寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

仮面夫婦のオレが女子大生の部屋に入り浸り

2017/02/28 23:00


  

 俺の彼女「かなこ」は18歳。今年大学に入学したばかりです。俺は社会人で28歳、彼女とは携帯の出逢い系サイトで知り合いました。はじめは受験勉強の相談なんかをメールでしていたのですが、だんだん俺が彼女の精神的な支柱になっていったようで、受験直前のクリスマスの夜に初めて会って抱きました。かなこは見た目は結構派手で、胸が大きいうえ(89のE)、ぴったりした服が好きです。会ったのは冬だったので、上に着込んでいましたが、暖房のきいた店に入り、彼女が上着を脱ぐと、周りの視線を感じたものです。かなこ自身も感じていたことは、後で話してわかりました。かなこがそれまで付き合ってきた男性は、おおむね同世代の男の子でした。そういうの話すのが好きなのか、クリスマス以来、かなこの恋愛遍歴は全部聞かされました。彼女は、年の離れた男と付き合うのが新鮮だったのかも知れません。 俺も、これまでの男の子たちとのエッチを聞いた後で、かなこを抱くのは興奮しました。時には、最中にもう一度言わせてみたりして楽しんでました。初めての夜に驚いたのは、かなこのフェラチオの上手さです。まとわりつくような濃厚なもので、吸い込む動きにも緩急があり、絶品でした。「どこで覚えたのかな~?」なんて初めは笑ってましたが、こっちも気持ち良過ぎて、途中で言葉も出なくなってしまいました。腰も自然と動いてしまい、かなこはそれを上目づかいで見て、微笑んでました。あとで聞いてわかったことですが、そのフェラチオは、かなこが地元で知り合った2つ年上の男(ゆうじ)から仕込まれたそうです。プリクラを見せてもらいましたが、ゆうじは福山似の優男でした。しかし、女癖が悪く、かなこと付き合ってる時も、いろいろ手を出していたそうです。結局それが原因で別れ、俺と付き合うことになったんですが・・・。いろいろ聞いているうちに、かなこはゆうじのことをまだ忘れられないようでした。ゆうじはゆうじで、別れたにも関わらず、思い出したように連絡をよこし、冗談めかした口調で「また襲ってやっから」とか「お前は俺の実験台だから」とまで言っていたようです。俺は、連絡先を変えて、もう関係を断ち切るように言ったのですが、いつもなし崩しで、結局は時々連絡を取り合う関係が続いていたようです。そうこうするうちに、かなこは大学に無事合格し、一人暮しをはじめました。大学では心理学系のサークルにも入り、コージーコーナーでバイトも始めたので、かなり忙しい毎日のようでした。俺と会うのは主に週末で、かなこも俺も家でまったりするのが好きなので、自然とかなこの家で過ごすことが多くなりました。俺、実は既婚者(子供無し)で妻とは状態でしたが、さすがに俺の部屋に・・・ってわけにもいかず、会うのはいつもかなこの部屋でした。かなこの家には俺の私物が増え、合鍵も持ち、いつでも出入りできるような関係になりました。関係が次第に安定してくると、今までのように頻繁に連絡をとらなくても、お互い何をやってるかわかるという安心感がでてきました。かなこは明け透けな性格なので、飲みにいったときも、誰と飲んで、どんな話をしたかメールくれてたので、俺も信頼しきってました。時には、告白されたなんていう話もありましたが、どんな情況か常に把握していたので、心配するよりむしろ、かなこが他の男にもチヤホヤされてるってことが嬉しいくらいでした。そんな状態で、ゆうじのことも忘れかけ・・・・・そんな安定した日々が当たり前になったある週末。ちょうど三連休になったので、かなこと温泉に行く計画を立ててました。ところが、俺はコンピューターのシステム上のトラブルを扱う仕事に就いているので、何かあると急に呼び出しをくらうことがあります。その三連休の前日に、トラブルが落ち着くまで出勤するよう上司に頼まれてしまいました。もちろん仕事のことなので仕方ないです。かなこに話し、納得してもらいました。かなこは「あたしも大学のレポートでも片付けてるよ。空いたらいつでも連絡して」と言ってくれました。トラブルは予想以上に厄介で、連休の2日間はつぶれてしまいました。夜遅くまで会社につめていたので、途中で数回メールするほかは、疲れ果てて連絡もとりませんでした。かなこもレポートがんばってるんだと思って、俺も頑張りました。そして三日目の夕方、やっと仕事が片付きました。早速お詫びにかなこを飲みに誘おうと思い、電話。かなこはもちろん喜んで出てきたので、俺はいつもよりちょっと高めの店に連れて行きました。ゆっくり静かに過ごしたかったので、個室をとってもらい、かなこと向き合って座りました。つい1週間前には会ったはずなのに、かなこは心なしか焼けているようにも見たんですが、特に聞かずに機嫌よく飲みました。疲れた体に酔いがまわってきて、何気なく「レポート進んだ~?」と聞くと、かなこは曖昧な返事をしました。俺は続けて「何のレポート書いてたの?」と言うと、かなこは黙ってしまい・・・。「言ったら驚くからいいや」と思わせぶりなことを言います。俺は気になって、「何かあったの?」と聞いたんですが、なかなか答えません。いつもなら、うるさいくらいに何でもあったことを子供みたいに話すので、俺もちょっと真顔になってたかも知れません。「いいから話してみなよ。いつものかなこらしくないね~」と笑いながら言うと、かなこは「怒らない?絶対?でもなぁ・・・」とますます思わせぶりです。俺は「絶対怒らないから。ここまで言っておいて話さなかったら、逆に怒るけどね」と言いましたが、内心ちょっと不安でした。かなこは、「じゃあ・・・」と話しはじめました。かなこの言葉を思い出しながら書いてます。「実は・・・連休の前の日にゆうじから電話きてさ。連休中なにしてる?って。何かゆうじも暇らしくて、遊びにいかないかって誘われた。それで車で鎌倉に海見にいったの。」とだけ、一気にしゃべりました。後でかなこが聞いたら、俺、表情が硬直してたらしいです(笑) 俺はやっと「え?そうだったんだ…。2日目はどうしてたの?」と聞くのが精いっぱい。どうやら2日目もドライブしてたらしいんです。俺は思いがけないことに驚き、嫉妬で胸が焦げつきそうでした。しかし、ここで怒ったら話の続きが聞けなくなってしまうので、堪えました。俺「で、どうだった?」かなこ「鎌倉っていっぱい見るとこあるんだね~。びっくりした。」俺「いや、、そういうことじゃなくて。何かあったかってこと?」かなこは俺が怒り出さなかったので、いつものように無邪気に話して大丈夫だと思ったんでしょう。しかし、さすがに・・・かなこ「え・・・。言わなきゃダメ?どうしても?」と顔を曇らせました。俺「何かあったんだ?全部ちゃんと言えば怒らないから・・・」かなこ「しげくん、ごめん。。ゆうじにキスされた。車の中と海辺で・・・」俺は予想はしてたので、何とか嫉妬と怒りをとどめ、「他には?」と落ち着いた声で聞きました。かなこ「抱きつかれて、胸を・・・。抵抗したんだけど、勢いがすごくて・・・それで指で・・・なめるのはしなかった。」俺「胸、どうされたの? それから、指で・・・って?ここまで話したんだからちゃんと言ってくれよ」 俺は声をあらげました。かなこは見る見る泣き顔になり・・・俺はたたみかけるように「ちゃんと言えば、許すから。ちゃんと説明して」と言いました。今度はできるだけ普通の声で。かなこは躊躇しつつも・・・「Tシャツたくしあげられて、胸なめられた。なめながら、ゆうじが指いれてきて・・・イヤって言ったんだけど、やめてくれなかった。」俺は、前の話で、よくゆうじに指でいかされてたって話を聞いていたので、咄嗟にそのことを思い出しました。俺「んで、いかされたのか?」かなこ「ごめん、、最低だね、あたし。ごめんなさい。」俺はあまりのことに頭がぼんやりしてきました。俺の顔がどんなだったか、放心状態だったかも知れません。半分笑いながら、「もうおれたちダメだね・・・」とつぶやきました。かなこもさっきまでの無邪気な表情は消え、涙を流して・・・「え?そんなの嫌だ!ごめんなさい、、もう絶対会わないから。」その時の俺は本気で別れるつもりでした。しかし、かなこは自分がやったことにも関わらず、全く納得しません。不思議なことに、ずっと泣いてはあやまってるかなこを見ているうちに、もう一度だけ抱きたいと思う自分がいました。「じゃあ、とりあえずここは出よう」といい、おれたちは外へ出ました。もう終電間際、帰途に急ぐ人達で街はあふれてました。かなこは心配そうに俺の腕にしがみついています。俺はそんなかなこを思いっきり抱きたくなっていたので、いつものように、彼女の部屋に行くことにしました。かなこは、当然話し合うためだと思ったことでしょう。沈黙したまま電車に乗り、部屋に着きました。恥ずかしい話ですが、しばらくしてなかったこともあり、許す許さないは別として、一刻もはやく抱きたくなってました。かなこは「ごめん、ちょっと待って」といい、部屋にほしてあった洗濯物を片づけ始めました。俺は眺めながら、「ゆうじとのデートのとき、どんな下着つけて行ったんだろう」なんて馬鹿なことを考えてました(笑)かなこがブラに手をかけたとき、俺はたまらなくなって、後ろから強く抱きしめました。かなこは驚いてましたが、なされるがままです。俺はかなこの胸を揉みしだきながら、髪に顔をうずめ・・・耳から首筋へと舌を這わせました。いつもより乱暴だったかも知れません。かなこは微かな喘ぎ声をあげ、俺に身を任せてました。「し、、しげくん。ほんと、ごめん。あたし、しげくん…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
合意?それとも・・・2/3
2018/08/27 09:13
2018/08/27 09:13
体育すわりを強引にくずし、彼女を押し倒す。 容易に倒れてはくれたが、強引にキスをすると、意外な抵抗があった。 「いや、誰?誰ーーー??」 声は周囲に響くほどではないが、明らかに嫌がっている。 さっきまでは寝てたのか?それでも、多少強引に胸をたくし上げ、胸をもみながらキスを試みる。 顔はいやいやで、体も突き飛ばされる。 その手をかいくぐり、おれの背中に手を回しうえから覆いかぶさり、抱きつく。 首筋にキスし、髪の上から耳を舌で探る。 みつけた。 軽く耳たぶを唇でかんでみる。 彼女は抱きついてはくれず、相変わらず、肩に力なく手を当てて押し返してくる。 なかなか唇にはたどりつけない。 やはりいや…
中出しされた精子をすくって啜るエッチな弟の嫁さんwwwwwwwww
2016/07/23 20:02
2016/07/23 20:02
今日は妻が実家に帰っていない日

そんな日はいつも、

妻の弟夫婦の家で夕食をごちそうになる。

私の妻がお願いしていくからだ。

はっきり言って、あまり嬉しくはない。

他の夫婦やカップルなんかに挟まれるのが

昔から苦手だったからだ。

今日もそうだ。

私は仕事を5時で終え、マイホームに帰った。

いつもと同じ時間に電話が鳴る。

義弟の妻から夕食の支度ができたとの連絡だ。

着替えをし、車で向った。

ピンポーン

義弟の妻のあいさんが出てきた。


あいさんの歳は35。

見た目は若干お嬢様風な感じで痩せ型体系。

身長は160前後くらいかな?

顔はそれ…
ナンパされたお姉さんとお風呂に入った
2017/05/19 10:16
2017/05/19 10:16
96 :えっちな18禁さん:2012/04/17(火) 11:39:46.38 じゃあ俺が小5の時に、知らない女の人からナンパされた話を 書いてみようか 161 :えっちな18禁さん:2012/04/18(水) 23:19:17.48 じゃあ、昼間にちょっと書き込んだけど、小5の俺が女の人にナンパされた話を書くよ。 当時、うちのオヤジはスポーツをやっていて、市のスポーツ施設の利用権の抽選で 日曜日に抽選会場である市の球場に行く事が多かった。 抽選っていうのは、一人一回くじを引くので、家族を連れて抽選に来る人は多かった。 俺も、そういう理由で父親に連れられて、時々そ…
5年間ただの同僚として仕事してた女のフェラ顔
2017/03/03 03:34
2017/03/03 03:34
職場の同期の女『Y』が集めてるという某グッズが俺の地元でゲットできるということで、会社帰りに一緒に付き合ってあげる事になった。
当初はそのグッズを手に入れたら軽く茶でもして解散のはずだったが、次の日からGW。
長期連休でテンションも上がっていた俺達は、晩飯がてらそのまま俺の地元で飲むことに。
当日の誘いだったがすんなりOKをもらえて、自分の何気ない願望がふと頭をよぎった。 Yとは同期の中でも一番仲がよく、社内では一緒に飯食ったり、さぼって茶したりする関係。
噂になったこともあったが、実際は健全な関係。
見た目が喜多嶋舞(最近の芸能人が思いつかない)っぽくて、明るくて健康的な…
ただ愛した人のために 3章
2016/02/09 09:01
2016/02/09 09:01
「どっ、どっちがえっちな顔してるんだっ!!」と反論はしてみたものの、していなかったとは決して言える自信は無かった。「あれ、私もしてるの?えっちな顔」と瑛は不思議そうに首を傾げながら言った。どうも雰囲気が和んでしまい、互いに酔いも程々に覚めたので自分はそそくさと瑛の部屋を出て自宅へ帰った。それ以上は理性が保ちそうに無かった。いや、仮に保たなかったとしても自分からは何も手を出さなかっただろう。そんな恋愛感情的[スキ]が無い相手を抱いていいのだろうか?その場の空気に流されて、本能の赴くままに押し倒して良かったのだろうか?「だぁあああもうッ!何なんだよ、クソッ!!」自宅の玄関に立つと、そんな疑問という…
歯科助手のお姉さん(笑)
2015/11/17 08:52
2015/11/17 08:52
歯科助手として働くお姉さんに話しかけた。明るくハキハキした印象の彼女を誘ってみた(笑)『私で良ければ、(笑)宜しくお願いします❗️』と、LINEをしてあげた。(笑) 彼女には、現在彼氏は居なく、田舎から出て来て1人暮らしだと言う。 働き出してまだ半年だと言う彼女は、お洒落するのが楽しくてたまらないようだが、やはり、多かれ少なかれ悩みはあるようだ。新米さんなので、給与も安く大好きな洋服代も厳しい中、何とかやりくりしているようだ。普通の家系で育った人は、大体そんな道を歩んでいるだろう。 俺は彼女にLINEで、色々彼女の事を聞いてみた(笑)彼女の好きなファッションや、こだわり…
【不倫】入社したばかりの人妻OLと[前編]
2018/07/25 18:00
2018/07/25 18:00
私の勤めている職場は10人ほどの小さな営業所。昨今の費用対効果を重視してか、必要最小限の人員で頑張っている。その少ない職員が急に辞めることになった。所長は1人でも職員が減れば経費が浮くとでも思っているのか、一向に補充をする気配がない。このまま他の職員にしわ寄せが来て大変だ。たまりかねて所長に、「新しい人の採用とかはどうなんでしょう」と訊いた。 「ああ、職安に頼んでいるんだよ。今も1人応募があって、もう少し集まってから一度に面接をしようと思っていたんだが集まりそうもないので、明日とりあえず、その人だけでも面接しようと思ってるんだ」 そうか、やはり所長だけある。ちゃんと手は…
可愛かった従妹がヤリマン女子高生になっていた
2017/04/03 06:49
2017/04/03 06:49
昨日は珍しく何年ぶりかで親戚の家に遊びに行きました。 そこの家には麻衣ちゃんと言う可愛い女の子がいるのですが、その娘は今18歳で高校3年生です。 僕が最後に会ったのは中学校の1年生位の時だったので、久しぶりに遊びたくなって出掛けました。 親戚の家に着くと、普段は家にいない麻衣ちゃんが、僕が来ると言う事で待っていてくれたみたいでした。 麻衣ちゃんは昔の面影が全くなくて、かなりビックリしました。 だって、完全なギャルになっていたんですから! でも話してみると、昔の感じが残っていたんで安心しました。 そして皆で夕食を食べて、少しお酒を飲み始めると、おばあちゃんはすぐに寝てしまい、おじさ…
【人妻・不倫体験談】夏祭りで
2017/04/11 17:11
2017/04/11 17:11
静岡市に住んでいる大学生です。 祭りがありました。 町内会のもので、役員は近所の父母だったのです。 僕は19歳で、大学でお祭り関連ののサークルにはいっており、そのお祭りのお手伝いをする依頼をうけて参加したのです。 太鼓の演奏だけでなくサークルのメンバーは出店の手伝いなどもしました。 僕はカキ氷屋の手伝いをしていました。 機材の運び出しなどです。 店番をしていたのは、主婦二人組みでした。 年は三十代後半だったと思います。 僕はその二人に「名前はなんていうの?」「童顔なのねー」とか話しかけられました。 祭りも終盤にさしかかり、ひと段落着くと僕はおばさんとずっとお喋りをしていました。二人は「彼女…
【痴漢・レイプ】ヤンキー女をレイプ 2/2
2016/05/04 23:17
2016/05/04 23:17
27 : ◆8IyxjUFEWw :2008/10/07(火) 09:30:41 ID:TkqQFUI/0 当然その日は何も無く(あたり前)大川にお礼とまた明日お願いと言われ解放されました。 翌日も朝8:30にアパート前に行くと、大川だけで待っていて 「今日は一人だけどよろしく」 と車のドアを開けてくれました。 僕は 「行ってらっしゃい。あっ、これ持ってた方がいいでしょ。」 と言いグッチのキーケースから車の鍵だけ外し、キーケースを大川に返しました。 それを受け取るといつもの軽い笑顔で 「じゃ、よろしく。ほんとに悪…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・しかもナマ・・・

・【Hな体験】キス上手なバツイチ女性とのセックスに溺れた

・年上新入社員の麻美

・ロリコン

・【不倫】夫の職場の屋上で友達のご主人とドキドキエッチ

・男2女1で酒の勢いで3Pした

・痴漢じゃないです~

・従姉(33)のセックスを見せてもらった話

・【人妻体験談】ヤリマンビッチで馬鹿な母乳幼妻と出会い系で知り合い中出しフィニッシュ

・秋祭り

・OLが股を開き気味に脚を投げ出して寝てた

・某サイトに割り切りで募集をした体験談

・遠距離の彼女と会いに行く前の晩に巨乳の先輩と

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(再補足と再修正)

・射精で暴れるおちんちんを口に収めておくのが大変・・・

・【人妻体験談】ハミケツTバックの人妻を公衆トイレに拉致って中出しレイプ

・【熟女体験談】レントゲン撮影の時にビキニパンツに興奮して逆痴漢してきた熟女ナース

・自分でも知らなかったスケベな私の体

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(補足と修正)

・飲み会でお持ち帰りしたら僚の彼女って打ち明けられ仰天した話1

・40歳のヌード

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[後編]

・【人妻体験談】息子の同級生に調教されて雌犬奴隷になった下品な母

・【熟女体験談】同級生の家に性奴隷家政婦として働いていた母に目隠しして近親相姦SEXをした息子

・大塚愛似のかなり可愛い女友達

・超美人のOLを鬼のように口説いて中出しさせてもらった

・男のオモチャの様に扱われた日々

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[前編]

・泥酔女の話しを一つ

・【男×男】玉無しニューハーフに開かれた禁断の世界