寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【母親との告白体験談】 母の恋人

2016/07/09 12:27


 この文は、私が初めて見た性行為の様子を書いたものである。私は9歳で、性行為の何たるやを知らず、目の前で母が男と交わった様子を見ていたのに、しばらくすると、その事すら忘れていた。それが59歳になって、その時見た様子が、突然、鮮やかによみがえった姿を纏めてみたものである。 性行為について、私は、母が持っていた月刊誌で、大人の男と女の間には、凄く良いものがあるらしいということは知っていた。しかし、それが何かは知らなかった。どうして、男と女が夢中になるのかなど、知る由もなかった。そんな中で見たことである。書き終わってみて、その様子をよく記憶しているものだと思う。 終戦になり、父が戦死したことが分かると、たくさんの男たちが、美しい母との性の交渉を持ちたがって擦り寄ってきた。私の周りでは、性交渉を「まんじゅう」と言っていた。 はるか年上の男達から、一度だけでも良いから母と「まんじゅう」をしたい、させてくれと言ってからかわれる事が屡々あった。 戦争未亡人達が次々に男の腕になだれて抱かれていく中で、ただ独り、母はさせてくれない女であったのだった。 特に、男達の誘いに乗らないで頑張ろうと申し合わせていた未亡人達が、足を開いて抱かれてしまうことを残念がっていた。 膝を開いて受け入れたらしいと言う表現で祖母と話して、子供の幸せよりも自分の快楽の道を選択したと悔しがっていた。  そうした餓えた男達が、私達、子供をも巻き込んで、あの手この手の激しい誘惑が毎日繰り返し続く中で、1950年になって、最後に母が選んだのは、同じ職場の中川という妻子ある男であった。 母は、私達が傍で見ている状況のままで、その男と初めてのセックスをした。 中川の優しいセックステクニックが母を夢中にさせ、巨大な陰茎が忘我の喜びに導き、愉悦に浸らせていたのであると思う。 それ故に最初の時を、母は、私達子供を忘れてありのままを見せることになってしまったのである。 その時、私達の事も全て忘れて性の喜びに浸り没入していた。  今考えると、 私は、母がしているその事の意味するものが分からないままに、ひたすら見ていたのである。 眼前で母の秘毛で被われた秘部が、中川の陰茎によって、次第に押し開かれて、限界まで開いた小陰唇が、亀頭をくわえ込むような感じで含んで赤く膨れきると、母は、待ちかねていた物を、ついに得た喜びで、「あぁ、うーーーん。」と、大きな呻き声を上げた。 一旦力が抜けてから、力の入った声に変わった。 すると、押し開らかれていた筈の母の秘部は、その陰茎を、逆に飲み込み始め、くねくねという感じで腰をふるわせた。 膣の口に亀頭だけを填めた形で、すぐに奥まで入れようとしない中川に、更に誘うように腰を振るわせながら、持ち上げて、何度も喘ぎながら、「ねぇ。もっと奥まで入れて。」と、声にならない掠れたような低い声で、中川にせがみ、「あーーーぁ」と悶えながら、後ろの中川の姿を、うっすらと開けた目で、何度も振り返って、見上げていた。  毛に覆われた根元まで飲み込んでいき、陰茎の全てを、身体の奥深くまで受け入れた時、大きく「うーーーーん、入れてしまったのね。私。」と、呻き、中川に嬉しさを訴えて、切なさそうに「あーーぁ、うーーん。」と、長い、呻き声を上げた。 中川が母の尻に固く抱きついていた力を緩めて、陰茎を引き抜いていくと、きつく絞めていたらしい膣と、小陰唇の内側の肉が捲れて、引き出され、赤く見えていた。 母は、中川の動きを感じて、受け入れた陰茎を抜かれまいとして、更に腰を上げ、反り返りながら「抜かないで。」と甘え声で哀願していた。  子供が、傍にいることさえも忘れた素振りで、中川の陰茎を根元まで受け入れて、押し寄せる感覚に夢中になってしまっている母の様は、今まで見たことのない母の姿であり、全てが美しく思えた。 男達からの露わな性交の誘いを、気に留めず、堪え続けていた母が、中川の逞しい陰茎を見て、堪えようとした心の堰が外れて、性交の欲望が噴出して、自分から中川の胸に飛び込んで行ったとき、全てが始まったのである。  この時の私は9歳であったので、性の欲望を持つ前の、純真な時期の私であったので、目の前の行為を目をそらすことなく、目撃する事が出来た。 母に対する中川の扱いは、いたわりと、優しさに満ちた性交渉であり、大人になって考えても、なお感動ものであった。 この後、完全に忘れていたが、感動だけは残っていたようである。 だから、何故その様な記憶があるのかと不思議に思っていた。  中川は、全ての動作を、母が、父が出征した日以来、5年振りに味わう、性の快感を思い起こさせ、味わい尽くさせようとするかの様に、優しさに満ちていた。 私自身、人間の性行為というものを見たのは、川尻の海岸で、母が中川と交わる姿を見たのが始めてである。 すぐ目の前であったし、行為が進むに連れて引き寄せられるように近づいたこともあって、海岸の潮騒以外は音がない静寂の中で、喘ぎを含む会話や、性器が擦れ合う微妙な音も、膣から引き出す陰茎の水が切れる音も、全て聞こえており、性行為の進展につれて、母が、中川の愛撫の全てを受け入れて、反応し、自分から股を開いて、中川の肉体を受け入れ易くしていく様子の、全てを見ていた訳で、その後になって、学校で、豚の交尾が行われたり、他の子供達が、犬や豚など、動物の交尾を見て、興奮するのにも、私は冷静で、反応しなかった。  口に出して言うことはなかったが、人間の陰茎はもっと逞しく、性交渉では、男性は、もっと優しさに満ちて、女性の喜びも、遙かに凄いものだと思っていた。 荒々しいだけで終わる、犬や豚など、動物のものと比べられるかと思て、動物の交尾くらいで興奮する同級生達が、浅ましく見えた。 しかし、この時は、母と中川が目の前で見せてくれた性行為の所為であることは、忘れていて、思い出すことはなかった。  母は、この性行為の前の晩に、「お母ちゃんを助けて欲しい。中川から、明日は川尻の海岸に魚を獲りに「潜り」に行くので、一緒に行こうと、誘われている。 今まで世間で噂されているような、中川に「まんじゅう」をさせたことはない。 お父ちゃんとあなた達のことを、大事にしたいから、他の男とも、「まんじゅう」をしたことはない。 私は、貴方には、秘密を一切持たないように努めてきたから、貴方が知っている私が、私の全てなの。 これだけは神に誓えるよ。 信じて欲しい。 明日のことも、断り続けていたけれども、どうしても、一緒に行こうというので、断れないでいる。 二人だけで行くと、「まんじゅう」をしたいと求められた時、する事を断れなくなってしまうと思う、だけど、しないでいたいから、お母ちゃんを助けると思って、一緒に行ってくれ。」と語った。  それまでにも、母と中川が親しくなっていて、「まんじゅう」もしている仲だという話は、耳にしていた。 その事を、悪ガキ達の間でも話題にして、私たちは、「まんじゅしごろ」と、囃し立てられたりした。 だから、冒頭に書いた話も、男達から、からかい半分に求められたものなのである。 屈辱の言葉に、我慢で耐えていた。 母を信じていたからである。 FC2 Blog Ranking ←押していただけると喜んで更新します^^  その晩、母が話した後に、弟が「噂は本当だろうか。いろいろと言われて、悔しいんだけれど。」と私に聞いた。  「さっきの母の言葉では、噂ばかりで、そんな事は、今までなかったんだ。お母ちゃんの言葉を、信じてあげなければ、お母ちゃんは、誰からも信じてもらえない、独りぼっちの、可哀想な人になるではないか。たとえ、本当に、お母ちゃんが「まんじゅう」をするところを、自分たちの目で見ても、お母ちゃんは、自分たちのことを、一番に思ってくれていることを信じていよう。 他の奴らは、お母ちゃんのことを、面白半分にしか見ていないんだ。 お母ちゃんを、最後まで信じるのは、俺たちだけなのだから。 独りぼっちの母ちゃんにならないように、明日も、一緒に行って、俺達が守ろう。」と話した。 弟は、私の意見に納得した。  明くる日は、春の花見の日で、私たち二人は、母の期待に沿いたくて、友達と約束していた陣地作りの約束を捨てて、一緒に川尻の海岸に向かった。 中川は、浦尻峠で待っていて、母といる、私たち兄弟を見て、がっかりした表情であったが、そのまま、川尻の海岸に、連れて行った。 その時、中川の表情を見て、中川が、母を誘った目的は、やはり、「まんじゅう」をしたかったからなのだと、思った。  川尻の海岸に着いたのは、11時頃であったが、途中の海岸の岩端には、まだ、誰もいなかった。 中川は、私たち母子を、川尻の海岸に待たせておいて、長めのしび縄が付いた、銛一本を手にして、二つ眼鏡を額に掛け、素潜りで、魚を獲りに、海に入って行った。  中川は、頭だけが見えていて、しばらく、足を真っ直ぐに伸ばして水中に消えて、5分近く経ってから、海面に浮き上がってきた。 息が長く続く「潜りの名人」だったのである。 水面に、僅かに出ている中川の頭が、400m先の富貴崎を越えて、見えなくなり、長い時間、泳ぎ回り、再び、富貴埼の手前の水面に、中川らしい頭が、見え始めた。 たくさんの魚を持っているため、動きが遅く、随分、長い時間が経って、戻ってきた。 顔形が見えてからも、なお、長い時間が掛かって、川尻の鼻の岩場に、泳ぎ着き、水からあがってきた。  中川は、真っ裸であった。 真っ黒い、濃い陰毛の中に、冷たい海水で冷えた、やや白い、大きな陰茎が、垂れていた。 私たちは、父が戦死したので、成人男子の裸の姿…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
生で看護師と、しかも他の人がいる大部屋でセッ○ス・・・
2017/01/22 06:01
2017/01/22 06:01
入院するところから書いていきます。

数年前の話になるんだが高校二年の春、俺は左足の手術を受けることになったんだ。
別に事故とかじゃなくて骨の病気が原因でね。

それで手術の二日前に入院する部屋を紹介してもらった。
6人部屋で既に他の患者さんが5人いた。
ちなみに俺のベッドの位置は部屋の入り口から一番遠い隅だった。

そして入院当日。

俺がこれからしばらく入院生活を送るための整理をしているところで突然カーテンを開けられた。

「こんにちは~」

俺「あっ・・・」

「今日から担当させていただきます野村です」

身長は160くらいで年齢は20代前半に見えた。胸は微乳。色白で大人しそうな…
PTAで仲良くなった夫婦とのスワッピングと妻の過去
2018/03/08 21:10
2018/03/08 21:10
今月で結婚12年を迎える40歳の会社員で、妻の美樹は34歳、小学校の子供が2人います。

美樹は可愛いとキレイが混在した男好きのするネコ顔で「優木まおみ」さんに似ています。

身長163㎝でスレンダーですが、貧乳ではなくCカップはあり、現在でもしっかり腰もくびれていて、そのヌードは子供が2人いるとは思えないほどソソリます。

更に恥穴の入れ具合も良く、その快楽に対する反応も最高で、夫の性欲を満足させる淫らさを持つ最高の妻であり、子供達にはキレイで優しい母親です。

妻の美樹が短大を出たばかりの頃に知り合い、私の一目惚れで3度目のアタックで射止めました。

「試しに1か月、いや、半月でも…
32歳の男性教師とやりまくりでした
2016/05/06 18:00
2016/05/06 18:00
私が高校3年生の時の話です。当時、私はソフトテニス部に所属していました。
顧問はK先生と言って、32歳の美術教師でした。若かりし日の中村雅之をもっとスマートにした感じで無口。女子には「暑苦しい、くっつくな!」とか平気で言う人でしたが、人気のある先生でした。
特に直接指導を受けていた部員には大人気で、仲間はみんなファンでした。もちろん私もファン。


だけど、バレンタインの日に「いつ渡すー?キャー☆」なんてみんなで固まって相談してる感じが、当時純過ぎた私には恥ずかしくて「K先生よりハイド君の方がいい♪」なんて強がった発言をしていました。

本当は授業中も顔も見れないし…
結婚祝いのエロパーティで友達とHしてやった【フェラチオ・目隠し】
2016/07/04 09:05
2016/07/04 09:05
高校の時に友達になり、 大学時代を通してさらに仲良くなった親友がいる。 そいつはツレのAって奴なんだけどそれは男。 軽くDQN風味だが、 気楽に話せる気の良い奴で人望もある。 大学でてからは小さい会社の営業やってるんだが、 接待なんかじゃ人気があるらしい。 大学時代は後何人か加えてよく、 合コンだナンパだとマメに歩き回ったりもした。 結局大学を出てからも、 休みを合わせては一緒に遊んだりしている俺の数少ない親友の一人。 そして先週も一緒にマリオカート買った。 そんなことはどうでもいいか。 大学でてからも連絡取り合っているのは、 もう一人いてそれは貴子っていう女友達。 結構…
【近親相姦】北斗の謙 【体験談】
2016/07/27 11:55
2016/07/27 11:55
北斗の謙 マミヤさんのおっぱいで抜いたことある人どれくらいいる?
倦怠期になった嫁を友達に1ヶ月預けたら想像以上に調教されてしまった2(ブロマガ転載禁止)
2018/02/17 12:26
2018/02/17 12:26
今日、嫁を友人に預けた。1ヶ月の期間限定で、友人の家で生活するという話だ。そうすることになったのは、嫁との倦怠期だとか、嫁のセックスに消極的なところが解消されたらいいなという程度の思いつきがきっかけだ。

嫁とは結婚してまだ3年だが、交際期間を含めると8年経つので、倦怠期というかいて当たり前のという感じになっていた。セックスも、月に2〜3回しかしない感じになっていたし、してもあまり盛り上がらない感じだ。嫁が恥ずかしがりで、セックスに消極的だからだ。

ただ、それでも仲良く幸せに暮らしていたし、そろそろ子供でも作ろうかな? と、お互いに話し合っていた。そんなある日、嫁と同じで高校から…
【近親相姦】ぷるーんじゅーす【体験談】
2017/05/21 18:33
2017/05/21 18:33
330:(‘A`):04/03/2710:19 おい リアルでなけるぞ。俺は今泣きながら書いてるけどよ。 明日彼女の誕生日だからプレゼントを買ったのよ。給料ちまちまためてよ。 ついでにプロポーズしようと思ってよ。指輪を買ったんだよ。 17万(税抜き)もしたんだ。俺にしたら大金さ。 で、さっき「天気いいから景色いいところにいきたい」と呼び出されてな。「好きな人ができたから別れてほしいの。ごめんなさい」俺の聞き間違いか?俺はついに幻聴までも聞こえるようになってしまったのか? 俺は冷静に判断して、頭沸騰するほど一瞬で考えてこう言ったよ。「そんなことでいちいち呼び出すんじゃねーよ。 ちょう…
【盗撮・覗き】巨乳メガネっ娘の処女を親友に奪われた
2017/01/19 10:00
2017/01/19 10:00
高校の時の話。俺は高校に入って一ヶ月も経たず、同じクラスのMさんの事を好きになった。Mさんのスペックを説明すると、可愛くて、まつ毛が長くて、髪はロングのストレートで、色白で、細くて、おっぱいが大きくて、縁なしの眼鏡をかけてて知的な感じ。 勉強は得意だけど、スポーツが苦手。あと大事なのが、Mさんはオタクだったという事。その頃流行ってたデュラララとかタイバニとかが好きだった。Mさんはいわゆる腐女子だった。オタクの俺にとって、それは重要なポイントだった。 俺はガリ勉でオタクだったから、普通の女の子が好きになってくれるとは思えなかった。クラスの髪とかを染めてる女子は、すでに誰かと…
強姦され脅される女子高生のレイプ体験談【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/12/18 18:11
2017/12/18 18:11
相手はバイト先の同僚でした。 私が高校3年の時の話です。 カレは大学生で、年上のお兄さん的存在として慕っていて、まさかレイプするような人とは思いませんでした。 アルバイトはスーパーのレジ打ちで、なかなか緩かったです。 当時私は制服の上着だけ脱ぎエプロンを付ける程度で仕事をしていました。 その職場では時間ごとに2人か3人ずつ15分休憩をとる決まりがあり、確かにそのときカレと2人で休憩に入ったのは別に珍しいことでもありませんでした。 休憩室という名の更衣室に入り、私が自分のロッカーを開けて携帯を見ようとしたとき、それは始まったのです。 後ろから手で私の口を押さえると、カレの優しかったはずの声が耳…
とんでもねー一家でした
2017/07/29 16:28
2017/07/29 16:28
俺A  …当時24歳 彼女B …当時20歳 社会人一年目。 付き合って半年程の彼女の親が地元から出てくると言うので会った。 覚悟はしてたけどやっぱりお父さんチェックは厳しく 会社、学歴、趣味、将来の夢、親の仕事等色々聞かれた。 何とか答えていった物の、段々話が「初対面の人間にそこまで?」という所まで行き、 年収、親の年収、実家の敷地面積、築年数、土地財産まで聞かれた。 実家は自営なんだけど、その会社を見せて欲しいと言われ、 最初断ったんだが「何か見せられない理由でもあるのか?」ときつめに言われて連れて行った。 会社では挨拶もそこそこに従業員に業績を聞き、 備品等の導入した年やpCのスペック…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・8人目の人妻

・【露出】自画撮りのヌード写真を見せてくる妹

・シルバーのBMWと我輩の男根を乗りこなす近所の奥様

・【痴漢・痴女】私は痴女です

・【人妻体験談】手が早くヤリチンとして有名な上司に汚された花嫁が妊娠してしまった

・20代後半の母親と子供は家族揃って超ハイレグのお尻丸出しでしたwww

・■SEXをしたくてたまらない時期

・【痴漢・痴女】ドンキのトイレに痴女が出没したんだけど質問ある?

・姉と私 1989 から

・恋人ではない年上の男性と同棲してる♀だけど質問ある?

・姉妹丼で3P。最高だけど疲れます

・パチ屋のコーヒー嬢とデートやセックスをしていました

・優しく無防備なオナニタには困らない天然エロなパート主婦

・【オナニー】寿退社した先輩OLの生パンを拝みながら

・姉に彼氏が出来たと思ったらエッチした相手は俺でした。

・【痴漢・痴女】痴女と出会って人生終わりかけた話する

・不倫の相手は息子の家庭教師です

・寝取られまではいかないが・・・

・耳も弱いワタシはメロメロ…言葉だけでいきそう【出会い系体験談】

・妻のバイト先の人間と共謀して妻を犯してもらう計画。

・【Hな体験】セックス嫌いな彼女を酔わせてイタズラ三昧

・取引先の後輩の妻と

・女子刑務所での誘惑

・蘇る嫉妬心

・【痴漢・痴女】痴漢した処女にそのまま挿入して何度も射精したエッチ体験談

・近所のおばさんと、近所のおじさんの不倫現場を目撃した

・【初体験】沖縄でナンパした女子大生と童貞喪失

・【痴漢・痴女】痴漢でかんじてしまいした・・・

・スカートに頭突っ込んで、人妻が逝くまでペロペロしました

・ネットでは「くれあ」さんだった