寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

ついさっきまで友達だったのに

2017/01/12 17:49


まさに昨日、友達とやってしまった。

正確に言えば、元カレ。

元カレとは言っても、付き合っていたのは学生時代のほんの2ヶ月。

彼の優しさに素直になれなくて、2ヶ月の間キスすらせずに別れてしまった。

多少ぎくしゃくはしたものの友達として仲は回復し、卒業後もよく二人で遊んでいた。

その頃には「友達同士の方が私たちには合ってるんだよ」「お互い幼かったね」なんて笑い話にも出来た。

お互いに別の恋人も出来たり、相談し合ったり、すっかりいい友達だった。

最近転職をして、二人とも似たような勤務時間になったのを機に、また二人で遊んでいた。

昨日もお互い見逃した映画の話になり、その足でDVDを借りて友達の家に行った。

友達は椅子に座り、私は「そっちの方が楽だよ」と言われるまま、ベッドに寝転がりながらDVDを鑑賞した。

お互い男友達のような感覚だったから、全然気にならなかったし、深い意味もなかったと思う。

ラストシーンで涙ぐんだ私を、友達は笑いながら頭を撫でてきた。

頭を撫でられるだなんて、予想もしていなかった。

反応に困ってつい「馬鹿にしてるでしょw」と枕に顔を埋めた。

このときもまだ、単純にからかっていたんだと思う。

「なんで隠すの?こっち向いてよ」って、笑いながら肩に手をかけてきた。

「やだよ、もう」なんて頑なに背を向けていたら、強引に仰向けにさせられそうになった。

友達が片膝をベッドの縁にかけたのがわかった。

ギシ、と小さな音がして、布団が沈むのが伝わる。

さすがにちょっとまずいだろう。

「やめろ」なんて笑いながら、お返しに脇腹をくすぐった。

思いの外くすぐりに弱かった友達は、「うわ!」と大きな声を上げて、私の手を振り払おうとした。

そのまま友達はバランスを崩し、上半身が私の背中に覆い被さるようになってしまった。

ますますやばい。

動揺を悟られないように、「脇腹弱かったんだ?ごめんごめん」なんて誤魔化しながら、友達の体を押し返して起きあがろうとした。

しかし、私の意志に反して、そのまま抱きしめるように布団に押さえ込まれてしまった。

こんなに仲良くやっていたのに、体の関係を持ってしまうのはとても残念なことに思えた。

わずかな期待もなかったと言えば嘘になる。

その期待とやらが、一体何に対してなのかまでは考える余裕もなかったけれど。

だけど、それ以上に今の関係が歪んでしまうことが怖かった。

耳元で微かに友達の息づかいが聞こえる。

私の髪に鼻先をうずめ、匂いを嗅いでいるようだ。

「こら、いやらしいやつめ」なんてからかっても、友達は反応してくれない。

「だめだって、冗談になんないよ?」

すこし真面目に言っても、抱きしめた腕を解く気配はない。

どうにか踏みとどまりたかったのに、友達の唇が首筋に触れた。

ぴくっと体が反応した。

「だめだって・・・」

そこまで言いかけたが、私は思わず口を閉じた。

友達は私の反応を見逃さず、首筋に振れた唇が、ちゅっと首筋を吸い上げた。

口を開いたら情けない声が出てしまう。

そんな声を、そんな姿を、友達に晒すわけにはいかない。

それでも友達はお構いなしだ。

時折舌を這わせ、首筋を小さな湿った音を立てて、唇が滑って行く。

「ん・・・!」

とうとう声が漏れてしまった。

ふと、腕が解かれ、首筋から唇が離れた。

思いとどまってくれたかと思って仰向けに向き直ると、友達は無邪気ににこにこと笑っていた。

一瞬安堵したが、返ってきた言葉は予想外の物だった。

「・・・可愛い」

必死に声を我慢していた姿が、余計に友達を煽る結果になったらしい。

驚く私の口を覆っていた手を顔から剥がして押さえつけると、今度は上に跨って首に吸い付いてきた。

もう声が我慢できなくなってしまった。

普段は気丈に振る舞っているのに、女としての自分を見せていることに言いようのない恥ずかしさを感じた。

認めたくはなかったが、この状況に興奮し、脳の中心は痺れに似た感覚に支配されてつつある。

次に唇が離れたのは、キスをするためだった。

まだ躊躇するところがあって、恨めしげに睨め付けてやったのに、効果はなかった。

深い深いキスをしながら、友達の手が服の上から胸をまさぐる感覚に身をよじった。

友達は私の服をたくし上げ、指先が乳首に触れた。

一層呼吸が乱れる。

「だめ、そこ・・・」

その言葉を聞いてか、片方の乳首を指で弄ったまま、もう片方に吸い付いてきた。

こうなるともうだめだ。

すでに濡れてるのが自分でもよくわかった。

そこに友達の指が近づく。

思わず友達の首に手を回して、Tシャツをぎゅっと握る。

下着越しに友達の指が触れた。

布がぬるりとずれる感触に一段と恥ずかしさが増す。

「・・・すごい濡れてる」

友達が吐息のように呟いた言葉から、興奮しているのが伝わる。

「言わないでよ」

照れ隠しの台詞を憎たらしげに吐いても、Tシャツを掴む手は力が入ったままだ。

スカートを捲り上げられたまま下着を脱がされる。

指先は肝心な部分を避けて、粘度の高い体液の感触を楽しむように滑る。

ジリジリと焦らされて、緊張と興奮が高まる。

入り口で一瞬止まったかと思った指は、あっさりと中に入ってしまう。

内股と背中にぞわぞわと痺れが走り、思わず身をよじって両手で顔を覆う。

「隠すなって」

また手を剥されると同時に、挿入された指がゆるゆると動かされた。

「だめ、だめ・・・」

ああ、なんて情けない声だ。

友達の前でこんなにも乱れるなんて。

不意に指をストロークするスピードが上る。

冷静な振りをしようなど、そんな余裕はもう無かった。

そんな私とは対称に、友達は余裕を含んだ声音で、ん?と様子を伺ってくる。

段々と湿った音が大きくなる。

一際大きな声を上げそうになるのを、グッと唇をかんで堪えた。

「あ、すげぇ・・・」

彼が何かに気付いたように友達がゆっくり指を抜いた。

「なにか出たけど、なに?コレ」

人に尋ねているのに、それが何かわかっているような口振りだ。

薄明かりの中で、友達の指先から何かがポタポタと落ちるのが見えた。

そんなまさか・・・。

「違う、出てない!」

慌てて足の付け根を探ると、シーツまでぐっしょり濡れている。

潮を吹くときはいつもわかるはずなのに。

「出たよ。イッたときに」

意地悪そうに笑いながら指を見せつけつくる。

恥ずかしさに動揺する私をよそに、また友達の指は卑猥な音を立て、私を激しく弄ぶ。

続け様に3回もイかされた。

お互い全裸になり、友達が「入れていい?」と聞いてきた。

「ゴムは?」と聞いたら、困った顔をして「無い」と言う。

生ではしたくなかったが、どうしようか迷って、上に乗った。

「仕方ないなぁ」とベトベトになった股間を押し付けた。

素股の要領でゆっくりと腰を動かすと、友達は気持ちよさそうに小さく呻いた。

「敏感なんだね・・・私も止まらなくなっちゃったりして・・・」

いたずらっぽく笑いながらも腰を動かした。

どんどん濡れていく。

お互いに焦れて行く。

そうしていくうちに、我慢が出来なくなったのは「やっぱりだめ・・・我慢出来ない・・・」私だった。

そのままぬるぬるになった亀頭を、腟口にぐっと当てた。

カリまでは吸い込むように入ってしまったが、その先がキツい。

息を吐きながらゆっくり腰を落とした。

友達がわずかに背中を反らす。

「うわ・・・、お前キツいな・・・」

彼の物が目立って大きいわけではないのに、どうしてかきつかった。

ぴったりと合うように、内側が目一杯満たされてる感じがする。

腰を動かすと、粘膜の密着感が一層感じられた。

「やべぇ、マジで気持ちいい・・・」

友達が私の下で身をよじる。

私、友達の上に跨って、なんてことしてるんだろう。

でも、気持ちよさそうだなぁ。

友達を見下ろしながら腰を動かす。

ニチニチといやらしい音が二人の間から聞こえる。

形勢が逆転し、ほんの少し生まれた余裕をにおわせ、ぐいと奥に押しつけるよう深く腰を落とす。

「やらしいなぁ、◯◯は・・・」

一瞬友達が息を呑んだのがわかった。

「いやらしいのは、お前だろ」

友達が私の腰を両手で押さえ、繋がったまま今度は私が下にされる。

わずかな余裕も、体と同じようにあっさりひっくり返され、消えてしまう。

顔を隠そうとするのを見越され、両手を頭の横にがっちりと組み伏せられる。

そのまま激しく腰を打ち付けられた。

友達が荒々しく腰を振るその様に、今まで相手に感じたことのない男性の性を感じて、また興奮してしまう。

「お前そんなに可愛い声出すな・・・止まんねぇだろ・・・」

同じように友達も、初めて見る“友達”である私の女の部分に興奮しているのがわかる。

ほんの少し前まで友達だったのに。

違う、今も友達なのに、友達に、こんなことされて、こんな声をあげて・・・。

もう冷静な思考はできなくなっていた。

「だめ、だめっ・・・!」

「イクの?」

意地悪く微笑む友達の問いに、答える間もなかった。

「んーーーーッ!」

「お前、これ以上締めるな・・・チンコがもげる」

イった瞬間にキュウと締まる感覚はしたが、わざとじゃない。

「もげればよかったのに・・・」

「もげていいのかよ」

いつものようにふざけ合うような会話が不思議に思えた。

だって、今、お互い全裸で、繋がったままで・・・。

また間髪入れずに…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
姉ちゃんに「パンツの写メ送れよ」とメールしたら「死ね!」と返ってきた
2017/02/20 07:31
2017/02/20 07:31
510 えっちな18禁さん[sage] 2012/08/27(月) 10:01:53.85 ID:7XBTS+M80 横からすまん。 夏前のある日、酔っ払って姉ちゃんに「パンツの写メ撮って送れよ」ってメールしたんだ。 直後に「死ね!」って返信がきたんだが、結局それがきっかけになってセックルしたんだ。 小さい頃から屈折した姉萌えだったんだが、念願かなった。 オレ、21。姉、26。こんなの需要ないか…。 511 えっちな18禁さん[sage] 2012/08/27(月) 10:22:44.21 ID:7XBTS+M80 キッカケは高校の同級生との飲み会。 盗撮やらパンチラやら、どうでもイイような…
【性的虐待体験】帰り道のおじさんにされたイタズラ【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/08/06 11:21
2017/08/06 11:21
こんばんは、さやかといいます。これは私が小学生の時の話です。学校の帰り、通り道に住んでたおじさんにイタズラされてました。最初にいたずらされた時のことははっきりと覚えています。最初はおじさんがよく庭の手入れしてて、そこでおしゃべりしてて。仲良くなったところで、ジュースあげるから、ってお家に入れてもらうようになりました。夏で、すごく暑かったからのどが渇いてて、それに家が子供にあんまりジュースとか飲ませない家だったから、滅多に飲めないジュースが嬉しかったのもあって、それにおしゃべりしたからもう知らない人じゃないよね、って思っていました。それでおじさんの家に入ったんですけど、最初はほんとに普通にジュ…
派遣のFカップ巨乳ちゃんの外人仕込みのスゴ技
2016/10/09 19:00
2016/10/09 19:00
派遣の幸代をゲットしました。
幸代は寿退社した子の補填として、人材派遣会社を通じて採用した派遣社員です。年齢は25歳。Fカップの巨乳です。スタイルも抜群です。
私の席からは彼女の後ろ姿が見える位置なのですが、パンツにTシャツの様な服装のことが多く、私の席からパンティラインが見えることは日常茶飯事でした。


前屈みになったりするとパンツの上からパンティの上部が見えることもしばしばで、彼女をオカズに何度かオナニーもしていました。

ある日、いつもは6時過ぎに退社する幸代が7時を過ぎても会社に残っており、なぜか周りの同僚たちも居なくなった。
これは絶好のチャンスとばかり…
あめの日
2015/10/29 21:01
2015/10/29 21:01
高①の中村RINOといいます。 ちょっと前にぷち露出した時の事書きます!!学校にはバスか電車で通ってるんですが、その日はバスで帰りました。 バスに乗ってるときから雲行きが怪しかったんですがバスを降りるときにはやっぱりザーザー降り。傘を持ってなかったんで買うにも、帰り道は大きい道なのにコンビニは家の近く。 仕方なく濡れて帰ることにしました。その時は暑いからスカートに白のブラウス。ブラが透けちゃうなと思いながらドキドキしました。その日体育があったから可愛いピンクのしてたから良かったけど逆に恥ずかしかったです。 髪もびちょびちょになってスカートも太ももにくっついてブラウスも肌にまとわりついて思いっき…
メグミ
2015/11/18 05:01
2015/11/18 05:01
7 名前: メグミ 投稿日: 02/07/17 00:51 ID:22yQA/EFこの前、メグミと近くの錆びれた小さなサウナに行った。ここのサウナは男湯しか なく入っている人も土方のオヤジか、近くのボロアパートの浪人生しか居ない、 ほぼ銭湯と変わらないような所だ。 ここに行こうと言い出したのはメグミだ。メグミは小○生で露出好きだ。ロングヘ アで身長は低いがスレンダーな体型、お尻だけは大きく、張り出していて。顔は美 人系の可愛いさがありHで元気な女の子だ。 最初その提案を聞かされたとき僕は、ビックリして拒絶した。 メグミがHで露出好きな女の子だと言うことは知ってたが、いくらなんでも…
三十路でバツイチの美人司書にアナル調教した話
2015/08/28 09:21
2015/08/28 09:21
図書室の美人司書は35歳の裕美という女だった。 裕美は、9歳の娘を実家に預けて働くバツイチ4年目だった。 俺は、裕美のかつての職場の上司で、バツイチになった裕美今の職場の口を利いてやった。 この日は、恋女房に先立たれた私に、男日照りの裕美が体を自由にさせてくれるという。 裕美を連れて、都会の喧騒を離れた山間の和風の戸建てが立ち並ぶ連れ込み宿に着いた。 そこは、中が和風旅館のように回廊になっており、俺は裕美を裸に剥いて縄をかけ、回廊の過度柱に縛り付けて陵辱するつもりでこの連れ込みを選んだ。 ここは、若かりし頃に妻をマゾ調教した思い出の連れ込みだった。 シャワーを浴びた裕美が、体にバスタ…
最悪
2017/10/01 19:19
2017/10/01 19:19
30才の子供のいない主婦です。月にインフルエンザと生理でダウンした時に犯されました。 気付いた時には知らない男50代ぐらいのオッサンに胸を揉まれ、乳首を吸われていました。 熱と生理痛で朦朧とする中、最初は夢かと思ったのですが、生理中で敏感になった乳首が痛くて「痛い」と言うと「気持ちよぅないか濡れてんちゃうの」と下着の中に手を入れて来ました。 今思うとおかしいのですが、つい「あっ生理中だからダメ!」と言うと、男が手を抜いて「うわっ血だらけや!!」と手をプルプル振ってました。 ヤバい状態だと気付いて「誰か…助けて!!」と叫んだのですが、インフルで喉がややれていて思うように声 が出せません。 すると…
妻の閉経後に始めた夫婦交換でますます盛んに…
2015/12/07 21:00
2015/12/07 21:00
小柄な妻は今年で50歳になりますが、見た目は10歳は若いのです。
見た目は若くても閉経しました。私は47歳で、見た目も年相応です。したがって、誰も姉さん女房だと思う方がいませんでした。
私達が出会ったのは22年前の2月、小柄で可愛いけれど地味な女の子がくれたチョコには手紙が添えてありました。精一杯の愛情表現にノックアウトされた私は、その可愛いけれど地味な女の子と付き合うことにしました。


まずは居酒屋デートに誘うために年齢を確認すると、なんと3歳年上!でビックリしました。
見た目はともかく3歳年上の女性に好かれた以上、ヤラせてくれるだろうと押し倒したらまさかの処女…
女子社員とした住宅展示会場でのセックス
2017/04/25 02:19
2017/04/25 02:19
私は32歳になる住宅メーカーの社員です。

転職してもう3年が過ぎ、ようやく戦力となっていると
自分でも思うくらいに受注も取れるようになり、
宅建の資格もようやく取得しました。




しかしまだ結婚はしていません。

年収もサラリーマンの
平均年収の2倍以上稼いでいるのですが、不思議とお金を
稼ぐようになると、結婚相手の理想も高くなるんですね。
おそらく私と結婚すれば奥さんは専業主婦でも
十分に生活できると思いますが、出会い系なんかで
月に1人くらいと会ってエッチしたり遊びに行ったり
してるんですが、どうしても理想の出会いがありません。

そして住宅展示場って都会にあ…
子供が出来る指導をお願いできますか・・・
2016/10/23 20:01
2016/10/23 20:01
2年ほど前、居酒屋で飲んでいると、女の子が一人で入ってきた。
飲みに来たのではなく、車がパンクして動けないと言うのです。
まだ5時過ぎで客は俺だけだった
しかたがなくタイヤを交換してあげて、ガソリンスタンドでも行ってパンクを直すように言ってあげた。
お礼は?? と聞かれたので、俺の車はこれ。止まっているとき、いつでもいいから一緒に飲もうと言っておいた。
期待もしてなかったが、1週間後 その女の子が来た~~~
背は小さく小柄だが胸は体に似合わず大きい、顔は子供ぽかった。
年は27歳で彼氏がいないと言っていた。
世間話などして電話とメル交換して、俺はいつでもいいから飲みたくなったらここに来…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】温泉旅行が当たったと喜んでいたら混浴で強面ヤクザに絡まれ、輪姦レイプされた人妻

・【熟女体験談】少年達と逆ハーレム乱交で脳天に快感が走るショタコンの変態熟女

・ぽっちゃり巨乳な新人OLをお持ち帰りして中出し

・社内不倫の現場を覗きながら同僚OLとレズオナニーした体験談

・彼女は俺の目の前で、意を決したように口をゆっくり開き、Gのチンポを飲み込み始めた。

・■店長のエロテクに泣きっぱなし

・肝が冷えた

・【Hな体験】宅飲みしてたら内緒でバキュームフェラしてきた同僚

・中1の私がキモデブ叔父の肉便器にされていた頃の話

・恐怖のピンサロ

・両親を亡くした俺が、お姉ちゃんと初めてセックスした話

・20年のセックスレスの果てにこの世の極楽【人妻体験談】

・同じマンションの人妻さんの話です【エロ体験談】

・【Hな体験】メガネ女医が裏スジを刺激するように何度も塗り薬を

・妻が混浴で密着されて性器を…

・他の男の精液

・OLですが、エッチな気分でアダルト映画館に行ったら、大勢の男達に……

・女子寮に先輩と侵入して寝ている中国人社員をレイプ

・知的美人のOLが借金苦で

・夫に言えない過去

・出会い系の人妻から、セフレ募集の人妻を紹介された

・変態マゾ性癖の元カノを野外で部下に犯させた【エロ体験談】

・Color

・小悪魔な元カノに翻弄されて人生初の完全中出し 3【SEX体験談】

・40過ぎの人妻とやったったw

・自転車に乗れない女

・■人妻のエロ満足感に対する対価

・小悪魔な元カノに翻弄されて人生初の完全中出し 2【SEX体験談】

・【近親相姦】両親のセックスの声を聞きながら兄と

・ S級美少女を調教した結果⇒俺とのSMを楽しむ淫乱M女になっちゃったwwwwww