寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

奥手な俺が先生に跨られてナマでチンコ入れられちゃった筆おろし体験

2017/01/03 14:02




当時、俺は特に暗いわけでもなく、

かといってクラスの中心的存在でも無い

ごくフツーの高校3年生で、

年相応に色気づいて

身だしなみなんかには気を使い始めていたものの、

実際に女と話しをするのは苦手(赤面症)という

奥手な高校生だった。

異性を巡る華やかな出来事には縁がなく、

不満はないけど満足感には欠ける

少なくとも青春真っ盛りという生活とは

かけ離れた毎日を過ごしていた。

一方、勉強面はといえば、

私立で一応進学に力を入れていた学校だったから、

そっちの方面はそれなりに忙しかった。


特に3年になると正規の授業の他に

「補講」

と呼ばれる週2回放課後に実施される受験対策の補習が始まって、補習当日は特別な用事のある生徒以外は各自が事前に選択した科目を受講することが半ば義務付けられていたりもした。

その補講で俺は英語と古典を選択していた。

大抵は主要教科である英語や数学、あるいは社会や理科の選択科目を組み合わせて受講する生徒が多く、古典を選択するっていうのは少数派だったんだけど、俺は元々古典が苦手だったことと、古典の担当教諭が実は俺が密かに憧れていたクラスの副担任の先生だったこともあって、俺は殆ど迷うことなく古典を受講科目に選んでいた。

つまり俺としては補講を通じて副担任の先生と多少なりとも親しく話せる機会があればいいなーというやや不純な動機もあったってわけなんだ。

その先生の名前をここでは一応M先生としておく。

M先生は当時おそらく25~26歳で、細身で一見すると大人しそうなお姉さん系の先生だったんだけど、実際は見た目よりもずっとハッキリとした性格で、授業中の男子生徒のH系のツッコミなんかにも動じることが無く、良く通る声と体に似合わない筆圧の強い大きな文字で板書するのが印象的な先生だった。

校内では数少ない若くて見た目の良い先生だったから、男子生徒から人気があってもおかしくなかったんだけど、当時の俺達からすると気軽に友達感覚で話しかけられるっていうタイプの先生ではなかったせいか、俺みたいに密かに憧れてるって奴はいたかもしれないけど、表向きはそれほど目立って人気があるって感じではなかった。

補講は放課後16:30くらいから行われていたと記憶している。

古典を選択する生徒は予想通りそれ程多くなくて、出席するのはたいてい7・8名。

俺としては少人数の授業で必然的にM先生と話しをする機会は増えるし、休憩時間の他愛の無い雑談なんかを通じて、今まで知らなかったM先生の性格や嗜好を知ることができたり、あるいは授業中とは少し違う素に近いM先生の表情や仕草なんかを発見することができたりして、それだけで結構な満足感を覚えていた。

当時の恋愛経験の乏しい俺からすると、憧れのM先生と仲良くなると言えばせいぜいこれぐらいが限界で、更にそこから進んでM先生とリアルな恋愛関係になるなんていうのは想像すら出来ないというのが実際のところだった。

でも、そんなありふれた日常を過ごしていた俺の心境に変化をもたらす出来事は、ある日唐突に起こったんだ。

夏休みが終わって間もない9月の中頃、その日たまたま進路のことで担任に呼び出されていた俺は、放課後誰もいなくなった教室で一人帰り支度をしていた。

西日の差し込む蒸し暑い教室で、俺が帰ろうとしたその矢先、突然M先生が教室に入ってきた。

「あれ、A君(俺)

まだ帰ってなかったの?」

「はぁ、これから帰るとこ・・・ちょっと○○(担任)

に呼ばれてて・・・」

「そうなんだ。

で、勉強の方は順調に進んでるの?」

「んー、いまいちかなー。

今も絞られたしw。

それより先生はどうしたの?」

「私は放課後の見回り。

いつも3年生の教室は私が見回ってるのよ。

誰か悪さしてるのはいないかって。

だからあなたも早く帰りなさいw」

日頃、補講で顔をあわせていることもあってか、M先生は結構気安い調子で話しを続けてきた。

「ところで志望校は決まったの?」

「うーん、まだハッキリとは・・・、やっぱり成績次第だし」

「そうかー。

でも大学って入ることよりも、入った後のほうがずっと大事だからね。

今よりも世界が広がるし、楽しいことも多いよ。

だから今は大変でも頑張って勉強しないとね」

「それは分かってるんだけどさ・・・。

ねぇ先生は大学って楽しかった?」

俺は教室でM先生と二人きりというシチュエーションにかなり胸をドキドキさせつつも、それを気取られないよう、なんとか短い言葉で会話をつなげた。

「私は楽しかったよ。

勉強もしたけど、色々なところに遊びに行ったし、色々な人とも知り合えたし。

だからA君もこれからきっとそういう良い経験が沢山出来ると思うよ」

俺が緊張でドモリそうになるくらいドキドキしてるっていうのに、M先生は当たり前とはいえいつもと口調が全く変わらない。

それにいつもそうなんだけどM先生は人と話しをする時に、殆ど視線を逸らさずに真正面から見つめてくる人なので、俺は射すくめられるような気がして余計気が動転してしまう。

「色々な人かー・・・。

先生は大学の時に彼氏とかいたの?」

図らずもM先生と二人きりの状況になり、それ故の緊張感からか俺は舞い上っていて、つい普段から気になっていたM先生の男関係の質問を率直に尋ねてしまった。

今思えば何でいきなりそんなことをって思うけど、多分あの時は精神的にいっぱいいっぱいだったんだと思う。

「うーん、それは言えないなーw。

そういう話しをすると○○先生に怒られちゃいそうだしw。

でも別にいたとしてもおかしくはないでしょ。

悪いことじゃないんだしw」

多少驚いた表情を浮かべたものの、案の定さらっと受け流すM先生。

「でもそう言うってことはいたんだw」

と、笑いながらも少しショックな俺。

「んー、だから内緒だってw。

でもA君だってこれからきっとそういう人が現れると思うよ。

それとももうそういう人いるんだっけ?ww」

「いやいや俺はそういうの全くだめだからw。

俺、全然モテないしww」

別にことさら卑屈な言い方をするつもりはなかったんだけど、それまで異性に告白をしたりされたりということはおろか、そもそもさしたる恋愛経験すら無いことに日頃から引け目を感じていた俺は、ついそんなコンプレックス丸出しのセリフを口にしてしまう。

「もー、そういうことは自分で言っちゃだめでしょーw。

大丈夫だって、もっと自信を持たないと」

M先生が、しょうがないわねー、みたいな口調で俺を嗜める。

「いや、自信たって俺本当にそういうのダメだしw。

それに今までだってそういうの全然ないしさ」

「でも、だからってそういう風に言ってても始まらないでしょ。

情け無いよ。

全くw」

「いや、でも・・・」

「あのねっ」

情け無いセリフ続きになってしまった俺の言葉をM先生が強引に遮る。

さっきよりも少しだけ言葉の勢いが尖っていた。

「あのね、そういう情けないことは自分で言っちゃだめなの。

物事って考え方ひとつで全然変ってくるもんだし、そんなこと言ってても良いことなんて何もないでしょ。分かってる!?」

「・・・」

「それにね、あなた自分ではそんな風に言ってるけど、私はA君はそんなに悪くないと思うよ。

確かに△△君(同じクラスのバスケ部キャプテン。

こいつはモテモテ)

みたいな感じとは違うけど、真面目だしちゃんと相手のことを考えてあげられる人だし・・・。

いつだったか補講で古典の全集を沢山使った時も、その日私が体調が良くないって言ってたら、授業が終わった後に何も言わずに図書室に戻しておいてくれたことがあったでしょ。

ああいう心遣いってちょっとしたことでもやっぱり女の人は嬉しいもんなんだよ」

「・・・でもそういうのは当たり前のことだし」

「だからそうじゃなくて、そういうことが自然に出来るってことが大事だって言ってるの。

女の人も大人になると見た目のことだけじゃなくて、男の人の全部を見て判断するようになるんだから。

私はA君は大人になったらモテるタイプだと思うよ」

今思えば、これは今ひとつ褒められていないような気もするんだけど、M先生は叱るとも諭すとも言えない口調で俺のことを励ましてくれた。

言葉の端々からM先生が真剣に言ってくれているっていうのが伝わってきたし、俺からするとそれを言ってくれたのがM先生だっていうことが何よりも嬉しかった。

この時期の俺にとって、異性に興味を持ちつつも実際には縁の無い生活をしているというのは、単純にコンプレックスというだけでなく、将来自分も人並みに彼女が出来たりすることはあるんだろうかみたいな漠然とした不安の種でもあったんだけど、M先生にそう言ってもらえたことで、自信という程では無いにせよすごく気は楽になったし、古典の全集の件も喜んでくれていたんだと思うと嬉しくて、俺はなにか居ても立ってもいられないような心持ちになった。

「わかった。じゃあもし誰も相手してくれなかったら先生に相手してもらおうかな」

俺は何を言えばよいかわからなくなってしまい、精一杯のベタな憎まれ口を叩いた後、

「じゃ、帰る」

と言って教室を出た。

「ちゃんと勉強しなさいよ。今はそっちの方が大事だよ!」

後ろからM先生の声が降ってくる。

その声を背中で聞きながらも、俺の頭の中ではM先生の

「A君はそんなに悪くないと思うよ」

という言葉がぐるぐる…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
友達と下心だけで混浴温泉に行ったら、想像を超えるビッチと出会った
2017/08/18 14:00
2017/08/18 14:00
この前、男2人で旅行に行ったんだ。
とりあえず、可愛い子でもいたらいいなというノリで
混浴がある山奥に行く事にした

何個の山を超えて、温泉地の近くにある川沿い
(というか川の隣)にある混浴露天風呂についた。
俺たちの期待はそれはそれはアゲポヨになっていった

その露天風呂は無料で脱衣所だけがあった

俺たちが車を駐車場に止めた時
その風呂から若い女の子が3人上がってきた。
俺たちはほくそ笑みながら温泉に向けて歩き始めた

とにかく汚い脱衣所で服を脱いだ、その脱衣所には、
混浴風呂の心得なるものが貼ってあった。記憶を辿ると

1、原則タオルを湯船に入れないようにしてください
2…
天使
2017/10/15 22:28
2017/10/15 22:28
前話、再婚した友人・完結編 太郎とユウタの父子旅行 太郎(再婚当時33)は前妻礼子に逃げられ、ユウタが残された。 その直後、同級生の真梨子と子連れ再婚して1年。(礼子とも普通に話せるようになったが、礼子はヨーロッパへ移住した) 夏休みには箱根へ家族旅行に行き、宿で「私たちの子どもを作りたい」と真梨子から言われ、中だしをした太郎だったが・・・ 【太郎、散々な長期出張】 旅行から帰ったあとも、俺と真梨子は子作りに励もうとしたが、四国の営業所で内紛がありスタッフが集団退職。一時的な人手不足のため、四国へ1ヶ月の長期出張をすることになった。ユウタと二人暮らしの時、会社に散々迷惑をかけていたの…
韓国人の人妻との熱いセックス体験談
2015/11/06 14:01
2015/11/06 14:01

今までに日本人以外の女性とは5人経験している。
韓国で仕事をしている時に現地妻として楽しませてくれた、21歳と24歳の独身女性。
二人ともスタイル抜群で美人だった。

まあ整形はしているだろうけど・・・。
国内では、ロシア系の人妻M38歳、在日韓国人妻Y29歳と、ここに紹介する最高の女として忘れ得ない思い出となった在日朝鮮人妻Y恵38歳である。

Y恵とは10年余り前に、大阪京橋のテレクラで出会った。
どうも旦那と喧嘩してムシャクシャしていたようだ。投げやりに、会って楽しみたいからとY恵から誘ってきた。

大阪京橋の駅前にあるホテルロビーで出会う。
少しグラマーであるがスタイル抜群で、キリ…
【近親相姦体験告白】弟たちのオナペット(2)
2017/11/21 08:48
2017/11/21 08:48
みんな私の姿勢が変わるたびに胸元やアソコあたりを 見ているのがわかりました。私はわざと遠くのお菓子に手を伸ばして 胸元がゆっくり見えるようにしたり、 体育すわりをしてちょっとだけひざを広げて、パンツを見えるようにしたので、 三人の目は落ち着きませんでした。 そのうちみんなの話も、だんだんHっぽくなってきました。 三人でよくHな漫画本を拾ってきてオナニーをしていた話だとか、 初めて射精した時のこと、射精する時にすごく気持ちよくなること などを話しました。 三人の中では最初に射精を経験したのは弟で、そしてオナニーのやり方を AクンとBクンに教えたそうです。 ある時、いつものように三人でHな漫…
親友と別れた子を慰めていたらその子と結婚できました
2018/01/14 01:03
2018/01/14 01:03
俺は田舎から東京の3流の私立大学を卒業して、某工場に勤めていた時のことです。


俺の親友は同じ東京でも一流の私立大学を卒業して大手の商社に勤めていた。

その彼の名前はKとしておこう。

彼とはなぜか馬が合い、大学時代も、社会人になってもずっと付き合っている。

彼は、東京の有名女子大を卒業した女性と、同じ会社で知り合い付き合っていた。

俺は彼から何度も彼女の話は聞いていたし、彼女と一緒に会ったことも何度もある。


彼女は、身長1m65cm位の大柄で胸もお尻もおおきく、そのくせ腰は見事にくびれている。

肩まである黒髪がよけいに彼女の知性を際立たせていた。
【不倫】脱サラしてたい焼屋の店長になったら若妻が食えた
2017/09/25 10:00
2017/09/25 10:00
愚妻と離婚し、馬鹿な上司の相手にもホトホト疲れ、都落ちと言われながらも、今は誰も住んでいない実家のある新潟市に帰りました。そして退職金を突っ込んで、ホームセンター内のフードコートにある、たい焼き店のオーナー兼店長になりました。 仕事もやっと軌道に乗り、バイトを雇えるだけの売り上げも出てきました。週末の混雑前に、なんとかバイトを採用しようと思い、タウン誌に『アルバイト募集』の案内を載せました。早速、何人かの問い合わせがありましたが、時間と時給が合わずに面接まで行きません。 ところが、閉店間際に主婦という女性から電話が入り、急遽面接をすることになりました。どことなく聞き覚え…
友達の奥さん
2015/11/09 00:05
2015/11/09 00:05
俺の友達に、中学の時の同級生と結婚したやつがいます。 この間、買い物に出かけた時にその奥さんにたまたまあい、話が弾み彼女の家に行く事になりました。 旦那…俺の友達が帰ってくるまでに5時間ほどあり、帰ってくるまで待っている事にしました。 友達夫婦には、子供がいたので俺は子供と遊びながら奥さんと中学の頃の思い出話に花を咲かせていました。 が、子供が遊びつかれて寝てしまい、話が夫婦生活の悩み相談に変わってきました。 友達からも聞いてましたが、子供ができてから夜の営みがなくなってきたみたいです。 ここは、チャ?ンスっとちょっと遠巻きにHな話に持って行きました。 やっぱり食いついてきました。 徐々に奥さ…
ネットカフェで巨根の大学生に調教されちゃった【オナニー・寝取られ】
2016/01/22 00:05
2016/01/22 00:05
夫と野外露出を楽しんでいる私達夫婦は、某ネットカフェでノーパン・ノーブラ姿で休日を送っていました。 そんな中、私が部屋を間違い隣の部屋の戸を開けてしまいました。 隣には大学生(A君)が下半身丸出しで、オナニー真っ最中。そんな姿を私は目撃してしまったんです。 慌てる私が隣の部屋に戻り、夫に相談!夫がA君と話をしてきてくれたんですが、それが元で、私は彼に 抱かれました。しかも夫は・・・・。 数日後・・・。 その日、私は夕食の準備を終え夫の帰りを待ちました。 いつもより帰りが遅い夫は飲んでいた様で、玄関を開けると”飲んで来たよ”とご機嫌です。 夫の肩を抱き寄せ中に入れようとした時、後ろにもう…
転勤で九州勤務となった俺は、Fカップで杉本彩みたいな女に中出ししている
2015/12/10 19:00
2015/12/10 19:00


5年ほど前の話。

当時35歳の俺は熊本に転勤した。




縁もゆかりもない九州に転勤させられたってことで


仕事ができるかどうかは察してくれ。




子供はいないし嫁は友達と機嫌よく遊んでいたので、


俺は土日といえば釣り三昧のリアル浜ちゃん生活を送っていた。




嫁とはレス、支店の女性は、森山中村上(30)、


ハリセンボンはるか(25)、高橋真麻(24)に加えて


パートのエドはるみ(44)、東海林のり子(41)で


チ○コはピクリともせず。





かといってせっかくの熊本ながら…
結婚式当日、2次会で嫁がグチャグチャに犯されるようにしてみた寝取られ夫
2016/03/21 19:43
2016/03/21 19:43
私たちは新婚です。
先日結婚式を挙げたのですが、2次会がすごいことになったので報告します。

以前から私は妻の寝取られに興味があり、普段からエッチのときに指を咥えさせながら
「これは何?もう一本咥えてるみたい?」
などと言って3Pなどを意識させていました。




妻もそんなときにには
「いやっ、そんなのダメ・・」
などと言いながらあそこをぐしょぐしょにしていました。

そして先日の2次会です。

昔の同級生(男女15人ほど)と多少酒も入ってきた頃に、定番のキスコールが始まりました。
まあキスぐらい普通にできるので、少し勢いづいてディープキスを披露しました。

周りからも歓声があ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【浮気】小悪魔な元カノに翻弄されて人生初の中出し[前編]

・お姉ちゃんがシテあげるね

・【画像】JDのあたし将がJKコスプレしてみた結果♡♡♡

・ブルセラショップで下着を売っていた私と、キモいおっさんの話

・山岳スキー部合宿の思い出

・妻を寝取らせることにしたら【人妻・寝取られ体験談】

・【近親相姦体験告白】母にペニバンで犯してもらった

・【人妻体験談】短小マザコン大学生がアブノーマルな母と近親相姦

・外国人とのSEXは強烈でスポーツ並に汗だくになる件www

・人妻になった同級生に中出し【人妻体験談】

・❤義兄と2人での留守番はドキドキ

・30代人妻^ ^

・好色淫熟妻・眞澄(Age51)?1

・人生最高エッチで最悪な体験談

・ナンパ師な俺が高齢処女のバージンを喪失させたったwww

・大人のブルマっていやらしいねw【体験談】

・職場でするのが大好きなOLさん

・“脳イキ”できる美人な奥様を“腹部責め”で攻略

・真面目なレギュラー達は、練習後に不真面目に乱交してました

・泥酔して失禁したブスになぜか女を感じて

・大学の吹奏楽部で浮気しまくり

・33歳バツイチのいとことのセックスを、覗いていたいとこの娘に…

・今日妻が上司とセックスするはず・・・

・同僚が、、、、、、

・【Hな体験】同級生がしてくれためっちゃ気持ちいいフェラ

・温泉で妻がやってくれました

・俺を兄貴を間違えて誘って来た兄嫁とそのまま

・美魔女と言われる私は、25歳も若い男の前で一匹の牝になっていました

・ヨーロッパのポルノ映画館を嫁の性教育に使わせてもらった体験談

・マッサージのおばさんが・・・