寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

まるで、目の前で元カレに抱かれているのを覗き見して・・・

2017/01/12 20:00


私には今年で30歳になる彼女saoriがいます。
彼女(とは付き合って、かれこれ2年少しになり、見た目も女優の長澤まさみ似で
可愛く、結婚を前提に付き合っています。

付き合い始めた当初は、公私共に真面目な彼女なので、
Hも結構ノーマルに過ごしていました。
ある日、Hの後、彼女の口から、
「Hのときは、私が嫌って言っても、もっとしていいんだよ。」との発言。
最初は、「えっ」と不意をつかれたような感じで面食らいましたが、
「じゃぁ、次は、もっといやらしいことするよ。」と
答え、その場はそれ以上の話への発展もなく終わりました。

・・が、それ以来、その言葉が気になって仕方ありませんでした。

彼女とは、週1回のペースで会っていて、それ以外は夜に携帯やメッセで
会話するといった感じで日々を送っていたので、メッセの時もっと掘り下げて
聞いてみることにしました。

以下は、彼女とのメッセとの会話です。

私「このあいださぁ、もっといやらしいHしようって言ったけど、どんなHしたい?」
彼女「え~~、どんなのだろう?」
さすがに、彼女もこう聞くと、はぐらかします。
そこで、私は聞き方を変えました。
私「saoriって、SかMかって言われたら、Mだよね?」
彼女「うん・・・たぶん」
私「たとえば、軽く縛られたりとかは・・?」
彼女「なんか、エロいよぉ」
私「ってことは、そういうのしてみたいんだぁ。」
彼女「やだぁ。そんなことないもん。」
私「えっ、嫌なの?」
彼女「嫌じゃないけど・・・・」
私「saoriって、すっごくHだね。」
彼女「もう!だってぇ~。」
私「だって、何?」
彼女「だって、何かすごくHなんだもん。」

私は、ちょっと彼女にカマをかけてみることに・・

私「プチSMとかって普通だし、saoriも経験あるでしょ?」
彼女「・・・うん・・・・」

ないという答えが返ってくると思っていた私は、前回以上に不意をつかれたと同時に
さらに彼女の過去のHに対する興味が一気に高まって、質問を続けました。

私「プチSMって、縛られたりとかしたの?」
彼女「もう!やだぁ~。」
私「いいじゃん。別に普通だしさぁ。縛られたりとかでしょ?」
彼女「・・うん・・・・」
私「他には?目隠しとか?」
彼女「・・・うん・・・」
私「どうやって、縛られたの?」
彼女「え~~・・・椅子に・・・・」
私「あ~~、M字開脚で手も縛られてっていうやつだね?」
彼女「・・・うん・・」

淡々と、メッセを打っているものの、もう、頭の中は、彼女が元カレの前で
そんな卑猥な格好をして苛められている姿を想像して、股間もビンビン状態でした。

私「・・で、バイブで苛められたり?」
彼女「もう!やだぁ~~」
私「ちゃんと言わないと、してあげないよ。どうなの?」
彼女「・・うん。そう。・・」
私「へぇ~。でも感じるでしょ?そういうのって。」
彼女「うん。」

ある意味、元カレに対する嫉妬心もあり、ますます、私の股間ははち切れんばかりに。
それでも、さらに質問を続けました。

私「じゃあ、写真とかは?」
彼女「ないよ」
私「本当?正直に言ってごらん」
彼女「・・・写真はないもん・・」
私「写真はないってことは、ビデオとか?」
彼女「・・・・・うん・・・・」
私「マジで?」
彼女「だって、目隠しされてわかんなかったんだもん。」
私「一部始終撮られたの?」
彼女「・・・うん・・・」
私「撮られると、興奮するでしょ?」
彼女「うん」

もう、私の興奮はピークで、彼女とのメッセをしながら、
パンパンにした勃起したチ○ポを握っていました。

その後も、この会話は続き、どうも、その撮られたビデオを
ホテルのテレビに繋いで鑑賞したそうです。
私は、どんどんその元カレへの嫉妬が高まりつつ、その元カレへの興味も
高まっていきました。

私「saoriの元カレって、めっちゃエロいね」
彼女「・・・うん・・その人はHだった・・」
私「いっぱい逝かされたんじゃない?」
彼女「もう!」
私「いいじゃん。過去のことだし。一杯逝かされたんでしょ?」
彼女「・・・うん・・・・」
私「チ○ポもデカかったりとか?」
彼女「・・うん・・・」
私「へぇ~巨根だったんだぁ~。どれくらい?」
彼女「すっごく。最初見たときはびっくりしたもん。」
私「へぇ~そんな大きかったんだぁ。」
彼女「うん」
私「大きいのって、どう?」
彼女「どうって?」
私「たとえば、フェラとかさぁ。」
彼女「大きすぎてアゴが疲れるから嫌い」
私「でも、入れたら、すごいでしょ?」
彼女「・・・うん・・・・」
私「どういいの?」
彼女「・・・奥・・・・」
私「奥まで一杯突かれちゃうんだぁ」
彼女「・・・うん・・・」
私「saoriは大きいのが好きだったんだね」
彼女「そんなことないもん」

・・と一応、その場は、私とのHが一番いいってことで、
会話は終わりましたが、私の頭の中は、saoriと元カレとの
一部始終で一杯で、その後のsaoriとのHまで、想像して何度も興奮し、
オナニーを繰り返しました。

そんな妄想オナニーの日々を繰り返し、彼女と会う日がやってきました。
私は少し早めに待ち合わせの場所へ向かい、途中、アダルトグッズ専門店へ立ち寄りました。

店内に入ると、あらゆる卑猥なアダルトグッズが陳列されていました。
私は、まず、彼女が元カレにされたHを想像し、ヒョウ柄のアイマスクと略式でM字開脚ができる赤いロープを購入することに。
そして、一旦、そのままレジへ歩き始めましたが、そのとき、私の目に、さまざまなバイブの陳列コーナーが飛び込んできました。
元カレの巨根で逝かされる彼女が頭から離れない私は、そのコーナーに立ち止まり、大小さまざまなタイプのバイブを手に握りながらサイズを確かめ、物色し始めました。
最終的に選んだのは、「みちのくディルド」という長さ17cm,太さ4cmの超リアルなディルドです。
まるで、本物のチ○ポのようで、ノーマルサイズの私のとは、長さも太さも重量感も別物。
少し大きすぎかなとも思いながら、そのディルドも購入し、待ち合わせの場所へ向かいました。

待ち合わせの場所に行くと、すでに彼女は着いており、お互いなにげない会話をしながらラブホへ向かいました。

部屋に入って、フリードリンクのジュースを飲んで少し休憩した後、唇を交わし、いよいよHモードに突入。以下は、彼女とのやりとりの一部始終です。

私 「なぁ、saori。今日さぁ、来る途中で、すごいの買ってきたよ。」
彼女「え~~、何ぃ?」
私 「今日は、エロいことするって約束してたでしょ。」
彼女「だから、何よぉ~~。」

私は、かばんの中から、さっき買ったアイマスクと赤いロープを取り出し、彼女に見せました。

彼女「え~~、マジでぇ?エロいよぉ~」
私 「だって、こういうのされたいんでしょ?」
彼女「もう!」
私 「いいじゃん。今さら。ね、服脱いで!」

そういって、彼女を下着姿にさせました。

彼女「脱いだよ」
私 「じゃあ、そこのマッサージチェアに座って」
彼女「え~~」

少し照れながらも、私の言うとおり、彼女はマッサージチェに座りました。

そして、まず、赤いロープで彼女をM字開脚させたまま、マッサージチェアに固定し、アイマスクをかけた後、かばんからデジカメを取り出し、言葉攻めを開始しはじめました。

私 「どう?こういうの」
彼女「めっちゃ、エロいよぉ」
私 「こういうの興奮するんでしょ?」
彼女「もう!」
私 「だって、もうパンツ濡れちゃってるじゃん」
彼女「だってぇ~」

私は、言葉攻めに感じるsaoriへの興奮を抑えながら、ゆっくり耳元から胸へ愛撫していきました。

アイマスクをされ、M字開脚の姿で責められることに興奮しているのか、
すでに、パンティは表面からも中の割れ目が透けるほど、ぐっしょり濡れていました。

私 「やっぱ、こういうのされて感じちゃうんだね」
彼女「だってぇ~~・・・」
私 「じゃぁ、もう、やめちゃうよ」
彼女「いやっ、やめないで」
私 「じゃあ、正直に言ってごらん」
彼女「・・・もっと、いじめてぇ・・・」
私 「元カレにも、こうやっていじめられて感じたんだぁ」
彼女「もう・・・だってぇ」
私 「こんな格好でビデオ撮られてたんだね。」

そういいながら、私はデジカメのスイッチを入れ、彼女のその卑猥な格好を
撮り始めました。
、彼女は撮られていることに興奮してるらしく、フラッシュが光るたびに、
どんどん乳首が硬く勃起していきます。
私も、そんな彼女の卑猥な姿を見ながら、元彼と彼女のHをオーバーラップさせ、
反り返るほど勃起したチ○ポを彼女の口にあてがいました。

私 「ほら、しゃぶって。」
彼女「あんっ・・」
彼女は待ってたかのように私のチンポを咥え、丹念に味わうようにしゃぶり始めました。

私 「どう?おいしい?」
彼女「・・うん・・・おいしいよ・・」
私 「でも、こんなのよりもっと大きいのが欲しいんじゃないの?」
彼女「もう・・そんなことないもん・・」
私 「でも、もっと大きなのしゃぶってたんでしょ?」
彼女「・・・もう、忘れちゃったよ・・・」
私 「本当?」
彼女「・・うん・・・」
私 「ちょっと、待って。」

私は、一旦彼女にフェラをさせるのを止め、アイマスクとロープをはずし、
ベッドに彼女を促しました。
そして、枕元に隠しておいた、みちのくディルドを取り出しました。

私 「どう?これ。」
彼女「何、これ・・・」
私 「ほら、触ってみて」
そう言って、彼女に…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
浮気してた彼女が不倫もしてた
2016/05/07 08:09
2016/05/07 08:09
前回の話 937 : ◆IGEMrmvKLI :2010/02/24(水) 21:33:10 部屋に上がると俺たちはすぐにシャワーを浴びた。俺としては体洗うというより、 エッチを楽しみたいからなんだけど。 お互い、イク寸前まで手や口で刺激し合っていた。 しかし泡だらけのヌルヌル状態で大きい乳房を弄んだり、太ももやお尻撫で回すのは 止められん。それだけでも出ちゃいそうなのに、ジュンの両手でぺニスをヌルヌルやられると、 もう天国なのか地獄なのか分からん状態。  938 : ◆IGEMrmvKLI :2010/02/24(水) 21:34:06 …
【姉との告白体験談】 義姉
2016/08/27 08:18
2016/08/27 08:18
2008/08/14 17:04┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者 兄が結婚して義姉が同居したのは僕が20の時、兄達は同じ年で27でした。1年ほどして子供が生まれ僕の家族は両親を含め6人家族になりました。義姉は細身で初めて会った時は「綺麗な人だなあ」と兄が羨ましく、でも同居すると聞いた時は少しと嬉しかったのを覚えています。同居してしばらくはお互いに気を使ってぎこちなかったですが、子供の子守をしたりしているうちに僕達は友人の様に打ち解けていきました。 時々義姉の姿にドキッとすることがありました。特に前かがみになったとき胸元から覗くブラジャーと、少し小振りではありましたが胸の膨ら…
前の会社の男性が私の自宅にやってくるのは、私をおもちゃにするためです
2016/06/28 01:00
2016/06/28 01:00
曜日の午前中、時間通りに10時にマンションのチャイムが鳴った。
私は32歳の主婦で、和子と言います、夫とは結婚3年目で付き合っていた期間を含めると10年近い長さになります。

チャイムの主は山本という男で以前に私が勤めていた会社の人で夫ではありません、私のマンションを訪ねるのは今日で5度目です、昔の懐かしい話をしに来たりし ている訳ではありません・・・




ただ、私を犯し、私の体を嬲りにこの場所を訪れているのです、無論、夫はこの事を知らずに、金曜日の午前中などは会社で仕事を頑張ってくれていると思います。

以前、勤めていた会社での私の山本の印象は軽率で女好き、会社の女の子にも…
新宿でナンパされた人とすっごく感じたsexしちゃいました
2016/09/10 21:05
2016/09/10 21:05
新宿でナンパされた人とすっごく感じたsexしちゃいました・・・。  彼は結構かっこよくて、背が高くて私好みでした。 私は友達と2人でいたのですが、向こうも2人連れで4人で最初は飲んでいました。そのうちに別行動にしよう!ということになって、私はひろと2人で近くの公園のベンチに座って話しをしていました。お酒も入っていたせいか、すぐエッチモードになってしまいその場でキスしました・・・。 続きを読む
【体験談】取引先の50代女性支店長ととてもいい関係を築く営業マン
2016/05/16 11:30
2016/05/16 11:30

33歳で、営業マンをしています

誰にでも苦手なタイプの女性がいると思いますが

僕の場合は仕事の取引先の女性支店長で、
T子さんという55歳の独身熟女がそうでした。



凄く嫌みくさく、何でも上から
目線で物を言う感じの人で、
ほとんどの人は苦手な人種だと思います。



僕も以前はよく彼女にイジメられたり
嫌な思いをしましたが、そんな苦手だった女性とも
今現在は非常に良好な関係を築いています。




でも、良好な関係と言うのは決して
一線を越えたいかがわしい関係とかではなく、
健全な関係ですよ。


童貞捨てたくて焦ってた俺の彼女との初体験談
2016/07/14 12:02
2016/07/14 12:02
地元の祭りも終わり、友達の家で飲んでたんだ

俺、友達の孝史、孝史の彼女の美和んで、直美

うちらの仲は、中●の同級生と言っても、

俺と孝史は同じクラスだったけど、

美和と直美は別クラスて事もあり、

あんま仲良しと言う関係じゃなかった

そんな四人が飲んでたんだけど、

いつのまにか、孝史と美和がいないのよ

孝史の家は古いけどデカい家で和室が無駄に多い部屋だったんで俺はピンときた。

あいつら…やってる…

そう考えてたらなんか、俺一人勝手に盛り上がって、興奮して、

隣に直美がいたのも気にせず、「あー、セックスしてー」とか言ってた

直美が「酔ってる?」って聞いて来たとき、我に帰っ…
【近親相姦体験告白】幼い頃妹とエッチしてた思い出
2015/09/28 10:13
2015/09/28 10:13
17 :15:2012/03/24(土) 22:56:11.42 ID:Qpmymq5x0 書き貯めてないうえに思いだしながらなので、めっさ遅筆ですがよろしくお願いします。 当時、俺が中2、妹が小4。 元々は兄妹仲も悪くなかったんだが 俺が中学でいじめを受けてひきこもりになってから、妹から嫌われるようになっていった。 直接的には居ないものとして無視されるくらいだったが 親には俺の妹と知られたくないから別な中学校に行きたいと言ってたそうなw 18 :15:2012/03/24(土) 23:10:58.68 ID:Qpmymq5x0 俺のことが原因にあったのかは定かじゃないが、その頃…
怖かった夏休みの思い出
2017/01/21 05:01
2017/01/21 05:01
それは4年前、僕がまだ小学校3年生の時でした。 姉(当時、小学校6年生)とリビングで夏休みの宿題をしていました。 母(当時38歳)は普段は優しい人なのですが勉強や行儀には厳しい人でした。 夏休みでもラジオ体操が終わって帰ると午前中は勉強しなさいと宿題をやらされていました。当時の家は庭もあり大きな家だったと記憶しています。 ピンポ~~~ン♪ 呼び鈴が鳴って母が玄関に向かいました。 一瞬だけ母の『キャー』という叫び声が聞こえた気がして振り向くと 「旦那は何処だ!」と怖そうな男の声がしてドタバタと争ってるような気配がしました。 当時の僕は全く何が起こってるのか想像もつきませんでしたが姉は泣きそうな顔…
【不倫体験告白】BBQで24歳の若妻をお持ち帰りしたったwww
2015/11/20 13:47
2015/11/20 13:47
2012/08/31 17:08┃登録者:えっちな名無しさん◆5aoi8gEM┃作者:名無しの作者 1:名も無き被検体774号+  投稿日:2012/06/05(火) 20:58:37.08 ID:0ZuSH5hw0 普段土日は自宅警備員な俺がBBQにいったときの話。 日曜外に出てよかったww 夜中、急にコミュ友のゆきりん(仮名)から連絡があって、 「明日、人数が足りなくなったから俺君明日きてねー。どうせ暇でしょww」 という嬉しいような、淋しいようなお誘いw はじめは戸惑ったが、たまにはいいかなと思い、「はい」の二つ返事。 10:名…
同窓会で不倫したら、夫を喜ばせる結果になりました
2016/05/16 21:00
2016/05/16 21:00
私、真理と言います。
今32歳、夫婦と娘の3人で都会のマンション暮らしです。
主人は優しく穏やかな人で、日々の生活も平和な普通の家庭だと思い、満足していました。
ある日、親友の知子が話していた高校の同窓会の通知が来ました。
今までも数回開催されていましたが都合が悪く出席したことはありませんでした。
今回は障りになる理由もないので出席しました。


高校時代に淡い恋心を抱いていた真君も出席してました。
宴もたけなわになり、男性陣も女性陣もそれぞれ塊りになって思い出話や近況を伝える雑談に花が咲き、あっという間に予定の時間が過ぎました。
飲み足りない人、思い出話に興奮して…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【痴漢・レイプ】中学校の卒業式【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・野外じゃなきゃ感じないの

・親父と間違え、僕のチ○○で逝ってしまった母

・飲み会の後に気になっていた清楚系娘とホテルへ・・・

・【近親相姦】前屈みになった高校生の妹はスケスケパンティだった

・【痴漢・レイプ】初めてのフェラ【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・バイト先で知り合った高校生と

・オレのフェラ初体験は妹だった

・【痴漢・レイプ】亜佐美 16歳の悲劇【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・【痴漢・レイプ】巨乳小学生 いたずらレイプ体験談【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・酔って寝ちゃった彼氏持ちの後輩をみんなで輪姦した話

・泥酔してフラフラになったところをラブホに連れ込まれました

・嫁を他人の男に抱かせました 続続続編【エッチ体験談】

・【Hな体験】アメリカ人と付き合ってる私の性生活告白

・人妻Mの告白6~同窓会での2回戦目~

・セックスするための性能だけは最高な女

・【痴漢・レイプ】最高の王様ゲーム【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・男の娘マミに惚れられた

・いつか彼女とヌーディストビーチ

・良いM女を寝盗られたM男、

・フェラさえしない妻が同僚に寝取られてパイパンにされてた・・・

・診察を受ける四十路熟妻にエロスを感じた夫

・綺麗な奥さんと3P

・【痴漢・レイプ】彼氏付きの真面目系女をレイプ【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・従姉とお医者さんごっこ

・このサイトの投稿を見たのがきっかけで子供の家庭教師と不倫してます。

・スキー場で部屋を借りて友達と山ごもりしたら隣は女二人だった

・嫁の友人のオメコとクリを同時攻め

・★若い子にイタズラしました

・友達に寝取られた彼と怒りの3P【寝取られ体験談】