寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【エッチ体験談】やりてーなと思ってた女とマジでやれたから願い続けるのも大事だな

2016/07/30 19:13


入社当時、俺は彼女がいなかったのだが、



何人か気に入った同期の女の子がいて、



その1人にIという子がいた。




でもIには彼氏がいたので、特に奪い取ろうともせず、



恋愛という意味では手を引いた。




でも話が合うので友達としては仲良くなった



(もう1人Mという女の子の同期の、計3人で仲良くなった)。




その後俺にも彼女ができた。






翌年の年末頃だったか、



俺とIとMの3人で忘年会をやろうという話になった。
特に計画性はなかったのだが、なぜかその当時、



「酔いつぶれてくれたらIとヤれるだろうなー、ヤりたいなー」



と数日前から考えていた。




でもIは俺よりも酒が強いから、



そんなことはありえないだろうとも思っていた。




当日、俺は仕事の都合で遅くなってしまい、1人遅れて会場に着いた。




既に2人は適当に酔っていたが、全く潰れるほどではなく、



しばらく3人で楽しく飲んでいた。



そのうちMが門限が厳しいということで、

俺の運転で3人で車に乗って、Mを家まで送った。


その後俺とIの2人で続けて飲むことになった。


掘コタツ式の居酒屋に入り、Iとしばらく飲んでいたのだが、

ダメ元でエッチ系な話をしてみた。


すると意外にIも食いついてきた。


俺が付き合っている彼女とのこと、

Iが付き合っている彼氏のことで盛り上がった。


当時Iは彼氏と一時期だが遠距離になってしまったことや、

その彼氏がもしかしたら浮気をしたかもしれないということ

(少なくともその彼氏が遠距離しているその現地で、仲の良い女の子に、Iとのエッチ話をしていたらしい)が、

後で考えるとキーポイントだったのかもしれない。


その店自体は朝までやっていたし、

Iもそれほど酔っているようには見えなかったのだが、

店を出て次の店に行こうと俺はIに言った。


「もしかしたら」という可能性を探るために、

とりあえず店を出てIの様子を確かめたかったためだ。


Iは店を出る前にトイレに行きたいと言って、

1人トイレに行った。


俺はその間に会計を済ませ、店の出入り口付近でIを待っていた。


すると、トイレから出てきたIは、かなり足がふらついている。


さっきまではIは案外普通にしていたのに、

一度トイレに行ったらかなり酔っぱらっているのがわかって、

俺は急に焦り始めた。


足下がふらつくIを抱え、エレベーターで1階まで降りたと記憶している。


どさくさにまぎれIの小さな(というかほとんどない)胸を触ったりしたが、

全く嫌がるそぶりは示さなかった。


とりあえず外に出たものの、俺にもどうしたらいいかわからなかった。


次の店に行くという口実だったが、

実際に行ったとしても、これではロクに飲むどころか会話もできないだろう。


「ダメ元」程度に思っていたことが、

急に現実味を帯びてきて、俺はかなりドキドキしていた。


まともに歩くことの出来ないIの腰を抱いて歩きながら、

「このままではナンだから、どこかで一旦休もう」と言いながら、

俺は一番近くのラブホに向かった。


ラブホの入り口まで到着したが、Iは全く気にもとめないほど酔っていた。


「早く、早く」と俺は気ばかりが空回りしていた。


しかしこういう時に限って空室がない(笑)。


仕方なく、俺は自分の車に乗せようと思って、またIと歩き始めた。


とにかく早くラブホに連れ込まないと、

Iが気がついてしまうんじゃないか、

酔いが覚めてしまうんじゃないかと俺はずっと焦っていた。


しかしいくら胸がない細身のIといえど、

俺は体がそれほど大きいわけでもなく、

Iも身長は普通に155位あるので、

一緒に歩くのが大変で、車までの道のりがものすごく遠く感じた。


しばらく歩いて、ようやく車にIを乗せた。


俺は酔っぱらった頭をフル回転させ、

近くのラブホを思い出そうとしながら車を走らせた。


場所はなんとなく知っていたが、

一度も入ったことのないラブホを思い出し、車を走らせる。






途中、Iに「どこ行くのー?」と聞かれても

「うーん、俺の知ってるカラオケ屋が朝までやってるから、そこ行こ。

そこで寝てればいいよ」

と適当に答えていた。


その間、罪悪感や期待感、焦りなど色々な感情が頭をまわった。


しかしこれまた、こういう時に限ってというか、

駐車場が非常に入りづらい。


道が狭い上に、ラブホの建物からやや離れた所にある。


たしか途中Iは親に電話して(親から電話が来て?)俺が言ったとおりに

「友達と飲んでいるが、カラオケ屋に行く」と言っていたように記憶している。


それを聞いている間も俺はドキドキしていた。


なんとか部屋も空いていたので、すぐにチェックインし、

部屋に入ってまずIをベッドに寝かした。


そして俺は大急ぎでシャワーを浴びた

(シャワーを浴びずにエチーするのが俺は嫌いなので)。


シャワーを浴びながらも、実は俺はまだ迷っていた。


おかしな話だが、なんだかんだいって結局最後までできなかった方が、

幸せなんじゃないかとすら思っていた。


世の中そうそうおいしいことはないし、

「夢は夢のままが一番幸せ」というのもある。


ただそれでも、いつ何があってもいいように(笑)、

準備はしておこうと思っていた。


途中Iが「何してんのー?」と風呂場に入ってこようとしたのを制止し、

俺はシャワーを終えた。


風呂場を出たら、Iがふらふらと酔ってきたので、

俺は「大丈夫か?寝てていいよ」とベッドに寝かそうとした時、

Iはこう言った。


「ここどこ?ホテル〜?」その時俺の理性がようやくトンだ。


ガ〜っとその場でキスをして、ベッドに押し倒した。


Iも舌を返してきたところで俺もやっと安心した。


「間違いなくヤれる。



(気付くのが遅すぎ?笑)かつて手を引いたとはいえ、

一度は恋愛対象として見た女だったので、俺はかなり燃えた。


服の上から触った時に感じてはいたが、

直に触ってもやっぱり胸は全くといっていいほどなかった。


本人も酔っ払いながらもコンプレックスを感じているのだろう、

最後まで服を脱ぐことはなかったのだが、

思う存分さわったり舐めたりした。


思いのほかあえぐ声が激しいのに驚いた。


早い段階でパンツを脱がし、指で愛撫した。


俺もあまり覚えてはいないが、結構濡れていたように思う。


そして確か片手でマムコをいじりながら、

フェラさせたと思う。

Iは片手で激しくモノをこすり、

頭も同様に激しく前後に動かしながら、

舌でベロベロベロ〜と舐めまわしてきたした。


自分が想像していたよりも、かなり激しい動きだったので、俺は面喰らった。


適当にフェラさせた後、

生で挿入した(酒を飲んでいた段階で、エチーは生がいいという話をIはしていたので、俺の頭の中もそれしかなかった)。


「憧れ」の女の中に生で挿入したことで満足だったが、

なお驚いたのは、Iは挿入されると激しく腰を振ることだった。


あそこまで腰を振る女は、今だにIだけだ。


今まで胸の小さい子と何人かヤったことがあるが、

総じて皆男に対するサービス精神が強いと俺は思う。


「自分の体では男を満足させられない」

というコンプレックスが強いからかもしれない。


Iからもそう感じた。


しばらくお互いに腰を振り続けていたら、

俺のフィニッシュが近付いてきた。


酒を飲んでいた時に、「彼氏がイク時はいつも口の中だ」という話を聞いていたため、

俺もそうしようと思っていた。


イク直前にモノを抜いて、Iの口に近付け、

こすりながら口の中に入れた。


そのまま果てた。


Iは俺の出したモノを飲んでくれた。


「今まで飲んだことはない」と言っていたので、

飲んでくれたことに俺は驚くとともに、

「彼氏でもやっていないことを俺はやった」と嬉しくなった。


しばらく休んで仮眠していたが、

その後もう1回ヤった。

その時も飲んでもらった。


その後Iは酒の酔いと喉にひっかかっている俺のモノのせいか、

吐きたがっていた(苦笑)。


トイレに付き添ったが結局吐くことはできなかったが。


翌朝最初に飲んでいた店の最寄り駅まで送った。


2日酔いというよりは、まだ酔っている感じだったが、

ラブホ代も半分出してくれた。


その後、なんとなく俺の方が気まずくなり、

あまり連絡もしなかったのだ。


しかし、その夜のできごとをメールする機会があり、

(多分お互いに)気まずさも解消し、

結局、後日もう1度交わった。


その時はお互いにある程度シラフだったので、

冷静に楽しむことができた。


その時もやはりIの腰の振りは激しかった(笑)。


今はIは職場を辞め、地方で新たな仕事をしている。


たまに帰ってきているらしいし、メールもしてはいるが、

恐らくもうエチーは無理だと思う。


理由はないが、何となくそう思う。


ヤっている最中ではないにしても、

せめてちょっとエチーな写真でも撮っていればよかったと思う。



でも「願い続ければ夢は叶う」という言葉は本当なのだと思った(笑)。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【人妻体験談】マンションの同じ並びに引っ越してきた新婚夫婦の人妻に筆下ろししてもらった
2016/06/30 18:02
2016/06/30 18:02
俺がまだ厨房だった頃にマンションの同じ並びに新婚夫婦が引っ越してきた。年は大体20代後半といったところで、子供はまだ無し。 厨房になりたての俺は激しく女を意識し始めた頃で、女性グラビア雑誌を見てはオナニーに興ずる毎日を送っていた。 その人妻は今で言うと坂井真紀風な顔立ちで明るく活動的な感じでした。いわゆる健康的なおとなの女性といった感じで、その人妻とエレベーターで会い挨拶するだけで興奮して、家に帰ってからよくおかずにしていた。 当時、俺は犬を飼っていてその新婚夫婦も犬を飼いはじめた。最初は挨拶くらいしか接点が無かったが、散歩中に会うと犬同士を遊ばせる間、世間話とか犬の話をするようになっていた…
★河川敷で飲んでいたら女の子2人に
2017/08/12 23:53
2017/08/12 23:53
 友達と飲んでて、そいつは明日仕事だから帰ると言い、終電前なのにさっさと帰りやがった。ノリ悪すぎww付き合えバカ。仕方なく、緑茶ハイ?缶のやつ買って川の土手の上で飲んでた。

 今日も月がキレイですねwwなんて、思ってたら何故かヘッドライトか俺を照らした。マジまぶしすぎww何故かわからんけど、さっき食った。ゴーヤチャンプルーがリバーにリバースしそうになったww

 こっちは気持ち悪いの必死にこらえてたら、ヘッドライトの方から笑い声が聞こえた。よく見ると、女の子2人だった。最初話しかけてきたのは、なんちゃって倖田◯未27歳。こいつをじゃーA子にしましょう。

 A子「こんな時間に1人でなにや…
セックス体験、職場のバツイチ熟女で筆下ろしSEX
2016/04/07 23:00
2016/04/07 23:00
 

俺の初体験は大学を出て2年目の6月の半ばの会社の休みの日に、俺の職場で働いているパートさんだった。
俺は大学を卒業して、生まれ故郷から2時間半位の地方都市に配属になった。あまり口上手でない俺は友人もなく、同僚ともそれほど親しくしている人はいなかった。
そんな折、一緒に働いていたKさん(しばらくして知ったのですが、俺より一回り程年上で、なんでも離婚したバツ一だと同僚から聞いた。)
小柄ですが、明るくて、今まで俺の近くにいた女性では一番口をきいてくれ、内心素敵な人だと思っていた。正直、一人マスをする時、Kさんの裸身を想像しながらしてしたのも事実だった。
そんな折、彼女から「今度…
酔ったキャバ嬢の生乳首をクリクリしてたら、Hしてもいいって許可もらえた
2016/05/19 11:06
2016/05/19 11:06
キャバクラで飲んでたんだけど
キャバ嬢のお持ち帰りに失敗したのさ


「今日は彼氏が迎えに来るから
○○クンと飲みに行けなくなった」

2回お持ち帰りしてるキャバ嬢だったから
ちょっと何かあてが外れてしまいムッとしててね
大して飲んでねーし仕方無しに店を出たあと車で帰ったのさ


○田駅の方に向かって車を走らせ、細い路地をやっとこ車で通るとキャバ嬢らしき者が2人でうずくまってた。

「出たー!酔っ払いすげー邪魔!」

とぶちぶち言ってたけど、別の考えも出てきた。

「おねーさん、車ぶつかっちゃうよー」

と声かけてみる、そしたら1人が

「あ、すいませーん」

「ほらー○○、轢かれるし…
【泥酔】泥酔女の友達
2016/02/21 20:19
2016/02/21 20:19
よく行くバーに来るそこそこの年齢だがカワイイ感じの女。でもハードレズなんだ。 だけど、いつもイイ女を連れてる。 ある日会ったら東京から(俺は地方都市)友達が来てるという。 これがまた、なんというか豊満!って感じで俺の好みにドンピシャだった。 財閥系商社で若いうちに上司とケコーンしたらしいが、更に若い子に手を出したらしくリコーン。 慰謝料も歳の割には結構ふんだくれて、しばらくは気ままにやってると言う。 俺も週末、バツ1、金有りってのはなかなか無い好条件だ!って事で一緒に飲むことにした。 その2人がレズだったのかはわからないが、見た目はそんなにイチャつくわけでもなくフツーの女友達付き合い風に見え…
色気の無い姉の性交経験!
2016/01/28 22:21
2016/01/28 22:21
俺が高校1年の時、初体験が大学1年の姉。一年以上頼み込んだよ。 それから2年間世話になったが、最初はかならず断られるのが面倒だった。結局、姉もイクまで俺の上で腰をふったりするんだけどね。 お互いに、彼氏、彼女がいたときも関係を続けた時に、普通の関係じゃない事を強く意識した。どちらも気兼ねない性欲処理だと言い合ってた。 だったらと、DTの友人2人と頼み込んで、セックスした。おれも彼女いたし、姉に嫉妬を感じなかったからいいかと思った。 でも、姉はそれで冷静になったらしくそれっきりとなった。そん時はもう飽きてたし、ヤバイとおも思ってたから惜しいと思わなかった。 友人とは、頼み込んでも、どうせ無理かと…
友達の彼女に手を出した罪悪感と背徳感が忘れられない
2015/11/19 19:00
2015/11/19 19:00
俺には仲の良い地元の男友達が4人いて、いつもその中の1人の家で遊んでた。 そこは10畳ぐらいのでかい部屋でゲームやエロビ、エロ本、漫画などなんでもあってまさに楽園だった。 ただベットの他に布団がひいてあって万年床だったし部屋がものすごく汚れてたのでパッと見は楽園というより地獄絵図って感じだった。 それぞれ彼女がいる時にはそこに連れてきてみんなで泊まったりもしていた。その時はもちろん雑魚寝だった。 いつものようにその家にたまっていると、友人のAが彼女を連れてきた。もちろん全員面識があるわけだかAの彼女は年下という事もあってみんなあまり親しくはなかった。合わないとかではなく、みんなよそよそしく…
クリスマス当日に彼女に振られ、失意の中デリヘルを呼んだ【SEX体験談】
2016/01/05 09:36
2016/01/05 09:36

だいぶ前の話にはなるが、学生時代のクリスマスの事である。

当時付き合っていた彼女とクリスマスイブに約束をした。

彼女は当日バイトが夜まであり、

当時2人共実家暮らしだったので近場で外泊して翌日どこかに出かけようと算段していたのだ。

宿泊は、お互いの家からほど近い神奈川のブティックホテル。

予約が出来なかったので、スイートルームを確保するため19時から前入りした。

私の胸は高鳴っている、付き合って2ヶ月ほどだが、ここ1ヶ月はお互い忙しく全く会えていないからだ。

ケーキも用意したし、プレゼントも抜かりはない。

準備は完璧だ。

しかし、待てど暮らせど彼女から連絡がない。

続きを読む
【Hな体験】短大の図書館で好意を寄せていた先生に
2015/12/14 21:00
2015/12/14 21:00
私が短大生だったときの話を書きます。1年生の夏休みが近づいた頃です。私はレポートの資料集めに、短大の図書館に行っていました。 短大の図書館には地下2階、地上10階の書庫があって、私はその8階にいました。色々と書棚の本を探しているとY先生が入ってきました。Y先生は30代後半で、色黒でちょっとかっこいい先生で、レポートの課題もこの先生が出したものでした。 「おー早速資料集め?えらいなー」みたいなことを言いつつ、先生が私の後ろに立ちました。 私の体にくっつくくらい近くに先生は立って、私の開いている本を覗き込みました。 「どんな本を探してるの?」 そう言う先生の息が耳にかかって…
【近親相姦】人間のクズ、吐き気を催す邪悪、正真正銘のThe 毒親から逃げ出した【体験談】
2016/01/06 05:55
2016/01/06 05:55
今までにあった最大の修羅場 £57 awabi.2ch.net/test/read.cgi/live/1346724383/109: 名無しさん@HOME 2012/09/05(水) 14:27:19.03 0空気読まずに吐き出し失礼。いきなり20年前のことがフラッシュバックした。 私を突き倒して蹴りながら怒鳴る父、 罵詈雑言を浴びせながら殴りかかって来る母、 「目を蹴り潰さないだけありがたいと思え!」って 言われたところで記憶が途切れてる。親の自営がうまく行かなくなって、関連会社の重役の息子と私の結婚が 資金援助の条件だったとかで話がどんどん進んでいた。当時は恋人もいたし、何よりその重役の…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・❤叔父とのセックスには充実しています

・【浮気】小悪魔な元カノに翻弄されて人生初の中出し[前編]

・お姉ちゃんがシテあげるね

・ブルセラショップで下着を売っていた私と、キモいおっさんの話

・妻を寝取らせることにしたら【人妻・寝取られ体験談】

・【人妻体験談】短小マザコン大学生がアブノーマルな母と近親相姦

・外国人とのSEXは強烈でスポーツ並に汗だくになる件www

・【熟女体験談】大学を卒業しても童貞だった俺は新米社員の時に営業先の超熟女社員に逆ナンパされて筆下ろしされた

・人妻になった同級生に中出し【人妻体験談】

・【驚愕】今日出会い系の女と初対面でセoクスしたが、やっぱり女ってクズだなぁ・・・・

・❤義兄と2人での留守番はドキドキ

・30代人妻^ ^

・好色淫熟妻・眞澄(Age51)?1

・人生最高エッチで最悪な体験談

・ナンパ師な俺が高齢処女のバージンを喪失させたったwww

・大人のブルマっていやらしいねw【体験談】

・職場でするのが大好きなOLさん

・【浮気】社長とその息子とちょっとだけ親子丼

・“脳イキ”できる美人な奥様を“腹部責め”で攻略

・真面目なレギュラー達は、練習後に不真面目に乱交してました

・泥酔して失禁したブスになぜか女を感じて

・大学の吹奏楽部で浮気しまくり

・【寝取られ】NTR属性が開花した彼女の願望を叶えてやった

・同僚が、、、、、、

・変態淫乱大学生になっちゃった私のエッチ体験

・教職の現場で

・温泉で妻がやってくれました

・俺を兄貴を間違えて誘って来た兄嫁とそのまま

・私は、自称ツンデレと言いながらもドMです

・美魔女と言われる私は、25歳も若い男の前で一匹の牝になっていました