寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【人妻】家族旅行で他人棒に濡れた人妻3・4 【エッチな体験談 人妻、不倫】

2016/10/24 11:43


主人と娘もいる雑魚寝状態の2等客室で

後ろに寝ていた男性にいたずらされたあげく

欲情したおちんちんを挿入され

中だしまでされてしまった私は・・・

今まで経験したことのない背徳感を

伴う絶頂の後の快感に



柔らかくなった男性のものが

私のあそこから押し出された後も

体を震わせていました・・・



私の中に大量の精液を流し込んだ男性は



私の絶頂の痙攣で起きてしまった娘を

寝かしつけたていた時も、私のむき出しの




お尻を指先で愛撫しつづけながら

・・・まだ精液でぬるぬるしてる

おちんちんをこすりつけてきました



その動きを感じるたびに

私の体を痙攣がはしります

娘を寝かしつけるために絶え間のない

痙攣に襲われそうになる腕から娘をはなし

やさしく毛布をかけて大丈夫だよと

声をかけていたとき快感の痙攣で

私のあそこから押し出されて垂れてきた

男性の精液の強いにおいがあたりに

漂いはじめていました・・・



それでも疲れていた娘は

すぐ眠りについてくれました



このままだと周りの人に気づかれる!

そんな危機感を感じていた私をよそに

男性の射精したばかりのはずの

おちんちんは、私のお尻の割れ目の感触を

精液を潤滑油にぬるぬると動いて楽しみながら

またムクムクと膨らみ硬く熱を持ち始めていました



私の心配に気づかないのかどうでもよいと

思ってるのか男性は硬くなったのもの先端を

私のあそこにまたあてがってきまます



危機感と男性の硬いものが入口をこすりあげるたびに

沸きあがる快感・・・私の中に芽生えて消えない

もっと男性に犯してほしい男性のペニスに向かって

お尻を突き出したい淫らな欲望の間で翻弄されて

いつの間にか涙が流れてきていました



そんな私の状態を察したのか

うしろでごそごそと男性が動いたと思うと

耳元で「きて」とそう男性はいうと

不意に立ち上がり2等客室の出口へ

歩いて行きました。



私は行かないことも考えたのですが・・・

さっきまで押しあてられていた男性の硬いものが

私の体に送りこんできていた快感と切ないくらいに

迎え入れたくてうずいている激しい欲望に



主人と娘のいない場所で

思い切り身を任せてしまいたい思いに

どうしてもあらがうことができませんでした



ゆっくりと、娘にかけてある毛布を

動かさないように気をつけながら起き上ると

男性の消えた2等客室の出口へ歩いて行ったのです。



出口を出るとすぐ横に男性がいて

私の手をとって歩き始めました・・・

ただでさえもうあふれて来ていた

男性の精液が太ももを伝って

垂れてきていました・・・



男性は私の手を引いて

甲板の人が少ない場所に連れ出すと

毛布で隠しながら私のスカートを上げて

中途半端に引き揚げていた下着を

太ももまでずり下ろすと・・・

毛布にくるまりながら海を見ている

カップルを装いながら立ちバックで



いきなり奥まで突きいれてきました

主人のものでは経験したことのない

あそこが押し広げられていくような

男性のものの挿入感に私は



妻でも母でもなく

女・・・いえ・・・牝にされてしまいました



さっきまではあげられなかった

快感のうめき声をあげながら

私は男性の欲棒を喜んで受け入れて

快感をもとめて自分から腰をゆすり

何度ものぼりつめていました・・・



でも、少ないとは言っても甲板にも乗客が

いましたし実際何人もの乗客に行為を

見られていたとおもいます



毛布で隠してはいても

私は抑えられないでうめき声を出してたし

男性は激しく腰を使っていたし

思いきりばれていたと思います。



でも夫も娘も乗っている船の甲板で

お尻を突き出した格好で見知らぬ男性の

大きなおちんちんを出し入れされて

与えられる経験したことのない気持ちよさと

その異常な状態でのセックスの興奮に

もうどうでもよくなっていました



快感と興奮と羞恥と背徳感で

私は半分パニック状態だったと思います



そんな私の耳に意地悪く

ご主人と一緒の船で知らない男のチンポ

入れられて、それを人に見られてるのに

気持ちいいなんて本当に変態人妻だね。



・・・という男性の言葉と耳元への囁きで

体中にゾクゾクと広がる快感と倒錯した

興奮を感じながら・・・



男性の太いものの激しく深い抜き差しに

たった一回のセックスで今まで主人との

セックスで味わった数えるほどの絶頂よりも

はるかに多い絶頂を経験させられ



「いやらしい奥さんにお仕置きの種付けだ!」



そう男性にいわれながら1度目と変わらない

大量の精液を膣内に叩きつけるように射精され

その瞬間より深い絶頂感に襲われて

真っ白になって足ががくがくとさせながら

しゃがみこんでいました。



男性はしゃがみこんだ私を追いかけるように

しゃがみ射精した後も、しゃがみこんだ私を

甲板にうつぶせにさせお尻だけ突き出した

格好にさせて射精してすこし柔らかくなった

物をゆっくりと私の中を楽しむように出し入れしながら



はぁはぁという息遣いと一緒に

「ご主人のチンポとどっちがいい?」

と聞いてきます。



その男性の問いかけに

「これ この・・・ほうが

 ・・・すご・・・いぃぃああ」



「すごくいい」って言おうとしたけど

激しく出し入れされてすごくって

とても言えませんでした・・・



それを聞いた男性は



「知らない男のチンポのほうが

 気持ちいいってご主人に

 聞かせてやりたいぜ

 こんなやらしい嫁さんだって

 しってるのかね」



そういうと同時に私の中の男性のものが

ムクムクとまた硬さと大きさを

取り戻しながら膨らんでいきました・・・



そのあとは2回射精した後の

男性の長い責めを受けながら何度も

おかしくなる!だめ・・・と

うめきながら力が抜けきったまま

何度も激しくいかされて



やっと3回目の射精を

膣内に流し込んでもらった時には

もうすっかり放心状態でした



そんな状態で精液の匂いがするおちんちんを

口元に押しつけられた私は朦朧としながらも

自分から口に含んできれいにしてたそうです。



あんなことしたのは本当に初めてです。



おちんちんのお掃除が終わると

男性に促されてたちあがったのですが

体がフワフワして男性の手を借りながら

どうにかトイレにむかい・・・



びっくりするくらい精液で

べとべとのあそこと、中から流れ出てくる

精液を拭き取ってから



家族のねている部屋へ向かいました。

部屋の入り口で中を見ると

パパも娘もまだしっかりねむっていて

安心しましたが、後ろをついてきた男性が

部屋に入ろうとする私を捕まえて

しゃぶってよといい始めました。



どうやら寝ている私の家族をみながら

私にしゃぶらせたいようでした。



すこしだけでいい?と聞くと

「すこしでいいから」と言われたので

その場でしゃがんで男性のを口に含みました

男性は部屋の中を覗き込みながら

私の口を犯すように腰を使っていました。



そんなこんなで

やっと娘の隣へ戻してもらえました。

横になったあともとなりの男性は

私の体を触ってきましたが



激しいセックスをされて強烈な

性的刺激を受けてふらふらだったのもあって

男性の悪戯を受けながら・・・

私はいつの間にかねむってしまいました。



起きると、パパも娘も、まだ寝ていましたが

2人とも数分後に流れた目的の島に着く

アナウンスで目を覚ましました。



となりの男性は、パパがおきて

私と話しているのを聞きながらばれない程度に

こっそり時々私のお尻をなでてきます。



そうされるたびに昨夜の激しくて淫らなセックスが

体に残る余韻と一緒に頭の中に鮮明によみがえって、

なにもしらない夫の顔を見ながら、すまない気持ちと同時に

淫靡な背徳感に性器がしびれるように疼きました。



でも男性も主人にばれたくは無いのでしょう

それ以上無理な事はしませんでした。



しばらくして島に着いて船から下りる為に立ち上がると

寝る前に拭き取ったにもかかわらず残っていた昨夜の精液が

私のあそこからたれてきて慌ててしまいました。



部屋から出る時ふり返ると男も一緒に下船するようです。

甲板に出ると昨夜私がされてしまった事なんか

夢だったような、とてもいい天気でした。



あの男性と、島にいるあいだにもしかしたらまた・・・

そんな、恐れとも期待ともつかない想いをもって

いましたが、会うことがないまま、家族旅行は終わりました。



あれ以来、主人とのセックスをするたびに

あの日の出来事を思いだし、以前より淫らに

乱れるようになってしまいました。



でも、主人とのセックスではあんな風に

牝になることは出来ないでいます。

最近は、他の男性の大きなものでまた・・・

そんなことを想像しては自分で慰めています。



出典:女喰い日記

リンク:


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
アイスダンス
2018/02/26 06:28
2018/02/26 06:28
浅田真央、安藤美姫、高橋大輔… いま、日本のフィギアスケートは、世界のトップレベルにある。 もちろん、これら、ほんの一握りの人たちの他に、まだ全く名を知られていない、多くの選手たちがいる。 僕たちも、そんな中のふたりだ。 そう、「僕たち」「ふたり」。 僕と姉ちゃんのふたり、アイスダンスのペア。 もちろん、はじめにあげたトップクラスの選手たちとは比べ物にならない、「裾野」の中にいるということは否めないけれど、 真剣さや練習の厳しさ等は、絶対にひけを取らない…と思っている。 純粋に速さや強さ、距離などを競う他のスポーツと違って、 アイスダンスを含むフィギアスケートの得点は、「美しさ」という、ある…
【母】母の日ウィークは当然母中心【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/10/28 22:41
2017/10/28 22:41
ol" target="_blank">OLspan="2" bgcol" target="_blank">OLor="#ffffff"> 母の日ウィークは当然母中心 家に帰ったら、「ビーーーーン」というバイブの音と、母の「アウアウアウ」というあえぎ声が聞こえていました。玄関に靴が2足あって、1足は翔ちゃんのお気に入りの靴なので、当然のように思いっきり踏みつけてから家にあがりました。 リビングに入ると、母がソファの上でマングリ返しの体勢で、オ○コにバイブを入れられていました。バイブは股縄で固定されてい…
【泥酔】ぬるぬるした感触がたまりません
2015/12/19 23:19
2015/12/19 23:19
すすきのでの話です。当時私は19歳ぐらいで事情があって大学を休学してとある建設業に勤めていた。イメージ通り建設業の人間は酒好き女好きで、金使いも荒い人達でした。 しかし彼らは当時の好景気の恩恵ですごくお金を持っていて、毎晩のように新入りの私を飲みに連れっててくれました。いつも決まった店で飲んでいたのですが、そこの女性は皆美人でした。 でもってそんな店に19そこそこの小僧が来ることはあまり無かったようで店の人は私のことをYちゃん、Yちゃんととても可愛がってくれてました。 とある日いつものように先輩と飲みに行くと、店が結構忙しくママに「今晩奢ってあげるから、Yちゃん手伝って」と…
清楚なJDと初の援助交際
2017/03/26 17:22
2017/03/26 17:22
チャットルームに援助交際を希望している女性が待機していた。

幸運にも入室すること
が出来た。

女子大生といっていた。

私とは親と子ぐらいの年齢差があった。

彼女から年齢
差は関係ないという、嬉しい返事が返ってきた。

¥2ということで話しは成立。
夜の10時に待ち合わせ。

時間通りに彼女が現れた。

えっ、マジかよ・・・ 女子高生か、
女子大生かわからない。

しかし、想像以上に清楚な感じで、援助交際をするような女の子
には見えなかった。

「本当にエッチをしちゃうよ。

いいの?」
 私は思わずそう言っていた。

「はい、お願いします。

どうしてもお金が必要…
ゼミの飲み会の後、酔った可愛い子に捕獲された体験談
2015/09/12 16:10
2015/09/12 16:10

先週、ゼミの飲み会があった。
普段は決して酔わない友達Mが酔って何かと俺に絡んできた。
絡むと言っても「ねぇーもっと飲もうよぉーじゃないと私が飲んじゃうよー」
と妙に甘い声で言ってるだけなので可愛いな、くらいにしか思わず放っておいた。

飲み会も終わり、家が同じ方向のMと一緒に帰ることになった。

「どうしたの?Mさんが酔うなんて珍しいね」
「そんなことないよー酔ってないよー。だからもう一杯のんでこうよ」
「帰りが危ないからそれくらいにしておきなよ」
「えーじゃあウチで飲もう。ならば帰り危なくないでしょ?」

Mは同じ学科内でも目立って可愛く性格も明るい。
学部が違うので顔見知りではないが…
【妹との告白体験談】マッサージ器の対決  ~近親相姦告白~
2015/12/21 07:12
2015/12/21 07:12
妹が小4、自分が中2の頃からマッサージ器対決という遊びをやっていたマッサージ器というのはよく床屋さんとかに置いてある長方形で、取っ手の付いている物で、物心つく前から家に置いてあるものだったが・・そのマッサージ器は、遊び道具のようになっており、妹と一緒にマッサージごっことかで使ったりしていたのですが、ある時妹が振動してるマッサージ機の上にまたがりながら、「うっー、ここに座ってると、くすぐったくて我慢できないー!」と言いながら悶えていました。何故か「お兄ちゃんもまたがってみてよ」という妹に促され、自分もまたがって振動させてみましたが、普通の体勢で座っても股間が刺激されるわけでもなく、金玉とお尻…
職場の忘年会で同期が泥酔。家に泊めてそのまま
2017/04/21 01:24
2017/04/21 01:24
生まれて初めてお持ち帰りしたので報告します!!

昨日は会社の同期の忘年会でした。

忘年会には14人来てて、開始は6時半から。


俺はもともと酒が弱く、すぐに気持ち悪くなってしまう。

この日もサワー4~5杯で吐いてたorz
9時くらいに1次会終了で2次会に強制連行。

2次会はカラオケだったんだが、半分は寝てましたw
2次会はみんなけっこう酔っ払ってていい感じに盛り上がってた。

それで11時過ぎに終電がなくなるやつがちらほら出てきたので終了。

カラオケは二部屋に別れてたんだけど、
隣の部屋に泥酔してる女が一人。
長谷川さんです。

長谷川さんと俺は事業所が違う…
妹とずっとエッチする関係が続いています
2018/06/27 16:16
2018/06/27 16:16
【寝取られ体験談】病気だw
2015/09/22 08:19
2015/09/22 08:19
私の彼女は、ずっと処女喪失以来、他の男性との セックスに憧れていました。会社に入ってからも、 「○○課長としてみたい」などといつも男をHな 目で見ていました。付き合って6年で、セックスも マンネリしてきましたし、なにより私は昔から オナニーの時も誰か性の対象の女性と第三者が セックスしているのを客観の視点で想像するのが 好きで、彼女のこともオナニーで想像する時は 想像の中で誰かとやらせていました。それは彼女も 知っていて、いつしか私の想像は願望となり、 彼女の「他の男ともしたい」という性欲と重なり、 気持ちを共有するようになっていきました。 そしてある日、私と彼女の家にいる時に、 同期の男…
【妹との告白体験談】仲良かった妹と…
2016/03/14 00:34
2016/03/14 00:34
20年も前の話になりますが私は小6の頃から高2年までの5年間の間、年子の妹と関係を持っていました。 私が性に興味を持ち、妹が思春期に入って胸が俄かに出てきて体型的に変化が出始めた頃だった思います。 一方的な好奇心の悪戯からの始まりですが家庭環境からの要因が一番大きいかと思います。 家は農家で祖父母、両親、まだ2才の妹と妹の7人家族でした。 家もそんなに大きくなく両親と共に同じ部屋で寝ていましたから下と妹とは違って保育園前から同じ布団で一緒に寝ていました。 別々寝れる部屋も無かった関係もあるかも知れないけど高学年になっても両親はまだ子供だと思ってか相変わらず一緒の布団、風呂もまだ一…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】人妻専門サイトに参加し、近所の綺麗な人妻を見つけSEXを楽しんだのだが・・・

・ストレス発散したくて出会い系に登録

・【女×女】お隣の奥様に覗かれてレズに目覚めた私[前編]

・【Hな体験】私のビッチ生活はこの夜から始まった

・【不倫】巨根に溺れた生保レディ

・妻の秘密を発見!

・【熟女体験談】大きくてきれいなおっぱいを持つ親戚のおばさんに手コキをされ初めての射精、からの中出し体験

・【人妻体験談】素人専門の出会いコミュニティで童貞を捧げた同級生と再会し、セフレとなった

・バツイチの姉ちゃんと過激にやってしまった(姉ちゃんと同棲。姉弟の夫婦生活状態になりました)

・セフレをスワップしてみた

・【レイプ】管理人のおじさんの性奴隷にさせられました

・双子の甥達と

・妻も何度も何度もイされ疲れ果てて・・・

・手っ取り早く男のつまみ食いは出会い系で

・【人妻体験談】旦那が単身赴任中に隣の変態夫婦に中出しレイプされてしまった

・【羞恥】俺のイキ顔を見ながら抜いてくれた陸上部の貧乳先輩

・偶然見かけた人を思い出してドキドキ

・【乱交】授業を抜け出して、彼や彼の友達と気持ちいいこと

・【人妻体験談】淫乱人妻を白昼堂々調教中

・【熟女体験談】簡単にヤラせてくれるエロい人妻に誘われ、バックで挿入し、中でイッてしまった

・口説かれて体を許すまでの道のりが好き

・エロいお姉さん②

・部長の奥さんと関係を持つことになった。

・【Hな体験】30年ぶりに再会した元カノはバイブが恋人だった

・【不倫】40代の人妻を味わったら若い女とやれなくなった

・騙して中出し!そのままホテルに放置w

・【乱交】北海道行きの寝台特急の中で2人の男と

・先週初のハプニングバー体験 興奮と後悔と驚愕!

・【熟女体験談】オナニーを止められたが、我慢できないでいたら手伝ってくれた母

・#嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました【転載禁止】