寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【母親との告白体験談】 母の恋人

2016/07/09 12:27


 この文は、私が初めて見た性行為の様子を書いたものである。私は9歳で、性行為の何たるやを知らず、目の前で母が男と交わった様子を見ていたのに、しばらくすると、その事すら忘れていた。それが59歳になって、その時見た様子が、突然、鮮やかによみがえった姿を纏めてみたものである。 性行為について、私は、母が持っていた月刊誌で、大人の男と女の間には、凄く良いものがあるらしいということは知っていた。しかし、それが何かは知らなかった。どうして、男と女が夢中になるのかなど、知る由もなかった。そんな中で見たことである。書き終わってみて、その様子をよく記憶しているものだと思う。 終戦になり、父が戦死したことが分かると、たくさんの男たちが、美しい母との性の交渉を持ちたがって擦り寄ってきた。私の周りでは、性交渉を「まんじゅう」と言っていた。 はるか年上の男達から、一度だけでも良いから母と「まんじゅう」をしたい、させてくれと言ってからかわれる事が屡々あった。 戦争未亡人達が次々に男の腕になだれて抱かれていく中で、ただ独り、母はさせてくれない女であったのだった。 特に、男達の誘いに乗らないで頑張ろうと申し合わせていた未亡人達が、足を開いて抱かれてしまうことを残念がっていた。 膝を開いて受け入れたらしいと言う表現で祖母と話して、子供の幸せよりも自分の快楽の道を選択したと悔しがっていた。  そうした餓えた男達が、私達、子供をも巻き込んで、あの手この手の激しい誘惑が毎日繰り返し続く中で、1950年になって、最後に母が選んだのは、同じ職場の中川という妻子ある男であった。 母は、私達が傍で見ている状況のままで、その男と初めてのセックスをした。 中川の優しいセックステクニックが母を夢中にさせ、巨大な陰茎が忘我の喜びに導き、愉悦に浸らせていたのであると思う。 それ故に最初の時を、母は、私達子供を忘れてありのままを見せることになってしまったのである。 その時、私達の事も全て忘れて性の喜びに浸り没入していた。  今考えると、 私は、母がしているその事の意味するものが分からないままに、ひたすら見ていたのである。 眼前で母の秘毛で被われた秘部が、中川の陰茎によって、次第に押し開かれて、限界まで開いた小陰唇が、亀頭をくわえ込むような感じで含んで赤く膨れきると、母は、待ちかねていた物を、ついに得た喜びで、「あぁ、うーーーん。」と、大きな呻き声を上げた。 一旦力が抜けてから、力の入った声に変わった。 すると、押し開らかれていた筈の母の秘部は、その陰茎を、逆に飲み込み始め、くねくねという感じで腰をふるわせた。 膣の口に亀頭だけを填めた形で、すぐに奥まで入れようとしない中川に、更に誘うように腰を振るわせながら、持ち上げて、何度も喘ぎながら、「ねぇ。もっと奥まで入れて。」と、声にならない掠れたような低い声で、中川にせがみ、「あーーーぁ」と悶えながら、後ろの中川の姿を、うっすらと開けた目で、何度も振り返って、見上げていた。  毛に覆われた根元まで飲み込んでいき、陰茎の全てを、身体の奥深くまで受け入れた時、大きく「うーーーーん、入れてしまったのね。私。」と、呻き、中川に嬉しさを訴えて、切なさそうに「あーーぁ、うーーん。」と、長い、呻き声を上げた。 中川が母の尻に固く抱きついていた力を緩めて、陰茎を引き抜いていくと、きつく絞めていたらしい膣と、小陰唇の内側の肉が捲れて、引き出され、赤く見えていた。 母は、中川の動きを感じて、受け入れた陰茎を抜かれまいとして、更に腰を上げ、反り返りながら「抜かないで。」と甘え声で哀願していた。  子供が、傍にいることさえも忘れた素振りで、中川の陰茎を根元まで受け入れて、押し寄せる感覚に夢中になってしまっている母の様は、今まで見たことのない母の姿であり、全てが美しく思えた。 男達からの露わな性交の誘いを、気に留めず、堪え続けていた母が、中川の逞しい陰茎を見て、堪えようとした心の堰が外れて、性交の欲望が噴出して、自分から中川の胸に飛び込んで行ったとき、全てが始まったのである。  この時の私は9歳であったので、性の欲望を持つ前の、純真な時期の私であったので、目の前の行為を目をそらすことなく、目撃する事が出来た。 母に対する中川の扱いは、いたわりと、優しさに満ちた性交渉であり、大人になって考えても、なお感動ものであった。 この後、完全に忘れていたが、感動だけは残っていたようである。 だから、何故その様な記憶があるのかと不思議に思っていた。  中川は、全ての動作を、母が、父が出征した日以来、5年振りに味わう、性の快感を思い起こさせ、味わい尽くさせようとするかの様に、優しさに満ちていた。 私自身、人間の性行為というものを見たのは、川尻の海岸で、母が中川と交わる姿を見たのが始めてである。 すぐ目の前であったし、行為が進むに連れて引き寄せられるように近づいたこともあって、海岸の潮騒以外は音がない静寂の中で、喘ぎを含む会話や、性器が擦れ合う微妙な音も、膣から引き出す陰茎の水が切れる音も、全て聞こえており、性行為の進展につれて、母が、中川の愛撫の全てを受け入れて、反応し、自分から股を開いて、中川の肉体を受け入れ易くしていく様子の、全てを見ていた訳で、その後になって、学校で、豚の交尾が行われたり、他の子供達が、犬や豚など、動物の交尾を見て、興奮するのにも、私は冷静で、反応しなかった。  口に出して言うことはなかったが、人間の陰茎はもっと逞しく、性交渉では、男性は、もっと優しさに満ちて、女性の喜びも、遙かに凄いものだと思っていた。 荒々しいだけで終わる、犬や豚など、動物のものと比べられるかと思て、動物の交尾くらいで興奮する同級生達が、浅ましく見えた。 しかし、この時は、母と中川が目の前で見せてくれた性行為の所為であることは、忘れていて、思い出すことはなかった。  母は、この性行為の前の晩に、「お母ちゃんを助けて欲しい。中川から、明日は川尻の海岸に魚を獲りに「潜り」に行くので、一緒に行こうと、誘われている。 今まで世間で噂されているような、中川に「まんじゅう」をさせたことはない。 お父ちゃんとあなた達のことを、大事にしたいから、他の男とも、「まんじゅう」をしたことはない。 私は、貴方には、秘密を一切持たないように努めてきたから、貴方が知っている私が、私の全てなの。 これだけは神に誓えるよ。 信じて欲しい。 明日のことも、断り続けていたけれども、どうしても、一緒に行こうというので、断れないでいる。 二人だけで行くと、「まんじゅう」をしたいと求められた時、する事を断れなくなってしまうと思う、だけど、しないでいたいから、お母ちゃんを助けると思って、一緒に行ってくれ。」と語った。  それまでにも、母と中川が親しくなっていて、「まんじゅう」もしている仲だという話は、耳にしていた。 その事を、悪ガキ達の間でも話題にして、私たちは、「まんじゅしごろ」と、囃し立てられたりした。 だから、冒頭に書いた話も、男達から、からかい半分に求められたものなのである。 屈辱の言葉に、我慢で耐えていた。 母を信じていたからである。 FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^  その晩、母が話した後に、弟が「噂は本当だろうか。いろいろと言われて、悔しいんだけれど。」と私に聞いた。  「さっきの母の言葉では、噂ばかりで、そんな事は、今までなかったんだ。お母ちゃんの言葉を、信じてあげなければ、お母ちゃんは、誰からも信じてもらえない、独りぼっちの、可哀想な人になるではないか。たとえ、本当に、お母ちゃんが「まんじゅう」をするところを、自分たちの目で見ても、お母ちゃんは、自分たちのことを、一番に思ってくれていることを信じていよう。 他の奴らは、お母ちゃんのことを、面白半分にしか見ていないんだ。 お母ちゃんを、最後まで信じるのは、俺たちだけなのだから。 独りぼっちの母ちゃんにならないように、明日も、一緒に行って、俺達が守ろう。」と話した。 弟は、私の意見に納得した。  明くる日は、春の花見の日で、私たち二人は、母の期待に沿いたくて、友達と約束していた陣地作りの約束を捨てて、一緒に川尻の海岸に向かった。 中川は、浦尻峠で待っていて、母といる、私たち兄弟を見て、がっかりした表情であったが、そのまま、川尻の海岸に、連れて行った。 その時、中川の表情を見て、中川が、母を誘った目的は、やはり、「まんじゅう」をしたかったからなのだと、思った。  川尻の海岸に着いたのは、11時頃であったが、途中の海岸の岩端には、まだ、誰もいなかった。 中川は、私たち母子を、川尻の海岸に待たせておいて、長めのしび縄が付いた、銛一本を手にして、二つ眼鏡を額に掛け、素潜りで、魚を獲りに、海に入って行った。  中川は、頭だけが見えていて、しばらく、足を真っ直ぐに伸ばして水中に消えて、5分近く経ってから、海面に浮き上がってきた。 息が長く続く「潜りの名人」だったのである。 水面に、僅かに出ている中川の頭が、400m先の富貴崎を越えて、見えなくなり、長い時間、泳ぎ回り、再び、富貴埼の手前の水面に、中川らしい頭が、見え始めた。 たくさんの魚を持っているため、動きが遅く、随分、長い時間が経って、戻ってきた。 顔形が見えてからも、なお、長い時間が掛かって、川尻の鼻の岩場に、泳ぎ着き、水からあがってきた。  中川は、真っ裸であった。 真っ黒い、濃い陰毛の中に、冷たい海水で冷えた、やや白い、大きな陰茎が、垂れていた。 私たちは、父が戦死したので、成人男子の裸の姿…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
カップルと呼ぶには早すぎる少女達を・・・5
2017/11/27 21:28
2017/11/27 21:28
個室になっているという訳ではありませんが、これまでさんざん少女の幼い身体を 弄ぶのに、役だってくれた競馬のゲーム機は、他のメダルゲームとは隔離された所 に置いてありました。死角が多い場所であるため、痴漢行為は、現時点でかなりの 大成功を納めています。が、反面急に人が来ても対応(言い逃れ)できないような 位置にあります。はっきり言って、下手をしたらすぐに捕まったかもしれなかった のです・・・。当時、痴漢としての熟練度がまだまだだった僕は、急にそれに気が ついて、ぞっ!としたのを覚えています。とにかく、僕はこの「き00堂」での 痴漢においては非常についていました・・・。 (以下、回想・・・。)…
【痴女】遠隔調教
2015/12/30 05:33
2015/12/30 05:33
418名前:こぴーくん投稿日:03/01/0921:31ID:qsXcNmAx 前に野外調教はどうも・・・なんて言ったんですけど、実は経験はあるのです。 ずいぶん前のことですけど、ちょっとしたことで知り合った女性に 携帯電話で遠隔調教してもらったんです。 深夜に電話で話をしていたら、 「これから露出しに行きなさい。」ってことになって 1人で車に乗って山の中の観光道路みたいなところまで行きました。 こんな深夜に誰も来ないだろうってことだったんですけど、 案の定、車1台すれ違わず、シーンとしていました。 そして自動販売機のあるパーキングエリアのような場所に車を止めて、 全部脱いで外に出るように命…
妹が涙でハァハァと喘いでる顔に萌えたんだがwwwwwwwwwwww
2018/05/12 18:02
2018/05/12 18:02
ある日、ベッドでうつ伏せで寝そべって本読んでた妹の横に添い寝し、

背中とか尻とか触っている内に止まらなくなった。

無理やり正面向かせ胸に触りキスした。

妹は驚いた。

その日はとうとう妹を下着姿にしてキスしながら愛撫した。

妹は最初は驚いたが、何ら抵抗せず笑顔で受け入れた。

 俺も妹も初めてのキスだった。キスには抵抗感はなかった。

妹が小さいときはしょっちゅうキスしてくれたし、

違和感がなかったのかな。(違うかw)

以後、キスは日常の行為になった。

ただ唇をちょっと吸いあうだけみたいなキスだが、

それでも親の目のない時は所構わず、

親が居る時でも目が届かなければ唇を合…
【熟女体験談】友だちの母親とエッチしてしまいました
2015/10/21 00:02
2015/10/21 00:02
2015/10/21 (Wed) 8つ下の後輩から「兄貴」と呼ばれて、かなり慕われている。


彼が中学に上がった頃に知り合い、多分一人っ子の彼としては年上の兄弟が欲しかったのかもしれない、

さらには彼の家庭はかなり冷え切っている事を知ったのは、知り合ってからすぐの事だった。


それだけに俺だけでなく、俺の周りも気を使い、それなりに彼の道を反らさないように、

心がけていた。


彼の家は父親、母親、彼の3人家族だが、父親は彼が生まれる直前に他に女を作り、近年では女の入り浸っている父親は正月にも帰ってこなくなった。


母親・文子はそれでも彼を育て上げている。

しかし、母…
【悲報】彼女がセッ●スボランティアやってるけど何か質問ある?
2018/07/10 20:50
2018/07/10 20:50
山の中で豊満なおっぱいした四十路熟女が青姦したいとテレコミで伝言があった
2015/10/16 00:04
2015/10/16 00:04
実話なんですけど、思い出すだけで勃起する体験をしたんです

久しぶりにアダルトなテレコミトをしてたら、

「四十路の主婦から援助してくれませんか?」

と言うのを見つけた

「外でもいいから」

気乗りしなかったので電話を切りました。

切ったあと、青姦したい主婦もいるんだなと
思いながらだめ元で伝言に、

「外でしたいあなた、連絡先を教えてください」

と入れてみるとすぐに

「42歳になる主婦です。
わたしでよければ○○まで電話ください」

と入っているではないですか。

すぐに電話しなおすと

「今夜は主人がまだ起きてるから、
明日の夜11時以降にもう一度かけて」

と言われました。 …
【忘れられない体験】飲み会後、俺の部屋で【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/06/17 20:21
2017/06/17 20:21
俺は自分のベッドで寝ていて、他の皆は床で雑魚寝って感じ。夜中、物音と話し声らしき物がして「…?」と薄目を開けて見ると…俺のベッドのすぐ横(下?)でKがAに後ろから抱きしめられる感じで胸を揉まれ、首を舐められいて、Bが前からKにキスをして体育座り状態のKの太股を撫でていた。 Bが口を離すと 「やっ‥!離して…!!」とKが小さく叫び、Aが手でKの口を押さえた。 するとBが「今叫んでも、起きるのはT(俺)位だよ?助けてくれると思う?‥それとも3人に責められたい?」 (確かになぜかMの姿が無かった) そう聞かれるとKは下を向き黙ってしまった。 すると…
【人妻体験談】公園には不釣り合いな男に性奴隷にされてしまう人妻達
2017/10/14 12:02
2017/10/14 12:02
今日もです。 娘の美恋と近所の公園で遊んでいました。 周りには、私と同年代(25歳前後)のママ友達も大勢いました。 そんな中、今日も屈強な大男がやってきました。 彼は悪魔です。彼が来ると、その体臭ですぐにわかります。 まるで獣のような匂いです。身なりはいつもTシャツにジャージ。 身長は165CMの私が、遥かに見上げる位の大きさです。 身体もがっしりとしています。 平日の公園には不釣り合いな男です。 そんな悪魔の彼の狙いは、公園で子供たちを遊ばせる若い母親の私達でした。 目的は私達を陵辱する事。 彼は、かなりの人数の若い母親達の身体を陵辱している様です。 私もその一人です。 初めて陵辱されたの…
26歳のOL兼人妻ですが、出前の男の子に痴女ってみました
2015/08/17 16:22
2015/08/17 16:22
私は26才のOL兼主婦をやってます。
この間、引越しをしたんですが、前のマンションを出る前日に、ほとんど準備も終わったし、夫が出前を取ろうかって言い出したんです。
私も引越しの準備とかで疲れていたので、『いいねぇ、何食べようか』ってニコニコしながら聞き返しました。






その時はもう夜の九時を回った位で『さすがにこの時間じゃ、おそばもラーメンも出前は終わっちゃってるよなぁ』と言って『ピザとかファミレスの出前とかでいい』って聞かれて、私は『もちろんっ』ってテンションが上がってました。
夫は普段からあまり外食が好きではなく、どこかに出かけても常に家の方が美味しいとか、…
【近親相姦】あるときエッチのとき、ものすごくがっつんがっつん突かれた【体験談】
2015/10/10 06:58
2015/10/10 06:58
百年の恋も冷めた瞬間! 91年目 http://changi.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1254698695/757 :おさかなくわえた名無しさん:2009/10/25(日) 20:51:49 ID:xZDxZRkK 冷め話させてください。あるときエッチのとき、ものすごくがっつんがっつん突かれた。 突かれるたびおなかの中がすごく痛くて(性器がじゃなくてどっか内臓が)、 でもきっと集中しすぎて力が入りすぎてるんだろうと思って、我慢してた。 それにそんなに激しく動くのは当然疲れるし数分で激しくされるのは終わった。 でもエッチが終わった後、「途中ちょっと激しくして結構…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・年上のOLさんに体の隅々までスローに舐め回された

・【Hな体験】Win95が発売された頃に知り合った女の子[後編]

・H体験談/ヤンキー娘4人組 続編

・【人妻体験談】妻をレイプした息子の同級生を容認し、乱交寝取られSEXをさせていた理由

・「もっと犯して!」と喘ぐ24歳の若妻妊婦

・レ●プで訴えられて取り調べ受けたが何か質問ある?

・同級生夫婦の旦那と浮気生活

・隣で母が男に犯されているのを覗いちゃった…

・事故で下半身麻痺になり「未来がない。一生介護していくのが我慢できない」と嫁が出て行った

・友人の最後の一突きで妻は痙攣してしまいました・・・

・お洒落なアパレルショップ店員と合コンでオルガスターが大活躍www

・スワッピングの愛好者達に徐々に洗脳された話

・□強気な姉さん女房と友人で脱衣麻雀を始めた結果(転載禁止)

・営業中の女をスーツのまま犯すというシチュエーションに興奮

・人妻上司にラブホでマットプレイを仕込んだ

・ 泊まりに来た友達と、女同士でシックスナインしちゃった

・【人妻体験談】息子に妻を近親相姦させて寝取らせたいド変態でキチガイな夫

・今の妻と結婚する前に付き合った彼女が超エロかった件wwwwwwww

・【熟女体験談】子供の時に祖母と初体験の近親相姦して童貞喪失

・【Hな体験】Win95が発売された頃に知り合った女の子[前編]

・下半身裸四つん這い妻10

・妊娠した後輩OLが口で抜いてくれた

・妻には裏切られたが、妻の不倫相手の奧さんとうまいこといってる・・・

・□嫁の後輩夫婦と温泉旅行に行ったら、嫁がまさかの相手に寝取られていました3(転載禁止)

・同じマンションに住んでいた女を無理やり・・エッチな体験談

・旦那に買ってもらった振袖を着て元カレと中出しエッチ

・カテキョの女子大生が、エロすぎてヤバかったです・・・

・仲悪かった弟に犯されかけたんだけど

・貧乳に悩む妹の相談中に発情して近親相姦したったwwwwwwwwwww

・高校時代 四