寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

妹と添い寝してたら、気持ちよくしてくれた【近親相姦・キス】

2017/01/12 19:43


父と母は、学生時代に同級生で
それから付き合って結婚した


ある日の事、俺が17:00頃学校から帰ると、

母親がワクワクしながら待っていた。

「これから、お父さんと、お友達と同窓会なの」

「で、今日は泊まりになるから、御飯とか、朝美の面倒を見てやって」

一万円札を一枚、俺に握らせると、嬉々として出かけて行った。

共働きの母にとって、こういうイベントは楽しいのだろう。

帰宅部で高2の俺は、割とまめに、家事等をやっている。

母親が、働いている事もあって、料理、掃除、洗濯もろもろ、

色々手伝ってきた。

そのせいか母は結構俺を信頼している。

一方、妹の朝美は、高1で、陸上部で走り高跳びをやっている。

朝美は大雑把で、服を脱いだら、脱ぎっぱなしのタイプだ。

俺は冷蔵庫の中身を確かめると、足らない食材をスーパーに買いに行き、

夕食を作って、TVを見ながら朝美の帰りを待っていた。
「ただいま」、帰ってきた。

「あれ、お母さんは?」「今日は同窓会で泊まりだと」、

「ああそう、シャワー浴びてくる、御飯は?」「作ってあるよ」

「ラッキー」、嬉々としてバスルームに向かった。

仲良く夕食を食べた後、俺は朝美に言った「後片付け位、手伝え」、

「むー、解ったよ」「俺、風呂入って来るから」「了解」

俺は風呂に入る前に、何気なく済ませてしまおうと、

洗濯機に自分が脱いだ衣類を含め、洗濯物を放り込もうとした。

その時、妹の汗の浸み込んだ、ウェアや下着に気づいてしまった。

もう止まらない。

全裸の俺は、その匂いにたちまちオッキしてしまった。

「お兄ちゃん、ウェアのポケットに何か入ってない?」

ドアの向こうから、朝美の声が聞こえる。

俺は朝美のジャージのポケットを探ってみた。

「おい小銭入れが、入っているぞ」

「やっぱり、帰りにジュース飲んだから」

「やっぱり、どっかに入れ忘れたと思ってたんだ」、

思い切り脱衣室のドアを開けやがった。

「ば、馬鹿いきなり開けるな」、

朝美は俺の顔を一瞬見つめた後、

視線を下に下ろしていった。

オッキなった俺を見つめると、視線が動かない。

「見つめるな、スケベ」、俺が雰囲気を変えようと声を掛けると、

朝美は声も出さず、ウンウンと頷いてドアを閉めた。

徹夜明けで帰ってきた俺は、自分の部屋で寝てたんだ。

でも、何か違和感を感じて目覚め始める。

左腕の痺れ。

甘ったるい匂い。

妙な抱き心地の良さ。

きっとそれらを無意識に感じていたのだろう。

俺の寝呆け眼な視界いっぱいに誰かの顔。

妹と添い寝を何故かしてる

俺が右手で妹の髪を撫でてやると、「ん……」と気持ち良さそうだ。

ちなみに、俺がなぜこんな事をしたのかというと、

「そこに山があったから」みたいなノリだったとしか言い様がない。

そうこうしてるうちに完全に目覚め、現状を把握する俺。

って、できるか!

「うおっ!?」

「きゃ!?」

俺は慌てて跳ね起きた。

パニくりながらも妹を問い詰める。

どうやら抱き枕に対する興味からやった事らしい。

昼飯時なので呼びに来たけど俺は無反応。

で、爆睡してる俺の体勢がちょうど良さげだったからだと。

マジでビビったし心臓に悪かったけど、

自分の妹属性を自覚した切っ掛けなのは内緒だ。

朝美が去った後、

俺は我慢できず匂いを嗅ぎながらオナヌーしていた。

下着を巻き付けコスリ立てる。

ウェアの匂いを嗅ぎながら、大量に出した。

いった後の空しさは、たまらなかった。

洗濯機に放り込み、回した。

風呂上りの俺は、リビングに戻った。

「小銭入れだ」「ありがと」、沈黙が続く。

「ごめんなさい」、朝美がつぶやいた。

「見たんだろ」、俺は朝美に問いかけた。

「うん」

「どうだった」

「お、思っていたのと、ち、違った」

真っ赤な顔で目をそらしながら、あたふたと答える。

俺は緊張しながら言った、

「もっと見てみるか?」

朝美がビクンとした。

「お兄ちゃん…いいの?」

その言葉に、さっき出したばかりのオレはオッキなっていた。

俺は下着と共にスウェットを脱ぎ捨てると、朝美の前に立った。

朝美は目の前にあるアレを、目を丸くして見つめている。

「…さ、触っても、いい?…」、上目遣いに、聞いてきた。

「いいよ」、恐る恐る伸ばしてきた手を取り、握らせた。

「あっ、熱い」、朝美の言葉に、俺はさらにオッキなった。

「えぇっ」

朝美は驚いたようだ。

「…おっきくなったよ」、

握りしめたままじっと見つめている。

「朝美、男がこうなったら…」

「だ、出したいんでしょう」

「何を?」

「せいし…」

床にペタンと座り込んだ朝美は、

オレを握りしめながらモジモジしている。

「そうだけど、いいのか?」「うん」

俺はゆっくりと、朝美に添えた手を動かし始めた。

「えっ、え」、朝美は俺に従うまま、オレをしこっている。

「いいか、こうするんだよ」、朝美の手に添えた動きを激しくした。

俺が手を離しても、朝美は激しくオレをしごいている。

真っ赤な顔をして、じっと見つめながら、オレをしごいている。

「で、出るぞ、その時は避けろ、見つめていると掛かるぞ」

「いいよ」、その瞬間、俺は朝美の顔に大量に発射していた。

「やだ〜」、顔に大量に掛けられた朝美は、

まず顔を洗って、ヌルヌルした白い液体を流している。

「お兄ちゃん、気持ち良かった?」、洗いあがった顔で、

俺を見上げて、白い息を吐きながら、聞いてくる。

俺は朝美を、思わず抱きしめていた。

「朝美、今日はもう寝たほうがいい」、体を離すと、俺は耳元で囁いた。

朝美も、俺をぎゅっと抱きしめていた腕をほどくと、

「うん、そうだね、今日はいろんな事がありすぎちゃった」、

自分の部屋へ戻っていった。

俺は自室のベッドに寝転がり、眠れずにいた。

「何でこんな事になったのかな」

トントン、ノックの音がした。

もちろん朝美しかいない。

「どうぞ」

「お兄ちゃん、眠れないの」、パジャマ姿の朝美が入ってきた。

「来いよ」「いいの?」「眠れないんだろ」、

朝美はおずおずと、ベッドに近づいてきた。

「いっしょに、寝てくれる?」「いいよ、久しぶりだな」

「…」、朝美は潜り込んできた。

どちらからでもなく、抱き合っていた。

朝美の手はオレを握って、俺は朝美のアレに手を当てていた。

お互いにまさぐりあう。

「あ」、朝美が声をあげた。

「どうした」、朝美に話しかけた。

「どこか、痛かったか?」

「ううん…気持ち良かったの」

電気も点けていなかったので、お互いの顔は、

ぼんやりとしか見えなかったけど、朝美は

俺の顔をじっくりと見つめていた。

「あの」

「お兄ちゃんを気持ちよくさせてあげたいんだけど…」

「じゃあ」、俺は息を呑みながら、朝美に言ってみた。

「今握っている、お〇んちんをしゃぶってくれよ」、

朝美の手と、息が止まった。

小さい声が聞こえた。

「いいよ…」、もぞもぞと朝美が動いた後、オレは温かい感触に包まれた。

「うむ、うぅ」、わずかに聞こえるその声と、下半身に伝わる感触に、

朝美が何をしているのか、わかった。

俺は布団をめくると、下半身を見た。

そこには、

小さな口を目一杯広げ、オレを一生懸命愛撫している朝美の姿がいた。

口を離すと、朝美はオレをじっと見て、

右手を激しく動かしながら、ささやいた。

「出して下さい、お兄ちゃん」

その声を聞いたとたん、俺は発射した。

朝美は手を添えて、

激しくシゴク。

朝美の手が動くたびに、快感が続く。

「す、すごい、こんなに出るの?」

「朝美、ティッシュ取ってくれないか」「うん」

腹の上に大量に放出した俺は動けない。

懸命にふき取っている朝美を見ていると、また、もようしてきた。

「あっ」、またオッキなってきたオレに、朝美は気づいたようだ。

「…お兄ちゃん」、俺は朝美の脚をつかむと、顔面に跨らせた。

一気にパジャマとパンツを脱がす。

「ほら、足を上げろ」、すっかり脱がしてしまった。

朝美のアレが目の前にある。

俺はむしゃぶりついていた。

「…ん」、声に出さずに、オレを握り締めて激しく動かした。

「お、お兄ちゃん、あ、朝美、おかしくなっちゃうよぅ」

俺は次の瞬間、朝美から体を離した。

「もう、やめよう」

「やだ、お兄ちゃんの事、好きだもん」

上だけパジャマを羽織った朝美が、涙目で俺を見ている。

朝美は、体をずらすと俺の下半身に跨った。

朝美は、そそりったオレにアソコを擦り付けている。

オレの胸に手をついて目を閉じ、声を荒げながら腰を動かしている。

「朝美…」、俺が呼びかけたその瞬間、

朝美の目からツゥーと涙がこぼれ落ちた。

「どうして私達、兄妹なの?」

ゆっくりと目を開けると腰の動きを止め、負い被さる様にキスをしてきた。

しばらく舌を絡ませていたが、そっと顔を持ち上げ、涙を拭いてやった。

「俺はこのまま行くと、取り返しがつかない事をしてしまうかも知れない」

「いいよ、後悔なんかしない。

だって…お兄ちゃんだから」、

朝美は仰向けになり、パジャマの前を開き、

俺の右手を取って自分の胸に導いた。

なるべく力を掛けない様に揉み始め、同時に左手で朝美のアレをまさぐる。

「はぁん…」

「もう、やめよう」、と言っていた俺はどこかに行ってしまった。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
彼女と登山中に犬の交尾を目撃www興奮した俺たちも青姦しちゃったwwww
2016/12/25 18:02
2016/12/25 18:02
俺は今大学2年で、彼女は4年生で就職が決まりました。

今年の春、彼女が山ガールデビューしたいというので、

一緒にトレッキングをする事にしました。

ネットで調べると高尾山は物凄く混むらしいので、

神奈川の同じくらい低い山にしました。

天気は最高でポカポカのいい日でした。

駅を降りて15分くらい歩いて

いよいよ山らしくなってきたところで、

住宅街の角を曲がりました。

するとそこには、

あの「お父さん犬」のような白い犬が、

もう1頭の犬に乗っかってヤッてるところでした。

「ヤダ~ッ」

って言いながら、彼女の目は釘付けでした。


俺達に気付くと、…
水泳部の更衣室で後輩とした初めてのレズ体験談
2017/01/08 01:19
2017/01/08 01:19
アタシの高校時代のえっちな思い出っていったら、

女の子とシタことかなー。

んー、なんか突然なんとなく女の子に興味が出て、

部活の後輩にそれとなく軽く声かけたの。

水泳部だったんだけど。

アタシ女の子に興味あるんだよねーとか、

そんなカンジだったかな。

そしたら「あ~、なんとなくわかります~」

みたいな返事が返ってきたから、

女の子同士のえっちって

どんな風にするのかなぁ~って聞いたら、

「舐め合ったりするんじゃないですかねー」

みたいに普通に返事された。

そのあとはなんとなくキスしちゃって、ズルズルと

「こんな風に?」みたいに試行錯誤で。 1回き…
【エッチ体験談】妻が寝ている側で妻の友達とセックスして興奮した体験談
2016/03/15 21:55
2016/03/15 21:55
妻の友人しのぶと関係をもった。

2月、例年に無く雪が降り積もった日の夜、妻としのぶは2人だけの忘年会ということで、飲みに出かけた、「こんな雪の中を…」という私の助言も聞かずに出かけていった。

雪はいっそう降り積もり、もはや歩くのも大変ではないかと思うくらい降り続いている、案の定、帰るのが困難になり、迎えに行く事に。

迎えが来るとの事で調子に乗った妻は、かなり飲んだらしく、一人では歩ける状態ではなかった、案の定車の中で、完全な熟睡状態だった。
雪道の運転はひどく疲れる、普通なら20分もあれば帰れるはずの道が、渋滞も激しく一時間近くかけて家に戻ってきた、とりあえず、目を…
★社員旅行で女子社員とSEXしました
2015/12/04 23:11
2015/12/04 23:11
 今から10年ちょっと前の話…当時、26で体育会系のノリの会社に勤めてて、社員旅行である温泉に行く事になった。社員は20人ぐらいの小さな会社で、女子社員は20代が6人、社員同士で付き合ってるのも居たけど全員未婚だった。

 その中でも抜群に可愛かったのが陽子(21歳、比嘉愛実似)で、狙ってる奴もたくさん居た…旅行はバスの中から宴会で、陽子は俺の隣に座ってた。少しすると全員酔っ払い始め、陽子の隣に居た俺の同期の奴が強引に腰を抱き、陽子が嫌がってたので席を替わってやり、俺が飲んでやってた。
 宿に着く頃には出来あがってて、それでも着いてすぐ宴会になった…全員浴衣で、宴会場に集まり、宴会場でも陽…
社員旅行で女子社員2人と3Pセックスした体験談
2015/11/26 15:10
2015/11/26 15:10

社員旅行で山形のとある温泉へ行ったときのことです。
うちの支店、なぜか男性6名、女性15名という大変アンバランスな比率で、中には40超えたおばさんもいますが、全員独身です。

午後3時くらいにホテルへチェックイン、早速ほとんどの人が温泉へ向かいました。そして夕食までは特に何事もなく、会社の延長のような雰囲気のまま過ごし、夕食後は各々自由に過ごそうという流れになっていました。

そこで、普段から仲のいい男2女3で飲み始めることになったのです。その中での会話はほとんどが会社や取引先の愚痴で、途中熱く語る場面もありましたが、オチは笑い話になるのがほとんどで、結構盛り上がっていました。

気がつ…
腋毛が生えた部下の妻に抵抗されながらもオマンコ写真を撮影
2016/03/27 00:16
2016/03/27 00:16
会社の部下がマイホームを買ったというので、お祝いに駆けつけました。
この部下は最近結婚したばかりで、一度奥さんにも会ってみたかったので、ちょうど良い機会だと思い、忙しいところ時間を作りました。

地図通りに駅から5分くらいで、マンションの一室でしたが、とてもきれいで良さそうな家でした。

玄関のチャイムを押すと、すぐに奥さんらしき人が笑顔で、
「いらっしゃいませ。いつも主人がお世話になっております。」
と丁寧に頭を下げました。

彼女はキャミソールみたいなのを着ていましたので、前かがみになるとすぐに胸が丸見えになります。
思ったとおり、彼女が頭を下げた時、白いブラジャーと白い胸がちらり…
【浮気】幼馴染の気持ちよすぎるバキュームフェラ
2016/01/28 06:00
2016/01/28 06:00
去年の今頃くらいに幼馴染とセフレみたいな感じだった。お互い彼氏彼女はいたけど。 幼馴染(以下N)の兄と俺は仲良くて、小さい頃よく3人で遊んでたんだ。 高校卒業してからは遊んだりはなかったけど連絡はたまにとってて、ある日Nから『◯◯君て知ってる?』とメールが来た。その人は俺の兄貴の同級生で俺もよく知ってる人なんだ。 『知ってるよー!兄貴の同級生だよ!』と送ったら、『そうなんだー。最近お店に来てくれてて仲良くなったんだー』って返信が来た。(ちなみにNは飲み屋さんで働いてた) そんな感じでメールしてて、久しぶりに飲もうって話になった。 3日後ぐらいに兄貴の同級生(以下T君)から…
押入れの中で妹に握らせて
2017/01/25 07:49
2017/01/25 07:49
小学校高学年の時、エッチに興味を持つようになった。 風呂場では身体を洗うついでに妹のまんこを触ったり、観察したりしていた。 湯船の中では俺のちんこの上に座らせて、エッチってこんな感じなのかなと・・・射精も無かった頃、まだ保育園の妹と興味本位で一週間に一度くらい妹とそんな事をしていた。 そして中学に上がりオナニーも覚え、その行為はエスカレートした。 家に家族が少ない日を狙っては、妹にちんこを握らせ、俺は妹のまんこを触っていた。 初めて妹の手を使って射精したのはある日の日曜日。 父親は仕事、母親は昼寝、弟達は遊びにでかけたため、俺と妹はとにかく暇をもてあましていた。 押入れの中に隠れ…
陥没乳首の巨乳女子高生
2017/04/02 20:49
2017/04/02 20:49
高校生のY美と知り合った。 Y美は後輩の彼女で、顔見知り程度であった。 オレはこの頃、購入料金と通話料が安くなり始めた携帯電話を持っていた。 当時の携帯電話は家庭用電話の子機程の大きさで、まだ服のポケットに入れて持ち歩くといった代物では無かった。 ある日、Y美とコンビニでばったり会った。 Y美は制服姿でとても可愛らしかった。 オレはY美が後輩の彼女だった為、紳士的に接していた。 Y美がオレの携帯番号を聞いてきた為、オレは深く考えずに教えた。 その次の日に、Y美が電話をかけてきた。 後輩に悪いと思っていたが、昨日電話で別れたらしく、オレは気兼ねなくY美とカラオケに行く事にした。…
【友達】黒島結菜似の友達がお父さんとセックスしてた【体験談】
2016/06/28 09:33
2016/06/28 09:33
エロビデオみたいだけど高3の時、 同じ部活の女友達がうちのお父さんとセックスしてた。 見てて最初はキモかったけどちょっと萌えた。 普通に土曜日うちのお父さんが非番で休みの日で、 お母さんは妹の小学校のバレーの練習に行ってて、 私は部活も休みだったから美容室に行ってた。 本当はそのあとに他の友達と会う予定だったけど、 ドタキャンされて、家に帰ったらセックス現場にって感じ 友達と会う予定をドタキャンされたから、 お父さんに伝えた帰る時間より早く帰っちゃった。 私がまだ帰ってこないと思ってたんだろうね。 父とKちゃん(相手の子です)に聞いたときは、お互…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【義家族】義娘【エッチな体験談 近親相姦体験談】

・【セクハラされた私】お花見歓迎会で【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・バイト帰りにテレクラへ。悲惨な目に!

・イベコンの研修で

・嫁の腰が股を摺り合わせるようにウネリだした・・・

・【姉】Mの刻印 [姉、ミユキ編]【エッチな体験談 近親相姦体験談】

・【オナニー】ブルマ女子の手コキいじめに興奮して

・【職権乱用体験告白】職権乱用とは違うかもしれませんけど【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・熟睡実験

・8年前の話ですが・・・

・【職権乱用体験告白】催眠療法【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・【姉】俺の目標は姉とのエッチ【エッチな体験談 近親相姦体験談】

・【忘れられない体験】SM地獄【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・【女に犯された男たち】義姉の奴隷のようになってます。【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・寝取らせて妻の潜在的淫乱な心と体を引き出す事に成功した

・彼女がバイト先で輪姦れ、撮影までされてた話

・【職権乱用体験告白】副業2005春 ②【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・サークル仲間の巨根にゲーム感覚でヤラれた巨乳の彼女

・【職権乱用体験告白】副業 2005 ③【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・学校全体にレイプをバラされた。

・【熟女体験談】夫婦喧嘩からの放置プレイで、欲求不満になり我慢出来なくなった妻が淫乱になり・・・

・【義家族】四十九日の夜に義母と…【エッチな体験談 近親相姦体験談】

・【職権乱用体験告白】親父がマレーシア勤務【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・「…こんな事になってしまったけど、付き合ってほしい

・同級生の妹の処女喰い体験談

・【義家族】合鍵で義母の家に…【エッチな体験談 近親相姦体験談】

・【職権乱用体験告白】携帯ショップの女【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・最高のビッチ元子

・こんあことって2

・【人妻体験談】山小屋で発情した大学生が寝ている妻に対して夜這い中出しし、私はそれを見て興奮した