寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

ついさっきまで友達だったのに

2017/01/12 17:49


まさに昨日、友達とやってしまった。

正確に言えば、元カレ。

元カレとは言っても、付き合っていたのは学生時代のほんの2ヶ月。

彼の優しさに素直になれなくて、2ヶ月の間キスすらせずに別れてしまった。

多少ぎくしゃくはしたものの友達として仲は回復し、卒業後もよく二人で遊んでいた。

その頃には「友達同士の方が私たちには合ってるんだよ」「お互い幼かったね」なんて笑い話にも出来た。

お互いに別の恋人も出来たり、相談し合ったり、すっかりいい友達だった。

最近転職をして、二人とも似たような勤務時間になったのを機に、また二人で遊んでいた。

昨日もお互い見逃した映画の話になり、その足でDVDを借りて友達の家に行った。

友達は椅子に座り、私は「そっちの方が楽だよ」と言われるまま、ベッドに寝転がりながらDVDを鑑賞した。

お互い男友達のような感覚だったから、全然気にならなかったし、深い意味もなかったと思う。

ラストシーンで涙ぐんだ私を、友達は笑いながら頭を撫でてきた。

頭を撫でられるだなんて、予想もしていなかった。

反応に困ってつい「馬鹿にしてるでしょw」と枕に顔を埋めた。

このときもまだ、単純にからかっていたんだと思う。

「なんで隠すの?こっち向いてよ」って、笑いながら肩に手をかけてきた。

「やだよ、もう」なんて頑なに背を向けていたら、強引に仰向けにさせられそうになった。

友達が片膝をベッドの縁にかけたのがわかった。

ギシ、と小さな音がして、布団が沈むのが伝わる。

さすがにちょっとまずいだろう。

「やめろ」なんて笑いながら、お返しに脇腹をくすぐった。

思いの外くすぐりに弱かった友達は、「うわ!」と大きな声を上げて、私の手を振り払おうとした。

そのまま友達はバランスを崩し、上半身が私の背中に覆い被さるようになってしまった。

ますますやばい。

動揺を悟られないように、「脇腹弱かったんだ?ごめんごめん」なんて誤魔化しながら、友達の体を押し返して起きあがろうとした。

しかし、私の意志に反して、そのまま抱きしめるように布団に押さえ込まれてしまった。

こんなに仲良くやっていたのに、体の関係を持ってしまうのはとても残念なことに思えた。

わずかな期待もなかったと言えば嘘になる。

その期待とやらが、一体何に対してなのかまでは考える余裕もなかったけれど。

だけど、それ以上に今の関係が歪んでしまうことが怖かった。

耳元で微かに友達の息づかいが聞こえる。

私の髪に鼻先をうずめ、匂いを嗅いでいるようだ。

「こら、いやらしいやつめ」なんてからかっても、友達は反応してくれない。

「だめだって、冗談になんないよ?」

すこし真面目に言っても、抱きしめた腕を解く気配はない。

どうにか踏みとどまりたかったのに、友達の唇が首筋に触れた。

ぴくっと体が反応した。

「だめだって・・・」

そこまで言いかけたが、私は思わず口を閉じた。

友達は私の反応を見逃さず、首筋に振れた唇が、ちゅっと首筋を吸い上げた。

口を開いたら情けない声が出てしまう。

そんな声を、そんな姿を、友達に晒すわけにはいかない。

それでも友達はお構いなしだ。

時折舌を這わせ、首筋を小さな湿った音を立てて、唇が滑って行く。

「ん・・・!」

とうとう声が漏れてしまった。

ふと、腕が解かれ、首筋から唇が離れた。

思いとどまってくれたかと思って仰向けに向き直ると、友達は無邪気ににこにこと笑っていた。

一瞬安堵したが、返ってきた言葉は予想外の物だった。

「・・・可愛い」

必死に声を我慢していた姿が、余計に友達を煽る結果になったらしい。

驚く私の口を覆っていた手を顔から剥がして押さえつけると、今度は上に跨って首に吸い付いてきた。

もう声が我慢できなくなってしまった。

普段は気丈に振る舞っているのに、女としての自分を見せていることに言いようのない恥ずかしさを感じた。

認めたくはなかったが、この状況に興奮し、脳の中心は痺れに似た感覚に支配されてつつある。

次に唇が離れたのは、キスをするためだった。

まだ躊躇するところがあって、恨めしげに睨め付けてやったのに、効果はなかった。

深い深いキスをしながら、友達の手が服の上から胸をまさぐる感覚に身をよじった。

友達は私の服をたくし上げ、指先が乳首に触れた。

一層呼吸が乱れる。

「だめ、そこ・・・」

その言葉を聞いてか、片方の乳首を指で弄ったまま、もう片方に吸い付いてきた。

こうなるともうだめだ。

すでに濡れてるのが自分でもよくわかった。

そこに友達の指が近づく。

思わず友達の首に手を回して、Tシャツをぎゅっと握る。

下着越しに友達の指が触れた。

布がぬるりとずれる感触に一段と恥ずかしさが増す。

「・・・すごい濡れてる」

友達が吐息のように呟いた言葉から、興奮しているのが伝わる。

「言わないでよ」

照れ隠しの台詞を憎たらしげに吐いても、Tシャツを掴む手は力が入ったままだ。

スカートを捲り上げられたまま下着を脱がされる。

指先は肝心な部分を避けて、粘度の高い体液の感触を楽しむように滑る。

ジリジリと焦らされて、緊張と興奮が高まる。

入り口で一瞬止まったかと思った指は、あっさりと中に入ってしまう。

内股と背中にぞわぞわと痺れが走り、思わず身をよじって両手で顔を覆う。

「隠すなって」

また手を剥されると同時に、挿入された指がゆるゆると動かされた。

「だめ、だめ・・・」

ああ、なんて情けない声だ。

友達の前でこんなにも乱れるなんて。

不意に指をストロークするスピードが上る。

冷静な振りをしようなど、そんな余裕はもう無かった。

そんな私とは対称に、友達は余裕を含んだ声音で、ん?と様子を伺ってくる。

段々と湿った音が大きくなる。

一際大きな声を上げそうになるのを、グッと唇をかんで堪えた。

「あ、すげぇ・・・」

彼が何かに気付いたように友達がゆっくり指を抜いた。

「なにか出たけど、なに?コレ」

人に尋ねているのに、それが何かわかっているような口振りだ。

薄明かりの中で、友達の指先から何かがポタポタと落ちるのが見えた。

そんなまさか・・・。

「違う、出てない!」

慌てて足の付け根を探ると、シーツまでぐっしょり濡れている。

潮を吹くときはいつもわかるはずなのに。

「出たよ。イッたときに」

意地悪そうに笑いながら指を見せつけつくる。

恥ずかしさに動揺する私をよそに、また友達の指は卑猥な音を立て、私を激しく弄ぶ。

続け様に3回もイかされた。

お互い全裸になり、友達が「入れていい?」と聞いてきた。

「ゴムは?」と聞いたら、困った顔をして「無い」と言う。

生ではしたくなかったが、どうしようか迷って、上に乗った。

「仕方ないなぁ」とベトベトになった股間を押し付けた。

素股の要領でゆっくりと腰を動かすと、友達は気持ちよさそうに小さく呻いた。

「敏感なんだね・・・私も止まらなくなっちゃったりして・・・」

いたずらっぽく笑いながらも腰を動かした。

どんどん濡れていく。

お互いに焦れて行く。

そうしていくうちに、我慢が出来なくなったのは「やっぱりだめ・・・我慢出来ない・・・」私だった。

そのままぬるぬるになった亀頭を、腟口にぐっと当てた。

カリまでは吸い込むように入ってしまったが、その先がキツい。

息を吐きながらゆっくり腰を落とした。

友達がわずかに背中を反らす。

「うわ・・・、お前キツいな・・・」

彼の物が目立って大きいわけではないのに、どうしてかきつかった。

ぴったりと合うように、内側が目一杯満たされてる感じがする。

腰を動かすと、粘膜の密着感が一層感じられた。

「やべぇ、マジで気持ちいい・・・」

友達が私の下で身をよじる。

私、友達の上に跨って、なんてことしてるんだろう。

でも、気持ちよさそうだなぁ。

友達を見下ろしながら腰を動かす。

ニチニチといやらしい音が二人の間から聞こえる。

形勢が逆転し、ほんの少し生まれた余裕をにおわせ、ぐいと奥に押しつけるよう深く腰を落とす。

「やらしいなぁ、◯◯は・・・」

一瞬友達が息を呑んだのがわかった。

「いやらしいのは、お前だろ」

友達が私の腰を両手で押さえ、繋がったまま今度は私が下にされる。

わずかな余裕も、体と同じようにあっさりひっくり返され、消えてしまう。

顔を隠そうとするのを見越され、両手を頭の横にがっちりと組み伏せられる。

そのまま激しく腰を打ち付けられた。

友達が荒々しく腰を振るその様に、今まで相手に感じたことのない男性の性を感じて、また興奮してしまう。

「お前そんなに可愛い声出すな・・・止まんねぇだろ・・・」

同じように友達も、初めて見る“友達”である私の女の部分に興奮しているのがわかる。

ほんの少し前まで友達だったのに。

違う、今も友達なのに、友達に、こんなことされて、こんな声をあげて・・・。

もう冷静な思考はできなくなっていた。

「だめ、だめっ・・・!」

「イクの?」

意地悪く微笑む友達の問いに、答える間もなかった。

「んーーーーッ!」

「お前、これ以上締めるな・・・チンコがもげる」

イった瞬間にキュウと締まる感覚はしたが、わざとじゃない。

「もげればよかったのに・・・」

「もげていいのかよ」

いつものようにふざけ合うような会話が不思議に思えた。

だって、今、お互い全裸で、繋がったままで・・・。

また間髪入れずに…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【近親相姦告白体験談】家出姉弟
2015/11/05 00:32
2015/11/05 00:32
1:☆ばぐ太☆φ★:04/05/1414:56ID:??? ★家出し、ひったくりで生計 姉弟を追送検 埼玉県警・大宮署 ・家出中にひったくりを繰り返したとして、県警少年捜査課と大宮署は 十三日、窃盗の疑いで、いずれも住所不定、無職女(20)と無職少年 (18)=いずれも同罪で起訴=の姉弟を逮捕したと発表した。 姉弟は昨年八月ごろに岩槻市内の自宅を家出しており、「生活費が  ほしかった」と供述。姉の乗用車内に寝泊りしながら、半年の間に  計三十八件のひったくりを繰り返していた。県警は現金五十二万円を  含む計二百二十万円相当の被害を確認、余罪を追送検した。  調べによると、姉弟はバイクに二…
【レイプ・痴漢】母の受難
2016/06/02 15:16
2016/06/02 15:16
学校の帰りの電車内で、たまたま母を見つけました。 車両のつなぎ目に、帰宅の高校生の集団の中に、ポツンと。 よくよく見ると、様子が変です。 顔を赤らめ、うつむき加減です。 何が起こっているかはすぐ分かりました。 母は水泳のインストラクターをやっており、スタイルは悪くありません。 胸も大きく、くびれた腰、触りたくなるお尻。 職場でも間違いなくいやらしい目で見られているでしょう。 一度、母の競泳水着とサポーターが物干しからなくなり、2、3日後べった りと精子が付けられた状態でポストに入れられていたこともありました。 知らないふりをしてましたが、最初に見つけたのは僕です。 明らかに誰かが来た…
混浴温泉で若い子と二人きり、オナニーを見せつけられて説教してしまった……
2016/05/18 18:11
2016/05/18 18:11
数年前、仕事終わってそのまま一泊で北川温泉に行ってきた。

混浴だから溢れる性欲を抑えて身体を洗い誰かが入って来るのを待った。
一組目、地元の爺さん連中・・・。
ウザいと思いながらも温泉に浸かってたが、長湯過ぎてダウン。

時間が早かったと思い、年寄りが寝た23時過ぎに再度温泉へ。
20代後半ぐらいの女性がいた。




最初ビックリしていたが、混浴だと解って入ってるんだろうからと、俺はタオルでチンコを隠し身体を流し温泉へ。

俺とその女性の2人しかいない。
まず何か話し掛けようとしたが、ガツガツしてるのが丸出しで引かれると、ヤレる可能性も減るという事でしばらく浸かっていた。
内…
★最中に携帯電話の着信音が
2016/05/18 19:30
2016/05/18 19:30
 Kさんとはすっごく仲良くしています。ちょっと亭主関白っぽくて、でもすごくかわいいんです(のろけてます)「かわいい」って言ったら「年下のくせに」って怒られちゃいました。予想以上にHで、飲むとH度が倍以上になるんです。おかげで攻められてばっかり。

 相変わらずクンニは拒否するんですが、おかまいなしだし。小さなバトルが繰り広げられます(笑) この前HしてるときにYくんから電話があったんです。電話がなって反射的に出たらYくん。「どうしよ」って思いつつ、普通に返事したらKさんちょっと強めに突いてきたんです。
 声を我慢してたら「もしもし?」って言うし、Kさんを止めて「ごめんね、今」って言ったとこ…
セフレの中で一番気持ち良い彼は、会社の同僚です
2017/02/16 21:03
2017/02/16 21:03
はじめまして。
繭(マユ)と言います。
25歳でOLしてます。
繭には何人かセフレがいるんですが(彼氏はいません。恋愛は面倒で・・・微妙な人ならいるけど)、その中でも一番相性のいい会社の同僚についての一晩をご報告します♪



ホテルの部屋で待機してると彼のご到着。
金曜なのに残業&飲みだったらしくかなりお疲れのご様子。
買っておいたペッドボトルのお茶を飲み干すなりベッドへなだれ込む彼。
む~!と膨れながら彼のもとへ移動すると、優しいキスをしながらぎゅーっと抱き締めてきました。
しょうがないなぁと思いつつ、したいようにさせてあげてたら、だんだん感じてきちゃって思わず声が出ちゃいます…
ベロベロに酔っぱらって中国人と中出しセックスした話
2016/04/28 20:02
2016/04/28 20:02
最近、外国人の居るパブに行くのが好きでよく通っています。

金髪の人から東洋人までさまざまで、なかなか楽しいものです。

先々週の金曜日のこと。

お店に行くと、中国人の子が私に付いてくれました。

お店に行ったのは、飲み会の3次会で、

ベロベロに酔っていたため、ロレツが回らない状態でしたw

でもその中国人の女の子は、

片言の日本語で169cmの26歳だと言っていたことは覚えています。

顔もなかなか綺麗な顔立ちで、

女子十二楽坊のメンバーのような綺麗な人で、

とにかく褒めちぎりました。

「かわいいね、素敵だよ」とか。

本当に綺麗な人だったので、褒めちぎっても、

自分自身全然…
社長に紹介された女子に中出しをしたら意外な事実が発覚
2017/05/10 00:16
2017/05/10 00:16
442 :えっちな18禁さん:2011/03/10(木) 17:59:42.33 職場かどうかは微妙だが、俺が20代の独身時代の話。 当時俺は零細企業に勤めてた。社長に俺、女の子4人の広告会社。 転職するはずだった会社の知り合いの社長で、ちょっと助けてやってくれみたいな 感じで乗り気じゃないまま入ったが、社長はいい人で仕事は楽しかった。 職場にいた女の子はみな若かったけど、残念ながら全然好みじゃなかった。 あるとき俺が営業から戻ると社内には社長一人でなにやら電話で話してた。 こみいった話のようなので、声をかけずにいたら社長に呼ばれた。 「お前さ、女抱かねえか?」…
嫁には3人の恋人がいた
2017/06/07 00:04
2017/06/07 00:04
嫁の優香とは、結婚してもう17年も経つ。まだ20歳だった優香を妊娠させてしまった私が、責任を取って結婚した形だった。 優香は、大きな総合病院のナースだった。当時30歳の私は、その2年前に独立起業して、自分でも驚くほど順調に業績を伸ばしていた。そんな中、趣味のフリークライミングで指を酷く脱臼してしまい、治療に行った先の病院にいたのが、優香だった。 まだ見習いみたいな感じだった優香は、あまり上手とは言えない手際で、私に包帯を巻いてくれたものだった。 思っていた以上に重傷だった私は、結局半年以上も病院に通い、優香とはすごく親しくなった。 頼りなかった優香が、どんどんしっかりしていき、ナースとして…
【痴漢・レイプ】首輪のある生活【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2016/10/25 15:52
2016/10/25 15:52
 28才最後の一日が、もうすぐ終わろうとしている。 ベットサイドで瞬く時計のデジタル表示に目をやったのもつかのま、ぬちっと腰を浮かせた若い彼がお尻の肉を鷲づかみにし、背後から深々とカラダを抉ってきた。 私のカラダを満たしていく、深く熱い実感。 重なり合う裸身がうねり汗ばみ、ほぐれてまた繋がりあう。「ん、んはぁ‥‥ンンッ」「ぐっっ‥‥」 わずかに開いたカーテンの向こう、夜景をバックにした窓ガラスに自分の顔が映りこむ。形のいい眉を切なげにひそめ、紅く羞じらう唇はハァハァ荒い呼吸で半開きのまま。会社では決してみせない女の顔だ。私の、本当の顔だ‥‥ 人をお局扱いして遠巻きにする後輩OLたちは、こんな…
【バイト先の女子大生の乳首】気が済むまでおっぱいモミモミ
2016/06/11 08:00
2016/06/11 08:00
俺、学生の時に2年程パチンコ屋のバイトしてた。 普通のパチ屋さんだったと思うけど、随分地元に長い事あるパチ屋。 そこは、社員は元よりバイトの俺達にもすごく高待遇な上に、シフトも授業に合わせて組ませてもらったりしてくれた。 仕送りなしでもやっていけたのはその店のお陰。 パチ屋には厳しい昨今のご時世だけど、ホントにありがとうと今でも思ってる。 そんな店だったらからか、皆仲良くなるのが早い訳です。 どうなるかと言うとまず出社時の着替えタイム。 無論男子更衣室、女子更衣室あるけども、エロメンバー(バイト全員がエロいわけではない:以下エロメン)で固定された日は皆さん女子更衣室で着替えてい…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【母】美人で有名な過保護な自分のお母さんに欲情した【エッチな体験談 近親相姦体験談】

・【レイプ官能小説】義娘【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・女の武器でトラブル回避した由美子課長との一夜

・彼女の時折見せるビクッと言う反応にもう息子はビンビン・・・

・セックス体験、深夜のカーセックスにハマってます

・従姉とは無言でお互いを受け入れるよな関係でした

・【妹】両親が旅行で妹と2人きりになり一緒に風呂に入ったら・・・【エッチな体験談 近親相姦体験談】

・【レイプ官能小説】尚子【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・お嬢様は寝バックがお好き?

・W不倫してる元カレと“危険日お泊り温泉旅行”

・クンニの上手すぎるMっ気イケメンの男友達

・先輩に抱かれた俺の彼女

・❤男心を揺さぶる浴衣姿で誘惑

・【妹】オナニーして精子を出しにトイレ行ったら妹の友達が入ってた【エッチな体験談 近親相姦体験談】

・【レイプ官能小説】幼稚園の先生【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・身体検査で見ちゃった中1男子の可愛いオチンチン

・俺だけが知っている妹の美脚

・【人妻体験談】浪人生の甥を起こすために布団を剥がしたら勃起していて・・・

・僕の不能を理由に目の前でセフレと種付けセックスして妊娠する彼女って・・・

・上司との不倫を黙っている条件で同僚と寝ました

・【人妻体験談】色んな事がありまして。。。VOL.4

・【初体験】痛いものは痛い!

・【レイプ官能小説】レイプ強姦妄想談話【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・他人棒が異常に好きな妻

・2日後に結婚式を控えていた部下との秘め事

・【母】犯された母 【エッチな体験談 近親相姦体験談】

・【レイプ官能小説】おいしい思い【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・なっちゃん06

・「じゃあ、エリが教えてあげよっかな」

・巨乳な女友達のおっぱい揉みしだいたったwwwwwwwwwww