寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

まるで、目の前で元カレに抱かれているのを覗き見して・・・

2017/01/12 20:00


私には今年で30歳になる彼女saoriがいます。
彼女(とは付き合って、かれこれ2年少しになり、見た目も女優の長澤まさみ似で
可愛く、結婚を前提に付き合っています。

付き合い始めた当初は、公私共に真面目な彼女なので、
Hも結構ノーマルに過ごしていました。
ある日、Hの後、彼女の口から、
「Hのときは、私が嫌って言っても、もっとしていいんだよ。」との発言。
最初は、「えっ」と不意をつかれたような感じで面食らいましたが、
「じゃぁ、次は、もっといやらしいことするよ。」と
答え、その場はそれ以上の話への発展もなく終わりました。

・・が、それ以来、その言葉が気になって仕方ありませんでした。

彼女とは、週1回のペースで会っていて、それ以外は夜に携帯やメッセで
会話するといった感じで日々を送っていたので、メッセの時もっと掘り下げて
聞いてみることにしました。

以下は、彼女とのメッセとの会話です。

私「このあいださぁ、もっといやらしいHしようって言ったけど、どんなHしたい?」
彼女「え~~、どんなのだろう?」
さすがに、彼女もこう聞くと、はぐらかします。
そこで、私は聞き方を変えました。
私「saoriって、SかMかって言われたら、Mだよね?」
彼女「うん・・・たぶん」
私「たとえば、軽く縛られたりとかは・・?」
彼女「なんか、エロいよぉ」
私「ってことは、そういうのしてみたいんだぁ。」
彼女「やだぁ。そんなことないもん。」
私「えっ、嫌なの?」
彼女「嫌じゃないけど・・・・」
私「saoriって、すっごくHだね。」
彼女「もう!だってぇ~。」
私「だって、何?」
彼女「だって、何かすごくHなんだもん。」

私は、ちょっと彼女にカマをかけてみることに・・

私「プチSMとかって普通だし、saoriも経験あるでしょ?」
彼女「・・・うん・・・・」

ないという答えが返ってくると思っていた私は、前回以上に不意をつかれたと同時に
さらに彼女の過去のHに対する興味が一気に高まって、質問を続けました。

私「プチSMって、縛られたりとかしたの?」
彼女「もう!やだぁ~。」
私「いいじゃん。別に普通だしさぁ。縛られたりとかでしょ?」
彼女「・・うん・・・・」
私「他には?目隠しとか?」
彼女「・・・うん・・・」
私「どうやって、縛られたの?」
彼女「え~~・・・椅子に・・・・」
私「あ~~、M字開脚で手も縛られてっていうやつだね?」
彼女「・・・うん・・」

淡々と、メッセを打っているものの、もう、頭の中は、彼女が元カレの前で
そんな卑猥な格好をして苛められている姿を想像して、股間もビンビン状態でした。

私「・・で、バイブで苛められたり?」
彼女「もう!やだぁ~~」
私「ちゃんと言わないと、してあげないよ。どうなの?」
彼女「・・うん。そう。・・」
私「へぇ~。でも感じるでしょ?そういうのって。」
彼女「うん。」

ある意味、元カレに対する嫉妬心もあり、ますます、私の股間ははち切れんばかりに。
それでも、さらに質問を続けました。

私「じゃあ、写真とかは?」
彼女「ないよ」
私「本当?正直に言ってごらん」
彼女「・・・写真はないもん・・」
私「写真はないってことは、ビデオとか?」
彼女「・・・・・うん・・・・」
私「マジで?」
彼女「だって、目隠しされてわかんなかったんだもん。」
私「一部始終撮られたの?」
彼女「・・・うん・・・」
私「撮られると、興奮するでしょ?」
彼女「うん」

もう、私の興奮はピークで、彼女とのメッセをしながら、
パンパンにした勃起したチ○ポを握っていました。

その後も、この会話は続き、どうも、その撮られたビデオを
ホテルのテレビに繋いで鑑賞したそうです。
私は、どんどんその元カレへの嫉妬が高まりつつ、その元カレへの興味も
高まっていきました。

私「saoriの元カレって、めっちゃエロいね」
彼女「・・・うん・・その人はHだった・・」
私「いっぱい逝かされたんじゃない?」
彼女「もう!」
私「いいじゃん。過去のことだし。一杯逝かされたんでしょ?」
彼女「・・・うん・・・・」
私「チ○ポもデカかったりとか?」
彼女「・・うん・・・」
私「へぇ~巨根だったんだぁ~。どれくらい?」
彼女「すっごく。最初見たときはびっくりしたもん。」
私「へぇ~そんな大きかったんだぁ。」
彼女「うん」
私「大きいのって、どう?」
彼女「どうって?」
私「たとえば、フェラとかさぁ。」
彼女「大きすぎてアゴが疲れるから嫌い」
私「でも、入れたら、すごいでしょ?」
彼女「・・・うん・・・・」
私「どういいの?」
彼女「・・・奥・・・・」
私「奥まで一杯突かれちゃうんだぁ」
彼女「・・・うん・・・」
私「saoriは大きいのが好きだったんだね」
彼女「そんなことないもん」

・・と一応、その場は、私とのHが一番いいってことで、
会話は終わりましたが、私の頭の中は、saoriと元カレとの
一部始終で一杯で、その後のsaoriとのHまで、想像して何度も興奮し、
オナニーを繰り返しました。

そんな妄想オナニーの日々を繰り返し、彼女と会う日がやってきました。
私は少し早めに待ち合わせの場所へ向かい、途中、アダルトグッズ専門店へ立ち寄りました。

店内に入ると、あらゆる卑猥なアダルトグッズが陳列されていました。
私は、まず、彼女が元カレにされたHを想像し、ヒョウ柄のアイマスクと略式でM字開脚ができる赤いロープを購入することに。
そして、一旦、そのままレジへ歩き始めましたが、そのとき、私の目に、さまざまなバイブの陳列コーナーが飛び込んできました。
元カレの巨根で逝かされる彼女が頭から離れない私は、そのコーナーに立ち止まり、大小さまざまなタイプのバイブを手に握りながらサイズを確かめ、物色し始めました。
最終的に選んだのは、「みちのくディルド」という長さ17cm,太さ4cmの超リアルなディルドです。
まるで、本物のチ○ポのようで、ノーマルサイズの私のとは、長さも太さも重量感も別物。
少し大きすぎかなとも思いながら、そのディルドも購入し、待ち合わせの場所へ向かいました。

待ち合わせの場所に行くと、すでに彼女は着いており、お互いなにげない会話をしながらラブホへ向かいました。

部屋に入って、フリードリンクのジュースを飲んで少し休憩した後、唇を交わし、いよいよHモードに突入。以下は、彼女とのやりとりの一部始終です。

私 「なぁ、saori。今日さぁ、来る途中で、すごいの買ってきたよ。」
彼女「え~~、何ぃ?」
私 「今日は、エロいことするって約束してたでしょ。」
彼女「だから、何よぉ~~。」

私は、かばんの中から、さっき買ったアイマスクと赤いロープを取り出し、彼女に見せました。

彼女「え~~、マジでぇ?エロいよぉ~」
私 「だって、こういうのされたいんでしょ?」
彼女「もう!」
私 「いいじゃん。今さら。ね、服脱いで!」

そういって、彼女を下着姿にさせました。

彼女「脱いだよ」
私 「じゃあ、そこのマッサージチェアに座って」
彼女「え~~」

少し照れながらも、私の言うとおり、彼女はマッサージチェに座りました。

そして、まず、赤いロープで彼女をM字開脚させたまま、マッサージチェアに固定し、アイマスクをかけた後、かばんからデジカメを取り出し、言葉攻めを開始しはじめました。

私 「どう?こういうの」
彼女「めっちゃ、エロいよぉ」
私 「こういうの興奮するんでしょ?」
彼女「もう!」
私 「だって、もうパンツ濡れちゃってるじゃん」
彼女「だってぇ~」

私は、言葉攻めに感じるsaoriへの興奮を抑えながら、ゆっくり耳元から胸へ愛撫していきました。

アイマスクをされ、M字開脚の姿で責められることに興奮しているのか、
すでに、パンティは表面からも中の割れ目が透けるほど、ぐっしょり濡れていました。

私 「やっぱ、こういうのされて感じちゃうんだね」
彼女「だってぇ~~・・・」
私 「じゃぁ、もう、やめちゃうよ」
彼女「いやっ、やめないで」
私 「じゃあ、正直に言ってごらん」
彼女「・・・もっと、いじめてぇ・・・」
私 「元カレにも、こうやっていじめられて感じたんだぁ」
彼女「もう・・・だってぇ」
私 「こんな格好でビデオ撮られてたんだね。」

そういいながら、私はデジカメのスイッチを入れ、彼女のその卑猥な格好を
撮り始めました。
、彼女は撮られていることに興奮してるらしく、フラッシュが光るたびに、
どんどん乳首が硬く勃起していきます。
私も、そんな彼女の卑猥な姿を見ながら、元彼と彼女のHをオーバーラップさせ、
反り返るほど勃起したチ○ポを彼女の口にあてがいました。

私 「ほら、しゃぶって。」
彼女「あんっ・・」
彼女は待ってたかのように私のチンポを咥え、丹念に味わうようにしゃぶり始めました。

私 「どう?おいしい?」
彼女「・・うん・・・おいしいよ・・」
私 「でも、こんなのよりもっと大きいのが欲しいんじゃないの?」
彼女「もう・・そんなことないもん・・」
私 「でも、もっと大きなのしゃぶってたんでしょ?」
彼女「・・・もう、忘れちゃったよ・・・」
私 「本当?」
彼女「・・うん・・・」
私 「ちょっと、待って。」

私は、一旦彼女にフェラをさせるのを止め、アイマスクとロープをはずし、
ベッドに彼女を促しました。
そして、枕元に隠しておいた、みちのくディルドを取り出しました。

私 「どう?これ。」
彼女「何、これ・・・」
私 「ほら、触ってみて」
そう言って、彼女に…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
キレイなお姉さんに声掛けたらヤれたw【エロ体験】
2016/01/05 08:33
2016/01/05 08:33
20歳の時、会社というかバイト先での体験です。

当時、柔道部をやっていたせいもあり体格のいい俺は、
夏のバイトとして都内某高級ホテルのプール監視員を
やっていました。
時給は安かったのですが、水着の女性が見れるという
スケベ心で始めたバイトでした。

そこにいつも、昼過ぎ頃に競泳水着を着てくる黒木瞳に似た
超美人なお姉さんを見るのが、日課になっていました。
決まって、2時間近く泳いだ後、プールサイドでカクテルを
注文し、帰って行くのでした。

8月も終わりの頃、思い切って平日の人が少ない時、
泳ぎ終えた彼女に声を掛けました。


(今、思えばよく仕事中にナンパできたなと思いましたが...)…
ノーパン出勤7
2018/06/10 17:04
2018/06/10 17:04
電車を降りてエスカレーターで改札に向かうと 彼からの指令が来ました(定期券を落として屈んでゆっくり拾え)えっすぐ後ろに学生がいるのに もろに見られちゃうわ でも思い切ってやってみた ドキドキして本当になかなか拾えなかったので じっくりと間近で割れ目からはみ出したひだやお尻の穴まですべて見られていたと思います 恥ずかしいので急いで改札を抜けると 彼からの指令が(今日はお疲れさん 明日ももっとセクシーなの頼むよ)やっと解放され自転車に乗って急いで帰りました。 
潔癖気味な妻が寝取られるか実験してみた結果wwwwwwwwwww
2016/08/17 02:02
2016/08/17 02:02


俺、礼二。31歳

身長175の普通体型。

タイトルに実験なんて言葉が入ってるけど

最初は寝取られる実験なんかするつもりは無かった。

結果的にそうなったというか、

後から振り返った時にその言葉が当てはまるのかなと......。

嫁のスペック

翔子(仮名)28歳

身長158のEカップで少しぽっちゃり体型。

俺としては、どストライク体型。

見た目はちょいぽちゃ気味な仲里依紗って感じかな。

正義感が強くて間違った事が大嫌い。

感受性がすごく強くて、いつもTVや本を見ては

笑ったり怒ったり泣いたりしてる。

そんな翔子にいつも癒されてる俺だけど、

当然不満に感じる点もあ…
残業中に人妻の先輩と社内でセックス
2017/03/31 08:16
2017/03/31 08:16
昨日、会社の先輩と会社でヤりました。本当に最高のSEXでした。 先輩の名前はN(イニシャル)と言い、 人妻で、33歳です(僕は25です)。 年齢的には30代ですが、非常に童顔であり、身長は150cm程度しかありません。 胸はA~Bカップと小さめで、ウエストは55しかありません。 とてもかわいらしい関西弁を使うので、僕は気に入っていました。 昨日は、僕と先輩の二人が最後まで残っていました。 時間は深夜1時を回り、二人ともややぐったりぎみ。 僕は集中力が切れたので、先輩の席に行きました。 「仕事どうっすか?」と聞くと、 「ん~まだまだやねんなぁ」 と返してきました。 「もう…
同級生のおっぱい見て興奮した俺のちんぽを見ておまんこ濡らす女子中学生とのエッチ体験談
2016/03/27 22:00
2016/03/27 22:00
中学の頃に放課後同じクラスの女友達とエロ話をしていたら、いきなりその女が胸を押さえながら「見たい?」なんて聞いてきた。 俺はその女に片思いしていたから、「見たい」と即答して校内の人気のない場所へと向かった。 「見るだけだからね」と女は言って背中のホックを外してから体操服をまくり上げていった。 薄いピンクのブラがチラッと見えてきたところで俺は既にギンギンだった。 体操服とブラが邪魔しておっぱいが良く見えないと言うと、女はさらに体操服を上にまくりあげた。 真っ白な肌をしたおっぱいの膨らみと、ほんのり色づいた乳首がはっきりと見えた時、俺は自然と手を伸ばしてしまっていた。 女は体をよけた…
【いとこ】従妹と⑤ 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/10/27 18:58
2017/10/27 18:58
前回の話はコチラ⇒またある日の事…盆に妻が実家に二泊三日で帰省した時の話しです。その話しが決まるまで久しく久美子と会うチャンスがなく久美子からも「早く誠様に苛めていただきたいです」「我慢できなくて毎日誠様を思いバイブでオナニーしてます」としょっちゅうメールが来て私もずっと悶々としてオナで紛らしてました。帰省する二週間ほど前に話しが決まり久美子にメールすると「嬉しいです!でも、誠様は○○さんの実家には行かないんですか?」との問に「大丈夫や!本当は休みやけど仕事やからって言ってあるから!」「嬉しいです!」「だからずっと久美子を苛めてやるからな!」「とても楽しみです!」「今日からお互いにオナは禁…
最初で最後の援交
2018/02/02 18:31
2018/02/02 18:31
私が14才の時の話しです。 あの頃、同級生で援交をしているのは私が知っている限り3人いました。 全校になるとわかりません。その3人はいつも連れんでいて、確かに中学生では持てないような品物を学校に持って登校していました。その中の1人は私の幼なじみで、グループは違ってましたが時々、話す機会があり教えて貰ったのです。本題に入ります。私は部活が終わり夜7時頃に学校を出ました。自転車での通学で途中までは友達と一緒なのですが、私の家は住宅街からもう少し奥にある農家でした。住宅街の街路燈が終わると後は点々と街路燈があるだけの田舎です。 毎日の事だし気にもしないで自転車をこいでいました。 途中まで来た時に女性…
修学旅行のバスガイドさんは、メチャ綺麗でエッチだったw
2016/01/13 15:20
2016/01/13 15:20
高校の修学旅行のときでした。3泊4日の修学旅行は、山口県から大阪、東京まで、バスでめぐる旅行でした。その間、ずっと同じバスガイドさんでした。
僕のクラスは運良く、一番きれいなガイドさんでした。でも、他のクラスも10組あったのですが、みんなそれなりにかわいいバスガイドでした。




僕のクラスのガイドさんはきれいなだけでなく、スカートも短くて、愛嬌のあるとても感じのいい人でした。僕はノリノリだったので、ガイドさんの問いかけにも一番に答え、すぐに僕の名前と顔を覚えてくれました。

また、バスの中のカラオケでは、一番最初に歌い、歌には自信があったのですが、ガイドさんやクラスの人にべた…
夏にダイエットで痩せた女子とセックス
2016/04/09 06:08
2016/04/09 06:08
918 :文芸部:03/08/09 12:33 高校2年生のときの話。 俺はよく文芸部に顔を出していた。入部こそしていなかったが、 依頼されて短編小説を書いたり、部員の書いた文を批評したりしていた。 なんで正式な部員にならなかったかと言うと、文芸部には俺と関係を持った女が複数いて、 ちょっとややこしいことになりそうだったからだ。 秋の学園祭で発表する文芸部作品集のプロットも纏まり、 俺も部外執筆者として参加することになった。夏休み中に仕上げろと言う。 依頼してきたのはi子で、2ヶ月ほど前に俺に告白してきた部員だ…
色んな期待をして出会い系掲示板を使っています【エッチ体験談】
2016/02/14 06:35
2016/02/14 06:35
暇つぶしの要素が多いと自分に言い聞かせてるけど 色んな期待をして出会い系掲示板を使っています 結婚してるわけでも彼氏がいる訳でもないので良いよね 素晴らしきフリー人生と。少し自棄気味w いつも使ってるサイトはイククル 今回は掲示板じゃなくて軽く日記を書いたら レスしてくれて、そこからサイト内で話す。 すっごい自分に自信ありそうな人でした。 電話でも自慢話炸裂って感じ・・しゃべってる感じがなんとなく34歳のはずはない!と思って問い詰めた所40歳既婚でした。なんの嘘・・? でもおいしい物を食べさせてくれるっていうので逢うことに。 もしかしたら…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【痴漢・レイプ】続・同僚がオフィスでオナニーしてるのを発見

・彼女は女子高生

・【画像】ワイが競泳水着着てみた結果wwwwwwwwwww

・【痴漢・レイプ】同僚がオフィスでオナニーしてるのを発見

・彼女の友達のDカップの巨乳おっぱいが触りたくて我慢できないwww

・義兄と相互オナニーしてから、生ハメ中出ししちゃいました

・同窓会で再会した女の子の家に泊まって…【エッチ体験談】

・搾乳中の姉に欲情して

・【痴漢・レイプ】人妻・玲子

・高速鉄道事故の陰に腐敗と安全軽視 “鉄道金脈”を食い物にした男と女

・【痴漢・レイプ】デブ巨乳

・職場の飲み会で打ち解けて・・【セックス体験談】

・【痴漢・レイプ】男の子達とのエッチ(1)里美

・色白で綺麗な人妻にバイブ責めで鬼イカセ【出会い系体験談】

・【Hな体験】ドSなすりこぎ棒

・【痴漢・レイプ】姉の就寝中に

・【痴漢・レイプ】妻と実弟(実話)

・JKの露出13

・【痴漢・レイプ】少女愛美⑥

・【痴漢・レイプ】先輩にいかされた妻

・妻と俺は、会社の人たちとの旅行でそれぞれ乱交していた

・【不倫】「もっと犯して!」と喘ぐ24歳の若妻妊婦

・妻と旅行に行ったら、改造チンポの男達に寝取られ廻された

・ずっと隠し続けてきた別の女性との関係が、ついにバレてしまった 2

・【痴漢・レイプ】寝取られてた妻!

・彼氏のいる女にマッサージして貰っていたら勃起してしまい・・

・【熟女体験談】金玉を握りつぶそうとしてくるキチガイ熟女トリオに逆レイプされた

・ 優しい義姉の手コキと生挿入で初体験

・ずっと隠し続けてきた別の女性との関係が、ついにバレてしまった 1

・【痴漢・レイプ】妻の下着を狩る熟女②