寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【妻のエッチ体験談】楽園への海外旅行で現地人に妻が輪姦されてしまう(前編)

2016/04/05 16:00



S島にに行きたいと言ったのは、私の方でした。

グアムやサイパンより少しだけ遠いのですが、最近になってアメリカ軍のあいだで大評判のビーチリゾート、直行便がないので、日本人もびっくりするくらい少ない、まさに「最後の楽園」

旅行会社の言葉をうのみにしたわけではないのですが、ちょっと遅い夏休みをここでとることには、妻もとりたてて反対はしませんでした。

結婚してもう4年にもなるのに、なかなかまとまった休みがとれなくて、海外旅行も新婚旅行いらいです。

妻は2年前、沖縄にいったときに買った、オレンジのビキニをバックに入れながら、これまだきれるかなあーなんていってました。

当日、成田空港のカウンターへ行ってみると、私達の他は、50代の夫婦だけ、という、なんとも寂しいツアーでしたが、「せっかく海外だもん。

日本の人ばっかじゃ、それもいやじゃん」

という妻の言葉に、ま、それもそうだなと思いながら飛行機に乗りました。

機中、前夜の仕事のつかれもあって、うとうとしていると、妻の横にすわった、いかにもアメリカ人と言った感じの金髪の若い男が、しきりに妻に話しかけていました。

妻は笑いながら、身振り手振りで会話らしいことをしていました。

「おい、、お前英語しゃべれたっけ」

っと、からかいついでに言うと、彼女は「ぜーんぜんわかんなかったけど、、。

この人、私のこと、ハイスクールに行ってるのかって、、。

10も若くみられちゃったよー」

と、妙にうれしそうでした。

妻は確かに童顔でうが、いくらなんでも高校生なんて、、「お前それは、ナンパされてるんだよ。

あんまり喜ぶなよ」

と私がいうと、やきもちやいてるーと笑って、機内食を食べ始めました。

S島は、最後の楽園という言葉を裏切らない、素晴らしい所でした。

私達が泊まったのは、つい半年前にできたリゾートホテルでしたが、サービスも、料理も、部屋も、文句のつけようがないほどでした。

休みをとってよかったなあ、と思っていた私は、妻の水着姿をみて、ますますその思いを深くしました。

オレンジ色のビキニを着た彼女は、結婚当初よりほんのすこしだけ肉付きがよくなったとはいうものの、逆にそれがなんともいえずいろっぽくなっていました。

「日本人が多いと、ビキニなんてはずかしいからきれないけど、ここならいーよね?」

と言う妻に、私は30を越えているのに、トランクスの水着がつっぱっていまい、なかなかうつぶせから体勢をかえることができませんでした。

夜、一緒にきたご夫婦と、星空の下で食事をしているとき、奥さんのほうがしきりに、「ほーんとかわいらしい奥さんだこと」

と繰り返し言っているのを聞いて、私もなんとなくいい気分でした。

その晩、私達は久し振りに、その、、夫婦生活をしたのですが、自分の気持ちとはうらはらに、一回だしてしまうともうだめでした。

妻は、じゃ、おやすみーっといって寝てしまいましたが、彼女はどことなく満足していなさそうでした。

S島に来て、二日目の夜、ご夫婦からゴルフに誘われました。

なんでも帝王と呼ばれたゴルファーが設計したコースがあって、そのコース目当てにこの島に来る人もいるほどだそうです。

私は最近接待ゴルフをはじめたばっかりでしたが、ちょうど面白くなってきたところだったので、二つ返事で、ぜひ、いっしょにと言ってしまいました。

部屋に帰って妻に、ま、初心者でも気軽にまわらしてくれるらしいし、一緒にいこうよ、といったのですが、「運動苦手なのはしってるでしょ?ま、気にしないで行って来てよ。

私はホテルの前のビーチでごろごろしてるからさ」

といって着いてこようとはしませんでした。

次の朝、私はゴルフに向かいました。

妻は、ねぼけながら、てきとーにしとくから、ごゆっくりといって、また寝てしまいました。

三番ホールのあたりでしょうか、トラブルショットでブッシュにはいった私の首筋に激痛が走りました。

「あいたたたあーー」

そらはおっきなあぶでした。

首すじはみるみるうちにはれあがり、熱さえ持ってきました。

一緒に帰ると言うご夫婦の好意をことわって、私は一人で郊外の森を抜けて、この島唯一の町にさしかかったところで、ずらりと並んだアクセサリーを見ている、白いノースリーブのワンピースを着た日本人の女性の姿が見えました。

妻でした。

「あいつ、、ホテルからどうやってここまできたんだ?」

と不思議に思いましたが、ホテルからでているシャトルバスの時刻表を熱心に見ていた姿を思い出し、へえ、あいつ海外はじめてなのに、結構やるなあ、とへんに感心してしまいました。

車で近づき、「おい、、、、」

と声をかけようと思ったとき、2人のアメリカ人、黒人と白人の2人組が妻に話し掛け始めました。

2人とも180センチ、、いや、下手をすると190くらいある男たちで、157センチしかない妻は、まるで子供のように見えました。

妻は困った顔で笑いながら、何か話していました。

「あいつ、、、ナンパされてるじゃないか、、」

私はすぐ出て行って、妻を連れて帰ろうと思いましたが、なにか黒いものが胸にひろがり、3人を遠くからしばらく見てみよう、、と思い始めました。

ホテルに帰ったら、ちょっと怒らなきゃ、と思ってる私の前で、外人2人は大きなアクションを付けて妻に話しつづけます。

3人が何か笑ったような様子がみえたあと、妻と男2人は、隣の建物の二階にある、喫茶店風の店にはいっていきました。

「あいつ、、。

ちゃんとことわれないのか、、」

私はだんだん不安になって、車をその建物の裏につけて、こっそり店に入っていきました。

その店は、アメリカ本土からの観光客や、基地からあそびにきている米軍の兵士たちでいっぱいでした。

客の多くが、ウイスキーや、カクテルを昼間から飲んで、陽気に騒いでいました。

妻にきづかれないように、こそこそ見せに入り、ビ―ルをカウンターで買うと、妻と男2人が座っているテーブルへとたどりつきました。

妻の細くて白いが背中見えます。

彼女は私には全く気づいていませんでした。

男2人は、妻を挟んですわり、彼女にカクテルをとって、絶え間なく話しかけていました。

妻は男2人に挟まれて、キョロキョロしながら、わけもわからず笑っているようでした。

私は、自分でも理解できない、不思議な黒い雲が心にひろがるのをおさえることができませんでした。

あいつは、困っているだけだ、、早くたすけなきゃ、、そう思いながらもただ3人を見ていました。

妻は2杯目のカクテルを飲んだ後、急に陽気になったようでした。

彼女はもともと、それほどお酒はつよくないのです。

楽しそうにけらけら笑う声もだんだんと大きくなってきました。

左側に座った黒人は、妻の髪や耳を撫でまわし始め、彼女のピアスをふざけて噛んだりさえしはじめました。

右に座った金髪の白人は、グローブのような手で妻の脚をなでまわしはじめ、その指は、ワンピースの中に、少しづつ少しづつ入っていきました。

私は黙ってビールを飲みつづけていました。

ここでとめなければ、ここでとめなければ、と思いつつ、私は席を立つ事ができませんでした。

ホテルに帰る事にして、首に冷たいタオルをあてながら、レンタカーに乗り込みました私はただ、必死に会話を聞き取ろうとしていました。

「ユーハブハズバンド?ノーノー、、フォゲイッツ」

とか「アイシンクユーハドベターチャレンジアナザー」

とか「ユーキャンゴーツヘブンウィズアス」

とかいう彼らの言葉が聞こえてくると、そのたびに妻が笑って、ノーとか、、えーとか言うのが聞こえてきます。

黒人はますます遠慮なく妻の耳や首筋を舐め始め、金髪の手は、ワンピースの奥の方へと消えて行きます。

妻は時折、体を振るわせながら、ストッププリーズとか、やめて、、もう、、などといっているのですが、抵抗している様子はみえませんでいた。

私の頭が混乱している時、不意に妻と男2人が立ちあがり、階段をおりて店をでました。

私はあわてておいかけましたが、外に出ると、ちょうどぼろぼろのキャデラックがどこかへむかうところでした。

私は夢中でレンタカーに乗り、その車をおいかけました。

ばれないように尾行する余裕はなかったのですが、運転している白人も、後ろの席で妻にまとわり付いている黒人も、それに妻も、後ろの車に気づく様子はまったくありませんでした。

バックシートでは、黒人がいよいよ遠慮なく妻の体をなでまわしはじめています。

日本人でも色が白い方の妻が、真っ黒な太い、けもののような手でいじくりまわされています。

私は、やめろ、、やめてくれ、、とつぶやきながら、キャデラックの後ろをつけていました。

車は町をでて、ホテルを通り過ぎ、郊外の森の方へと向かって行きました。

きづいてみると、そこはいくつかのログハウスが並ぶキャンプ場のようなところでした。

彼らは奥まった所にあるコテージの前に車をとめ、まず白人が鍵をあけ、そのあとに黒人が妻をほとんどかつぐようにして中へと入っていきました。

妻はかるくいやいやをしたようにも見えました。

私は車を止め、そのコテージの中を除こうと駆け寄りました。

その時、黒いサングラスをかけた、白人の警備員が、ヘイ!と大きな声をだして私をつかまえました。

その声に気づいたのか、コテージのガラス窓から、妻を連れこんだ黒人が、上半身裸でこっちを見ました。

彼は私の顔を見ましたが、なんの興味もなさそうに、奥へと消えて…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
同い年の可愛いマネージャーとの恋愛体験談
2018/02/19 12:02
2018/02/19 12:02
好きな子っていうか、

気になるなぁレベルの子だったんだけど高校時代の話

俺サッカー部、んで女の子は同い年でマネージャーだった

女の子はA子としようか、まぁ可愛かったよ。

何ていえば良いんだろう、

地味な女の子グループに属してるんだけど、

その中では飛び切り可愛くて、

イケメンや可愛い子グループからも話しかけられるみたいな

割と自由な校風でうすい茶髪くらいなら許されてたんだけど、

その子はずっと黒髪で服装もきちっとしてた。

勿論言動なんかも真面目だし部活も真面目

自習で皆騒いでるのに一人できちんと課題してたり

でも冗談はわかるし、

イケメングループの下ネタなんかも対…
眠ってるサークルの後輩をレイプしたエッチ体験【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/11/01 04:55
2017/11/01 04:55
大学の時なんだがサークルの後輩の女の子1人+俺ら3年3人で友人Aの家で飲みってシチュエーションがあった。 つか本当は後輩の女の子2人の予定だったんだが、ブサイクな方が帰ったため途中からそういうシチュヘ。 ノリは良いけど彼氏がいるからって理由でデートとか誘っても絶対OKしてくれない子だったから皆諦めてたけど結構可愛い目。 酔って寝ちゃった所で友人Aが「誰か送ってけよ」と。 でも全員かなり酔ってたから車乗るの嫌って事で拒否。 そのうち友人Bが「ちょっとだけ。ちょっとだけおっぱい、な。おっぱい」とか訳のわからない事を言い出してサマーセーターの上から揉みしだきまくるる暴挙に。起きないもんだからそのう…
【レイプ】「芸能人に会える」と声をかけられ着いて行ったらレイプされた
2016/03/13 16:54
2016/03/13 16:54
542 名前:えっちな18禁さん[sage] 投稿日:2011/06/11(土) 17:18:52.08 ID:fvFZR6U1O [1/9] 私がまだ高校生の頃だったんだけど、なんと言うか...馬鹿だったなあと思う経験した 関東とは言え田舎に住んでたから、週末に友達と原宿に行く時は力入ってたんだ それでも今から思えばダサいしそんなに可愛い訳でもなかった そんな私が何故あいつの目に止まったのか謎だけど... 私はその時、ジャニーズのあるグループの大ファンで 原宿に行ったら関連グッズを買いに行くのが楽しみだった その日も友達とワイワイと買い物をして それからぶらぶらして時間潰してた 5…
見ず知らずのおじさんに露出マッサージ[第4話(終)]
2017/06/21 16:49
2017/06/21 16:49
時計の針は1時を回ろうとしていました。 予定の90分はとっくに過ぎています。 おじさんはゆっくりとした動作で、あたしの足を片方ずつ開かせて、その間に膝をつきました。 そして、おまんこにかけてあるタオルの上の端を指先で軽く押さえながら、更に半分に細くしたんです。 両サイドから僅かにヘアーがはみ出しています。 置き鏡を見ると、タオルとおまんこの隙間からピラピラが少し見えていました。 そして、おじさんはあたしの両足首を持って膝を曲げさせ、M字にしたんです。 (ぇっ・・・?なんでこんな格好・・・?) あたしはそう思いながらも、拒否はせず、されるがままになりました。 おじさんは、「では…
社長秘書をしている私の性接待体験談告白
2016/10/26 12:02
2016/10/26 12:02
私は社長秘書をしているんですけど、

最近、社長は

「るい(私)のエロボディを他の男に見せたい」

と言いだし、取引先との接待に連れて行かれました。

服装は社長が用意したミニのフレアのスカートに

胸元の大きく開いたピッタリしたもの

ブラはする事は許されましたが、

ノーパンでパンストのみで行きました。

取引先は社長(50歳位)と専務(40歳位)の2人でした

人とも、最初から私の胸(Fカップ)ばかり見ているのが、

わかり社長も気付いていたらしく、ニヤニヤしてました。

接待も無事終わりに近づいた頃、

社長と取引先の社長が2人で小声で話し、

その話が済むと私は社長に呼ばれ社長は…
26歳の近所の若妻にずっと中出ししたエッチ体験
2015/12/12 23:00
2015/12/12 23:00
半年ほど続いている26歳の奥さんがいるんだが、きっかけは自宅でのセックスが不満という事だった。 仲良くなってくうちにエロ話もOKになって、最近のエッチは・・・なんて話してると奥さんが「思いっきりラブホでエッチしたい!」って言って来たんだ。 「旦那とは行かないの?」って聞くと、「話したことあるけど『今さらラブホ?』って感じで流された」って。 声が出せないとかはやっぱ夫婦でも恥ずかしいみたいで言えなくて、もんもんとしてたらしい。そりゃ誘うだろ。っていうか誘われてるレベルだろw あれよあれよで会うことになって、写メ交換。美人の奥さんっていう感じ。「がっかりした?」って添えられてたけど全…
単身赴任の兄に代わって、義姉が干からびないようケアしています
2017/01/20 06:00
2017/01/20 06:00
兄は単身で転勤。
家には母親と俺より若い義姉と俺の三人住まい。
義姉と関係を持ち始めて2年。兄の代わりに義姉のあそこが干上がらないように、いつも潤わせてあげてる。さっき母親が帰ってきたが、今日は朝から出かけてくれたおかげで、義姉とゆっくり時間を過ごせた。相変わらずあそこは、咥え込んだら絞めつけて離さない。


先週の土日に兄貴が帰ってきて、義姉に中出ししてくれたおかげで、今日は何度も義姉の中にザー汁放出。

膣口にチムポが当たるたび声をあげ感じる義姉、髪振り乱して体震わせ果てる義姉。

チムポを挿入すると、チムポに伝わる義姉の膣壁のイボイボ感に膣中が蠢くようにチムポ…
PTA時代に知り合ったママ友と乱交セックスしたエッチ体験談
2015/12/06 17:30
2015/12/06 17:30
子供のPTA時代に知り合ったママ友と今でもランチ等で定期的に交流してます。 正月明けに新年会を計画、近くのコテージに一泊コースにしました。 いずれも40代の女4人、いっぱいアルコールも買い込んで主婦から解放です。 【PR】結婚してるのに旦那とはセックスレス。だからここに登録しました 実は私は同世代の性に興味津々。でもさすがに子供絡みの知人でワイ談する事は無く、今回の新年会ではちょっとした計画がありました! と言うのも知人に元ホストの男性がいて、常々自信満々の話題を聞かされてたからです。 その男性をあおり、偶然を装って一緒にエロ宴会に持ち込む企画にしたのです。コテージ宿泊者は隣のリゾー…
【レイプ官能小説】寓話【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/06/28 01:29
2017/06/28 01:29
 夕暮れに,某海水浴場に行った。向こうの方に家族連れが来ていた。 波打ち際に女の子が寝ころんで遊んでいた。父親らしい大人と,弟と思われる5,6歳くらいの男の子とじゃれあっているようだった。少し上がった砂浜には,さわやかな青い色をしたドーム型のテントと,紺のRVバンがある。キャンプのようだ。そこから,母親らしい女性が夕食の準備ができた旨を皆に伝えているようだった。 父と弟はそのままテントの方へと上がる。女の子はトイレのあるこちらに向かって歩いてきた。少額5・6粘ぐらいの女の子か? ショートヘアーの元気そうな女の子だ。黄色と青の競泳用水着。後ろは大きく背中が見えた。そして,水着からはすらりと伸び…
【体験談】女遊びをしすぎて大失敗、見事に天罰が下りました
2016/05/31 23:30
2016/05/31 23:30

女関係での大失敗談を投稿します

私は、モテたので、
調子に乗って色んな女と
遊んでやり捨てした付けが回って来たのです。



因みに私も爆乳好きです!

私は会社には通っていましたが
人生のウェートは仕事では無いので、
義務を果たす程度にそこそこ仕事をして居ました。



私は無類の女好きで、
会社の同僚や先輩からも余り派手な
女遊びしていると何時か
天罰が下るぞと忠告されていました。



いい年なんだから
そろそろ落ち着いた方が良いとも言われました。



そして遂にその通りに成ってしまいまし…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【露出】銭湯で働いている男性と飲み屋で会うと興奮する[前編]

・【人妻体験談】おばさんになる前にメールで逆ナンパをし、SEXしまくる主婦

・【熟女体験談】得意先でかなり年上の年配のおばさんとSEXした

・姉は無防備

・いまも体が忘れていないあんなSEX

・【Hな体験】セックスの名人キャラが幸いして同僚OLとやれた

・【レイプ】女3人旅の混浴で労働者たちに代わる代わる犯された

・【Hな体験】気持ちいいけど怖かった初めてのピンサロ体験

・生まれ変わったら『道』になりたい

・友人に聞いたバイキャバでのアルバイト話

・【人妻体験談】ママ友の上半身真っ裸を見てしまい、頭から離れず、酔ったママ友を家まで送ってパイズリSEX

・無抵抗の相手に腰を振るという興奮

・【Hな体験】夢に出てきた爆乳同級生とリアルガチの肉弾戦

・SMパートナー探し専門の掲示板での事

・企画物AVに出まくることになった妻 4(ビーチでおっぱい盗撮編2)

・義姉の乳首を唇に含み、おっぱいを・・・

・妹夫婦が泊まりに来てエッチを始めた

・日本の行為は「侵略」だったのか?

・【人妻体験談】バツイチのシングルマザーが勃起したチンポを觀て擦ってきたので、そのまま汗だくセックス

・【熟女体験談】ディルドで腰を振るバツイチ熟女の頭を掴んで思い切りイマラチオ

・【Hな体験】19歳の美容師の卵と人生初の中出しセックス

・友里さんの着替え

・見た事がある人を思い出し赤面

・元妻の姉とエロ仲になり重宝している

・【乱交】会社の男達に輪姦されてる現実が余計に私を高ぶらせる

・【人妻体験談】金に困ってる女を紹介してもらい、スレンダーな援交マダムと種付けSEXモードで子宮責め

・美人女医の恥ずかしい姿 完成版

・刺激を求めてる専業主婦で出会い系デビュー

・【Hな体験】ハーフ姉妹のエッチな身体検査

・【男×男】小さいヤツに気配りのできる女顔のデカチン