寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

奥手な俺が先生に跨られてナマでチンコ入れられちゃった筆おろし体験

2017/01/03 14:02




当時、俺は特に暗いわけでもなく、

かといってクラスの中心的存在でも無い

ごくフツーの高校3年生で、

年相応に色気づいて

身だしなみなんかには気を使い始めていたものの、

実際に女と話しをするのは苦手(赤面症)という

奥手な高校生だった。

異性を巡る華やかな出来事には縁がなく、

不満はないけど満足感には欠ける

少なくとも青春真っ盛りという生活とは

かけ離れた毎日を過ごしていた。

一方、勉強面はといえば、

私立で一応進学に力を入れていた学校だったから、

そっちの方面はそれなりに忙しかった。


特に3年になると正規の授業の他に

「補講」

と呼ばれる週2回放課後に実施される受験対策の補習が始まって、補習当日は特別な用事のある生徒以外は各自が事前に選択した科目を受講することが半ば義務付けられていたりもした。

その補講で俺は英語と古典を選択していた。

大抵は主要教科である英語や数学、あるいは社会や理科の選択科目を組み合わせて受講する生徒が多く、古典を選択するっていうのは少数派だったんだけど、俺は元々古典が苦手だったことと、古典の担当教諭が実は俺が密かに憧れていたクラスの副担任の先生だったこともあって、俺は殆ど迷うことなく古典を受講科目に選んでいた。

つまり俺としては補講を通じて副担任の先生と多少なりとも親しく話せる機会があればいいなーというやや不純な動機もあったってわけなんだ。

その先生の名前をここでは一応M先生としておく。

M先生は当時おそらく25~26歳で、細身で一見すると大人しそうなお姉さん系の先生だったんだけど、実際は見た目よりもずっとハッキリとした性格で、授業中の男子生徒のH系のツッコミなんかにも動じることが無く、良く通る声と体に似合わない筆圧の強い大きな文字で板書するのが印象的な先生だった。

校内では数少ない若くて見た目の良い先生だったから、男子生徒から人気があってもおかしくなかったんだけど、当時の俺達からすると気軽に友達感覚で話しかけられるっていうタイプの先生ではなかったせいか、俺みたいに密かに憧れてるって奴はいたかもしれないけど、表向きはそれほど目立って人気があるって感じではなかった。

補講は放課後16:30くらいから行われていたと記憶している。

古典を選択する生徒は予想通りそれ程多くなくて、出席するのはたいてい7・8名。

俺としては少人数の授業で必然的にM先生と話しをする機会は増えるし、休憩時間の他愛の無い雑談なんかを通じて、今まで知らなかったM先生の性格や嗜好を知ることができたり、あるいは授業中とは少し違う素に近いM先生の表情や仕草なんかを発見することができたりして、それだけで結構な満足感を覚えていた。

当時の恋愛経験の乏しい俺からすると、憧れのM先生と仲良くなると言えばせいぜいこれぐらいが限界で、更にそこから進んでM先生とリアルな恋愛関係になるなんていうのは想像すら出来ないというのが実際のところだった。

でも、そんなありふれた日常を過ごしていた俺の心境に変化をもたらす出来事は、ある日唐突に起こったんだ。

夏休みが終わって間もない9月の中頃、その日たまたま進路のことで担任に呼び出されていた俺は、放課後誰もいなくなった教室で一人帰り支度をしていた。

西日の差し込む蒸し暑い教室で、俺が帰ろうとしたその矢先、突然M先生が教室に入ってきた。

「あれ、A君(俺)

まだ帰ってなかったの?」

「はぁ、これから帰るとこ・・・ちょっと○○(担任)

に呼ばれてて・・・」

「そうなんだ。

で、勉強の方は順調に進んでるの?」

「んー、いまいちかなー。

今も絞られたしw。

それより先生はどうしたの?」

「私は放課後の見回り。

いつも3年生の教室は私が見回ってるのよ。

誰か悪さしてるのはいないかって。

だからあなたも早く帰りなさいw」

日頃、補講で顔をあわせていることもあってか、M先生は結構気安い調子で話しを続けてきた。

「ところで志望校は決まったの?」

「うーん、まだハッキリとは・・・、やっぱり成績次第だし」

「そうかー。

でも大学って入ることよりも、入った後のほうがずっと大事だからね。

今よりも世界が広がるし、楽しいことも多いよ。

だから今は大変でも頑張って勉強しないとね」

「それは分かってるんだけどさ・・・。

ねぇ先生は大学って楽しかった?」

俺は教室でM先生と二人きりというシチュエーションにかなり胸をドキドキさせつつも、それを気取られないよう、なんとか短い言葉で会話をつなげた。

「私は楽しかったよ。

勉強もしたけど、色々なところに遊びに行ったし、色々な人とも知り合えたし。

だからA君もこれからきっとそういう良い経験が沢山出来ると思うよ」

俺が緊張でドモリそうになるくらいドキドキしてるっていうのに、M先生は当たり前とはいえいつもと口調が全く変わらない。

それにいつもそうなんだけどM先生は人と話しをする時に、殆ど視線を逸らさずに真正面から見つめてくる人なので、俺は射すくめられるような気がして余計気が動転してしまう。

「色々な人かー・・・。

先生は大学の時に彼氏とかいたの?」

図らずもM先生と二人きりの状況になり、それ故の緊張感からか俺は舞い上っていて、つい普段から気になっていたM先生の男関係の質問を率直に尋ねてしまった。

今思えば何でいきなりそんなことをって思うけど、多分あの時は精神的にいっぱいいっぱいだったんだと思う。

「うーん、それは言えないなーw。

そういう話しをすると○○先生に怒られちゃいそうだしw。

でも別にいたとしてもおかしくはないでしょ。

悪いことじゃないんだしw」

多少驚いた表情を浮かべたものの、案の定さらっと受け流すM先生。

「でもそう言うってことはいたんだw」

と、笑いながらも少しショックな俺。

「んー、だから内緒だってw。

でもA君だってこれからきっとそういう人が現れると思うよ。

それとももうそういう人いるんだっけ?ww」

「いやいや俺はそういうの全くだめだからw。

俺、全然モテないしww」

別にことさら卑屈な言い方をするつもりはなかったんだけど、それまで異性に告白をしたりされたりということはおろか、そもそもさしたる恋愛経験すら無いことに日頃から引け目を感じていた俺は、ついそんなコンプレックス丸出しのセリフを口にしてしまう。

「もー、そういうことは自分で言っちゃだめでしょーw。

大丈夫だって、もっと自信を持たないと」

M先生が、しょうがないわねー、みたいな口調で俺を嗜める。

「いや、自信たって俺本当にそういうのダメだしw。

それに今までだってそういうの全然ないしさ」

「でも、だからってそういう風に言ってても始まらないでしょ。

情け無いよ。

全くw」

「いや、でも・・・」

「あのねっ」

情け無いセリフ続きになってしまった俺の言葉をM先生が強引に遮る。

さっきよりも少しだけ言葉の勢いが尖っていた。

「あのね、そういう情けないことは自分で言っちゃだめなの。

物事って考え方ひとつで全然変ってくるもんだし、そんなこと言ってても良いことなんて何もないでしょ。分かってる!?」

「・・・」

「それにね、あなた自分ではそんな風に言ってるけど、私はA君はそんなに悪くないと思うよ。

確かに△△君(同じクラスのバスケ部キャプテン。

こいつはモテモテ)

みたいな感じとは違うけど、真面目だしちゃんと相手のことを考えてあげられる人だし・・・。

いつだったか補講で古典の全集を沢山使った時も、その日私が体調が良くないって言ってたら、授業が終わった後に何も言わずに図書室に戻しておいてくれたことがあったでしょ。

ああいう心遣いってちょっとしたことでもやっぱり女の人は嬉しいもんなんだよ」

「・・・でもそういうのは当たり前のことだし」

「だからそうじゃなくて、そういうことが自然に出来るってことが大事だって言ってるの。

女の人も大人になると見た目のことだけじゃなくて、男の人の全部を見て判断するようになるんだから。

私はA君は大人になったらモテるタイプだと思うよ」

今思えば、これは今ひとつ褒められていないような気もするんだけど、M先生は叱るとも諭すとも言えない口調で俺のことを励ましてくれた。

言葉の端々からM先生が真剣に言ってくれているっていうのが伝わってきたし、俺からするとそれを言ってくれたのがM先生だっていうことが何よりも嬉しかった。

この時期の俺にとって、異性に興味を持ちつつも実際には縁の無い生活をしているというのは、単純にコンプレックスというだけでなく、将来自分も人並みに彼女が出来たりすることはあるんだろうかみたいな漠然とした不安の種でもあったんだけど、M先生にそう言ってもらえたことで、自信という程では無いにせよすごく気は楽になったし、古典の全集の件も喜んでくれていたんだと思うと嬉しくて、俺はなにか居ても立ってもいられないような心持ちになった。

「わかった。じゃあもし誰も相手してくれなかったら先生に相手してもらおうかな」

俺は何を言えばよいかわからなくなってしまい、精一杯のベタな憎まれ口を叩いた後、

「じゃ、帰る」

と言って教室を出た。

「ちゃんと勉強しなさいよ。今はそっちの方が大事だよ!」

後ろからM先生の声が降ってくる。

その声を背中で聞きながらも、俺の頭の中ではM先生の

「A君はそんなに悪くないと思うよ」

という言葉がぐるぐる…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
転勤してきた20代の女の子が職場で悪戯されてる件
2017/09/22 18:02
2017/09/22 18:02
今年、今の職場に転勤してきた20代女の子の話

転勤してきたときに、

男関係で何かあったという噂が何となく立っていた。

でも、そんなことは全く感じさせない雰囲気があった。

身長が150cmくらいでぱっと見中学生にも見えるような童顔。

明るくて元気で、

「何かお手伝いすることありませんか?」

なんて、いつも積極的に声をかけてくれる。

うちの職場は真面目な既婚者ばかりで、

彼女をどうにかしようと思うやつはいない。

俺も、彼女のことは、

働き者の元気な女の子だなあ、

ってしか見てなかった。

うちの職場は全国に支店があって、

かなり大きい企業だ。

【近親相姦】女子アナの胸チラ、おっぱいポロリで乳首が【体験談】
2016/03/11 06:38
2016/03/11 06:38
友人とともに最も興奮したのが 佐藤倫子(サトノリ)のビキニ&見えちゃった件大多数の方が?だと思うが、元名古屋のアナで 今レポーターとかでローカルTVに出てる人とにかく美人で昔結構好きだったんで…撮影禁止だったんでうpはないんで、 ネットにあった顔だけで、あとは想像してください →スペックとか詳細を書くと、売店で買い物してたら、 前の女性がすごい美人でスタイル良くて見とれると同時に、「どっかで見たことある」みたいに思ってたら 「サトノリですよね?」と声かけられてて、完全認識。TVでニュースとか読んでた人がほぼ下着姿同然の水色のビキニ姿で 見渡せばビキニだらけの場所なのに、なんか無性に興奮してきて…
バレーボールに出かけた妻がケガ・・・治療に行った接骨院で寝取られた・・・
2017/04/20 20:02
2017/04/20 20:02
8月の事、バレーボールに出かけた妻(28)が

友達に抱えられて帰宅しました。

話を聞くと、

スパイクを打ち着地するとき足を取られ、

お尻と背中からモロに落ちたらしいのです。

友達が居るときは「大丈夫」と言っていましたが、

私と二人になると苦痛な表情を浮かべました。

心配になり服を捲りパンティーをずらしてみると、

真っ赤に腫れているように見えました。

妻は盛んにお尻の骨の痛みを訴え、

尾てい骨の少し上がかなり赤くなっていました。

時間は夜の九時半を回っていて医者は閉まっていますので、

家にある湿布をかき集めて、

背中、お尻と貼って明日朝一で医者に行く事にして寝かせま…
だめな人妻
2016/06/17 23:05
2016/06/17 23:05
私は21歳の人妻です(^O^) この間、夫が不倫していると分かり、 頭にきて私も出会い系に登録してしまいました! そして、26歳の会社員の遼平と知り合いました。彼はこの時彼女と別れたばかりで、 すぐにエッチを求めてきました。 私が人妻と分かると興奮していました。 冗談に「中出ししちゃおうかなぁ?」と 言われたので、一応、安全日に会いました。 エッチ当日、会ってすぐにホテルに行きました。 部屋に入り、いきなり全裸になるように言われました。言われた通り全裸になり、オッパイを揉まれました。 揉みながら、私のオマンコを見てきましました。 私「どこ見てんの?」 遼平「ん?一番おいしいとこ!」 私「ん?そ…
兄の結婚相手とエッチな関係に・・・!?[中編]
2017/04/03 08:19
2017/04/03 08:19
約束の日。 兄貴は仕事に行って、俺は待ち合わせの場所に向かった。 待ち合わせの場所には俺よりも先にむっちゃ可愛い人が立ってた。 「あ、遅ーい、待ってたぞ」 (姉ちゃん何でそんな可愛い格好してんの?) その瞬間から、心臓バクバク言い始めた。 いつもよりちょっと赤みの強い口紅、後ろで束ねられたストレートの髪。 「今日はデートだからおめかししてきたからね」 サラッと発言する姉ちゃんに俺はドギマギして「あ」とか「うん」とかしか言えてない。 「今日はお兄ちゃんのプレゼント選ぶでしょ?だから今日の出来事は全部秘密ね?言っちゃダメだよ。私もプレゼント渡す日まで忘れたことにして知らん顔してる…
【近親相姦体験告白】 母に悪戯したら
2016/08/07 13:55
2016/08/07 13:55
私は子供の頃から母親が好きでした。私が女性の体に興味を持ったのは小学5年生の頃 友達の家でHな本(映画のとも)を見たのがきっかけでした。それから母を母としてだけではなく女性として見るようになりました。当時の母は、奇麗で背も高く胸も大きく当時のH本に出ている女性と比べてもとても魅力的でした。 それは夏の暑い日でした。わたしが風呂から出てくると先に風呂に入って出ていた母が居間で下着もつけずに 浴衣一枚でテレビを見ながら寝入ってしまっていました。わたしは母の裸を意識して見るのは初めてでしたのでとても緊張してしまいました。母の大きな胸が目の前にあります。 母が起きてしまったらどうしようでも我慢でき…
ネットの近親相姦ものを見てる内に我慢できなくなった私は弟と……
2016/03/30 22:04
2016/03/30 22:04
アタシは女子高の2年です。下に中学2年の弟と2人兄弟です。

女子高もあってか、なかなか彼氏とも巡り合えず高2まで、ずっとオナニーをしてきました。前々からアタシはMッ気があるみたいで、オナニーの時も男の人から色んな攻められ方や言葉攻めを妄想しながらオナニーしていました。




最近、バイトで稼いだお金でパソコンを購入して初めて近親相姦の実態を知りムラムラしながらいつも読ませて頂いてます。

アタシもつい先日、近親相姦というか初エッチを弟としちゃいまして…..。記念に書きとめておこうかと思いました。登場人物の名前は偽名にしています。

・中学2年の弟(俊)弟の同学年の近所友達・裕…
夏の夫婦SEX~浴衣姿の妖艶な妻の身体から汗が噴き出る~
2016/08/06 11:04
2016/08/06 11:04
七月二十五日土曜日 暑い一日


それでも午後十時ともなると、
田んぼに囲まれた田舎の家は、涼しい風が窓から部屋に舞い込んでくる。寝室は、街灯で薄明かりとなっている。
その薄明かりの中に熟した女の色艶い三十八歳の肢体が浮ぶ。
薄く透けて見える夏の浴衣姿で横たわる妻の寝姿に、僕の欲情が芽生えた。

ねぇ、したい…!」
「またぁ…?、今夜はおとなしく寝たら…」
「でも、おさまらないよ…」
「………」
さりげなく妻の躯により添うと、妻は抵抗もなくじっとしている。
今夜も受け入れる用意が出来ているようだ。

僕は、妻の浴衣の裾を拡げ、太腿を擦りながら、パンティの上から膨らみの丘を愛撫し続けた…
再会した同級生の彼女と
2015/12/21 10:00
2015/12/21 10:00
10年ほど前の事ですが、今年の同窓会で菜穂子と再会しました。
当時、菜穂子と私はお互いに好意がある事は分かってましたが、積極性のなかった私は誘う事も出来ずに手も握れないまま卒業したのです。
私は大学進学で地元を離れ、そのまま就職して、会社のマドンナと言われてた久美と出来ちゃった結婚しましが、菜穂子のその後はまったく知りませんでした。


仕事にも集中でき絶好調の時、同窓会の連絡が入り、卒業後初めて出席しました。
久しぶりに会う旧友、その中に菜穂子がいました。
色気のある大人になっていて2次会では横に座って話をしました。
彼女は高校卒業後地元の商社に就職、24歳で…
【初体験】友達の母親のカラフルなパンティ
2015/12/26 06:00
2015/12/26 06:00
東北の田舎に住むおやじです。小学校6年生の夏休みの時の出来事を告白をします。 私は小学校4年生からオナニーを覚え、週に3回程度行っていました。 その対象は近所に住む憧れのお姉さんの裸(妄想)でした。その内、だんだん妄想もエスカレートし、そのお姉さんのパンティーに興味を持ち始めたのです。しかし、そのお姉さんの下着は2階の物干し場に干されていたので、盗むことは叶いませんでした。 そんな悶々としている6年生の夏休みのある日、町内を自転車でブラブラしているとカラフルな下着が干してある家が目に入りました。その時は友達の家とは知らずに塀越しに見ると、ピンク・パープル・イエロー・ブラッ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【Hな体験】キス上手なバツイチ女性とのセックスに溺れた

・年上新入社員の麻美

・ロリコン

・【不倫】夫の職場の屋上で友達のご主人とドキドキエッチ

・痴漢じゃないです~

・【熟女体験談】物凄くエロくて素敵な淑女のアヘ顔があまりにもエロ過ぎて中出し射精

・従姉(33)のセックスを見せてもらった話

・【人妻体験談】ヤリマンビッチで馬鹿な母乳幼妻と出会い系で知り合い中出しフィニッシュ

・【レイプ】学校一の美少女を眠らせて縛って

・OLが股を開き気味に脚を投げ出して寝てた

・某サイトに割り切りで募集をした体験談

・遠距離の彼女と会いに行く前の晩に巨乳の先輩と

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(再補足と再修正)

・飲み会でお持ち帰りしたら同僚の彼女って打ち明けられ仰天した話2

・【人妻体験談】ハミケツTバックの人妻を公衆トイレに拉致って中出しレイプ

・【熟女体験談】レントゲン撮影の時にビキニパンツに興奮して逆痴漢してきた熟女ナース

・自分でも知らなかったスケベな私の体

・【SM・調教】終わらない絶頂地獄

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(補足と修正)

・人妻の男あさりが止められません

・飲み会でお持ち帰りしたら僚の彼女って打ち明けられ仰天した話1

・【人妻体験談】息子の同級生に調教されて雌犬奴隷になった下品な母

・【熟女体験談】同級生の家に性奴隷家政婦として働いていた母に目隠しして近親相姦SEXをした息子

・大塚愛似のかなり可愛い女友達

・超美人のOLを鬼のように口説いて中出しさせてもらった

・男のオモチャの様に扱われた日々

・酒を利用して寝取った

・【SM・調教】女子校育ちの処女を俺好みに育成

・泥酔女の話しを一つ

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終り