寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

一目惚れした年上男性とデートして胸キュンバージンロスト

2016/07/31 20:10


私はバージンで
女子大生でした


一目惚れした8歳年上の彼と何度かデートを重ね
深夜も電話し、お互いのことを話して幸せでした

そんなとき、ふとセックスの話になったんですが、私は結婚するまでセックスはしない、とその当時は本気で思ってました。

そう思っていることを告げると彼は、「セックスは、体でするコミュニケーションだよ。

恐いことじゃないよ」 と。

それでも、全裸で男性の目の前に体をさらけ出すことなど私には出来ない、と信じ切ってたんです。

セックス願望はあっても・・・そんなある日、彼がいつものように夕御飯を食べに来ました。

けれど、いつもとは全く違う様子。

とても疲れたような雰囲気でした。

体験談そんな姿を見て、大人の男の人だなーと私は感じてました。

やがて胸がドキドキしてきて、自分でもビックリしたけど「うちに泊まってく?」 と言ったんです。

付き合いはじめて一ヶ月、彼もかなり私に思いを寄せてくれていたのか、素直に「うん」 って。

私が先にお風呂に入ってあがってから、彼がお風呂に入る前にこんな話になったんです。

「でも痛くないのかな・・・だって私、したことないし・・・妊娠のこともあるし・・」「セックスは恐くないよ。

ちゃんと避妊をすれば大丈夫」そうしたら、なんだか彼のことを信じたい、私はこの人に全てを見せたい、彼の全てが欲しいと思い始めてきて・・・「セックスしてみたいの・・・」と自ら言っていました。

彼は意表につかれた表情で、「待っててね、お風呂に入ってくるよ」と優しい笑顔でお風呂に向かいました。

私がパジャマ姿でドキドキしながらベッドの上で彼を待っていると、彼はバスタオルを腰に巻いたまま私の方へ近づいて来ます。

自分からセックスしたい、と言ったけれど、私にとっては20年間経験したことのないことだったため、ものすごく緊張してしまいました。

すると、彼は優しく抱き寄せてキスをしてくれました。

「緊張しなくてもいいよ。

痛くないようにするから」彼は十分すぎるほど何度も私にキスしてきました。

ときどき唇を軽く噛むようにしたり、舌をからませる方法も、言葉じゃなく彼自身の舌で教えてくれて・・・それまでオナニーはしていたけど、付き合ってきたどの元彼にもセックスを許していませんでした。

私の中では「セックス=妊娠」 という構図が出来上がってしまっていたのです。

彼の唇がやがて私の耳たぶに移り、たっぷり唾液をつけながら舌で舐め回し、やがて唇が首をつたい、乳房に触れるか触れないかくらいのときに思わず「あぁぁ・・・」と私自身聞いたこともない声を漏らしたのです。

体ものけぞるように動いてしまう・・・心の中では「どうしよう・・・これから彼のアレが私の中に入るんだ・・・恐い・・・」と思っているのに、体はどんどんアソコを中心に熱くとろけるようで・・・引き返すなら今の内、と思っていると彼がさらに追い打ちをかけるように「きれいだよ」 「かわいいよ」 「感じてるんだね」そんな言葉を私に浴びせながら胸を揉まれ、全身を舐め回しました。

彼が髪も足の指先も舐めている間に、私は自分の背中と足の指の間が自分の性感帯だって気づいたのです。

やがて彼が体をずらし、どんどん私の下半身の方へ向かってくるのです。

「だ・・・・・・だめ・・・・そんな恥ずかしいところを見ないで・・・」そう言っても彼は止めません。

「どうして?こんなに濡れてきれいなのに・・・」そう・・・私は今まで一人でしたときには見たこともないくらい濡れていたんです。

シーツにまでお汁が垂れてました。

すると、彼は私の股間に顔を埋めピチャピチャといやらしい音を立てながら舐め始めました。

ヒダをめくるように唇をグラインドさせ舐め回し、やがて彼の指がお腹のあたりを伝いながらアソコに近づいて・・・・そして私の一番敏感なクリをなぞり始めました。

「あ・・・!あぁぁ・・・!いやっ!・・・お願い、もうダメ・・・」まさか自分がこんないやらしい言葉を口にするとは思えなかったけれど、もうすでにアソコはビショビショになってました。

「いいんだよ。

もっと感じて。

ガマンしちゃダメだよ・・・もっと気持ちよくなるからね」彼はそう言いながら指を二本にして「入るかな・・・」 とゆっくり挿入してきたのです。

入り口の辺りで少し痛みがあったけれど、潤いすぎてたせいか彼の指を私はスルッと受け入れてしまいました。

彼は指を激しく奥の方へ動かさず、中に入れた指を交互にゆっくり動かしながらクリの裏の辺りを擦り始めました。

今まで経験したことのない快感が下腹の辺りから伝わってきて・・・不思議なことに、涙が溢れてくるのです。

もうどうなってもいい、このまま時間が止まって欲しい、 と体も心も彼だけを求めていると、涙が溢れました。

それを乳房を揉んでいたもう片方の手で彼は拭ってくれました。

「痛い?」「ううん・・・すっごい幸せなの」彼が笑顔を見せ、私の体の横に自分の体を横たえて、指先だけ私のアソコに残しました。

すると、じっと私の目を見つめながら穴の中にある指を振動させたのです。

「あぁぁぁ!もうダメ・・・・!!」体をのけぞらせる私の肩を押さえてから、乳房と乳首を執拗なまでに舐め回し、嬉しそうな顔をする彼・・・自分の穴に入れられた二本の指の感触を感じているとどんどん私のアソコは熱を持ったように火照ってくるのです。

部屋中にはピチャピチャといやらしい音と彼の荒い息づかいと私の喘ぐ声が響いていました。

次第に大きくなる私の声を塞ぐように彼はキスをしてきました。

そして・・・「ねぇ、入れていい?」私は何が何だかわからず、もうこの快感の渦から逃れたいという思いで、うなずくだけでした。

けれど、ここまできてゴムを用意していないことに気づいたのです。

そう、私は避妊のことを全く考えずに彼に抱かれたいと思っていたのです。

それでも彼が好きだから、全てを受け入れたい、そう思っていました。

それに彼とつき合いだしてから基礎体温を付けるように言われて、この日が安全日であることもわかっていたので、生でする決心がつきました。

彼は黙ってまた私のアソコを舐め回しはじめました。

そして、もっともっとお汁で潤ってくるアソコを確認すると、じっと私を見つめながら自分のいきり立ったモノを片手で掴み、もう片方の手で私のアソコのヒダを左右に開いてあてがいました。

ぬるっとした男の人のモノが自分のアソコに直に当てられて、体がビクンと震えました。

「大丈夫、ゆっくり入れるよ」 そっと彼が私の腰を両手で掴み、結合部と私の表情を見ながらゆっくり入ってきます。

「・・・あ!・・・・・・・痛い!」彼は一旦挿入を止め、指で中をゆっくり何度も押し開いて、また挿入して来ました。

すると今度はさっきよりも奥に入ってきたのです。

奥の方に奥の方に・・・鈍い痛みを感じながら目をつぶって、どれくらいまで入ったんだろうと彼を見つめると、 「全部入ったよ」 と腰を見るように促しました。

彼と一つになれた、彼を受け入れることができた、そう思うとたまらないくらい幸せな気持ちになってくるのです。

「じゃぁ、少し動くね」彼が奥を突き上げるように私にのしかかると激しい痛みが襲ってきました。

「痛い!」「ちょっとだけガマンしようね。

あと少ししたら痛くなくなるから」喘ぎ声が漏れるどころか、痛みのために「うっうっ」という声を漏らす私・・・なのに、中では徐々に彼のモノが大きくなってくるのがわかるのです。

何分そうしていたのかわからないけれど、痛みのためのうめき声が次第に「あっ・・・あぁ・・・」と変わっていたのだそうです。

ベッドに投げ出すようにしていた両足が、知らず知らずのうちに彼の下半身を挟むように巻き付いて、両腕は彼を思いきり抱きしめていました。

「痛くなくなってきた?じゃぁ、今度は違う体位を試してみようか?」挿入したまま彼は私を横向きにして、左足を持ち上げ、彼は体を反らせるようにしながら突いてきました。

「すごい・・・からみつくようだよ」そう言いながら少し前まで私が痛がることに過敏になっていた彼が、段々荒々しい動きをするようになってきました。

「いや・・・・お願い・・・いや!」ふっと彼は我に返ったように私にキスしてきて「ゴメン・・・◯◯の中がすごく気持ちよすぎて止められなくなっちゃった」といい、また正常位でゆっくり突き上げてくれました。

二人できつく抱きしめあいながら下も上も繋がっていると、「逝きそうだよ・・・出る・ ・出る・・!}とピストンしていた動きが速くなりました。

私ももう何も恐くなくなって、「お願い・・・中で出して・・・」 とお願いしてしまいました。

「出すよ?いい?出すからね?」彼の動きが止まり、中でビクンビクンと脈打つモノから何かが出されているのを感じました。

それが精液だと体で感じとって彼に「ありがとう・・・」とキスをしました。

ゆっくり抜かれたときにまた痛みがあって、息を整えてから二人でシーツを見ると一帯に広がったお汁の中に鮮血が少し滲んでいました。

「ごめんね・・・痛かったでしょう?」そう言いながらティッシュで私のアソコを優しく拭いてくれる彼にキュンとなりました。

だるい体を起こしてシャワーを浴び、丁寧にアソコを洗っていると彼の精液がまだゆっくり垂れくるのが見えました。

彼も生でしたのはこれが初めてだったそうで、「中で出すことがこんなに満たされるものなんだね」とそのあとベッドで…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
パートさん
2017/01/01 07:05
2017/01/01 07:05
同じ会社に勤務しているパートで由美子(仮名)は私より一回り年上の40歳、周りの人達から「綺麗な人だね」と好感度の二人の子供がいる人妻さん。お互いに会社を休んで食事に行った。 午前中から待ち合わせし人込みを避ける為12時前にランチを取った。  仕事のことや家庭の事など話している間に人が混みだしたのでレストランを出て私のワゴン車に乗ってひと気の無い所に移動し話の続きをしていた。  話の内容も無くなりお互い無口になった瞬間、私は由美子に抱きついた!「やめて!」と彼女が言うと私は「由美子さんが好き!」と言い額、頬にキスし思い切って唇も奪ってしまった。  彼女の口に舌を入れると腰を痙攣し始めた。  もう…
妻が他人とSEXしている姿が見たくて・・・
2015/12/20 23:11
2015/12/20 23:11
12 名前: マッサージ 投稿日: 03/01/21 10:47 ID:HraU/2Iuここに来る皆さんはH画像を見た事があると思います。そういった中でもいろいろな体位で挿入している画像もあったと思います。バックや騎乗位などの中で私は正常位が一番興奮します。男が女の両足の間に入り、その男の腰が女の恥ずかしい部分に密着し、女のふとももが男をはさんであえいでいるのを見るのが好きです。一種のフェチなんでしょうか。特にあえいでいる女性を妻に置き換えてみて想像するのがもっとも興奮しています。しかし、過去に私も一度、妻とのSEXの最中にカメラを使おうとして強烈に拒絶され、それ以来もんもんと過ごし、オナニ…
【人妻体験談】ご主人の希望通りに奥様に痴漢してあげました
2015/10/01 04:34
2015/10/01 04:34
以前人妻好きの男性を集めたSNSでメンバーの一人の奥さんをご主人の同意のもと通勤の電車の中で時間に都合のつくメンバーが集まって囲んで痴漢したことがあります。  ※もちろん奥さんはしりません 痴漢行為が行われたのは、奥さんが会社に向かう朝の電車内でした。  ご主人である男性メンバーは単身赴任で、静岡に行っていたのですが初日、2日目と奥さんをメンバーに教えるためと、自ら奥さんの反応を見たいがために有給をとってメンバーと同行していました。  ちなみにこの旦那さん赴任先の静岡では他のメンバーのセフレの人妻さんとの3Pを楽しんだりもしたそうで、その人妻さんの淫…
【姉との告白体験談】姉に見られたオナニーがきっかけで芽生えた恋
2015/12/03 03:35
2015/12/03 03:35
828名前:えっちな18禁さん投稿日:2006/11/23(木)05:26:17ID:tEi2POoH0俺も以前、姉に見られた。 俺が高1で姉が高3のときだった。 俺はコタツでテレビを見ていたら、姉が学校から帰ってきて、「寒い寒い」言いながら、制服のままコタツに入ってきた。 しばらくすると、姉は疲れていたらしく、コタツに入ったまま寝始めた。 テレビがCMに入ったので、俺はとくに意味もなく、コタツに顔を突っ込んだ。 すると、対面に寝ている姉のスカートがめくれて、パンツがモロに見えた。 罪悪感を感じてすぐコタツから顔を出した。 しかし、やっぱりまたコタツに顔を入れた。コタツの中で…
夫婦交換体験談。。友人の奥さんを抱ける悦びと友人に妻を抱かれる複雑な思い3
2015/09/02 17:39
2015/09/02 17:39
前編は以下のとおり



>逆にあなたは、悪友の奥さんにどんなエッチな事してるの?

俺のエッチは至って普通。悪友にもそれよく聞かれる
激しいのも得意じゃないし、まったりスキンシップをとる方が好きだ

>ピルはネットで普通に買える。アフターピルも。
> 逆に悪友の奥さんにピルを飲んで貰って中出ししまくるっていう…

ピルのネット購入って怖すぎる。副作用が怖い
中出しの後、嫁が股間ティッシュで押さえてトイレに行くところが
何だか興ざめしてしまう。悪友嫁にされてもな・・・

お腹に悪友の精液仕込んで帰ってくる嫁って、それ悪夢だもんな
悪友精子が嫁の卵子めがけて競争・・・・・鬱
放流(3)【エッチ体験談】
2017/12/22 10:28
2017/12/22 10:28
「なあ、ほんまによかったん?」 くしゃくしゃの掛布団から顔だけ出して、サクラが訊く。 「なにが?」 「あたしとこんなことして・・・」 成り行きとはいえ、ほめられたことではないよな。 「ええやんか」 笑って、俺はサクラのほほを手のひらで撫でた。 「ふふ。カイジってお醤油顔やね」 「どっちか言うたらそうやろな」 「奥さんもそんなとこに惹かれたんやな。ええ顔してるよ。悪い人やない顔や」 占い師みたいなことを言った。 「サクラだって、あんなに飲まへんかったらかわいいのに」 「あたし?あたしは、かわいないよ。えげつない女やて言われるし」 「確かに、えげつないとこは…
人妻と旅館に泊まり濃いのを中出しした
2016/09/10 19:00
2016/09/10 19:00
僕はお世話になっている夫婦がいます。
仕事が遠く、そのお宅から通わせて頂いてます。である日、仕事が二連休で休みになり、自宅に帰りました。お世話になっているお宅の奥さんから、どこか買い物に行きたいねと言われ、どうせなら不倫でもしたい気持ちになりました。
奥さんは、旦那さんに高校の同級生と旅行に行くと言い、僕と車で旅行に出かけました。


ある観光地に着き、観光と美味しいものを頂き、宿泊先の旅館に到着したのは午後6時でした。

フロントで受付を済ませると、家族風呂がありますので御利用下さいとの事でした。

部屋に通されると、ダブルの布団が1つだけ敷かれていました。

夫…
あき【エッチ体験談】
2016/07/08 20:33
2016/07/08 20:33
先日、HPにあった「いつどこでゲーム2」というのを彼女が見つけたので、せっかくだしと言われて、私がやってみることになりました 結果は、「夜に公園で雨合羽・ポンチョ一枚になってローター・バイブを使う」 でした 丁度その日の夜は散歩があったので、私はいつもの散歩の代わりにこれを行うことになりました その日の夜、彼女が買ってきてくれたカッパを家を出る前に着てみました。普段は全裸ですごすようにといわれているので カッパとはいえ服を着ているのは不思議な感じでした 外に出ると、全裸で四つんばいになっているAちゃんと、首輪の紐を持っている彼女が待っていました 私が…
【近親相姦体験告白】妹との禁断の関係  
2015/09/25 09:15
2015/09/25 09:15
僕が大学生、妹が中学2年生の時の話です。 現在すでに私は結婚して子供もいますが、 オナニーもしています。 それも当時の妹のことを思い浮かべてです。 妹のオナニーを最初に見かけたのは妹が中学2年生で 僕は大学に入学した年だったと記憶しています。 ちょうど新年を迎えて、世の中も正月を終え、 成人式くらいの、夜の11時すぎのことでした。 妹の部屋の前を通らないと、一番奥の自分の部屋に いけないわけですが、妹が閉め忘れたのか、ドアが 少しあいていたので、閉めようとしたら、 小さな声で何か聞こえるのです。 静かに覗いてみると、勉強している妹の後ろ姿が見えたのですが、 なんとなく様子がおかしいので…
高速道路のSAトイレで、清掃のおばちゃんと汗みどろのSEXした
2016/06/04 09:00
2016/06/04 09:00
学生の時に、高速道路の管理会社でバイトしてた。
仕事はSAやPAを回って、ゴミを回収したり備品の補充。
休憩時間は一般の人が立ち入り禁止の休憩室っつうのがあるんよ。
そこで昼飯食ったり、昼寝したりするんだけど、清掃員のおばさんや、売店のおばさんも休憩に来るわけ。若い俺なんか、みんなのいいオモチャになってしまい、よくからかわれた。


おばさんが、回収したゴミの中からエロ本を拾って来て
「ほら、アンタ若いから必要やろ?」とニヤニヤしながら渡されたり。

そんな中でもお気に入りのおばさんが居た。
歳は40前後、清掃員の中でも若い方。
仕事が終わって、着替えるとカジュアル…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・ネットの投稿掲示板にエロポーズ姿の私が

・お義父さんと私4-1「来客中に、うしろから」

・【レイプ】高校生の時、母と一緒に犯されました

・【人妻体験談】掲示板で知り合った人妻が子供が生まれてから久しぶりのセックスで濃いエッチをした

・【熟女体験談】Iカップで超爆乳おばさんと出会い系で会って、OKをもらって中出し射精

・最高のオナニー

・【Hな体験】友達の姉貴の口に精液をぶちまけた

・【近親相姦】セーラー服の妹と唇を重ね、2人で腰を動かした

・外人の彼女ができたとか羨ましい!!

・綺麗な人妻の顔が快感に歪む

・【不倫】初めての浮気は幼稚園のパパ友でした

・【熟女体験談】厚化粧なスナックのママとお店のボックス席でセックス

・モモとノンタン

・【浮気】美人で清楚な社長秘書はいい感じのM女だった

・俺には7歳離れた妹が居る

・妻と兄の情事は・・・

・酔ったマヤはエロい

・輪姦される事で体に性の快感が

・【人妻体験談】サービスとばかりにパンチラする天然な妻のおかげで後輩に慕われるようになった夫

・【熟女体験談】服従のポーズをして洗濯ばさみを使ってオナニーをする変態おばさん

・羽を伸ばしたいという出会い系の人妻

・あけおめパンティ!ことよろパンティ!

・【熟女体験談】寝ている息子に夜這いをかけ、息子と近親相姦をしてしまい、息子の人生を狂わせてしまった母

・シナ人によりアフリカ内戦を激化 象は絶滅の危機

・あけおめパンティ?ことよろパンティ?

・【浮気】女の悦びを蘇らせてくれたスーパー銭湯のバイト君

・彼女がほかの男に弄ばれ感じている・・・

・あんなに綺麗ごとを言っていた母が・・・

・【初体験】処女なのに乳首イキさせられた

・二股かけてたJKに年上彼女を寝取られた