寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

超タイプだった同僚のセフレを買った話【エロ体験談】

2016/06/23 08:55


これは俺と同僚が24の時の話。

同僚は俺の同期で高身長でイケメン。

対して俺は身長168、顔はふつめんと思いたい。

で、俺の職場に可愛い子がいた。

俺の2個下の事務の女の子。


その子が入った時から気になっていた。

同僚とそんな話をした事があった?

「そうか?まあ可愛いけど、そこまで凄い可愛いって訳じゃなくない?」

確かに好みが別れそうな子ではあった。

俺は超タイプだった。

「前に飲み会の時の私服が痛くね?」

と、同僚に言われた。

確かにピンクをベースにしていたのでちょっと年齢に合ってない気もしたが、ミニスカートで俺は興奮した。

会社で仕事上の話をした事はあったが、それ以上の関係にはなかなかなれなかった。

まあ、俺にその勇気がなかったのが一番の理由だが。

ある日、同僚が俺を飲みに誘ったそこで俺は言われた。

「実はあの子から手紙もらったんだ」

その手紙を見せてもらった。

ピンクの小さな袋にアニメの可愛い感じのメモが入っていた。

「これちょっと痛いよな」

確かに年齢にはそぐわなかった。

手紙にはこう書いてあった。

「突然ごめんなさい。前々から○○さんの事が気になってました。もう少し○○さんの事が知りたいなって思ってました。よかったら連絡下さい」

こんな感じだったと思う。

メアドと携帯番号が添えられていた。

「俺連絡取るから。一応お前には言っとこうと思って」

以前は痛いだのそんなでもないだの言ってたのに。正直ショックもあったが羨ましさも半分あった。

でも同時に何故か手紙を見て興奮したのも事実。

何か彼女の裏側を覗いてる気がして。

その晩は想像でオナニーをした。

賢者モードの虚しさは凄まじかった。

それから、数日後、同僚に言われた。

「こないだ彼女とデートしてそのままヤっちゃたよ」

1回目のデートで即Hだったらしい。

ショックも羨望もあったが、興奮もあった

「で、付き合ったの?」

「いや、俺は付き合う気はないかな。そんなタイプじゃないし」

前々から同僚とは色んな話をしたが、女遊びは激しい奴なのは知っていた。

まあ、男の俺が見てもモテるだろうなとは思った。

身長180は魅力的だった。

その後の同僚と彼女の話を要約するその後、2、3回デートを重ね、会う度にHをする。

Hの様子を同僚は俺に教えてくれた。

俺を羨ましがらせるのが半分、親切心が半分だったと思う。

まあどっちもゲスだが、同僚はそういう奴だった。

そして、その後、同僚は彼女に別れを告げた。

別れというか、やっぱり付き合えないとか何とか言ったらしい。

彼女からは毎日メールが来てたらしく、それも結構うざったく思っていたみたいだった。

メールを見せてもらった事があったが、確かになかなかだった。

「今日もずっと○○さんの事考えていました」

「もうどんどん○○さんの事好きになっていきます」

「今日すれちがった時挨拶してくれて嬉しかったです」


まあ、よく言えば乙女チックな女の子なんだと思う。

そして、同僚が別れを告げた彼女の反応もなかなかだった。

「私は○○さんの傍にいたい。都合のいい女でもいいから○○さんの傍にいさせて」

こんな感じの事を言ったらしい。

都合のいい女でいいなんて自分から言っちゃうなんて俺には信じられなかったが、同僚からしたら別に何ともない様子だった。

同僚にとっては、たまにある話らしい。

このカースト制度に俺は死にたくなった。

そう言われて同僚はそれならとオッケーした。

俺の気になっていた女の子は同僚の都合のいい性欲処理女となってしまった。

それからの同僚から聞く話は格段にエグくなった。

彼女にピルを内服するようにさせた。

これで避妊の必要がなくなった。

同僚が電話をかければ、夜中でも同僚の家に来てHをしてそのまま帰すなんて事もあったらしい。

彼女は同僚の命令に素直に従っていた。

俺は同僚に逐一色んな事を聞いた。

同僚も自慢気に俺に語った。

この時期に同僚には他にも女が何人かいたらしい。

「あいつは3番目か4番目かな」

平然としかも俺の前で同僚は言った。

「今後はどうするの?」

俺は同僚に聞いた事があった。

「ん?向こうから勝手に離れて行くって」

人間的にはゲスなんだろうが俺には羨ましくて仕方なかった。

彼女が同僚の都合のいい女になって3ヶ月ぐらい経った頃。

同僚が俺を飲みに誘った。

常に一緒に飲んでるみたいに書いているが2人で飲むのは滅多にない。

この時も久しぶりに2人で飲んだ。

忘れもしない24才、夏の金曜日。

「あいつ完全に俺の言いなりだよ」

「そうか・・」

俺は既に彼女の事は諦めていた。

「お前にヤラせてやろうか?」

「はい?」

「3万でいいよ」

「え?」

「俺に3万くれたら、彼女ヤラせてやるよ」

「マジで言ってんの」

「ああ」

「ってか、彼女にそんな事させてんの?」

「いや、もちろんお前だけだって」

「彼女いいって言ってんの」

「俺が言えば大丈夫だって」

俺は戸惑いながらも、呼吸が早くなっていた。

確実に興奮していた。

「本気で言ってんの?」

「ああ、お前だって彼女とヤリたいだろ?」

「・・・」

「今から呼べば来るよ」

心臓が激しくバクバク言っているのが分かった。

「で、どうする?」

「・・・・・・・・・お願いします」

俺は答えた。

お金はこの時に渡した。

持ち合わせが足らなかったからコンビニのネット銀行でお金を下ろした。

一応正社員だったが、決して給料がいいとは言えない俺にとって3万円は大金だった。

でも、俺は払ってしまった。

「じゃあ、呼ぶわ」

同僚はコンビニの前で彼女に電話をかけた。

「あ、もしもし。俺だけど。今から○○来て。あ、うん。なるべく早くね」

来れる?ではなく、来てと命令したのが印象深かった。

そしてコンビニで彼女を待った。

しばらくして彼女がやってきた。

「あっ」

俺が一緒にいるのを見て彼女は少し驚いたみたいだった。

職場では彼女と同僚が付き合ってる(セフレ?)事は内緒になっているはずだったから。

「おお、とりあえず出よう」

同僚に促されるようにコンビニを出た。

俺の街の歓楽街は南へ行くとホテル街へ出る。

俺たちは真っ直ぐ南へ向かって歩いた。

「ねえ、どこ行くの?」

彼女が聞いていた。

職場では彼女が敬語を話す姿しか見た事なかったので何かとても新鮮だった。

それにしても・・・彼女の服装だった。

相変わらずのピンクのミニスカート。

生足を出していた。

彼女の足は決して細い方ではなかった。

むしろムッチリしていた。

俺はそっちの方が好みだけど。

俺は既に興奮して勃起していた。

ホテル街が近づいて来たなと思ったその時、

「お前、これから○○(俺の名前)とホテル行け」

歩きながら同僚がさらっと言った。

その瞬間、ドキッと心臓がして胸が痛くなった。

「はっ?」

彼女が高い声を上げた。

そしてちらっとだけ俺の顔を見てそれから同僚の方を見上げて言った。

「何言ってるの?」

「いいから行ってこい」

「嫌に決まってるでしょ」

いやとはっきり言われて何かショックだった。

「お前、俺の言う事何でも聞くって約束だろ?いいから行ってくればいいんだよ」

同僚はかなりゲスイ事を言ってるのは分かっていた。

周りに聞こえてないか正直ヒヤヒヤした。

同僚は一切お構いなしだった。

「○○(俺の名前)にお前一晩貸す約束したんだから」

急に彼女の足取りが重くなったのが分かった。

「早く来いって」

同僚は彼女に冷たい。

いつもこんな感じなのか。

彼女を少し不憫に感じた。


でも勃起は持続していた。

「○○(俺の名前)は全部知ってるから。俺とお前の事」

おい、それを言うなって思ったが何も俺は言わなかった。

ちらっとだけ彼女が俺の方を見た。

「お前、俺の言う事何でもするって約束で付き合ってるんだから、ちゃんと約束守れよ」

ホテル街へ入った。

やはり金曜日だからか満室の看板も結構目についた。

俺は空室のランプがついているのを見て何故か興奮した。

「あそこでいいじゃん」

同僚が目の前のホテルを指さして言った。

「じゃあ、行ってこいな」

「本気なの?」

「ああ、まじだよ」

「○○(俺の名前)さんも?」

彼女が俺に聞いた。

彼女がこっちを見ていた。

一瞬躊躇ったが、ここは勇気出せ!と自分に言い聞かせて言った。

「うん。まじだよ」

彼女は俯いて何も言わなくなった。

ホテルの前まで来た。

「じゃあな」

同僚はくるっとUターンして戻っていった。

え?もう行っちゃうの?と思った。

慌てて俺は彼女の手を掴んでホテルへ向かった。

彼女の足取りが止まっていたのがわかったが、ぐっと引っ張った。

ホテルの自動扉が開いて俺達は中に入った。

部屋は確か2つか3つしか空いていなかったと思う。

とにかく忙しいで部屋を選んで忙いで部屋へ入った。

終始手を握ったまま彼女を引っ張って彼女を部屋へと連れ込んだ。

部屋へ彼女を連れ込み、部屋の中へ入ると同時に俺は彼女に抱きついた。

正面から抱きしめるような格好になった。

我慢の限界だった。

「やっ、ちょっと」

彼女が身体を少しバタつかせたが、俺は彼女の良い匂いに感動していた。

彼女の髪が俺の顔にかかっていた。

「やっ、いやっ、やっぱりヤダ」


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【姉との告白体験談】 自分にはキャバ嬢の姉が2人いる
2016/08/04 00:21
2016/08/04 00:21
名無しさん(20代)からの投稿?-俺は21歳の大学生で、2人の姉がいる。 父親は俺が小さい頃に他界し、母子家庭で育てられた。俺以外女なので家では肩身が狭く、母や姉に色々こき使われてた。まあ母や姉が働いて、俺を大学まで行かせてくれているのでしょうがないが…。これは、今から1年前に母親が病気になってしまい入院し、俺と姉達だけで生活していた時の話。まずは、俺と姉のスペック。 ●俺のスペック。・名前は、仮でダイ。・顔は普通。(だと思う)・体系175cmの痩せ形。・チンコは、人並み外れたサイズ。唯一の特徴(笑)※平常時で長さ20cm太さ缶コーヒーぐらい。戦闘時で長さ28cm、太さ500mlのペットボ…
★イッちゃだめとせがむピンサロ嬢
2016/10/05 20:29
2016/10/05 20:29
 大学3年のとき。しばらく女性と接する機会もなく、ある夜、湘南のF市の繁華街へ。目指したのは駅南口のピンサロです。お相手は当時29歳のスレンダーな人。なぜか話で盛り上がって肝心のヌキがないままタイム・リミット。

「後で会える?」そんなことを聞かれ、夜中の0時半に待ち合わせました。一緒にコンビニで買い物をして、私のアパートへ。なんだかカノジョとのデート気分で、とても楽しかったのを覚えています。部屋で飲んで、話題も盛り上がって…その夜はそのまま寝てしまいました。
 翌日、もう昼ごろ彼女のキスで目覚める私。すでに全裸でこちらの全身に舌を這わせてきます。やがてトランクスを脱がされて咥えられた瞬間…
巨乳の新任国語教師をみんなでレイプした思い出【輪姦・中出し】
2016/07/04 18:05
2016/07/04 18:05
もう20年以上前の中学のときの思い出です 顔がすごいかわいくて巨乳で国語の新人女教師で、性格も いいので人気者でした 授業はへたくそでしたが・・・ たぶん生徒を刺激しないように意識してか、 やぼったい セーターとかばっかりだったけど セーターだと体のラインが出てしまい巨乳が強調されま くって男子生徒は視線釘付けでした 日ごろから生徒から「先生こんちちわ〜」って言っておっ ぱいタッチされてました 触られてコラー!って言うけど全然怖くないので毎日数人 から触られてましたね 私も毎日タッチしてました 最初は手のひらで軽くボヨンって触れる程度でしたが 次第 に揉むようになっていきました …
友人の彼氏を皆でイカせまくり
2015/12/24 08:09
2015/12/24 08:09
596 :えっちな18禁さん:2011/05/02(月) 02:41:15.72手コキした体験談  何ヶ月か前のことだけど、私と彼氏と、あと私たちの共通の友達カップルとで 鍋パーティーをやった 友達カップルは久しぶりに会ったらしく、途中からいちゃいちゃし始めた 私と彼氏はしょうがないなーって感じで適当に見てたんだけど いつの間にか男友達がズボン脱いで、トランクスのところからチンチン出して、 彼女に触ってもらってた  597 :えっちな18禁さん:2011/05/02(月) 02:50:05.50げ、見ちゃったよーって思ってたら、うちの彼氏…
彼女よりも気になる女、典子[第2話]
2017/03/14 12:19
2017/03/14 12:19
車の中で手コキから一ヶ月後くらいの出来事を投下します。 登場人物は同じで、俺と典子(仮名)と、R(当時の俺の彼女)、U(典子の親友)。 実は全員同じ会社で働いてます。 では本題に。 その日は、俺の部屋(2LDK。一人暮らしには広いかな)で、たこ焼きパーティーをしていた。 俺とRは超酒が強く、常に飲み過ぎる傾向にあった。 Uは少しだけ飲んでいたかな。 典子は酒は好きではないが意外と強く、その日は、俺が勧めるままに飲んでいた。 当然この日も典子に何かしようとチャンスを窺っていた。 話も盛り上がり、酒もすすみ、皆酔っ払い始めていた。 Uは酒が弱いから少ししか飲んでないのに睡魔と戦…
【不倫】家出して2日間風呂に入ってない人妻に中出し
2018/03/06 22:00
2018/03/06 22:00
その人妻と知り合ったのは、高1のときだった。実家が田舎町の外れの堤防沿いにあり、隣近所といっても200メートル以上離れた、まさに一軒家だった。僕は犬を買っていたので、よく暗い夜道を月明かりと懐中電灯だけで散歩していた。堤防には逆水門と呼ばれる大きな建造物があり、その近くは階段状になっているので、そこに腰掛けて1人ボーっと考え事をすることもあった。 その日は先客がいた。女の人が僕のいつもの場所に腰掛けていた。最初、気まずいなーとか思ったが、お気に入りの場所を取られたので、少し離れたところに腰掛けて犬と遊んだ。近くに民家はなく、この辺りで唯一の外灯が少し離れたこの場所を微か…
こんなことって
2017/09/14 00:19
2017/09/14 00:19
中学を卒業して数日たったある日のこと。 付き合っていた彼女の家に遊びにいき彼女は妙に体を寄せてきて俺の手を彼女は掴み彼女の脚に触らせてきた。 当然俺はすぐに勃起してしまったが、彼女を抱くとか考えていなくいつもプラトニックだった。 でも、その日の彼女はいつもと違い俺に裸になれと言った。 俺は襲っても知らないぞって言ったが、彼女も全裸になった。 そして俺に寝ろと言われ仕方なく寝ると当然勃起を見られたが、彼女は俺に跨がってきて、私も処女だけど、あなたは私だけのものよって言って彼女は勃起を握り腰を下ろすと痛っい、痛い痛いって言いながら全部入れてしまった。 これはどう したら でも彼女は動かずじっとして…
計画停電の時、妹が…
2016/04/20 22:01
2016/04/20 22:01
震災後の原発事故の影響で計画停電が実施された週末の事、仕事から帰って来た俺は直に停電となるのを考慮して自室のベッドで横たわっていた。 最終の停電だった為、辺りは暗く一切の光源が無い為、本当に真っ暗になり周辺は静まり返っていた。 そんな時だった、部屋のドアがノックされ「お兄ちゃん…」と心細い声と共に懐中電灯を片手に握りしめた今年高校2年になった妹が入って来た。 「どうした?」と聞くと「一緒に居てもイイ?」と言うではないか… 「なんだ怖いのか?」と、ちょっと意地悪っぽく聞くと「だって!…」と、何かを訴えようとしたようだが直ぐに沈んでしまったので俺はベッドの端に移動しスペースを作ると「ほら…」と空い…
【ある意味最高なオナニー】AV見ながら可愛い女子大生にフェラされて即射精
2016/10/15 20:00
2016/10/15 20:00
大学の頃、1人暮らしをしていた。そこに男友達とその彼女が予告もなくやってきた。 その時はもう夜遅くて、俺は晩飯を済ませてAVでも見て一発抜こうと思ってる時だったので、ビデオデッキにはレンタル店で借りてきたエロビデオが入った状態だった。 2人は既に酔っており、かなりハイな状態。 楽しそうにいちゃついて、俺は出す物も出せずやや不機嫌な状態だった。 男友達は高校の頃からの悪友。 彼女はそいつと付き合うようになってから紹介され、3ヶ月くらい前に初めて合ってから何度か顔を合わせている。 当時俺には彼女がおらず、3人で遊ぶ事も2~3回あった。 彼女はよくモテる男前の友達の彼女らしく、結構美…
【初体験】中学時代から憧れてた女の子とスキー旅行で[第4話(終)]
2018/11/01 18:00
2018/11/01 18:00
俺は体をチエの両足の間に入れ、もっとよく見ようとした。するとチエは、「待って」と言って、持ってきた袋から小さな紙袋を出し、俺に渡した。俺はそれを開けて驚いた。なんとコンドー君だった! チエ「持ってないでしょ?絶対付けてね」 優しく言った。俺は持っているとも言えず、箱から取り出して、それを手に取った。 俺「どうしたの?」 チエ「今日はこうしようと決めたから、さっき買ってきたの」 俺「悪かったな・・・」 チエ「とても恥ずかしかったけど、知らない土地だし、思い切って」 俺は、「ありがとう」と言ってそれを付けた。チエは、持ってきた大きめのタオルを自分のお尻の下に敷いた。気が利…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・義父と嫁のセックス 05

・【寝取られ】バイト先のイケメン大学生に孕まされた嫁

・高身長を気にしてた同級生の女子大生と一緒の布団で寝た

・透けた競泳水着

・綺麗な妻には過去がある

・母が激しく犯されながら切なげに喘ぎ声を上げている光景・・・

・叔父の奥さんに憧れていた若き俺のエロ歴

・日曜日のタダマン中出し

・【人妻体験談】妊娠中の元カノとセックスして中出し連発

・【熟女体験談】毎朝立ち寄るコンビニの小奇麗なおばさんと中出ししてハメた

・【Hな体験】好きだった人妻先生に無理やりキスしたら・・・。

・銭湯の娘だって子供扱いされたくない

・「わたしが教えてあげようか」から3Pへ

・オーナーの指導を色々受けているバツ1女です

・【SM・調教】告ってきた派遣OLを性処理係に任命[後編]

・※妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活

・【SM・調教】告ってきた派遣OLを性処理係に任命[前編]

・持病

・【初体験】伝言ダイヤルで知り合った年上女性と童貞卒業

・人妻としての魅力

・高校ボクシングの試合の計量

・悲鳴とともにのけぞり、又しても失神・・・・・・

・【人妻体験談】野獣のようにSEXのに没頭し、歯止めが効かないくらい連絡してきたエロい人妻

・他人の妻を逝かせた

・クビになるよりマシだもんねと色気で

・【不倫】学芸員をしている真面目な主婦ですが・・・。

・タオルバリアー

・ラブホテル

・彼氏より俺のがいいだろ・・・

・パート先の仕事でレジ打ちをしている主婦です