寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

妹と添い寝してたら、気持ちよくしてくれた【近親相姦・キス】

2017/01/12 19:43


父と母は、学生時代に同級生で
それから付き合って結婚した


ある日の事、俺が17:00頃学校から帰ると、

母親がワクワクしながら待っていた。

「これから、お父さんと、お友達と同窓会なの」

「で、今日は泊まりになるから、御飯とか、朝美の面倒を見てやって」

一万円札を一枚、俺に握らせると、嬉々として出かけて行った。

共働きの母にとって、こういうイベントは楽しいのだろう。

帰宅部で高2の俺は、割とまめに、家事等をやっている。

母親が、働いている事もあって、料理、掃除、洗濯もろもろ、

色々手伝ってきた。

そのせいか母は結構俺を信頼している。

一方、妹の朝美は、高1で、陸上部で走り高跳びをやっている。

朝美は大雑把で、服を脱いだら、脱ぎっぱなしのタイプだ。

俺は冷蔵庫の中身を確かめると、足らない食材をスーパーに買いに行き、

夕食を作って、TVを見ながら朝美の帰りを待っていた。
「ただいま」、帰ってきた。

「あれ、お母さんは?」「今日は同窓会で泊まりだと」、

「ああそう、シャワー浴びてくる、御飯は?」「作ってあるよ」

「ラッキー」、嬉々としてバスルームに向かった。

仲良く夕食を食べた後、俺は朝美に言った「後片付け位、手伝え」、

「むー、解ったよ」「俺、風呂入って来るから」「了解」

俺は風呂に入る前に、何気なく済ませてしまおうと、

洗濯機に自分が脱いだ衣類を含め、洗濯物を放り込もうとした。

その時、妹の汗の浸み込んだ、ウェアや下着に気づいてしまった。

もう止まらない。

全裸の俺は、その匂いにたちまちオッキしてしまった。

「お兄ちゃん、ウェアのポケットに何か入ってない?」

ドアの向こうから、朝美の声が聞こえる。

俺は朝美のジャージのポケットを探ってみた。

「おい小銭入れが、入っているぞ」

「やっぱり、帰りにジュース飲んだから」

「やっぱり、どっかに入れ忘れたと思ってたんだ」、

思い切り脱衣室のドアを開けやがった。

「ば、馬鹿いきなり開けるな」、

朝美は俺の顔を一瞬見つめた後、

視線を下に下ろしていった。

オッキなった俺を見つめると、視線が動かない。

「見つめるな、スケベ」、俺が雰囲気を変えようと声を掛けると、

朝美は声も出さず、ウンウンと頷いてドアを閉めた。

徹夜明けで帰ってきた俺は、自分の部屋で寝てたんだ。

でも、何か違和感を感じて目覚め始める。

左腕の痺れ。

甘ったるい匂い。

妙な抱き心地の良さ。

きっとそれらを無意識に感じていたのだろう。

俺の寝呆け眼な視界いっぱいに誰かの顔。

妹と添い寝を何故かしてる

俺が右手で妹の髪を撫でてやると、「ん……」と気持ち良さそうだ。

ちなみに、俺がなぜこんな事をしたのかというと、

「そこに山があったから」みたいなノリだったとしか言い様がない。

そうこうしてるうちに完全に目覚め、現状を把握する俺。

って、できるか!

「うおっ!?」

「きゃ!?」

俺は慌てて跳ね起きた。

パニくりながらも妹を問い詰める。

どうやら抱き枕に対する興味からやった事らしい。

昼飯時なので呼びに来たけど俺は無反応。

で、爆睡してる俺の体勢がちょうど良さげだったからだと。

マジでビビったし心臓に悪かったけど、

自分の妹属性を自覚した切っ掛けなのは内緒だ。

朝美が去った後、

俺は我慢できず匂いを嗅ぎながらオナヌーしていた。

下着を巻き付けコスリ立てる。

ウェアの匂いを嗅ぎながら、大量に出した。

いった後の空しさは、たまらなかった。

洗濯機に放り込み、回した。

風呂上りの俺は、リビングに戻った。

「小銭入れだ」「ありがと」、沈黙が続く。

「ごめんなさい」、朝美がつぶやいた。

「見たんだろ」、俺は朝美に問いかけた。

「うん」

「どうだった」

「お、思っていたのと、ち、違った」

真っ赤な顔で目をそらしながら、あたふたと答える。

俺は緊張しながら言った、

「もっと見てみるか?」

朝美がビクンとした。

「お兄ちゃん…いいの?」

その言葉に、さっき出したばかりのオレはオッキなっていた。

俺は下着と共にスウェットを脱ぎ捨てると、朝美の前に立った。

朝美は目の前にあるアレを、目を丸くして見つめている。

「…さ、触っても、いい?…」、上目遣いに、聞いてきた。

「いいよ」、恐る恐る伸ばしてきた手を取り、握らせた。

「あっ、熱い」、朝美の言葉に、俺はさらにオッキなった。

「えぇっ」

朝美は驚いたようだ。

「…おっきくなったよ」、

握りしめたままじっと見つめている。

「朝美、男がこうなったら…」

「だ、出したいんでしょう」

「何を?」

「せいし…」

床にペタンと座り込んだ朝美は、

オレを握りしめながらモジモジしている。

「そうだけど、いいのか?」「うん」

俺はゆっくりと、朝美に添えた手を動かし始めた。

「えっ、え」、朝美は俺に従うまま、オレをしこっている。

「いいか、こうするんだよ」、朝美の手に添えた動きを激しくした。

俺が手を離しても、朝美は激しくオレをしごいている。

真っ赤な顔をして、じっと見つめながら、オレをしごいている。

「で、出るぞ、その時は避けろ、見つめていると掛かるぞ」

「いいよ」、その瞬間、俺は朝美の顔に大量に発射していた。

「やだ〜」、顔に大量に掛けられた朝美は、

まず顔を洗って、ヌルヌルした白い液体を流している。

「お兄ちゃん、気持ち良かった?」、洗いあがった顔で、

俺を見上げて、白い息を吐きながら、聞いてくる。

俺は朝美を、思わず抱きしめていた。

「朝美、今日はもう寝たほうがいい」、体を離すと、俺は耳元で囁いた。

朝美も、俺をぎゅっと抱きしめていた腕をほどくと、

「うん、そうだね、今日はいろんな事がありすぎちゃった」、

自分の部屋へ戻っていった。

俺は自室のベッドに寝転がり、眠れずにいた。

「何でこんな事になったのかな」

トントン、ノックの音がした。

もちろん朝美しかいない。

「どうぞ」

「お兄ちゃん、眠れないの」、パジャマ姿の朝美が入ってきた。

「来いよ」「いいの?」「眠れないんだろ」、

朝美はおずおずと、ベッドに近づいてきた。

「いっしょに、寝てくれる?」「いいよ、久しぶりだな」

「…」、朝美は潜り込んできた。

どちらからでもなく、抱き合っていた。

朝美の手はオレを握って、俺は朝美のアレに手を当てていた。

お互いにまさぐりあう。

「あ」、朝美が声をあげた。

「どうした」、朝美に話しかけた。

「どこか、痛かったか?」

「ううん…気持ち良かったの」

電気も点けていなかったので、お互いの顔は、

ぼんやりとしか見えなかったけど、朝美は

俺の顔をじっくりと見つめていた。

「あの」

「お兄ちゃんを気持ちよくさせてあげたいんだけど…」

「じゃあ」、俺は息を呑みながら、朝美に言ってみた。

「今握っている、お〇んちんをしゃぶってくれよ」、

朝美の手と、息が止まった。

小さい声が聞こえた。

「いいよ…」、もぞもぞと朝美が動いた後、オレは温かい感触に包まれた。

「うむ、うぅ」、わずかに聞こえるその声と、下半身に伝わる感触に、

朝美が何をしているのか、わかった。

俺は布団をめくると、下半身を見た。

そこには、

小さな口を目一杯広げ、オレを一生懸命愛撫している朝美の姿がいた。

口を離すと、朝美はオレをじっと見て、

右手を激しく動かしながら、ささやいた。

「出して下さい、お兄ちゃん」

その声を聞いたとたん、俺は発射した。

朝美は手を添えて、

激しくシゴク。

朝美の手が動くたびに、快感が続く。

「す、すごい、こんなに出るの?」

「朝美、ティッシュ取ってくれないか」「うん」

腹の上に大量に放出した俺は動けない。

懸命にふき取っている朝美を見ていると、また、もようしてきた。

「あっ」、またオッキなってきたオレに、朝美は気づいたようだ。

「…お兄ちゃん」、俺は朝美の脚をつかむと、顔面に跨らせた。

一気にパジャマとパンツを脱がす。

「ほら、足を上げろ」、すっかり脱がしてしまった。

朝美のアレが目の前にある。

俺はむしゃぶりついていた。

「…ん」、声に出さずに、オレを握り締めて激しく動かした。

「お、お兄ちゃん、あ、朝美、おかしくなっちゃうよぅ」

俺は次の瞬間、朝美から体を離した。

「もう、やめよう」

「やだ、お兄ちゃんの事、好きだもん」

上だけパジャマを羽織った朝美が、涙目で俺を見ている。

朝美は、体をずらすと俺の下半身に跨った。

朝美は、そそりったオレにアソコを擦り付けている。

オレの胸に手をついて目を閉じ、声を荒げながら腰を動かしている。

「朝美…」、俺が呼びかけたその瞬間、

朝美の目からツゥーと涙がこぼれ落ちた。

「どうして私達、兄妹なの?」

ゆっくりと目を開けると腰の動きを止め、負い被さる様にキスをしてきた。

しばらく舌を絡ませていたが、そっと顔を持ち上げ、涙を拭いてやった。

「俺はこのまま行くと、取り返しがつかない事をしてしまうかも知れない」

「いいよ、後悔なんかしない。

だって…お兄ちゃんだから」、

朝美は仰向けになり、パジャマの前を開き、

俺の右手を取って自分の胸に導いた。

なるべく力を掛けない様に揉み始め、同時に左手で朝美のアレをまさぐる。

「はぁん…」

「もう、やめよう」、と言っていた俺はどこかに行ってしまった。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
童顔の女医さんと濃厚セックス【エッチ体験談】
2017/05/21 08:02
2017/05/21 08:02
常連だった居酒屋で30歳の女医さんに出会った。 一緒に来ていた男は50代くらいの大学病院の医師で 不倫相手。すでに酔っぱらって寝ていた。 当時、僕は28歳。 その後、何度か店で顔を合わせて親しくなった。 長身でボリュームのある体。 でも童顔で可愛い顔で年下に思えた。 頭は良くて話をしていても面白いし、 酔っても頭の回転は早くて、一緒にいて楽しかった。 ただ、こっちにも彼女がいたし、そのときは 普通の友達関係。 1年くらいたって、彼女が田舎の病院に転勤になり、 僕は結婚が決まった。 休みに結婚の報告がてら遊びに行くと、 ろくな店がないから、とアパ…
本社の若手幹部と飲み会後に部屋で飲むことになり、中出しされてしまいました
2016/09/07 18:20
2016/09/07 18:20
私の勤めている会社では本社、支社があり私は支社勤務です。

本社とは毎日のように連絡を取り合い、仕事のスケジュール等綿密に話し合います。

普段は電話やパソコンでの連絡ですが、1ヶ月に一度それぞれの幹部が集まり会議&夜は接待という名の飲み会があります。

本社には若手幹部のSさんという方がおり、主に本社との連絡はSさんと取り合います。




私は支社の幹部の秘書で、会議や飲み会に同行し、会場や宿泊ホテルなどは私が手配をするという形です。

本社や支社の幹部はお偉いさんなので、いつも気を使いクタクタになりますが、Sさんとは年も近いということもあり気さくに話せる関係でした。

先…
【近親相姦】モスバーガーのお姉さん(つ)【体験談】
2015/12/13 00:52
2015/12/13 00:52
今日モスバーガーの宅配サービスを利用した 20分後20代位の姉ちゃんが商品を持ってやってきた 先にお代を払おうと値段を聞き「1350円です」と言われたので1550円を支払った そしたら100円のお釣りしかなかったようでオロオロしていた 私は「じゃその足りない100円はお姉さんにあげますよ」と言ったら「それはダメです!!」と言われたので「ではいつかお店に取りに行きます」と言うと 申し訳なさそうに了承した そして… 「ではご利用ありがとうございましたー!!」 と勢いよく商品を持って帰ろうとした 「((;゚ж゚;))ブフッちょっwwww商品!!」 と言ったら「きゃああ!!」と悲鳴をあげて泣きそうに…
息子に犯されながら喜びを覚え、女を思い出した母親
2015/11/15 21:00
2015/11/15 21:00
常識、世間体、夫への背徳、そして息子の将来。さまざまな葛藤がありましたが、欲望に流され現在に致っております。初めての時、それは何の前触れもなく突然でした。
夫は単身赴任で、その日の朝まで普通の親子だったんです。私の体を興味あり気に見てくる視線には気付いていましたが、年頃特有の一時的なものに思ってました。でもその目の奥に私を母親だと忘れてしまった欲望が潜んでいました。


私がお風呂から出て体を拭いていると、ドアが開いたのと同時です。
すごい勢いで後ろから私に抱き付き胸をつかんであそこにも手を割り入れてきたんです。
ご近所の手前、大声を出すわけにもいかず小声の叱りと…
【体験談】念願だった女友達のSEXが実現、最高に興奮した
2016/06/11 07:30
2016/06/11 07:30

おれは28歳のサラリーマン

念願の女友達とのセックスが
実現したので投稿します
 
 
その相手は大学時代に知り合った純子という
20代で美人なうえかなりの巨乳の持ち主。



大学時代はお互い恋人も居て、正直何度も計画
を練ってセックスまで持ち込もうとたがうまくはいかなかった。



純子は大学卒業と同時に実家に帰ってしまい、会う機会がほとんど無く
なってしまいましたが、運のいいことにおれの仕事の担当エリアが純子
の地元で出張の度に飲みに行っていた。





おれはいつも「ホテル泊まろう」とか冗談っぽく…
妻の過去写真が…
2016/04/03 14:05
2016/04/03 14:05
妻の由香里26歳と結婚して1年経過しました。昨日妻が留守の時妻がへそくりとかを隠していないか妻のタンスを物色していたら奥から封筒が有りました。僕は「現金発見・・・?」と思い中を覗くと現金では無くて1枚のSDカードが出て来ました…自分のPCでSDカードの中身を確かめると、とんでもない画像が入っていました。始めの数枚は元彼で有ろう男との2ショットで元彼?と妻がピースしている写真や普通に写っている写真でしたが…段々とエロく成って行きます…ノースリーブのミニスカート姿から始まり・・・パンチラ写真・・・胸の谷間部分の写真・・・唇のアップ写真・・・妻の全裸写真からSEXへ・・・元彼?の肉棒を口で咥えて妻の…
音楽室でセックスを教えてくれた先生(2)
2015/08/23 14:00
2015/08/23 14:00
友紀先生は、「やっぱり、男の子はおっぱい好きねぇ。」そう言って視線を下に向け、
次第に膨らむ私のペニスを見逃しませんでした。
なんと友紀先生は、「おチンチン出して。先生が出させてあげる。」と言いながら
ズボンのファスナーを下げ始めました。
今までの友紀先生のイメージとは結びつかない言動に戸惑っていると、
続けてズボンとパンツを一緒に膝まで下ろされました。
姿を現した私のペニスは、裏側が見えるほど元気に上に向いています。
 
既に先端から透明の液がこぼれていたので、恥かしい匂いが漂ってしまいました。

友紀先生は、ピアノを扱うその手で私のペニスを優し…
【痴漢・レイプ】最高の王様ゲーム【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/01/23 00:56
2017/01/23 00:56
俺の過去で最高の王様ゲームの思い出、話していいですか?参加人数は、男3人・女3人。大学で同じ授業をとっていることをきっかけに、飲みに行くことがあって、その後男のひとりの家に移動。王様ゲームってやったことある?って話になって、3人ともやったことないって言うから、「じゃあやってみるべ?そんな過激なことはしないからw」と無理矢理スタート。男たちの目当てはA子。地方から上京したての大学1年。男性経験は前の彼氏一人(ゲーム中に無理矢理聞き出した)。なんつーか清楚なお嬢さん系で、こういう子こそ王様ゲームでひどい目に合わせてみたい、と思わせるタイプ。押しに弱そうだから、うまく言いくるめそうだし。俺もひそか…
友人が盲腸で苦しんでいるのに、彼とセックスしていた私
2016/06/23 21:00
2016/06/23 21:00
これは、去年の12月、同じ大学の親友と2人で東京に遊びに行った時の話です。その時、私はある地方の音楽大学の4年生でした。
宿泊は、共通の友達で、東京の大学に行ってる子のところへ泊めてもらうことにしていたんです。東京についた日の夜、一緒に行った親友と二人で、繁華街を歩いていると、二人連れの男の子たちに声をかけられました。


二人共、東京の有名大学の4年生で、私たちと同い年でした。
一人の人が私の好みで、一目見た時から気に入りました。
彼らはけっして軽い感じではなく、無理に誘わない紳士的な態度で、好感も持て、私たちは、一緒に飲みに行くことにしました。

彼らも就職が決…
さらに膣の奥へ精子を押し込んできたエッチ体験【SEX体験談】
2015/08/21 09:45
2015/08/21 09:45

社会人のバトミントンサークルに入っています。
 週1回平日の夜7時から10時までなので、仕事が終わってから見ているだけの組も多く、個人参加でペアもバラバラで決めます。

 私たち夫婦と友達のSちゃん夫婦は仲が良く(年が近く20代)、一緒に参加しています。
 Sちゃんの旦那さんT君は結構イイ男で、たまにメールをしていて冗談でHな話をしたりしています。
「今度のバトミントンで二人で抜け出そう、最近SとはHしてなくて溜まってる」とメールが来ていて、それも冗談だと思っていました。

 8時半を過ぎてくるとみんなダレてきて、そのスキに抜け出しました。