寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

奥手な俺が先生に跨られてナマでチンコ入れられちゃった筆おろし体験

2017/01/03 14:02




当時、俺は特に暗いわけでもなく、

かといってクラスの中心的存在でも無い

ごくフツーの高校3年生で、

年相応に色気づいて

身だしなみなんかには気を使い始めていたものの、

実際に女と話しをするのは苦手(赤面症)という

奥手な高校生だった。

異性を巡る華やかな出来事には縁がなく、

不満はないけど満足感には欠ける

少なくとも青春真っ盛りという生活とは

かけ離れた毎日を過ごしていた。

一方、勉強面はといえば、

私立で一応進学に力を入れていた学校だったから、

そっちの方面はそれなりに忙しかった。


特に3年になると正規の授業の他に

「補講」

と呼ばれる週2回放課後に実施される受験対策の補習が始まって、補習当日は特別な用事のある生徒以外は各自が事前に選択した科目を受講することが半ば義務付けられていたりもした。

その補講で俺は英語と古典を選択していた。

大抵は主要教科である英語や数学、あるいは社会や理科の選択科目を組み合わせて受講する生徒が多く、古典を選択するっていうのは少数派だったんだけど、俺は元々古典が苦手だったことと、古典の担当教諭が実は俺が密かに憧れていたクラスの副担任の先生だったこともあって、俺は殆ど迷うことなく古典を受講科目に選んでいた。

つまり俺としては補講を通じて副担任の先生と多少なりとも親しく話せる機会があればいいなーというやや不純な動機もあったってわけなんだ。

その先生の名前をここでは一応M先生としておく。

M先生は当時おそらく25~26歳で、細身で一見すると大人しそうなお姉さん系の先生だったんだけど、実際は見た目よりもずっとハッキリとした性格で、授業中の男子生徒のH系のツッコミなんかにも動じることが無く、良く通る声と体に似合わない筆圧の強い大きな文字で板書するのが印象的な先生だった。

校内では数少ない若くて見た目の良い先生だったから、男子生徒から人気があってもおかしくなかったんだけど、当時の俺達からすると気軽に友達感覚で話しかけられるっていうタイプの先生ではなかったせいか、俺みたいに密かに憧れてるって奴はいたかもしれないけど、表向きはそれほど目立って人気があるって感じではなかった。

補講は放課後16:30くらいから行われていたと記憶している。

古典を選択する生徒は予想通りそれ程多くなくて、出席するのはたいてい7・8名。

俺としては少人数の授業で必然的にM先生と話しをする機会は増えるし、休憩時間の他愛の無い雑談なんかを通じて、今まで知らなかったM先生の性格や嗜好を知ることができたり、あるいは授業中とは少し違う素に近いM先生の表情や仕草なんかを発見することができたりして、それだけで結構な満足感を覚えていた。

当時の恋愛経験の乏しい俺からすると、憧れのM先生と仲良くなると言えばせいぜいこれぐらいが限界で、更にそこから進んでM先生とリアルな恋愛関係になるなんていうのは想像すら出来ないというのが実際のところだった。

でも、そんなありふれた日常を過ごしていた俺の心境に変化をもたらす出来事は、ある日唐突に起こったんだ。

夏休みが終わって間もない9月の中頃、その日たまたま進路のことで担任に呼び出されていた俺は、放課後誰もいなくなった教室で一人帰り支度をしていた。

西日の差し込む蒸し暑い教室で、俺が帰ろうとしたその矢先、突然M先生が教室に入ってきた。

「あれ、A君(俺)

まだ帰ってなかったの?」

「はぁ、これから帰るとこ・・・ちょっと○○(担任)

に呼ばれてて・・・」

「そうなんだ。

で、勉強の方は順調に進んでるの?」

「んー、いまいちかなー。

今も絞られたしw。

それより先生はどうしたの?」

「私は放課後の見回り。

いつも3年生の教室は私が見回ってるのよ。

誰か悪さしてるのはいないかって。

だからあなたも早く帰りなさいw」

日頃、補講で顔をあわせていることもあってか、M先生は結構気安い調子で話しを続けてきた。

「ところで志望校は決まったの?」

「うーん、まだハッキリとは・・・、やっぱり成績次第だし」

「そうかー。

でも大学って入ることよりも、入った後のほうがずっと大事だからね。

今よりも世界が広がるし、楽しいことも多いよ。

だから今は大変でも頑張って勉強しないとね」

「それは分かってるんだけどさ・・・。

ねぇ先生は大学って楽しかった?」

俺は教室でM先生と二人きりというシチュエーションにかなり胸をドキドキさせつつも、それを気取られないよう、なんとか短い言葉で会話をつなげた。

「私は楽しかったよ。

勉強もしたけど、色々なところに遊びに行ったし、色々な人とも知り合えたし。

だからA君もこれからきっとそういう良い経験が沢山出来ると思うよ」

俺が緊張でドモリそうになるくらいドキドキしてるっていうのに、M先生は当たり前とはいえいつもと口調が全く変わらない。

それにいつもそうなんだけどM先生は人と話しをする時に、殆ど視線を逸らさずに真正面から見つめてくる人なので、俺は射すくめられるような気がして余計気が動転してしまう。

「色々な人かー・・・。

先生は大学の時に彼氏とかいたの?」

図らずもM先生と二人きりの状況になり、それ故の緊張感からか俺は舞い上っていて、つい普段から気になっていたM先生の男関係の質問を率直に尋ねてしまった。

今思えば何でいきなりそんなことをって思うけど、多分あの時は精神的にいっぱいいっぱいだったんだと思う。

「うーん、それは言えないなーw。

そういう話しをすると○○先生に怒られちゃいそうだしw。

でも別にいたとしてもおかしくはないでしょ。

悪いことじゃないんだしw」

多少驚いた表情を浮かべたものの、案の定さらっと受け流すM先生。

「でもそう言うってことはいたんだw」

と、笑いながらも少しショックな俺。

「んー、だから内緒だってw。

でもA君だってこれからきっとそういう人が現れると思うよ。

それとももうそういう人いるんだっけ?ww」

「いやいや俺はそういうの全くだめだからw。

俺、全然モテないしww」

別にことさら卑屈な言い方をするつもりはなかったんだけど、それまで異性に告白をしたりされたりということはおろか、そもそもさしたる恋愛経験すら無いことに日頃から引け目を感じていた俺は、ついそんなコンプレックス丸出しのセリフを口にしてしまう。

「もー、そういうことは自分で言っちゃだめでしょーw。

大丈夫だって、もっと自信を持たないと」

M先生が、しょうがないわねー、みたいな口調で俺を嗜める。

「いや、自信たって俺本当にそういうのダメだしw。

それに今までだってそういうの全然ないしさ」

「でも、だからってそういう風に言ってても始まらないでしょ。

情け無いよ。

全くw」

「いや、でも・・・」

「あのねっ」

情け無いセリフ続きになってしまった俺の言葉をM先生が強引に遮る。

さっきよりも少しだけ言葉の勢いが尖っていた。

「あのね、そういう情けないことは自分で言っちゃだめなの。

物事って考え方ひとつで全然変ってくるもんだし、そんなこと言ってても良いことなんて何もないでしょ。分かってる!?」

「・・・」

「それにね、あなた自分ではそんな風に言ってるけど、私はA君はそんなに悪くないと思うよ。

確かに△△君(同じクラスのバスケ部キャプテン。

こいつはモテモテ)

みたいな感じとは違うけど、真面目だしちゃんと相手のことを考えてあげられる人だし・・・。

いつだったか補講で古典の全集を沢山使った時も、その日私が体調が良くないって言ってたら、授業が終わった後に何も言わずに図書室に戻しておいてくれたことがあったでしょ。

ああいう心遣いってちょっとしたことでもやっぱり女の人は嬉しいもんなんだよ」

「・・・でもそういうのは当たり前のことだし」

「だからそうじゃなくて、そういうことが自然に出来るってことが大事だって言ってるの。

女の人も大人になると見た目のことだけじゃなくて、男の人の全部を見て判断するようになるんだから。

私はA君は大人になったらモテるタイプだと思うよ」

今思えば、これは今ひとつ褒められていないような気もするんだけど、M先生は叱るとも諭すとも言えない口調で俺のことを励ましてくれた。

言葉の端々からM先生が真剣に言ってくれているっていうのが伝わってきたし、俺からするとそれを言ってくれたのがM先生だっていうことが何よりも嬉しかった。

この時期の俺にとって、異性に興味を持ちつつも実際には縁の無い生活をしているというのは、単純にコンプレックスというだけでなく、将来自分も人並みに彼女が出来たりすることはあるんだろうかみたいな漠然とした不安の種でもあったんだけど、M先生にそう言ってもらえたことで、自信という程では無いにせよすごく気は楽になったし、古典の全集の件も喜んでくれていたんだと思うと嬉しくて、俺はなにか居ても立ってもいられないような心持ちになった。

「わかった。じゃあもし誰も相手してくれなかったら先生に相手してもらおうかな」

俺は何を言えばよいかわからなくなってしまい、精一杯のベタな憎まれ口を叩いた後、

「じゃ、帰る」

と言って教室を出た。

「ちゃんと勉強しなさいよ。今はそっちの方が大事だよ!」

後ろからM先生の声が降ってくる。

その声を背中で聞きながらも、俺の頭の中ではM先生の

「A君はそんなに悪くないと思うよ」

という言葉がぐるぐる…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【レイプ・痴漢】痴漢と仲良くなった話 【エッチな体験談・レイプ、強姦】【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2016/12/28 10:52
2016/12/28 10:52
ことの始まりは朝の通勤電車だった。電車が動き始めてすぐに自分の尻に手が伸びてきて、咄嗟に「あ、痴漢だ」と思った。しかし、つい先日まで違う人にずっと痴漢されていたのもあり、「今度は違う人かー」くらいの感覚でその日はハーフパンツにタイツも履いていたから大したことも出来なかろうと思い、そのまま無視を決め込んだ。するとこっちが何も抵抗しないので痴漢は尻をがしがし揉みしだきだした。初めから様子見することもなく、変に積極的だなとずれたことを自分は思っていた。私の目的の駅は3駅くらいなのでその日はすぐに解放されて終わった。次の日、同じ電車に乗り特に何の違和感もなく目的の駅に着いた。正確にいえば、尻に多少の…
嫁と初めて行ったカップル喫茶体験談【寝取られ】
2015/09/16 15:10
2015/09/16 15:10

今思ったのだが、3人の男の子の住所がわかっているのなら、カップル喫茶ではなく、5人でホテルに行けば良いのにと思い、しょうさんに聞くと

「ん?だってここなら、いい出会いもあるしね。今日の君たちみたいに。」
そう言って微笑んだ。

佳恵さんは今度はバックの体勢になり、尋常ではないくらいデカいチンポに突かれている。
さっき射精してしまった男の子は横に座っているが、もう一人の男の子が大きなチンポを佳恵さんにくわえさせている。

バックで突かれながら、上の口もチンポをくわえている佳恵さん。
そのエロ過ぎる姿を、しょうさんはニコニコしながら見ている。
香奈は、その衝撃的な光景を、顔を上気させながら熱…
出会い系で風俗で働きたがってるぽっちゃり垂れパイギャルとあった結果
2018/01/08 22:02
2018/01/08 22:02
出会い系でぽっちゃり25歳の女「ルミ」。

バスト95(Fカップ)ちょっと垂れパイ・・・。

風俗で働きたいとの事で、面接した。

色々な質問をするが、何でも「大丈夫です!」と話すルミ。

本当にッ?と思いつつも、

「実際に実演してみようか?」と話すと、「はい!」とやる気満々です。

ルミから服を脱いでいく!

恥ずかしそうに胸と股間は隠す。

「じゃあ、シャワー浴びますか?」と、

一緒に風呂場に行くとルミから洗ってくれる。

緊張しながら丁寧にペニス・アナル・全身を洗ってくれた。

ワザと、ルミの顔の前にペニスを出すと、

一瞬私の顔を見てから、ペニスをくわえ込む!

会ってから15…
【寝取られ】王者 【体験談】
2017/09/22 04:31
2017/09/22 04:31
最近彼女の様子が何かおかしい。 僕には高校の時から付き合っている「さやか」という彼女がいるのだが、最近その彼女が全然僕と会ってくれない。 久々に会えると思っても、急に用事が入ったり、体調を崩してしまったりとかで、ここ数か月は本当に会えない日が続いている。 ちなみに僕も彼女も今年の春、大学に入学したばかりの大学1回生なのだが、残念ながら通っている大学が違う。 僕としては彼女と同じ大学に入りたかったのだが、向こうの親の方針で彼女は女子大へ行くことになり、それは不可能となってしまった。 しかし、お互いに大学には通いで、家もさほど遠くなかったこと、一番はお互いにラブラブだったこともあり、彼女と…
取引先の巨乳の人妻が、酔ってフラフラしてたのでラブホに連れ込んでみた
2016/09/08 17:00
2016/09/08 17:00
ルミコは取引先の事務の女。37歳で1児の母。
童顔で小柄なのでどう見ても30代前半にしか見えない。
その会社の部署では最年長の女性社員なのだが、明るい性格と巨乳スタイルで男性社員の人気者らしく男にはちょっと偉そうな態度。たしかに色白できめ細かいもち肌で、そこらへんの若い娘より確かにきれいかも。私としてはちょっとウェストが太めなのが好みでなかったのですが・・・。


ある土曜日、渋谷の居酒屋で大学時代の倶楽部の仲間で飲んでいたところ座敷のとなりのテーブルの団体さんが男女で盛り上がっているようでした。

私は背を向けていたので見ていなかったのですが、仲間の一人が
「胸で…
【近親相姦】いとこのおねえちゃんの裸【体験談】
2015/10/04 17:22
2015/10/04 17:22
夏休みに田舎に遊びに行った時、母屋から離れたところにお風呂があった当時15、6歳の従姉のおねえちゃんがお風呂に入っていた。 脱衣所の中に入ると木枠の扉には、節穴があいていた。そっとその穴から中を覗き見る。そこには、おねえちゃんが素っ裸で、正座をして髪を洗う姿があった。丸くて柔らかそうなお尻が、足の裏のかかと部分に乗っていた。 こちらにお尻を突き出すような格好で髪を洗うおねえちゃん。ドキドキしたことを覚えているそれまで大人の女性の裸は母親のしか見たことが無かった。 おねえちゃんは母親と同じように乳房も膨らみ、陰毛も生えていた。「おねえちゃん、おかあさんと同じ裸だ」 そのことがなぜか嬉しかった記憶…
新婦友人のドレス
2017/10/17 02:28
2017/10/17 02:28
「ビリッ」と服が裂ける音がした。 ここは俺のバイト先である某結婚式場ホール。 大学3年の俺、山田ケンゴ(21)は、インカムをつけてロビーで案内係をしていた。先ほどまでは、色とりどりのドレスで着飾った新婦友人など多くの参列者でロビーは人で溢れていたが、一応、昼間の部の披露宴は全部開宴して、さっきの喧噪とは打って変わりロビーは閑散としている。 さて、まかないのおにぎりでも食いに行くか、と思ったところ、服が裂ける音が。 振り向くと、ど派手なピンク色のドレスを着た若い女性がうずくまっていた。 目元がくっきりとした、かわいい感じの人だ。 「お客様、大丈夫ですか?」 「服が破れてしまったみたい・・・」…
童顔で可愛い素人妊婦さんの黒く大きな乳首【腹ボテSEX】
2015/11/16 00:13
2015/11/16 00:13
身ごもっている腹ボテの素人妊婦と
中出しSEXしてきました

そんな狂った素人の妊婦をどこで見つけたと言うと
出会い系サイトにいたんです

たまにとんでもない魔物がいるもんです

何故妊娠中なのに、出会い系したかと聞くと
妊娠してから旦那の浮気が発覚し、
とっちめたはいいが腹の虫が収まらない、
という若妻だった




とりあえず離婚はしないし、
かといってただ我慢するのも悔しい。

不倫も本気でしたいとは言わないけど、
ちょっとした浮気には興味あり。

子供が生まれる前に一度、
他の男とSEXもしたいという事で

タイミング良く会えたのが俺。

ただただ、いい目を見させてもらったw…
【近親相姦】【服装センス】彼氏の服は普通なのに私にプレゼントしてくれる服だけなぜか蛍光色のベルボ
2015/10/03 18:12
2015/10/03 18:12
28:おさかなくわえた名無しさん2013/09/05(木) 02:34:39.95ID:QIC7CJ78 昔の彼氏の話を投下プレゼントするのが好きな男性で、誕生日でもクリスマスでもないのに いろいろプレゼントしてくれたんだけど、センスが致命的だった私は仕事柄、NATURAL BEAUTY BASICとかシックな服を着てるんだけど 「こういう柄は持ってなさそうだから」 「若いんだから、明るい色も似合うと思って」 などと言って、私のセンスには合わない服ばかり買ってきた ちょっとダサいとか、ちょっと派手とか通り越した服29: おさかなくわえた名無しさん 2013/09/05(木) 02:35:50…
義母は羞恥を浮かべながらもジャージの上から手を逃す事はなかった
2017/07/31 17:00
2017/07/31 17:00
妻の母親、江美子(58歳)。
ある日に突然、妻の携帯に義母から、「家まで送って欲しい」との連絡が入った。
妻は家事が残ってるから私に代わりに送って欲しいとの事。
仕方なく、私は義母が待つ場所に向かった。
ちなみに車は車検中で、代車の古い軽自動車。
初夏の少し暑い夜、義母は薄手のワンピースにカーディガンを羽織っている。

「悪いわね、お願いね」

助手席に乗り込んで来る義母から微かに香水の香りが漂う。
化粧もきっちりとしており、何となく熟女の色香が漂う義母。
友達との久しぶりの外出で、食事の時に少し飲み過ぎたと笑顔を見せていた。
普段の義母とは全く違う表情と仕草に、妙な興奮を覚えてし…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【Hな体験】週末はピンサロで働く新入社員の娘と

・【痴漢・レイプ】ビデオ恐喝

・私の今までの体験談

・【乱交】二穴セックスでイキ過ぎて痙攣が止まらなくなった

・【痴漢・レイプ】友達の脅迫

・彼氏とのセックスをもっとよくしたくて、不感症専門クリニックに行った結果

・クラブでナンパした巨乳人妻を自宅に連れ込み中出しセックス 3

・おちんちんをさわらせる風習

・【熟女体験談】爆乳熟女店員の乳首まで見える胸チラを盗撮し、最高のオナネタとなった

・Gカップの義姉とラブラブ種付けセックス[後編]

・クラブでナンパした巨乳人妻を自宅に連れ込み中出しセックス 2

・【痴漢・レイプ】二人の男に嬲られる妄想

・セックス嫌いな彼女を酔わせてイタズラ三昧

・クラブでナンパした巨乳人妻を自宅に連れ込み中出しセックス 1

・【人妻体験談】シミ付きパンティを売る素人若妻を動画撮影レイプ

・偶然再会した後輩のお母さんと自宅で密会

・主人に月一、バイアグラとトノスで愛してもらっています

・【不倫】顔以外は最高の人妻にマスクを被せて[後編]

・【衝撃】フ●ラして金稼いでる男だけど質問ある?

・綺麗でスタイルのいいお向かいの奥さんと淫靡な関係に

・童貞なのに従兄弟と従兄弟の彼女と3P して即発射した

・~悦子との不倫~

・妻とのセックスの後には・・・

・女装風俗行った時疑問を持ったことがあるんやけど

・高校時代の数学の先生

・【痴漢・レイプ】ネットカフェ

・【人妻体験談】高校の合格祝いで息子と母子旅行に行ったら夜中に近親相姦レイプされた

・【熟女体験談】M女な高齢淫乱おばさんが車で寝ているところを襲って勝手に中出し

・何喰わく顔して結婚する女部下

・【不倫】顔以外は最高の人妻にマスクを被せて[前編]