寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【母】母の代理出産(2)【エッチな体験談 近親相姦体験談】

2016/10/24 20:14


そのあと、私たちは、身支度を整えて、ほどなくホテルを出て家路につきました。帰りの車のなかでは、少し暗い雰囲気が漂って、3人とも無口になっていました。家に着くと、妻は口もきかず寝室に駆け込み、ドアをバタンッ!と激しく閉めると、そのまま出てこなくなりました。私は、妻がやきもちを焼いているのは薄々分かってはいましたが、皆で決めたことだし、妻が慣れてくれるまでしかたがないと思っていました。妻が、寝室に閉じこもっている間に、私はワインを出して母と二人で飲み始めました。やっと母と二人っきりになると、なんだか少しホットした気がして、つい、軽口が出て
「母さん。さっきはどうだった? 妻が見ている前で、イクわっ!イクわっ!て腰をグイグイしながら、しがみつくんだから~。母さんったら感じ過ぎ~っ!」といやらしくからかいました。母は恥ずかしがって「いやよ。そんなこと言わないで。母さんは途中から気持ちが良くなってきてビデオに撮られている事をすっかり忘れて、自分で何を言っているのか分からなかったの」と言い訳をしていました。私が「どれ、どれ…、どのへんが、気持ち良かったのかな?」と言いながら、おもむろにビデオカメラを取り出して見せると
「あら…。さっきの… これに入っているの?」
「そうだよ。」母は怖いものを見るような目で、興味を見せました。
「どうやって、見れるの?」「ハイ?… こうやってです…。」
私は、背後を振り返り、寝室から妻が出て来ないか確認して、カメラをテーブルに置いてモニター画面に再生して見せました。私は、背後を振り返り、寝室から妻が出て来ないか確認して、カメラをテーブルに置いてモニター画面に再生して見せました。モニターからは緊張しきった私と母の声が聞こえてきました。
「母さん。カメラは気にしないで…」
「わかってるわ…。こうやってあなたの赤ちゃんを産みましたって…、残さなきゃね…。」画像が大きくぶれたあと、そこには、ベッドの上で抱き合いキスをする母と私の姿が映っていました。
「…………」
愛撫をしながら母のバスローブを脱がせ、白い乳房をむき出して、重なり合う私…。
唇から首筋へ、胸元へ、そして、胸の膨らみへ…とゆっくりとキスをしています…。
「…………」
母の乳首をしゃぶりながら、片方の手が母の乳房を這い、揉みほぐしています…。
目を閉じた母の眉の間にしわがより、だんだんと呼吸が乱れ、激しくなっています…。
「…………」
そのあと、私が両手で母のパンティーを脱がし、母の女陰に鼻を近づけての香りを楽しんでいる様子…。そしてたまらず母の女陰に唇をつけて割れ目を何度もしつこく舐め上げている私の背中姿…。
「あぁっ…、あ~…、 あぁっ…、あ~…、」とうわごとのようにヨガリ声を繰り返し上げている母…。私が母の身体の上に這い上がり、母の両足を広げています…。
母が私の怒張したペニスをまさぐりあてて、そっと母の蜜壷へと導いています…。
いよいよ母が私の肉棒を迎え入れる瞬間です…。私が母の蜜壷にペニスをあてがい、ゆっくりと挿入…。
その瞬間、母が「あぁっ…、あ~…、入ってくる」と声をあげています…。私がペニスの先っぽをゆっくりと数回、出し入れしたあと、いきなり、ズンッ!と深く挿入しました…。
母が「あぁっ…、あ~…」と声を上げています…。二人は、繋がったまま、キスをし、お互いを愛撫…。私がゆっくりと、腰を動かし、ペニスを深く、浅く、強く、弱く、と打ち込み始めました…。私が動きを止めて、腰を少し浮かして、母と繋がっている部分をカメラに写るように見せています…。私のペニスが確実に母の蜜壷に挿入されているところが、ズームを使って、大きくアップで映っています。母の「恥ずかしいわ…」と呟く小さな声…。私は、繋がったまま、母の片方の脚を開かせて、カメラに向かって激しくピストンをしています…。徐々にピストンのスピードを上げていく私…。
ヨガリ声を上げ、波打つように激しく腰をくねらせ、悶える母の姿…。二人の激しい動きに合わせてベッドがきしむ音が続きます…。激しくあえぎながら、母がせつない声で私の名前を呼んでいます…。「か、母さん… 出ちゃいそうだよ…」
「出してぇっ!… きてっ!…」
私のラストの掛け声に、母が悲鳴のような声を出して、悶え狂い、私に両手を回してしがみついています…。母の大きくて白い乳房がユサユサと揺れています…。
母が絶頂の声を上げ、私の背中に爪を立てた瞬間、私の尻の筋肉がギュッと引き締まり、睾丸をひくつかせながら射精しています…。射精のあともペニスを挿入したまま、抱き合って横になり、二人とも激しい呼吸をしています…。やがて、ようやく呼吸が緩やかになったとき、二人が離れると、充血した母の蜜壷がズームアップされ、白濁液がドロッと流れているシーンが映し出されました。最後の映像はとても卑猥に感じました。私はモニターに映っていた私と母のSEXを見てたまらなく興奮してしまいました。母もかなり興奮していたのか、じっとモニターに目を凝らして、肩で息をしながら唇をしきりに指でなぞっていました。映像が終わると、母は顔を赤らめて「母さん、あんなに声を出していたって、自分では分からなかったわ…」と恥かしそうに言いました。ワインを飲んで少し酔いが回っていた私は「でも、母さん…。今夜はとってもよかったよ…。ビデオを見て、また興奮しちゃった…」と言いながら、母の胸に手を差しこむと、母は目を閉じ、うっとりという表情をしながら、「だめよ…、もう、ここでは…。」と甘えるように頭を寄せてきました。私がディープなキスをしながら、母の胸を揉んでいた手を下におろして、パンティーの中に滑り込ませると、そこはもう、潤滑ジェルのようにヌラヌラとした愛液がタップリと滲み出ていました。と、そのときでした。
バタン!と寝室のドアの音が聞こえました。
妻が廊下を歩いてくる音がしたので、私はあわてて、ビデオカメラをバッグに仕舞い込み、母のそばから離れました。母が妻に「体の調子がすぐれないの?」と優しくたずねました。
「すみません。少し風邪を引いたのかもしれません。頭が重くて…。」と妻が返事をしました。母も妻の気持ちを薄々感づいていたようで、よそよそしく「それはいけないわ…、お薬を飲んで用心してね…。 それじゃあ私も、先に休ませていただくわ…」とリビングを出ていきました。母が、いなくなると、妻は「もう、イヤッ! イヤよッ! ビデオも撮りたくないしッ! 立会いもしたくないからッ! これからは、私がいないところでやって頂戴ッ! 」といいました。私は、妻がやきもちを焼くのは、当然だろうし、しかたがないことだと思って、その日以降は、私が週に一回、母の家に泊まりに行くことになりました。それから、3ヵ月後、母の生理が止まったのです。
早速、信頼する産婦人科に母が一人で出向いて、出検査してもらったところ、「おめでとうございます。妊娠が認められます。ただ高齢出産のリスクは常に考えておかなければなりません。まだ様子を見なければいけませんが、出産はだいじょうぶでしょう。」と院長が直々に言ってくれたそうです。そのとき、母は非常に喜んで、本当は絶対にお腹の赤ちゃんのことについては秘密にするつもりでしたが、つい、嬉しくて院長に、赤ちゃんは、不妊に悩む私たち夫婦のことを悩みぬいたあげく、息子の精子を受け入れたことを打ち明けたそうです。すると、院長は、「息子さんご夫婦に子供が生まれる可能性が無いことがはっきりしていて、母親が自主的に代理母を望み、母親が息子夫婦のために命の危険性を認識していながらも、なお産みたいという崇高な意思を、誰が止められましょうか…」と母の手をとり、涙ぐんで励ましてくれたそうです。そして、それから7ヵ月後、産婦人科の院長の計らいで、万全の出産体制のもと、母は無事に男の子を出産することができました。母は出産直後、「元気な孫を産めてよかった」と泣いて喜んでくれました。生まれた子どもは現在、私たち夫婦のもとで順調に成長し、保育園に通っています。
母が遊びにくると、たいへんなおばあちゃんっ子で、母から片時もはなれようとしません。私たち夫婦は、「産んでくれたおばあちゃんに感謝しなさい」と、いつも子どもに言い聞かせて育てています。「祖母が孫を産む」という形の私たちの代理出産は、「家族とは何か」という問題を日本の生殖医療に問いかけた一つの形なのかもしれません。代理出産を巡っては、厚労省の部会が2003年に罰則付きで禁止すべきだとした報告書をまとめたものの、国会でも見解が分かれて、議論はストップしたままです。このために、生殖医療で生まれた子どもの親子関係を定める法制審議会の民法特例試案とともに、法制化のめどが立っていないのが現状です。ここ最近、代理出産への社会的関心や認知度が高まっているものの、私たちのケースでは、母が代理出産した子どもを養子とする形しか認められませんでしたが、私たち夫婦は、近い将来にこの子が法的に実子として認められる日が来ることを願ってやみません。日本の生殖医療の規制とともに、生まれた子どもの福祉を守るために親子関係を規定することも必要ですが、法整備に当たっては、子どもを望む不妊患者の声を聞くことから議論を始めるべきではないかと思っています。  2 No related posts.


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
大好きなお兄ちゃんのオナニー現場に出くわした妹
2015/12/08 20:12
2015/12/08 20:12
292 :えっちな18禁さん:2007/08/25(土) 18:34:07今、兄のを見ちゃったんだけど、妹の視点から書いちゃまずいかな? っていうかごめん、ちょっと動転してダメ。助け 295 :えっちな18禁さん:2007/08/25(土) 18:57:54>>292 姉ないし妹の視点てのもOKでしょ。 昔このスレのシリーズで、弟のを見ちゃった姉の報告で、 弟が姉ちゃんのブルマだかで抜いてるところを姉ちゃんに見つかり、 姉ちゃんが「きもちよかった?」って優しくきいたら「うん。」って答えたんで 思いっきりぶん殴ってやった…
エロビデオを見てたら突然・・【エッチ体験談】
2015/09/28 08:57
2015/09/28 08:57
昔、アパートで一人暮らしをしていたときの話。 斜め上に住んでいる独身の香奈ちゃん(仮名・矢口マ○似・24)が俺の家のピンポンを押したと同時にドアを開け部屋に駆け込んできた。 「ね、ねー、いるー?」 まあ年が近いせいもあって普段から仲がいいのだが、あまりにも急だったので驚いた。 「うわっ、どうしたー?」 俺はパンツ一丁の姿でソファーに座り、ボーっとエロビデオを見ていたので、ビクッとして速攻消した。恥ずかしかった。しかし香奈ちゃんの表情を見て恥ずかしがってる場合ではないと一瞬で冷静になった。香奈ちゃんはなんだか怯えてる。 「おいおい、震えてるじゃん」 俺…
★思わぬ出会いに喚起した嬉話
2016/03/09 19:57
2016/03/09 19:57
 ある夜、居酒屋でトイレに行った帰り知らない女性が「私を抱いてください・・」と言われた。私は彼女に「いのかい?」と言うと彼女は黙ってうなづいて、顔をポッと赤らめた、店の店員に代行車を頼み、行き先は市内のラブホテルを頼んだ、彼女は後部座席で下を向いていた。

 シャワーを一緒にしてあげ体を洗ってあげた、恥ずかしそうにしていたが、私は彼女の両脚を開いてもらった。「恥ずかしい」ヘアーの手入れをしてきたようで、グリーンの芝の様に短くなっていた。「綺麗だね」彼女の力が緩み、間に入り下から処女のオマンコに吸い付いた。
「あーっそんな・・あーっあっ」彼女の両手が私の肩に置かれ、膝が小刻みに震えていたのが…
あまりのデカチンに白目を剥いてイッてしまい…【エッチ体験談】
2016/05/04 21:10
2016/05/04 21:10

私はアラサーの会社員です。

職種は営業で、毎日、取引先回り、折衝、打ち合わせ、会議などに追われています。

体力的にもきつい部分はありますが、やりがいはありますので、この仕事をずっと続けていけたらと思っています。

ただ、私生活の方は、最近まで、3年も恋人なしの状態だったので、実は、性的な渇望もかなりのものでした。

そして、今の彼氏と年末に知り合い、私にも幸せが戻ってきました。

その彼とは、ある取引先の忘年会に出席した時に知り合い、その場で打ち解けて、年明けから付き合うようになりました。

彼は私より1歳年下の28歳ですが、筋肉質で引き締まった体で、仕事もできそうなタイプで私の好みで…
【熟女体験談】以前から気になっていた美人妻をゲットした
2016/10/07 00:02
2016/10/07 00:02
2016/10/07 (Fri) 先週、以前から気になっていたA子さんをゲットした。

そのA子さんは、私の会社の下請けの社長の美人妻。

以前から、私(29歳)の事を見る視線も気になっていた。

年齢は、42だがぱっと見は30代半ばと言う所にしか見えない。

子供も3人産んでいるがスタイルはとてもいい。

その日の午前中、書類を届けるためその下請け会社の事務所兼自宅へ出かけた。

その社長は朝、仕事に出かけたら夕方か夜までは必ず帰ってこないのは

社長本人が自ら話していた事があって知っていた。

チャイムを鳴らすと奥から聞きなれたA子さんの声が聞こえドアが開く、

前もって連絡はしていた…
【Hな体験】ホテルのスウィートで酔った美人ハーフに迫られて
2018/04/07 22:00
2018/04/07 22:00
5年間の大学生活を終えたその日、部活恒例『追い出しコンパ』での出来事です。 就職のため新居に引っ越した俺は、卒業式当日は家もなく、追い出しコンパの行われる繁華街にあらかじめ宿を取っておいた。うちの部活は男所帯なのだが、なぜか女にも人気があり、毎年数名の女も入部してくる。 3つ下の後輩エレナはスペイン人とのハーフということもあり、大学でも準ミスに選べれるほど可愛かったが、部活内恋愛禁止を建前としていた俺たちは手を出さずにいた。しかし、本当にもう少し身長があればモデルでもやれそうなほどスタイルがよく(身長154センチ、90・58・86くらい?)、気になる存在でした。 2次会…
お見舞いに来たバイト先の世話焼きおばちゃんが…【熟女体験談】
2017/02/01 20:10
2017/02/01 20:10
時給は低いんだけど、食事付きに惹かれて近所の弁当屋でバイトしてます。
さらに余ったお惣菜も持ち帰りOKなので、ひとり暮らしで自炊しない俺にとってはいいバイトなんです。

お店は店長さん(男性)と店長さんの奥さんとパートのおばちゃん2人と俺の5人で切り盛りしています。

パートで世話焼きの高木さんっていう49才のおばちゃんがいるんですけど、先日、俺がインフルエンザに罹ってバイト休んじゃって迷惑掛けちゃったんだけど、ほぼ治っただろうときにその世話焼きの高木さんが俺の住んでるアパートまでお見舞いに来てくれたんです。お店で余ったお惣菜を持って。


ありがたくお惣菜もらって帰ってもらおうと思ったら、ず…
★感動はしなかった初めてのエッチ
2015/12/06 11:27
2015/12/06 11:27
 私が高校三年の時にほんの少しだけ付き合った人が初Hの相手でした。付き合って一ヶ月で初めてのHをしたけど…。ある意味、変な状況だったんで今思うと、あれはいったいなんだったのだろう?って感じです。

 その日は彼の家でゴロゴロベタベタしていたんだけど、彼が「しよう、しよう」と言うので、なんとなく成り行きでそうなってしまいました。私も彼が好きだったんで、別にHをしてもよかったのですが…。
 私がスタイルが悪いから見られたくない。とか言っていつも彼から逃げていたために、変な状況を作ってしまったんですよね…。下だけ脱がされていきなり触られて、しばらくしてすぐに入って来ました。そんなに痛くは無かった…
就職内定が決まった女子大生のエッチ体験
2017/08/02 01:36
2017/08/02 01:36
あれは、2年前の就職内定時代・・内定者でML作って連絡取り合い、飲み会とかもやってけっこう仲良かったんだよね。で、その日も飲み会があり、卒論も終わってたのでけっこう飲んだくれ、終電近くになってKの家に行くことにした。メンバーは、K♂、O♂、S♀、T♀、おれ♂ Kの家でも飲んだけど、おれは早々にダウンしてKのベッドへ。

 Tは「ベッドとっちゃうなんてずる~い、あたしもそのベッド使うよ」と・・当時おれは経験済だったけど、うぶな方だったんで、まさかTがベッドに来るとは思わなかった。しばらくしてTが当たり前のようにベッドに入ってくる・・うぶなおれは「まじ?」と思い、これはTが何かを期待して…
親戚のお姉さん、真理子さんとの温泉旅行 (寝取られ体験談)
2015/09/28 23:00
2015/09/28 23:00
 小学生のころの話です。ボクは親戚のおねえさんの真理子さんに、1泊2日の温泉旅行に誘われました。真理子さんとボクは親戚のみんなが集まるような席でしか会う機会がなかったのですがとても仲がよく、たわいのない僕の話にも真理子さんはわらってくれました。真理子さんは20代前半の面倒見がよくて明るい、なによりそのスレンダーな身体に似合わない、ボクの頭ほどあるやわらかそうなおおきなおっぱいが魅力的なおねえさんでした。ボクは会うたびにそれがゆさゆさ揺れるのを見てオチンチンをおっきくしていました。僕はそんな真理子さんが大好きで、今思えば初恋のひとだったのかもし…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・部下の人妻社員とエレベーターの中でハメました

・年上好きな男の初体験

・弟にマッサージしてもらったら、ムラムラして・・・

・恋人達

・出産時のレスを助けてくれた義姉との想い出

・【Hな体験】体育館の裏で告白したらそのままイカされた

・視察団物語

・俺を兄貴と間違えて誘ってきた兄嫁とそのまま

・お尻むっちりの53歳の熟女と中出しセックスを楽しんでいます

・幼馴染でセフレとの思い出を語る

・【人妻体験談】病的なレベルでSEX大好きな人妻がご主人様と出会い、中出しSEXされまくり

・【熟女体験談】夫の実家に帰省した時に、複数の男達に押し入り集団レイプをされてしまった人妻

・【浮気】ネトゲで知り合った三十路の黒髪処女と

・たまらない豊満な体の生保の熟女支店長

・H体験談。。同期入社の高身長美人妻と不倫セックス、夫婦の寝室で寝取り

・一回り年下の子供の水泳教室の先生と浮気しようとした私への天罰

・【熟女体験談】給食のおばさんとお餅のように太った少年と買い物に出かけた帰り道に偶然出会って自宅でSEX

・お泊まりに来た嫁のママ友に息を殺して中出し姦

・育児ノイローゼになった主婦がEDのカウンセラーで悩み解決

・取引先の女性にペニスバンドで

・痴漢さんからセフレさんに

・【人妻体験談】旦那公認で目の前で寝取りアナルSEXをしたら、旦那がノーハンド射精していた

・【熟女体験談】息子に妻を奪われて、やり場のない怒りを何の罪もない女子大生に向け中出しレイプ

・元風俗嬢の嫁と寝取られ生活39

・旦那と彼から人妻を奪い調教する 2

・【混浴】混浴で男性全員にアソコを視姦された彼女

・メンヘラな彼女がビッチすぎるんだけど誰か・・・

・私が墓場まで持って行く秘密の告白

・【初体験】こっそり筆下ろししてくれた友達の彼女

・友達にレズられたこと