日遊ぼうや」


速攻


「嫌!絶対やられるもん」


図星突かれて焦ったけど


「俺も彼女居るしやらへんよ。

電話してたら懐かしくなって○○の顔見たくなってん。

信じてマジで」


元カノは渋々OK…
ホワイトデーのお返しに姉貴にコスプレ衣装を買ってあげたら
2017/03/05 07:09
2017/03/05 07:09
3月14日の朝、姉貴に買い物へ付き合ってくれと頼みました。


ホワイトデーなので姉貴の欲しい物をお返ししようと思っていたからです。



「姉ちゃん。ドンキ・ホーテ行こうよ」
「何しに行くの?」
「好きなもの買ってあげるから」
「ホントに!?」
「でも高いものはダメだよ(w)」
「行く行くーっ!」
こんな会話をして近くのドンキへ車で向かいました。


店へ到着すると、開店してまだ間もない時間だったのでお客の数は少な目。


二人で陳列された品物を色々と物色していると、姉貴が「これがいいかなぁ?」と赤と白の千鳥格子柄のクッションを手に取りました。



「それにし…
【不倫】部長の若い奥さんに口説かれて
2016/09/19 12:00
2016/09/19 12:00
俺はこの会社に入社して、この4月でもう10年目を迎えた。社内で鳴かず飛ばずで32歳。同期は出世して主任とか係長とか、結婚して家族ができているやつらもいっぱい。結婚式に呼ばれるばかりで、回収できるのはいつのことやら・・・。 今いる部署には、もう5年もいる。普通は2~3年で部署が変わり、その度に役職が上がっていくことが多い中、5年も一緒の部署にいる俺。俺の上司である部長ともかれこれ3年の付き合いで、4月から4年目。実はこの部長がまた厄介で、超細かくて、重箱の隅を突くタイプ。必然的に残業も多く、夜もろくに遊べないのである。特に俺に対しては、『独身だし暇だろ』的な扱いで、よく残…
昔の彼女はGカップ
2017/01/24 17:36
2017/01/24 17:36
その時に付き合ってた彼女はGカップで当時31歳。
身長は165センチのポッチャリ型の美人で色白。

俺と出会ったときは既に子持ち(未婚の母)で1歳ちょっとの娘が居た。
子供を生んでるから当然だけど、典型的な垂れ乳です。

その当時は45歳くらいのデブオヤジに抱かれていたんだけど、俺と酒の席で間違いを起こして深い仲になりました。

深い仲になってからは、そのオヤジとは自然消滅したんだけど、彼女は酒が好きで良く飲みに行ってた関係上、色んな人と知り合い、その時にヤクザにご馳走になったのが切っ掛けで付きまとわれる様になった様です。

しつこいけど、前に働いてた社長の舎弟なので無下に断りずらい…
セフレがいい塩梅になりはじめた頃に彼氏にバレて面倒になった話
2015/10/31 07:00
2015/10/31 07:00
セフレがいい塩梅になりはじめた頃に彼氏にバレて面倒になった話 そういや少し前のセフレに、あまりセックス慣れしてないから フェラ中に空いてる手で自分のクリから穴までぐちょぐちゅ音がするまで触らせ 男の太股にクリ剥き出しにしてヌルヌルのまんこ擦り付けながらさせたり、まん汁で濡れた手を拭わさせず、 竿舐め中に鬼頭に塗りつけ、スロート中に玉や玉裏に塗りつけながら玉揉ませたりのフェラの基本から 騎乗位での全身上下ピストン、腰を沈めての前後&円運動のグラインド、正常位での迎え入れる腰使いとか いい塩梅になりはじめた頃に彼氏にバレて面倒になって切った女がいたけど、 あれから2年くらい経った今…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【痴漢・レイプ】続・同僚がオフィスでオナニーしてるのを発見

・彼女は女子高生

・【画像】ワイが競泳水着着てみた結果wwwwwwwwwww

・【痴漢・レイプ】同僚がオフィスでオナニーしてるのを発見

・清楚な妻 由香 初めての他人棒~その後

・彼女の友達のDカップの巨乳おっぱいが触りたくて我慢できないwww

・義兄と相互オナニーしてから、生ハメ中出ししちゃいました

・同窓会で再会した女の子の家に泊まって…【エッチ体験談】

・【痴漢・レイプ】中2の時、目をつけられてた先輩に

・搾乳中の姉に欲情して

・高速鉄道事故の陰に腐敗と安全軽視 “鉄道金脈”を食い物にした男と女

・【痴漢・レイプ】デブ巨乳

・妻と妻の友人とする3Pにハマっています

・職場の飲み会で打ち解けて・・【セックス体験談】

・【痴漢・レイプ】男の子達とのエッチ(1)里美

・【Hな体験】ドSなすりこぎ棒

・【痴漢・レイプ】姉の就寝中に

・【痴漢・レイプ】妻と実弟(実話)

・JKの露出13

・全裸萌え女系一家

・妻と俺は、会社の人たちとの旅行でそれぞれ乱交していた

・【不倫】「もっと犯して!」と喘ぐ24歳の若妻妊婦

・【痴漢・レイプ】イノセンス

・妻と旅行に行ったら、改造チンポの男達に寝取られ廻された

・【痴漢・レイプ】寝取られてた妻!

・愛妻を他人棒に寝取らせる旦那の日常

・【熟女体験談】金玉を握りつぶそうとしてくるキチガイ熟女トリオに逆レイプされた

・修学旅行中に他校の生徒とエッチ

・ 優しい義姉の手コキと生挿入で初体験

・ずっと隠し続けてきた別の女性との関係が、ついにバレてしまった 1