寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

一目惚れした年上男性とデートして胸キュンバージンロスト

2016/07/31 20:10


私はバージンで
女子大生でした


一目惚れした8歳年上の彼と何度かデートを重ね
深夜も電話し、お互いのことを話して幸せでした

そんなとき、ふとセックスの話になったんですが、私は結婚するまでセックスはしない、とその当時は本気で思ってました。

そう思っていることを告げると彼は、「セックスは、体でするコミュニケーションだよ。

恐いことじゃないよ」 と。

それでも、全裸で男性の目の前に体をさらけ出すことなど私には出来ない、と信じ切ってたんです。

セックス願望はあっても・・・そんなある日、彼がいつものように夕御飯を食べに来ました。

けれど、いつもとは全く違う様子。

とても疲れたような雰囲気でした。

体験談そんな姿を見て、大人の男の人だなーと私は感じてました。

やがて胸がドキドキしてきて、自分でもビックリしたけど「うちに泊まってく?」 と言ったんです。

付き合いはじめて一ヶ月、彼もかなり私に思いを寄せてくれていたのか、素直に「うん」 って。

私が先にお風呂に入ってあがってから、彼がお風呂に入る前にこんな話になったんです。

「でも痛くないのかな・・・だって私、したことないし・・・妊娠のこともあるし・・」「セックスは恐くないよ。

ちゃんと避妊をすれば大丈夫」そうしたら、なんだか彼のことを信じたい、私はこの人に全てを見せたい、彼の全てが欲しいと思い始めてきて・・・「セックスしてみたいの・・・」と自ら言っていました。

彼は意表につかれた表情で、「待っててね、お風呂に入ってくるよ」と優しい笑顔でお風呂に向かいました。

私がパジャマ姿でドキドキしながらベッドの上で彼を待っていると、彼はバスタオルを腰に巻いたまま私の方へ近づいて来ます。

自分からセックスしたい、と言ったけれど、私にとっては20年間経験したことのないことだったため、ものすごく緊張してしまいました。

すると、彼は優しく抱き寄せてキスをしてくれました。

「緊張しなくてもいいよ。

痛くないようにするから」彼は十分すぎるほど何度も私にキスしてきました。

ときどき唇を軽く噛むようにしたり、舌をからませる方法も、言葉じゃなく彼自身の舌で教えてくれて・・・それまでオナニーはしていたけど、付き合ってきたどの元彼にもセックスを許していませんでした。

私の中では「セックス=妊娠」 という構図が出来上がってしまっていたのです。

彼の唇がやがて私の耳たぶに移り、たっぷり唾液をつけながら舌で舐め回し、やがて唇が首をつたい、乳房に触れるか触れないかくらいのときに思わず「あぁぁ・・・」と私自身聞いたこともない声を漏らしたのです。

体ものけぞるように動いてしまう・・・心の中では「どうしよう・・・これから彼のアレが私の中に入るんだ・・・恐い・・・」と思っているのに、体はどんどんアソコを中心に熱くとろけるようで・・・引き返すなら今の内、と思っていると彼がさらに追い打ちをかけるように「きれいだよ」 「かわいいよ」 「感じてるんだね」そんな言葉を私に浴びせながら胸を揉まれ、全身を舐め回しました。

彼が髪も足の指先も舐めている間に、私は自分の背中と足の指の間が自分の性感帯だって気づいたのです。

やがて彼が体をずらし、どんどん私の下半身の方へ向かってくるのです。

「だ・・・・・・だめ・・・・そんな恥ずかしいところを見ないで・・・」そう言っても彼は止めません。

「どうして?こんなに濡れてきれいなのに・・・」そう・・・私は今まで一人でしたときには見たこともないくらい濡れていたんです。

シーツにまでお汁が垂れてました。

すると、彼は私の股間に顔を埋めピチャピチャといやらしい音を立てながら舐め始めました。

ヒダをめくるように唇をグラインドさせ舐め回し、やがて彼の指がお腹のあたりを伝いながらアソコに近づいて・・・・そして私の一番敏感なクリをなぞり始めました。

「あ・・・!あぁぁ・・・!いやっ!・・・お願い、もうダメ・・・」まさか自分がこんないやらしい言葉を口にするとは思えなかったけれど、もうすでにアソコはビショビショになってました。

「いいんだよ。

もっと感じて。

ガマンしちゃダメだよ・・・もっと気持ちよくなるからね」彼はそう言いながら指を二本にして「入るかな・・・」 とゆっくり挿入してきたのです。

入り口の辺りで少し痛みがあったけれど、潤いすぎてたせいか彼の指を私はスルッと受け入れてしまいました。

彼は指を激しく奥の方へ動かさず、中に入れた指を交互にゆっくり動かしながらクリの裏の辺りを擦り始めました。

今まで経験したことのない快感が下腹の辺りから伝わってきて・・・不思議なことに、涙が溢れてくるのです。

もうどうなってもいい、このまま時間が止まって欲しい、 と体も心も彼だけを求めていると、涙が溢れました。

それを乳房を揉んでいたもう片方の手で彼は拭ってくれました。

「痛い?」「ううん・・・すっごい幸せなの」彼が笑顔を見せ、私の体の横に自分の体を横たえて、指先だけ私のアソコに残しました。

すると、じっと私の目を見つめながら穴の中にある指を振動させたのです。

「あぁぁぁ!もうダメ・・・・!!」体をのけぞらせる私の肩を押さえてから、乳房と乳首を執拗なまでに舐め回し、嬉しそうな顔をする彼・・・自分の穴に入れられた二本の指の感触を感じているとどんどん私のアソコは熱を持ったように火照ってくるのです。

部屋中にはピチャピチャといやらしい音と彼の荒い息づかいと私の喘ぐ声が響いていました。

次第に大きくなる私の声を塞ぐように彼はキスをしてきました。

そして・・・「ねぇ、入れていい?」私は何が何だかわからず、もうこの快感の渦から逃れたいという思いで、うなずくだけでした。

けれど、ここまできてゴムを用意していないことに気づいたのです。

そう、私は避妊のことを全く考えずに彼に抱かれたいと思っていたのです。

それでも彼が好きだから、全てを受け入れたい、そう思っていました。

それに彼とつき合いだしてから基礎体温を付けるように言われて、この日が安全日であることもわかっていたので、生でする決心がつきました。

彼は黙ってまた私のアソコを舐め回しはじめました。

そして、もっともっとお汁で潤ってくるアソコを確認すると、じっと私を見つめながら自分のいきり立ったモノを片手で掴み、もう片方の手で私のアソコのヒダを左右に開いてあてがいました。

ぬるっとした男の人のモノが自分のアソコに直に当てられて、体がビクンと震えました。

「大丈夫、ゆっくり入れるよ」 そっと彼が私の腰を両手で掴み、結合部と私の表情を見ながらゆっくり入ってきます。

「・・・あ!・・・・・・・痛い!」彼は一旦挿入を止め、指で中をゆっくり何度も押し開いて、また挿入して来ました。

すると今度はさっきよりも奥に入ってきたのです。

奥の方に奥の方に・・・鈍い痛みを感じながら目をつぶって、どれくらいまで入ったんだろうと彼を見つめると、 「全部入ったよ」 と腰を見るように促しました。

彼と一つになれた、彼を受け入れることができた、そう思うとたまらないくらい幸せな気持ちになってくるのです。

「じゃぁ、少し動くね」彼が奥を突き上げるように私にのしかかると激しい痛みが襲ってきました。

「痛い!」「ちょっとだけガマンしようね。

あと少ししたら痛くなくなるから」喘ぎ声が漏れるどころか、痛みのために「うっうっ」という声を漏らす私・・・なのに、中では徐々に彼のモノが大きくなってくるのがわかるのです。

何分そうしていたのかわからないけれど、痛みのためのうめき声が次第に「あっ・・・あぁ・・・」と変わっていたのだそうです。

ベッドに投げ出すようにしていた両足が、知らず知らずのうちに彼の下半身を挟むように巻き付いて、両腕は彼を思いきり抱きしめていました。

「痛くなくなってきた?じゃぁ、今度は違う体位を試してみようか?」挿入したまま彼は私を横向きにして、左足を持ち上げ、彼は体を反らせるようにしながら突いてきました。

「すごい・・・からみつくようだよ」そう言いながら少し前まで私が痛がることに過敏になっていた彼が、段々荒々しい動きをするようになってきました。

「いや・・・・お願い・・・いや!」ふっと彼は我に返ったように私にキスしてきて「ゴメン・・・◯◯の中がすごく気持ちよすぎて止められなくなっちゃった」といい、また正常位でゆっくり突き上げてくれました。

二人できつく抱きしめあいながら下も上も繋がっていると、「逝きそうだよ・・・出る・ ・出る・・!}とピストンしていた動きが速くなりました。

私ももう何も恐くなくなって、「お願い・・・中で出して・・・」 とお願いしてしまいました。

「出すよ?いい?出すからね?」彼の動きが止まり、中でビクンビクンと脈打つモノから何かが出されているのを感じました。

それが精液だと体で感じとって彼に「ありがとう・・・」とキスをしました。

ゆっくり抜かれたときにまた痛みがあって、息を整えてから二人でシーツを見ると一帯に広がったお汁の中に鮮血が少し滲んでいました。

「ごめんね・・・痛かったでしょう?」そう言いながらティッシュで私のアソコを優しく拭いてくれる彼にキュンとなりました。

だるい体を起こしてシャワーを浴び、丁寧にアソコを洗っていると彼の精液がまだゆっくり垂れくるのが見えました。

彼も生でしたのはこれが初めてだったそうで、「中で出すことがこんなに満たされるものなんだね」とそのあとベッドで…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
★史跡めぐりの旅に出た時の嬉しい思い出
2017/01/29 14:45
2017/01/29 14:45
 大学時代に男二人で史跡めぐりの旅に出た。旅に出たと言っても、2泊3日のバス旅行で、ビジネスホテル宿泊の宿での夕飯無と言う、お金がない学生には格安のプランだった。当時は歴女なんて呼ばれる若い女もおらず、居ても、声が掛けづらいパッと見て、1人旅とわかる女くらいで、あとは老夫婦や主婦友達な感じだった。

 だから、若い俺らはそれなりに目立っていたと思う。でも、そんな感じだったから、俺らは2人とも女好きではあったが、歴史もそれなりに好きなので、史跡巡りを楽しんでいた。1日目の夜に、ホテルのフロントで、安くておいしいお店を教えてもらっていたら、後から、当時40代前半の主婦二人組に声を掛けられて、一緒に…
彼氏がよく変わる事務の恵理子
2017/02/03 16:49
2017/02/03 16:49
出来心、会社の事務とやってしまいました。 恵理子という25歳の女で、彼氏がよく変わる女でした。 背は155cm位で細くて色白でまぁ綺麗だから男には事欠かないだろうが、去年末に忘年会後にやっちゃった。 恵理子と俺は歳も近いしアパートも歩いて五分位の場所にあり、その日帰りにタクシーが出て、一緒に乗ると「暖か~い」と腕を掴んで寄り掛かって来た。 「酔ってんなぁ」と黙ってそのままにしてたが、甘い香水は堪らなかった。 そして俺の方が先に降りて「お疲れ」と降りて歩いたら、タクシーがちょっと進んでから止まると降りて来た。 「どうしたの?」と聞いたら 「部屋見せてよ~」と言われ、困ったけどタクシ…
【母親との告白体験談】母親が薬を飲んで熟睡しているのをいいことに毎晩挿入する中学生の息子
2017/12/13 00:53
2017/12/13 00:53
話は戻り、2年前になります。 父と母は仲が良く、夜な夜なエッチな事をして楽しんでいるのを知っていました。 夜トイレに起きた俺は、両親の寝室前で”あなた・・・逝っちゃう・・・”と言う母の喘ぎ声が聞いたんです。 中学1年だった俺ですが、SEXの知識は十分にありエロ本だって持っていたので、両親が何をしているのか直ぐに検討が付きました。 部屋に戻った俺はベットに横になったんですが、母の喘ぎ声と母のエッチな姿を妄想して眠れませんでした。 それどころか”母の裸を見たい”と言う気持ちが湧き上がり、部屋を出て両親の寝室前に向かっていました。 寝室のドアをそっと開けると”アァ~・・・また逝きそう…
都内に住む36歳の主婦です。私の今までのSEX体験を告白します 1
2018/06/09 22:10
2018/06/09 22:10
私は都内に住む36歳の主婦です。
結婚して7年、主人と4歳の息子との3人で幸せな生活をしています。
若い時から、よく女優の加藤あいさんに似ていると言われます。

私は20歳の時に初体験し、相手は当時付き合っていた彼でした。
週に2回くらい会ってはセックスしていました。
フェラなどの仕方も彼に教わりました。

その時の彼は私の顔に精液をかけたり、口に出したりしました。
精液を飲まされたりもしました。
男の人は彼が初めてだったこともあり、みんなそうしてるんだと教わり、嫌だったけど彼の言う通りにしていました。
1年半ほど付き合っていましたが、彼の浮気が原因で別れました。


1年以上もセックスしてい…
【初体験】ませた幼馴染と農業倉庫で秘密の遊び
2017/11/21 02:00
2017/11/21 02:00
幼馴染だったみっちゃんの家は、大昔で言うと庄屋さんというか地主だった。うちも昔はそこの一小作人だったらしいのだが、まあ世も平成となり身分の違いにうるさくなくなったというか、俺とみっちゃんは農業倉庫みたいな所でよく2人で遊んでいた。 ある日、そんなところへ酒屋の配達員の兄ちゃんが来て、俺に向かって「母親が呼んでいたよ」と言うので急いで帰った。その日以来、なぜか俺は農業倉庫への出入りをみっちゃんに禁止され、同時に2人で遊ぶこともめっきり減ってしまった。まあ俺もそろそろ家は遠くても男同士で遊びたいと思い始める時期とも一致してあまり深くは考えなかった。 どれくらい後のことか記憶…
乳首が敏感な人妻との不倫中出しエッチ
2015/11/01 22:00
2015/11/01 22:00
自分の中だし体験の事を書かせて頂きます。 中だしの相手とは、W不倫の関係です。 名前(仮名ひで)は35歳の家庭内離婚状態の主婦兼アルバイトの一応人妻です。 彼女とは、ある飲み会の席で初めて会い、居酒屋で飲んで話してるうちに仲良くなり、その後、みんなでひでのアルバイトをしているスナックへ行き、二次会となりました。 店が混んでいて、カウンターで席が空くまで飲むことに。 ひでは私の隣に座って話しをしていましが、彼女はもうすでにかなり酔っていて、ろれつが回らない程でした。 ふと、会話の中で、彼女は舌が長いと言う話になり、それを聞いたひでが舌を「ベー」と出して私に見せてきました。 そして…
電車で酔って倒れかかった女をホテルで介抱しながら生中出しセックス
2016/02/19 06:59
2016/02/19 06:59
電車で酔って倒れかかった女をホテルで介抱しながら生中出しセックス 数年前、夜遅く会社から帰る時の電車の中のこと。 花の金曜日でこっちは仕事の帰りなのに車内は酔っ払いでいっぱいだった。 黙ってつり革につかまって立っていると、ドスンと足の上に何かが倒れた。 驚いて下を見ると、俺の足の上に女の顔が乗っていて、こっちを見てにやりと笑っている。 さすがに驚いたが良く見るとこの女泥酔していて目の焦点が合っていない。 20才代前半くらいの女だ。 酔っ払っているので顔が赤くてはれぼったいがけっこう美人。 若いくせに無防備によく飲むよ。 俺は困ったような顔をして「大丈夫ですか?」と女の体を起きあがらせた…
【近親相姦体験告白】僕の姉は銀行員  
2015/09/25 10:45
2015/09/25 10:45
もう10年ちょっと前の話になりますが、 当時、私は高校1年生、姉が22歳で横○銀行に 勤めておりました。 姉本人は石田ゆり子に似ていると言ってますが、 私もそうは思いますが、もう少し気の強い感じで 実際も気が強いです。 身長はそんなに高くいのですが、スタイルがよく 胸もそれなりにありました。 たまに風呂とかではちあわせになりますが、 大人になって、私も彼女がいなかったせいか、 姉の裸が頭に残り、何回も夜中にオナニーを した記憶があります。 特別、仲が良かったわけでもないのですが、 少し年が離れていたので、それなりにかわいがっては もらいましたが、そこまで突っ込んだ話をするような 関係で…
【近親相姦】胸の谷間がみえて【体験談】
2015/10/15 19:48
2015/10/15 19:48
兄夫婦のところに良く遊びに行っていた。 兄貴は時々出張で留守にするんだけど、新興住宅地の一軒家で夜は物騒だ、 という事で兄貴に頼まれて独身の俺が用心棒代わりに時々泊まっていた。 義姉は三十半ばくらい。姪の美紀ちゃんは小学生。おれは三十前。 最初の頃は、お客さん状態。義姉もそっけない感じで、なんだか迷惑そうな感じ もあった。でも、美紀ちゃんがやたら、なついてくれたので、義姉ともだんだん打 ち解けて話すようになった。 夕食なんかもだんだん豪華になってきて、ビールなんかも最初は一本だけ遠慮 しながら飲んでたんだけど、そのうち自分の家みたいに勝手に冷蔵庫を開けて 飲みホウ…
【レイプ・痴漢体験談】始まりは覗き(3)
2017/02/17 04:38
2017/02/17 04:38
そんな会話をしている途中で清正が来て、「あれぇ、可愛い女子高生のナンパに成功したのかと思ったら、優奈チャンじゃん!久しぶり―。」と、いきなり声をかけてきた。「あっ、清正くん、こんにちわ―。」と、優奈が清正に挨拶してすぐに、隆弘の隣に座り、「今からどこか行くの?」と、隆弘と話し始めた。すでに、俺と清正の存在は、優奈にとって邪魔者となっていた。普段ならちょっとムカつくところだが、俺も清正も制服姿の優奈をチラチラと見ながら、『俺達に裸を見られたくせに・・』と、優奈の裸やオッパイやマンコの感触を思い返して、ちょっとした優越-----感に浸っていた。俺と清正にエッチな事をされたとも知らずに、いつもと変…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【Hな体験】やることなすことすべてがエロい人、みーつけた!

・嫁を寝取っていたのは俺だった?完

・ロリコンな幼馴染との奇妙な関係

・オヤジの愛人とデキて孕ませた子供は・・・

・軽いエロ遊びをSNSに書き込みしてみた

・思い出のお姉さん

・【熟女体験談】超爆乳のホルスタイン熟女のナンパに成功し、パイズリやおっぱいビンタなど色んな超爆乳プレイを楽しんだ

・【不倫】とろけるようなキスが私の貞操観念を狂わせた

・親友の息子と愛し合う日々

・□妻からの昇進のお祝いは、元カレとのセックスでした3(転載禁止)

・職場の先輩 大学時代

・36歳の巨乳処女OL(再修正版)

・会社の会議室はラブホ替わり

・【不倫】初めての不倫セックスで初めての潮吹き

・【熟女体験談】年下社員と下品な淫語を叫びながら本能のままにSEXをするパート主婦

・もはや涙すら出ない

・脚フェチに対応してくれるエロい人妻

・36歳の巨乳処女OL(修正版)

・【不倫】息子の担任教師とお漏らしセックス

・【浮気】娘の彼氏と自分の家のベッドで

・姉に女装教育を受け、初体験の相手も姉。今も続く姉との毎日。

・【Hな体験】巨乳な友達が海の中でシコシコしてくれた

・俺の奥さんと尊敬し信頼する先輩の高橋満さんが

・つづき

・【乱交】処女の妹をレズ調教している元カノと姉妹丼

・何か変です母からの成人祝い

・大好きな彼女

・夫の俺の目の前で、感じまいと努力する貞淑な愛妻が可愛かった・・・

・【熟女体験談】泥酔した母を近親相姦睡姦レイプをした息子

・【不倫】夫には内緒で義弟と子作りセックス