寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

近親相姦、息子にショッピングモールでブラとパンティー脱がされて

2016/09/26 23:00


 

  私(42歳)と息子の智樹(21歳 今年4月から社会人)が親子を超えた肌を合わせ体を重ねる関係となって、5ヶ月が過ぎました。自然の成り行きと言えば、聞こえはいいのですが、智樹の口説きに負けてしまいました。そして、梅雨時に、初めて息子の一人住む部屋で、抱かれました。もちろん、息子として愛しい気持ちの他に、恋愛感情が芽生えていたからです。あき深まる季節、その日は紅葉を見に、デートに連れて行ってくれました。その日の私は、智樹の強いリクエストもあって、フレアスカートとブーツ、腿までのガーターレスのストッキングを履いて行きました。二人寄り添って、腕を組み、見知らぬ町のお寺の紅葉を一緒に見ました。人の気配のない所では、何度も、キスもしました。ショッピングモールでお昼を食べて、店内をブラブラとデート。エスカレーターを降りると、ランジェリーショップがありました。「ブラとパンティ、買ってあげる」「いやだあ、恥ずかしいもの」私の手を引き、強引にお店に入りました。 智樹が選び、色は私の好みにしました。お店の若い女性のチラチラと見る視線が、とても恥ずかしかったです。智樹は、臆することなく、レジまで行き、プレゼントと言って、店員がピンクの紙袋に包んでくれて買ってくれました。お店を出ると、ありがとうと言い、私は赤面していました。男性に買ってもらった初めての下着です。智樹は、いろいろと意地悪を考えていたようです。奥の階段を上ると、そこで智樹は私を抱き寄せました。コートの中に手を入れて、ブラのバックホックを器用に外されました。「あっ、嫌だ。もう、何てことするのよ」「外したまま、歩こうよ」智樹は、笑っています。悔しいけれど、憎めません。そのフロアの隅に、喫煙室がありました。智樹は私を連れて、喫煙室に入ります。誰もいませんでした。智樹は、私の背後へと回ります。私の耳元で、「パンティ、脱ごうよ」智樹は、私のスカートの中へ手を入れます。「誰か来ちゃうわ」「大丈夫よ。来る前に」パンティに指を掛けて、智樹は優しく腿から足首まで脱がしてくれました。何だか、スウスウして、落ち着かなくなりました。脱がしたパンティは、智樹が自分のポケットにしまいました。「やだ。返して」笑って、受け付けません。ノーパンになった私は、二人だけの秘密として、フロアのお店を歩きました。エスカレーターで最上階まで行き、隅の階段まで行き、「鞄の中、見せて」言われるままに、鞄を見せました。中のポーチには、いつもお化粧品と予備のタンポンが入っています。そのタンポンを取り出して、私の手に乗せました。その手に自分の手を重ねて、手を繋ぎました。「このままデートだよ。手を離したら、落ちるからね」意地悪なデートです。ギュッと手を繋いだまま、落とせないから力が入ります。緊張して汗ばんでしまいました。ブラのホックも外され、パンティも脱がされていましたから。反対端の階段を下りて、タンポンは返してくれました。すると、ポケットから、四角い包みが・・・コンドームです。それを私の手に乗せて、今度はそれで手を繋いで歩かせました。緊張がほぐれません。意地悪な智樹です。お店の中に入っても、その手は緩めることはできませんでした。もう一つ下の階段まで来ました。コンドームはポケットにしまい、私のパンティを取り出した智樹は、小さく綺麗に折り畳んで、私の手に乗せました。パンティを手に挟んで、手を繋ぎ、そのフロアを歩きました。もう緊張して、汗が出ました。手を離せないことをいいことに、大きく前後に手を振ったりしてみせました。「恥ずかしいわよ」「分からないって」もう、緊張の連続です。その頃、緊張も手伝ってか、私はお手洗いに行きたくなっていました。「お手洗い、行っていい?」「俺も行こうかな」二人は、スポーツ洋品店奥のお手洗いへと向かいました。もう手を離さなければ、回りの人から変に怪しまれそうでした。それでも、智樹は、手を離しません。お手洗いのアーチの手前に、ベンチがありました。そこに二人並んで座りました。「あのさあ・・」「どうしたの?」「真紀のお◯っこ、見たいんだ」「え? 無理無理、無理だってば」「じゃあ、行かせないから」私を立たせてくれません。催して来ていました。少し、我慢していて、ブルブルと寒気もしていました。「行かせて」「だめだよ」そんな時間が、どれだけ続いたでしょうか。私たちの前を、何人かの人が、お手洗いに入ったり出たりしていました。「もう・・・だめ」私が我慢して俯いていると、優しく髪を撫でてくれました。耳元で、智樹が囁きました。「見せて」限界を迎えていた私は、思わず、頷いていました。周りの気配を確認してから、智樹は立ち上がり、私の手を引き、お手洗いのアーチをくぐりました。入ってすぐのところに、多目的トイレの個室がありました。扉が開いていました。私の手を引き、智樹は、さっと個室に連れ込んで、扉を閉じました。「もう大丈夫だよ」ふらつきそうな私を抱いて、便座に座らせてくれました。「見せて」しばらく、落ち着かなくて、出るものも出ませんでした。智樹は、私の前にしゃがみ込み、髪を優しく撫でてくれました。チョロ・・・その我慢は、消えました。シャー・・・音を立てて、お◯っこが出ました。恥ずかしくて、私は両手で顔を隠しました。いつまで続くのかと思うくらいに、勢いよく、お◯っこが流れ出ました。恥ずかしくて、恥ずかしくて・・やっと終わり、智樹が優しくペーパーで私のあそこを丁寧に拭き取ってくれたのでした。恥ずかしいのと、その優しさみたいなものが混じっていました。智樹は智樹で、男の発情をしてた様でした。ジーンズ越しに、私の手を大きく膨らんだ下半身に触れさせました。「舐めて」「え? ここで?」「入って来ないから、大丈夫だよ」智樹は、ジーンズを下げて、トランクスも下げました。私の目の前には、硬く大きく張った充血したペニスがありました。私は、そっと、智樹のペニスをルージュの唇に挟んで、含みました。智樹の男の声が、聞こえました。扉の外では、お手洗いに出入りする女性の靴音が聞こえていました。ドキドキしながらも、智樹のペニスを含んで、スローとしました。智樹は、ポケットから、先ほどのコンドームを取り出していました。「え?」口からペニスを離し、智樹を見ました。「我慢できない・・」智樹は、コンドームを硬く長いペニスに着けました。「誰か来ちゃうわ」「声は、我慢して」私を立ち上がらせて、手すりに向けて後ろ向きに立たせました。私のあそこを、智樹は指で撫で回しました。「声が、出ちゃう・・」智樹は、腰を進め、背後から、私の中へと、ペニスを挿入して行きました。「あっ・・いやぁ、ああ・・」「声出しちゃ、だめだよ」私は、自分で口を塞いでいました。背後から、智樹は奥まで、激しく突いてきました。我慢していても、それでも、声は漏れてしまいました。腰を抑え込んでを自分へと引き付て、智樹は、突いて来ました。「あ・・ああ・・うっ・・」後ろからは、膣の中の当たりが良くて、本当に、感じてしまっていました。緊張感と、快感が混じり、いつしか快感が勝り、必死にその快感と声を我慢していました。「イク・・」智樹は、私の奥深くで、ごく薄の皮一枚を隔てて、放出しました。ドクドク・・・その流れ出るのが、体内ではっきりと分かりました。ペニスを抜き取られると、風穴が開いた様に、感じました。コンドームを取り、ペーパーで拭う智樹と、腰がガクガクで膝が笑っている私でした。処理して、智樹は、隅のゴミ箱にペーパーに包んで捨てました。私を振り向かせて、智樹は、また優しく私のあそこをペーパーで拭き取ってくれました。溢れ出る愛液が、腿にまで伝いそうでした。智樹は、私をギュッと、抱きしめてくれました。耳元で小さく囁かれました。「真紀・・すごく良かったよ」恥ずかしくて、智樹の胸に顔を埋めていました。顎を持ち、顔を上げさせ、熱いキスをしました。鏡でスカートと髪を整えて、背後から智樹が抱き締めてくれました。鏡に映る私を、智樹は笑顔で見ていました。「恥ずかしい・・」視線を逸らす私の髪を、撫でてくれました。「出ようか」頷く私。まだちょっと、足元がふらついている私。私の腰に手を回して、智樹は支えてくれました。人の気配を確認して、鍵を開け、そっと扉を開ける智樹。腰を支えられたまま、二人は個室を出ました。手を繋いでアーチを出ると、幸い、誰もいませんでした。何事も無かったかの様に、私と智樹は、フロアを歩きました。「どうだった?」耳元で、意地悪く囁く智樹でした。「興奮した?」「うん・・した」恥ずかしくて、興奮していて、しばらく顔を上げられずに、智樹の顔も見られませんでした。私は、ベッド以外では初めての経験となりました。それも、息子の智樹とです。智樹も、そう言っていました。エスカレーターで一階まで下り、「また、挑戦してみる?」意地悪く、智樹はそう言いました。コクリ、私は頷いてしまいました。モールを出ても、まだ、私はノーパンのまま、パンティは智樹のポケットの中でした。二度目のベッド以外の場所は、先週・・・とある駅前の外資系ホテルの一階の誰もいない男子トイレの個室に、智樹にさっと連れ込まれて背後から突かれました。スリル感あるセックスに溺れてしまいそうで怖いこの頃です。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
サイトで知り合った39歳の人妻とセックスして年上女性にハマった
2018/01/27 15:10
2018/01/27 15:10
俺は、年上の女性とSEXするまで、若い女が大好きだった。
しかし自分の嫁が妊娠中、サイトで知り合ったメル友と浮気したんだが、やってきたのは39才の少しポチャリ系の人妻さんだった。年齢をサバ読んでたんだね。

けど、そう悪くない容姿なのでホテルへいったんだ。
そしたらすんごいハマっちゃって。

ホテルに入ると人妻さんは、お風呂にお湯をためて、ニッコリしながらソファーに座っている俺の横に身体を擦り付けるように座った。

当時の季節は夏で、薄着の人妻さんからイイ香りが俺の股間を直撃。
我慢できず人妻さんにキスをすると人妻さんの方から舌を絡めて来て濃厚なキスへと変化した。

少し焦った俺だったが、人…
【人妻体験談】新人のソープ嬢と意気投合したおかげで生中出しさせてもらった
2017/12/04 22:02
2017/12/04 22:02
結婚して6年。 子供も生まれささやかながら幸せな日々を過している。 夫婦生活には不満はないが、やはり刺激は欲しいもの。 月々の給料からヘソクリを貯め、久々にソープへでかけた。 「ご指名はございますか?」 「久々なんでないよ」 「では、今からご案内できるのはこの二人です」 とボーイが写真を見せた。 ポチャで巨乳系の24歳と、スレンダーで貧乳の32歳のふたり。 顔はぼかしが入っていて確認不可能。 妻はポチャなので、ここはスレンダー姫をチョイス。 ボーイが 「入店2週間目の新人ですがよろしいですか?」 「気にしませんからいいですよ」 「ありがとうございます」 入浴料支払うとすぐさまご案内。 「いら…
小さな彼女12
2016/01/27 05:01
2016/01/27 05:01
今現在10歳になりこの4月で5年生になるミキちゃんに当時の事を尋ねると、 顔を真っ赤にしながら答えてくれますが、 「ガクンとなって立っていられない感じがして足がガクガクする」 と表現が豊かになり当時の事を臨場感タップリに伝えてくれます。ママとは完全に別れてしまった私ですが、祖父母に預けられているミキちゃんとは かえって会いやすくなっており、二人っきりになれる時は必ず抱き合い愛を確かめ 合っています。 そんなミキちゃんは私に「イチゴやって♪プクっとしたところに」 とクリトリスの事を"プクッとしたところ"と表し、ローターをせがんできますが、 当時と違うのは、声を押し殺すようになり必ずイク様になった…
【キモメンとのエッチ体験談】キモいおっさんにせがまれて、ヤらせてあげたJD
2016/03/04 09:00
2016/03/04 09:00
彼氏と別れたばっかりの頃ずっと告られてて、でも全然タイプじゃない人がいて (見た目太めでヲタじゃないけど、ヲタっぽいし15歳上) ドライブに誘われて彼氏と別れて時間をもてあましてたのでついついていってしまった。 地元では有名なデートスポットで(同時にカーsexポイント) に連れて行かれて夜景見てたんだけどそこで改めて告られて、暗闇だったのでbな事がよく見えずにキス。 「やっぱり、ムリ」 って言ったんだけどねちっこくキスされながらおっぱいを揉まれて久しぶりだった事もあって感じてしまい更に「乳首すぐ立ってきたね」 と言葉攻めで密かに下も濡れてきてしまい・・・キャミに下はミニスカート…
【熟女体験談】ハロウィンパーティの後に、セレブマダムをGスポット責めしたら大量潮吹き
2017/05/24 12:02
2017/05/24 12:02
2017/05/24 (Wed) ここ数年日本でもハロウィンブームがきましたね。

それ昨年のハロウィンの時、
六本木の某所dでアダルトな大人向けの
ハロウィンパーティが開かれ参加しました。

参加者は仮装した
三十路後半以上の成熟した大人の男女。

中には五十路のご夫婦で参加されている
素敵な旦那様と美熟女奥さまもいたり

皆社会的に地位もある
方々ばかりのパーティーでした。

参加費5万円とお高いのですが、
用意されたワインや料理は最高でした。

主催者がお店をやっている方らしく、
最高のおもてなしで楽しませていただきました。

パーティーが終了しようとした時に、
ひとりの女性が近づい…
今日初めて風俗に行った。
2018/11/23 15:01
2018/11/23 15:01
大学生活最後の春休み、彼女がいない性欲の塊の俺は限界だった。 自分は生涯行くことのないと思っていたが、もう我慢が出来なくなり風俗に行ってきた。 風俗、デリヘル、ピンサロ・・・など色々聞いたことはあったが具体的な違いも知らなかったし、 「こういう店に入ったらやくざが出てきて金をぼったくられるんだろ・・・」なんて考えを持っていたし 何より高い金を払ってそういうことをするってのが俺的には無いと思っていた。 暇な春休みなので家で1日3,4回オナニーをして過ごすことしかしてなかった俺だが、 もう我慢が出来なくなりネットで近場のHPなどを漁ってみた。 ついでになんとなくオナ禁もしていた。 ドМな俺は…
【体験談】神待ちサイトで会った、子連れで爆乳のギャルママ
2016/03/22 06:30
2016/03/22 06:30

神待ちサイトで、
授乳中で母乳が出る23歳のギャルママと知り合った。



まなみって言うギャルママなんだけど、化粧もそこまでケバくなく、
ナチュラルに派手な顔立ちした美人なギャルママって感じ。



それで何と待ち合わせ場所に子どもを連れて現れたw

「赤ちゃんいるけど大丈夫ですか?エッチしてる間、3時間は寝てるから。


午後1時頃からでお願いします。


ほんと¥が必要なんです」

って返信貰ったのが始まり。



子づれ!?ってのに気が向かないんで
そのままにしてたら、再度メールが来た

「別イチでい…
教え子の女子高生を喰って二股までしてる家庭教師の体験談
2015/10/10 06:59
2015/10/10 06:59
教え子の女子高生の処女を喰って二股までしてる家庭教師の体験談 現在、某国立大学の博士課程1年です。 私の大学は、一応世間的には一流と言われているので、家庭教師の口も多く、その対価もなかなかいいものがあるのですが、それ意外にもオイシイことが多く、これまでに教え子である女子高生を2人ばかり、イタダキマスしてしまいました。 しかし、今回の3人目の娘は、目茶苦茶可愛いのです。 皆さんの体験記に刺激され、私も彼女とのH体験を書いてみたので投稿します。 冒頭に書いたように、私が通う大学は優秀な大学と思われているので、家庭教師の口が多く、しかも、その大学に通っている学生ということで、妙に信用があるの…
【妹との告白体験談】 妹
2016/04/29 17:18
2016/04/29 17:18
去年の夏は死ぬほど暑かったのに避暑地らしい所へは何処へも行かなかった。唯一、海へ泳ぎに行った位だった。それも何が悲しいか、妹と二人で…それがまさか兄妹でセックスをする事になるとは思わなかった。事の始まりは、5歳下の高校2年の妹が夏休みだと言うのに、家でゴロゴロとしていたので、「彼氏と遊びに行かないの?」なんて、さも彼氏が居ると前提な事を聞くと「残念ながら彼氏は居らんのですよ兄上…」と答えたので、「じゃあ友達と遊びに行かないの?」と聞くと「友達は皆、彼氏とお出掛けだよ…って、お兄ちゃん、私に何処か行ってて欲しいワケ?」と逆に突っこまれたので、「いや、そう言う訳じゃないけどさ…」と最後は何て言…
外国人が「日本に長く居すぎてしまった」と実感するのはこんなとき
2018/02/08 23:28
2018/02/08 23:28
日本にはたくさんの外国人たちが住んでいます。彼らは自分の国と比べることができるため、日本の長所も短所もよく知り尽くしており、褒める言葉や批判を的確に表現したりします。 日本人だからこそ知らない日本の変なところや、外国人だからこそわかる日本の特徴を上手く捉えたジョークがよく彼らの間を行き来しますが、15年くらい前に日本在住のアメリカ人が作ったジョークで 日本に長くいすぎた…と実感するとき というのが出回っていました。 外国人(欧米人)の間でウケて亜流などが色々出回ったこのジョーク、日本人には不思議に思えたり、笑い所が難しいものもあるかもしれません。違う角度から日本を知ることのできる、いいジ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【不倫】初めての浮気は幼稚園のパパ友でした

・性生活が有料で離婚したら粘着うざー

・【熟女体験談】厚化粧なスナックのママとお店のボックス席でセックス

・【人妻体験談】大親友の幼馴染に妻のオマンコを生で見せて、SEXまでさせてあげた

・【浮気】美人で清楚な社長秘書はいい感じのM女だった

・俺には7歳離れた妹が居る

・酔ったマヤはエロい

・【人妻体験談】サービスとばかりにパンチラする天然な妻のおかげで後輩に慕われるようになった夫

・【熟女体験談】服従のポーズをして洗濯ばさみを使ってオナニーをする変態おばさん

・【Hな体験】知り合いの人妻看護婦さんがしてくれた手コキ[後編]

・羽を伸ばしたいという出会い系の人妻

・あけおめパンティ!ことよろパンティ!

・【Hな体験】知り合いの人妻看護婦さんがしてくれた手コキ[前編]

・【人妻体験談】近親相姦をした息子が嫉妬してくれることに愛おしく思う母

・【熟女体験談】寝ている息子に夜這いをかけ、息子と近親相姦をしてしまい、息子の人生を狂わせてしまった母

・シナ人によりアフリカ内戦を激化 象は絶滅の危機

・人生初の乱交パーティーでしたがエロ勝手が

・あけおめパンティ?ことよろパンティ?

・【浮気】女の悦びを蘇らせてくれたスーパー銭湯のバイト君

・彼女がほかの男に弄ばれ感じている・・・

・あんなに綺麗ごとを言っていた母が・・・

・【初体験】処女なのに乳首イキさせられた

・二股かけてたJKに年上彼女を寝取られた

・元カノとの再会が…

・ 寝取られ動画サイトに影響されて、嫁を単独男性宅へ

・【人妻体験談】出会い系で知り合った子持ちママをイカせたら、中出しの許可が出た

・妻に淫らな体験をさせ興奮する私。

・【不倫】工事服の男の巨大なシンボルに私の目は釘付けになった

・下着好きな俺が若い子の脱ぎたて下着を撮影した話をする。

・無防備な妻 改 4