寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【母】母の代理出産(2)【エッチな体験談 近親相姦体験談】

2016/10/24 20:14


そのあと、私たちは、身支度を整えて、ほどなくホテルを出て家路につきました。帰りの車のなかでは、少し暗い雰囲気が漂って、3人とも無口になっていました。家に着くと、妻は口もきかず寝室に駆け込み、ドアをバタンッ!と激しく閉めると、そのまま出てこなくなりました。私は、妻がやきもちを焼いているのは薄々分かってはいましたが、皆で決めたことだし、妻が慣れてくれるまでしかたがないと思っていました。妻が、寝室に閉じこもっている間に、私はワインを出して母と二人で飲み始めました。やっと母と二人っきりになると、なんだか少しホットした気がして、つい、軽口が出て
「母さん。さっきはどうだった? 妻が見ている前で、イクわっ!イクわっ!て腰をグイグイしながら、しがみつくんだから~。母さんったら感じ過ぎ~っ!」といやらしくからかいました。母は恥ずかしがって「いやよ。そんなこと言わないで。母さんは途中から気持ちが良くなってきてビデオに撮られている事をすっかり忘れて、自分で何を言っているのか分からなかったの」と言い訳をしていました。私が「どれ、どれ…、どのへんが、気持ち良かったのかな?」と言いながら、おもむろにビデオカメラを取り出して見せると
「あら…。さっきの… これに入っているの?」
「そうだよ。」母は怖いものを見るような目で、興味を見せました。
「どうやって、見れるの?」「ハイ?… こうやってです…。」
私は、背後を振り返り、寝室から妻が出て来ないか確認して、カメラをテーブルに置いてモニター画面に再生して見せました。私は、背後を振り返り、寝室から妻が出て来ないか確認して、カメラをテーブルに置いてモニター画面に再生して見せました。モニターからは緊張しきった私と母の声が聞こえてきました。
「母さん。カメラは気にしないで…」
「わかってるわ…。こうやってあなたの赤ちゃんを産みましたって…、残さなきゃね…。」画像が大きくぶれたあと、そこには、ベッドの上で抱き合いキスをする母と私の姿が映っていました。
「…………」
愛撫をしながら母のバスローブを脱がせ、白い乳房をむき出して、重なり合う私…。
唇から首筋へ、胸元へ、そして、胸の膨らみへ…とゆっくりとキスをしています…。
「…………」
母の乳首をしゃぶりながら、片方の手が母の乳房を這い、揉みほぐしています…。
目を閉じた母の眉の間にしわがより、だんだんと呼吸が乱れ、激しくなっています…。
「…………」
そのあと、私が両手で母のパンティーを脱がし、母の女陰に鼻を近づけての香りを楽しんでいる様子…。そしてたまらず母の女陰に唇をつけて割れ目を何度もしつこく舐め上げている私の背中姿…。
「あぁっ…、あ~…、 あぁっ…、あ~…、」とうわごとのようにヨガリ声を繰り返し上げている母…。私が母の身体の上に這い上がり、母の両足を広げています…。
母が私の怒張したペニスをまさぐりあてて、そっと母の蜜壷へと導いています…。
いよいよ母が私の肉棒を迎え入れる瞬間です…。私が母の蜜壷にペニスをあてがい、ゆっくりと挿入…。
その瞬間、母が「あぁっ…、あ~…、入ってくる」と声をあげています…。私がペニスの先っぽをゆっくりと数回、出し入れしたあと、いきなり、ズンッ!と深く挿入しました…。
母が「あぁっ…、あ~…」と声を上げています…。二人は、繋がったまま、キスをし、お互いを愛撫…。私がゆっくりと、腰を動かし、ペニスを深く、浅く、強く、弱く、と打ち込み始めました…。私が動きを止めて、腰を少し浮かして、母と繋がっている部分をカメラに写るように見せています…。私のペニスが確実に母の蜜壷に挿入されているところが、ズームを使って、大きくアップで映っています。母の「恥ずかしいわ…」と呟く小さな声…。私は、繋がったまま、母の片方の脚を開かせて、カメラに向かって激しくピストンをしています…。徐々にピストンのスピードを上げていく私…。
ヨガリ声を上げ、波打つように激しく腰をくねらせ、悶える母の姿…。二人の激しい動きに合わせてベッドがきしむ音が続きます…。激しくあえぎながら、母がせつない声で私の名前を呼んでいます…。「か、母さん… 出ちゃいそうだよ…」
「出してぇっ!… きてっ!…」
私のラストの掛け声に、母が悲鳴のような声を出して、悶え狂い、私に両手を回してしがみついています…。母の大きくて白い乳房がユサユサと揺れています…。
母が絶頂の声を上げ、私の背中に爪を立てた瞬間、私の尻の筋肉がギュッと引き締まり、睾丸をひくつかせながら射精しています…。射精のあともペニスを挿入したまま、抱き合って横になり、二人とも激しい呼吸をしています…。やがて、ようやく呼吸が緩やかになったとき、二人が離れると、充血した母の蜜壷がズームアップされ、白濁液がドロッと流れているシーンが映し出されました。最後の映像はとても卑猥に感じました。私はモニターに映っていた私と母のSEXを見てたまらなく興奮してしまいました。母もかなり興奮していたのか、じっとモニターに目を凝らして、肩で息をしながら唇をしきりに指でなぞっていました。映像が終わると、母は顔を赤らめて「母さん、あんなに声を出していたって、自分では分からなかったわ…」と恥かしそうに言いました。ワインを飲んで少し酔いが回っていた私は「でも、母さん…。今夜はとってもよかったよ…。ビデオを見て、また興奮しちゃった…」と言いながら、母の胸に手を差しこむと、母は目を閉じ、うっとりという表情をしながら、「だめよ…、もう、ここでは…。」と甘えるように頭を寄せてきました。私がディープなキスをしながら、母の胸を揉んでいた手を下におろして、パンティーの中に滑り込ませると、そこはもう、潤滑ジェルのようにヌラヌラとした愛液がタップリと滲み出ていました。と、そのときでした。
バタン!と寝室のドアの音が聞こえました。
妻が廊下を歩いてくる音がしたので、私はあわてて、ビデオカメラをバッグに仕舞い込み、母のそばから離れました。母が妻に「体の調子がすぐれないの?」と優しくたずねました。
「すみません。少し風邪を引いたのかもしれません。頭が重くて…。」と妻が返事をしました。母も妻の気持ちを薄々感づいていたようで、よそよそしく「それはいけないわ…、お薬を飲んで用心してね…。 それじゃあ私も、先に休ませていただくわ…」とリビングを出ていきました。母が、いなくなると、妻は「もう、イヤッ! イヤよッ! ビデオも撮りたくないしッ! 立会いもしたくないからッ! これからは、私がいないところでやって頂戴ッ! 」といいました。私は、妻がやきもちを焼くのは、当然だろうし、しかたがないことだと思って、その日以降は、私が週に一回、母の家に泊まりに行くことになりました。それから、3ヵ月後、母の生理が止まったのです。
早速、信頼する産婦人科に母が一人で出向いて、出検査してもらったところ、「おめでとうございます。妊娠が認められます。ただ高齢出産のリスクは常に考えておかなければなりません。まだ様子を見なければいけませんが、出産はだいじょうぶでしょう。」と院長が直々に言ってくれたそうです。そのとき、母は非常に喜んで、本当は絶対にお腹の赤ちゃんのことについては秘密にするつもりでしたが、つい、嬉しくて院長に、赤ちゃんは、不妊に悩む私たち夫婦のことを悩みぬいたあげく、息子の精子を受け入れたことを打ち明けたそうです。すると、院長は、「息子さんご夫婦に子供が生まれる可能性が無いことがはっきりしていて、母親が自主的に代理母を望み、母親が息子夫婦のために命の危険性を認識していながらも、なお産みたいという崇高な意思を、誰が止められましょうか…」と母の手をとり、涙ぐんで励ましてくれたそうです。そして、それから7ヵ月後、産婦人科の院長の計らいで、万全の出産体制のもと、母は無事に男の子を出産することができました。母は出産直後、「元気な孫を産めてよかった」と泣いて喜んでくれました。生まれた子どもは現在、私たち夫婦のもとで順調に成長し、保育園に通っています。
母が遊びにくると、たいへんなおばあちゃんっ子で、母から片時もはなれようとしません。私たち夫婦は、「産んでくれたおばあちゃんに感謝しなさい」と、いつも子どもに言い聞かせて育てています。「祖母が孫を産む」という形の私たちの代理出産は、「家族とは何か」という問題を日本の生殖医療に問いかけた一つの形なのかもしれません。代理出産を巡っては、厚労省の部会が2003年に罰則付きで禁止すべきだとした報告書をまとめたものの、国会でも見解が分かれて、議論はストップしたままです。このために、生殖医療で生まれた子どもの親子関係を定める法制審議会の民法特例試案とともに、法制化のめどが立っていないのが現状です。ここ最近、代理出産への社会的関心や認知度が高まっているものの、私たちのケースでは、母が代理出産した子どもを養子とする形しか認められませんでしたが、私たち夫婦は、近い将来にこの子が法的に実子として認められる日が来ることを願ってやみません。日本の生殖医療の規制とともに、生まれた子どもの福祉を守るために親子関係を規定することも必要ですが、法整備に当たっては、子どもを望む不妊患者の声を聞くことから議論を始めるべきではないかと思っています。  2 No related posts.


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
同じマンションの可愛い奥さんのあられもない姿が画像掲示板に・・・3
2018/08/05 09:01
2018/08/05 09:01
のつづき 昨日はすいませんでした。 今日こそ月曜日の続きをと思っていたのですが、 さっき、予定外に奥さんと会って、カーSEXしてしまいました。 急遽予定変更して今日のことを報告します。 仕事が終わる直前、奥さんからメールがありました。 『これから会いたい。電話してもいい?』と。 もちろん『会うのも電話もOK』と返信すると、すぐに電話がきました。 「どうしたの?」 「会いたいの。迷惑じゃなければ・・・」 切羽詰った感じに、一気に不安が膨れ上がりました。今まで会うときは100%漏れから誘っているのに・・・。 (ひょっとしてばれちまったのか!?) 「奥さんさえよければ、漏れはぜんぜん迷惑じゃ…
【レイプ】全国レベルの高校生プレイヤーにスコートを脱がされて
2019/02/11 22:00
2019/02/11 22:00
私は24歳でテニススクールでコーチをしています。ここのスクールにも初心者クラスから上級者クラスなど様々なコースがあり、色々な生徒さんが通って来てくれています。 その中でもジュニアの時から、ここのスクールに所属している2人の男の子たちがいます。その2人はもう高校3年生になり、全国大会などに出場して活躍しているみたいでした。 そして今では、ここのスクールでジュニアクラスなどの生徒さんに色々と指導してくれる頼もしい2人だったんです。 ある日、私の受け持ちのクラスが終わり、スタッフ専用の更衣室で着替えていました。すると急に後ろから胸を鷲掴みにされて、驚いてるうちに紐のようなもので…
【寝取られ】守られなかった約束
2016/06/19 12:00
2016/06/19 12:00
「少し遊んでみたらどう?」なんて、酒が入るたびに妻に囁き、「そうしようかしら」とからかう妻に、半分本気で嫉妬の炎をかきたて、セックスするようになりました。小心者の私はそれで十分だったのです。 ところが、その夜は違いました。いつものように私が軽口をたたくと、妻は少し悲しげな表情を見せて、「今、付き合っている人がいるの」と言うではありませんか。小心者のくせに格好つけたがる私は、「ほう、それは良かったね。で、Bくらいはいったの?」と、半信半疑というか、強がりというか、本当に付き合っていたとしても、せいぜい食事するくらいだろうと高を括って笑いながら言いました。 「付き合って3ヶ…
保険の先生のおっぱい吸ってた
2018/03/19 22:01
2018/03/19 22:01
保健の先生のおっぱい吸ってたことがある。 いわゆる不登校をはじめたのが中二の三月くらいで、なんだかんだと復帰したのが中三の六月くらいか。別にいじめられていたわけではないし、クラスのみんなも同情的ではあったので、ぼーっとしながらも授業には参加してた。 その保健の先生が来たのが、中三の二学期が始まってから。 それまでの保健の先生が産休に入ってしまったので、代理で来たんだよね。 まだ学校を出たてで、赴任したのはうちの学校で二校目。 保健室登校ってわけじゃないけど、新しい先生に興味があったので休み時間に通うようになった。 自分が不登校していた話とかもたぶん、聞いていたんだと思うけど、先生はとても優し…
母とマセガキ(社長の息子)
2017/03/22 20:01
2017/03/22 20:01
これは僕が今でもトラウマとして覚えている話になります。 僕がちょうど小学3年生頃になります。当時職人だった父は転職して、ある町工場に勤めるになりました。その工場の社長というのがよく各従業員の家族を自分の家に招待し、食事会のようなものを開いていました。 父、母そして僕の3人家族も例外ではなく、大体週一ぐらいでその社長宅に招かれ、社長の家族と一緒に食事をしていました。 しかし当時の僕はその食事会が大嫌いでした。。。なぜなら嫌な奴がいたからです。 そいつは、僕よりも1年上、当時小学4年生の社長の息子でした。名前を仮名で”タケシ”とします。 食事会の時、僕とタケシは年が近いこともあり、僕はタケシの”遊…
【義家族】義母の胸のふくらみを下から上へと揉みしごいた【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/11/16 05:36
2017/11/16 05:36
70 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2007/04/16(月) 22:28:35 ID:eLGqwvhNO [1/9] 俺も義母との事書いてみたい。 義母44歳。 実際は30代といっても通用するくらい若々しいんだが。 今年幼稚園に入園する長女の通園を考えて、近隣のハイツに引っ越したのだが、新居につけるカーテンを義母が縫製して届けてくれることに。 水曜日で会社が休みだったこともあり、嫁の言いつけで俺はカーテンを取り付けに来てくれる義母を一人で迎えることになったわけだ。 嫁21歳は娘と幼稚園のオリエンテーションに行って、家に居るのは俺と義母の2人きりになる。 前から感じていた事…
俺の彼女の友達が風俗嬢で店で出会い今では地獄・・・
2017/05/20 21:00
2017/05/20 21:00
 

  俺は24歳のサラリーマン。の同い年の彼女もいる。でもHは満足できない部分があった。それは、俺がM的願望が強い上に彼女も責められる方が好きなので、いつもM的欲求だけは満たされない。そんな俺が東京へ研修に行ったときに見つけた風俗店。名前は「秘○倶楽部」という名前でMな俺としてはものすごく衝撃的だった。ヘルスは男がイッたら、あとは時間までお話して終わるというパターンだが、そこは時間ギリギリまでイカせてくれないのだ。時間のある限り寸止めが続くという、他には無いサービスだった。そして乱入コースというのがあり、途中でもう一人入ってきて、二人でしてくれるというすばら…
★忘年会で嫁がおだてられヌードに
2018/05/03 14:50
2018/05/03 14:50
 うちの嫁は33歳「凛とした気の強うそうな雰囲気が男の劣情を刺激する」なんて、よく友人達から、からかわれたりするなかなかの美人。女ながらに、某医療機器卸会社で営業係長をしている。

 そんな嫁が先週の金曜日、ある病院の忘年会に参加した。俺も事前に聞いていなかったので、急に参加することが決まったのだと思う。立場上、病院関係者に誘われたら断れなかったのだろう。

ずっと指名してたキャバ嬢の家で待ち伏せしてレイプ
2018/02/26 04:47
2018/02/26 04:47
文字数: ol" target="_blank">OLd">5122 416 名前:えっちな18禁さん「」 投稿日:2011/05/23(月) 02:37:52.57 ID:XUKqr8+VO 「1/5」 私はほとんど野外ですが、数回家宅侵入でヤリました。 あの、緊張から喉がカラカラになるのと、心臓のバクバク感は何度ヤッても慣れませんでしたよ(笑)。 初めてヤッたのは、顔見知りの…指名していたキャバ嬢でしたな。 ようは、いつになってもヤラせてくれないので、無理矢理ヤッた訳ですよ。 人畜無害の金づると思われたのか、あっさり家を教えてくれましてね。 もちろん、その頃は無理矢理ヤルとは…
妹のセックスを盗撮 続続編
2018/03/05 11:48
2018/03/05 11:48
前編は以下のとおり男は乳房を吸いながら荒々しく妹のあそこをいじり倒している。 「あぁぁ、気持ちいい…」「兄貴が好きならよしえが相手してやればいいじゃん」「な、なに言ってんの?バカじゃないの?」「あ…ゴメン、なんか、よしえ兄貴の事、好きだって言うから、ちょっと妬けちゃってさ…」「…ふふふ…よしえは大ちゃんだけのものだよ。大ちゃんだけはよしえの事、好きにしていいんだよ…」その言葉で男は興奮したのか、激しいキスを始めた。 唇を貪るように二人の顔が怪しく左右に動いている。 妹はキスしながら勃起した男のチンポをしごいていた。 手馴れた手つきだ…間もなく起き上がり、本格的なフェラチオに移行していった。…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【乱交】北海道行きの寝台特急の中で2人の男と

・【熟女体験談】オナニーを止められたが、我慢できないでいたら手伝ってくれた母

・#嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました【転載禁止】

・【人妻体験談】アナルにローターを入れられながら夫の父のチンポを咥えイチャイチャする妻

・中古妻エレジー

・お持ち帰りされる腰軽るなパート人妻です

・毎日抱きたい年上妻

・さっきまで普通に仕事をしていた女性を僕が抱いている・・・

・羽振りの良い社長に紹介された女性

・【人妻体験談】嫌がる妻を説得して3P乱交を実行

・【熟女体験談】バイト先の店長を酔わせてレイプしたらかなりの変態M女なのが発覚し、初アナル体験もさせてもらった

・【浮気】結婚間近の女友達と、友人の披露宴帰りに[第4話(終)]

・股も心も開いたメンヘラ女w

・30歳で未亡人とはモッタイナイですよね

・姉と僕の初体験の遠い思い出

・【浮気】結婚間近の女友達と、友人の披露宴帰りに[第3話]

・【人妻体験談】浮気三昧な妻を後輩に寝取らせ満足する夫

・【熟女体験談】妻が辱めを受けながら犯されるDVDを観ながら3Pをする最低な夫

・会社の女の子達ミニスカートの魔力

・【浮気】結婚間近の女友達と、友人の披露宴帰りに[第2話]

・【オナニー】インターネットで何本も注文しちゃいました

・非処女と結婚する男はボランティア

・【熟女体験談】訪問営業でスキ者奥さんに大量中出し

・SEXで体がトロけたいので男を探す私

・【人妻体験談】パートの美人なおばさんに素股でせめるサラリーマン

・【熟女体験談】息子を誘惑し、お風呂の中で手コキしてきた母親

・幼馴染との思い出

・会社の若い子をセフレにしてスポーツみたいなセックス

・エロ出来るセフレが欲しくてほしくて

・【レイプ】悲しい成人式