寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

妹と添い寝してたら、気持ちよくしてくれた【近親相姦・キス】

2017/01/12 19:43


父と母は、学生時代に同級生で
それから付き合って結婚した


ある日の事、俺が17:00頃学校から帰ると、

母親がワクワクしながら待っていた。

「これから、お父さんと、お友達と同窓会なの」

「で、今日は泊まりになるから、御飯とか、朝美の面倒を見てやって」

一万円札を一枚、俺に握らせると、嬉々として出かけて行った。

共働きの母にとって、こういうイベントは楽しいのだろう。

帰宅部で高2の俺は、割とまめに、家事等をやっている。

母親が、働いている事もあって、料理、掃除、洗濯もろもろ、

色々手伝ってきた。

そのせいか母は結構俺を信頼している。

一方、妹の朝美は、高1で、陸上部で走り高跳びをやっている。

朝美は大雑把で、服を脱いだら、脱ぎっぱなしのタイプだ。

俺は冷蔵庫の中身を確かめると、足らない食材をスーパーに買いに行き、

夕食を作って、TVを見ながら朝美の帰りを待っていた。
「ただいま」、帰ってきた。

「あれ、お母さんは?」「今日は同窓会で泊まりだと」、

「ああそう、シャワー浴びてくる、御飯は?」「作ってあるよ」

「ラッキー」、嬉々としてバスルームに向かった。

仲良く夕食を食べた後、俺は朝美に言った「後片付け位、手伝え」、

「むー、解ったよ」「俺、風呂入って来るから」「了解」

俺は風呂に入る前に、何気なく済ませてしまおうと、

洗濯機に自分が脱いだ衣類を含め、洗濯物を放り込もうとした。

その時、妹の汗の浸み込んだ、ウェアや下着に気づいてしまった。

もう止まらない。

全裸の俺は、その匂いにたちまちオッキしてしまった。

「お兄ちゃん、ウェアのポケットに何か入ってない?」

ドアの向こうから、朝美の声が聞こえる。

俺は朝美のジャージのポケットを探ってみた。

「おい小銭入れが、入っているぞ」

「やっぱり、帰りにジュース飲んだから」

「やっぱり、どっかに入れ忘れたと思ってたんだ」、

思い切り脱衣室のドアを開けやがった。

「ば、馬鹿いきなり開けるな」、

朝美は俺の顔を一瞬見つめた後、

視線を下に下ろしていった。

オッキなった俺を見つめると、視線が動かない。

「見つめるな、スケベ」、俺が雰囲気を変えようと声を掛けると、

朝美は声も出さず、ウンウンと頷いてドアを閉めた。

徹夜明けで帰ってきた俺は、自分の部屋で寝てたんだ。

でも、何か違和感を感じて目覚め始める。

左腕の痺れ。

甘ったるい匂い。

妙な抱き心地の良さ。

きっとそれらを無意識に感じていたのだろう。

俺の寝呆け眼な視界いっぱいに誰かの顔。

妹と添い寝を何故かしてる

俺が右手で妹の髪を撫でてやると、「ん……」と気持ち良さそうだ。

ちなみに、俺がなぜこんな事をしたのかというと、

「そこに山があったから」みたいなノリだったとしか言い様がない。

そうこうしてるうちに完全に目覚め、現状を把握する俺。

って、できるか!

「うおっ!?」

「きゃ!?」

俺は慌てて跳ね起きた。

パニくりながらも妹を問い詰める。

どうやら抱き枕に対する興味からやった事らしい。

昼飯時なので呼びに来たけど俺は無反応。

で、爆睡してる俺の体勢がちょうど良さげだったからだと。

マジでビビったし心臓に悪かったけど、

自分の妹属性を自覚した切っ掛けなのは内緒だ。

朝美が去った後、

俺は我慢できず匂いを嗅ぎながらオナヌーしていた。

下着を巻き付けコスリ立てる。

ウェアの匂いを嗅ぎながら、大量に出した。

いった後の空しさは、たまらなかった。

洗濯機に放り込み、回した。

風呂上りの俺は、リビングに戻った。

「小銭入れだ」「ありがと」、沈黙が続く。

「ごめんなさい」、朝美がつぶやいた。

「見たんだろ」、俺は朝美に問いかけた。

「うん」

「どうだった」

「お、思っていたのと、ち、違った」

真っ赤な顔で目をそらしながら、あたふたと答える。

俺は緊張しながら言った、

「もっと見てみるか?」

朝美がビクンとした。

「お兄ちゃん…いいの?」

その言葉に、さっき出したばかりのオレはオッキなっていた。

俺は下着と共にスウェットを脱ぎ捨てると、朝美の前に立った。

朝美は目の前にあるアレを、目を丸くして見つめている。

「…さ、触っても、いい?…」、上目遣いに、聞いてきた。

「いいよ」、恐る恐る伸ばしてきた手を取り、握らせた。

「あっ、熱い」、朝美の言葉に、俺はさらにオッキなった。

「えぇっ」

朝美は驚いたようだ。

「…おっきくなったよ」、

握りしめたままじっと見つめている。

「朝美、男がこうなったら…」

「だ、出したいんでしょう」

「何を?」

「せいし…」

床にペタンと座り込んだ朝美は、

オレを握りしめながらモジモジしている。

「そうだけど、いいのか?」「うん」

俺はゆっくりと、朝美に添えた手を動かし始めた。

「えっ、え」、朝美は俺に従うまま、オレをしこっている。

「いいか、こうするんだよ」、朝美の手に添えた動きを激しくした。

俺が手を離しても、朝美は激しくオレをしごいている。

真っ赤な顔をして、じっと見つめながら、オレをしごいている。

「で、出るぞ、その時は避けろ、見つめていると掛かるぞ」

「いいよ」、その瞬間、俺は朝美の顔に大量に発射していた。

「やだ〜」、顔に大量に掛けられた朝美は、

まず顔を洗って、ヌルヌルした白い液体を流している。

「お兄ちゃん、気持ち良かった?」、洗いあがった顔で、

俺を見上げて、白い息を吐きながら、聞いてくる。

俺は朝美を、思わず抱きしめていた。

「朝美、今日はもう寝たほうがいい」、体を離すと、俺は耳元で囁いた。

朝美も、俺をぎゅっと抱きしめていた腕をほどくと、

「うん、そうだね、今日はいろんな事がありすぎちゃった」、

自分の部屋へ戻っていった。

俺は自室のベッドに寝転がり、眠れずにいた。

「何でこんな事になったのかな」

トントン、ノックの音がした。

もちろん朝美しかいない。

「どうぞ」

「お兄ちゃん、眠れないの」、パジャマ姿の朝美が入ってきた。

「来いよ」「いいの?」「眠れないんだろ」、

朝美はおずおずと、ベッドに近づいてきた。

「いっしょに、寝てくれる?」「いいよ、久しぶりだな」

「…」、朝美は潜り込んできた。

どちらからでもなく、抱き合っていた。

朝美の手はオレを握って、俺は朝美のアレに手を当てていた。

お互いにまさぐりあう。

「あ」、朝美が声をあげた。

「どうした」、朝美に話しかけた。

「どこか、痛かったか?」

「ううん…気持ち良かったの」

電気も点けていなかったので、お互いの顔は、

ぼんやりとしか見えなかったけど、朝美は

俺の顔をじっくりと見つめていた。

「あの」

「お兄ちゃんを気持ちよくさせてあげたいんだけど…」

「じゃあ」、俺は息を呑みながら、朝美に言ってみた。

「今握っている、お〇んちんをしゃぶってくれよ」、

朝美の手と、息が止まった。

小さい声が聞こえた。

「いいよ…」、もぞもぞと朝美が動いた後、オレは温かい感触に包まれた。

「うむ、うぅ」、わずかに聞こえるその声と、下半身に伝わる感触に、

朝美が何をしているのか、わかった。

俺は布団をめくると、下半身を見た。

そこには、

小さな口を目一杯広げ、オレを一生懸命愛撫している朝美の姿がいた。

口を離すと、朝美はオレをじっと見て、

右手を激しく動かしながら、ささやいた。

「出して下さい、お兄ちゃん」

その声を聞いたとたん、俺は発射した。

朝美は手を添えて、

激しくシゴク。

朝美の手が動くたびに、快感が続く。

「す、すごい、こんなに出るの?」

「朝美、ティッシュ取ってくれないか」「うん」

腹の上に大量に放出した俺は動けない。

懸命にふき取っている朝美を見ていると、また、もようしてきた。

「あっ」、またオッキなってきたオレに、朝美は気づいたようだ。

「…お兄ちゃん」、俺は朝美の脚をつかむと、顔面に跨らせた。

一気にパジャマとパンツを脱がす。

「ほら、足を上げろ」、すっかり脱がしてしまった。

朝美のアレが目の前にある。

俺はむしゃぶりついていた。

「…ん」、声に出さずに、オレを握り締めて激しく動かした。

「お、お兄ちゃん、あ、朝美、おかしくなっちゃうよぅ」

俺は次の瞬間、朝美から体を離した。

「もう、やめよう」

「やだ、お兄ちゃんの事、好きだもん」

上だけパジャマを羽織った朝美が、涙目で俺を見ている。

朝美は、体をずらすと俺の下半身に跨った。

朝美は、そそりったオレにアソコを擦り付けている。

オレの胸に手をついて目を閉じ、声を荒げながら腰を動かしている。

「朝美…」、俺が呼びかけたその瞬間、

朝美の目からツゥーと涙がこぼれ落ちた。

「どうして私達、兄妹なの?」

ゆっくりと目を開けると腰の動きを止め、負い被さる様にキスをしてきた。

しばらく舌を絡ませていたが、そっと顔を持ち上げ、涙を拭いてやった。

「俺はこのまま行くと、取り返しがつかない事をしてしまうかも知れない」

「いいよ、後悔なんかしない。

だって…お兄ちゃんだから」、

朝美は仰向けになり、パジャマの前を開き、

俺の右手を取って自分の胸に導いた。

なるべく力を掛けない様に揉み始め、同時に左手で朝美のアレをまさぐる。

「はぁん…」

「もう、やめよう」、と言っていた俺はどこかに行ってしまった。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
姫っ子の友さんからの悩み相談 (看護婦の体験談)
2016/01/08 12:00
2016/01/08 12:00
姫っ子さんとは、病院を通じて知り合いになりました、でこの書き込みも前の書き込みも姫っ子さんのパソコンから送信してます。 姫っ子さんがインターネット始めたので見にきてこのページを覗かせてもらったというわけです。 私も同じような体験があったので話したところ書け書けというので書いたわけです。 で私の病気は婦人科の病気ではありません、ホルモンの異常で小児科で見てもらってました、婦人科のあの診察台も無く性器の診察も普通のベットでやりました。 病院お世話になってたのは小学校2年生位から中学1年生位です、常時入院というわけ出なく時々…
父親が再婚!若い義理の母と興奮しっぱなしの変態的セックス!
2016/10/22 18:02
2016/10/22 18:02
私が小さいときに両親が離婚しましたが、

私が就職して家を出たのを機に父が再婚しました。

それが5年ほど前で、

再婚相手の愛子さん(仮名)は37歳と意外にも若い人で、

少々体のラインは崩れていますが、

顔は悪くありません。

頭では義母とわかっているのですが、

私は女を感じていたので、

なるべく会わないようにしていました。

幸い上京していたので、

実家に帰るのも年に1~2回と少なく済みましたが去年、

60歳を過ぎていた父が他界してしまいました。

最初は他人になる予定だったのですが、

遺産や法律など面倒なことが多く、

愛子さんと暮らすことになってしまったんです。

事務所の書庫で部下の女性と
2016/03/24 21:00
2016/03/24 21:00
裕子と初めて会ったのは、今から5年前転勤で着任した事務所だった。
裕子は柴○コウを少しだけぽっちゃりさせた感じのきれいな顔立ちだった。
何より驚いたのは、脚がきれいな事だった。制服のスカートからのぞく太ももは適度に肉付きがよく、ふくらはぎから足首にかけてきゅっとしまっており脚のモデルとして十分やって行けるのではと思うくらいだった。
裕子は私の隣の課に配属されており、入社3年目でその年に成人式を迎えたばかりだった。


私とは一回り以上歳が離れていたが、最初から妙にウマが合い、そのうちに事務所で

よく会話を交わす様になった。

そのころパソコンは一人一台の環境では…
【体験談】変質者のおじさんに会ってしまったことで人生が変わってしまった女子学生
2016/06/26 20:30
2016/06/26 20:30

私が少し前に変質者のおじさんとのHで
私の人生が変わりました

身長は今とさほど変わらないので155くらい。



体重は秘密ですが、平均くらいかな。



顔もブサイクではない・・・・・・とは思ってます。



逆に美人でもないです。



男友達や当時の彼氏に言わせれば

「クラスで5番目くらいに可愛い系」

ということですが微妙ですね。



胸もBよりのC。



数値は言わせないでください。



少しお尻が大きいかもしれません。



一応運動部(剣道)に所属しているのでくびれはあり・・・・あります。…
【レイプ体験談】12歳上の女課長とのH体験
2016/07/04 02:54
2016/07/04 02:54
課長とは、最寄りの駅が一緒で、帰宅の電車が一緒になる事が多かった。 普段から帰宅の電車の中では仕事の話もしたが、プライベートの話もしていた。 課長の話によると、課長は彼氏が2年ぐらい居てないと言っていた。 まぁ、別に驚きはなかった。 そしてある週末、会社の親睦会で10数人と飲みに出かけた。 親睦会は10時過ぎに終わりホロ酔い気分で解散した。 当然、最寄りの駅が一緒の俺と課長はいつものように店から駅に向かった。 駅に近づくと何だかザワザワしている。 どうやら人身事故で1時間ぐらい電車が止まっていた。 数分待つと運がいい事に動き始めたと言うアナウンスが流れた。 815 :813:2010/0…
★取引先の接待役へのセクハラ
2015/11/10 17:01
2015/11/10 17:01
 私は取引先の担当者からセクハラを受けています。これはセクハラではない、単なる肉体営業だとか言われてしまうかもしれませんが、私としてはセクハラだと思っていて、ここに書かれている他の女性達が書き込む事で気持ちの整理をつけたり、助言を受けたりしてるのを読んで私も書こうと思いました。

 私の主人は小さな事務所を経営していて、僅かですが従業員もいて、私は経理とかを手伝ったりしていました。しかし、その主人が病気で入院してしまい、私が社長代行をするしかなくなりました。従業員達は、仕事をするだけで、営業的な事は全て主人がしていました。
 大口の取引先が何件かあるので、特に営業的な事を私がしなくても、主…
【近親相姦】痴漢の皆さんに、少しでも女の子の苦しみを知ってもらいたい【体験談】
2016/04/08 06:40
2016/04/08 06:40
私は22歳の学生です。東京郊外のワンルームマンションから、ほぼ毎日、都 内の大学まで通っています。はっきり言って、痴漢に悩まされない日はありま せん。このホームページを発見して、とても黙っていられなくなり、こうして 文章を送ることにしました。  痴漢をする皆さんは、大変な勘違いをしています。女の子は、快感を感じた り、イッてしまったりしたときは、喜んでいると思っているのでしょう。これ は大間違いです。嫌な相手に嫌なことをされて、意に反してそんなことになっ てしまったら、むしろ自己嫌悪にさいなまれ、怒りと悲しみでおかしくなりそ うになるのです。そういう体験の多い私は、声を大にして言いたい。もう、…
【人妻体験談】マンションの人妻とのエッチ体験
2015/11/05 13:58
2015/11/05 13:58
通路の足音や他の部屋のドアの開く音がする度に、 そっと自分の部屋のドアの覗き穴に向かうって事あるでしょ? 特に引越した直後。で、学生時代に引越しをした時の話。 自分の部屋は2DK、隣の通路奥の角部屋はファミリータイプの3LDK(後に判明)。 隣やお向かいに引越しの挨拶に行ってないので、やたらとドア穴を覗いてた。 と言っても、見えるのは向かいの部屋と隣奥の角部屋の人が通る時だけ。 向かいは30代位の男性で、たまに彼女らしき女の人。 角部屋は20代半ば以上の男女が一人ずつ。 ある日オーディオの音をそこそこ上げて、角部屋のピンポンを鳴らした。 もちろん昼間。男がいない時間帯…
【痴漢・痴女】痴漢されました
2016/06/28 20:32
2016/06/28 20:32
朝のことです。 いつものように満員電車に乗っていた私は、お尻に不自然な感触を感じました。 痴漢が手の甲を付けたり放したりしていたのです。 痴漢には毎日会います。 でも、多くの場合は手の甲でお尻をさわる程度です。 時に手の平を押しつけてくることもありますが、そのくらいだと、偶然だと居直られたら困るし、事を荒立てるのがおっくうなので、私も我慢しています。  でも、その日の痴漢は、直ぐに手の平をお尻に這わせ、撫で回してきたのです。 明らかに痴漢行為です。 どうしよう、と、私は悩みました。 時々、このような度を越した痴漢、と言うか、正真正銘の痴漢に遭遇します。 そんなとき、声を上げて痴漢を弱らせ…
怪我をした妹の体を隅々まですべて洗ってやった
2017/03/07 21:16
2017/03/07 21:16
410 名無しさん@ピンキー 2012/10/18(木) 18:08:36.36 俺には7つ年下の妹がいる。俺が20歳の大学生、妹が中一の頃の話である。 妹は手前味噌だが美人である。中一の頃は美少女で現在のAKBなんざ目じゃない くらいだった。両親が遠方の友人の葬式で3日間家を留守にした。留守の初日に妹は 部活のバスケの練習で右手の指を怪我してしまった。たいしたことはなかったので 俺が夕方、近所の整形外科へ連れていって治療を受けた。 その夜の出来事である。妹は指を怪我しているのに風呂に入ると言い出した。 俺が包帯が濡れるから止めておけと言うのに、汗で臭いと嫌われるからどうしても 体を洗うとい…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・婚約者がいる姉貴にラブホで中出ししてきた

・【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】妻の母【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・極太ディルドをゴミに出していたお隣の巨乳奥さん

・妻子持ちの男性と雪山でエッチしちゃった野外体験告白

・研修で一週間を過ごした時に知り合った人妻【SEX体験談】

・デカ尻OL

・ませた少女を本当に逝かす 4

・【近親相姦】婦人科検診に行ったらお医者さんにクリをいじくられた【体験談】

・大好きな姉に挿入した感動は一生忘れられない

・俺がニートになった経緯を語る(※エロ注意)

・不倫してる妻をみて、なぜか興奮して射精してしまった私

・【熟女体験談】友人のお母さんがタクシーの中でずっとチンコを握っている

・★スキー旅行はアレを期待して

・【寝取られ】同僚に落とされた看護師の妻[前編]

・【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】裏 続無防備妻【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・好きだった女の子が彼氏とうまくいってないというので頂いちゃいました

・旅行に行くと浴衣ノーブラで男性を誘惑しちゃう二重人格体験談

・小学生の時女の子が押入れの中でパンツを脱ぎ始めた

・国民的若手女優の眩しすぎるおっぱい

・【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】マキを狙うやつら vol.2【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・【マジキチ】人妻を寝取り孕ませて産ませることを旦那さんに報告wwwwww

・渋滞した高速道路で姉がガマンでないと…えっ、俺になんとかしろって?

・何度もチャレンジした結果、ついに母を俺のものにできた

・地味顔OLの隠れ巨乳

・女課長に泊めてもらって寝ていたら

・【寝取られ体験談】元カノが彼女の親友夫婦と3Pしてた

・【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】イベントの帰りの電車内で【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・枯れ専の私が今ハマってる48歳のおじさまセフレ

・女の子たちが目の前でマン筋まる見えの生着替え

・【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】初の性体験【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】