寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

まるで、目の前で元カレに抱かれているのを覗き見して・・・

2017/01/12 20:00


私には今年で30歳になる彼女saoriがいます。
彼女(とは付き合って、かれこれ2年少しになり、見た目も女優の長澤まさみ似で
可愛く、結婚を前提に付き合っています。

付き合い始めた当初は、公私共に真面目な彼女なので、
Hも結構ノーマルに過ごしていました。
ある日、Hの後、彼女の口から、
「Hのときは、私が嫌って言っても、もっとしていいんだよ。」との発言。
最初は、「えっ」と不意をつかれたような感じで面食らいましたが、
「じゃぁ、次は、もっといやらしいことするよ。」と
答え、その場はそれ以上の話への発展もなく終わりました。

・・が、それ以来、その言葉が気になって仕方ありませんでした。

彼女とは、週1回のペースで会っていて、それ以外は夜に携帯やメッセで
会話するといった感じで日々を送っていたので、メッセの時もっと掘り下げて
聞いてみることにしました。

以下は、彼女とのメッセとの会話です。

私「このあいださぁ、もっといやらしいHしようって言ったけど、どんなHしたい?」
彼女「え~~、どんなのだろう?」
さすがに、彼女もこう聞くと、はぐらかします。
そこで、私は聞き方を変えました。
私「saoriって、SかMかって言われたら、Mだよね?」
彼女「うん・・・たぶん」
私「たとえば、軽く縛られたりとかは・・?」
彼女「なんか、エロいよぉ」
私「ってことは、そういうのしてみたいんだぁ。」
彼女「やだぁ。そんなことないもん。」
私「えっ、嫌なの?」
彼女「嫌じゃないけど・・・・」
私「saoriって、すっごくHだね。」
彼女「もう!だってぇ~。」
私「だって、何?」
彼女「だって、何かすごくHなんだもん。」

私は、ちょっと彼女にカマをかけてみることに・・

私「プチSMとかって普通だし、saoriも経験あるでしょ?」
彼女「・・・うん・・・・」

ないという答えが返ってくると思っていた私は、前回以上に不意をつかれたと同時に
さらに彼女の過去のHに対する興味が一気に高まって、質問を続けました。

私「プチSMって、縛られたりとかしたの?」
彼女「もう!やだぁ~。」
私「いいじゃん。別に普通だしさぁ。縛られたりとかでしょ?」
彼女「・・うん・・・・」
私「他には?目隠しとか?」
彼女「・・・うん・・・」
私「どうやって、縛られたの?」
彼女「え~~・・・椅子に・・・・」
私「あ~~、M字開脚で手も縛られてっていうやつだね?」
彼女「・・・うん・・」

淡々と、メッセを打っているものの、もう、頭の中は、彼女が元カレの前で
そんな卑猥な格好をして苛められている姿を想像して、股間もビンビン状態でした。

私「・・で、バイブで苛められたり?」
彼女「もう!やだぁ~~」
私「ちゃんと言わないと、してあげないよ。どうなの?」
彼女「・・うん。そう。・・」
私「へぇ~。でも感じるでしょ?そういうのって。」
彼女「うん。」

ある意味、元カレに対する嫉妬心もあり、ますます、私の股間ははち切れんばかりに。
それでも、さらに質問を続けました。

私「じゃあ、写真とかは?」
彼女「ないよ」
私「本当?正直に言ってごらん」
彼女「・・・写真はないもん・・」
私「写真はないってことは、ビデオとか?」
彼女「・・・・・うん・・・・」
私「マジで?」
彼女「だって、目隠しされてわかんなかったんだもん。」
私「一部始終撮られたの?」
彼女「・・・うん・・・」
私「撮られると、興奮するでしょ?」
彼女「うん」

もう、私の興奮はピークで、彼女とのメッセをしながら、
パンパンにした勃起したチ○ポを握っていました。

その後も、この会話は続き、どうも、その撮られたビデオを
ホテルのテレビに繋いで鑑賞したそうです。
私は、どんどんその元カレへの嫉妬が高まりつつ、その元カレへの興味も
高まっていきました。

私「saoriの元カレって、めっちゃエロいね」
彼女「・・・うん・・その人はHだった・・」
私「いっぱい逝かされたんじゃない?」
彼女「もう!」
私「いいじゃん。過去のことだし。一杯逝かされたんでしょ?」
彼女「・・・うん・・・・」
私「チ○ポもデカかったりとか?」
彼女「・・うん・・・」
私「へぇ~巨根だったんだぁ~。どれくらい?」
彼女「すっごく。最初見たときはびっくりしたもん。」
私「へぇ~そんな大きかったんだぁ。」
彼女「うん」
私「大きいのって、どう?」
彼女「どうって?」
私「たとえば、フェラとかさぁ。」
彼女「大きすぎてアゴが疲れるから嫌い」
私「でも、入れたら、すごいでしょ?」
彼女「・・・うん・・・・」
私「どういいの?」
彼女「・・・奥・・・・」
私「奥まで一杯突かれちゃうんだぁ」
彼女「・・・うん・・・」
私「saoriは大きいのが好きだったんだね」
彼女「そんなことないもん」

・・と一応、その場は、私とのHが一番いいってことで、
会話は終わりましたが、私の頭の中は、saoriと元カレとの
一部始終で一杯で、その後のsaoriとのHまで、想像して何度も興奮し、
オナニーを繰り返しました。

そんな妄想オナニーの日々を繰り返し、彼女と会う日がやってきました。
私は少し早めに待ち合わせの場所へ向かい、途中、アダルトグッズ専門店へ立ち寄りました。

店内に入ると、あらゆる卑猥なアダルトグッズが陳列されていました。
私は、まず、彼女が元カレにされたHを想像し、ヒョウ柄のアイマスクと略式でM字開脚ができる赤いロープを購入することに。
そして、一旦、そのままレジへ歩き始めましたが、そのとき、私の目に、さまざまなバイブの陳列コーナーが飛び込んできました。
元カレの巨根で逝かされる彼女が頭から離れない私は、そのコーナーに立ち止まり、大小さまざまなタイプのバイブを手に握りながらサイズを確かめ、物色し始めました。
最終的に選んだのは、「みちのくディルド」という長さ17cm,太さ4cmの超リアルなディルドです。
まるで、本物のチ○ポのようで、ノーマルサイズの私のとは、長さも太さも重量感も別物。
少し大きすぎかなとも思いながら、そのディルドも購入し、待ち合わせの場所へ向かいました。

待ち合わせの場所に行くと、すでに彼女は着いており、お互いなにげない会話をしながらラブホへ向かいました。

部屋に入って、フリードリンクのジュースを飲んで少し休憩した後、唇を交わし、いよいよHモードに突入。以下は、彼女とのやりとりの一部始終です。

私 「なぁ、saori。今日さぁ、来る途中で、すごいの買ってきたよ。」
彼女「え~~、何ぃ?」
私 「今日は、エロいことするって約束してたでしょ。」
彼女「だから、何よぉ~~。」

私は、かばんの中から、さっき買ったアイマスクと赤いロープを取り出し、彼女に見せました。

彼女「え~~、マジでぇ?エロいよぉ~」
私 「だって、こういうのされたいんでしょ?」
彼女「もう!」
私 「いいじゃん。今さら。ね、服脱いで!」

そういって、彼女を下着姿にさせました。

彼女「脱いだよ」
私 「じゃあ、そこのマッサージチェアに座って」
彼女「え~~」

少し照れながらも、私の言うとおり、彼女はマッサージチェに座りました。

そして、まず、赤いロープで彼女をM字開脚させたまま、マッサージチェアに固定し、アイマスクをかけた後、かばんからデジカメを取り出し、言葉攻めを開始しはじめました。

私 「どう?こういうの」
彼女「めっちゃ、エロいよぉ」
私 「こういうの興奮するんでしょ?」
彼女「もう!」
私 「だって、もうパンツ濡れちゃってるじゃん」
彼女「だってぇ~」

私は、言葉攻めに感じるsaoriへの興奮を抑えながら、ゆっくり耳元から胸へ愛撫していきました。

アイマスクをされ、M字開脚の姿で責められることに興奮しているのか、
すでに、パンティは表面からも中の割れ目が透けるほど、ぐっしょり濡れていました。

私 「やっぱ、こういうのされて感じちゃうんだね」
彼女「だってぇ~~・・・」
私 「じゃぁ、もう、やめちゃうよ」
彼女「いやっ、やめないで」
私 「じゃあ、正直に言ってごらん」
彼女「・・・もっと、いじめてぇ・・・」
私 「元カレにも、こうやっていじめられて感じたんだぁ」
彼女「もう・・・だってぇ」
私 「こんな格好でビデオ撮られてたんだね。」

そういいながら、私はデジカメのスイッチを入れ、彼女のその卑猥な格好を
撮り始めました。
、彼女は撮られていることに興奮してるらしく、フラッシュが光るたびに、
どんどん乳首が硬く勃起していきます。
私も、そんな彼女の卑猥な姿を見ながら、元彼と彼女のHをオーバーラップさせ、
反り返るほど勃起したチ○ポを彼女の口にあてがいました。

私 「ほら、しゃぶって。」
彼女「あんっ・・」
彼女は待ってたかのように私のチンポを咥え、丹念に味わうようにしゃぶり始めました。

私 「どう?おいしい?」
彼女「・・うん・・・おいしいよ・・」
私 「でも、こんなのよりもっと大きいのが欲しいんじゃないの?」
彼女「もう・・そんなことないもん・・」
私 「でも、もっと大きなのしゃぶってたんでしょ?」
彼女「・・・もう、忘れちゃったよ・・・」
私 「本当?」
彼女「・・うん・・・」
私 「ちょっと、待って。」

私は、一旦彼女にフェラをさせるのを止め、アイマスクとロープをはずし、
ベッドに彼女を促しました。
そして、枕元に隠しておいた、みちのくディルドを取り出しました。

私 「どう?これ。」
彼女「何、これ・・・」
私 「ほら、触ってみて」
そう言って、彼女に…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
バイト先の店長とセックスしてたクソビッチな彼女
2017/06/04 17:22
2017/06/04 17:22
<スペック>
彼女:大学3年、髪はセミロングで就活の為に黒髪。
160cmぐらいで痩せてる方だと思う。
AV女優の森ななこって分かるかなぁ、その子をもっと真面目っぽくした感じ。
おっとり系っていうか癒し系っていうか、ギャルギャルはしてない。
薄ピンク乳輪のEカップ。
ちなみに乳首を甘噛みされるのが好き。
俺で彼氏は3人目だと聞いてる。
初体験は高2から付き合ってた初彼氏で、卒業後すぐに別れたらしい。
セックスに関しては、程々って感じかな。
自分から積極的に誘ってくるわけでもないが、始まればそれなりに楽しむタイプ。
騎乗位とかで挑発するような顔を見せるが、基本的にはM寄りだ…
【レイプ・痴漢】守ってくれた先生を
2016/06/03 21:36
2016/06/03 21:36
中学の三年間、僕はイジメにあっていました。 小さい頃から引っ込み思案で、友達も少なく、そういうところに原因があったんだと思います。 イジメといっても、僕の場合は主にハブ・シカトという形で、カツアゲやリンチなど、幸い暴力的なものはありませんでした。 囲まれたりこづかれたりすることはあったけど、世の中には僕より辛い思いをしてる人がたくさんいるはずで、 そういう人達のことを想えば、僕の受けた仕打ちなんて大したことではありませんでした。 そんなみじめな学校生活を送っていた中三の春、若い女の英語の先生が副担任として赴任してきました。 芸能人みたいに綺麗な人で、少し勝ち気なところもあるけど性格も良くて…
騎上位で激しく責めてくる義姉の迫力にタジタジ・・・
2016/04/05 20:01
2016/04/05 20:01
22歳で専業主婦をしている兄貴の嫁さんは何故かいつも黒いエプロンをしている。
それにミニスカートが好きなもんだから細身の体とあいまってエロイ事この上ない。
大学への推薦入学も決まり暇をもてあましている童貞野郎のオレには目の毒でしかない。
義理姉の美香さんは色白美人で身長が高く、スタイルがとてもいい。
ミニスカートから伸びる長い足、形のいいヒップ…
キッチンで料理をしているうしろ姿を見ながら、いつもいけない妄想ばかりしていた。

「信一く~ん、ちょっとっ!早く来て~!」
家族がみんな出かけている休日、キッチンから義姉の悲鳴が聞こえてきた。
何事かと思って急いでいくと、戸棚にあった重い…
【母】自慢の母(1) 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/09/22 04:57
2017/09/22 04:57
2012/11/06 08:32┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者僕は14歳の春に、母と2人で知らない土地に引っ越したため 中学では転校生だった。そのためか、僕はクラスで虐めにあった。 転校生が全員そうなるわけではないだろうから、僕の性格に問題があったのかもしれない。 うちの家庭は、僕と母の2人暮らしで、 母は昼はスーパーでパート。夕方から近所のテニススクールでテニスのコーチをしていた。 そんな家庭だったので、母に心配をかけたくなくて、虐められていることなど到底言い出すことはできず、ひたすら耐える毎日だった。 ある時、母と2人で歩いていると、虐めの中心人物である村松とばっ…
近親相姦、兄嫁に代理射精で子作り
2015/12/03 23:00
2015/12/03 23:00



昨年の10月のこと。、志保から「たまにはご飯でも食べに来ない」とメールが来たので、
「週末だったら時間あるからご馳走になりに行く」と返信した。志保は32歳、兄には勿体無いくらいのモデル級超美人…なのに自宅に居る時はいつもノーブラ!
時々チラ見してもまったく気にしない素振りの女性。
度々遊びに行っては薄っすらと突き出たシャラポワンな突起を見て興奮してました。
最近は仕事が忙しく3ヶ月ぐらい兄宅へ行ってなかったので期待ワクワク週末を待ちました。
夕方兄宅を訊ねると、兄は付き合いゴルフから帰宅しておらず、
なんと志保と2人で食事をする事になった。
支度を終えた志保が白いTシャツ姿で目の前に…
【人妻体験談】下心いっぱいで花火大会に一人で行ったら、幼馴染みの母親に声をかけられた
2016/12/21 18:02
2016/12/21 18:02
10年前まで、僕は風俗以外での経験はなかったが、それがおばさんのおかげで卒業できた。 花火大会に新調した浴衣を着て、あわよくば高校時代の同級生や近所の女の子を物色していた。 しかしカップルばかり、一人でいる女の子はまずいなかった。 あきらめて、一人で花火が打ちあがるのを見ていると、横から声をかけて来る中年女性がいた。 よく見ると、幼馴染の女の母親だった。 僕と同じ浴衣姿のおばさんは、大柄でお尻の大きい女性だった。 昔から知っている仲だけに会話が弾み、終わりまで彼女と一緒にいた。 彼女は年齢の割には巨乳の持ち主で、襟の隙間から胸の谷間を覗くことができた。 中学・高校時代は、叔母さんの巨乳見たさ…
【姉】バブル期に親が経営するスナックのお姉さんと 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/07/23 08:14
2017/07/23 08:14
:中1:2006/06/02(金)12:49:40ID:anD3PZqP0 俺が中1の夏休みの時、両親がスナックを経営していて、当時はバブルの全盛期だったので 店の方も景気がよかった。それで店の従業員(チーフ1人(男30前後) 女の子4人(20代前半) と俺の家族(父、母、俺、妹2人(小5,小4)で旅行に行こう!ということになった。 俺は反抗期の全盛期で行きたくなかったが、親父に無理やり連れて行かされた。 旅行と行っても海水浴がメインで近くの旅館に泊まって飲食いして翌日帰るという程のものだった。 当日は店に集合だった。チーフとは面識はあるが、従業員のお姉さん達とは初対面だった。 2人は普通…
【レイプ・痴漢】母娘に種付け 【エッチな体験談・レイプ、強姦】【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2016/12/31 05:34
2016/12/31 05:34
向かいのマンションの人妻彩子36歳に強制種付けをしてやった。 旦那は東南アジア某国に単身赴任中、中学1年の娘がいる。27日が排卵日である確率が高いことは事前の調べで解っていた。娘も友人宅に外泊。 チャンス到来、そこで昨日26日深夜強制種付けを決行したのだ。深夜、合い鍵で堂々と侵入。 (不用心にもポストの裏側に磁石で留めてあるのを知っていたので、コピーするのは簡単だった) 奥さんの入浴中を狙ったタイミングだ、直ぐには出てこない。まるで俺のために肉体を清めているように思えて勃起した。俺は奥さんの寝室に侵入すると、衣類を脱ぎ全裸になり、ベットに奥さんを辱める為の道具を準備した。そして、寝室の扉の死…
★テレクラの相手が同じ団地の奥さん
2016/06/02 20:03
2016/06/02 20:03
 パチンコにするか?、テレクラにするか? 悩みながらパチで負けるならと久々のテレクラに。昼前に入りひっきりなしのコール
何本目かのコールで、ホ別1・5で逢うことになった人妻で、名前が佳菜子さんとの事。

 服装、持ち物などを確認し合い待ち合わせ場所に。聞いていた格好の女性を見付け??同じ団地の同じ階に住んでいる、○○さんの奥さん。私も佳菜子さんも目がテン。名前は知っていたがまさかの。
 お互い戻るに戻れずに。無言が続き無かった事にしようかと思った矢先に、佳菜子さんから行きましょうの一言が出ました。タクシーを拾い、ホテルに近いコンビニで降り歩いてイン。互いにシャワーを浴びベットへ・・

 気…
【痴漢体験談】私の言いなりになった奴隷妻
2015/11/13 02:54
2015/11/13 02:54
5年前、私は妻と結婚した。私30歳、妻25歳で友人の紹介で知り合った。 妻は育ちも良く、有名大学を卒業する位のお嬢様。若い時には、キャンギャルの仕事をしていた位、スタイルは抜群だった。結婚1年後には、子供も授かり私も出世し何不自由に無い生活を送っていた。子供が5歳を迎える頃でしょうか?妻が夜の行為を拒む様に・・・。週1回程度で行われていた夫婦生活、それが半年も拒まれたんです。 妻の浮気を疑いました。私は会社、子供は幼稚園と専業主婦の妻は9時~14時の間はフリーな時間でした。確かに最近の妻は服装も派手目で、下着も・・・元々お洒落だった事もあり、気づくのが遅かったと思います。私は探偵を雇い、妻の…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・義姉がエッチすぎる 続続続編

・迷子と偽って近づいてきた少年が豹変して僕の母親をレイプした

・私の体を知り尽くした彼の、乱暴で緻密な愛撫で・・・

・濡れた添乗員のお姉さんと正常位でセックスした話

・【衝撃】ヤリマン女子大生だが質問ある?

・思春期の頃、互いにオカズにしてた姉と

・■セフレは信金の営業担当

・社員旅行でキモイ奴に弱みを握られてレイプされてしまいました…

・本屋で出会った不倫願望の人妻

・社員旅行で夜這いされて、浮かれて何回もした私

・淫乱人妻が寝取られ・中出し不倫

・義姉がエッチすぎる 続続編

・【人妻体験談】オチンチンを勃起させながら土下座してSEXさせてくれと頼んでくる息子

・「どこで何をしててもいつか必ず会えるってわかってるから、全然つらくない。その日が来るまでがんばる」

・妻の出産に立ち上がったらドン引きしてインポに・・・

・【熟女体験談】女性に対してコンプレックスを持つ童貞が美熟女ソープ嬢に非日常的な体験をさせてもらい超感謝

・義姉がエッチすぎる 続編

・【男×男】美しい僕に嫉妬した女友達の報復

・中学時代の女友達を泥酔レイプ

・奥さんの裸にエプロン

・ネカフェで手コキフェラしてくれる先輩OLとの話

・会社の色んな場所でエッチなことしまくった

・■心電図の測定で脱がされた体験談

・帰国前の留学生に子種がないと嘘をついて中出し【SEX体験談】

・二人の姉と妹。そして・・・。 続続編

・残業中上司にレイプ気味に襲われたけど断れなかった

・【裏山】アイドルと付き合ってたことあるけど質問ある?

・姉のマッサージ 2

・泊まりがけの懇親会で酔い潰れて全く起きない先輩美人社員をこっそりレイプ

・出会い系で銀行員の奥さんつかまえて中出しwww