寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【痴漢・レイプ】沙友里の露出日記【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】

2016/10/25 18:29


storyH1沙友里の露出日記第1章 6月14日6月14日 午前8時39分今日、私は会社を休んだ。さっき…先輩の美和子さんに生理痛がひどいのでって連絡を入れといた。「そうなの…部長にはうまく言っとくから…心配しないで休んで…」年上で人のいい美和子さんは私の話を信じて気を使ってくれた。「すいません…明日は平気だと思いますから…」私はそう言うと受話器を置いた。「ふぅぅぅ…」仮病を使った罪悪感と美和子さんの対応からの安堵感が入り混じっていた。なぜずる休みをしようと思ったか自分でも分からない…会社が嫌いなわけでもない…美和子さんをはじめ周りの先輩達は優しく私に接してくれていた。たまの飲み会だって一番年下の私にみんな気を使ってくれて楽しいし…定番になってる二次会のカラオケだって自分も楽しんで騒いでいた。家族的な温かい雰囲気が最初の頃は好きだったけど…今は何か物足りないの…刺激がないっていうか…大学を卒業してこの会社に勤めてからもう2年になる。ウチの会社の休みが土日じゃなく平日に休みな事にももう慣れた。そういえば…彼氏と別れるきっかけも私の休みと一緒にならない事からだったっけ。去年の事なのにずいぶん昔のような気がする…。とても人情味のある自分の親のような歳の人たちと働いていくうちに私の心は癒されていった…。その後…何度か友達から合コンとか誘われて行ったけど、良い人いなかった。合コンでは結構…人気が高かった方だと思う。帰りの電車でいつも友達が「また…沙友里ばっかりモテモテで嫌になっちゃう…」って言っては怒っていた…。そんな美由も最近は連絡してこないから彼氏でもできたのかな…合コンは楽しいから嫌いじゃないけど積極的に「行きたいっ!」っては思わない…「彼氏が欲しい」とは今、自分で思ってないから…最近景気が悪いせいなのか私を最後に新入社員が入ってこなかった。そんな環境だから…若い男性と会ったり話をするのは合コンの時か、ナンパされる時くらい…本当ナンパと痴漢にはよく合う…。(ふふふふっ…一緒にしたらダメよね。)会社に行く電車でよく痴漢される。いつも…お尻を撫でられる。自分に隙があるのかなぁ…気付かないうちに自分の顔が刺激が欲しいって顔のなってるのかぁ…でも…刺激は欲しい…それは例えば不倫とか…テレクラとか…そう言うのじゃなくて…私がしたいのは…自分を辱めたい…一昨日会社から帰ったら誰かがいたずらしてアパートのドアポストに…雑誌のような…ものが突っ込まれていた。はみ出た表紙の部分からちらっと女の人の裸が見えて男性向けの本のようだった…私…少し怖くなった。誰かが私が一人でここで暮らしているのを知ってるんじゃないかって…でも…両隣のドアにも入っていたから…私が一人暮らしって事を知っていてやったんじゃないとそのとき思ったけど…最初は私…何か気味が悪くて本に触られなくて…そのままにしてた。寝るときになってふと思い出したら何となく気になっちゃって…私…周りに音が聞こえないように…ドアの内側からその本を引き抜いたの…触った感じは普通だった。何か本が湿っていたりしたら…多分そのまま捨ててたと思う。裸の女の人が駅のホームに立ってる表紙だった。「辱」って表紙に書いてあった。そのときはその表紙に沢山書かれている内容のタイトルに目を奪われていてその本がどういういう嗜好の人が読むものなのか分からなかった。表紙を捲ると投稿写真ってタイトルがあって女の人の写真がいっぱいあった。私…そういういわゆるエロ本って読んだ事なかったから少し興味を持った。エロ本ってどんなんだろう…って…私一旦本を閉じてドアの鍵を確認した後ベットに戻った。照明を消してベットに備えついているランプのスイッチを押した。ランプの光はそんなに明るくないけど…なぜか…その本を見るのに部屋の明るい照明の下では見れなかった。私…ドキドキしながらページを捲っていった。ふと私…その写真達に共通している事に気づいたの…みんな…外で…裸になっている写真だった。目の部分は黒く消されていたけど…人の大勢いるどこかの観光スポットで記念撮影でもするかのように女の人がスカートを捲って下着をつけていない下半身を見せていた。アソコの毛を見せている女の人の顔は笑顔だった。昼間の歩道でしゃがんで服の下からおっぱいを覗かせたり…駅のホームで全裸になったり…(よく見たら表紙の写真と同じだった…。)どこかの公園のベンチの上に座ってアソコを指で開いたり…してた。私…信じられなかった。だって…こんな事したら…誰かに見られちゃうかもしれないでしょ…でも…自分の知らない世界に…興味を感じていたのも事実だった。急に体が熱くなって喉が乾いてきたのを我慢しながら…私…ページを捲っていった。それに体験・告白ってページがあった。副題に貴女の刺激的な体験って書いてあった。そこには…女の人が…普段…露出しているのを赤裸々に告白してあった。何人かのレポートを読んでいるうちに自分がやっているような錯覚に陥った…そのうち…アソコはムズムズしてきて…私…パジャマを捲ってパンティの中に手を入れた…もう…濡れてた。ちょっと濡れてきたかなって思ってたけど…思った以上に熱く潤ってた…。濡れているのを確認した指先が意識しなくても…ちょっと擦ってた。そのまま…したくなったけど…何か…男の人が…エロ本読んで…一人でするのと同じようで…恥ずかしかった…。でも…何か…アソコが焦らされているようになっているのに…さらに…興奮しちゃって…私…我慢できなくて…本を閉じて…指でアソコを弄っちゃった。下着は汚れちゃうんじゃないかってほど…後から後から…愛液が溢れてきた。二本指で私…優しくアソコをなぞった。濡れているアソコを指で擦っていると…もう…いくまで…したくなってた。人指し指と中指でクリを弄りだした私は…本格的に…一人Hを始めちゃってた。頭の中には露出して自分を辱めている自分の姿を想像していた。一人でするのは…今までも何度かあるけど…こんなに感じたのは初めて…私…すぐにいっちゃった。ビクンビクンって体が震えた。次の日の夜も…ベットで…また本を読んで興奮して…指で慰めた。自分が急にHな女になったような気がした。いった後…いつしか…自分も…同じ事してみたいって…思った…興奮して眠れなくなってるうちに…「したいっ…」って思うように変わってた。でも…恥ずかしいって気持ちも残ってるから…明け方までベットの上で悶々としていた私は…羞恥心より…露出したがってる自分を抑えられなくなってった…今日…休んだのは…本に書いてあった女性からの告白の一つで…私が興味をもったものを…実行してみようと思ったからなの…それは…ある女性が銭湯の番台にいる男性に向けての露出だった。脱衣場で裸になるって当たり前の事だから…自分が露出してるって事バレない気がして…自分でも出来るような気がしたの…。確か…アパートから少し離れた所にあったような気がする。もうちょっとしてから…行くつもり…。ちょっと緊張してる。6月14日午後2時07分私…いつのまにか…そのまま寝ちゃってた。昨日…一睡もしてないから…少しお腹がすいたから…起きて…パンを一つ食べた。TVのワイドショーを見ながら…時折…床に落ちたままの辱と書かれた本に目がいってた。…。迷ってる自分がいた。手を伸ばして…本を取った。バラバラッとページをとばして告白のページを開いた。何度読んでも…興奮する。いつのまにか…私はその女性と自分を重ねて読んでいた。私…本を閉じて…立ち上がった。やっぱり…行こうって…行ってみようって…思ったから…それから…念入りに化粧をして…あとから考えると…これから銭湯に行くのに…念入りに化粧するって…変よね…でも…そのときは…綺麗にしとかなきゃって…しか頭になかった。バスタオルを一枚トートバックに入れて部屋を出た。6月14日午後3時17分桜王子銭湯って書かれた高い煙突を目印に歩いた。湯って書かれた大きな暖簾が下がってる入り口の前で私少し躊躇けど女って書いてある入り口に入っていった。懐かしい木でできた鍵のついた下駄箱に自分のサンダルを入れて少し緊張しながらガラガラって扉を開けた。自分の顔の位置の高さに番台が現れた。「まだ…早いよ…4時から…だよ…」奥から男の人のしゃがれた低い声がした。「あ…そうなんですか…」「掃除してても構わないなら…良いけど…」姿の見えない男の人と私は会話していた。「別に…構いませんけど…」姿を表した声の主は50歳くらいの男性で髪の毛に白髪が混じってた。「それじゃ…どうぞ…」おじさんは番台の扉を開けて座った。私…バックから…お財布を取り出して1000円出した。日焼けした顔には深い皺が沢山刻まれて頭に白いタオルを捻って巻いていた。「はい…お釣り…です。」私を見て少し驚いた顔をしながらそのおじさんはお釣りを渡してきた。準備中の銭湯には当たり前だがガラスでしきられた浴場や脱衣場にも誰もいないかった。決して広くない脱衣場の壁に大きな鏡がつけられ古い木の床に大きな目盛りがついている体重計とマッサージ椅子が置かれていた。竹で編まれた脱衣カゴが何個かまとめられて床に置いてあった。子供の時に見た風景がそのまま、そこにあった。「貴重品はこちらへ」って書かれた小さなロッカーにお財布を入れて私…どこで服を脱ごうか迷っていた。やっぱり…恥ずかしさを完全に消し去る事ができなかったから…。貴重品ロッカーの列に隠れて服を脱ぐ事も可能だった。でも…番台から降りてモップを床に走らせながら私の行動を観察しているおじさんの視線を感じてしまい体が悶えた…私は思い切って…おじさんのいる正面側のロッカーの前で着替える事にした…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
お嬢様学校の超お上品な彼女を、バックで突きまくった
2018/08/22 15:19
2018/08/22 15:19
好きだった先生が不良達に中出しされていました
2018/04/21 18:02
2018/04/21 18:02
僕の進んだ高校は、

ちょっとタチの悪い生徒もいるような学校だった。

校内をのさばり歩く奴らと、それを避ける僕ら。

ガタイも態度もでかいガラの良くない輩と、

隅っこで静かに暮らす僕ら。

彼らは授業などロクに受けはしないし、

外でケンカばかりして、

同類相憐れむみたいな不良の女子と不純な交遊をしたり、

そんな日常だった。

下手に関われば学校も荒れるからと、

先生たちも敢えて無関心を装っていた。

けれどそいつらを除けば、そんなに酷いスクールライフでもないし

(偏差値は余り高くなかったとしても)、

平穏といえば平穏な日々に馴れていた。

そんな僕らの、高校2年生の時のこと…
ニューハーフとのSEXから男同士のホモエッチに進化した瞬間
2017/01/02 00:08
2017/01/02 00:08
バイセクシャルな俺の
ゲイデビュー話を投稿します


恋愛対象は女性で
男性とはSEXだけの対象という
バイ・セクシャルなんです




大学に入学した1年目の夏休み、

友達とT国へ海外旅行しに行った。

お互いに彼女(しかも初彼女)もいたのだが、

おセックス覚えたての俺たちは、

とにかくいろいろなセックスをしてみたくて…

要するに観光ついでの売春メインの旅行だったのだ。

何せ日本の風俗では、10万円あったって遊べるのは5〜6回、

しかも挿入無し。

でも、アチラでは旅行ついでに毎晩遊んだってオツリがくるってもの。

えぇ、10代だったのに鬼畜野郎ですね。

ファッキンジャ…
あやまち2
2016/03/14 01:01
2016/03/14 01:01
そして、次の日、私が、帰宅するとすでに妹が家にいました。ほどなく、玄関のチャイムがなりました。窓から覗くとTちゃんです。また、嬉しいことに昨日と同じ迷彩柄のミニスカートを履いていました。妹が玄関に迎えに行き、そのまま一緒に妹の部屋に行きました。私は、少し時間をずらして妹の部屋にいきました。すると、Tちゃんが、「あっ、お兄ちゃん、こんにちは」と昨日と変わらずにはにかんだ笑顔があいくるしい。妹は「どうしたの?」と聞いてきました。わたしは、昨日の晩にどうにかしてTちゃんと一緒に遊びたい、一緒の時間を過ごしたいと思い、いろいろと考えました。二人っきりで遊ぶとTちゃんに何か、企んでいるのではないかと、警…
テニススクール
2015/12/28 22:46
2015/12/28 22:46
○学の頃、通っていたテニススクールで 時々、帰りに車で送ってくれる20代後半のお姉さんがいた。 ある日、テニスのレッスン中に突然の雷雨でクラブハウスに引き上げる間にずぶ濡れになった。 クラブハウスは落雷による停電でシャワーを浴びる事も出来ずテニスウェアのままでお姉さんの車で帰ることになった。 車に乗ると、濡れたお姉さんのテニスウェアが身体に張り付き透けるブラジャーからうっすらと乳輪が見えている事に気づいた。 後からお姉さんから言われたが無意識のうちにガン見していたらしい。 自分の家は、お姉さんの住んでいたマンションを通り過ぎていく道順で、それまでも二、三回部屋に寄った事があった。…
【熟女体験談】出会い系でチンポに対する熱い情熱とテクニックを持つ高齢者熟女と知り合い、異次元の射精感にはまってしまった
2018/07/14 00:02
2018/07/14 00:02
2018/07/14 (Sat) 出会い系で高齢者熟女と知り合いました

59歳の人妻で雅子という高齢おばさん

小柄だけど達磨みたいな体型して
オッパイとお尻が大きい
デブ熟女

年齢的に下っ腹がポッコリだったり
白髪があったりと衰えが目立つし
化粧が下手で眼鏡のため
年齢よりも上に見えて
60代半ばのお婆さんに見える

が、そんなデブスな高齢者は
チンポに対する熱い情熱とテクニックを持つ
エロいババアだったです

SEXレス歴10年以上で
膣の筋肉が固まってしまったのか

オマンコの締まりが凄すぎて
処女とSEXしているようなキツさ

顔は皺だらけなのに
オマンコは10代って感じの締り…
悪戯が・・4
2015/11/03 05:01
2015/11/03 05:01
「おーい!三浦が来たぞ」 私は、言いながら美由に近付き、目隠しや紐を解くと「遅いよー」と抱き付いてきた。 私は、部屋に残るいやらしい匂いに、苛立ちを覚えた。 そして、何もなかった様に、三浦の元に戻った。 「今日は、俺が奢るから、買って来てくれ」と突然言ってきた。 私は嫌な予感がして、「美由と言って来るよ」と言うと 「話相手がいないから、一人で行って来いよ」 とうまく言われ、渋々行くことになったが、家を出る時の、美由の怯えた顔が、今でも忘れられない。 家を出ると、突然「いやー」と叫び声が聞こえ、怖くなり、うずくまってしまいました。そして、美由は玄関まで逃げてきたのか?ドア向こうで 「お願い、やめ…
レイプされて快感に酔ってしまっている私・・・
2018/09/08 11:47
2018/09/08 11:47
一流大学を卒業後、大企業に入社、今年でOL5年目の27歳です。 大抵の女より美人で仕事もできると自負しています。 かつての私は、道行く人や職場の同僚から受ける嫉妬・羨望の眼差しに快感を感じ、見下した態度をとるイヤな女でした。 こんな私を変えてくれたのは、ある男たちです。 今年6月涼しい日の出来事でした。 仕事を早く切り上げたその日の夕方、私は、ある喫茶店に立ち寄りました。 ふと気付くと、向かいのテーブルには談笑するフリをしながら私に見とれている3人組の男たち。 金髪にピアス、チャラチャラした金属の安物アクセサリー。 私が最も嫌悪するタイプの人間でした。 …
近親相姦、主人が出張中に義父に挿入され
2017/07/30 23:00
2017/07/30 23:00
 

  幼稚園に行ってる娘を寝かせていたら、義父が部屋に入って来て、私の毛布の中に後ろから入ってきました。娘が寝たばかりなので寝たふりをしていたら、後ろからおっぱいを揉んできました。すぐにパジャマのボタンを外して直に揉むのです。乳首もいじられ、もう1か月以上もエッチしてないし、オナニーだけで我慢していたので、体がそれだけで感じてしまいました。 義父の手がパジャマのズボンを下げパンテイの中に入ってきてます。指でクリトリスをソフトにいじられたら、もうお汁が溢れてしまいました。義父は私を仰向けにすると、唇を合わせてきました。「いや、ダメで…
妊娠8か月の人妻とエッチ
2018/06/04 01:29
2018/06/04 01:29
出会い系を長くやってきて、何人もの人妻を食ってきたが昨日、初めて、妊婦をゲットすることができた。 7月に出産予定の、まさに腹ボテ女。 24歳の若妻だ。 てゆーか、自分にもびっくりだ。 自分の嫁さんが妊娠したときは、とても性の対象には見れなかったが、これが人妻となるとチンコが反応しやがった。 そもそもは、出会い系のプロフページに妊娠中と書かれていたのが気になった。 長年の経験上、人妻で登録してる女なんてセックス目的でしかない。 ただ、この24歳の「亜紀」は、妊婦であることと、旦那ラブを猛烈にアピールする内容のプロフだった。 いわゆる「出会いは求めてません」的なアレだ。いったい何が目的か分らな…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・綺麗な人妻の顔が快感に歪む

・【不倫】初めての浮気は幼稚園のパパ友でした

・男は女とヤル事で頭の中がいっぱい

・【浮気】美人で清楚な社長秘書はいい感じのM女だった

・俺には7歳離れた妹が居る

・妻と兄の情事は・・・

・酔ったマヤはエロい

・輪姦される事で体に性の快感が

・【人妻体験談】サービスとばかりにパンチラする天然な妻のおかげで後輩に慕われるようになった夫

・【熟女体験談】服従のポーズをして洗濯ばさみを使ってオナニーをする変態おばさん

・【Hな体験】知り合いの人妻看護婦さんがしてくれた手コキ[後編]

・羽を伸ばしたいという出会い系の人妻

・あけおめパンティ!ことよろパンティ!

・大学生男女の飲み会の末は乱交SEX

・【Hな体験】知り合いの人妻看護婦さんがしてくれた手コキ[前編]

・【熟女体験談】寝ている息子に夜這いをかけ、息子と近親相姦をしてしまい、息子の人生を狂わせてしまった母

・シナ人によりアフリカ内戦を激化 象は絶滅の危機

・彼女がほかの男に弄ばれ感じている・・・

・あんなに綺麗ごとを言っていた母が・・・

・【初体験】処女なのに乳首イキさせられた

・二股かけてたJKに年上彼女を寝取られた

・【不倫】もはや童貞食いは私の趣味と言ってもいいかも

・いい人を演じる予定だったけど…

・元カノとの再会が…

・【熟女体験談】エッチな本を見つけたらおばさんに見つかり、オチンチンを舐めて筆下ろしまでしてくれた

・温泉旅行先で会社の同僚に妻が大サービス

・ 寝取られ動画サイトに影響されて、嫁を単独男性宅へ

・【人妻体験談】出会い系で知り合った子持ちママをイカせたら、中出しの許可が出た

・妻に淫らな体験をさせ興奮する私。

・【不倫】工事服の男の巨大なシンボルに私の目は釘付けになった