寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

超タイプだった同僚のセフレを買った話【エロ体験談】

2016/06/23 08:55


これは俺と同僚が24の時の話。

同僚は俺の同期で高身長でイケメン。

対して俺は身長168、顔はふつめんと思いたい。

で、俺の職場に可愛い子がいた。

俺の2個下の事務の女の子。


その子が入った時から気になっていた。

同僚とそんな話をした事があった?

「そうか?まあ可愛いけど、そこまで凄い可愛いって訳じゃなくない?」

確かに好みが別れそうな子ではあった。

俺は超タイプだった。

「前に飲み会の時の私服が痛くね?」

と、同僚に言われた。

確かにピンクをベースにしていたのでちょっと年齢に合ってない気もしたが、ミニスカートで俺は興奮した。

会社で仕事上の話をした事はあったが、それ以上の関係にはなかなかなれなかった。

まあ、俺にその勇気がなかったのが一番の理由だが。

ある日、同僚が俺を飲みに誘ったそこで俺は言われた。

「実はあの子から手紙もらったんだ」

その手紙を見せてもらった。

ピンクの小さな袋にアニメの可愛い感じのメモが入っていた。

「これちょっと痛いよな」

確かに年齢にはそぐわなかった。

手紙にはこう書いてあった。

「突然ごめんなさい。前々から○○さんの事が気になってました。もう少し○○さんの事が知りたいなって思ってました。よかったら連絡下さい」

こんな感じだったと思う。

メアドと携帯番号が添えられていた。

「俺連絡取るから。一応お前には言っとこうと思って」

以前は痛いだのそんなでもないだの言ってたのに。正直ショックもあったが羨ましさも半分あった。

でも同時に何故か手紙を見て興奮したのも事実。

何か彼女の裏側を覗いてる気がして。

その晩は想像でオナニーをした。

賢者モードの虚しさは凄まじかった。

それから、数日後、同僚に言われた。

「こないだ彼女とデートしてそのままヤっちゃたよ」

1回目のデートで即Hだったらしい。

ショックも羨望もあったが、興奮もあった

「で、付き合ったの?」

「いや、俺は付き合う気はないかな。そんなタイプじゃないし」

前々から同僚とは色んな話をしたが、女遊びは激しい奴なのは知っていた。

まあ、男の俺が見てもモテるだろうなとは思った。

身長180は魅力的だった。

その後の同僚と彼女の話を要約するその後、2、3回デートを重ね、会う度にHをする。

Hの様子を同僚は俺に教えてくれた。

俺を羨ましがらせるのが半分、親切心が半分だったと思う。

まあどっちもゲスだが、同僚はそういう奴だった。

そして、その後、同僚は彼女に別れを告げた。

別れというか、やっぱり付き合えないとか何とか言ったらしい。

彼女からは毎日メールが来てたらしく、それも結構うざったく思っていたみたいだった。

メールを見せてもらった事があったが、確かになかなかだった。

「今日もずっと○○さんの事考えていました」

「もうどんどん○○さんの事好きになっていきます」

「今日すれちがった時挨拶してくれて嬉しかったです」


まあ、よく言えば乙女チックな女の子なんだと思う。

そして、同僚が別れを告げた彼女の反応もなかなかだった。

「私は○○さんの傍にいたい。都合のいい女でもいいから○○さんの傍にいさせて」

こんな感じの事を言ったらしい。

都合のいい女でいいなんて自分から言っちゃうなんて俺には信じられなかったが、同僚からしたら別に何ともない様子だった。

同僚にとっては、たまにある話らしい。

このカースト制度に俺は死にたくなった。

そう言われて同僚はそれならとオッケーした。

俺の気になっていた女の子は同僚の都合のいい性欲処理女となってしまった。

それからの同僚から聞く話は格段にエグくなった。

彼女にピルを内服するようにさせた。

これで避妊の必要がなくなった。

同僚が電話をかければ、夜中でも同僚の家に来てHをしてそのまま帰すなんて事もあったらしい。

彼女は同僚の命令に素直に従っていた。

俺は同僚に逐一色んな事を聞いた。

同僚も自慢気に俺に語った。

この時期に同僚には他にも女が何人かいたらしい。

「あいつは3番目か4番目かな」

平然としかも俺の前で同僚は言った。

「今後はどうするの?」

俺は同僚に聞いた事があった。

「ん?向こうから勝手に離れて行くって」

人間的にはゲスなんだろうが俺には羨ましくて仕方なかった。

彼女が同僚の都合のいい女になって3ヶ月ぐらい経った頃。

同僚が俺を飲みに誘った。

常に一緒に飲んでるみたいに書いているが2人で飲むのは滅多にない。

この時も久しぶりに2人で飲んだ。

忘れもしない24才、夏の金曜日。

「あいつ完全に俺の言いなりだよ」

「そうか・・」

俺は既に彼女の事は諦めていた。

「お前にヤラせてやろうか?」

「はい?」

「3万でいいよ」

「え?」

「俺に3万くれたら、彼女ヤラせてやるよ」

「マジで言ってんの」

「ああ」

「ってか、彼女にそんな事させてんの?」

「いや、もちろんお前だけだって」

「彼女いいって言ってんの」

「俺が言えば大丈夫だって」

俺は戸惑いながらも、呼吸が早くなっていた。

確実に興奮していた。

「本気で言ってんの?」

「ああ、お前だって彼女とヤリたいだろ?」

「・・・」

「今から呼べば来るよ」

心臓が激しくバクバク言っているのが分かった。

「で、どうする?」

「・・・・・・・・・お願いします」

俺は答えた。

お金はこの時に渡した。

持ち合わせが足らなかったからコンビニのネット銀行でお金を下ろした。

一応正社員だったが、決して給料がいいとは言えない俺にとって3万円は大金だった。

でも、俺は払ってしまった。

「じゃあ、呼ぶわ」

同僚はコンビニの前で彼女に電話をかけた。

「あ、もしもし。俺だけど。今から○○来て。あ、うん。なるべく早くね」

来れる?ではなく、来てと命令したのが印象深かった。

そしてコンビニで彼女を待った。

しばらくして彼女がやってきた。

「あっ」

俺が一緒にいるのを見て彼女は少し驚いたみたいだった。

職場では彼女と同僚が付き合ってる(セフレ?)事は内緒になっているはずだったから。

「おお、とりあえず出よう」

同僚に促されるようにコンビニを出た。

俺の街の歓楽街は南へ行くとホテル街へ出る。

俺たちは真っ直ぐ南へ向かって歩いた。

「ねえ、どこ行くの?」

彼女が聞いていた。

職場では彼女が敬語を話す姿しか見た事なかったので何かとても新鮮だった。

それにしても・・・彼女の服装だった。

相変わらずのピンクのミニスカート。

生足を出していた。

彼女の足は決して細い方ではなかった。

むしろムッチリしていた。

俺はそっちの方が好みだけど。

俺は既に興奮して勃起していた。

ホテル街が近づいて来たなと思ったその時、

「お前、これから○○(俺の名前)とホテル行け」

歩きながら同僚がさらっと言った。

その瞬間、ドキッと心臓がして胸が痛くなった。

「はっ?」

彼女が高い声を上げた。

そしてちらっとだけ俺の顔を見てそれから同僚の方を見上げて言った。

「何言ってるの?」

「いいから行ってこい」

「嫌に決まってるでしょ」

いやとはっきり言われて何かショックだった。

「お前、俺の言う事何でも聞くって約束だろ?いいから行ってくればいいんだよ」

同僚はかなりゲスイ事を言ってるのは分かっていた。

周りに聞こえてないか正直ヒヤヒヤした。

同僚は一切お構いなしだった。

「○○(俺の名前)にお前一晩貸す約束したんだから」

急に彼女の足取りが重くなったのが分かった。

「早く来いって」

同僚は彼女に冷たい。

いつもこんな感じなのか。

彼女を少し不憫に感じた。


でも勃起は持続していた。

「○○(俺の名前)は全部知ってるから。俺とお前の事」

おい、それを言うなって思ったが何も俺は言わなかった。

ちらっとだけ彼女が俺の方を見た。

「お前、俺の言う事何でもするって約束で付き合ってるんだから、ちゃんと約束守れよ」

ホテル街へ入った。

やはり金曜日だからか満室の看板も結構目についた。

俺は空室のランプがついているのを見て何故か興奮した。

「あそこでいいじゃん」

同僚が目の前のホテルを指さして言った。

「じゃあ、行ってこいな」

「本気なの?」

「ああ、まじだよ」

「○○(俺の名前)さんも?」

彼女が俺に聞いた。

彼女がこっちを見ていた。

一瞬躊躇ったが、ここは勇気出せ!と自分に言い聞かせて言った。

「うん。まじだよ」

彼女は俯いて何も言わなくなった。

ホテルの前まで来た。

「じゃあな」

同僚はくるっとUターンして戻っていった。

え?もう行っちゃうの?と思った。

慌てて俺は彼女の手を掴んでホテルへ向かった。

彼女の足取りが止まっていたのがわかったが、ぐっと引っ張った。

ホテルの自動扉が開いて俺達は中に入った。

部屋は確か2つか3つしか空いていなかったと思う。

とにかく忙しいで部屋を選んで忙いで部屋へ入った。

終始手を握ったまま彼女を引っ張って彼女を部屋へと連れ込んだ。

部屋へ彼女を連れ込み、部屋の中へ入ると同時に俺は彼女に抱きついた。

正面から抱きしめるような格好になった。

我慢の限界だった。

「やっ、ちょっと」

彼女が身体を少しバタつかせたが、俺は彼女の良い匂いに感動していた。

彼女の髪が俺の顔にかかっていた。

「やっ、いやっ、やっぱりヤダ」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
妻の変化(1)
2018/05/20 07:55
2018/05/20 07:55
私もこのサイトで刺激を受けた40歳のサラリーマンです。 妻は37歳になりますけど私とは違って淡白で清楚な女です。 私の友人達からも一応はモテるルックスなのですが、しもネタは禁句といったイメージを持たせる女です。 そんなある晩に妻を抱きながら「お前、俺以外の男に抱かれるのなら誰がいい?」と質問をしてみました。 妻は「バカなこと言わないでよ!」の返答でした。 そこで私は「何か刺激が欲しいから誰でもいいから俺以外の男のことを想像してオナってくれないか?」と続けました。 妻は淡白とはいっても私の前でオナニーした経験は何度かありましたから玩具を手にとっていつものように一人でやり始めました。 そこ…
【痴漢・レイプ】公園で目撃した逸物【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/06/12 10:38
2017/06/12 10:38
■公園で目撃した逸物(人妻の告白) 長男が幼稚園の頃でした。公園に行き、遊んでいると子供がおしっこがしたいと言い出し、公園内のトイレに行き、そこでさせることにしました。そのトイレは小さくて男性用は一人づつの隔て板が無く、先に用をしていた男性の傍で並んでする格好になりました。 突然子供が「おじちゃんのおちんちんすごく大きい」と大きな声で言うので反射的に隣の人の方に顔を向けました。丸見えでした。すぐその恥ずかしさに気がついて、子供がおしっこを済ませると外に出ました。子供は先ほど遊んでいた滑り台で楽しそうに遊んでいます。 私は少し離れたベンチに腰をかけて見ていました。いつのまに来たのか、先ほどの男…
B君の同僚が乱交仲間になってからますますはまってしまった
2015/12/25 13:45
2015/12/25 13:45
男友達との乱交を何度か報告している、まきです。

B君の同僚が乱交仲間になってからますますはまってしまい、一人暮らしの私の部屋にダブルベッドを入れて乱交部屋みたいな感じで週一で乱交セックスしてます。

最近のお気に入りの体位とか書いてみます。
●私…会社員
●A君…同級生、同業者
●B君…同級生、同業者、メンバーの中では一番セックスの相性がいいみたい。B君に挿入されると潮吹いちゃう。
●D君…B君の会社の後輩、クンニ好き、


最近、B君が異物挿入にはまってるみたいで、おちんちん入れながらなにかを入れたがります。一番気持ちいいのは人差し指と中指です。正常位でおちんちんをゆ…
可愛い後輩とその友達に二股中出しSEX【エロ体験談】
2016/09/11 20:10
2016/09/11 20:10
前々から狙っていた可愛い後輩を林の奥に連れ出して、良い雰囲気になったとこで告白、そのままセックスに持ち込んだ。

ゴムを持参してなかったからナマでしたんだけど、後輩が
「中に出して良いですよ」って言うから安全日かと思ったら、後輩も俺の事が前から好きで、俺だったら妊娠して結婚しても良い。
と思っていたらしい。

でもうちも後輩も実家がそこそこ余裕があるから、まあ学生結婚で援助してもらえるし大丈夫か。
と俺も腹をくくって、どうせ妊娠するんだったら中出ししまくらないと損だろ。
と思って、旅行から戻ってきてからも大学キャンパスがド田舎にあるからサボれる授業はサボりまくって敷地そばの林の中で生でセックス…
オチないと思っていた妻が、簡単にオトされてしまった
2016/07/19 15:00
2016/07/19 15:00
くだらない事をしなければよかった。
飲み友達とお互いの嫁を寝とってみないかと言ったのは俺だが、自分の嫁が簡単に落ちるとは思ってもいなかったし、酒の席での話しだったし、もう3ヶ月前の話だったので松田さんも忘れているのだと思っていた。


いつもの様に、一緒に酒を飲みその帰り間際に、松田さんから1枚のDVDを貰い「一人で見るんだぞ」と言われ自宅で見てみるとそこには、妻と松田さんのセックスしているDVDだったのだ。

酔いも吹っ飛び、驚きよりも、私は恥ずかしい位かじりつく様に見入ってしまった。
ラブホテルであろう、ベッドに向けてビデオカメラを用意している松田さん、その後ろ…
【母親との告白体験談】母の思い出  ~近親相姦告白~
2015/11/07 00:49
2015/11/07 00:49
僕は中学校の頃、野球部にいました。野球部はがらの悪い先輩の多いクラブで、たばこやギャンブルは当たり前、女の子をさらって部室で輪姦することもよくありました。でも、下級生は輪姦には加えてもらえず、女の子を帰らせたりする後始末をやらされるのです。先輩達が女の子を犯しているのを横目で見て悔しい思いをしていました。輪姦する相手は特に決まっていませんでした。女の子をさらってくる先輩がいると輪姦がはじまるのです。女の先生でやられた人もいました。先生がたまたま部室の前を通った時に、部室からたばこの匂いがしたので、注意に入って、そのまま輪姦されてしまったのです。その時の写真が部室に何枚も貼ってああります。3…
パート主婦を助手席に座らせると、ムラムラしておかしたくなる
2016/06/10 11:06
2016/06/10 11:06
20代なかばの頃食品の工場に勤めていた時のパートのおばちゃんとの話です。

おばちゃん四十路前半ぐらい、はっきり歳は聞けないよねw

ちゃんと綺麗にしていて、歳のわりにはエロい感じを出してた。

その頃ミニバンが流行りだしていた頃で、俺もエスティマを買って色々いじってたのよ。

おばちゃんもミニバンとかRV車に興味があったらしく、

「家族で出かける時に便利そうだけど、大きすぎて私には運転できないわ」

って言ってくるからちょっと運転してみますか?って返したのよ。


俺も自分の車を自慢したかったこともあって、仕事終わりに工場近くの岸壁の辺で運転させようとしたのよ。

でも今さら怖いと…
【レイプ・痴漢】【レイプ体験談】妹をレイプていうかsexした話を聞いてくれ②【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/05/13 04:34
2017/05/13 04:34
そして年明け早々、地方の親戚に不幸があり五日間ほど両親が留守になった。ようやくチャンスが訪れたことにおれは狂喜したが、妹もやはり忘れたわけではないようで、友達の家に逃げこもうとしたらしいが、年始ということもあり断られたらしい。さてどうやって隙を伺うかと前の晩考えてたが、朝起きると両親が出かけると同時に妹とも出かけてしまい、夕方になって帰ってきたがすぐに部屋に鍵かけて閉じこもってしまい入れず。初日から出鼻をくじかれた。餌があるのに生殺し状態の家にいると悶々として気が狂いそうになるので、友達と軽く飲みにいくことにした。これが当たった。深夜家に帰ってくると妹の部屋がまだ明るかった。-----まだあ…
SMプレイをしたボンレスハムとの出会いと再会
2015/08/29 20:10
2015/08/29 20:10

あるところに19歳の変態な俺と18歳の変態な女が居ました。
男女はある掲示板で知り合い会う事になりました。

相手は身長160体重60~70付近、胸はHカップと丸かったです。
しかし変態な私は燃えました。
この豚をいかに料理し壊してやろうか真剣に考えました。
そこでまず相手に会うときはパイパンにし、ノーパンで来るように命令しました。

女は了承し尚且つ興奮していました。
私も興奮しました。その日三回抜いたのは言うまでもありません。

そして待ち合わせ当日来たのは顔は悪くない感じのデブが来ました。
場所は鶯谷
行ったことがある人なら解ると思いますが、ホテル街風俗街と言われますが、子供や普通の…
【痴漢・レイプ】母娘陵辱
2018/06/15 00:11
2018/06/15 00:11
五年前に夫を不慮の交通事故で亡くしてから、息子と娘の三人家族で、生 活はそれほどに裕福なものではなかったですが、3DKの市営住宅でどうにか倹 しく暮らしていました。   私の年齢は四十六才で、息子の雄太が十九才になっていて、娘の美紀は十 六才の高校一年生です。  私は医療事務の資格を持っていたので、昼間は小さな個人病院での医療事 務仕事をし、夜は料亭の仲居として働き、子供たちをどうにか育て上げてき ました。  しかし、この春の大学受験を息子の雄太が失敗してから、我が家に少しお かしな風が吹き始め、どこかに空気の遮断壁のようなものが出来てきていま した。  予備…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【レイプ】甲子園の常連校だった野球部の横暴

・【乱交】変態カップルさんのプレイに混ぜてもらって初体験

・身長体重測定

・お堅い女上司の意外な趣味

・【熟女体験談】理容師の爆乳おばちゃんに勃起したらおっぱいプレスに手コキの痴女責めをされた

・俺とビッチとの思い出

・あなたのこと『だけ』訂正するようにしてあげるから

・【人妻体験談】隣の引きこもり少年に好意を持たれて玄関でレイプされた専業主婦

・想い出迷子~元彼に抱かれるとき~

・妹が徐々に変わっていった話

・旦那のとは違って黒々してる・・・

・30代女性は狙い目なのか?

・【人妻体験談】超爆乳でブスな娘の友達のママさんにパイズリしてもらった後、無断中出し

・【熟女体験談】元ソープ嬢の現熟女デリヘル嬢な母との近親相姦SEX

・【オナニー】期待を超える汚れ方だった母の下着[後編]

・アパート住まいが楽しいのは隣の奥さん

・女を忘れ女を捨てていました

・小?高にかけて妹への行為

・セフレ人妻達から知った主婦の実態をご紹介

・【オナニー】期待を超える汚れ方だった母の下着[中編]

・【人妻体験談】ストレッチをして汗臭い義母と近親相姦

・【熟女体験談】独身女子会の罰ゲームで全裸浴衣で部長達にお酌するはめになり輪姦レイプされた

・俺と幼女だけの世界

・戻る事が出来ない犯され続けた体

・3P初体験…

・【オナニー】期待を超える汚れ方だった母の下着[前編]

・弟「なんか変なおしっこでちゃったぁ.......」

・【Hな体験】膝に跨がってキスをせがんでくるエッチな彼女

・妹と普通に寝た話

・憧れの京都に落とし穴!