寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

清純派の典型みたいな彼女は、ドヤンキーだった

2017/01/12 18:00


今から7年前、俺はある病院の事務職に何人かの男女と一緒に契約職員として採用された。
最初は研修期間で、新人同士一緒に行動することもあって、すぐにみんなと仲良くなったんだけど、その中で一人、ずば抜けて美人がいたのね。

長い黒髪が印象的な『さや』って名前のその人は、清純派の典型って感じの女性で、誰が見ても一目置くような美人。
芸能人で言うと国仲涼子っぽい感じだった。



さやは俺たち新人同士の中でも一番まじめで、仕事を覚えていくのも一番早かった。
それに誰にでも気さくに話し掛ける優しい人で、俺がそんな彼女に惚れるのにさほどの時間はかからなかった。
清純派の美人でまじめで優しくて・・・。
恋愛経験ゼロの当時20歳そこそこの俺にすれば、理想の女性がそのまま現れたって感じだった。
ふんわりと優しくて、そしてどこか寂しげな笑顔に惚れてしまったんだね。

一緒に入った男のスタッフ(彼女持ち)の後押しを得たりしながら、最初はできるだけ仕事を一緒にすること、昼食を一緒にとることなどを通じて何とか彼女と距離を縮めようと必死の努力。
そんな俺の気持ちに気付いていたのかいなかったのかは知らないけれど、さやも優しく俺に接してくれて、いつしかお互いの距離は縮まって、仕事のこと以外も色々と話すようになってた。

色々あって、告白したのはそれから半年後。
仕事が終わって誰もいなくなった病院の待合ロビーで彼女と二人きりになったのを幸いに、思い切って勢いで告白。
彼女は一瞬驚いた表情をしてたけど、「ありがとう。こちらこそよろしくお願いします」って頭を下げてくれて、さやは俺の生まれて初めての恋人となってくれた。
夢のようだった。

付き合うようになると、さやが2つ年上だったこともあって、基本的に俺が彼女に甘えることが多かった。
デートなんかも一応は俺がプランを立てるけれど、結局は彼女にうまくリードされる形になってたし、初めてのキス、そしてセックスも、すべては彼女の手ほどきを受けて行ったものだった。

セックスの時なんか特に優しくリードしてくれて、本気で気持ちいいのかわからないけれど、「いいよ、すごく気持ちいいよ」って何度も俺の耳元で囁いてくれて、終わった後は、「嬉しい・・・幸せだよ。ありがとう」って涙流してた。
彼女は処女じゃなかったけれど、そんなの全く気にならなかった。

それから半年ほどした頃かな、なんかの話をきっかけに、俺は自分がいじめられっ子だったことを彼女に告白したのね。
喧嘩が弱くてビビりだった俺が学校のヤンキー連中にパシリにさせられたことや、トイレで全裸にさせられたこととか、思い切って全部話してた。
あと、今でもそいつらを恨んでて、ヤンキーのような連中が大嫌いな事とかも。
普段は誰にも言わないような話だったけれど、さやになら自然に話すことができた。
俺の告白に彼女は、「そうなんだ・・・」って小さく呟くと、俺をそっと抱き締めてくれて、あとは黙ったままだった。
内容が内容だけに返事がしづらかったんだろうと思う。
そのあと、そのまま彼女に誘われる形でセックスした。

でも、この告白以降、彼女との関係が妙にぎくしゃくしたものになってきた。
俺の気のせいだったのかもしれないけれど、彼女の方が俺にどう接したらいいのか判らないという感じで距離をとるようになってきたのね。

(余計なこと言ったかなあ)

俺の過去を聞いて彼女がどん引きしてると思って後悔し始めてた頃、さやの自宅に招かれた。
家に着くと彼女は珍しく深刻な表情をして、やや俯き加減でじっと座ってる。
すごく重たい空気が充満してた。

(どうなるんだろう・・・『別れたい』って言われるのかな・・・)

不安で胸がいっぱいになってきた頃、彼女は重い口を開いた。

「私、あなたにお話しないといけないことがあります」

(ああ、終わった)

そう思って、もうなんて喋ったらいいのか判らず茫然としてると、彼女は俺の前にアルバムを持ってきて、そして静かにそれを広げた。
そこにはいわゆるレディースのチームなんだろう特攻服を着た典型的なDQNの女たち。
ヤンキーの男たちも一緒に写り込んでる写真もあった。
けど俺は放心状態だから内容が頭に入らなくて、ぼうっとしたままでいると彼女が思い切ったように静かにこう言った。

「ここに写ってるの・・・私です・・・」

最初意味がわかんなくて俺はきょとんとしてたけど、時間が経ってきて彼女の言葉の意味がようやく呑み込めるようになってきた俺は、慌てて写真を見直す。
真ん中に写ってるバイクに乗ったレディースの前で、紫色の特攻服を着てヤンキー座りでカメラに向けて左手の中指を立ててるケバすぎる金髪女・・・。
一瞬判らなかったが、よく見るとそれは確かにさやだった。

「え!?」

俺がびっくりして声を上げると・・・。

「ごめんね・・・」

俺のことをじっと見つめながら、さやは涙をぽろぽろとこぼしてた。

「嘘?」

清純派で優しいさやと、この特攻服のケバい女が同一人物だとは簡単には信じられなかった。

「嘘じゃない・・・本当です・・・」

そう言ってさやは申し訳なさそうに俯いたまま、涙をぽたぽたと落としながら自分の過去を話してくれた。

小学校の時、両親が離婚して母親に引き取られ、母親が別の男と仲良くするようになり始めたころからグレ始めたこと。
中学校に入る頃には誰からも一目置かれるような悪になってたこと。
気に入らない人間はトイレに呼び出したりして、俺がされたのと同じように全裸にしたりして容赦ないリンチを加えていたこと。
そしてそのままいつの間にかレディースに所属してたこと。
それは俺がまったく知らない話ばかりだった。

男性関係も相当乱れたものがあって、“だらしなくてみっともない、いい加減な毎日”を過ごしていたらしいけど、ある日、レディースの先輩が覚せい剤の打ち過ぎでショック死してしまったのを知ってから、それまでの自分の在り方に疑問を持つようになり、結局はレディースを脱退。
それからは地元で色々バイトをして、数年かけてお金を貯めると親元を離れて心機一転、一からがんばろうと思い、この病院に就職。
そして今日に至る、という事らしかった。

彼女曰く、「いつか言わないといけないと思ってたけど怖くて言えなかった。けどあなたの過去を聞いてしまって、自分の過去を話さないわけにはいかないと思った」らしい。

「あなたの苦しみを思うと、すごく申し訳なくてどうしたらいいのか分からなくなった」と、こうして思い切って告白をしてきたらしい。

予想外の彼女の告白にこっちは言葉が見つからなくてね。
その後はお互い黙ったまんま。
ただ彼女のすすり泣く声だけが部屋の中に響いてた。
それからどれほどした頃かな、涙を拭きながら彼女が言うんだ。

「嫌だよね、こんな女」

「え?」って俺が聞き返すと・・・。

「カワイ子ぶってたけど本当は元ヤンで、昔あなたを苦しませた人と同じことやってたような最低の女だもんね・・・」

そう言うとさやは、何でか知らないけれど笑顔で言うんだ。

「別れよっか?」って涙をこぼしながら・・・。

どうも彼女の中では決意が固まっていたようで、ヤンキーに恨みを持つ俺に自分が嫌われるのは当然で、別れるしかないと思ってたらしかった。
けど、俺からしたらその展開の方がとんでもないわけで、だから俺は言ってやったんだ。

「なんでそうなるんだ?」と。

さやは泣きながら言った。

「だって嫌でしょ?私ヤンキーだったんだよ?あなたに酷いことした人たちと同じなんだよ?あなたに許してもらえるわけないよ」

確かに俺が過去の出来事からヤンキー嫌いなのは間違いなかったけど、さやのことを嫌いになるなんてこれっぽちもなかった。
元ヤンだったのはショックだったけど、俺にとってさやは生まれて初めての恋人で、優しい女性だった。
何より、今こうして自分の過去を恥じて、俺に申し訳ないと頭を下げてくれるような人だった。
そんな彼女を元ヤンだからってだけで捨てられるか?
みっともない話だけどね、俺は気がつくと彼女のこと思いっきりビンタしててね。
その後、俺も泣きながら言ったんだ。

「何で別れないといけないんだ!俺に申し訳ないと思うならこれからもずっと一緒にいてくれよ!」

相手の弱みにつけ込むような最低のセリフだったと思う。
けどね、これがこの時の俺の偽らざる本音。
俺にビンタされたさやはびっくりしたような表情で俺のこと見てたけど、俺は泣きながら続けた。

「俺にとってさやは生まれて初めて恋人になってくれた美人で優しくて最高の女なんだよ!何で元ヤンだってだけで別れられるんだ!!」

仕事でわからないことがあると手とり足とり優しく教えてくれるさや。
デートの時、退屈だったかもしれないのに、いつも「一緒にいると楽しいね」と嬉しそうにしてくれるさや。
俺が生まれて初めてキスする時、信じられないほど大人っぽく色っぽくリードしてくれたさや。
セックスする時、俺の下手な技を笑うことなく、「上手だよ。すごく気持ちいい」と言ってくれて、すべてを教えてくれたさや。
終わった後も俺のことをおっぱいで包み込むようにして、ずっとずっと優しく抱き締めてくれたさや・・・。
そんな彼女を元ヤンだというだけで、別れられるわけがなかった。
これからも一緒にいてくれないと俺は無理だ、そう思った。
彼女なしの生活なんて考えられなかった。

俺のありったけの想いを泣き叫ぶようにして告白すると、そのまま俺は、びっくりしたままの表情で俺のことを見つめる彼女を思い切り抱き締めて、乱暴にキスをして…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【レイプ】2/2)旦那がいるのにレイプされた巨根男のセックスにハマってしまったエッチ体験談
2016/02/09 04:25
2016/02/09 04:25
1/2)旦那がいるのにレイプされた巨根男のセックスにハマってしまったエッチ体験談 続編 あれから男をマンションの自宅に迎え入れたのは、今日で5回目になります。男の言うように、私は男の訪問を拒むことができず、ズルズルと淫らな関係を続けてしまいました。そして、回を重ねるごとに、この憎き男によって、女としての悦びをさらに深く、教え込まれているのです。「さあ、お前も脱げ。今日は一緒に入るぞ。」お風呂に一緒に入ることを命じられたのは、この日が始めてでした。「いえ、私は朝、シャワーを浴びましたから・・・」私は苦しい言い訳をして、何とか男と一緒に入ることを避けようとしました。なぜなら、この男がただ一緒に…
★パチ後にキャバ嬢と楽しい一時を
2017/01/24 00:22
2017/01/24 00:22
 円光でエッチしちゃった!先月末、会社3日間休んで早朝から並んでパチンコの新台打ったけど、思った以上に成果を挙げられて…最終日、8時くらいに切り上げて繁華街から少し外れてたキャバクラに向かった。

 昔よく通ってた店、当時は賑ってたけどその日は閑散としてて客よりキャストの方が多い感じ、フリーで2人位入れ替わって3人目に着いた子、リサって名前、ヤンママっぽいキツイ顔立ちの女あえて歳は聞かなかったけど30いってるかな?って感じ、年増だしタイプの顔じゃないけどいいスタイルしてて…
 細くて切れ上がった長い脚、ケツも小ぶりで垂れてないし全体無駄な肉一つついてない感じグラスに酒注ぐ時ドレス越しにレー…
H体験談。。嫁を高校生の甥っ子とセックスさせてみた 続17編
2016/09/22 16:31
2016/09/22 16:31
前編は以下のとおり嫁を高校生の甥っ子とセックスさせてみた 続14編嫁を高校生の甥っ子とセックスさせてみた 続15編嫁を高校生の甥っ子とセックスさせてみた 続16
不動産の営業できた可愛い声の里奈ちゃんを家に上げてみた 1
2016/02/09 21:59
2016/02/09 21:59
482名前: えっちな18禁さん  Mail: 投稿日: 2012/05/28(月) 14:49:51.17 ID: xCPF31cO0 文才ないもんで読みづらかったらすまない もう3年くらい前なんだが当時一人暮らししてるアパートの近くにマンションが建設されててそこの不動産会社の営業が来た時の話 土曜日の昼すぎ、特に用事もないのでテレビを見てたらインターフォンがなり白黒画面ではっきりは見えないが若い感じの子が立っていたので普段は居留守をするんだけど暇だからまぁいいかと思いドアフォンで話してみると「近くのマンションのご案内です、チラシを見てちょっとお話だけでも」ちょっと…
母の成人祝い
2016/03/29 09:00
2016/03/29 09:00
夕べ、母と姉が1日早い成人式をやってくれた。
俺の家は父43歳、母42歳、姉22歳、俺20歳の4人家族だが、父はタイに単身赴任中。豪華な食事のとき、「お酒はないの。」と聞いたら母が少しだけ出してくれた。
「これっぽっち。」と、愚痴をこぼすと「後でいいことあるから。お酒はほどほどに。」
と、母が姉と顔を見合わせ言っていた。
食事が終わるとこれまた豪華なスイーツが出てきた。


やはり二人はスイーツ通、抜かりはなかった。
デザートが終わると強引に風呂に入るように言われしかたなく入ったが、これで寝かされたら怒ってやると思った。
俺のあと母も姉も交代で風呂に入り、…
先に寝た女友達のおっぱいとアソコを堪能したエッチ体験【エロ体験告白】
2016/02/17 10:17
2016/02/17 10:17

女友達のミコとチエと俺の3人で飲んだ時の話。

ミコとチエは高校時代からの親友同士で、俺は共通の友人(男)を通じて2人と仲良くなり、いつからか2人とは恋愛の相談をしたりする事で、だんだんと3人で飲む事が多くなっていった。

その日はミコが振られたばかりだった事に加え、次の日が3人とも休みだったのと場所が店ではなく俺の家だった事もあって、いつも以上に飲んだ。

ミコは強いがチエはそんなに強くなくて、途中からいつになくテンションが上がり、普段はあまり話したがらない彼氏(チエにとって初めての彼氏)の事なども話し出した。

ところが、振られたばかりのミコはどうやらそれが気に食わないらしく、わざとエ…
国語の授業中に寝たことで、国語教師(女)に朝まで犯された
2015/12/16 22:21
2015/12/16 22:21
中学の時 家が貧乏だったので 朝と夕方の新聞配達してました。
中学生は朝刊と夕刊のアルバイトは禁止らしく 別々の販売店でバイトしてたんですが当然授業中は眠い日もあり ある日国語の時間に寝てしまいました。

国語の先生は 赴任して2年目の川村よしえ先生で 僕らの担任も受け持ち若く綺麗で 長い黒髪のおかげも有ったようで生徒の間では大人気でした。

寝てしまった国語の時間は5時間目とゆうこともあり 放課後職員室に来るよう言われ下校前によしえ先生のところに行きお説教されてしまいました。
説教のあと 先生の授業の進め方に問題があるのか?と落ち込んでしまったのでバイトの事を正直に言ってしまって 一…
【レイプ体験談】露出、レイプ、獣姦、虐待、全部。被害者は神木似のノースリーブ美少年
2015/09/23 18:53
2015/09/23 18:53
2007/10/08 09:36┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:一撃代筆 スーパードッジ(体育祭) おれはスーパードッジというものをやっていて投げるボールが平たくなるくらいの球を投げる事が出来る。だが、そんな事をみんなは知らない。そんな中、1?3年混合の体育祭。オレがスーパードッジをやっている事など知らないみんながドッジボールを選択。俺は別クラスにいる超がつくほどの美少年に恥ずかしい思いをさせてやる事にした。そいつは背が低く、顔は女顔、色白。神木隆之介だと思えばいいだろう。そいつは意外にもスポーツ万能だ。性格はボーっとしているようでいて、案外しっかりしてやがる。誰にでも優しい。典型…
美由紀
2015/10/04 03:05
2015/10/04 03:05
運動部の応援の帰り道・・・美由紀 さん中学1年生の6月のことです。 このころは、名前を忘れましたが、中学校で運動部の試合の予選大会が市内の色々な場所であります。 私は前にも書いたように文化部だったので、試合には出ず、選手の応援をすることになっていました。 大体こう言う大会は5日程度続きますが、応援の3日目のことです。 私の学校の野球部がこの年は調子がよく、準決勝まで進みました。 この日は、その準決勝の試合の応援をすることになっていました。 集合は、運動公園の球場に9:30だったと思います。 しかし、この日はすごいぐずついた天気でいつ雨が降ってもおかしくない天気でした。 私が家を出るときはまだ雨…
【エッチ体験談】息子の同級生の母親に中出しした野外体験談
2016/08/12 02:24
2016/08/12 02:24
中学2年の子供の部活仲間で

先週の金曜の夜に飲み会をしました。

いつも仲良くしている人がいて、

その人は42歳なのですが、バツ1で

私と良く意見の合う人です。

1次会を6人でやった後、帰る方向が一緒なので

「一緒に近くまで」と一緒に歩きながら帰り始めたのですが、

帰る途中に小さな公園があり「酔い覚ましに」と

彼女がペットボトルを近くのコンビニで買ってくれたので、

二人で公園に入りベンチで座りながら

日頃のことを話しながら休みました。 ふと公園の蛍光灯で見る彼女の素敵なそぶりを見ていると、

とても40代の女に見えない生き生きさを感じ、

思わず彼女にふざ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【いとこ】従姉と一緒にお尻ぺんぺん【エッチな体験談 近親相姦体験談】

・【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】母が犯されているのに、僕は・・・

・ついに彼がバイブとローターを買ってきた

・元ジュディマリのYUKI似の同僚とバックでヤリまくった話

・30手前の控えめな会社のOLをドMにしていった【エッチ体験談】

・【姉】友達の姉ちゃん 【エッチな体験談 近親相姦体験談】

・デカパイな嫁のママ友に挟んでもらいながらのH

・【Hな体験】カラオケで女友達とベロチューしたら止まらなくなった

・兄妹モノのエロ動画を観ていた兄

・彼女に後輩を誘惑させた

・★高速のPAでドアを突然ノックされた・・1/2

・★高速のPAでドアを突然ノックされた・・2/2

・イタリア娘を酔わせて食った【エッチ体験談】

・【母】母娘どんぶり 【エッチな体験談 近親相姦体験談】

・忘年会の後生理中の女友達に中出し

・手術前、タマまで剃毛してしまったナース

・【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】炊き出しボランティア

・巨乳メガネっ娘A美先輩の手コキ

・巨根に欲情したらしく、妻はあっさりと寝取られてしまいました

・同期の女の子とお互いに浮気関係でセックス

・俺はたぶん二度と風俗に行かない【エッチ体験談】

・【近親相姦】『ある愛の詩』【体験談】

・姉と姉の友達に絶頂を見てもらった

・【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】写真、出回る

・彼の手が太股に触れてきたとき、私はもう濡れていました

・【熟女体験談】妻の紐パンティを脱がす悪戯に目覚めた息子

・★大学のゼミ合宿のときのエロは最高

・好きだった同期の女子がトイレでパイズリ

・【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】アダルト映画館

・妊婦に中出し