寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

知り合いの彼女がどうしょうもない痴女で名器だった話

2017/01/05 08:46


知人に M という某有名サークルの代表がいて、ひょんなきっかけから彼と知
り合った。要は私の先輩と M の先輩が仲が良くて、事あるたびに呼び出され
奴( M )も同様なポジションだった。
基本的に呑みやイベントに誘われれば断れない性質の俺なので、ほぼ呼び出し
に関しては皆勤賞で、奴もそうだった。そうして、奴とは徐々に仲良くなって
いった。
 
 
ある時、イベントに全体的に線が細いがスタイルの良い女性が現れた。顔はそ
れほど美人ではないが、雰囲気がとても柔らかかった。
聞くと、それが M の彼女で M はベタ惚れらしいという情報を仕入れた。
M に呼ばれ、
M「よぉLOD、紹介するよ。俺の彼女の S。」
俺「あ、どうも。始めまして。入り口で綺麗なんで見とれちゃったよ。M の
彼女なんだぁ。」
S「始めましてぇ。M からよく話を聞いてます(微笑)」
その微笑に俺は、はっとした。
M「LOD。俺は S のこと超好きなんだけど、S がいまいちなんだよぉ。だからって、手出すなよ?」
俺「当たり前じゃーん。俺もお前の彼女に手を出すほど日照ってないよ(笑)」
S「わたし、別に M のこと嫌いじゃないよぉ。ちゃんと好きなのに信じてくれないの。LODさん。何とか言ってぇ。」
俺は、別に仲良いとは言え、M に義理立てするほどのものじゃないし、惚気
話聞いてるほど、暇じゃなかったので、適当に受け答えしてそこを離れようとした。
俺「愛し合う二人を前に、俺もちょっと食傷気味だから、席外すよ(笑)」
M「変な気を使うなよー。俺とお前の仲ジャン」
しらねー。と思いつつ。俺は「あははは、それじゃーねー」と言ってその場を去った。
まぁ、適当にイベントの時間を過ごして、俺も酒が入ったため酩酊状態だった。
先輩と店を出ようとすると、ちょうど S がいた。

俺「あ、Sさん、どうもお疲れさまー。もう帰りまーす。M と帰るの?」
S「あ、お疲れ様ぁ。うん。そのつもりだったんだけど、、なんか捕まったみたいで。。。もぉ。。」
俺「そうなんだぁ、何かと大変なんだよ。許してあげてね?」
S「うん。。LODさんって彼女連れてこないんですかぁ?いるんでしょ?」
俺「まぁいるけど、来たがらないんだよねぇー。まぁ良いんだけど、そっちの方が(笑)」
S「うわぁー、すごい覚めてる。。だめだよぉ。。」
俺「じゃぁ、Sさんが熱くしてくれると嬉しいなぁ(笑)なんちゃってー」
S「口は上手なのね。そういえば、まだ名刺もらってなかったね。いい?」
俺「あ、失礼しました。よろしくお願いします。」と俺は、名刺を差し出した。当然、携帯番号は
入っている。
S「ありがと。わたし、K県で仕事してるんだぁ。バーなんだけど。よかったら来てね。」
と逆にショップカードを差し出された。見たところ普通のバーみたいだ。そうして、軽い会話を
終えると、俺は先輩に連れられ、次の店に向かった。

数日後、友人と新宿の焼き鳥屋で呑んでいると見たことのない番号から携帯がなった。
俺「もしもーし」
電話の主「もしもし?LODさんですか?」女性だった。
俺「はい。。。えと、どなた?」
電話の女性「Sです。声でわからないかなぁ。。ちょっとショック。。」
俺「あーーーーー、この前はどぉもぉー。どうしたんですか?」
嬉しい偶然にちょっと、声が舞い上がった。
S「あ、今大丈夫?」
俺「もぉー全然OKです。野郎呑みしてうだうだしてただけなんでぇー」
ちょっと、ほろ酔い気味のせいか、やけに饒舌な俺。周りの友人数名は
「またかよ・・・」と苦笑気味。賑やかな席を離れて、電話の聞き取りやすい
場所へ移動。
俺「あーすみません。ちょっと飲み屋だったんで、うるさいので移動しました。えと、どうしたんですか?急に。」
S「この前名刺もらったんで、ちょっと電話してみよーかなーって。思って」

俺「Mに怒られちゃいますよー。あいつ嫉妬深いし。独占欲強いし。。。」
S「実はさぁー、そのMのことなんだけど。。。ちょっとねぇ。。」
俺「え?あまりうまく行ってないんですか?そうは見えなかったけど。。」
心の中で、ほくそ笑む俺。
S「決して最初からうまくいってないよぉ。あいつがしきりに「付き合ってくれ」って、
言うし、やさしいからつい付き合っちゃったけど。。」
俺「あらぁぁ。。それは。。うーん。。。何て言ったらいいかわからないけど、
じゃぁ、、LOD相談室でも開きますか?」
S「うん!でも、彼女に悪いじゃない?」
俺「あーいいっていいって。今日はもう微妙な時間だし、いつにする?」
S「あしたかぁ、、仕事あるんだよねぇ、、今日は呑んでるんだよね?」
俺「うん。仕事って例のバー?」
S「うん。そう。終わるのって3時とか、4時とかすごい遅いの。。」
俺「そっかぁー、実は呑んでるけど、今日俺もこれから仕事だから良かったら俺の仕事先くる?」

S「え?何やってるの?」
俺「実は同業なんでーす。23時からなんだけどね。朝の6時までなんです。」
S「えーなんで教えてくれなかったのぉ?え、場所はどこ?」
俺「恵比寿の代官山駅に向かう途中にあるよ?」
S「あ、そうなんだぁ。ちょうど今渋谷にいるし、、、どうしよっかなあ。。」
俺「あ、今俺、新宿なんだけど、22時ちょい過ぎに出るから。一緒に行く?」
S「え?いいの?友達に悪くない?というか、同伴って、そういう水商売なの?」
俺「ちっがうよぉー。普通の飲み屋。あいつらはどっち道、俺が仕事だから別れるし。全然問題ないよー」
S「えー。じゃぁ行っちゃおうかなぁ。。。。。でも行っていいの?」
俺「あーいいよいいいよ。H さん(マスター)に言えば全然OKでーす」
S「じゃぁ、どうしようか?どっかで待ち合わせる?」
俺「じゃぁ、恵比寿駅の西口でいいですかぁ?日比谷線の入り口がある方。」
S「唐突にごめんなさい。じゃぁ22時ちょっと過ぎたころには待ってます。」
俺「はーい。じゃぁまた後ほどー」
S「はい。それじゃ。」



電話を切って友人達がいる席に戻った。友人S、友人Eがそこにはいる。
友人S「どした?LOD」
俺「あー、なんか知り合いの彼女が悩んでんだって。電話してきた。」
友人S「へぇ、、つーか、何でおめーばっか女から電話くんだよ!
お前これから仕事だろ?俺らなんか、野郎同士で、これから2件目だよ」
友人E「で、どうすんの?」
俺「あーなんでも俺の仕事場にくんだって。まぁ、アポとったって感じだな。」
友人S「あーったく。じゃぁ俺もお前の仕事場に行って、その女にあってやる!」
俺「マジ勘弁してよー。いいじゃん。お前らだって、どうせこれから合コンなんだから。」
友人E「そんな日に仕事入れてるお前も付き合い悪いよなぁー。しかも職場アポとかとってよー」
俺「まぁまぁ、こんど誘ってよ(笑)」
と、とってもお馬鹿さんな会話をしつつ22時をそろそろまわりそうなので、店をでることになった。

実は知人Mとは友人Eと俺の共通な知人で、当然その彼女を知ってるので、
店にこられるととっても困るところだった。
幸い友人SとEは2対2の合コンで張り切っていたため、俺の電話の相手が誰か?
なんてことはまったく意に介さなかったのが、非常に幸運だった。歌舞伎町で呑んでいたため、
俺は2人とそこで別れ、俺は缶コーヒーと水を買って酔い覚ましにKOOLを吸いながら、
缶コーヒーを一気飲みし。水で体内アルコールを薄めていった。
新宿西口、小田急の1FにあるCHANELの前で電話した。もちろん相手はS。
俺「あ、Sさん?今どこですかー?」
S「あ、恵比寿です。ちょっと早く来ちゃって。。。」
俺「今新宿出るので、あと15分くらいでいきまーす」
S「待ってますね」
心なしか、落ち込んでるような雰囲気な声だったが、俺は階段をおり、改札を抜けて山手線に乗り込んだ。

一応彼女にメールで仕事に行く旨とバッティングしないようどこにいるか確認した。
彼女Y「仕事がんばってね!今日は、T(彼女Yの親友)と食事して帰ります。時間あったら電話してね。」
俺「終わるのはいつも通り朝までだから、休憩のときに電話します。
それじゃTさんにもよろしくー」
俺は、彼女Yが、Tと食事しているという最大の安牌を引いたので、
安心して仕事に向かった。彼女は某女子大の同年次の学生だった。
気は強いが、まぁ、憎めないところがあって、2年近く付き合っていた。
浮気は過去に容疑はかけられたが、何とか切り抜けて平和な生活を送っている。
安心していると、もう恵比寿についた。胸の高鳴りを抑えつつ、一度しか会ってないので、
どういう顔をしているかすっかり忘れてしまったが、改札を抜けると、
確かに雰囲気が他と若干異なる見覚えのある顔があった。Sだ。

俺「あーどぉもぉー。すみません。お待たせしちゃって。」
S「いいの。ごめんなさい。急に変な事いっちゃって。」
俺「いいのいいの。じゃあ行きましょうか」
俺達は、俺の仕事場の店まで歩いて向かった。
S「お店ってどんな感じ?バー?」
俺「有体にいうとそうですね。えーっと、カウンターに10脚、テーブルが3卓って感じの店です。
人が滅多に来ないんで、暇なんですよ。っていうとHさんに怒られちゃうんですけどね(笑)」
S「へぇーじゃぁバーテンやってるの?」
俺「バーテンっていうか、店二人しか店員いないから、酒も作るし、飯も作りますよ?」
S「へぇ、お料理もするんだぁ。。すごいねぇ。でもこうやって女の子一杯連れて来てるんでしょう?(笑)」
俺「あー無いとは言わないけど、ほとんどないですよ(笑)彼女が来たらや…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【H体験談】男友達に見られながらのオナニーで感じちゃった
2016/12/22 08:24
2016/12/22 08:24
男友達二人の前でオナニーしちゃったんです(苦笑)

先週の土曜日に私のマンションでA君、B君と私の三人で飲んでました。

いつものようにH話してたらA君が・・・。


「ゆみぃもオナニーとかするの?」
さりげな~く聞かれて思わず、「うん。

するよー」て答えちゃったの(後悔)。


「どーやってするの?見たいなぁ!」

私は冗談だと思っていたので

「A君のオナニー見せてくれるんだったら」

すると最後まで言ってないのに突然立ち上がり、私の顔の前におちんちんを出してオナニー始めちゃったんです。

大きいおちんちんと素早い手の動きに見とれてました。 「ちゃんと見せたから、ゆみ…
【Hな体験】元カノが紹介してくれた“ちょっと変態入ってる子”
2016/08/07 12:00
2016/08/07 12:00
僕にはセフレの関係となっている同い年の元カノ(21歳、大学生)がいました。ある日、「誰か格好良い人紹介してよ」と言われ、僕の知り合いで一番格好良いと思われる人を紹介しました。 するとイケメンにめっぽう弱い元カノはすぐに惚れてしまい、紹介してからわずか2週間程で、「エッチしちゃった♪しばらく私とのエッチはお預けね(笑)」と報告を受けました。 紹介しておいてなんですが、悶々とする思いがあったので、「紹介したんだから、エッチな子紹介してよ」と話を振ると、「あ、ちょうど良い子いるよ!つい最近まで出会い系で知り合った35歳の子持ちの男と不倫してた子だけど(笑)」とふざけ半分の返答が…
【近親相姦体験告白】夜這いの思い出  =近親相姦体験=
2015/12/01 20:53
2015/12/01 20:53
東京でオリンピックが開催される直前の夏休みの事だった。 都会ではオリンピック特需とかの影響で、老若男女が盛り上がりを見せていた頃、私の住んでいた地域はライフラインは電気だけで、どこの家庭にもテレビすらなく、戦前を引き摺ったままの田園風景だけが財産だった。  私は中学に上がったばかりで、未だ大人の営みどろこかオナニーさえ未経験で、夢精は経験していたが、毛も生えていなかった様に記憶する。 その頃2歳年上のガキ大将の先輩が居て、地域の中学生の7人しか居なかった男子を全員召集した。 その頃のガキ大将は腕力だけの暴れん坊ではなく、喧嘩も強いが知性的で難しい事を良く知っていて、小さな子供たちま…
【痴漢・レイプ】ゅぃ【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/07/12 15:57
2017/07/12 15:57
前にレイプした子の話なんだけど、親告されなかったので書き込みます。彼女はゅぃ、出会いは¥の掲示板wもともとゆみと言う子に、処女で可愛い子と言う条件で紹介してもらいました。高1で処女で可愛いと言う事は知っていました。でも初めて対面した時、正直びっくりした。こんな可愛い子が¥するの?ってか処女?って感じ。ゅぃは異様な程に可愛く、顔がすんごい小さい。髪はショートで茶髪。体はピチピチで、間違いなく今まで街角で見た、どの女よりも可愛かった。そんで本題の¥、目隠し+手錠で、無事貫通式。内緒で中出し2回しました。補足なんですが、ゅぃに知識がないのをいい事に、安全日を知るためと言って、生理はいつも29日おき…
ネットカフェの個室でオナニーしていた少女とのH体験談
2017/03/11 18:09
2017/03/11 18:09
漫画喫茶でバイトしている者です。

私の店は、全席個室なのですが、

もちろん密室というわけではなく、

ドアは下半分が切れていて

中が見えるようになっています。

このドアの隙間は一見少ししかないように見えて、

中の状況を把握できるように計算されているのです。

そのため、利用者の方は死角にいるつもりでも、

特定の角度からは丸見えなんですよね。

ですから男性のお客様が、

一人でされているのは日常的に見ます。

こちらとしては、汚されなければ

別に構わないので発見しても声はかけません。

そんなある日の事です。

私がいつものように店内を清掃していると、

本棚からいわゆ…
22歳の事務員を会社の女子更衣室でイカせた
2018/06/24 16:19
2018/06/24 16:19
昨年の話です。
22歳のしのぶちゃんという事務の子との出来事。

彼女は彼氏と上手くいってなく、私はその相談相手でした。
ある日、彼女は給湯室に30分ほど篭ったまま出てきません。

(もしや、体調不良で倒れているのか?)

給湯室をノックしても無反応。
慌ててドアを開けると彼女はしゃがみ込んで泣いていました。

「どうしたの?大丈夫?」
「・・・うん」 「とりあえず、こんなとこにいても仕方ないから事務所に戻ろ」
「・・・」

長い髪で覆われて彼女の表情が分かりません。
いつもの元気な彼女とのギャップに私は少々戸惑っていました。

すると突然、彼女は抱きついてきました…
単身赴任先で、モデルだった店長とやってしまいました
2017/03/31 12:20
2017/03/31 12:20
俺は単身赴任中である。
家には妻と子供がいるが、俺ひとりで大阪に住んで4ヶ月になる。

俺はあるチェーン店の本社の人間だ。
店舗の子はみな、すごく可愛いから幸せ。



中でも、ある店舖の店長の子はキツそうだがとても美人でずっとあこがれてた。
名前はアキ(仮)ちゃん。
俺は始め、年下だとばかり思ってたけど、むこうが3つも上でそりゃ~ビックリしたさ。
アキは28歳だが、どう見ても22くらいにしか見えないんで…

元モデル(本当です。本当)でとてもスタイルが良く、俺とつり合わんぐらいオシャレで格好いい女である。
でも彼氏がいない、と。

仕事でよく話すうちに、お互いの悩みなんかも言いあ…
年下の男の子と初めての浮気[前編]
2018/07/10 07:27
2018/07/10 07:27
【旅行でのエッチ体験談】研修旅行で人妻が生理だと聞いて中に出してOKと解釈
2015/11/25 16:00
2015/11/25 16:00
昨年冬の事ですが、会社の出張で関連する人達と地方での出来事でした。 同じ地域の人達と連絡し夜食事をする事になり、私(K)と同じ町の人(男性:I)と隣町の人(女性:当時33歳人妻、未出産:優子)と3人で少しお洒落な居酒屋に入りました。 3人とも翌日の研修前にもかかわらずビールをジョッキを飲むわ飲むわで、話も盛り上がり気が付けば閉店時間、かなりの量を飲んだにもかかわらず、二次会はスナックに・・・・その後お腹空いたと言い3人してラーメンで締めたのですが、話し足りないと優子が言い3人して(私とIは同じホテル)ホテルにタクシーで移動しました。 「じゃー、俺の部屋で飲みなおすか~」 とIにも声掛…
【痴態】別れ話の夜の痴態
2015/12/28 20:19
2015/12/28 20:19
別れ話をした日、彼の所に泊まる予定になっていたので、そのまま同じ布団で寝た。 夜中、多分3時頃だったと思うけど、彼が私の下着の上から手を触れてきた。 別れ話をした事もあって私は眠りが浅かった為にすぐ気付いた。ドキドキしてる 私にキス。彼が舌を入れてきた。私も舌を絡ませる。そして彼の手は私の胸に。 乳首を抓まれ、すぐに声が出てしまった。 私が乳首に弱いことを知っているので、 いつも乳首は念入りに愛撫してくれた。 この日も乳首を痛いくらいに抓まれたり、 指の腹でさすられたり…。自分でもどんどん下半身が濡れてくるのを感じていた。 彼の唇は私の首筋を通って胸に降りてくる。 彼の唇が乳首に触れた途端、…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・綺麗な人妻の顔が快感に歪む

・【不倫】初めての浮気は幼稚園のパパ友でした

・性生活が有料で離婚したら粘着うざー

・モモとノンタン

・男は女とヤル事で頭の中がいっぱい

・【浮気】美人で清楚な社長秘書はいい感じのM女だった

・俺には7歳離れた妹が居る

・輪姦される事で体に性の快感が

・【熟女体験談】服従のポーズをして洗濯ばさみを使ってオナニーをする変態おばさん

・【Hな体験】知り合いの人妻看護婦さんがしてくれた手コキ[後編]

・羽を伸ばしたいという出会い系の人妻

・大学生男女の飲み会の末は乱交SEX

・【Hな体験】知り合いの人妻看護婦さんがしてくれた手コキ[前編]

・【人妻体験談】近親相姦をした息子が嫉妬してくれることに愛おしく思う母

・【熟女体験談】寝ている息子に夜這いをかけ、息子と近親相姦をしてしまい、息子の人生を狂わせてしまった母

・シナ人によりアフリカ内戦を激化 象は絶滅の危機

・人生初の乱交パーティーでしたがエロ勝手が

・あけおめパンティ?ことよろパンティ?

・あんなに綺麗ごとを言っていた母が・・・

・【初体験】処女なのに乳首イキさせられた

・【不倫】もはや童貞食いは私の趣味と言ってもいいかも

・いい人を演じる予定だったけど…

・元カノとの再会が…

・【熟女体験談】エッチな本を見つけたらおばさんに見つかり、オチンチンを舐めて筆下ろしまでしてくれた

・温泉旅行先で会社の同僚に妻が大サービス

・ 寝取られ動画サイトに影響されて、嫁を単独男性宅へ

・【人妻体験談】出会い系で知り合った子持ちママをイカせたら、中出しの許可が出た

・妻に淫らな体験をさせ興奮する私。

・【不倫】工事服の男の巨大なシンボルに私の目は釘付けになった

・下着好きな俺が若い子の脱ぎたて下着を撮影した話をする。