寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

仮面夫婦のオレが女子大生の部屋に入り浸り

2017/02/28 23:00


  

 俺の彼女「かなこ」は18歳。今年大学に入学したばかりです。俺は社会人で28歳、彼女とは携帯の出逢い系サイトで知り合いました。はじめは受験勉強の相談なんかをメールでしていたのですが、だんだん俺が彼女の精神的な支柱になっていったようで、受験直前のクリスマスの夜に初めて会って抱きました。かなこは見た目は結構派手で、胸が大きいうえ(89のE)、ぴったりした服が好きです。会ったのは冬だったので、上に着込んでいましたが、暖房のきいた店に入り、彼女が上着を脱ぐと、周りの視線を感じたものです。かなこ自身も感じていたことは、後で話してわかりました。かなこがそれまで付き合ってきた男性は、おおむね同世代の男の子でした。そういうの話すのが好きなのか、クリスマス以来、かなこの恋愛遍歴は全部聞かされました。彼女は、年の離れた男と付き合うのが新鮮だったのかも知れません。 俺も、これまでの男の子たちとのエッチを聞いた後で、かなこを抱くのは興奮しました。時には、最中にもう一度言わせてみたりして楽しんでました。初めての夜に驚いたのは、かなこのフェラチオの上手さです。まとわりつくような濃厚なもので、吸い込む動きにも緩急があり、絶品でした。「どこで覚えたのかな~?」なんて初めは笑ってましたが、こっちも気持ち良過ぎて、途中で言葉も出なくなってしまいました。腰も自然と動いてしまい、かなこはそれを上目づかいで見て、微笑んでました。あとで聞いてわかったことですが、そのフェラチオは、かなこが地元で知り合った2つ年上の男(ゆうじ)から仕込まれたそうです。プリクラを見せてもらいましたが、ゆうじは福山似の優男でした。しかし、女癖が悪く、かなこと付き合ってる時も、いろいろ手を出していたそうです。結局それが原因で別れ、俺と付き合うことになったんですが・・・。いろいろ聞いているうちに、かなこはゆうじのことをまだ忘れられないようでした。ゆうじはゆうじで、別れたにも関わらず、思い出したように連絡をよこし、冗談めかした口調で「また襲ってやっから」とか「お前は俺の実験台だから」とまで言っていたようです。俺は、連絡先を変えて、もう関係を断ち切るように言ったのですが、いつもなし崩しで、結局は時々連絡を取り合う関係が続いていたようです。そうこうするうちに、かなこは大学に無事合格し、一人暮しをはじめました。大学では心理学系のサークルにも入り、コージーコーナーでバイトも始めたので、かなり忙しい毎日のようでした。俺と会うのは主に週末で、かなこも俺も家でまったりするのが好きなので、自然とかなこの家で過ごすことが多くなりました。俺、実は既婚者(子供無し)で妻とは状態でしたが、さすがに俺の部屋に・・・ってわけにもいかず、会うのはいつもかなこの部屋でした。かなこの家には俺の私物が増え、合鍵も持ち、いつでも出入りできるような関係になりました。関係が次第に安定してくると、今までのように頻繁に連絡をとらなくても、お互い何をやってるかわかるという安心感がでてきました。かなこは明け透けな性格なので、飲みにいったときも、誰と飲んで、どんな話をしたかメールくれてたので、俺も信頼しきってました。時には、告白されたなんていう話もありましたが、どんな情況か常に把握していたので、心配するよりむしろ、かなこが他の男にもチヤホヤされてるってことが嬉しいくらいでした。そんな状態で、ゆうじのことも忘れかけ・・・・・そんな安定した日々が当たり前になったある週末。ちょうど三連休になったので、かなこと温泉に行く計画を立ててました。ところが、俺はコンピューターのシステム上のトラブルを扱う仕事に就いているので、何かあると急に呼び出しをくらうことがあります。その三連休の前日に、トラブルが落ち着くまで出勤するよう上司に頼まれてしまいました。もちろん仕事のことなので仕方ないです。かなこに話し、納得してもらいました。かなこは「あたしも大学のレポートでも片付けてるよ。空いたらいつでも連絡して」と言ってくれました。トラブルは予想以上に厄介で、連休の2日間はつぶれてしまいました。夜遅くまで会社につめていたので、途中で数回メールするほかは、疲れ果てて連絡もとりませんでした。かなこもレポートがんばってるんだと思って、俺も頑張りました。そして三日目の夕方、やっと仕事が片付きました。早速お詫びにかなこを飲みに誘おうと思い、電話。かなこはもちろん喜んで出てきたので、俺はいつもよりちょっと高めの店に連れて行きました。ゆっくり静かに過ごしたかったので、個室をとってもらい、かなこと向き合って座りました。つい1週間前には会ったはずなのに、かなこは心なしか焼けているようにも見たんですが、特に聞かずに機嫌よく飲みました。疲れた体に酔いがまわってきて、何気なく「レポート進んだ~?」と聞くと、かなこは曖昧な返事をしました。俺は続けて「何のレポート書いてたの?」と言うと、かなこは黙ってしまい・・・。「言ったら驚くからいいや」と思わせぶりなことを言います。俺は気になって、「何かあったの?」と聞いたんですが、なかなか答えません。いつもなら、うるさいくらいに何でもあったことを子供みたいに話すので、俺もちょっと真顔になってたかも知れません。「いいから話してみなよ。いつものかなこらしくないね~」と笑いながら言うと、かなこは「怒らない?絶対?でもなぁ・・・」とますます思わせぶりです。俺は「絶対怒らないから。ここまで言っておいて話さなかったら、逆に怒るけどね」と言いましたが、内心ちょっと不安でした。かなこは、「じゃあ・・・」と話しはじめました。かなこの言葉を思い出しながら書いてます。「実は・・・連休の前の日にゆうじから電話きてさ。連休中なにしてる?って。何かゆうじも暇らしくて、遊びにいかないかって誘われた。それで車で鎌倉に海見にいったの。」とだけ、一気にしゃべりました。後でかなこが聞いたら、俺、表情が硬直してたらしいです(笑) 俺はやっと「え?そうだったんだ…。2日目はどうしてたの?」と聞くのが精いっぱい。どうやら2日目もドライブしてたらしいんです。俺は思いがけないことに驚き、嫉妬で胸が焦げつきそうでした。しかし、ここで怒ったら話の続きが聞けなくなってしまうので、堪えました。俺「で、どうだった?」かなこ「鎌倉っていっぱい見るとこあるんだね~。びっくりした。」俺「いや、、そういうことじゃなくて。何かあったかってこと?」かなこは俺が怒り出さなかったので、いつものように無邪気に話して大丈夫だと思ったんでしょう。しかし、さすがに・・・かなこ「え・・・。言わなきゃダメ?どうしても?」と顔を曇らせました。俺「何かあったんだ?全部ちゃんと言えば怒らないから・・・」かなこ「しげくん、ごめん。。ゆうじにキスされた。車の中と海辺で・・・」俺は予想はしてたので、何とか嫉妬と怒りをとどめ、「他には?」と落ち着いた声で聞きました。かなこ「抱きつかれて、胸を・・・。抵抗したんだけど、勢いがすごくて・・・それで指で・・・なめるのはしなかった。」俺「胸、どうされたの? それから、指で・・・って?ここまで話したんだからちゃんと言ってくれよ」 俺は声をあらげました。かなこは見る見る泣き顔になり・・・俺はたたみかけるように「ちゃんと言えば、許すから。ちゃんと説明して」と言いました。今度はできるだけ普通の声で。かなこは躊躇しつつも・・・「Tシャツたくしあげられて、胸なめられた。なめながら、ゆうじが指いれてきて・・・イヤって言ったんだけど、やめてくれなかった。」俺は、前の話で、よくゆうじに指でいかされてたって話を聞いていたので、咄嗟にそのことを思い出しました。俺「んで、いかされたのか?」かなこ「ごめん、、最低だね、あたし。ごめんなさい。」俺はあまりのことに頭がぼんやりしてきました。俺の顔がどんなだったか、放心状態だったかも知れません。半分笑いながら、「もうおれたちダメだね・・・」とつぶやきました。かなこもさっきまでの無邪気な表情は消え、涙を流して・・・「え?そんなの嫌だ!ごめんなさい、、もう絶対会わないから。」その時の俺は本気で別れるつもりでした。しかし、かなこは自分がやったことにも関わらず、全く納得しません。不思議なことに、ずっと泣いてはあやまってるかなこを見ているうちに、もう一度だけ抱きたいと思う自分がいました。「じゃあ、とりあえずここは出よう」といい、おれたちは外へ出ました。もう終電間際、帰途に急ぐ人達で街はあふれてました。かなこは心配そうに俺の腕にしがみついています。俺はそんなかなこを思いっきり抱きたくなっていたので、いつものように、彼女の部屋に行くことにしました。かなこは、当然話し合うためだと思ったことでしょう。沈黙したまま電車に乗り、部屋に着きました。恥ずかしい話ですが、しばらくしてなかったこともあり、許す許さないは別として、一刻もはやく抱きたくなってました。かなこは「ごめん、ちょっと待って」といい、部屋にほしてあった洗濯物を片づけ始めました。俺は眺めながら、「ゆうじとのデートのとき、どんな下着つけて行ったんだろう」なんて馬鹿なことを考えてました(笑)かなこがブラに手をかけたとき、俺はたまらなくなって、後ろから強く抱きしめました。かなこは驚いてましたが、なされるがままです。俺はかなこの胸を揉みしだきながら、髪に顔をうずめ・・・耳から首筋へと舌を這わせました。いつもより乱暴だったかも知れません。かなこは微かな喘ぎ声をあげ、俺に身を任せてました。「し、、しげくん。ほんと、ごめん。あたし、しげくん…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
母と近所のエロオヤジ
2016/04/10 06:00
2016/04/10 06:00
俺が厨三の頃、同じ地区に住む少しやばそうなおやじが俺の母親に目をつけていた。
そいつの素性は未だにはっきりとは知らないのだが、当時は確かちょっとボロい
一軒家に一人暮らしをしていて、画家だとか小説家だとかという噂だった。
別に俺も仲がいいというわけではなく、ガキのころから何となく知っていて挨拶くらい
をする程度だったのだが、たまに母親と会う時の目つきが変だったので気になって
いた。


まあ当時の俺は何を見てもエロに結びつけていたが、おやじの目はまぎれも
ないエロ目だったと思う。そんなことが2,3回あったので、ある時俺はおやじに
「俺の母さんと、やりた…
近親相姦、旦那には内緒で義父の子供を産みます
2016/12/16 12:00
2016/12/16 12:00
 

  37才の主婦です。私は義理父、つまり主人の父親とセックスをしています。主人は44才、義理父は67才です。もちろん主人には内緒です。このような関係になって10年になりますが、今もほぼ「毎日」のように義理父との関係を続けています。むしろ義理父との濃厚なセックスを楽しんでいます。主人ともセックスはしますが、数ヶ月に1度程度でしかもほんの10分程度で終わってしまいます。今では、主人とした回数よりも義理父とした回数の方がはるかに多いですし、子供たちも義理父に大変なついていますので、義理父が私の夫のような気さえしてしまいます。きっかけは主人の転勤でした。10年前の…
派手でエロいボディコンに着替える叔母と69でアナル舐めあいっこ
2016/02/09 19:06
2016/02/09 19:06
学栄の頃に叔母が離婚前提で、
うちが管理しているアパートの一室に引っ越してきた。

離婚が決まろうが元気な叔母の趣味は
とあるアメリカのロックバンドのファンでおっかけをいている
バンギャルならぬバンオバさんだった

俺は週末の学校帰りに会おうものなら、
即捕まり一晩中そのバンドについての講釈を聞かなければならなかった

アパートと言うこともあり、夜音楽を聴くときはヘッドホンをしていて、叔母からすれば二人でヘッドホンなしで小音量で聞いているのは少し不満だったかもしれない。

来日すれば、必ずライブに行くし、しかも、必ず前から○列目みたいな良い席だった。
ライブに行くと、必ずその後は飲みに…
デリヘル呼んで本番出来る人と出来ない人の差
2015/10/20 12:17
2015/10/20 12:17
1: 目潰し(秋田県)@\(^o^)/:2015/10/19(月) 16:54:23.93 ID:YnnnCKj80●.net 男子たるもの一度はプロの女性と付き合い、プライベートなセックスを堪能してみたい。高嶺の花に見えるAV&風俗嬢たちだが、 実は意外にも簡単に彼女にする方法が存在する。彼女たちの攻略テクニックを駆使して、素人娘とはひと味違う男と女の関係を堪能せよ! http://nikkan-spa.jp/9613478: シューティングスタープレス(SB-iPhone)@\(^o^)/:2015/10/19(月) 17:00:37.03 ID:/wRBXWYP0.net い…
河原の草むらで
2015/11/18 20:01
2015/11/18 20:01
こんにちわww この掲示板には初投稿です、17歳のかなですv  私は最近、キュウリを自分のおま0こに突っ込んだまま自転車に乗る! とゆーオナニーがマイブームなんですが、(やり方はオナニー専門の掲示板に書き込んでます。)このあいだの早朝、やっぱり突っ込んだまま自転車に乗って河へ散歩に行ったんです。 (その日は超ミニスカにTシャツを着てました)  その日はいつも通る道が工事中で、砂利とかが転がってて いつも以上に感じちゃって、河へつくころにはすでにクタクタでした。  適当な草むらへ入ってキュウリを取り出し、休憩☆ 当然ながらキュウリは愛液まみれ。私はそのままそこでオナニーをし始めました。 指を1本…
【Hな体験】惚れてた部下の女の子が酔っ払ってゲロ吐いて・・・
2015/10/13 18:00
2015/10/13 18:00
22日の夜の話。 割と仲の良い今年社会人1年目の部下の女の子が完全に酔っ払ってしまい帰り道の途中でゲロを吐いた。その子は名前は仮に『優子』としておくけど、23歳、巨乳、可愛いというより隙のない美人というタイプ。 近年の就職難を実感させられるような新人で、仕事も覚えが早く根性があってオラオラオラオラオラァ!って感じで仕事こなす。俺から見ると、「最近の子は皆こうなのかねえ」って感じの優秀な子。 俺がやってる部門は常に社員足らずの派遣のおっさんの多い職場だから、見た目よりも本当に忙しい。だからその子にも日頃は厳しく接してるけど、割と仕事的にガツガツと付いて来る子で、割と無碍にで…
【姉との告白体験談】中二病のヒロインの姉ちゃんはなんで首輪してるの?
2017/12/25 00:16
2017/12/25 00:16
2 : 密閉 ◆wnYDbv4Ggw3Y :2012/11/29(木) 03:45:23.69 ID:I4EhRJzT0超かー  3 : はいじゃないが ◆g7Ur/2NgobYR :2012/11/29(木) 03:45:43.13 ID:v1+VY5PX0俺がつけた休みの日にはリードもつけて散歩してるよ  4 : 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします [sage]:2012/11/29(木) 03:46:13.35 ID:iYUHnFMY0ttp://up.null-x.me/poverty/img/poverty30951.jpg ttp://u…
俺が19の頃の話 1【エッチ体験談】
2017/01/15 21:10
2017/01/15 21:10
俺が19の頃の話。

小学校時代からの友人T家が俺たちの溜まり場で、毎日毎日ろくでもない話で大騒ぎをしていた。

その友人Tに4つ上の姉Nさんがいたが、何時も挨拶をする程度で俺たちに関心が無い様だった。

ある日T家で友人たちと酒を飲んでいた所、Nさんが友人Rさんを連れて帰ってきた。
ちょっとぽっちゃりしているRさんは初めて会ったにも関らず、あっと言う間に俺たちの輪の中へ入ってきた。

Nさんはと言うと・・・仕方無さそうに弟であるTの横に座り一緒に酒を飲み始めた。

1時間も経った頃だろうか、トイレへ行ったり飲み物を取りに行ったりで戻って来た時には席がバラバラになり始め、Nさんが俺の隣へ・・・…
彼氏といつもベットでエッチするんですけど、お風呂でエッチした時の興奮した体験談
2016/12/19 14:02
2016/12/19 14:02
いつもはベッドでするエッチですが、

お風呂場でした時はちょっと・・・

というか、かなりよかったです。

昼間、彼の家に行った時、

彼は夜勤明けでまだ寝る前でした。

それは午前11時ころだったと思います。

これからお風呂に入ると言うので、

便乗して一緒に入りました。

いつも入る時は一緒なので、

その日もいつもどおり、

お互い服を脱いでお風呂場へ。

狭いユニットバスなので、

バスタブに入りシャワーを浴びます。

シャワーを浴びる彼にひっついてみたり、

シャワーをとって背中にかけてあげたりしました。

私は髪が濡れるのがイヤなので、まとめて束ねました。

狙っていた後輩を酔わせてラブホに連れ込んで抱いた結果…
2015/08/13 15:10
2015/08/13 15:10
3年ほど前の話になりますが、週末に会社の飲み会があり、スナックで皆で飲みました。目当てのアケミも参加したので、ここは落とし時か、と思ってカクテルを頼んで飲ませた。21歳のスラッとした、俺の部で一番の、清楚な感じの可愛い女子で、誰が手を付けるかで男子連中の密かな話題になっていた。カクテルがだいぶ効いたようでふらついている。送って行く事にして、何とか駅へと歩かせる。酔ってフラフラしながら歩いているので、
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【浮気】小悪魔な元カノに翻弄されて人生初の中出し[中編]

・極上の獲物

・❤久しぶりの痴〇行為に緊張

・ブルセラショップで下着を売っていた私と、キモいおっさんの話2

・職場の後輩にカラオケで襲われてエッチしちゃいましたwww

・病院でギャル系巨乳看護師さんとの最高の大晦日

・2ヶ月ほど前の事です。

・【裏山】JD2の彼氏持ち女友達とエッチしたらwwwwwwwwwwww

・20歳年下の彼と出会って女の悦びを知ってから…【人妻体験談】

・❤叔父とのセックスには充実しています

・【浮気】小悪魔な元カノに翻弄されて人生初の中出し[前編]

・お姉ちゃんがシテあげるね

・【画像】JDのあたし将がJKコスプレしてみた結果♡♡♡

・妻を寝取らせることにしたら【人妻・寝取られ体験談】

・【近親相姦体験告白】母にペニバンで犯してもらった

・【人妻体験談】短小マザコン大学生がアブノーマルな母と近親相姦

・【熟女体験談】大学を卒業しても童貞だった俺は新米社員の時に営業先の超熟女社員に逆ナンパされて筆下ろしされた

・寝取られ現場に遭遇すると、とっさに相手を殴るなんて出来ないものですね

・❤義兄と2人での留守番はドキドキ

・30代人妻^ ^

・好色淫熟妻・眞澄(Age51)?1

・人生最高エッチで最悪な体験談

・ナンパ師な俺が高齢処女のバージンを喪失させたったwww

・職場でするのが大好きなOLさん

・【浮気】社長とその息子とちょっとだけ親子丼

・“脳イキ”できる美人な奥様を“腹部責め”で攻略

・真面目なレギュラー達は、練習後に不真面目に乱交してました

・泥酔して失禁したブスになぜか女を感じて

・大学の吹奏楽部で浮気しまくり

・今日妻が上司とセックスするはず・・・