寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

清純派の典型みたいな彼女は、ドヤンキーだった

2017/01/12 18:00


今から7年前、俺はある病院の事務職に何人かの男女と一緒に契約職員として採用された。
最初は研修期間で、新人同士一緒に行動することもあって、すぐにみんなと仲良くなったんだけど、その中で一人、ずば抜けて美人がいたのね。

長い黒髪が印象的な『さや』って名前のその人は、清純派の典型って感じの女性で、誰が見ても一目置くような美人。
芸能人で言うと国仲涼子っぽい感じだった。



さやは俺たち新人同士の中でも一番まじめで、仕事を覚えていくのも一番早かった。
それに誰にでも気さくに話し掛ける優しい人で、俺がそんな彼女に惚れるのにさほどの時間はかからなかった。
清純派の美人でまじめで優しくて・・・。
恋愛経験ゼロの当時20歳そこそこの俺にすれば、理想の女性がそのまま現れたって感じだった。
ふんわりと優しくて、そしてどこか寂しげな笑顔に惚れてしまったんだね。

一緒に入った男のスタッフ(彼女持ち)の後押しを得たりしながら、最初はできるだけ仕事を一緒にすること、昼食を一緒にとることなどを通じて何とか彼女と距離を縮めようと必死の努力。
そんな俺の気持ちに気付いていたのかいなかったのかは知らないけれど、さやも優しく俺に接してくれて、いつしかお互いの距離は縮まって、仕事のこと以外も色々と話すようになってた。

色々あって、告白したのはそれから半年後。
仕事が終わって誰もいなくなった病院の待合ロビーで彼女と二人きりになったのを幸いに、思い切って勢いで告白。
彼女は一瞬驚いた表情をしてたけど、「ありがとう。こちらこそよろしくお願いします」って頭を下げてくれて、さやは俺の生まれて初めての恋人となってくれた。
夢のようだった。

付き合うようになると、さやが2つ年上だったこともあって、基本的に俺が彼女に甘えることが多かった。
デートなんかも一応は俺がプランを立てるけれど、結局は彼女にうまくリードされる形になってたし、初めてのキス、そしてセックスも、すべては彼女の手ほどきを受けて行ったものだった。

セックスの時なんか特に優しくリードしてくれて、本気で気持ちいいのかわからないけれど、「いいよ、すごく気持ちいいよ」って何度も俺の耳元で囁いてくれて、終わった後は、「嬉しい・・・幸せだよ。ありがとう」って涙流してた。
彼女は処女じゃなかったけれど、そんなの全く気にならなかった。

それから半年ほどした頃かな、なんかの話をきっかけに、俺は自分がいじめられっ子だったことを彼女に告白したのね。
喧嘩が弱くてビビりだった俺が学校のヤンキー連中にパシリにさせられたことや、トイレで全裸にさせられたこととか、思い切って全部話してた。
あと、今でもそいつらを恨んでて、ヤンキーのような連中が大嫌いな事とかも。
普段は誰にも言わないような話だったけれど、さやになら自然に話すことができた。
俺の告白に彼女は、「そうなんだ・・・」って小さく呟くと、俺をそっと抱き締めてくれて、あとは黙ったままだった。
内容が内容だけに返事がしづらかったんだろうと思う。
そのあと、そのまま彼女に誘われる形でセックスした。

でも、この告白以降、彼女との関係が妙にぎくしゃくしたものになってきた。
俺の気のせいだったのかもしれないけれど、彼女の方が俺にどう接したらいいのか判らないという感じで距離をとるようになってきたのね。

(余計なこと言ったかなあ)

俺の過去を聞いて彼女がどん引きしてると思って後悔し始めてた頃、さやの自宅に招かれた。
家に着くと彼女は珍しく深刻な表情をして、やや俯き加減でじっと座ってる。
すごく重たい空気が充満してた。

(どうなるんだろう・・・『別れたい』って言われるのかな・・・)

不安で胸がいっぱいになってきた頃、彼女は重い口を開いた。

「私、あなたにお話しないといけないことがあります」

(ああ、終わった)

そう思って、もうなんて喋ったらいいのか判らず茫然としてると、彼女は俺の前にアルバムを持ってきて、そして静かにそれを広げた。
そこにはいわゆるレディースのチームなんだろう特攻服を着た典型的なDQNの女たち。
ヤンキーの男たちも一緒に写り込んでる写真もあった。
けど俺は放心状態だから内容が頭に入らなくて、ぼうっとしたままでいると彼女が思い切ったように静かにこう言った。

「ここに写ってるの・・・私です・・・」

最初意味がわかんなくて俺はきょとんとしてたけど、時間が経ってきて彼女の言葉の意味がようやく呑み込めるようになってきた俺は、慌てて写真を見直す。
真ん中に写ってるバイクに乗ったレディースの前で、紫色の特攻服を着てヤンキー座りでカメラに向けて左手の中指を立ててるケバすぎる金髪女・・・。
一瞬判らなかったが、よく見るとそれは確かにさやだった。

「え!?」

俺がびっくりして声を上げると・・・。

「ごめんね・・・」

俺のことをじっと見つめながら、さやは涙をぽろぽろとこぼしてた。

「嘘?」

清純派で優しいさやと、この特攻服のケバい女が同一人物だとは簡単には信じられなかった。

「嘘じゃない・・・本当です・・・」

そう言ってさやは申し訳なさそうに俯いたまま、涙をぽたぽたと落としながら自分の過去を話してくれた。

小学校の時、両親が離婚して母親に引き取られ、母親が別の男と仲良くするようになり始めたころからグレ始めたこと。
中学校に入る頃には誰からも一目置かれるような悪になってたこと。
気に入らない人間はトイレに呼び出したりして、俺がされたのと同じように全裸にしたりして容赦ないリンチを加えていたこと。
そしてそのままいつの間にかレディースに所属してたこと。
それは俺がまったく知らない話ばかりだった。

男性関係も相当乱れたものがあって、“だらしなくてみっともない、いい加減な毎日”を過ごしていたらしいけど、ある日、レディースの先輩が覚せい剤の打ち過ぎでショック死してしまったのを知ってから、それまでの自分の在り方に疑問を持つようになり、結局はレディースを脱退。
それからは地元で色々バイトをして、数年かけてお金を貯めると親元を離れて心機一転、一からがんばろうと思い、この病院に就職。
そして今日に至る、という事らしかった。

彼女曰く、「いつか言わないといけないと思ってたけど怖くて言えなかった。けどあなたの過去を聞いてしまって、自分の過去を話さないわけにはいかないと思った」らしい。

「あなたの苦しみを思うと、すごく申し訳なくてどうしたらいいのか分からなくなった」と、こうして思い切って告白をしてきたらしい。

予想外の彼女の告白にこっちは言葉が見つからなくてね。
その後はお互い黙ったまんま。
ただ彼女のすすり泣く声だけが部屋の中に響いてた。
それからどれほどした頃かな、涙を拭きながら彼女が言うんだ。

「嫌だよね、こんな女」

「え?」って俺が聞き返すと・・・。

「カワイ子ぶってたけど本当は元ヤンで、昔あなたを苦しませた人と同じことやってたような最低の女だもんね・・・」

そう言うとさやは、何でか知らないけれど笑顔で言うんだ。

「別れよっか?」って涙をこぼしながら・・・。

どうも彼女の中では決意が固まっていたようで、ヤンキーに恨みを持つ俺に自分が嫌われるのは当然で、別れるしかないと思ってたらしかった。
けど、俺からしたらその展開の方がとんでもないわけで、だから俺は言ってやったんだ。

「なんでそうなるんだ?」と。

さやは泣きながら言った。

「だって嫌でしょ?私ヤンキーだったんだよ?あなたに酷いことした人たちと同じなんだよ?あなたに許してもらえるわけないよ」

確かに俺が過去の出来事からヤンキー嫌いなのは間違いなかったけど、さやのことを嫌いになるなんてこれっぽちもなかった。
元ヤンだったのはショックだったけど、俺にとってさやは生まれて初めての恋人で、優しい女性だった。
何より、今こうして自分の過去を恥じて、俺に申し訳ないと頭を下げてくれるような人だった。
そんな彼女を元ヤンだからってだけで捨てられるか?
みっともない話だけどね、俺は気がつくと彼女のこと思いっきりビンタしててね。
その後、俺も泣きながら言ったんだ。

「何で別れないといけないんだ!俺に申し訳ないと思うならこれからもずっと一緒にいてくれよ!」

相手の弱みにつけ込むような最低のセリフだったと思う。
けどね、これがこの時の俺の偽らざる本音。
俺にビンタされたさやはびっくりしたような表情で俺のこと見てたけど、俺は泣きながら続けた。

「俺にとってさやは生まれて初めて恋人になってくれた美人で優しくて最高の女なんだよ!何で元ヤンだってだけで別れられるんだ!!」

仕事でわからないことがあると手とり足とり優しく教えてくれるさや。
デートの時、退屈だったかもしれないのに、いつも「一緒にいると楽しいね」と嬉しそうにしてくれるさや。
俺が生まれて初めてキスする時、信じられないほど大人っぽく色っぽくリードしてくれたさや。
セックスする時、俺の下手な技を笑うことなく、「上手だよ。すごく気持ちいい」と言ってくれて、すべてを教えてくれたさや。
終わった後も俺のことをおっぱいで包み込むようにして、ずっとずっと優しく抱き締めてくれたさや・・・。
そんな彼女を元ヤンだというだけで、別れられるわけがなかった。
これからも一緒にいてくれないと俺は無理だ、そう思った。
彼女なしの生活なんて考えられなかった。

俺のありったけの想いを泣き叫ぶようにして告白すると、そのまま俺は、びっくりしたままの表情で俺のことを見つめる彼女を思い切り抱き締めて、乱暴にキスをして…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
30才記念に
2015/10/15 16:56
2015/10/15 16:56
円で30才記念に、どうせなら普通にソープで筆おろしするよりこっちのほうがと思った。 見た目ギャルっぽくて適当にあしらわれそうだったけど 話してみたら、か弱くて控えめな子だったので思いっきりガッツいたのを覚えてる。 キモがって我慢してる感じが伝わってきたのだが逆に萌えて興奮した。 ちなみに最初の一発はキスしながらウチモモに擦り付けてたら射精してしまったw 最初、ベッドに座ってお金渡したら相手がうつむくような仕草してきたので 近寄ってキスしようと遠慮気味に顔を近づけたら口を向けてきたのでキスした。 といってもディープキスとかやっていいのかよくわかんなかったしフレンチ気味に。 相…
某出会い系で知り合った16歳年下の女の子は生中し放題のイイ女wwwwwwww
2016/06/14 18:02
2016/06/14 18:02
半年前くらいかな

某出会い系で知り合った20歳の女性とメル友になれた。

俺より16歳も年下。

写メはゲット出来なかったけど、

直アドを結構早い段階でゲット。

毎日の様にメールしてた。

メール内容は、「会おう」とかじゃなく、

「おはよう」「仕事いってきます。」「お疲れ~」とかの普通の感じで。

だって、年の差が有り過ぎだもん。

ちょっとは下心有ったけど、

メールできるだけで若返った気分だった。

その子は、俺と同じく大阪在住で、名前は『アイ』

俺はサービス業のマネージャーをしていて、アイも同業種だった。

お互いの仕事に共通することが多く、グチとかもメールで話してた。

母親は好みのタイプの女性
2016/04/21 22:56
2016/04/21 22:56
竜一は母親、保子と二人暮らし。住んでいる所は小さなアパート。二人の禁断の愛が始まったのは、去年の十二月の初めてからだ。あれから四ヶ月が過ぎ。今は春の時期。竜一は中学一年生。今でも、二人はラブラブラブだ。ある日曜日、二人で桜の花見へ出かける事になり。丁度、母、保子の下着姿が彼の目に映る。彼女は着替える所だった。竜一は凄く興奮した。「母ちゃんは白いパンツをはいている。それに、ふっくらした形と白さがたまらない。母ちゃんがスカートをはいたまま、この部屋の畳みの上に腰を下ろせば、どうしてもスカートの中からパンツが見えるもんなあ。」そう思いながら、大好きな母親の下着姿を見ていた。保子が白さブラウスに、水色…
【痴漢】処女捨てようと思って男誘った 【アカン】
2015/11/06 04:59
2015/11/06 04:59
1以下、VIPがお送りします 投稿日:2012/01/16(月)19:25:49.16ID:FbVi8n3e0 こんばんわ ちょっと暇つぶしがてらに書いていくw 7以下、VIPがお送りします 投稿日:2012/01/16(月)19:33:12.20ID:FbVi8n3e0 駄文長文は許してくださいmm スレを開いたのもなにかの縁、最後までお付き合いくださいませませmm 14以下、VIPがお送りします 投稿日:2012/01/16(月)19:39:08.43ID:P+namPeM0 過去2年間オレは処女5人食ったったwww   21以下、VIPがお送りしま…
焦らしまくって可愛いOLにおまんこと淫語を言わせるドS男
2016/05/23 13:38
2016/05/23 13:38
とある会社で働いていた頃のエロバナ

ある月初めの週末、おれは客先での打ち合わせを終え、

会社へ戻らず自宅に直帰していたところ、

週末に自宅で目を通すつもりでいた資料を会社に忘れたことに気が付いた。

資料は週明け早々に使うものだったので、

おれは面倒だったけど資料を取りに会社へ戻ることにして、

まぁこの時点では会社に同僚でも残っていれば、

ついでに晩飯でも一緒に食べて帰ればいいかぐらいに考えていた。

ところが会社に戻ってみると、

月初めの週末のせいかほとんどの社員はすでに帰宅してしまっていて、

ガランとしたフロアに残っていたのは

数年前に定年になったあと嘱託として会…
【童貞エッチ体験談】マネージャーに看病された時
2016/01/03 20:48
2016/01/03 20:48
当時俺はFラン大学の陸上選手だった。 ちなみに俺は長距離で、駅伝に出れるような大学ではないのだが、練習は厳しかった。 そして大学3年の夏に合宿があるのだが、そこで事件(?)は起きた。 部員は20数名。マネージャーは女の子3人と学生トレーナー1人。 井の中の蛙なのだろうが、俺はその部の長距離では先輩の一部を除いては一番早かった。 といっても、大学内では有名でもなく、彼女もいない。もちろん童貞。 何度かOBの先輩方にそういうお店に連れて行ってもらえる機会があるのだが、行けるのは上級生の先輩数人だけ。 興味はあったが、性病が怖かったり、システムがわからないといったこともあったので自分では行かなか…
★派遣された福祉系専攻JDのマッサージ
2017/01/24 11:52
2017/01/24 11:52
 1ヶ月前くらいに、仕事で上京し会議に行った時にビジネスホテルへ泊まった時に、フロントへtelephoneして、マッサージを頼んだら、派遣された福祉系専攻JDがやってきて、全身マッサージをしてもらった。当初は「大丈夫かよ?‥」ってめちゃ不安がありましたけど(*_*)

 おやおや‥って感じで気持ちいい♪少なからずウトウトしちゃってたかも(*´ω`*)話し交わしながらマッサージも終わってJDが、部屋を後にする時に訳あって流れで、エッチしたんです。後ろから抱きしめただけで身体が敏感にピクンと反応する!
 首筋に愛撫しながら服を脱がしてる時も、ピクピク状態‥ブラとパンテイ姿にさせると、顔を紅潮…
知的で可愛らしい顔をした母は私にとって憧れの対象でした
2015/10/31 14:51
2015/10/31 14:51
歳のわりには若々しく知的で可愛らしい顔をした母は私にとって憧れの対象でした。

小柄で色白の肌をして豊かな胸を持った母を思い、自慰に耽る内に母を私の物にしたくなり、籠絡し自分の女にしました。

まず私が母に劣情を抱いている事を伝える為に、母の使用済み下着を精液で汚して洗濯籠に戻して置きました。




これで、私が母を性の対象として見ている事が母にも伝わったと思います。

翌日、母から何か言われるか心配していましたが、何事も無かった様に振舞っていました。

何回か同様の事を繰り返しましたが特に拒否する事も無く私の行動を受容する母を見て、葛藤しながらも私の劣情を受け容れる覚悟をし…
50歳になるまで独身でいてよかった【体験談】
2015/12/21 13:10
2015/12/21 13:10

私が妻と出合ったのは、私が不動産会社を経営していたところに彼女が賃料の支払いに来た時でした。

ただその時は未だ人妻の紀子31歳でした。
その後7年後ぐらいに住所変更の手続きに訪れた時、苗字が変わっていたので離婚したことが分かりました。

最初は余り気にもとめていなかったのですが、何度か紀子を見ているうちに石田ゆり子似でスタイルも良く、ウエストから大きなヒップにかけてのラインが魅力的な女性で、何とかして自分のものに出来ないか考え始めました。


そして意を決して来店した時にメアドを書いた手紙を渡しました。
その後3日後に連絡がきて紀子と食事に行く事になりました。
色々話をしていると子供が一…
期待するような展開には進まないと諦めてたママさんが人妻デリヘルで働いてたんだがwww
2016/03/19 22:02
2016/03/19 22:02
近所付き合いは長いんだが、

当初から俺はこの奥さんが気になって仕方なかったのだが、

最近はもう期待するような展開には進まないと諦めて普通に接していた。

その好みのママさんに似てるんだから、気にならない訳がなかった…

俺は、しばらく躊躇った後、出勤時間を確認して店に電話した。

まぁ、実際その時点ではWebの写真見ても、

メイクの仕方が普段と違ってたし、

顔も下半分くらいしか写ってなかった為、

まさかこんな所で働いてる訳ないなぁ、と8割方、別人だと思ってた。

ただ、似てるだけでも妄想で興奮出来ると思い予約を入れた。

一応、普段プライベートで使用してる携帯は、

その奥さんも知…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・人妻ナンパものAVに、妻に似ている女性が…【寝取られ・巨根】

・従姉妹が乳首に吸い付いてきた

・再婚相手の連れ子の成長と、抑えられない私の欲望[前編]

・【人妻体験談】小柄で巨乳なセールスレディが、枕営業をしかけてきて

・【熟女体験談】10歳も年下の同僚と情事の後、ランジェリー姿で寝る無防備な四十路の妻を愛おしく思う

・【レイプ・痴漢】【痴漢・痴女】婚約中の彼女が同僚と浮気【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・異動になるバイトの女の子

・新宿でナンパしたお姉さんは垂れ乳の風俗嬢

・繁華街でぶつかってしまった女の子と気があって処女をもらった

・近親相姦、娘とこうなったのは妻と性交中の地震でした

・禁忌な欲望に負けた私はパパを誘惑して中出しエッチ

・今の夫と元カレとのSEXどっちが燃える?

・★出会い系で縁があったOL

・【人妻体験談】妻の母を調教中

・【レイプ・痴漢】【痴漢・痴女】やまもとひろみ【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・おしくらまんじゅうで同級生が・・・射・・・

・【人妻・不倫体験談】妻の母に悪戯して楽しむ毎日

・予備校時代の彼女と所構わずSEX

・嫁の友達のEカップ女子に大量発射

・【乱交】女装させられて黒タイツ熟女2人に犯された

・【レイプ・痴漢】【痴漢・痴女】姉とシコタン 第2章 パンツ泥棒奮闘 編【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・金髪でヤリマンな黒ギャルの妹に包茎チンポを弄られ

・四つん這いにして乳を揉んだら愛液が床に垂れるくらい出た

・女友達を酔わせてホテルに連れ込んだ

・【レイプ・痴漢】【痴漢・痴女】姉とシコタン 第1章 手コキ 編【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・彼女と別れる原因になった出来事

・車の運転中に、チンコを触り、フェラチオをしてくる淫乱になった彼女【エロ体験談告白】

・オフィスレディが全裸で緊縛されたエロ画像を発見してしまった【エッチな話告白】

・商談がうまくいくように指導してやったら、後輩の女の子が超テクのフェラしてくれた

・見違えるほどフェラがうまくなった愛人との初エッチ【SEX体験】