寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

彼女だと思って突き上げてたら実の母だった、なぜ?

2017/03/21 19:00


『はい!』という声とともに、誰かが俺の背中をポンと叩いた。
ハッと我に返る。俺は自宅の居間でソファに腰掛けていた。
隣に座った奈津美が、つぶらな瞳で俺を見上げてる。
奈津美は高校の同級生。半年くらい前から付き合ってる。かなり可愛くて、AKBの「たかみな」似…と俺は思ってるんだけどな。


『ほら、彼女もシタがってるよ。ヤッてあげな』頭の中で誰かの声がする。
抱き寄せたら、奈津美の方からキスしてきた。

2人とも性欲旺盛な16歳。
まあ、人並みにやることはやってるわけで、奈津美がかなり発情してるのは分かった。
俺も何だか興奮状態。
キスの雨を降らせながら彼女のTシャツを捲り上げ、ジーンズを脱がせた。
奈津美は日ごろ、柄入りの可愛らしい下着を愛用してるんだが、今日はグレーの地味なやつだ。

抱かれると想定してなかったんかな。
ちょっとオバさん臭いけど、これはこれで新鮮な感じがする。
ブラを外すと白いオッパイがこぼれ出た。
Cのはずだけど、今日は1…いや2カップくらい大きくなったみたい。
そういや、生理前は胸が張るって言ってたよな。

何だかいつもよりエロい。
柔らかなオッパイを揉みながら舐め回す。
乳首を咥えながら舌先で刺激すると、口の中でどんどん大きく硬くなるのが分かった。
「ああぁ…いい…オッパイ気持ちいい…」甘い声を漏らしながら、奈津実が白い肢体をくねらせる。
股間に手を這わせ、濃いめの陰毛をかき分けると、指先にねっとりした感触。

俺の技量不足もあって、普段はそれほどお汁の多い子じゃないんだけど、今日は相当興奮してるらしい。
ここまで濡れてるのは初めてだ。
俺も急いで服を脱ぐと、肌を合わせて再び指先でアソコを愛撫した。
ヌチャっという淫らな音が、たまらなく興奮させる。
中指を膣に出し入れしながら親指でクリをこね回す。

片方の乳首を咥えて舌先で刺激し、もう片方の乳首は指先でつまんでクリクリ…「あああぁ~っ!すごい!イクッ!イッちゃううぅ~~っ!」渾身の3点攻撃に、奈津美はブルブルッと全身を震わせる。
指を包み込む膣がキュッと締まり、手のひらに生温かな液体がかかった。
彼女とは何度もやったけど、こんな激しいイキ方は初めてだ。
奈津美は荒い息のまま、トロンとした目でこっちを見て体を起こす。
うずくまるように俺の股間に顔を寄せると、ペニスを口に含んだ。

奈津美はあまりフェラが上手じゃない。
初めてが俺で経験が少ないせいか、いつもは舌先でペロペロ舐めたり、遠慮がちに先っぽを咥えたりするくらい。
俺は俺で女を仕込むほど経験豊富じゃないから、こんなもんかなと思ってた。
だけど、この日は全然違う。
フル勃起したペニスを愛おしそうに唇に含むと、口の中で円を描くように舌を亀頭に絡める。

初体験の濃厚な舌技。
いつの間にこんなテクを…。
俺は体をのけぞらせ、鋭い快感に身悶えした。
『ほら、彼女のアソコも舐めてあげな』また誰かの声がした。
奈津美の下半身を引き寄せ、顔をまたぐような姿勢にする。

顔の前には、柔らかそうな毛に包まれたエロい割れ目がパックリと口を開けてる。
俺はためらうことなく、愛液をしたたらせたアソコにむしゃぶりついた。
「あああぁ…すごい…すごいぃ~~」ペニスを咥えながら奈津美が下半身をくねらせる。
69は初めてだったが、俺は必死になってクリを舐め上げ、次々と愛液が溢れる膣を2本指でかき回した。
「だめえ!またイクッ!イッちゃううぅぅ~~っ!」奈津美は両太股で俺の顔を挟み、尻を激しくバウンド。

上半身を反り返らせ、再び全身をブルブルッと震わせる。
同時に股間から生温かい液体が再び噴出し、俺の顔をベットリ濡らした。
ぐったりとソファに横たわる奈津美。
丸いオッパイが呼吸に合わせて上下する。
俺は仰向けになった奈津美に覆いかぶさると、両脚を広げ体を重ねた。

…と、ここでゴムを着けてないことに気が付いた。
興奮しすぎて忘れてた。
ええと、確か俺の部屋にあるはず。
でも、この状況から取りに行くのもなあ。
どうしよう…と考えた時、また頭の中で例の声が響いた。

『そのまま入れちゃいな…』ベトベトに濡れた膣の入り口に、唾液と先走り液にまみれた亀頭をあてがう。
奈津美が股間に手を伸ばし、ペニスを引き込むように迎え入れる。
ゆっくり腰を突き出すと、青筋の浮き出た勃起がズルリと体内に滑り込んだ。
「うわっ」と声を上げたのは俺の方だ。
何なんだ、この感触は…。

奈津美は中肉中背だけど、膣のつくりが小さいみたい。
勃起時17cmで先端も大きい俺のペニスだと、今までちょっと窮屈に感じてた。
なのに今日は、普段より濡れ方が激しいせいか、ちょうどいいフィット感。
といって緩くなったわけじゃない。
これまでの「締め付ける」感じじゃなく、アソコの入り口から奥まで全体で、俺の肉棒を優しく包み込む感覚だ。

「あああぁ…すごい…硬くて太い…」ゆっくり前後に動かすと、奈津美がうわ言のように喘ぐ。
どっちかと言うと奥ゆかしいというか、あまり派手に喘がない子だけど、今日は人が変わったみたいに悶えまくる。
それだけ気持ち良いらしい。
それは俺も同じ。
セックスがこんな気持ち良いなんて、今まで知らなかった。

ペニスと膣の粘膜が擦れ合うたび、脳味噌が爆発しそうな快感。
奈津子の両脚を抱える体勢になると、俺は腰をガンガン打ち付けた。
ピストン運動に合わせ、結合部からプリュ、プリュと淫靡な水音が漏れる。
あまりの気持ち良さに、いつもより早く限界が訪れそうだ。
「あうっ、もうすぐ…イキそう…」
「来て!中に…中にちょうだい!」えっ?耳を疑った。

中にちょうだいとか、エロ漫画でしか聞かないセリフだし。
だが、奈津美は両脚を俺の腰に巻き付けるように絡め、体を擦り寄せる。
この時点で俺も正常な判断力を失ってた。
もうどうなってもいいや。
「イクッ、イクよっ!」
「すごい!ああぁ!イクッ!イクウウゥゥゥ~~ッ!」奈津美が俺にしがみつき、唇を重ねる。

絡まり合う舌と舌。
思い切り突き出したペニスの先端から、勢いよくザーメンが噴出した。
ドクッドクッ…脈動とともに、濃厚な粘液が膣内に広がっていく。
俺の体の下で、奈津美は意識を失ったようにぐったりしてる。
アソコだけ別の生き物のように、時折ヒクッヒクッとペニスを締め上げた。

ああ、たまらない。
小6で初めて射精して以来、仮に2日に1回なら全部で1000発くらい出した計算だが、こんな気持ち良い1発は初めてだ。
大した女性経験もない俺が言うのも何だけど、相性が良いってこれなんだな。
もちろん奈津美のことは人間的にも大好きだけど、俺、体も彼女に溺れてる。
どうしようもなく愛しくなって、柔らかな体を抱き締めた。

激しいセックスの余韻に浸ってると、頭の中でまたさっきの声が聞こえた。
『それでは術を解きます。3、2、1…』
『はい!』という声とともに、再び誰かが俺の背中をポンと叩いた。
興奮と快感でボーッとしてたのが、ハッと我に返って下を見る。
組み敷かれて恍惚の表情を浮かべてるのは、どこからどう見ても俺の母だった。

へっ?あれっ?なんで…?事情が全くのみ込めない。
上気した目で俺を見上げてた母も、「えっ?」という訝しげな表情になった。

「ち、ちょっと良一、あんた裸で何やってんのよ?」
「か、母さんこそ…。さっきまで俺、奈津美と…なんで母さんが…?」
「ええっ?あたしは、その…お父さんだとばかり…」

母はもうすぐ40歳。
たかみなというより「たかみお」…よく知らないんだが、高橋美緒とかいう巨乳系のAV女優に似てる、と友達に言われたことがある。

母もかなり取り乱してたが、ようやく自分も全裸だと自覚したらしい。
慌てたように片手で大きなオッパイを隠しながら、もう片手で俺を押し返した。
「と、とにかく、まずどきなさい」
「えっ?あ、うん…」

玄関の方でドアの閉まる音がした。
誰か来たのか?それとも出て行ったのか?そんなことより今は、とにかくこの状況を把握するのが先だ。
体を起こすと、ズルリとした感触とともに、ペニスが母の体内から抜けた。

母も違和感を覚えたんだろう。
ハッとした表情で股間に手をやると、指先についた粘液をまじまじと見つめ、それから臭いをかいだ。
「何これ?うそ…いや…いやああああああぁ~~~~っ!!!」この期に及んで、ようやく俺も洒落にならない事態だと理解した。
つまりその、奈津美だと思って中出しした相手が…実の母親…ええ~っ!?いや、あり得ないだろ。

でも、だとしたら今の状況は何なんだ??「なんでよお~、なんでこんなことするのよお~」
「知らねえよ!こっちが聞きたいよ!」
母は両手で顔を覆い泣きそうな声。

というか実際、泣いてたかもしれない。
泣きたいのはこっちも同じだ。
いったい何が起きたんだ??ええと、そうだ。
今日、家に戻ったら母がいて、あと客が来てたんだよな。
占い師じゃなくて、ナントカ心理士?カウンセラーだっけ?確か母の説明だと、このところ親子仲が険悪だから相談して来てもらったとか。

高校生が親とうまく行かないなんて普通なのに、まったく余計なことしやがる。
で、そのカウンセラーと話した…ような気がする。
なんで思い出せないんだ?何か明るい物…ええと、ペンライトだっけ?いやロウソクだ。
確かロウソクの火を見せられながら、何か聞かれたんじゃなかったか。
彼女いますか、とかそんな質問だったかも…ああ、ダメだ、思い出せない。

声ははっきり覚えてる。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
15歳離れている実の姉との相性抜群!最高のパートナーですwww
2017/04/05 10:02
2017/04/05 10:02
姉と年齢が15歳離れている

両親が四十路過ぎの時に

弟である俺が生まれた訳だ

だから姉と言うより母って感じの姉。

姉は結婚して子供が一人(女の子)出来たけど

離婚して実家へリターン

世間で言う出戻りってやつ。

私は結婚とか興味なかったし

適当に彼女を作って実家から仕事に通ってたけど

両親も程なくしてから他界して姉と姪の三人暮らしになった。

ある日の夕食時に姉と色々と話しをしてると姉が

結婚しないのか?って聞いてくるから、私は

ん~何かピンと来るモノがなくて

結婚は考えてないんだよね

って言いながら

姉ちゃんは再婚し…
風俗で知り合った彼女に盗聴器をしかけたら・・エッチな体験談
2018/05/17 10:58
2018/05/17 10:58
出会からしてすでに風俗なんだけどw仕事仲間と打ち上げでデリヘル呼ぼうぜ!ってなったから携帯で可愛いっぽい娘を適当に選んでその子が来た。 色々話をして分かったことが。 ・まだ風俗初めて2ヶ月位。 ・色々支払いがあるし、失恋して自暴自棄になってこの世界に足を踏み入れた。 ・今はこの世界にいるし彼氏を作るつもりはない。 そんなこんなで話をしてるうちに意気投合しちゃって俺「口ではあんまりいけないんだ」彼女「あなたとならしてもいいかな・・・」って感じでHしちゃった(本当はデリヘルとかは本番はダメ)今思えばここで俺と本番許した時点でそういう女だった・・・風俗で働く時点でそりゃそうだろ!って皆は思う…
歳上なのに彼女みたい、でも彼女とは違う大人の色気
2017/05/31 18:19
2017/05/31 18:19
彼女持ちの21歳学生です。 昨日の夜バイトが終わって歩いて帰っていると、同じ職場の恭子さんと偶然会いました。 34歳の既婚者で、桜井幸子さんっぽい綺麗な人で、僕ら若い者の中でも人気者でした。 メールしたり、たまにみんなでご飯食べに行ったりしてたけど、家族の事に話が行くと黙ったり、話をはぐらかされたりして・・・。 家が近いということは知ってましたが、それ以上は知らなかったんです。 「涼君」と声を掛けられて振り向くと、少し酔ってる彼女が立ってました。 恭子「今終わり?お疲れ」 僕「恭子さんは飲み会ですか」 恭子「うん、友達とね。一緒に帰ろう、送ってってよ」 そう言って腕を組んでき…
初めて見た時から惹かれていた義姉と…2【体験談】
2015/12/19 21:10
2015/12/19 21:10

義姉宅には俺は初めて訪問した。以前にも呼ばれた事はあったが、大体都合が合わなくていきそびれていた。

どんな顔で会えばいい?ここにくるまでもう何度も自問自答した。
でも答えは決まりきってる。今までどおりでいくしかないんだ。義姉もそれを望めばこその今回の招待のはずだ…

玄関のドアを嫁は慣れた感じで開ける。すぐ子供がたたたたっと走り出て来て、それを追うように少し小走りで義姉も姿を表した。

目が合ったほんの一瞬が凄く長い時間に思え、不自然にならぬように。と嫌がる喉から無理矢理あいさつの声を絞り出した。

それを聞くと義姉はニコッと笑い、子供と共にあいさつを、返してくれた。

季節は秋になりか…
女性向き風俗
2015/11/11 00:05
2015/11/11 00:05
俺は、風俗嬢ならぬ風俗坊だった。切っ掛けは、SMバーのM男だったんだけど、オーナーが新しいスタイルを考えた。 M男ショーの客層は、年輩の女性とゲイのおっさんで、女王様ならぬ、お姫さまプレーの風俗だ。客層は、述べた通り、年輩の女性で、個室に入り、客が満足するまで、犬の様にアソコを舐める。本番はせずに、バイブとローターと指と主に舌を使う。40オーバーの客層のアソコは、加齢臭にもにた、香りを放つ、俺たちに選択権は、無いから、美味しくいただくふりをする。たまに、30代の客も当たるけど、ブスかデブが関の山だ。大抵の客は、本番を要求するけど、絶対しない。だって客は、プレーで、興奮してるけど、俺は、勃起しな…
妹と一緒に
2017/09/13 11:19
2017/09/13 11:19
随分前になりますが、私が中学年の時の冬休みに 小学年の妹と一緒にレイプされました。 その日は妹を連れて出かけました。 その帰り。 妹がお腹が痛いと言い出したのです。 寒かったので冷えたのだと思いました。 その時私は声を掛けられました。 男の人人でした。 「俺らの部屋においで。暖かいから。そこで休めば良いよ」 と言われ、私は妹が心配だった為、男の人達について行ってしまいました。 部屋は暖かく、しばらくそこにいたら妹も良くなりました。 私達はお礼を言って帰ろうとしたら 「おいおい。こんな所に来て何もされずに帰れると思ったのか」 そう言うと、男達は私達をベットのある部屋に連れて来られました。 「早く…
★ヘルパーの綺麗なお姉さん
2015/08/19 21:10
2015/08/19 21:10
 6月上旬にギックリ腰で10日ほど入院しました。いやぁ、大変でしたよ。日増しに体中痛くなって、腰以外でも首は回らなくなるし、腕は上がらなくなるし、膝、足首は神経痛が出てきて、まさに「寝返りも打てない」状況でした。

 でも、ほかの部分は元気なんですよねぇw ひーひー言いながら、タバコ吸いに喫煙室まで歩行器使って行ったりしてました。退院まで、何度か風呂の機会がありました。上体をどこかで支えていないと何ともならないので、ヘルパーさんに介助していただかないと入浴は困難でした。
 1度目の入浴はまったく余裕なく、まさに「なすがまま」状態で、とにかく「汗を流したい」「手伝ってもらってありがとう」…
★OL1年目の野球拳デビュー体験談
2018/02/22 17:08
2018/02/22 17:08
 21歳のOL(事務・庶務)1年目の美紀です。社会人で始めて、忘年会の二次会でとうとう野球拳デビューしちゃった。お酒がすすんだところで、ひょんなことから男性対女性のチーム対抗野球拳が始まってしまいました。

 1チーム3人で代表を出して勝負したのですが、代表が負けたらそのチーム全員が服を1枚脱ぐ、最初に一人でもギブアップしたり、脱ぐ物が無くなった人が出たチームが負けると罰ゲームをするというものでした。

陽子のおもいで  第15章 肉欲だけの夏休み Part4
2016/08/24 01:01
2016/08/24 01:01
そのあと陽子をテーブルから降ろしておいて、簡単なタオルケットを二階から持ってきて素っ裸の2人の体にかけ、腕枕をしてやって絨毯の上で横になります。 ぼくの腕枕にしていなかった方の手は陽子のオマンコの上からお尻の穴を捉えて優しく愛撫してやりながら眠りました。 何時間眠ったのかは判りませんでしたが、目を覚ますと腕枕の中に陽子の寝顔は無く、僕一人が大の字になって眠っていたようだ。静かな中で耳を澄ましてみると、水かお湯の流れるかすかな音が遠くから聞こえてきます。 「陽子がシャワーでも使っているのだろう」と思ってまた眠ろうとしましたが、真っ裸で寝たことも煩いしてか、 尿意を覚えたのでトイレに行こうと起き上…
うまいことやられた感のある結婚だったが、妻との相性は抜群だ
2017/03/19 17:00
2017/03/19 17:00
俺は国立大学を卒業して、県内では大手の企業に就職した。
本社で4年間、様々なジャンルの仕事をして一通りなんでもこなせるようになった。
2年後輩の綺麗な綾奈は俺の大学の後輩で、それをきっかけにアプローチして恋仲になった。綾奈は処女ではなかったが、23歳のイイ女に恋愛経験が無いほうが不自然だとおもった。綾奈はイキ顔も綺麗で、26歳の俺は結婚も考えていた。


しかし、入社5年目に本社から車で3時間かかる田舎の営業所に転勤になってしまった。
遠距離恋愛は1年と持たず、綾奈は同期に寝取られたらしい。
「私達、暫く離れましょう」最後のメールだった。

俺はこの小さな町で古い一…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【不倫】友達と彼が寝てる横で友達の彼に夜這いされた

・ 初めてのハプニングバーで超刺激的な体験した

・書き捨て。神仏絡んでいるので、駄目な方はスルーお願いします。

・残業中に、上司と同僚にハメ倒されて気持よかった女子社員

・ものすんごい体験をしてしまった【出会い系体験談】

・【痴女との体験談】姉友「ほら今だけ脚舐めてもいいんだよ~」

・パートで雇ったポッチャリ系の主婦と昼間っからヤったった

・【露出】プライベートリゾートで剛毛姉妹とエッチ三昧

・酔いつぶれた女子社員をアパートまでおぶっていったが・・・

・ショーツ

・【痴漢・レイプ】派遣先のキモイ男に汚い所を盗撮されて犯された

・スナックで声をかけてきた淫乱M女のチーママを調教したったwww

・【不倫】一回りも年下の男の子の熱いミルク

・衣装選択でお客様と・・・

・彼女がいるのに、家庭教師先のJKも食っちゃってました

・コンプレックスのある女性の相談に乗ってやったら、処女の体を堪能できた

・かみさんとセックスレスなのでヘルス嬢とやっている

・夫とのSEXを拒否する40代妻に寝取られプレイを提案したが最悪の結末にw

・【痴女との体験談】ヤンキーに拉致られ

・パートの人妻さんに媚薬を飲ませた結果⇒アナルセックスできたwww

・品不足で品が必要な人妻がエロ降臨

・不倫して離婚し、そして自殺してしまった元嫁に涙が・・

・1年前女VIPPERと会ってセクロスした時の話をする

・【人妻体験談】弟が目の前で兄嫁を寝取りレイプしているにも関わらず、何もできなかった兄

・淫乱OL

・妻の妹に性感マッサージしてSEX寸前にwwwwwwwww

・出産後間もないツンデレ嫁の淫語手コキで大量発射

・はじめて母乳風俗いってきた!!!!!

・自分でアナル拡張してるくらい変態な私の初レズ体験

・友人の知合いの温泉