寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

どうしようもなく疼いた夜、母に頼んで入れさせてもらった

2017/03/28 08:00


たまに、どうしようもなく疼くことがある。
あの日も、そんな感じだった。
晩飯を食い終わって、ソファで横になりながら、テレビを眺めてた。
目は、画面に向けてても、頭ん中は、妄想ばかり。
そろそろ、部屋帰って、抜くか?そんなことを考えてたときだった。


いきなり、ガーッと聞こえてきた掃除機の音。
夜に、掃除機かけんなや・・・。
母は、人の迷惑などまったくお構いなし。
風呂に入る前に、掃除機をかけるのが、母の日課。
そのうち、テレビの前にやってきた。

着てたのは、白の短いナイロンスリップだけ。
生足丸出し。
生地が薄くて、パンティラインが丸見え…。
いつものことなのに、何でその時だけ、母を、そんな目で見たのか、今でもわからない。
もう、目が尻に釘付け。

すごく痩せてて、背も低い。
でも、ケツだけは、人並みにでかい。
普通のおばちゃんだが、顔は、まあまあ。
だが、それまでは、考えたこともなかったが、不思議なことにいやらしい目で見ると、顔までが可愛く見えてくる。
「なあ、一緒に風呂入っか?」すらっと出たね。

もう、そんときは、ヤダって言っても入るつもりだった。
「なんで?」当たり前の返事。
「別にいいじゃん。一緒に入んの嫌か?」
「ううん。別にいいよ。」あっさりしたもんだった。

と、言うわけで一緒に風呂へ。
思惑なんて、知らないんだから、俺の視線なんか気にするはずもなく、最初から全開。
湯船から、眺めてた。
小振りだが、まだおっぱいも垂れてない。
おケツは、可愛らしくぽっちゃり。

ウエストがちゃんとくびれてて、スタイルは、生唾もん。
風呂ん中で、フル勃起。
髪を洗うときに、床にぺたって女の子座りになって、尻つけながら、洗ってんのが可愛らしかった。

意外と毛が薄いんだなって、その時、初めて知った。
「あんた、洗わないの?」全部洗い終えて、湯船ん中、入ってきた。

どう見ても俺が出なけりゃ、母の入る隙間がない。
まだフル勃起状態。
行くしかねえ!と、立ち上がった。
「ど、どうしたの?!」いきなり目の前に、でかい亀が、こんにちはしたら、そりゃ、たまげるわな。
「お母さんの裸見てたら、立ったわ。」
驚いてたけど、おかしそうに笑ってくれた。

行けっかも?なんて、その時思った。
「なあ・・。」母は、俺の目の前に立ったまんま。
「一回してみないか?」
「なにを?」変な顔してる、母に言った。
「一回だけ、俺としてみね?」みるみる顔が、赤くなってった。

「一緒に風呂入ろうなんて、おかしいと思ったら、あんた、そんなこと考えてたわけ?」
「うん。」こういう時は、いたって素直。
「なに?あたしと、してみたいの?」
「うん。」大きく頷いた。
「あんた、彼女とかいないの?」
「いたら、頼まねえよ。」明快無比な答え。

「そりゃ、そうだろうけど・・・。やっても気持ちよくないと思うよ。」
この辺りから、なんか答えに違和感を感じだした。
「いや、気持ちいいか、どうかは、取りあえず試してみないと、わかんないっしょ?」
「そうかもしれないけどさ・・・。」
時々、俺の亀さんに目を向けてたんだよね。

もう、はっきりと、手応えを感じてた。
「ほら、試しに一回してみようぜ。」有無を言わせず、腰を引き寄せ、お腹に亀さん押しつけた。
「あ、だめだよ・・・。」とか、言いながらも、逃げようとしない。

母は、背が低いから、膝を曲げて、腰を屈めんとできなかった。
自分で亀さん掴みながら、母のアソコに押し当てた。
一生懸命あてがってたら「い、一回だけだよ。もう、絶対しないからね・・・。」って、母が、顔真っ赤にしながら言った。

よし!承諾取り付けた!一回で十分!一度やっちまえば、絶対千回は、いけるから。
一度でやめるわけがない。
母の割れ目に潜らせて、ごりごり擦りつけてたら、意外と早くぬるぬるに。
顔真っ赤にして、照れたように俯きながら、下唇噛んでた。

「んじゃ、入れっからね。」
「えっ!」とか、母が言ったときには、片足担いでた。

「やっぱり、だ・・あ・・ああ・・・。」ずぶずぶ入ってったときの、母の喘ぎ声のめちゃくちゃ可愛かったこと。
女って、普段しゃべる時と喘ぐ時って、絶対に違う声出すよな。
母の、切なそうな声は、ピンポイントで俺の耳には、ど真ん中ストライク。
ケツに手をやって、立ったままで、腰を振った。

やっぱ、正面から立ったままだと、うまいことできない。
軽いから、もう片方の膝の裏に手を入れて、持ち上げた。
駅弁スタイル。
「ちょ、おろして、もうダメだって・・。い、一回やってみたんだから、いいでしょ?」聞く耳なし。

湯船から出て、浴槽の縁に腰を下ろした。
下から掴んだ、大きなおケツを上下させる。
「だ、だめだって・・・だめ・・・あ・・・。」
母の声が、切なそうになったと思ったら、首にしがみついてきた。
「気持ちいいだろ?」
母の小さな体をゆっさゆっさ。

激しく突き上げてくと、
「ああ!すごい!!気持ちいい!!ああ!いいよぉ!!」もう、必死にしがみついて、アソコは、べちゃべちゃ。
「すごいぃっ!!すごすぎるよぉ!!」俺もすごいと思うわ。
滅茶苦茶でかくなってる気がするもん。
「ああ!!いくっ!!いくっ!!いっちゃうよぉ!!!」
「いけや・・ほら、いけ・・・。」
もう、壊れるくらいケツ握り締めてた。

「ああっ!!いくっ・・・いくっ・・・い・・・いくぅぅぅぅっ!!!」
あんまりでかい声出すから、外に聞こえたんじゃないかと思ったわ。

終わったら、ぐったり。
「気持ちよかったか?」真っ赤な顔して、ハアハア、言ってる母に尋ねた。
「はあはあ・・・す、すごかった・・・。」
息も絶え絶えとは、まさしくこのことね。

「俺、まだ逝ってないけど」まだ、刺さったまんまで、アソコには、でかいのがぐっさり。
「うん・・・。」
「じゃ、2回目ね。」
「えっ・・・?」
「じやあ、いくからな。」また、尻を掴んでゆっさゆっさ。

「ひぃっ!!だめ!堪忍して!!壊れるっ!堪忍して!!」ほぼ、悲鳴。
「どこに出していい・・?」
「な、中はダメっ!!そ、それだけは、ダメっ!!ああっ!!!」
「そしたら、顔にかけるから、ちゃんと指で舐めろよ。」
「うんっ!!わ、わかったから・・・ああっ!!な、中に出さないでっ!!」鼻からそんなつもりはない。

ぬるぬるでべちゃべちゃだから、メチャメチャ気持ちよかった。
母の喘ぐ声も、メチャメチャ可愛らしかった。

逝きそうになって、母を床におろした。
まともに座ってられんほど、母フラフラ。
「ほら、舌出して舐めてみ。」母の顔の前でしごきながら、舐めさせた。
何の文句も言わず、目をつむりながら、舌を伸ばして、舐めてた。

「ほ、ほら、逝くぞ・・。」母の顔にかけてくと、母は静かに目を閉じていた。
口をぽっかりと半開きにして、上向かせる顔が可愛らしかった。
もう前髪にまでかかって、べっとり。
「ほら、約束だから、舐めろよ。」そう言ったら、ちゃんと、指で拭って舐めてた。

終わった後に、母の顔にシャワーをかけて、洗ってやった。
「どうだった?」返事なし。
怒ってんじゃなくて、返事する元気もなかったみたい。
顔をぽわぁ、とさせて、目は虚ろ。
頭、掴んで、唇塞いだら、ちゃんと舌を絡めてきた。

なんだか、また亀さんは、元気になってく気配。
「今夜、一緒に寝っか?」
「えっ?」親父は、夜勤で帰ってこない。
「ほれ、早く風呂から上がって、2階に行くぞ。」
「えーっ、一回だけって、言ったでしょ?」
「嫌なのか?」また、母の唇塞いだ。

顔、離して、見つめてたら、「あんたの好きにすればいいでしょ・・・。」母は、あきらめた顔になってた。

その晩は激しい絡み合い。
母だって、やっぱり女。
まだ、四十半ばなら、性欲だって、それなりにある。
つか、人並み以上にあった。
「ああ!!いいよ!!気持ちいいよっ!!」もう、汗まみれのグチョグチョ。

終始、ぴたりと肌を重ねたままで、互いの体を離しもしなかった。
こんなに気持ちのいい体、俺、他に知らない。
何回出したか、わかんない。
ゴムが、なかったから、そのまま生入れしっぱなし。
ちょびっと中に出たかも。

「あんた・・・彼女とか、つくらないの?・・・。」
何度目かが終わった後で、汗と、俺の精液に塗れた身体をぴたりと重ねながら、母が訊いてきた。
「もう、必要ねえだろ。」母の頭、撫でながら答えた。
「どうして?結婚しないの?」
「こんなにいいもんがあるんだから、もう、必要ねえさ。」
ケツから手を入れて、母のおまんこを撫でた。

「まだ、私と、したいの?」ちょっと、驚いたような顔をしてた。
「俺としたくないのかよ?」そのまま、指を入れてくと、まだグッチョリ。
「あ・・・でも、私たち、親子なんだよ・・・。」母は、そう言って、俺を見つめた。
「じゃあ、他の女に俺を取られてもいいのか?」

俺がそう返すと、母は、しばらく、じっと俺を見つめてた。
「やだ・・・。」甘えるように唇を寄せてきて、顔を離すと、母は、にこりと笑った。
その笑顔は、今まで一度も見たことのない、母の顔だった。
「すり切れるまでやってやるよ。」もう、元気になってた。

根本まで深く差し込んだ。
「あ・・・すごい・・・。」細い身体を腕の中に抱きしめた。
「もう、ぜんぶ俺のもんだぜ。」抱きしめながら、耳元でささやくと、「うん・・・」と、母は甘えるように、頷いた。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
妹の部屋から妹のアエギ声が・・・我慢できなくて突入しちゃった兄妹でのエッチ体験
2017/07/01 14:02
2017/07/01 14:02
俺大学2年、20歳。

妹高校1年、16歳。

去年の話になりますが、

夏の日に両親が2泊3日で旅行に行った。

俺は大学生だったから両親と行くつもりは無く、残る事にした。

妹(真紀)もクラブの関係で家に残るようだった。

家の中は俺と妹の部屋は壁1枚で隣合わせになっている。

両親が旅行に出かけた初日に俺は帰りが遅くなり、

家に着いたのは19時半過ぎだった。

玄関を開けて中に入ると、

妹の靴の他に見た事がない男性の靴があった。

両親が居ないから彼氏を連れてきたのかと思った。

というのも、妹は高校に入学して3ヶ月後に告白されて付き合い始めたらしく、

たまに家以外の場所で一緒…
【女性】整体師のマッサージでそのまま体を許しちゃった人妻のえっちな体験談
2016/04/11 19:59
2016/04/11 19:59
【女性】整体師のマッサージでそのまま体を許しちゃった人妻のえっちな体験談 結婚10年目、2人の子供と真面目な主人と不満ない生活をしています。 あの日まで男の人は主人だけしか知りませんでした。 2人目出産後腰痛になり、3ヶ月に1度整体に行くようになって3年になります。 自宅で治療室を設け、気さくなご主人で人気もあり、2週間前に予約しないと駄目な位の評判の医院でした。 年末、急に腰痛がでたので電話を入れました。 治療は今日まで予約が入っているので無理と言われましたが、正月には出掛けたいのでどうしてもとお願いしてみました。 本当は休みなのですが、特別に明日10:00から時間を作りましょうと言っ…
出会い系で知合ったガチ女教師に大量中出し【エロ体験】
2016/02/02 08:07
2016/02/02 08:07
もう時効と思うので書きます。

大学の時、出会い系でバツイチ独身の40代半ばの女教師と出会いました。

顔は真矢ミキに似ていて、顔つきはきりりととした感じ。

その日の格好は俺が頼んで普段の仕事服に。
その日彼女はパンティーライン丸出しのピチピチのタイトスカートを穿いていて、

ちょとエロいなあという感じで、何より小さくもなく大きすぎる事のないその美乳に俺は釘付けv。


車の中に乗り、最初は緊張で息の詰まる思いでしたが、時間が過ぎる事に色々な話もする様になり、

音楽の趣味も同じ(ハードロック好き)だったので、段々とリラックスして話をする様になりました。

するとそのうち女教師はスケベは話…
深夜、義理の姉の部屋に入ると姉はすでにエロい下着で待ってる
2017/12/20 22:30
2017/12/20 22:30
母が寝た深夜、私は義理の姉の部屋に入ります。姉はすでに嫌らしい下着で私を待ってます。 私30歳、兄36歳、義姉34歳です。兄の赴任が海外に決まった時、兄が女二人(母と義姉)だから家に暫く入って欲しいと頼まれました。といっても週に2日ほどで良いということでした。 私の自宅から会社は電車で1時間半はかかるので、マンションが近く、自宅と交互に行き来することになりました。姉はおとなしい感じで、母にも私にも大変優しくしてくれます。 ある日の休日、母は町会の日帰り温泉、姉は子供を連れて友人とランチに行くことになりました。私も付き合ってる女性はいましたが、その日は彼女が忙しいということで、デートはお預けで…
【痴漢・レイプ】続・上司の奥さんに悪戯【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/01/07 15:28
2017/01/07 15:28
前に上司の奥さんに睡眠薬を飲ませ悪戯した話を投稿した鬼畜野郎の健ですw覚えてますかぁwまたまた美人妻、孝子さんに鬼畜な悪戯をしてやったから話すよwその日は夫婦で出掛けていたらしく俺のアパートの近くまで来ているから近くの居酒屋で飲まないかと上司からの電話があり行ってやったw 俺は酒は飲まずに飯を頂き上司夫婦が帰るのを待っていた。もちろん電車で帰る予定の二人を車で送り、あわよくば自宅での酒宴にありつき、更にあわよくば美人妻、孝子さんにまたまた悪戯したいとの良からぬ考えを持っていたのだw二人とも酒豪なのでなかなかいい感じに酔っている。しかし孝子さんはホントにいい女だ!俺はあれ以来益々、孝子さんの虜…
【ノーブラ女子大生】飲み会での乱交エッチ
2015/11/06 08:00
2015/11/06 08:00
大学生の頃、ツレの家で男女集まって飲んでた。みんなヘベレケになって、ざこ寝状態。 俺もいつの間にか寝てしまってた。で、夜中あまり喉が渇いて目が覚めた。すると、何やら悩ましげな声が・・・。 ツレが俺から2mも離れていないところで行為にいたっている。驚きもあったが、しまった!と思った。 その相手の女の子はH好きで結構有名だったのだ。 ツレの行為を横目に俺の愚息ははちきれんばかりにギンギン。 薄目をあけて見ていたら、なんとツレと目が合った。 ニヤッと笑ったかと思うと、何やら女に耳打ち。 すると女もこっちを見てニヤッとした。 なんと、俺に向かって手をのばしてきた。 誘っている、3Pだ…
待ち合わせに来ていたのはデブババアだった
2017/01/05 21:08
2017/01/05 21:08
658 :えっちな18禁さん:2009/06/25(木) 18:18:03 今日出会い系で自称ぽっちゃり31歳のバツイチとあう約束をしたが 待ち合わせ場所ぶっとい脚をXの字にして携帯をいじっていたのは 巨デブで推定48歳の茶髪ババアだった。 660 :えっちな18禁さん:2009/06/25(木) 18:37:18俺は逃げ出したい衝動に駆られた。いや逃げ出すべきだった。 しかしババアに見つかってしまったのだ。 彼女は白の推定17号のスーツに包まれた身体を揺らして俺に近づいてきた。 「林君?」 声はかわいかった。&nb…
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】夏のプールにて・・・【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/03/17 18:38
2017/03/17 18:38
去年の夏の出来事です。当時大学2年で、4人でプールに行ったときのことです。メンバーは俺(隆志)、友達の俊宏、女友達の史奈、女友達の加奈子の4人です。(全て仮名です。)俺達は中学から同じクラブで同じ高校に行き、エスカレーター式で同じ大学に入ったこともあり、とにかく仲が良かったです。最初は女として見ていたのは事実ですが、大学に入ってからは仲の良いメンバーとしてよく飲みに行ったり、キャンプに行ったりしていました。高校から大学にかけてみんなそれぞれ彼氏や彼女ができたのだけど、4人で会って遊ぶことは続けていました。お互いの彼氏、彼女の愚痴なんか話すのも楽しかったです。俺は大学の冬に彼女と別れて、その後…
私の中にあった隠れた性癖
2017/12/25 10:28
2017/12/25 10:28
結婚8年目を迎え、夫との性生活は月に1回あるかないか。
最近ではAVを観ながらじゃないとしてくれません。
それでも、全く無いよりは・・・と黙認していますが、これでは私を使ってオナニーしているという感じです。

「今日DVD買ってきたよ」という夫からの言葉が、『今夜しよ』というサインになっているのです。

それでも夫はいっぱい愛撫をしてくれます。
玩具でクリトリスを虐めてから、指を入れて掻き回します。
これでイカされてしまった後は私がお口でしてあげるのですが、この時、夫の視線がDVDの方にある時は悲しくなります。
そのまま手と口の愛撫でイッてしまうこともあるし、入れてくれたとしても、や…
15歳色白細身のまないた娘
2015/11/13 21:01
2015/11/13 21:01
以下妄想のかきなぐり。出会い系をはじめたのは7~8年くらい前か。 はじめてつかまえたのはいきなり15歳だったが、もののけ姫にでてきた神様みたいな体型のデブだった。 だけど、そこで「本当に15歳食えるんだ」というのを知った。まともな15歳を食ったのはそれから数ヶ月くらい。 15歳、中3の子とメールから会うことになった。 あまりかわいい子ではなく、目も小さな地味な子だが声優学校に通ってるだかなんだか。 2、3度カラオケに行ったが当時の僕はヘタレでキスどころか密着することもできなかった。 そんときはヤリ目ではなく、中学生と遊べるだけである意味満足してた。 とある日、家の犬が見たいから映画を観た後家に…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【不倫】バスケサークルで知り合った若い男の子に告白されて

・痴漢される妻を目撃8(映画館編)

・【熟女体験談】本屋で不倫物を立ち読みしている熟女を痴漢したら簡単に中出しさせてくれた

・社長のおちんちんを咥えています

・【人妻体験談】会社に出入している浮気したことのない人妻生保レディーが家にきたので、初めての浮気を経験させてやった

・交際初日に初SEX。そして・・・。

・【不倫】巨尻が魅力のエロOL[後編]

・あんなイイ思いは何だったのか不思議

・スロベニアから来たシビルとのセックス

・亭主が寝ている横で、バックからつきまくった・・・

・【人妻体験談】痴漢にアナルまで弄られて感じる妻に興奮する夫

・【不倫】巨尻が魅力のエロOL[中編]

・スイミングスクールに妹を迎えに行ったら

・お祭りに参加していやらし事されぱなしでした

・【人妻体験談】ちんぽが大好きで手コキマニアな変態女上司

・【熟女体験談】同じ介護職場の熟女の薄く透けてたブラに興奮し、フェラしてもらった

・不倫相手との甘い甘いSEX行為の告白

・【浮気】修学旅行の夜、先生に隠れて潜った布団の中で

・妻しか知らない私~初体験は非処女妻~

・【近親相姦】義父から性的暴行を受けていた実の娘と

・認知症の母と・・・

・【人妻体験談】お隣の奥さんと出会った日にいきなりホテルでセックス

・星の綺麗なキャンプ場でフェラチオ大会

・【盗撮・覗き】トイレから聴こえてきた大好きだった子のフェラ音

・黒ギャルのフェチ料金は破竹値

・女房が21年前に出ていた裏本

・社員旅行でパート主婦と・・・

・【熟女体験談】営業のオバハンと飲みに行き、出来上がったオバハンと中出しSEX

・【Hな体験】楽器屋でギターの試奏したら処女のセフレができた

・タダマンがビックリする程に楽勝