寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【人妻・浮気・不倫】浮気した妻を(6)

2016/02/03 18:56


「女房とは、どのようにして始まった?」 「酔った課長を送って行き、課長を奥さんと寝室に運ぼうとした時に、よろけて抱き付いて来た奥さんの口紅が、カッターシャツの衿に付いてしまって・・・・・・」 染み抜きで落としている間にお風呂に入っていけと勧められ、酔っていた北村が勧められるまま入っていると「背中を流してあげる」と言って裸の妻が入って来た。 妻は背中を洗い終えるとそのまま前に手を回し「奥さん、そこは自分で」と言う北村を無視して、背中にオッパイを押し付けながら、優しく両手で包むように洗い出す。 手で興奮が確認出来るようになるとシャワーで流し、今度は立たせると前に座って握り締め「もう10年もしてもらっていないから寂しいの」と言って口を近付けてきたそうだ。 「そのままお風呂で・・・・・・すみませんでした。妻とは暫らくしていなかったし、まだ少し酔っていたので」 やはり切欠は妻だった。 それにしても、毎日のようにさせていたくせに「10年もしてもらっていない」と言うか? 「その時は酔っていたにしても、次はどうして?」 「奥さんから、課長に対する罪悪感で耐えられそうもないので、全て打ち明けて離婚してもらうから、一緒に責任をとって欲しいと電話があったので、考え直して欲しいと言ったら、静かな所で話し合おうと言われて、ラブホに連れて行かれて・・・・」 罪悪感など微塵も無いくせに、あの妻の考えそうな事だ。 これを聞いた私は北村も被害者のように思えてきて、月々の支払いを減らしてやろうと思った矢先、アホの本領を発揮し出した。 「最初の頃は奥さんにあれこれ注文をつけられていましたが、僕も男だからそのままでは口惜しいじゃないですか。それで一度僕の思い通りにしてやろうと縛ってみたら、これが何と怒りながらも凄く乱れてくれて。課長、奥さんは一見Sのようですが、絶対にあれはMですよ。だって、その後は僕の言い成りで・・・・・・・・」 浮気相手の旦那に自慢してどうする。 やはり月々の支払いは、このままの額にしておこうと決めた。 それにしても我が部下ながら情け無くて、怒る気も失せてしまう。 「女房に変な薬を使っていたそうじゃないか」 「あれですか?あれは、何処も悪く無いのに体調が優れない人に、これを飲めば治ると言ってビタミン剤なんかを渡すと、それで治る人も結構いるという医者の話を、奥さんに会いに行く途中ラジオで聞いて、これだと思って、あそこが荒れないように安全なベビーオイルを買って小瓶に移して、この媚薬を塗れば凄く敏感になると嘘を言って塗ってみました。それが奥さんには、結構効果があって・・・・・・・」 やはりこいつは可也のアホだ。 そんな物で「熱い、熱い」と言って感じていた妻も単純だが。 奴の話に疲れ切って家に戻ると、妻は不安そうな顔で待っていた。 「奴は50万しか払えないそうだ。そうなると真美に450万請求する事になる」 「あなた、許して。何でもします。どのような事でもしますから、離婚だけは許して」 妻は両手で顔を覆ってテーブルに泣き伏したが、涙は出ていないような気がする。 「私変わるから・・・・・あなたを大事にするから」 「分かった。そこまで言うのなら、1年間様子を見て決める事にする。その間一度でも真美が俺に逆らったり不愉快な思いをさせたら、その時点で即離婚だ」 予め用意してあった離婚届を出して署名捺印を迫る。 「こんなの書いたら、いつ出されるか不安で・・・・・」 「俺が信用出来ないか。最初からそれでは、1年間も様子を見るなんて無理だ」 妻は慌てて書き出したが、不安なのか本当の涙が流れた。 妻を愛しているかなんて分からないが、これで今までの恨みを少しは晴らせると共に、この女で一年は遊べる。 奴とのセックスを見なかったら、おそらく私はこんな気持ちにはならなかっただろう。 離婚届に捺印してから子供のように泣きじゃくる、弱い妻を見ていると何故か下半身は硬くなる。 「出掛けよう」 「何処に?」 「もしかして、それは逆らっているのか?」 「違います!あなたと出掛けられるのが嬉しいの」 アダルトショップから少し離れた場所に車を止めて、妻を買い物に行かせる。 「バイブとローター。それとエッチな下着も買って来い」 「どんなのを買ったら良いか分からないから、あなたも一緒に来て」 「何か行ったか?」 「いいえ、行って来ます」 妻の買ってきた物に不満は無かったが、余りにも早かったのでもう一度行かせるために、わざと難癖をつけてやった。 「バイブは黒いのに交換だ。それとこのパンティーは何だ?もっとエッチな俺が興奮する様な物に替えてもらえ」 「他にお客さんが2人いて、私をじろじろ見るの。恥ずかしいからあなたも来て」 「何か言ったか?」 それらを持ってラブホに行くと、私は椅子に座ってビールを飲みながら、買って来させたばかりの穴の開いたパンティーを穿いた妻に、ベッドに寝て自分でバイブを使うように指示を出す。 「あなたに見られながら、自分でするなんて恥ずかしい。お願い、あなたがして」 「それなら恥ずかしさを忘れられるように、これを塗ってやろう」 私がポケットから出した物は、北村をアホだと思いながらも、帰り道のドラッグストアーで買ったベビーオイルを、化粧品売り場に置いてあった小瓶に移したものだった。 「これが何だか分かるな?」 「それは嫌。そのお薬だけは嫌。お願いだから、それは・・・・・・・・」 私は指にすくい取り、脚を広げさせてパンティーの穴から塗ってやると、また椅子に戻ってビールを飲みながら様子を見ていた。 「熱い・・・熱いの・・・触って・・・・私を一人にしないで・・・・・」 「我慢出来なければ、自分でバイブを入れて慰めろ」 暫らく我慢していた妻だったが、終に耐え切れなくなって自分でクリを触り始め、やがてバイブを握り締めたが、近くまでは持って行ってもそこで躊躇してしまう。 「あなたがして・・・・あなたが・・・・・」 妻の目を見ると、北村の時の様な縋る目ではなくて、瞳の奥に敵意を感じる。 今まで蔑んできた私に命令されて、その私に冷静な目で見られながら自らを慰めるなど、妻にとってはこれ以上無い屈辱なのだろう。 「薬が足りなかったかな?もう少し中にも塗ってやろう」 慌てて脚を閉じた妻を叱って何度も中に塗り込むと、次の瞬間、終に妻は落ちた。 自らバイブを入れて、スイッチまで押してしまったのだ。 妻は哀れにもベビーオイルで感じてしまい、憎い私の前で醜態を晒してしまっている。 「もうイッてもいい?・・・・イキたい・・・イキたい」 北村に変な癖をつけられた妻は、許可を得ないと自由にイッては駄目だと思っている。 それなら待て!をしようと思ったが、ベビーオイルまで北村の真似をしてしまった私は、これ以上あのアホの真似をするのが嫌だった。 それで待て!とイケ!はやめる事にしたが、やめたと言っても言葉を変えただけ。 「まだ駄目だ。まだオアズケ!だ。ヨシ!と言う前にイッたら離婚だ」 結局私も、北村や妻に負けないくらいのアホだった。 「オアズケはイヤー・・・離婚はイヤー・・・もうイカせてー」 「オアズケ!」 「オアズケ!イヤー・・・離婚イヤー・・・・ヨシ!と言ってー」 「バイブをもっと早く動かして、もっと奥まで入れないか。もっと早く」 「もうダメー・・・・・ヨシ!と言ってー・・・・離婚はイヤー・・・・・」 「どうしようかなー・・・・・・・・オアズケ!」 「オアズケ!イヤー・・・早く・・・・早くヨシ!と言ってー・・・・もう・・もう・・・ イヤー・・・離婚されてしまうよー」 「オアズケ!」 その日から私は、毎晩のように妻を弄んだ。 それは昼間の生活でも同じで、妻は一切私に逆らわなかったが、虎視眈々と立場の逆転を狙っているように思えた。 しかし2ヶ月が過ぎた頃、明らかに妻の態度が最初の頃とは変わっている事に気付く。 妻の瞳からは殺気が消え、何も言わなくても甲斐甲斐しく私の世話をするようになり、妻もこの主従関係に慣れたように感じる。 いや、慣れたと言うよりも、この関係を気に入っているようにさえ思える。 「今日もお仕事ご苦労様でした。お食事は?」 「ああ、済ませてきた。今夜は隣の家で寝るから布団を敷いて来い」 「敷いてあります」 「やけに気が利くな」 「だって・・・・・・・金曜の夜ですもの・・・・・・・」 「そうか。今日は紐の付いたパンティーにする」 「そうだろうと思って・・・・・・・もう・・・・・・・」 妻が恥ずかしそうにスカートを上げると、紐を両サイドで結んだ小さなパンティーを穿いていた。 「おや?足を開いて腰を突き出してみろ」 妻のそこには、既に染みが広がっている。 「もう濡らしてしまっているのか?」 「だって・・・・あの部屋にお布団を敷いて、縄やお道具を準備していたら・・・・」 一年は妻で遊ぼうと思っていたが、この調子なら一生遊べそうだ。 翌朝、結婚以来ずっと念願だった、今では言い慣れた言葉を言う。 「おーい!お茶!」 「はーい」 浮気した妻を1  2  3  4  5  6




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【人妻体験談】初めてのスワッピングで完全にぐったりとイッた
2017/09/18 18:02
2017/09/18 18:02
私は結婚してちょうど、15年が経ちました。 現在は38歳で、子供が2名います。二人ともに女の子で、14歳と11歳です。 私は埼玉県の志木市に実家があり、そこには祖父も祖母も田舎で田畑を耕して、作物を作っています。 妹はそこで結婚して同居しています。 主人は現在は40歳で、ある石油元売りの会社で課長をしています。 結婚した時は私も主人とおなじ部署で働いていました。 短大出の私と2年間の恋愛後に結婚しました。 私はどうも、男性経験が少なく、セックスは主人が二人目でした。 性交の快感も少なく、ただ主人の言いなりで、結婚当時は週に2,3回は交わっていました。 そのころはまるで快感は無く、子供が出来て…
★出会い系の50前後の人妻
2016/10/10 20:36
2016/10/10 20:36
 出会い系でメールをやりとりして、一度会ったけど時間がなくてお茶だけして、そのあとも何度かメールして、向こうもその気になってきたので、二回目のデート。だぶん向こうもその気だったので、お茶を飲んでいる時に誘って見ると向こうもその気だったらしく、仲良く手をつないでホテルへ。

 50前後の人妻だ。子供が二人いるという。部屋に入るとルンルンと楽しそうだが、顔が高揚している。こういう場所はあまりこないらしい。ソファーに座ってキスをしながら、胸をつかむかんじで揉みあげる。ハアハアと苦しそうな息遣い。舌をからめてよだれがいっぱい。
 バストはそんなに大きくないけれど、おわんのようないい形。そのまま押し…
危険な情事。
2018/03/06 12:34
2018/03/06 12:34
35歳、既婚者の会社員です。 彼女の名前は真実、16歳の高校二年生です。 あるサイトで仲良くなり1ヵ月くらいで逢う約束をしました。 待ち合わせは車で1時間半程かかる駅で、物凄く田舎の駅でした。 しかし当日は、約束の時間には現われず1時間くらい待ちましたが、結局ドタキャンされ逢えませんでした。 帰る途中にメールがあり気分が悪くなったとの事で謝られ、明後日逢いたいと言われた。 ここまで来たら一応、了解とメールしました。 後日、遅れる事30分彼女が来ました。 写メ以上にメチャ可愛く、土屋アンナ似で155㎝くらい、Tシャツの上から分かる推定Eカップはあろう巨乳に目がいきました。 車内で話をしてドラ…
下校途中に
2017/11/04 05:49
2017/11/04 05:49
私が子供の頃、住んでたトコは本当に田舎でした。 学校まで何十分も歩いて通ってました。 小学校年生の時です。ドライブ中らしい人達に道を聴かれました。 地図を出されたので近寄って教えていると、イキナリ車内に引き込まれました。 私は暴れましたが車は走りだいてしまいました。 車の中で私は裸にされ私も知らない小屋に連れ込まれました。 男の人達は嫌らしい事を沢山言ってたと思います。 赤ん坊や小さい子がオシッコする様な格好をさせられたりしました。それを 写真に撮られたと思います。 私は男の人にアソコを舐められたり、フェラさせられたりしました。 男の人達はジャンケン始めて私を犯す順番を決めました。 あとは激痛…
両親の営みを覗いて、ちょっと感動しました
2016/06/18 18:00
2016/06/18 18:00
社会人3年目の24歳のOLです。
先週、帰省中に高校時代の友人達と飲んでたら、恋バナが段々下の話しになって、彼氏とのエッチ暴露なんかで盛り上がっちゃって、帰りが早朝4時頃になってしまいました。もう薄ら明るい中、実家の勝手口からそうっと入り、忍び足で階段を上ろうとしたら、両親の部屋から物音がしました。


暑いのか、茶箪笥の陰の襖が20cmほど開いていたので、茶箪笥の飾り棚の間からそっと覗いたら…

布団の上で、後ろに肘をついて半分起き上がって足を広げた父のモノを屈んだ母が咥えていました。

両手で父のモノを挟むようにして、愛おしそうに舐めていました。

父にたくさん…
【近親相姦】【悲報】知り合いの結婚式で、集金要員に呼ばれたったwwwww【体験談】
2015/10/01 00:56
2015/10/01 00:56
909:愛と死の名無しさん2013/09/22 15:57:48 昔出席した友人の結婚式。新婦は大学時代の友人で、サークルではかなり濃い付き合いをしてきた子だった。 頭のいい子で、某有名大学の付属上がり。実家も裕福でセンスもいいし、自分大好き!なところはあったけど それも彼女の魅力のひとつって感じで素直ないい子だと思ってた、その時までは。式披露宴にあたり両親援助などはなかったみたいだけど、いろいろ工夫すると言っていたので、 仲間内で最初に結婚することもあり皆で応援し、「手伝うことがあれば言ってね」と声をかけていた。 当日は高層階からの眺めが魅力の都心有名ホテル。一日二組限定で当然高い式場だった…
弟の【エッチ体験談】
2016/04/18 20:33
2016/04/18 20:33
あたしは今、中2(もうすぐ中3)の14才です。 露出じゃないかも知れないけど、きおさんの投稿を見てたら書きたくなったので書きます。 あたしには弟(小6)がいて、弟の部屋にはマンガがたくさんあるので、あたしも弟の部屋にいることが多いです。 弟は宿題をやったあとは、いつもゲームをしてるので、あたしは弟のベッドでゴロゴロして、マンガを読んだりケータイをいじったりしてます。 眠くなると毛布をかけて寝ちゃいますが、あたしの露出(?)はこのときにします。 毛布の下で、パジャマのズボンとパンツを、ひざまで下ろしちゃうんです。 すぐそばでは、弟が背中を向けてゲームをして…
46歳熟女との事を思い出したらやりたくなって…【人妻体験談】
2017/12/17 12:10
2017/12/17 12:10
昨日46歳熟女人妻との事を思いだし「やりたくなって」今日連絡してあっちゃいました。

もう彼女は、家庭も落ち着き子供も独立しているため暇が多いので昨日投稿を終えてから、携帯で連絡を取り今日夕方に合う約束を取り付け、しっかりとあってして来ちゃいました。

今日は用事があると会社を5時ピンで切り上げ待ち合わせ場所にまっしぐら、5時30分には会って即効でホテルにいきました。


もう頭の中では、昨日からオマンコ点検を考え一日何度もチンポをたたせながら仕事が終わるのを待ちました。
いつも会って最初にするのはオマンコ点検なのです。

パンツを下げ上着は着たままベッドに押し倒し、開脚させてオマンコをじっく…
やっぱり彼女を嫁に選んでよかったです
2017/01/06 16:49
2017/01/06 16:49
僕は1年前ある事で悩んでた。 当時僕は19歳で、彼女は25歳で有名航空会社の添乗員をしていました。 まぁ今もなんですが。 彼女は僕みたいなガキには勿体無いぐらい綺麗で、胸が大きく、スタイルもよく、優しいので毎日甘えていました。 年齢の事もあり彼女は結婚願望が強く、「いつ私を◯◯君のお嫁さんにしてくれるの?」なんて言ってきました。 嬉しいんですが、はっきり言って幸せにしてあげる自信はありませんでした。 まだガキだったし、仕事も金融会社に勤めていますがまだまだ半人前で給料も高くなかったし。 でもこんないい女はいないと思って悩みました。 ところが悩んでもいられなくなってしまいました。…
パンパンに張ったおっぱいから出る母乳をお腹一杯飲ませてもらった
2017/05/04 16:46
2017/05/04 16:46
438 :なまえを挿れて。:2009/06/19(金) 21:07:31 社会人3年目ぐらいのこと。 一人暮らししていた俺は、スーパーに買い物に来ていた。 と、後ろから聞き覚えのある声で名前を呼ばれる。 振り返ると、大学のとき好きだった先輩がいた。 ……ベビーカーを押していた。 当時俺は先輩のことが好きだったが、ついに想いは伝えられなかった。 先輩はなんとなく気づいているようではあったが、勇気がなかったんだ。 思わぬ再会にドキドキしながら話していると、実は家が近いことが判明。 ついでなので、先輩の家でお昼を食べないかということになった。 旦那さんは?と聞く…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【浮気】彼女持ちの男を裸エプロンで挑発したりして[前編]

・【人妻体験談】出会い系で知り合った素人人妻はすでに他の男と不倫しているのに若い男とセックスをしたがっていた

・不倫デビューは相談した事から

・私達夫婦のセックス

・驚愕!人間の女と交尾する海亀 2

・【痴漢】通学途中に満員電車で痴女にしごかれた僕のトラウマ

・驚愕!人間の女と交尾する海亀

・【熟女体験談】厚化粧の口うるさい義母にキレて中出しレイプ

・つづきのつづき

・【人妻体験談】世話焼き女房のように尽くしてくれる母とドライブに出かけて屋外露出

・乱交クラブと言う未知の体験をしてみた

・【浮気】お嬢様な先輩の彼女のシャワーシーンに興奮して

・チエちゃんのハードな人生

・デリヘルにハマって貯金がやばいことになった

・後輩とえっち

・嫁から衝撃カミングアウトがあった・・・

・人助けしておいしい思いをした体験です

・【熟女体験談】単身赴任中にセックスレスな近所のおばさんを寝取りSEX

・【オナニー】パパとオナニーの見せっこ

・一回500円 1

・会社でエロエロな動作で男を誘うOL

・見知らぬ男たちと妻を共有する異常な劣情

・妹とずっと一緒 (妹の成人式)

・【人妻体験談】超淫乱で痴女な人妻歯科衛生士と診察台の上で寝取り中出しSEX

・俺の彼女はカウガール?

・結婚相手に妻を選んだ理由

・【露出】女装ビキニでナイトプールに侵入

・【レイプ】甲子園の常連校だった野球部の横暴

・今日メル友と会ってきた報告するよ

・浴室での排泄行為