寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【妻のエッチ体験談】楽園への海外旅行で現地人に妻が輪姦されてしまう(前編)

2016/04/05 16:00



S島にに行きたいと言ったのは、私の方でした。

グアムやサイパンより少しだけ遠いのですが、最近になってアメリカ軍のあいだで大評判のビーチリゾート、直行便がないので、日本人もびっくりするくらい少ない、まさに「最後の楽園」

旅行会社の言葉をうのみにしたわけではないのですが、ちょっと遅い夏休みをここでとることには、妻もとりたてて反対はしませんでした。

結婚してもう4年にもなるのに、なかなかまとまった休みがとれなくて、海外旅行も新婚旅行いらいです。

妻は2年前、沖縄にいったときに買った、オレンジのビキニをバックに入れながら、これまだきれるかなあーなんていってました。

当日、成田空港のカウンターへ行ってみると、私達の他は、50代の夫婦だけ、という、なんとも寂しいツアーでしたが、「せっかく海外だもん。

日本の人ばっかじゃ、それもいやじゃん」

という妻の言葉に、ま、それもそうだなと思いながら飛行機に乗りました。

機中、前夜の仕事のつかれもあって、うとうとしていると、妻の横にすわった、いかにもアメリカ人と言った感じの金髪の若い男が、しきりに妻に話しかけていました。

妻は笑いながら、身振り手振りで会話らしいことをしていました。

「おい、、お前英語しゃべれたっけ」

っと、からかいついでに言うと、彼女は「ぜーんぜんわかんなかったけど、、。

この人、私のこと、ハイスクールに行ってるのかって、、。

10も若くみられちゃったよー」

と、妙にうれしそうでした。

妻は確かに童顔でうが、いくらなんでも高校生なんて、、「お前それは、ナンパされてるんだよ。

あんまり喜ぶなよ」

と私がいうと、やきもちやいてるーと笑って、機内食を食べ始めました。

S島は、最後の楽園という言葉を裏切らない、素晴らしい所でした。

私達が泊まったのは、つい半年前にできたリゾートホテルでしたが、サービスも、料理も、部屋も、文句のつけようがないほどでした。

休みをとってよかったなあ、と思っていた私は、妻の水着姿をみて、ますますその思いを深くしました。

オレンジ色のビキニを着た彼女は、結婚当初よりほんのすこしだけ肉付きがよくなったとはいうものの、逆にそれがなんともいえずいろっぽくなっていました。

「日本人が多いと、ビキニなんてはずかしいからきれないけど、ここならいーよね?」

と言う妻に、私は30を越えているのに、トランクスの水着がつっぱっていまい、なかなかうつぶせから体勢をかえることができませんでした。

夜、一緒にきたご夫婦と、星空の下で食事をしているとき、奥さんのほうがしきりに、「ほーんとかわいらしい奥さんだこと」

と繰り返し言っているのを聞いて、私もなんとなくいい気分でした。

その晩、私達は久し振りに、その、、夫婦生活をしたのですが、自分の気持ちとはうらはらに、一回だしてしまうともうだめでした。

妻は、じゃ、おやすみーっといって寝てしまいましたが、彼女はどことなく満足していなさそうでした。

S島に来て、二日目の夜、ご夫婦からゴルフに誘われました。

なんでも帝王と呼ばれたゴルファーが設計したコースがあって、そのコース目当てにこの島に来る人もいるほどだそうです。

私は最近接待ゴルフをはじめたばっかりでしたが、ちょうど面白くなってきたところだったので、二つ返事で、ぜひ、いっしょにと言ってしまいました。

部屋に帰って妻に、ま、初心者でも気軽にまわらしてくれるらしいし、一緒にいこうよ、といったのですが、「運動苦手なのはしってるでしょ?ま、気にしないで行って来てよ。

私はホテルの前のビーチでごろごろしてるからさ」

といって着いてこようとはしませんでした。

次の朝、私はゴルフに向かいました。

妻は、ねぼけながら、てきとーにしとくから、ごゆっくりといって、また寝てしまいました。

三番ホールのあたりでしょうか、トラブルショットでブッシュにはいった私の首筋に激痛が走りました。

「あいたたたあーー」

そらはおっきなあぶでした。

首すじはみるみるうちにはれあがり、熱さえ持ってきました。

一緒に帰ると言うご夫婦の好意をことわって、私は一人で郊外の森を抜けて、この島唯一の町にさしかかったところで、ずらりと並んだアクセサリーを見ている、白いノースリーブのワンピースを着た日本人の女性の姿が見えました。

妻でした。

「あいつ、、ホテルからどうやってここまできたんだ?」

と不思議に思いましたが、ホテルからでているシャトルバスの時刻表を熱心に見ていた姿を思い出し、へえ、あいつ海外はじめてなのに、結構やるなあ、とへんに感心してしまいました。

車で近づき、「おい、、、、」

と声をかけようと思ったとき、2人のアメリカ人、黒人と白人の2人組が妻に話し掛け始めました。

2人とも180センチ、、いや、下手をすると190くらいある男たちで、157センチしかない妻は、まるで子供のように見えました。

妻は困った顔で笑いながら、何か話していました。

「あいつ、、、ナンパされてるじゃないか、、」

私はすぐ出て行って、妻を連れて帰ろうと思いましたが、なにか黒いものが胸にひろがり、3人を遠くからしばらく見てみよう、、と思い始めました。

ホテルに帰ったら、ちょっと怒らなきゃ、と思ってる私の前で、外人2人は大きなアクションを付けて妻に話しつづけます。

3人が何か笑ったような様子がみえたあと、妻と男2人は、隣の建物の二階にある、喫茶店風の店にはいっていきました。

「あいつ、、。

ちゃんとことわれないのか、、」

私はだんだん不安になって、車をその建物の裏につけて、こっそり店に入っていきました。

その店は、アメリカ本土からの観光客や、基地からあそびにきている米軍の兵士たちでいっぱいでした。

客の多くが、ウイスキーや、カクテルを昼間から飲んで、陽気に騒いでいました。

妻にきづかれないように、こそこそ見せに入り、ビ―ルをカウンターで買うと、妻と男2人が座っているテーブルへとたどりつきました。

妻の細くて白いが背中見えます。

彼女は私には全く気づいていませんでした。

男2人は、妻を挟んですわり、彼女にカクテルをとって、絶え間なく話しかけていました。

妻は男2人に挟まれて、キョロキョロしながら、わけもわからず笑っているようでした。

私は、自分でも理解できない、不思議な黒い雲が心にひろがるのをおさえることができませんでした。

あいつは、困っているだけだ、、早くたすけなきゃ、、そう思いながらもただ3人を見ていました。

妻は2杯目のカクテルを飲んだ後、急に陽気になったようでした。

彼女はもともと、それほどお酒はつよくないのです。

楽しそうにけらけら笑う声もだんだんと大きくなってきました。

左側に座った黒人は、妻の髪や耳を撫でまわし始め、彼女のピアスをふざけて噛んだりさえしはじめました。

右に座った金髪の白人は、グローブのような手で妻の脚をなでまわしはじめ、その指は、ワンピースの中に、少しづつ少しづつ入っていきました。

私は黙ってビールを飲みつづけていました。

ここでとめなければ、ここでとめなければ、と思いつつ、私は席を立つ事ができませんでした。

ホテルに帰る事にして、首に冷たいタオルをあてながら、レンタカーに乗り込みました私はただ、必死に会話を聞き取ろうとしていました。

「ユーハブハズバンド?ノーノー、、フォゲイッツ」

とか「アイシンクユーハドベターチャレンジアナザー」

とか「ユーキャンゴーツヘブンウィズアス」

とかいう彼らの言葉が聞こえてくると、そのたびに妻が笑って、ノーとか、、えーとか言うのが聞こえてきます。

黒人はますます遠慮なく妻の耳や首筋を舐め始め、金髪の手は、ワンピースの奥の方へと消えて行きます。

妻は時折、体を振るわせながら、ストッププリーズとか、やめて、、もう、、などといっているのですが、抵抗している様子はみえませんでいた。

私の頭が混乱している時、不意に妻と男2人が立ちあがり、階段をおりて店をでました。

私はあわてておいかけましたが、外に出ると、ちょうどぼろぼろのキャデラックがどこかへむかうところでした。

私は夢中でレンタカーに乗り、その車をおいかけました。

ばれないように尾行する余裕はなかったのですが、運転している白人も、後ろの席で妻にまとわり付いている黒人も、それに妻も、後ろの車に気づく様子はまったくありませんでした。

バックシートでは、黒人がいよいよ遠慮なく妻の体をなでまわしはじめています。

日本人でも色が白い方の妻が、真っ黒な太い、けもののような手でいじくりまわされています。

私は、やめろ、、やめてくれ、、とつぶやきながら、キャデラックの後ろをつけていました。

車は町をでて、ホテルを通り過ぎ、郊外の森の方へと向かって行きました。

きづいてみると、そこはいくつかのログハウスが並ぶキャンプ場のようなところでした。

彼らは奥まった所にあるコテージの前に車をとめ、まず白人が鍵をあけ、そのあとに黒人が妻をほとんどかつぐようにして中へと入っていきました。

妻はかるくいやいやをしたようにも見えました。

私は車を止め、そのコテージの中を除こうと駆け寄りました。

その時、黒いサングラスをかけた、白人の警備員が、ヘイ!と大きな声をだして私をつかまえました。

その声に気づいたのか、コテージのガラス窓から、妻を連れこんだ黒人が、上半身裸でこっちを見ました。

彼は私の顔を見ましたが、なんの興味もなさそうに、奥へと消えて…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【姉との告白体験談】 教えてあげる
2016/06/02 04:39
2016/06/02 04:39
僕はまだ高校生だったので 姉には女としてすごく興味があり普段普通に会話してる時でも、ちょっと意識してました。 あれは姉が飲み会かなにかで、酒に酔って帰宅した時です 母が飲み薬を持って行ってあげてと言うので薬と水を持って2階の姉の部屋に行きました 姉は帰ってきたままの格好でベットで寝ていました。 「おねぇちゃん薬を持ってきたよ・・」と肩を叩きましたがまったく反応がありませんでした下半身を見るとジーパンのボタンとファスナーが開いたままです僕はそっとチャックの部分を広げるとパンティが見えました。 白とピンク色のチェックでした・・・僕はすごくドキドキしながら、少しパンティをさわった胸も姉を何度も確…
★フェチ癖の日常は常にフェチ環境を
2016/05/08 22:08
2016/05/08 22:08
 フェチ環境を求めて職を転々としていた中で潜入できた話。僕はアルバイトで入ったが、僕に指示を出すのは僕より若くて正社員の女性達だった。初日に仕事が終わってユニフォームは洗濯するとは聞いていたが、どうすれば良いか分からなかった時に偶然正社員の制服を着た女性に遭ったので聞いてみると

「こっちに洗濯室があるから」と言って僕に背を向けて暗くて誰も通らない廊下を歩いて行った。僕は、この若い正社員女性の真後ろを等間隔でピタリと尾け、巨乳である事を確信させる背中を見つめながら、ヒトケのない夜道のストーキングを愉しんだ。
 そして洗濯室と思われる所に入る時も、真っ暗で電気を点けるまでの間誰もいなくて狭い…
夫に不満のある人妻がどこかに連れてってというので、俺は…
2016/12/26 06:00
2016/12/26 06:00
高層ビルの一角にある料亭で調理人やってた頃、隣に個人でやってる宝飾店があって、そこの奥さんとやっちゃいました。奥さんは普段無口で、挨拶しても愛想笑いすらしない人だったんですけど、あるきっかけから話すようになった。
きっかけは、夜の仕込みの為の材料を買い出しにスーパー行くと奥さんがいて挨拶したらその日はとても愛想良く応えてくれた。


で、向こうから色々話しかけてきて、この人結構話し好きだなーと思った。 話しながら買い物して、帰りもずっと話してた。

それから会う度に話すようになって、相手の家庭の事情とか色々話すようになってた。相手曰く俺が聞き上手で話しやすいらし…
【近親相姦】変態バツイチ公衆便所【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/10/17 07:55
2017/10/17 07:55
 私と妻は40代後半と前半の平凡な夫婦でした。妻は美人ではありませんし、少し太めですが、いわゆる男好きのするエロい雰囲気のある女です。世間では倦怠期などという話を聞きますが、ウチはそんなこともなく、今も週12回は楽しんでいます。  普通にただやっていたのでは、すぐに飽きたのでしょうが、色々な状況を作り出して、ドスケベな妻をうまく刺激しながら飽きずに楽しんでいます。それと、幸いな事に我が家は、祖父が残してくれた家が大きかったおかげで夫婦のプライバシーが保たれ、家族、といっても今は息子だけですが、その存在をあまり気にせずにプレイできたことも大きかったと思います。 少し前によくやったは、妻にい…
★出会い系で熟女教師との時効話
2018/05/13 14:52
2018/05/13 14:52
 もう時効と思うので書きます。大学の時、出会い系でバツイチ独身の40代半ばの女教師と出会いました。顔は真矢ミキに似ていて、顔つきはきりりととした感じ。その日の格好は俺が頼んで普段の仕事服に。

 その日彼女は、パンティーライン丸出しのピチピチのタイトスカートを穿いていて、ちょとエロいなあという感じで、何より小さくもなく大きすぎる事のないその美乳に俺は釘付け。

【近親相姦】催眠術って信じますか?【体験談】
2017/09/30 12:07
2017/09/30 12:07
催眠術で人の姿が見えなくなったり、声が聞こえなくなるって信じますか? 私も最初は信じられなかった まさかあんなことになりなんて信じられませんでした 長女の中学時代の同級生が催眠術にはまっていてすっかりうまくなっていたんです 娘に「人がみえなくなる催眠術教えてやるよ」って娘に教えたとのことですが 冗談半分に夫にかけたところかかっちゃったんです 自宅の中では今まで出会ったとこがない人は見えないってかけたら見えなくなった 最初は催眠状態になっているなんて思っていなかったんですが 長女の友達が来ても気づいている様子もないのです 何度か来ているうちに夜中に来るようになりました あるとき、先輩とかいう人A…
近所の女の子のすべすべなお尻
2015/10/21 12:12
2015/10/21 12:12
653 :えっちな18禁さん:2009/07/13(月) 16:46:09 小学生低学年から6年くらいまでの話だけどふと思い出したのでせっかくなので書いてみる。 少しアルコール入ってるんで文章めちゃくちゃだけどね…(´・ω・`)  昔よく自分の家に親戚が遊びにきて自分の家族とそろってちょっと離れたところにある 花壇や畑の手入れに行くのだけど、その間自分と親戚の1歳下の女の子(ポニーテールの、 ほんのちょっとだけぽっちゃりした女の子)と二人きりで留守番しながら遊ぶことが多かった。 一緒に家の近所を散歩してまわったり、ファミコンをして遊んだり… …
彼女がいる、でも、義姉さんのアソコに中出しするのが一番気持ちがいい
2015/11/22 19:00
2015/11/22 19:00


兄が家にいると兄嫁の義姉と二人っきりの時間がもてないが、


昼過ぎれば出かける予定。




兄のいない間は、


義姉と二人だけの時間。




昨日兄が中出ししたと義姉が朝言っていたので、


今日は俺も中出しOKの日。




義姉も俺に中出しして欲しいため、


兄にせがんで中出しさせてるらしい。




子供ができたらどっちの子かわからないだろうけど(笑


でも兄貴と同じ血液型だから問題なし。

 


兄は出かけるので、これから義姉との時間。




今日は中出ししまくる。

俺はザー…
自宅で童顔の妻の友人を抱いてしまった夫【人妻・不倫】
2016/06/28 18:05
2016/06/28 18:05
俺は27歳で3つ下の妻がいる。 結婚したのは1年半前で子供を作る予定はない。 結婚してから妻は家の近くの某デパートで、 パートとして勤務していた。 半年くらいたった頃から不定期ではあるが 職場の友人を連れてくるようになった。 24歳だったせいもあり、 友人も20代前半から中盤ぐらいの若い女の子ばかり。 大体いつも3~4人連れてきて鍋だの鉄板だのやっていた。 もちろんみんな女の子で夜には帰るのだが、社員の23歳の優子ちゃんだけは家に宿泊して次の日は家から仕事に行っていた。優子ちゃんの家から職場までは車で1時間ちょっとかかるが、家からだと5分で着くからだ。 家は中古物件だが1件屋で…
【痴女】高校時代熟女のマゾ奴隷してた話してもいい?
2015/12/12 04:37
2015/12/12 04:37
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2014/01/15(水)22:20:20.67ID:TAEJjDtd0 高2のときから3年間熟女様(35)のお世話になってたんだ出会いは無料の出会い系のサイトだったんだ 俺は童貞ということもあって必死になって相手を探してた そうして探していたら書き込みの欄に「M奴隷募集中」って書き込みを見つけた もう誰でもよかった俺は年齢を隠さずに17歳の童貞ですって まぁむりだと思いながらも書き込んだ無理だと思いながらも待っていたら10分ほどで返信が来た 「本当に17歳?」とか「童貞なの?」とか割と食いついてきた 最初は大したことのない質問だったんだけ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【レイプ】昼寝をしていたら知らない男にクンニされていました

・初めてピンサロ行ったったっwwww

・部下の人妻社員とエレベーターの中でハメました

・年上好きな男の初体験

・弟にマッサージしてもらったら、ムラムラして・・・

・膣内射精を叶えてくれた熟女

・恋人達

・【Hな体験】体育館の裏で告白したらそのままイカされた

・視察団物語

・俺を兄貴と間違えて誘ってきた兄嫁とそのまま

・幼馴染でセフレとの思い出を語る

・レ〇プの妄想でオナってしまう私

・新入生の度胸試し

・こんな私は変態なのでしょうか・・・

・【人妻体験談】病的なレベルでSEX大好きな人妻がご主人様と出会い、中出しSEXされまくり

・【浮気】ネトゲで知り合った三十路の黒髪処女と

・一回り年下の子供の水泳教室の先生と浮気しようとした私への天罰

・【熟女体験談】給食のおばさんとお餅のように太った少年と買い物に出かけた帰り道に偶然出会って自宅でSEX

・お泊まりに来た嫁のママ友に息を殺して中出し姦

・取引先の女性にペニスバンドで

・【痴漢】満員電車でクラスメイトに擬似手コキ

・【人妻体験談】旦那公認で目の前で寝取りアナルSEXをしたら、旦那がノーハンド射精していた

・【熟女体験談】息子に妻を奪われて、やり場のない怒りを何の罪もない女子大生に向け中出しレイプ

・元風俗嬢の嫁と寝取られ生活39

・エロいお姉さん^ ^

・旦那と彼から人妻を奪い調教する 2

・【混浴】混浴で男性全員にアソコを視姦された彼女

・私が墓場まで持って行く秘密の告白

・【初体験】こっそり筆下ろししてくれた友達の彼女

・友達にレズられたこと