寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

どうしようもなく疼いた夜、母に頼んで入れさせてもらった

2017/03/28 08:00


たまに、どうしようもなく疼くことがある。
あの日も、そんな感じだった。
晩飯を食い終わって、ソファで横になりながら、テレビを眺めてた。
目は、画面に向けてても、頭ん中は、妄想ばかり。
そろそろ、部屋帰って、抜くか?そんなことを考えてたときだった。


いきなり、ガーッと聞こえてきた掃除機の音。
夜に、掃除機かけんなや・・・。
母は、人の迷惑などまったくお構いなし。
風呂に入る前に、掃除機をかけるのが、母の日課。
そのうち、テレビの前にやってきた。

着てたのは、白の短いナイロンスリップだけ。
生足丸出し。
生地が薄くて、パンティラインが丸見え…。
いつものことなのに、何でその時だけ、母を、そんな目で見たのか、今でもわからない。
もう、目が尻に釘付け。

すごく痩せてて、背も低い。
でも、ケツだけは、人並みにでかい。
普通のおばちゃんだが、顔は、まあまあ。
だが、それまでは、考えたこともなかったが、不思議なことにいやらしい目で見ると、顔までが可愛く見えてくる。
「なあ、一緒に風呂入っか?」すらっと出たね。

もう、そんときは、ヤダって言っても入るつもりだった。
「なんで?」当たり前の返事。
「別にいいじゃん。一緒に入んの嫌か?」
「ううん。別にいいよ。」あっさりしたもんだった。

と、言うわけで一緒に風呂へ。
思惑なんて、知らないんだから、俺の視線なんか気にするはずもなく、最初から全開。
湯船から、眺めてた。
小振りだが、まだおっぱいも垂れてない。
おケツは、可愛らしくぽっちゃり。

ウエストがちゃんとくびれてて、スタイルは、生唾もん。
風呂ん中で、フル勃起。
髪を洗うときに、床にぺたって女の子座りになって、尻つけながら、洗ってんのが可愛らしかった。

意外と毛が薄いんだなって、その時、初めて知った。
「あんた、洗わないの?」全部洗い終えて、湯船ん中、入ってきた。

どう見ても俺が出なけりゃ、母の入る隙間がない。
まだフル勃起状態。
行くしかねえ!と、立ち上がった。
「ど、どうしたの?!」いきなり目の前に、でかい亀が、こんにちはしたら、そりゃ、たまげるわな。
「お母さんの裸見てたら、立ったわ。」
驚いてたけど、おかしそうに笑ってくれた。

行けっかも?なんて、その時思った。
「なあ・・。」母は、俺の目の前に立ったまんま。
「一回してみないか?」
「なにを?」変な顔してる、母に言った。
「一回だけ、俺としてみね?」みるみる顔が、赤くなってった。

「一緒に風呂入ろうなんて、おかしいと思ったら、あんた、そんなこと考えてたわけ?」
「うん。」こういう時は、いたって素直。
「なに?あたしと、してみたいの?」
「うん。」大きく頷いた。
「あんた、彼女とかいないの?」
「いたら、頼まねえよ。」明快無比な答え。

「そりゃ、そうだろうけど・・・。やっても気持ちよくないと思うよ。」
この辺りから、なんか答えに違和感を感じだした。
「いや、気持ちいいか、どうかは、取りあえず試してみないと、わかんないっしょ?」
「そうかもしれないけどさ・・・。」
時々、俺の亀さんに目を向けてたんだよね。

もう、はっきりと、手応えを感じてた。
「ほら、試しに一回してみようぜ。」有無を言わせず、腰を引き寄せ、お腹に亀さん押しつけた。
「あ、だめだよ・・・。」とか、言いながらも、逃げようとしない。

母は、背が低いから、膝を曲げて、腰を屈めんとできなかった。
自分で亀さん掴みながら、母のアソコに押し当てた。
一生懸命あてがってたら「い、一回だけだよ。もう、絶対しないからね・・・。」って、母が、顔真っ赤にしながら言った。

よし!承諾取り付けた!一回で十分!一度やっちまえば、絶対千回は、いけるから。
一度でやめるわけがない。
母の割れ目に潜らせて、ごりごり擦りつけてたら、意外と早くぬるぬるに。
顔真っ赤にして、照れたように俯きながら、下唇噛んでた。

「んじゃ、入れっからね。」
「えっ!」とか、母が言ったときには、片足担いでた。

「やっぱり、だ・・あ・・ああ・・・。」ずぶずぶ入ってったときの、母の喘ぎ声のめちゃくちゃ可愛かったこと。
女って、普段しゃべる時と喘ぐ時って、絶対に違う声出すよな。
母の、切なそうな声は、ピンポイントで俺の耳には、ど真ん中ストライク。
ケツに手をやって、立ったままで、腰を振った。

やっぱ、正面から立ったままだと、うまいことできない。
軽いから、もう片方の膝の裏に手を入れて、持ち上げた。
駅弁スタイル。
「ちょ、おろして、もうダメだって・・。い、一回やってみたんだから、いいでしょ?」聞く耳なし。

湯船から出て、浴槽の縁に腰を下ろした。
下から掴んだ、大きなおケツを上下させる。
「だ、だめだって・・・だめ・・・あ・・・。」
母の声が、切なそうになったと思ったら、首にしがみついてきた。
「気持ちいいだろ?」
母の小さな体をゆっさゆっさ。

激しく突き上げてくと、
「ああ!すごい!!気持ちいい!!ああ!いいよぉ!!」もう、必死にしがみついて、アソコは、べちゃべちゃ。
「すごいぃっ!!すごすぎるよぉ!!」俺もすごいと思うわ。
滅茶苦茶でかくなってる気がするもん。
「ああ!!いくっ!!いくっ!!いっちゃうよぉ!!!」
「いけや・・ほら、いけ・・・。」
もう、壊れるくらいケツ握り締めてた。

「ああっ!!いくっ・・・いくっ・・・い・・・いくぅぅぅぅっ!!!」
あんまりでかい声出すから、外に聞こえたんじゃないかと思ったわ。

終わったら、ぐったり。
「気持ちよかったか?」真っ赤な顔して、ハアハア、言ってる母に尋ねた。
「はあはあ・・・す、すごかった・・・。」
息も絶え絶えとは、まさしくこのことね。

「俺、まだ逝ってないけど」まだ、刺さったまんまで、アソコには、でかいのがぐっさり。
「うん・・・。」
「じゃ、2回目ね。」
「えっ・・・?」
「じやあ、いくからな。」また、尻を掴んでゆっさゆっさ。

「ひぃっ!!だめ!堪忍して!!壊れるっ!堪忍して!!」ほぼ、悲鳴。
「どこに出していい・・?」
「な、中はダメっ!!そ、それだけは、ダメっ!!ああっ!!!」
「そしたら、顔にかけるから、ちゃんと指で舐めろよ。」
「うんっ!!わ、わかったから・・・ああっ!!な、中に出さないでっ!!」鼻からそんなつもりはない。

ぬるぬるでべちゃべちゃだから、メチャメチャ気持ちよかった。
母の喘ぐ声も、メチャメチャ可愛らしかった。

逝きそうになって、母を床におろした。
まともに座ってられんほど、母フラフラ。
「ほら、舌出して舐めてみ。」母の顔の前でしごきながら、舐めさせた。
何の文句も言わず、目をつむりながら、舌を伸ばして、舐めてた。

「ほ、ほら、逝くぞ・・。」母の顔にかけてくと、母は静かに目を閉じていた。
口をぽっかりと半開きにして、上向かせる顔が可愛らしかった。
もう前髪にまでかかって、べっとり。
「ほら、約束だから、舐めろよ。」そう言ったら、ちゃんと、指で拭って舐めてた。

終わった後に、母の顔にシャワーをかけて、洗ってやった。
「どうだった?」返事なし。
怒ってんじゃなくて、返事する元気もなかったみたい。
顔をぽわぁ、とさせて、目は虚ろ。
頭、掴んで、唇塞いだら、ちゃんと舌を絡めてきた。

なんだか、また亀さんは、元気になってく気配。
「今夜、一緒に寝っか?」
「えっ?」親父は、夜勤で帰ってこない。
「ほれ、早く風呂から上がって、2階に行くぞ。」
「えーっ、一回だけって、言ったでしょ?」
「嫌なのか?」また、母の唇塞いだ。

顔、離して、見つめてたら、「あんたの好きにすればいいでしょ・・・。」母は、あきらめた顔になってた。

その晩は激しい絡み合い。
母だって、やっぱり女。
まだ、四十半ばなら、性欲だって、それなりにある。
つか、人並み以上にあった。
「ああ!!いいよ!!気持ちいいよっ!!」もう、汗まみれのグチョグチョ。

終始、ぴたりと肌を重ねたままで、互いの体を離しもしなかった。
こんなに気持ちのいい体、俺、他に知らない。
何回出したか、わかんない。
ゴムが、なかったから、そのまま生入れしっぱなし。
ちょびっと中に出たかも。

「あんた・・・彼女とか、つくらないの?・・・。」
何度目かが終わった後で、汗と、俺の精液に塗れた身体をぴたりと重ねながら、母が訊いてきた。
「もう、必要ねえだろ。」母の頭、撫でながら答えた。
「どうして?結婚しないの?」
「こんなにいいもんがあるんだから、もう、必要ねえさ。」
ケツから手を入れて、母のおまんこを撫でた。

「まだ、私と、したいの?」ちょっと、驚いたような顔をしてた。
「俺としたくないのかよ?」そのまま、指を入れてくと、まだグッチョリ。
「あ・・・でも、私たち、親子なんだよ・・・。」母は、そう言って、俺を見つめた。
「じゃあ、他の女に俺を取られてもいいのか?」

俺がそう返すと、母は、しばらく、じっと俺を見つめてた。
「やだ・・・。」甘えるように唇を寄せてきて、顔を離すと、母は、にこりと笑った。
その笑顔は、今まで一度も見たことのない、母の顔だった。
「すり切れるまでやってやるよ。」もう、元気になってた。

根本まで深く差し込んだ。
「あ・・・すごい・・・。」細い身体を腕の中に抱きしめた。
「もう、ぜんぶ俺のもんだぜ。」抱きしめながら、耳元でささやくと、「うん・・・」と、母は甘えるように、頷いた。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【熟女体験談】美魔女な叔母に逆夜這いを仕掛けられ、淫靡なおまんこに騎乗位挿入
2018/04/20 18:02
2018/04/20 18:02
2018/04/20 (Fri) 大好きな叔母は
五十路を過ぎても美貌を保ち
僕は叔母にいつも見とれていた

そんな美魔女な叔母が
夫を亡くし
未亡人になったのは4年前

叔母は僕の母の妹で
叔母夫婦は、子供に恵まれなかったので

甥っ子の僕を
自分の子供のように
可愛がってくれました

ある家族旅行の時
叔母は一人身なので

我が家の家族として、
一緒に温泉旅館に行きました

その温泉旅館の夜に
僕は大好きな美魔女な叔母と
結ばれたんです

両親と妹と僕と
そして叔母が一緒の部屋で寝た時

父は旅館のお酒を飲んでいましたから、
すでに高鼾で爆睡中

妹も母と一緒に
グッスリ寝…
『妹・強姦』 (ジャンル未設定)
2015/11/02 07:30
2015/11/02 07:30
『妹・強姦』 --------------------------------------------------------------------------------  こういう作品にもトライしてみたことがあります。僕のファンには不向きかなと思いますが(^^;) --------------------------------------------------------------------------------  康夫は妹の部屋の暗闇に潜んで、じっと待っていた。  両親が旅行に行っている、待ちに待ったこの日。中学一年…
歳の差16歳の凸凹カップル【JK・中出し】
2016/03/10 21:05
2016/03/10 21:05
俺は、25歳から7年間付き合った5歳年下の彼女を失った。 彼女は見合い相手と付き合うから別れてくれと一言。今まで何度かプロポーズをしたが、結 婚はもう少し待ってと伸ばされていたが、俺は、条件のいい相手を見つけるまでのキープ君兼SEXフレンドだったのかもしれない。俺は本気だった。32歳に なった俺の7年間を返して欲しかった。 俺が智美に出会ったのは3年前、彼女に振られた1年後だった。彼女は俺の会社で清掃員のバイトをしていた。俺の会社は休みの土日に清掃員がオフィ スを清掃する。だからデスクは鍵つきなのだ。俺は取引先の手違いで土曜日に出勤するハメになった。そこへ智美が清掃にやってきた。俺は「…
夏の胸チラ
2016/01/05 17:05
2016/01/05 17:05
去年の夏の話。 オレの住んでいる地区には子供会っていう小学生までの子供が参加する行事があったのな。 夏になると子供みこしっていう「子供だけでみこしを担いで町内をまわる」って行事があったんだけど、そのみこしの用意は子供会に入ってる高学年の子がすることになっていた。 田舎で子供の数が少ないから、去年のみこしの用意はオレと○嶋○香の二人でやった。 すぐ隣に住んでいた○香は背も大きく顔も可愛い、同級生の中ではTOP5に入るくらいの美人。 日曜日に一日中「みこし作り」をやらされるのは面倒だと思ったけど、○香と一緒なので少しドキドキしていた。 大人が集会所の隅にみこしの骨組みと部品だけ用意した後、オレたち…
【初体験】オフ会で知り合った女子高生にリードしてもらって
2018/05/01 22:00
2018/05/01 22:00
俺21歳、相手17歳。昔、ペットオフが流行ってた時に脱童貞。初めて相手が降臨した時は、軽い自己紹介とメアドの交換だけで終了。2~3回メールしたくらい。 また別の日にペットオフやってたら、また相手が降臨した。せっかくだからってことでカラオケに行った。 そのカラオケ屋は小さい所で肩を並べて歌うような部屋。女の子と2人きりになんてなったこなかったからチンコはギンギン。歌いはせずにペットオフの話や他オフの話してた。ちょうど同じような時に全裸オフがあって、そっちにも参加しようかと思ってたって話をした。 そこから話の流れが変わってエロ系の話になった。俺が童貞だって言うと、「おっぱい見…
先生と保護者の飲み会後、送ってくれた先生を…3【エロ体験談】
2017/12/11 23:10
2017/12/11 23:10
去年の9月の終わりに「研修旅行」という、先生と保護者の親睦旅行がありました。
ちょうど僕たちが絶好調(誰に気兼ねもなくセックスしまくり)になった時期です。

この旅行って、普通は校長先生とか年輩の先生だけが参加するような感じで女性の先生は行かないらしいんだけど、今回は申し合わせて参加することにしたのです。

先生は単に好きな僕と一緒に旅行気分が味わえたら・・なんてノリで
「イチャイチャしたら怪しまれるかなぁ?」なんて笑っていました。
そりゃあ先生、イチャイチャというか、できればグチョグチョしたいよ。僕も。

なんて思いながら当日を迎えました。
皆さんご存じの通り去年の9月って妙に…
★政治話をしながらSEX
2016/03/30 16:47
2016/03/30 16:47
 月曜日、約束してた訳じゃないけど、たまたま時間が出来たので、懇意にしてる人妻連絡してご飯にいく?お楽しみにする?と聞くと「どっちも暖」という回答だったので近くのコンビニで適当に買って最寄りのラブホへIn。時間は12時過ぎくらいだったかな。

「わたしまだお腹空いてないかも」と言うので、ベットに寝かして、指で確かめると、まあまあ潤ってたので、適当に脱がして、やや強引に合体してみた。前の客のチョイスと思われるUSENがイマイチだったので、USENを切ってテレビをつけてみると、NHKの国会中継でした。
 USENといいNHKといい前の利用者はどんな感じの人だったのか?そんな事を想像しつつ、パン…
生まれてきた子供が俺の子じゃない!DNA鑑定するまでもなく、血液型が違った・・・
2016/04/05 23:00
2016/04/05 23:00
 

最近DNA鑑定で、夫の子供でなく、
浮気した相手との子供だったとニュースで
取り上げられていますが、
リアルに私はそれを経験してしまいました。自分の場合はDNA検査ではなく、
で分かったんですが・・・当然妻の方の家族を含め修羅場です。まず、妻の名前は祐美ということにしとこう。勿論仮名。祐美との出会いは、大学3年の時に、
ゼミで一緒になったことがキッカケで付き合い始め
彼氏・彼女の仲に。祐美は結構病なヤキモチ焼きで、
俺が他の女の子と談笑するのすら
快く思ってなかったみたいでしたが
一方、俺はその手の束縛は全くしていなかったし、
そんなことする意味すらないと感じてました。 …
【近親相姦】幼稚園児の頃、文化財指定の平安時代のタライにションベンぶちまけた【体験談】
2016/02/05 12:40
2016/02/05 12:40
今までにあった最大の修羅場 £23http://logsoku.com/thread/toki.2ch.net/live/1320116539/353: 名無しさん@HOME 2011/11/08(火) 22:15:36.70 P自分の家にやたらめったら古い木でできたタライがある幼稚園のころの俺は一人でトイレに行けなかったのだけど、 家の中で遊んでるとき尿意を催した 母を呼ぶも返事がなく、もらしちゃったら怒られる でもトイレには行けないであせってると ご丁寧にもタライが床の間に飾ってあったあとはわかるな、オマル代わりにつかっちゃったんだよ、タライそしたら、俺の異変に気づいて部屋に来た母親発狂…
友達以上彼女未満みたいな女の子と定期的にセックスする関係に
2017/09/04 22:02
2017/09/04 22:02
大学生のとき、

結構プライベートでも遊ぶ友達以上彼女未満みたいな

さやか(仮)って子がいたんだよ。

だけど別にセックスする感じでもないし、

(あっちが割と男勝りなところがあってってのと、

154cmくらい?だったから妹みたいになってたんだな)

まあ酔った勢いでキスまではあるけど、

お互いそこは一線を引いてたところがあって。

で、社会人一年目になって、あっちからDVD観よってメールが来たんだよ。

まあこれはいつもの感じで、

「あーどうせストレス溜まってるから愚痴りたいんだろうな」って。

電車で二駅だから行ったわけよ、夜の9時くらいかな。

家に入ったら相変わらず露出の多…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】アパートの隣人の金髪デカパイギャルママと不倫SEXしたら滅茶苦茶嫉妬してくる恋愛体質になった

・【熟女体験談】キチガイ痴女な母二人という異常な三人暮らしが始まり、騎乗位で逆レイプされてしまった・・・

・女子高生を調教してたら天罰で妻が調教された

・居酒屋で仲良くなった夫婦の奥さんが酔っ払っていたのでホテルに連れて行った

・【Hな体験】愛人希望の19歳は最高の締まり具合だった

・居酒屋で店員さんにバレないように足をのばして足コキされた

・ちょいポチャとセクロスしたったwwwww

・【不倫】熟女記録を更新しようと釣り糸を垂らした結果・・・。

・【Hな体験】留学先でトルコ人男性とラブラブセックス

・【熟女体験談】事務所のカギを閉め、誘惑してきた女上司と残業中に中出しSEX

・ワタミ社長大好きな奴

・【人妻体験談】竹薮で露出オナニーを見せつけ、男たちに性処理道具にされる童顔妻

・偶然の出会い^ ^

・【不倫】巨乳な妻の姉と生エッチ[後編]

・高2の時、私の処女を奪ったのはモテモテな彼氏でした

・主人の同僚に主人の浮気を相談した結果・・

・男性にアカスリをされました。

・妻もそんな彼が可愛いく思え・・・

・大学のサークルになんと乱交が

・【完】脳性麻痺の子に向けた優しい笑顔に魅入られた

・【人妻体験談】騎乗位で母と筆下ろし近親相姦したママショタ体験

・【熟女体験談】玄人女とばかりSEXしていた板前が新しく入った仲居の声に惚れた結果

・大工さんと純粋にセックスしたいだけ

・【不倫】巨乳な妻の姉と生エッチ[前編]

・□名家に生まれたばかりに、妻が一族に種付けされることになりました(転載禁止)

・【Hな体験】2連続でごっくんしてくれたバイト先のお姉さん

・【熟女体験談】露天風呂で離婚後もSEXはしている元夫婦に誘われてはじめての3p乱交

・全裸でお化粧をしていたパイパン女性と

・単身赴任先で出会った愛くるしい人妻

・冴えない私の唯一の武器は20センチ砲です