寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

ヤリコンで可愛い女子大生のクリトリスに吸い付く

2016/04/02 20:14


昔からの友人のTは

「必ずヤレる女子」

を合コン、通称ヤリコンをセッティングするという
稀有な歳能の持ち主。

本当に不思議なのですが、彼が仕切った合コンで私は8割ぐらいの確率でギャルを持ち帰る事に成功しています。

理由はよく分かりません、他の合コンではサッパリなのに。

もちろん見た目はピンキリですが・・・。

一番興奮したのは、去年の夏の事です。

晴海にあるTのマンションで花火見物&合コンをしようという事になりました。

久しぶりの合コンであまり期待せずに行ったのですが、その時に来た子の一人を見た瞬間、思わず涎が垂れそうになりました。

陽子という名前のその子は、どことなく安田美紗子に似たCUTEなタイプ。

まだ大学生のためおさなさの残る顔立ちのくせして、長身で触り心地のよさそうなエッチな身体つきをしていました。

「この中で一番スケベだと思う男を指差して!」

Tが突然提案したのですが、その中で陽子ちゃんだけが思いっきり私を指差してその場は爆笑。

「だってなんか凄いドSオーラ感じるもん、こわい」

そう言いながら、陽子ちゃんの視線の端に僅かに媚がのぞくのを私は見逃しませんでした。

攻撃態勢に入った私のギラつきに気がついたのか、陽子ちゃんのブサイクな友達が

「そろそろ終電」

と余計な事を言い出してその場は解散。

そこから陽子ちゃんを電話&メールで口説き落とすのには少し時間がかかりましたが、何とか一緒に飲みに行く仲にまでは発展させました。

陽子には年下の彼氏がいましたが、あまり上手くいっていないようでした。

「私どっちかって言うとMなのに、彼氏もMだからつまんないんですよねー」

私は生返事をしましたが、内心ゾクゾクしていました。

こういう発言を自分からするという事は、ある種のサインだからです。

「でも彼氏の事好きなんだろ?高校の時から付き合ってるんだし」

そう言いながらどんどん酒を注ぎ足していきます。

「もお別れよっかなあ・・・。メール返ってこないし・・・」

「映画見ないんですか・・ねえ・・ちょっと・・・・やンッ!」

終電なくなったし、一緒にDVD見ようと強引に自分の部屋に連れ込むなり、私は陽子を背後から抱きすくめ、19歳のうなじの匂いを嗅ぎまくりました。

「・・・はんっ!」

耳元で軽く息を吹きかけると、陽子は身体をくねらせて反応しました。

逃げようとする陽子をベッドに組み敷いて、しつこくディープキスを繰り返すうちに、陽子の身体から力が抜けていくのが分かりました。

陽子が自分から舌を絡ませてくるまで、焦らずじっくりと身体を撫で回して性感を揺すぶってやりました。

陽子が彼氏のセックスに満足していないのは明らかでした。

私はわざと時間をかけて焦らしながら、服を脱がせずに陽子の身体中を愛撫し、陽子に自分からキスを求めるよう命令しました。

「ううん・・・」

陽子はなじるような目で私を見ながら、とうとう自分からキスを求めたのでした。

「・・ああいく・・またいくうっ!!」

私のネチっこい舌使いに狂いながら、陽子は腰をビクンビクンと跳ね上げさせました。

元々体毛が薄いのか陽子のあそこはパイパン同然で、何とも言えないエッチな匂いがしました。

しかもあの肌の触り心地のよさといったら、まさに年上殺しと言っていいほどで、私はオヤジ丸出しで陽子の汗ばんだ若い肌を味わいつくしました。

陽子は完全なMでした。

私が下品な責め方をすればするほど、早熟な身体の疼きを持て余すかのように甘い悲鳴を上げるのでした。

2時間近くも指と舌で責めたてた後、ようやく私は背後から陽子にしがみつくようにして、じっくりと陽子の子宮を味わいました。

「ああ・・いやああッ!!!」

途中で何度か陽子の携帯が鳴っていましたが、それがまた私の嫉妬に火を点けました。

こんないい女を若い男に渡してたまるものかと思いました。

陽子はあなたの女です、と何度も言わせながら電話口で彼氏に聞かせようかと本気で思いました。

私は元々早漏のはずなのですが、なぜか陽子と交わると驚くほど長持ちするばかりか、今までより固さが増すような気がしました。

また、隠れていたMっ気を私のような中年男に強引に開発された陽子は、交わる度にいきやすくなっているようでした。

恐らくからだの相性なのでしょう。

ほとんど○イプ同然だったにも関わらず、明け方近くまでしつこく責め続けられるうちに、陽子の方も堪らなくなったのか、気がつくと自分から私のものを口に含んでいました。

恥ずかしげに頬を紅潮させ、眉根をキュッとせ繋げに寄せる表情は堪らなく私の征服欲をそそりたてました。

「どうしてこんなに・・・凄いんですかあ・・また勃ってきてる・・」

「彼氏とどっちがいい?」

「・・・やだ・・・言わない・・」

私は勃起したものを陽子の好きにさせながら最高の気分で煙草を味わいました。

30を過ぎたオッサンにとって、19歳の女子大生を彼氏から強引に奪うのは天にも昇るような快感でした。

「もうこれで・・陽子の全身しゃぶりつくしたからな」

「やだ!!言わないでッ!」

わざと下品な口調で言うと陽子はなじるような瞳で私を見上げました。

「まだまだタップリするからな・・」

「もうほんとにヤバい・・おかしくなりそう・・・あん・・」

空いた指で陽子のグミの実のような可愛らしい乳首を軽くつねってやると、陽子は堪らなそうにキスを求めてきました。

「安田美紗子に似てるって言われた事ない?」

「えー・・・んー・・・たまに・・・あッ・・やん・・」

「シャワー浴びにいこうか・・」

「・・うん・・・」

「その後またベッドで可愛がってやるからな」

「もうムリ・・・狂っちゃうよぉ・・」

夕方まで死んだように眠った後、私は陽子のマンションまで送り届けたのですが、土曜日だった事もあってそのまま陽子の部屋から帰りませんでした。

彼氏からの電話が何回かあったのですが、陽子が

「忙しいから今日はムリ」

と言うのを聞いた時は思わず笑いが込み上げてきそうでした。

「陽子、こっちに来てキスしろ」

命令されると弱い陽子は甘えっぽく舌を絡ませてくるのでした。

私は陽子を手放すつもりはありませんでした。

ただ、いくらセックスが下手でMだとはいえ、やはり高校時代から付き合っている彼氏と別れるのはそう簡単なものではないはずです。

私は初めて陽子を抱いた日から、陽子の気持ちを毎日確かめました。

「週末は学校とバイトどうなってる?」

「授業は午前中だけ。バイトは次は来週かな・・どうしてですか?」

「じゃ、金曜に大学まで迎えに行く。そこから2人で温泉に行くから」

私は有無を言わせませんでした。

フリーのプランナーをしている私は仕事の時間は割りとどうにでもなります。

事務所で企画書を作っている最中も、陽子の喘ぐせ繋げな媚声やあそこの締り具合、汗ばんだ肌の匂いが蘇ってきて、思わずトイレにかけこんでオナニーに耽りました。

「ほんとに学校まで来たんですねー」

じっとしていても汗ばむような真夏日でした。

陽子はぴっちりとした黒のタンクトップにデニムの短パンにサンダル。

サンダルを履くと私より頭一つ分ほど長身の陽子の、グラビアアイドル並みのプロポーションに私は改めて見とれたものです。

すれ違う男子学生が好奇の目で見ているのを私は内心楽しんでいました。

私と陽子はロマンスカーに乗り込み、箱根に向かいました。

平日の昼間でグリーン車は人もまばら。

私はそれをいい事に、陽子の肩を抱き寄せてしつこくキスを繰り返しました。

先日の夜から日が経っていないからか、それとも陽子も待ちきれなかったのか、私が唇を奪うと同時に大胆に舌を絡めてきました。

私達は一瞬見つめ合った後、息を乱しながら熱っぽくキスを繰り返しました。

「ううン・・・ダメ・・・ねえ・・人が来ちゃうよ・・」

「会いたかった・・会いたかったよ陽子・・」

「ああン・・・私も・・・凄い会いたかった・・」

15時に到着し、旅館にチェックインした後部屋に入るなり私は陽子を抱きすくめ、布団の敷いてある寝室に連れ込みました。

風呂に入る前の陽子の汗ばんだ肌を味わうためです。

嫌がる陽子を無理やりに抱きすくめて耳元で熱っぽく囁くと、すぐに身体が反応してしまうようでした。
「ああ・・そこはダメッ!」

足の指は陽子の弱点でした。

汗で蒸れた酸っぱい匂いのする足の指の間をねっとりと舌で吸いたてると、陽子は甘い悲鳴を上げて、身体をくねらせるのでした。

これほどまでに感度が良い女は私も初めてでした。

しかもあの男をそそりたてる甘えっぽい媚声。

私は待ちきれず、舌と指をつかって陽子のふくらはぎから太股へと吸いたてていきました。

「あッ・・あッ・・あッ!!」

ジーンズの短パンを途中まで引きおろして、黒のパンティの上から陽子の匂いをたっぷりと嗅ぎまくりました。

「ああイヤッ・・・」

そこからクリトリスに吸いつくまで、30分以上はかけました。

触るか触らないかのフェザータッチを繰り返しながら、クリとお尻以外の全ての下半身を舐めて舐めて舐めつくしました。

「もうダメ・・もうやだ・・おかしくなっちゃう・・・もうお願い・・」

焦らしに焦らされ捲った陽子はもう堪らない様子でした。

「彼氏と別れろ。俺の女になれ」

私はチロチロといやらしい蛇のように、舌先で陽子の太股の付け根をくすぐりながら言葉責めをしました。

そして陽子の口から…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
初対面の女子2人に手コキでイカされた
2015/12/21 08:09
2015/12/21 08:09
524 :えっちな18禁さん:2011/04/25(月) 22:26:19.15 高校が男子校で部活も必須な所だったんだけど、2年の夏に先輩と喧嘩になり 帰宅部所属になった 文化祭の時にはすでに帰宅部で、でも一応学校的には文化系の部に所属してる事に なってるんで、外を出歩くことも出来ずに、余分な机とかが詰め込んである教室で、 音楽聞きながらジャンプ読んでた。 昼前に別の学校(共学)の友達(男)から電話があり、遊びに行くから飯食おうと約束、 教室を教えてそこに来てもらった。 そしたらそいつ、女友達ばかり4人も連れてきやがった。 うち…
【近親相姦体験告白】憧れの従姉(4)
2017/11/19 00:42
2017/11/19 00:42
「あうっ…うわあっ」  いきなりペニスの先に生温かいぬめりを感じて目を開けた雅樹は息が止まるほど驚いた。  なんてことだ。お姉ちゃんが僕のペニスを舐めている!… 「お、お姉ちゃん?…」  薄目がちに目を伏せ、股間にかがみ込んでいる寛子。深紅の唇を開き、ピンク色の舌を突き出したその表情は、なんと艶っぽいのだろう。  バスローブの胸元が大きくはだけ、さっき見たあの悩ましい膨らみが、いっそう生々しく目に迫ってくる。肉体から艶かしい匂いが立ちのぼり、乳房に触れてみたいという思いをさらに煽る。  従姉にフェラチオされながら乳房を揉んだら、どんなにいい気持ちだろう。だが、そこまでは恥ずかし…
60代の短大でお世話になった先生との年の差不倫【人妻体験談】
2018/04/13 17:10
2018/04/13 17:10
私の年の差不倫ん体験です

私は女子短大を出てOLを経て、今は34歳になる2児の母です。
実は今から1年くらい前に、短大の時のお友達が企画した同窓会の案内があったんです。
夫が行っておいでと言ってくれたので出席しました。


10数年ぶりで懐かしいお話が飛び交いました。
20数名でしたが当時の講師の方々も数名参加されておられました。

宴が終わって帰ろうとした時に、今は60代だと思いますが、短大の時によくお世話になった先生にBARに誘われて飲みに行ったんです。



カクテルの美味しさについつい飲みすぎてしまった私はほろ酔いになってしまい、BARを出てすぐにディープキスをされちゃったのです。
テレクラで叔母と遭遇してしまったが…
2016/10/03 11:00
2016/10/03 11:00
僕は23歳です。今日は仕事が休みで、目が覚めたのが9時ぐらいでした。
両親は朝早くから出掛けたので家に一人でした。
一人だけだったので、久しぶりにテレホンセックスがしたくなり電話をかけ「もしもし~」と電話に出たのは51歳の人妻と言う方が出ました。
話しをしているうちに、何か聞き覚えのある声だなぁと思いました。


「間違ってたらすいませんがもしかして陽子おばさん?」
と確認してみると

「えっ?」

と僕が「雅人だけど」と言ってみると、

「えっ?」と言われ無言になり電話を切られました。

僕は「違うんだ」と思いもう一度違う人と電話をしようとしていると、家の電話が鳴…
小柄な美少女に大量顔射して使い古したボロ雑巾のように捨ててやりましたwwwww
2016/08/03 10:02
2016/08/03 10:02
数年前、僕はワカナちゃんという、

ものすごい美少女と付き合ってオマンコしていました。

身長は150センチぐらいで小柄だったけど、

胸もお尻もプリッとして大きくて、

ストレートヘアを茶髪にしていて、

目がすごく大きくて人形みたいに可愛い女の子でした。

顔は声優の○山智左を幼くした感じで、

声もよく似ていていました。

性格も明るくて、よく「ウフフッ!」とか

「エヘヘッ!」とか可愛いアニメ声で笑っていました。

ワカナちゃんは短い間だったけど、

ミサッチというコスネームでコスプレイヤーとしても活動していました。

彼女は僕がコスプレ好きだと知っていたので、

最初は僕にコスチュ…
男よりも精液が欲しい
2017/03/18 06:19
2017/03/18 06:19
毎日のラッシュ通勤、嫌なものですね。 でも私、楽しみを見つけちゃいました。 私の乗ってる電車は予備校の多くある駅を通るので、予備校生らしき子や制服姿の高校生もいます。 私も若い頃はよく痴漢にあっていましたが、30半ばになった今は年に数回程度、脂ぎった禿げオヤジに触られるくらいです。 7月の終わり頃のことです。 窓際に立っていた私のお尻に手が当たりました。 最初は混んでいるからと思っていました。 でもその手がモゾモゾ動くんです。 (え、痴漢?) 私はまさかと思い後ろを振り向くと、高校生とおぼしき少年が、密着するように立っていました。 手がお尻に触れて、慌てて退けようとしている…
【痴漢・レイプ】誘いを無視していた2人の社員にレイプされて脅されて…
2016/05/11 17:56
2016/05/11 17:56
私は、30代の独身です。 年より若く見られることもあってか、ある会社に派遣で受付をしていました。 そこは一人で勤務をすることと、1Fのフロアには他部署もなかった為、お客様が来られたとき以外は特に何をすることもなく、言ってみれば勤務中も自由な環境でした。 そのためか、日に何度か男性社員が話をしに来たり、食事に誘われたり、メルアドや電話番号を聞きにくる、ということもありました。 私には不倫ではありますが、彼氏もいるため、そんな誘いも心地良く思いながらも、断り続ける日々が続いていました。 今年の春先、会社でイベントがあり、夕刻からほとんどの社員が社外に出掛けていました。 私は派遣社員であったことも…
★些細な念願が叶った
2017/11/19 17:45
2017/11/19 17:45
 私は29歳のサラリーマンです。10月に商品開発、企画、管理の商品部分合同旅行がありました。レジャー施設が充実したリゾート温泉型ホテルでした。ツインルームが足りなくて、私を含めた若手の野郎4人は和室の畳部屋でした。

 その上、手違いでツインルーム2部屋が準備されてなくて、女子社員4人にレジャーの着替えの為追い出されました。ロビーでコーヒーを飲んで部屋に戻る途中で下痢ピーの為、私はトイレに行き15分後に部屋に戻ると野郎3人は準備完了で先にプールに行ってるとの事でした。

 私は禁煙場所と分かっていましたがベランダに出てタバコを吸出しました。部屋に煙が入らない様にガラスドアをしっかり閉めまし…
【人妻体験談】神に許しを請いながら息子の前でミニスカートで体操座りをする私
2016/09/25 12:02
2016/09/25 12:02
はじめまして。 私は44歳の母親で大学の一人息子がいます。 秘密ができたのは、数ヶ月前です。 私と主人は仲が悪い方ではないと思っていますが、この2年間ほどは主人の度重なる出張などもあってsexからは少し遠ざかっていました。 でも、浮気や不倫に走るほど不満が溜っていたわけではありません。 ただ携帯のHサイトでちょっと妄想を膨らませて軽い感じの自慰で疼きをそっと鎮めてあげるくらいだったのです。 ある日、息子が旅行に出かけ、私の婦人バレーボールの練習もなかったので暇を持て余し携帯サイトのリンクを追っていました。 そして告白談をなにげなく読んでいくうち、子宮の奥が疼き騒めくような興奮を覚えてしまった…
旦那同伴で旅行中の人妻を抱くのは興奮しました【人妻体験談】
2017/10/18 21:10
2017/10/18 21:10
Yahooメッセンジャーで知り合った人妻ぽちゃさんがいました。

複数の男性にWEBカメラでオナニーを見せてくれたり。

結構のりがいいぽちゃさんでしたがご主人とはすっかりレス。免許を持っていないし狭い土地で地元だと顔見知りに会いやすくて、とても浮気なんて出来ないといつもこぼしていました。

そしてあるとき、いつものようにメッセで話していると、ご主人と東京に来る事になったらしく、僕という知りあいもいる事だし、どうにかしてエッチな体験をしてみたいという話でした。


でもこちらに来るとは言ってもご主人と一緒ですから無理かなと本人も諦め気味だったのですが話を聞いてみると2泊するホテルも決まっている…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・人妻の男あさりが止められません

・40歳のヌード

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[後編]

・【人妻体験談】息子の同級生に調教されて雌犬奴隷になった下品な母

・【熟女体験談】同級生の家に性奴隷家政婦として働いていた母に目隠しして近親相姦SEXをした息子

・大塚愛似のかなり可愛い女友達

・超美人のOLを鬼のように口説いて中出しさせてもらった

・男のオモチャの様に扱われた日々

・36歳の巨乳処女OL(再々修正版)

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[前編]

・【SM・調教】女子校育ちの処女を俺好みに育成

・泥酔女の話しを一つ

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終り

・完熟?女子中学生と…

・【熟女体験談】隣のデカチンな黒人と4p乱交していた寝取られ妻

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終

・凌辱犯罪被害者の貧乳恥辱ロリ女と結婚した経緯

・ウブな女の子から大人の女に

・【Hな体験】やることなすことすべてがエロい人、みーつけた!

・オヤジの愛人とデキて孕ませた子供は・・・

・軽いエロ遊びをSNSに書き込みしてみた

・思い出のお姉さん

・【熟女体験談】超爆乳のホルスタイン熟女のナンパに成功し、パイズリやおっぱいビンタなど色んな超爆乳プレイを楽しんだ

・親友の息子と愛し合う日々

・□妻からの昇進のお祝いは、元カレとのセックスでした3(転載禁止)

・36歳の巨乳処女OL(再修正版)

・会社の会議室はラブホ替わり

・【不倫】初めての不倫セックスで初めての潮吹き

・【人妻体験談】同居している息子の嫁のパンチラや乳首チラに我慢出来ずに禁断の寝取りをしてしまった父

・【熟女体験談】年下社員と下品な淫語を叫びながら本能のままにSEXをするパート主婦