寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

夫の悪戯(続)

2016/09/23 21:01


あの恥ずかしい夏の体験から5ヵ月が過ぎました。
季節も変わり冬本番、雪が舞う季節になったある日、夫からクリスマスを
友人達と一緒に過ごさないかと相談されたんです。
その友人と言うのは、夫の学生時代の後輩2人らしく、会社の忘年会の時に
偶然同じ店で鉢合わせになった様です。
何年ぶりの再会に、途中忘年会を抜け出して3人で飲み直し、今回の話に
なったと言うんです。断る理由も無く了承したんですが、何か夫の企みがある様な気がして快く受け入れる事が
出来ませんでした。
クリスマスの数日前、夫が紙袋を手に帰って来ました。
「何?それ・・・」
「あ~クリスマスの衣装!」
「衣装?」
中身を確認すると、サンタの服が2着(男性用と女性用)入っていました。
「え~もしかして、これ着るの?」
「ん~その方が気分出るし・・・後輩も着て来るから・・・」
「このスカート短くない?」
「そうかな?昔学園祭で使った物なんだ・・・でお願いがあるんだけど・・・」
嫌な予感がしていた。
「何?変な事嫌よ!」
「え~先にそう言われたら・・・」
「何・・・言ってみて」
「ノーパン・・・」
「やっぱり・・・そう言うと思った!」
「じゃ、いいよ!!!」
そう言って夫は、寝室に戻ると暫くリビングへ降りて来なくなったんです。
2階の寝室に入ると、既にベットの中でイジケル夫・・・。
「分かったから、顔見せて・・・」
そんな訳で、夫の望みをかなえる事になりました。クリスマス イブの日(当日)、食事の準備をしていると、16時位に夫からメールが届いた。
(仕事で、ちょっと遅くなる。後輩と待ってて♡)
(分かった!早く帰って来てね♡)
(あれ着て待っててね♡)
17時になると、後輩と思われる男性2人が家にやって来たんです。
「あっ初めまして・・・後輩の山口と伊沢です」
「あ・どうぞ・・・夫が少し遅れるって連絡あったから・・・」
17時30分、”ピ~ンポ~ン 宅急便です”
判子を押し、荷物を受け取ると、クリスマスプレゼントらしき包装にリボン!送り先無し・・・
荷物を持ってリビングへ向かうと
「お~早速クリスマスプレゼントですか?」
「誰からですか?旦那さんのサプライズ!!!」
「そんな事無いわ・・・」
「折角だから開けて見てみましょうよ!」
「え・え~」
何だか嫌な予感がしたが、彼らに押し切られる様に、包装を開け蓋を取った。
「え~何!!!」
「凄ぇ~マジかよ・・・」
中には、巨大なバイブとローター、ローション・ローソク・ロープとエッチなグッツがいっぱい入っていた。
私は、夫の仕業だと直ぐに分かった。
「奥さん・・・こんなの使うんですか?」
「使わないわ・・・間違いよ・・・ん」
「そうですか?でも宛先合ってますよ」
暫く沈黙が続き、気まずい雰囲気の中、彼らが紙袋から何やら取り出し始めた。
彼らが頭にかぶったのは、トナカイの着ぐるみ。
上着を脱ぎ、着こんだのもトナカイの衣装だった。
「いや~懐かしいな!これ学園祭の衣装で、昔着たんですよ」
「奥さんもサンタの衣装貰いませんでした?」
「えっ・・・あ・あれね!貰ったわ」
「着て下さいよ・・・クリスマスパーティなんだし・・・」
「そうね・・・」
2階に上がり、寝室で紙袋から衣装を取り出し着てみると、やはり短い・・・”夫との約束・・・どうしよう”
そう思いながら、パンティを脱ぎ捨て、ストッキングで誤魔化す事にした。
「お~奥さん可愛い~」
「恥ずかしいわ!この年で、この衣装は・・・」
「お似合いですよ。すっごく可愛いし」
彼らの視線にドキドキし、もう既に濡れ始めているのが分かった。
夫は、まだ帰ってくる気配すら無く、初めて会う後輩に何を話せばいいのか悩んでいました。
19時を回っても夫からの連絡は全くなく、後輩達のお腹からも空腹の知らせ”グ~ゥ”
「お腹空いたでしょ!先に頂きますか?」
「あ~すいません。早お昼だったんで・・・」
食事をテーブルに運び並べ、夫抜きのクリスマスパーティが開始されました。
話を聞けば夫とは2歳違いの29歳、今はIT関連企業に勤めていて2人共独身らしい。
彼女も無く恋人募集っていいながら私をジロジロ見るから、何だか興奮してしまっていました。
「お酒でも・・・・」 ビールを注ぐと、グイグイと飲み欲す。
「あ~上手ぇ~・・・」
「お酒好きなんですか?」
「え~何杯でもいけますよ!」
トナカイに化した姿で、酒をグイグイ飲む姿は圧巻でした。
更に1時間が過ぎ20時を回っても一向に夫からは連絡が無く、ただ彼らの相手をするしかありません。
酒も進み、彼らの会話もエッチな事を話す様になっていました。
「いや~、贈り物ビックリだったなぁ」
「そうそう、ちょっと見せて下さいね」
ソファーの横に置いておいた贈り物の箱から巨大なバイブを取り出し、スイッチを入れ始めた彼。
「凄い大きさだよな!こんなの入ります?」
「え~無理無理・・・」
「本当ですか?入ったりして・・・」
「無理よ!そんなの」
彼らの目線は私の股間に集中しているのが分かりました。
股を開けば、ノーパンのアソコはすっかり見られるでしょう。
そんなエッチな事を考えると、もうすっかり濡れ濡れ状態になっていました。
彼らは、次々と箱の中から道具を取り出し、スイッチを入れては私を見るんです。
「こんなの女の人に使ってみたいなぁ」
「俺も!本当に女の人って道具で感じるのかな?」
「どうなんですか?」
突然のフリに驚いた私は「え~感じるんじゃない」と言ってしまった。
「そうなんですか?使っている所、見たいよな・・・」
道具片手に私を見る2人は、野獣と化していました。
「ちょっとでいいですから、当てて見て貰えませんか?」
「無理よ、出来ないわ」
「本当、少しで良いんです」
山口さんが立ち上がり、私に近寄って来たのに驚き思わず私は身を避けた瞬間でした。
お尻が浮き上がり、股を開いてしまったんです。
「えっ・・・ノーパンですか?」
「違うわ・・・履いてるし!」
「嘘だ!今見えっちゃったし・・・ノーパンだった」
彼らは2人がかりで、私を立ち上がらせると大きくスカートを捲り上がてしまったんです。
「やっぱりノーパンじゃないですか!」
「凄いエッチな姿だな!奥さんもその気だったんですね」
彼らは、私を押さえつけると、ビリビリとストッキングを破り、巨大なバイブをマンコに押し当てて来たんです。
すっかり濡れ捲ったマンコはズルズルと中に入り、激しく膣内を刺激して来ました。
「あ~駄目・・・感じちゃう」
「凄ぇ~すっかり飲み込んだぞ・・・ヒクヒク蠢いてエッチなマンコだな」
「見ないで・・お願い!体が勝手に動いてしまうの?」
「もっといっぱい見せて貰いますよ・・・先輩が帰って来る前にね」
こうなると歯止めが効かず、彼らは次々と道具を試し始めたんです。
最後は手足を縛られ、濡れたマンコにはバイブ、そしてお尻にもローターが押入れられ中で激しく振動していました。
全く抵抗できないまま、彼らに体を甚振られ、遂には彼らもズボンを脱ぎだし、チンポを剥き出しにしていました。
巨大バイブを抜くと、山口さんがマンコに入れ始めたんです。
激しく腰を動かされ、私も逝きそうでした。そんな時も伊沢さんは私の口にチンポを押し込んで来たんです。
前と後ろ同時の攻めに、私は1度目の絶頂を迎え激しく痙攣してしまいました。
そんな私を無視するかのように、山口さんが腰を動かし”うっ”と言う声と同時に内部に放出されたんです。
まだ、ヒクヒクする私を抱きかかえると、今度は伊沢さんが入れて来ました。
今、逝ったばかりで敏感なマンコは2度目の絶頂を迎え、前以上に激しく逝ってしまったんです。
彼の精液も体内に出され、それがまた興奮を生んでいたのかもしれません。
息を荒らしている時に、私の携帯にメールが来たんです。
(今、駅に着いたから・・・)
夫でした。慌てる様に風呂に向かい体を洗っていると、彼らも入って来て私に体を洗わせてきたんです。
時間も無かったので、必死に彼らの体を洗い、彼らの前でマンコに指を入れ彼らの精液を抜き出しました。
サンタの服を着ていると、彼らにローターをマンコに入れられ抵抗している時に夫が帰宅して来ました。
生足にノーパン姿で、アソコにはローターを入れたまま夫の待つ玄関へ向かったのです。
「ごめんごめん!遅くなった」
「もう~遅いんだから・・・(怒り)」
「そんなに怒るなって・・・あいつらは?」
「来てるよ」
夫は、急いでリビングに向かい彼らに挨拶していました。
すっかりタイミングを失った私は、ローターを付けたまま夫の食事の準備をしたんです。
そんな私に彼らは、リモコンスイッチを入れ楽しんできました。
”うっ”と思わず声が出る位、強にして来るんです。
夫は全く気付く様子も無く、彼らと昔話に浸っていました。
キッチンで食器を片づけていると。夫が近づいて来て”ノーパンなの?”と聞いてきました。
「うん!貴方が言ったのよ!」
「そうか!俺興奮して来たよ」
そう言って嬉しそうに彼らの元に戻って行きました。
ローターを見られては大変と思い、キッチンの隅で取り外し夫の元に行く私でした。
飲み会は深夜まで続き、彼らはタクシーで帰って行きましたが、帰り際に夫の目を盗んで
マンコに指を入れられました。
もう、彼らと会う事も無いだろうと思っていた時、夫が”今度、年越しにでも来てや!”と声を掛けたんです。
「もちろん来ますよ!」と言いながら私をジッと見つめる2人でした。
彼らが帰宅して間もなく夫に襲われる私でした。
彼らに襲われたとも知らず、夫は私の汚れたマンコを必死に舐め、チンポを挿…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
可愛い鍵っ子との半同棲生活 (初体験談)
2015/10/22 18:00
2015/10/22 18:00
大学2年の時の話。 一人暮らしのアパートに帰って来ると、アパートの入り口のところで 高校生くらいのすごく可愛い子が地面を見つめてうろうろ探し物をしている。 可愛いなぁと思いつつ、もう夜で辺りは真っ暗になっていて、見つかるんだろうか? とも思った。 勇気を出して何か落としました?と声をかけて見ると、 携帯電話をこのあたりで落としたとの事。 「その携帯にかけてみれば?」と言ったが、お金を持ってなくて電話をかけられないという。 なので、部屋に戻って、懐中電灯を持ってきてあげた。 でついでに俺の携帯を差し出して、「こっからかけていいよ。…
AV男優に寝取られ【人妻・熟女】
2017/07/25 19:00
2017/07/25 19:00
私達は43歳同士の夫婦で、6歳になる娘が1人います。昨年 9月に連休をとることができ、妻の両親から娘の面倒を見るか らと言ってもらって2人での沖縄旅行が実現しました。 2人きりでの旅行も娘が生まれてから初めてでしたし、夜の営 みも暫くなかったのでいい機会だと思い楽しみにしていました。 妻ですが、顔は美人な方でスタイルは吹石一恵より少しだけ 肉付きのいい身体をしていたので少し自慢に思っていました。 名前は一恵としておきます。 沖縄に到着してホテルにチェックイン後、軽くホテル内のガーデ ンプールに行くことにしました。早速着替え、妻のビキニ姿を目 の当たりにすると相変わらずのスタイルに少しムラム…
ネットカフェでするバイブオナニーがやめられない
2017/08/02 06:49
2017/08/02 06:49
都内でOLをしている25歳です。 付き合っていた男性と別れ、悶々とした日々を過ごしています。 少し甘えさせていただいてもよろしいでしょうか。 私は性的な被虐・・・拘束や緊縛、玩具や異物の挿入、露出や言葉責め等で感じてしまうM女です。 頭の中はいつも煩悩で一杯で、厚着のできる今の季節は、会社に行く際に下着を身に着けなかったり、縄で自縛して通勤することもある変態です。 そして、こうして自らの痴態を告白しているだけでもイキそうなくらいにオマンコが濡れてしまっている万年発情期の牝犬です。 スカートの中に手を伸ばして下着を縦になぞると、指に粘液が絡みついてきます。 それを舐め取りながら、羞…
ダンナがいるのにオレに抱かれてイキまくってるなんて・・・
2017/10/14 20:01
2017/10/14 20:01
出張で東京に行った。Tです。
初日の夜は、旧知の人たちと酒を飲んで盛り上がった。
その中の一人がFacebookに投稿して、タグ付けしてくれていた。
ホテルに戻り、Facebookを見ると、R子というFacebook友達からメッセージが入っていた。
一度だけ実際に会ったことがあるが、色っぽい50歳を過ぎた人妻だ。
「Tさん、いま東京にいらっしゃるんですか?私も東京に来てるんです。よかったら、明日のランチをご一緒しませんか?」

エロい期待を抱きながら、「ランチ、いいですね。そのあと、午後のご予定は?」と水を向けてみたところ

「夕方に高校時代の友達と会うまでフリーよ。どこか連れて行って…
スキー旅行で同僚に
2016/02/27 20:57
2016/02/27 20:57
職場の男性3人、女性3人でスキーに行った時のことです。混んでいたこともあって、8人まで泊まれる和室を予約して全員で一部屋に泊まりました。夜中にふと目を覚ますと、誰かが隣でジャージの中に手を入れて胸を触っています。思わず声を出しそうになりましたが、他の人に知られては困るし、触っているのが同僚だと思うと恥ずかしくて、そのまま寝たふりをしていました。
* 3人のうち誰だろう?と想像しながらかなり長い間触られて、胸が弱い私は気持ちよくなってしまいました。しばらくして胸から手が離れたのでホッとしていると、ズボンの中に手が入ってきました。濡れているのを知られたくない私は寝返りをうって抵抗しましたが…
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】馬鹿兄妹 そろそろ終劇【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/03/22 14:32
2017/03/22 14:32
http://moemoe.homeip.net/view.php/7966の続き妹のHをのぞき見るには、結局冬休みまで待たねばならなかった。それまでにはそれなりに、おだてたりおどしたりw色々とあったんだけども。んで、年の瀬のある日。うちは商売してる関係で年末はそれなりに忙しくて、暇なときなら家に帰ってきて昼休みをとる両親も、こんな時期は店にかかりっきりだった。リスクはあったけど、年明けまで待ってられない俺は早速妹に交渉開始。「お前、あの約束そろそろいいんじゃねえの?」「は?マジで言ってんの?」「おう、悪い?」「悪いよw」「まあ、お前に選ぶ権利無いじゃん、明日か明後日あたりは 親父達も店忙し…
ゼミ飲みで見つけたGカップオパーイがたまらなくスケベだった
2015/12/04 06:30
2015/12/04 06:30


当時オイラはまだ学生でした。




ある初冬の木枯らしの吹く中、おいらはゼミ教授(おぢさん)と、


ゼミの仲間数人(全部♂)でゼミ終了後のみに行ったんですよ。




まだ若くて元気だったあの頃。




当然一軒で足りるはずもなく関内にあるカラオケパブへ。




この教授ってのがやぁらかい人(エロ)でして、


さも当然かのようについてきたわけですな。




(後々好結果を生みます)


奥のボックス席に案内されると、


おいら達の前のカウンター席に女の子二人連れがいました。





片方は、…
夏の経験【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/09/18 10:59
2017/09/18 10:59
2005/01/04 00:33┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者 夏に女友達S子と、T子と私の3人で、海に行きました。 S子は彼氏いたけど、遊んでる子で、S子もT子もナンパ目的でした。 海についてそのことを聞かされて、ちょっと動揺したけど まぁいっか・・・ ってかんじにしか考えてなくて。 朝から浜辺に行って、同じような目的の男の子達を探しにS子とT子は どっかにいっちゃって、私1人になっちゃって・・・ 1人で待ってる時にいろんなこと考えてて、なんかやけにムラムラきちゃって 前から興味があった『露出』をしたくなりました。 浜辺だし、バレないだろうと思いながら、 真っ赤の…
【不倫】職場のおばちゃんが「娘と恋愛をしてくれ」と頼んできた
2016/07/28 15:00
2016/07/28 15:00
会社で少し前にちょっとしたハプニングが起きた。会社の総務部ってみんなおばちゃんなんだけど、声掛けられた訳よ。その時の正確な言葉は忘れたけど、「ウチの娘と付き合ってくれない?」みたいな感じだった。 オレは見た目は若いけど36歳で妻子持ちなのよ。もちろんそんな事は会社の皆知ってるし、そのおばちゃんも知っている。なのにそんな事言われて、最初は冗談かと思ったんだけど、そうじゃなかった。 おばちゃんの娘は2人いて、上が20歳の大学生で、ちょいポチャのアスリート女子。下は19歳の専門学校生で、見た目は細身の可愛い感じ、だけど思った事はストレートに言うタイプで、10人に聞いたら10人…
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】寝取らせ/彼女主演のエロビデオ【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/03/25 13:44
2017/03/25 13:44
出展元:妻と勃起した男達投稿者:彼氏さん********************************************************僕にはユイと言う、石田ゆり子に似た彼女がいる、美人でSEXが大好きだ。彼女は大学3年生で同じ大学に通ってる、付き合いは同じサークルに入ったのがきっかけだった。お互い一人暮らしで、性欲も旺盛(笑、なので毎晩どちらかの家でSEXする日々がもう3年近く続いてた。少しマンネリ気味なの時、校舎や駅のトイレ、公園などでもした。なかなか、最後(射精)までは行けないけど、スリリングではまりそうだった。そんなSEX好きな彼女をもっとエロエロにしたくて、Hビデオ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・FXで嵌められた慶応卒の女先輩

・【熟女体験談】離婚したバツ一パートおばさんにアダルトビデオを見せられ、筆下ろしをしてもらった

・FXで失敗したエリート女の屈辱

・やっぱり違う私を女にしてくれた人

・【人妻体験談】夫婦ゲンカをして飛び出してきた同じマンションに住む奥さんとハメまくってヤリまくり、この不倫を止められそうにない

・【レイプ】荒れた中学で起きた性的いじめの実態

・40代兄妹の性交

・【人妻体験談】上司が妻に会いたいと言ったので上がってもらうことにしたら、妻を寝取られ、妻は知らないうちに上司の恋人になっていた

・【熟女体験談】行きつけのスナックでママと女の子の乳揉みは日常化し、SEXを楽しんだ

・45才の人妻のとても心に残る私の秘密の旅行でした

・【乱交】エアコン修理のおじさん2人に私の体も診てもらった

・凌辱された小学生

・揉まれたら理性が崩壊する私の理性は弱いです

・【寝取られ】Aカップの童顔妻を貧乳好きの変態男に抱かせた

・【人妻体験談】専業主婦を調教してリビングでSEXしたが、癖になりそう

・【熟女体験談】施設で知り合った熟女ヘルパーを口説いて、ホテルで中出しSEXををし、付き合うことになった

・憧れの女性

・弓道部のJKに生挿入したら、ギューッと締めつけてくれた

・情事をDVDに撮るのは考え物です

・私の計画実行(妻を部下に・・・)2

・【オナニー】女子刑務所内のオナニー事情

・「彼氏のよりはるかにおっきい…」といい恥ずかしそうに・・・

・大嫌いな妹を犯した話

・僕と従弟のユウくん

・【不倫】太ももを割って入った主任さんの膝でアソコを擦られて

・「初めてのエッチ」講座

・某地域掲示板の熟女

・【熟女体験談】遅れてやってきた美熟女風俗嬢が本番SEXをさせてくれ、口に受け止めてもらった

・グリーン車

・一夜のM奴隷交換