寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

手を出すつもりはなかったけど先輩の彼女に誘惑されて、やっぱりやっちゃいましたw

2016/01/20 10:00




つい最近、自分(25才、社会人)が所属してるバスケチームで起きた出来事です。




いつもの活動を終えて帰ろうとしていた頃、


チームで唯一の?美人OL千里さん(27才、都内OL)に呼び止められ、


「今日この後空いてる?空いてたらちょっと相談したいことあるから飲みにいかない?」


と誘われました。




比較的年齢が近いこともあり仲はそれなりに良かったものの、


突然の誘いに驚きました。




というのも、千里さんには同じチーム内に彼氏(32才、社会人)がおり、


その日は彼氏さんが欠席していたからです。





「コレは2人に何かあったのかも…」と懸念を抱きつつ、


千里さんと二人きりというシチュエーションに嬉しさを感じつつ、


近くの飲み屋に入りました。



話はやはり2人の関係のことで、
「バスケ以外では2ヶ月以上デートしてない」
「メールも3日に1回位」
「ほぼ別れたような状態」と、
お酒が進むにつれて饒舌さが増し、
最後の方には
「エッチも上手くないし」
「やっぱりSにSは合わないんだよ」など、
普段の千里さんならまず言わない下ネタ化していました。


そんな話を聞きながら、
「別れる手前とはいえ、つい最近まで先輩は千里さんを抱いていたんだよなぁ…」
とエロい妄想をしてしまう自分がいました。


時を忘れて話を聞くこと数時間、
気づいた時にはすでに1時を過ぎており、
とっくに終電がなくなっていました、、
自分「電車なくなっちゃいましたね…すいません、僕が気を付けていれば良かったんですが…」
千里さん「いや、私も完全に忘れてたからね。

むしろ私のミスだよ…」
自分「疲れてるでしょうにすいません…」
千里さん「ううん、長い時間話聞いてもらっちゃって、こちらこそゴメンだよ。

家近いんでしょ?帰っていいよ」
自分「いやいやいや、千里さんを置いて帰れるほどダメ人間じゃないですよ!(笑)始発の時間まで付き合いますよ」
千里さん「そっか(笑) じゃー、カラオケにでも移動しようか?」
自分「そうですね、そうしましょうか。

大分飲みましたし」
千里さん「にしてもかなり眠いなぁ…カラオケで寝ちゃうかも…」
自分「まー、そうですよね、バスケ後ですもんね…」
千里さん「やっぱ帰っていいよ。

私、店員さんに事情話してココで寝てるから。

幸い個室だし」
自分「いやいや、それはできませんよ!」
千里さん「だって石ちゃん(僕)、眠いでしょ?家で寝た方が良いよ」
自分「眠いと言えば眠いですけど、大丈夫ですよ!」
千里さん「石ちゃんの家ってココからどれ位なの?」
自分「んー、10分かからない位ですかねぇ」
千里さん「え、そんなに近いんだ!尚更帰って寝た方が良いよ!」
自分「じゃー僕の家来ますか?2部屋あるので使ってない方の部屋に布団敷きますよ」
千里さん「え、ほんと?お邪魔しちゃって良い? そうしてもらえると凄く助かるかも」
自分「じゃー、そうしましょう」
といった流れで、自分の家に来ることになりました。


(無駄に長くなってしまってすみません…)
家に着いた後、コンビニで買った梅酒を2人でチビチビ飲みながら
コタツ&テレビ部屋(=使ってない部屋)で語っていると、
「石ちゃん、今凄く眠いでしょ?」
と察した感じで聞かれ、
「そうですねー、千里さんも眠いですよね?良ければ僕のベッド使って下さい。

僕はココ(コタツ)で寝ますから」と答えると、
「それはダメだよ!ただでさえお邪魔しちゃってるのに…」
と謙虚な返答。


といっても、
「自分だけ悠々とベッドで…」
というのは気が引けたので、
説き伏せてベッドで寝てもらうようにしました。


別々の部屋になってから約30分後、
突如肩をポンポン叩かれて起こされたので、
「どうしたんですか?」と眠気まなこで聞くと、
「何か一人になったら寂しくてさ、寝れないかから一緒に寝ようよ」
とサラっと言ってきました。


「え、一緒にですか?」と驚いて答えると、
「うん、一人だと寝れなくてさ」
と急にかわいらしい感じになり、
そのギャップに萌えてしまった僕は、
「じゃーそうしましょうか」と答え、
二人でベッドに入りました。


シングルのベッドに二人…、
当然くっつくように寝る感じになり、
先輩に対して一抹の背徳感を覚えつつも、
千里さんが隣にいるという状況に
エロの気持ちを抱かずにはいられませんでした…。


「できることなら抱きついちゃいたい…」
と良からぬ思案をしていると、
それを察したのか否か
「何かドキドキするねぇ(笑)」
と言われました。


「え、そうですか?」
と素知らぬ感じで返すと、
「石ちゃんはドキドキしないの?(笑)」
と再び聞かれました。


美人なお姉さんとベッドに二人きりという状況でドキドキしない訳がなく…。


「そりゃーね…(笑)」と白状すると、
「そっか、石ちゃんも男で良かった(笑)」と言うや、
仰向けになった僕の上に半身乗っかってきました。


「えー!!!」っと心の中で嬉しい雄叫びをあげながらも、
特にリアクションをしないでいると、
「ドキドキしてる?(笑)」
と言いながら顔を近づけてきました。


予想外の展開に大分テンパっていましたが、
気づいた時にはキスをされており、
久々(1年ぶり位)だったせいか、
はたまた酔って理性が働かなくなっていたせいか、
その後はひたすらキスをしながら抱き合ってしまってました…。


しばらくそうしていると、
突如千里さんの手が股間に触れ
「石ちゃんもやっぱ男だね(笑)」
と先ほども聞いたセリフを言うと、
手で上下に擦ってきました…。


「いやー、もうこの展開は…」
と嬉しい悲鳴を心の中で上げつつも、
「先輩とまだ正式に別れた訳じゃないんだよなぁ…」
という何とも言えない気持ちを覚えていると、
「脱いじゃったら?(笑)」
と本能を揺さぶられることを言ってきました。


「ココで自ら脱いだら先輩に対して裏切りになるよな…」
「けど、こんなチャンスをみすみす逃して良いものか…」
という葛藤を繰り返した挙句、
ベルトを外し始めている自分がいました…。


そして、下半身だけ露出しているという哀れな格好になると、
千里さんは慣れた手つきでゆっくり手コキを始め、
その後は余計な人間関係を考えることもなく、
お互い本能に任せるようになっていきました…。


千里さんの手コキはゆっくりながらも確実に上下に扱いてくるもので、
しばらくの間上半身はキス・下では手コキ…という、
ただ快楽に任せる状態が続きました。


我慢汁で大分ヌルヌルなった頃、
千里さんは徐に身体を起こし、
「そろそろ攻守交代よ」
という空気を出していたので、
今度は千里さんを寝かして僕が上に乗っかる…
という状況になりました。


その後はキスをしながら、胸を揉み…
細い脚を堪能し…洋服、下着を脱がしていき…とすると、
すでに結構濡れていることに気づきました。


その様子にテンションが上がってしまった僕は、
手で攻めながら千里さんのエロい声をしばし堪能し、
再びキスをしようと上方に上がると、
千里さんは徐に脚を開いた状態になりました…。


「まだそれは意図してなかったけど、挿れちゃって良いってことか…?」
とその日最高潮の萌えを感じましたが、
ここにきて「本当に挿れちゃって良いのか…?」
「一応まだ先輩の彼女だぞ…」という邪念?が頭の中を寄切り、
挿れないでキスのみしていると、
「遠慮してる?(笑)」と、
こちらの思惑は完全に見透かされていました。


「そうですねー…」と苦笑い気味に答えると、
「(挿れちゃって)いいよ。

だって私がしたいんだもん」
という有り難いお言葉を頂きました。


が、「ほんとに良いのか…」とまだ葛藤していると、
続けて
「(私の)気持ち良いと思うよ。

自分ではよく分からないけど、今までの彼氏がそう言ってたから(笑)」
と何とも生々しい言葉を言ってきました。


「そうなんですか?」と何とか返答すると、
「だから、皆すぐイッちゃうみたい(笑)」
と自ら名器アピールをしてきました…。


すぐイッちゃうほどの名器なんて出会ったことないぞ…と思いながら、
「凄くしたくなってきちゃいました…(笑)」と言うと、
「いいよ(笑)」と促され、
そこで本能に負けた僕は生のままヌルンと挿れてしまいました…。


生だったせいか、確かに千里さんの中はやたら気持ち良く、
「細い身体だから締まっているのかも…」などと思いながら、
夢中で腰を動かしていました…。


千里さんは「アッ…石ちゃん…気持ちいぃ…」と言うくらいの反応でしたが、
先輩の彼女を抱いているというシチュエーションと、
自ら名器と言うだけのしまり具合にやられ、
5分経たない位でイキそうになっていました…。


「千里さん、そろそろイッちゃうかも…(笑)」
と恥ずかしさを覚えつつ言うと、
「いいよ、イッちゃって…(笑)」
と寛容なお言葉が返ってきました。


といっても、今はまだ生…。


残念な気持ちを覚えながらも一旦抜こうとすると、
「大丈夫だよ。

ピル飲んでるから」
とまたもや先回りされ、
「え、じゃーこのままイッて良いんですか…?」と確認すると、
「うん、いいよ」と即答されました。


といっても、今まで中出しをしたことがなかったので
一抹の不安を拭えずにいたのですが、
腰を振るたびに気持ちよさが増してくるのを…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
お前らクンニしてって言われた時何て言って断ってる?wwwwwww
2018/04/20 20:04
2018/04/20 20:04
 
1.  2017/04/13(日)22:19:59 ID:xfMnyY50m俺はいつも喉の調子が悪いからって言ってるわ2.  2017/04/13(日)22:20:19 ID:pHBrZuVXe断りません  断られることしかない7.  2017/04/13(日)22:22:38 ID:1BLJU9Cct「口内炎あるから…」8.  2017/04/13(日)22:23:14 ID:hoh7disLt童貞は何してればええのん?9.  2017/04…
俺んちに泊まってオナニーしてた女の子
2018/07/10 14:40
2018/07/10 14:40
大学時代に一人暮らしをしていた俺のアパートに男女問わずにみんなよく泊まりにきた。
地方から通っている友達からすれば繁華街の近くの俺のアパートはとっても便利な宿泊所だった。

ある日、同じクラスの女の子が一人で泊まり来たんだ。
普段女の子一人では泊まりに来ないが、その日は女の子同士で飲んでて、ナンパされたけど自分の相手だけカス男だから撒いて逃げてきたらしい。

それで普通に電気消して別々に寝たのだけど、夜中に物音に気づき目を覚ますと・・・。
女の子がオナニーしていた。
俺は目が点! 女の子は俺が起きたことに気づかず、ひたすらオナニーを続けている。
ヤバいと思い、俺は慌…
【不倫】旦那がED気味なパート妻に勃起薬の凄さを教えた
2017/07/23 02:00
2017/07/23 02:00
私は大手薬局チェーン店の店長をやっていて、年齢は45歳になります。結婚はしていて、38歳になる妻と子供が一人いますが、妻がかなり性欲が強い女性で、頻繁に求めて来ます。私の方はと言うと、エッチは嫌いではありませんが、この年になるとさすがに無理がきかなくなりました。と言っても、妻以外の女性が相手なら無理してでも頑張りますがね・・・。 妻の要求に応えるために、私はお店に置いてある精力剤を時々飲んでいますが、それのおかげか体調は良いです。また、薬局では扱えませんが、EDの治療薬として使えるような勃起薬をネットで買い込んで飲んだ事もあります。その勃起薬は凄い効き目で、飲んでから2…
大学時代の元カノとのセックスを語る
2016/01/30 23:30
2016/01/30 23:30


小説ではないんで、


起承転結もなくダラダラ思いつくまま、書いてみます。




大学生のとき付き合ってた彼女は、宝生舞似のおとなしい感じ。




SEX嫌いではないけど表には出さないタイプで、誘うと絶対断らない。




SEXもいたってノーマルで、いろいろやってみたけど、


ぜんぜんノッてきてくれないんで


俺としては少々つまらなかった。





アソコの粘膜が弱いらしく、1回戦ではイクけど、


2回戦からは痛くてイケなくなる子だった。




でも、大学生といえばヤリたい盛りで、


1日…
妻がデリヘルで働きだした件・・・
2017/10/27 22:02
2017/10/27 22:02
ここ最近4日間の出来事です

実話ですので過激な内容は無いですがご了承下さい

僕は37歳、妻は34歳、子供は1人12歳、

妻とは大学時代に知り合いそのまま結婚しました

妻は美人でしかも処女でした妻は淡白で

SEXはあまり好きでは無いほうだと僕は思っていました

夜の夫婦生活は月に1回有るか無いかぐらいでした

去年から会社が業績不振に成りボーナスカット、

残業無しになり年収が減りました今から3ヶ月位前の事です

妻が僕に夜8時から夜中の2時ごろまで

工場のパートに行きたいと言われました

僕は少しでも家計の足しに成るなら良いよ

と言いました

なぜ夜なの?と言うと

【Hな体験】デリヘル呼んだら後輩の彼女だった[後編]
2017/08/23 22:00
2017/08/23 22:00
その流れでフェラに。風呂場のフェラよりも念入りに、かつイカないよう弱めにコントロール。ああ、プロなんだなあと思った。 ナナ「トモさん、そろそろお尻にする?」 こんな可愛い子にアナル舐めてもらえるなんて、もう死んでも悔いはないw ナナ「四つん這いになってお尻を高く上げて」 俺「恥ずかしいな・・・」 俺がうろたえてどうするwww ナナ「ほら、早くしないと時間が勿体無いですよ」 言われた通りの格好になったら、両手で尻の肉を広げて予告もなしにアナルを舌が直撃。元々アナルは感じるんだけど、こんな絶品のアナル舐めは後にも先にもナナちゃんだけ。まさにドリル舐めだね。時おり下で尻の溝を…
義理の兄との秘密22
2017/03/22 21:01
2017/03/22 21:01
ジュースを取って振り返ると 後ろに並んでいた男性がいて ニヤリとしたので おそらく私のお尻と濡れた おまんこの筋を間近で 見ていたんだと思いました 私はジュースを一気に飲んで 兄に早く行こうと言って 自転車のところに行き 跨がるり乗り始めると ひとこぎする度に サドルでおまんこが刺激され だんだんまともにこげなくなり 坂道が登れず降りてしまい 自転車を押し始めると 兄は先行くぞと言って 坂道を登って行ってしまいました とぼとぼと押して登っていると 後ろから家族連れが追いついてきて その中のお父さんが あー疲れたお前ら先行ってていいよ と奥さんと子供達に言うと 私の後ろで自転車から降りて 坂道を…
「わたしの制服や下着」 持ち出されて…
2017/09/02 21:19
2017/09/02 21:19
弟がわたしが留守の間に勝手に部屋に入り 制服 や下着を持ち出してます… 弟は 中3です 2年程前から たんすなどを開けているのは気づい ていました 買い替えて たんすの下の方になっている 下着 や制服 掛けてある制服が乱雑になっていたり 無くなっていたり … わたしが黙っているから バレていないと思って いるのか エスカレートいてのいるように思いま す 現場を押さえて注意しようかとも思いますが 気まずくなりますし… 先日 弟の留守の間に 弟の部屋から隠されてい た 数々のを見つけました わたしの下着や制服 は言うまでもなく 何時の間にか隠し撮されてい た 夏服でのブラジャーのラインが透けてわか…
長澤まさみ似の新卒社員と同行した忘れられない接待
2016/10/15 12:05
2016/10/15 12:05
綾がうちの課に来たのは、たまたま寿退社した子がいて、僕にとっては、素晴らしき偶然以外の何ものでもありませんでした。綾は、今年大学を卒業したばかりの22歳で、身長が155くらい。細めだが、胸は大きくて、長澤まさみに似た、清楚な感じのする、可愛い女の子であった。あんな子は、10年に一度、いや、会社発足以来・・・と言う者もいたぐらいである。当然のように、綾を全ての独身男性社員が狙っていたのかもしれない。(独身以外も、狙っていたかもしれない。)そんな綾を、僕はうちの課で、一番のクライアントの担当にした。続きを読む
【姉との告白体験談】 言い訳です。寂しかった
2016/04/17 23:47
2016/04/17 23:47
高校3年生の一人息子の家庭教師とのことです。私は50目前の仕事をしている人妻です。彼は25歳の社会人の独身です。勉強はもっぱら彼のお休みの日に教えてもらっています。彼の家は近く、先冬、彼がインフルエンザになった時など彼の家に行きお掃除などをしてあげたこともあります。その時、いわゆる「熟女AV」があったことがありました。 彼女もいないと言っていましたし、若い男の子だから当然だろうな、とその時は思っていました。ここ何ヶ月前から彼が家庭教師に来る日ちょっとおしゃれをしたりと心待ちにしている自分に気がつきました。時々私の家で食事をしていく時などは腕によりをかけて料理しました。息子も「先生がいる時は…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【Hな体験】キス上手なバツイチ女性とのセックスに溺れた

・年上新入社員の麻美

・ロリコン

・【不倫】夫の職場の屋上で友達のご主人とドキドキエッチ

・男2女1で酒の勢いで3Pした

・痴漢じゃないです~

・従姉(33)のセックスを見せてもらった話

・ツーショットで卒業間近のJKと

・【人妻体験談】ヤリマンビッチで馬鹿な母乳幼妻と出会い系で知り合い中出しフィニッシュ

・秋祭り

・小料理屋の女将と関わったアレコレな話

・【レイプ】学校一の美少女を眠らせて縛って

・OLが股を開き気味に脚を投げ出して寝てた

・某サイトに割り切りで募集をした体験談

・遠距離の彼女と会いに行く前の晩に巨乳の先輩と

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(再補足と再修正)

・【人妻体験談】ハミケツTバックの人妻を公衆トイレに拉致って中出しレイプ

・【熟女体験談】レントゲン撮影の時にビキニパンツに興奮して逆痴漢してきた熟女ナース

・【SM・調教】終わらない絶頂地獄

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(補足と修正)

・人妻の男あさりが止められません

・飲み会でお持ち帰りしたら僚の彼女って打ち明けられ仰天した話1

・40歳のヌード

・【人妻体験談】息子の同級生に調教されて雌犬奴隷になった下品な母

・大塚愛似のかなり可愛い女友達

・36歳の巨乳処女OL(再々修正版)

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[前編]

・酒を利用して寝取った

・【SM・調教】女子校育ちの処女を俺好みに育成

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終り