寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

ついさっきまで友達だったのに

2017/01/12 17:49


まさに昨日、友達とやってしまった。

正確に言えば、元カレ。

元カレとは言っても、付き合っていたのは学生時代のほんの2ヶ月。

彼の優しさに素直になれなくて、2ヶ月の間キスすらせずに別れてしまった。

多少ぎくしゃくはしたものの友達として仲は回復し、卒業後もよく二人で遊んでいた。

その頃には「友達同士の方が私たちには合ってるんだよ」「お互い幼かったね」なんて笑い話にも出来た。

お互いに別の恋人も出来たり、相談し合ったり、すっかりいい友達だった。

最近転職をして、二人とも似たような勤務時間になったのを機に、また二人で遊んでいた。

昨日もお互い見逃した映画の話になり、その足でDVDを借りて友達の家に行った。

友達は椅子に座り、私は「そっちの方が楽だよ」と言われるまま、ベッドに寝転がりながらDVDを鑑賞した。

お互い男友達のような感覚だったから、全然気にならなかったし、深い意味もなかったと思う。

ラストシーンで涙ぐんだ私を、友達は笑いながら頭を撫でてきた。

頭を撫でられるだなんて、予想もしていなかった。

反応に困ってつい「馬鹿にしてるでしょw」と枕に顔を埋めた。

このときもまだ、単純にからかっていたんだと思う。

「なんで隠すの?こっち向いてよ」って、笑いながら肩に手をかけてきた。

「やだよ、もう」なんて頑なに背を向けていたら、強引に仰向けにさせられそうになった。

友達が片膝をベッドの縁にかけたのがわかった。

ギシ、と小さな音がして、布団が沈むのが伝わる。

さすがにちょっとまずいだろう。

「やめろ」なんて笑いながら、お返しに脇腹をくすぐった。

思いの外くすぐりに弱かった友達は、「うわ!」と大きな声を上げて、私の手を振り払おうとした。

そのまま友達はバランスを崩し、上半身が私の背中に覆い被さるようになってしまった。

ますますやばい。

動揺を悟られないように、「脇腹弱かったんだ?ごめんごめん」なんて誤魔化しながら、友達の体を押し返して起きあがろうとした。

しかし、私の意志に反して、そのまま抱きしめるように布団に押さえ込まれてしまった。

こんなに仲良くやっていたのに、体の関係を持ってしまうのはとても残念なことに思えた。

わずかな期待もなかったと言えば嘘になる。

その期待とやらが、一体何に対してなのかまでは考える余裕もなかったけれど。

だけど、それ以上に今の関係が歪んでしまうことが怖かった。

耳元で微かに友達の息づかいが聞こえる。

私の髪に鼻先をうずめ、匂いを嗅いでいるようだ。

「こら、いやらしいやつめ」なんてからかっても、友達は反応してくれない。

「だめだって、冗談になんないよ?」

すこし真面目に言っても、抱きしめた腕を解く気配はない。

どうにか踏みとどまりたかったのに、友達の唇が首筋に触れた。

ぴくっと体が反応した。

「だめだって・・・」

そこまで言いかけたが、私は思わず口を閉じた。

友達は私の反応を見逃さず、首筋に振れた唇が、ちゅっと首筋を吸い上げた。

口を開いたら情けない声が出てしまう。

そんな声を、そんな姿を、友達に晒すわけにはいかない。

それでも友達はお構いなしだ。

時折舌を這わせ、首筋を小さな湿った音を立てて、唇が滑って行く。

「ん・・・!」

とうとう声が漏れてしまった。

ふと、腕が解かれ、首筋から唇が離れた。

思いとどまってくれたかと思って仰向けに向き直ると、友達は無邪気ににこにこと笑っていた。

一瞬安堵したが、返ってきた言葉は予想外の物だった。

「・・・可愛い」

必死に声を我慢していた姿が、余計に友達を煽る結果になったらしい。

驚く私の口を覆っていた手を顔から剥がして押さえつけると、今度は上に跨って首に吸い付いてきた。

もう声が我慢できなくなってしまった。

普段は気丈に振る舞っているのに、女としての自分を見せていることに言いようのない恥ずかしさを感じた。

認めたくはなかったが、この状況に興奮し、脳の中心は痺れに似た感覚に支配されてつつある。

次に唇が離れたのは、キスをするためだった。

まだ躊躇するところがあって、恨めしげに睨め付けてやったのに、効果はなかった。

深い深いキスをしながら、友達の手が服の上から胸をまさぐる感覚に身をよじった。

友達は私の服をたくし上げ、指先が乳首に触れた。

一層呼吸が乱れる。

「だめ、そこ・・・」

その言葉を聞いてか、片方の乳首を指で弄ったまま、もう片方に吸い付いてきた。

こうなるともうだめだ。

すでに濡れてるのが自分でもよくわかった。

そこに友達の指が近づく。

思わず友達の首に手を回して、Tシャツをぎゅっと握る。

下着越しに友達の指が触れた。

布がぬるりとずれる感触に一段と恥ずかしさが増す。

「・・・すごい濡れてる」

友達が吐息のように呟いた言葉から、興奮しているのが伝わる。

「言わないでよ」

照れ隠しの台詞を憎たらしげに吐いても、Tシャツを掴む手は力が入ったままだ。

スカートを捲り上げられたまま下着を脱がされる。

指先は肝心な部分を避けて、粘度の高い体液の感触を楽しむように滑る。

ジリジリと焦らされて、緊張と興奮が高まる。

入り口で一瞬止まったかと思った指は、あっさりと中に入ってしまう。

内股と背中にぞわぞわと痺れが走り、思わず身をよじって両手で顔を覆う。

「隠すなって」

また手を剥されると同時に、挿入された指がゆるゆると動かされた。

「だめ、だめ・・・」

ああ、なんて情けない声だ。

友達の前でこんなにも乱れるなんて。

不意に指をストロークするスピードが上る。

冷静な振りをしようなど、そんな余裕はもう無かった。

そんな私とは対称に、友達は余裕を含んだ声音で、ん?と様子を伺ってくる。

段々と湿った音が大きくなる。

一際大きな声を上げそうになるのを、グッと唇をかんで堪えた。

「あ、すげぇ・・・」

彼が何かに気付いたように友達がゆっくり指を抜いた。

「なにか出たけど、なに?コレ」

人に尋ねているのに、それが何かわかっているような口振りだ。

薄明かりの中で、友達の指先から何かがポタポタと落ちるのが見えた。

そんなまさか・・・。

「違う、出てない!」

慌てて足の付け根を探ると、シーツまでぐっしょり濡れている。

潮を吹くときはいつもわかるはずなのに。

「出たよ。イッたときに」

意地悪そうに笑いながら指を見せつけつくる。

恥ずかしさに動揺する私をよそに、また友達の指は卑猥な音を立て、私を激しく弄ぶ。

続け様に3回もイかされた。

お互い全裸になり、友達が「入れていい?」と聞いてきた。

「ゴムは?」と聞いたら、困った顔をして「無い」と言う。

生ではしたくなかったが、どうしようか迷って、上に乗った。

「仕方ないなぁ」とベトベトになった股間を押し付けた。

素股の要領でゆっくりと腰を動かすと、友達は気持ちよさそうに小さく呻いた。

「敏感なんだね・・・私も止まらなくなっちゃったりして・・・」

いたずらっぽく笑いながらも腰を動かした。

どんどん濡れていく。

お互いに焦れて行く。

そうしていくうちに、我慢が出来なくなったのは「やっぱりだめ・・・我慢出来ない・・・」私だった。

そのままぬるぬるになった亀頭を、腟口にぐっと当てた。

カリまでは吸い込むように入ってしまったが、その先がキツい。

息を吐きながらゆっくり腰を落とした。

友達がわずかに背中を反らす。

「うわ・・・、お前キツいな・・・」

彼の物が目立って大きいわけではないのに、どうしてかきつかった。

ぴったりと合うように、内側が目一杯満たされてる感じがする。

腰を動かすと、粘膜の密着感が一層感じられた。

「やべぇ、マジで気持ちいい・・・」

友達が私の下で身をよじる。

私、友達の上に跨って、なんてことしてるんだろう。

でも、気持ちよさそうだなぁ。

友達を見下ろしながら腰を動かす。

ニチニチといやらしい音が二人の間から聞こえる。

形勢が逆転し、ほんの少し生まれた余裕をにおわせ、ぐいと奥に押しつけるよう深く腰を落とす。

「やらしいなぁ、◯◯は・・・」

一瞬友達が息を呑んだのがわかった。

「いやらしいのは、お前だろ」

友達が私の腰を両手で押さえ、繋がったまま今度は私が下にされる。

わずかな余裕も、体と同じようにあっさりひっくり返され、消えてしまう。

顔を隠そうとするのを見越され、両手を頭の横にがっちりと組み伏せられる。

そのまま激しく腰を打ち付けられた。

友達が荒々しく腰を振るその様に、今まで相手に感じたことのない男性の性を感じて、また興奮してしまう。

「お前そんなに可愛い声出すな・・・止まんねぇだろ・・・」

同じように友達も、初めて見る“友達”である私の女の部分に興奮しているのがわかる。

ほんの少し前まで友達だったのに。

違う、今も友達なのに、友達に、こんなことされて、こんな声をあげて・・・。

もう冷静な思考はできなくなっていた。

「だめ、だめっ・・・!」

「イクの?」

意地悪く微笑む友達の問いに、答える間もなかった。

「んーーーーッ!」

「お前、これ以上締めるな・・・チンコがもげる」

イった瞬間にキュウと締まる感覚はしたが、わざとじゃない。

「もげればよかったのに・・・」

「もげていいのかよ」

いつものようにふざけ合うような会話が不思議に思えた。

だって、今、お互い全裸で、繋がったままで・・・。

また間髪入れずに…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【エッチ体験談】間違えて友だちの彼女とやってしまったが、結果オーライでハメまくった浮気体験
2016/03/11 02:37
2016/03/11 02:37
以前俺の部屋で宅飲みした時の話。




メンバーは俺、彼女の安奈、友人の涼一、その彼女の愛香ちゃん。




ビールやシャンパンを浴びるように飲んだ俺らはいつの間にか眠り込んでしまった。




何時くらいだろうか、夜中に気が付いた時には部屋が真っ暗になっていた。




ベットで横になっている俺の前に彼女の安奈が寝ている。




薄暗くてよく分からないが、床には友人達が寝ているようだ。




朝方だったからなのか、朝勃ちみたいに股間がムズムズする。




彼女の甘い香りにずっと刺激されていたからかもしれない。




とにかく急に発情してしまった俺は、友人達に気付かれないよ…
回春マッサージの超テク
2016/01/04 21:00
2016/01/04 21:00
以前から通っている風俗エステ(回春マッサージ店)で、先日ようやくNo.1の嬢に当たれたのでレポらしきものを書いてみる。
 自分は風俗にあんまり深くハマってはいない人種です。ソープもピンサロも経験なし。
 一月にいっぺんくらい、泊まり勤務が明けた日の夜とかにHなエステ店(またはデリヘル)に疲れを癒してもらいに行く程度でした。


普通のデリヘルも一通り経験したけど、オーラル系のサービスは病気が怖いので素直に楽しめず、もっぱら手コキ系のお店が主戦場。というより、仕事仲間に教わって初めて行ったデリヘル形式の回春マッサージ店(今回紹介するところ)をリピートすることがほとんど…
若かりし頃の車内での思い出
2016/04/27 20:05
2016/04/27 20:05
思い出せば、ずいぶんと若い頃のことのように思える。 あれは、20歳の時だった。 12月頃だった。 あるイベントの帰りの電車内でのことだった。 時刻は18時頃だった。 帰りに電車は、すごく空いていた。 両端に一人ずつ座っているだけの殺風景な車内だった。 下車駅まで20分だった。 それまでほとんど乗客がいなかった。 ずっとすいたままの車内だった。 見渡すと、女性の乗客がいる。 席の真ん中あたりに座っている。 様子をみると、うつむいて目を閉じていた。 こげ茶のポニーテールで、顔立ちはついこの前見たカップルの女によく似ていて、 十分に厚着をした上着と色あせて灰色がかった黒のジーンズ姿だった。 疲れてい…
※部下の嫁に罠をかけて巨根で堕としてみた
2016/08/20 20:27
2016/08/20 20:27
私の妻は、5歳年上で、姐さん女房というヤツだ。性格もおとなしい私とはまったく正反対で、気性が荒いと言っても良いかも知れない。いわゆる元ヤンで、知り合った最初の頃は、なるべく関わりを持ちたくないと思って避けていたくらいだ。

知り合ったのは、私が大学生の時に始めたバイト先でだった。そこはファミリーレストランで、私は土日と平日の1日だけ、ランチタイムにバイトをしていた。大学生は、夜のシフトでバイトをすることが多いと思うけど、私がバイトをしようと思ったのは、ランチタイムにそこでバイトをしていた同じ大学の女の子と仲良くなりたいという、下心からだった。

結局、私がそこでバイトをするようにな…
こうちゃん
2017/02/26 12:01
2017/02/26 12:01
なおぼんの告白です。あたしは、変わったのかもしれないし、もともとこんな女だったのかもしれない。 他人からすれば「変わった」と見えるのだろう。 あたし自身は隠していたものを顕(あら)わにしただけだ。たぶん、あの日から。 だんながあたしの身勝手のせいで、脳出血で倒れ、一命を取り留めて、百八十日にもおよぶ懸命のリハビリをやってのけて家に帰ってきたときから。うれしかった。 でも、もう抱いてもらえないという空虚感が芽生えた。 彼は、右側の片麻痺で車椅子と寝たきりの生活を余儀なくされた。 言語障害とともに、少し認知機能にも障害をきたしていた。(現在はかなり回復した) つまり、もう元の彼ではないのだ。女にと…
オナニー中、電気を点けっぱなしで寝てしまった妹
2017/02/04 00:37
2017/02/04 00:37
妹がよく部屋の明かりを点けっぱなしで寝ている。
うちの部屋は親の方針でカギが掛からないようになってるから、俺が寝る前に妹の部屋の明かりを消すことが多いんだけど、ついでにパジャマの上からおっぱいを撫でたりしてた。
高校ぐらいになると半裸で寝てることが多くて、乱れた布団をかけ直そうとして一旦捲ると、上半身が裸で下はパンツのみ。
パンツの中に右手を突っ込んでいて、どうやらオナニー途中で寝てるような感じだった。
妹の下着姿は見たことはあったが、生おっぱいは初めてだったからかなり興奮した。 妹の寝息を窺いながら、乳首を指で触ったり、そっと舐めたりしたら、妹が自分のパンツに入れてる右手…
【妹との告白体験談】 何で兄って妹に弱いの?  
2016/04/14 19:38
2016/04/14 19:38
妹は俺より4つ下(当時高1)ってことでそれまでガキあつかいしてきた。ところが夏休みに入った頃妹がたびたび俺のビデオカメラ持ってでかけるようになった。で、ある日妹の部屋に入ったらビデオカメラがあったんで、何撮ってんだろ?と見てみたら豪華な感じの部屋で妹が同級生くらいの男数人とピースをしていた。?と思いながら巻き戻してみるとなんとハメ撮りだった!そこにいた妹は、3人の男のチンポを楽しそうにしゃぶってたり、マンコをドアップで映されたり、次々にまわされて体中に精液をかけられたり。それを見た俺は突然の妹のSEXシーンの衝撃とガキだと思ってた妹なんかに先を越されたという焦りのようなもので…
【出会い系】人妻に車内でフェラ抜きゴックンしてもらった 【ヤリマン】
2015/12/29 08:57
2015/12/29 08:57
ここの体験談に掲載されていた出会い系サイトに登録してしまったんですが 登録時にポイントがプレゼントされていたので そのポイントで出会い系とはどんなものか遊んでみることにしました。使ったのは、不倫リレーションというサイトでそのサイトの掲示板には エッチな女の子たちが色んな書き込みをしていて SNSのような感じで使ってて楽しかったです。プロフィールも自分用に改造して女の子が寄ってくるようにして 掲示板で一際目立ってた30代の主婦にメールを送ってみました。プロフィールの写メがかなり可愛かったので もうすでに相手がいるんじゃないか?と思いましたが 数分経つとメールは返ってきて 「今日会えますか?」と返…
また妻と性感マッサージの先生が愛し合っている所を目撃(見せつけられた)しました
2017/06/10 12:02
2017/06/10 12:02
以前にも投稿しましたが、

また妻と性感マッサージの先生が愛し合っている所を

目撃(見せつけられた)しました。

あれから、もうすっかり先生の女にされてしまった妻は、

私とのノーマルなSEXでは満足できなくなってしまい

私がどんなに妻を攻め立てても、喘ぎ声すら出してもらえません。

それどころかSEXの最中、妻は

「私が先生にイヤらしい性感マッサージを受けている所を、あなたにもう一度見られたい」

と私にしつこく誘ってくる始末です。。

当然、それを聞いて激しい嫉妬心が込み上げてきますが、

それよりも診療所でのあの出来事!!

私が見ている前で、

初対面の男に妻が寝取られてしま…
夜道で白いワゴン車に連れ込まれて・・・
2017/02/26 07:19
2017/02/26 07:19
3年前、私はレイプに遭いました。 バイトが終わって自転車で帰っていると、前に白いワゴン車が停まっているのが見えました。 そこは痴漢がよく出る暗い道で、普段から用心はしていたのですが、まぁ自転車だし大丈夫だろうと思っていました。 その考えが甘かったのです。 私はできるだけそのワゴン車と距離をとって全速力で駆け抜けました。 無事通り過ぎ、ほっとしてると、後ろから車の気配がしました。 さっきの白のワゴン車でした。 窓は暗くなっていて中が見えません。 私は本当に怖くて、自転車を精一杯こぎました。 でも車は私の横にぴったり張り付いています。 ・・・と、その時、車の窓が開き、大きな手が…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【義家族】義娘【エッチな体験談 近親相姦体験談】

・婚約者・真帆【3】?結婚式への道

・バイト帰りにテレクラへ。悲惨な目に!

・イベコンの研修で

・嫁の腰が股を摺り合わせるようにウネリだした・・・

・【姉】Mの刻印 [姉、ミユキ編]【エッチな体験談 近親相姦体験談】

・【オナニー】ブルマ女子の手コキいじめに興奮して

・【職権乱用体験告白】職権乱用とは違うかもしれませんけど【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・熟睡実験

・【妹】AKBの小嶋はるな似の妹 2【エッチな体験談 近親相姦体験談】

・【職権乱用体験告白】催眠療法【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・【姉】俺の目標は姉とのエッチ【エッチな体験談 近親相姦体験談】

・【忘れられない体験】SM地獄【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・【女に犯された男たち】義姉の奴隷のようになってます。【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・寝取らせて妻の潜在的淫乱な心と体を引き出す事に成功した

・彼女がバイト先で輪姦れ、撮影までされてた話

・【不倫】浮気性なお隣の奥さんとスワッピング

・【職権乱用体験告白】副業2005春 ②【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・サークル仲間の巨根にゲーム感覚でヤラれた巨乳の彼女

・学校全体にレイプをバラされた。

・M女だらけのイメクラソープでのエロ体験談

・「…こんな事になってしまったけど、付き合ってほしい

・酔って嫁とお義母さんを取り違えた結果、コスプレエッチをした4

・昔、アルバイト先の女子大生と遊びでセックスしたんだが・・・

・同級生の妹の処女喰い体験談

・わたし、いやらしいおじ様・・・大好きです【エロ体験談】

・卑猥な害虫に寝取らせる夫 長編体験談2【エッチ体験談・人妻】

・【義家族】合鍵で義母の家に…【エッチな体験談 近親相姦体験談】

・【職権乱用体験告白】携帯ショップの女【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

・【人妻体験談】山小屋で発情した大学生が寝ている妻に対して夜這い中出しし、私はそれを見て興奮した