寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

手を出すつもりはなかったけど先輩の彼女に誘惑されて、やっぱりやっちゃいましたw

2016/01/20 10:00




つい最近、自分(25才、社会人)が所属してるバスケチームで起きた出来事です。




いつもの活動を終えて帰ろうとしていた頃、


チームで唯一の?美人OL千里さん(27才、都内OL)に呼び止められ、


「今日この後空いてる?空いてたらちょっと相談したいことあるから飲みにいかない?」


と誘われました。




比較的年齢が近いこともあり仲はそれなりに良かったものの、


突然の誘いに驚きました。




というのも、千里さんには同じチーム内に彼氏(32才、社会人)がおり、


その日は彼氏さんが欠席していたからです。





「コレは2人に何かあったのかも…」と懸念を抱きつつ、


千里さんと二人きりというシチュエーションに嬉しさを感じつつ、


近くの飲み屋に入りました。



話はやはり2人の関係のことで、
「バスケ以外では2ヶ月以上デートしてない」
「メールも3日に1回位」
「ほぼ別れたような状態」と、
お酒が進むにつれて饒舌さが増し、
最後の方には
「エッチも上手くないし」
「やっぱりSにSは合わないんだよ」など、
普段の千里さんならまず言わない下ネタ化していました。


そんな話を聞きながら、
「別れる手前とはいえ、つい最近まで先輩は千里さんを抱いていたんだよなぁ…」
とエロい妄想をしてしまう自分がいました。


時を忘れて話を聞くこと数時間、
気づいた時にはすでに1時を過ぎており、
とっくに終電がなくなっていました、、
自分「電車なくなっちゃいましたね…すいません、僕が気を付けていれば良かったんですが…」
千里さん「いや、私も完全に忘れてたからね。

むしろ私のミスだよ…」
自分「疲れてるでしょうにすいません…」
千里さん「ううん、長い時間話聞いてもらっちゃって、こちらこそゴメンだよ。

家近いんでしょ?帰っていいよ」
自分「いやいやいや、千里さんを置いて帰れるほどダメ人間じゃないですよ!(笑)始発の時間まで付き合いますよ」
千里さん「そっか(笑) じゃー、カラオケにでも移動しようか?」
自分「そうですね、そうしましょうか。

大分飲みましたし」
千里さん「にしてもかなり眠いなぁ…カラオケで寝ちゃうかも…」
自分「まー、そうですよね、バスケ後ですもんね…」
千里さん「やっぱ帰っていいよ。

私、店員さんに事情話してココで寝てるから。

幸い個室だし」
自分「いやいや、それはできませんよ!」
千里さん「だって石ちゃん(僕)、眠いでしょ?家で寝た方が良いよ」
自分「眠いと言えば眠いですけど、大丈夫ですよ!」
千里さん「石ちゃんの家ってココからどれ位なの?」
自分「んー、10分かからない位ですかねぇ」
千里さん「え、そんなに近いんだ!尚更帰って寝た方が良いよ!」
自分「じゃー僕の家来ますか?2部屋あるので使ってない方の部屋に布団敷きますよ」
千里さん「え、ほんと?お邪魔しちゃって良い? そうしてもらえると凄く助かるかも」
自分「じゃー、そうしましょう」
といった流れで、自分の家に来ることになりました。


(無駄に長くなってしまってすみません…)
家に着いた後、コンビニで買った梅酒を2人でチビチビ飲みながら
コタツ&テレビ部屋(=使ってない部屋)で語っていると、
「石ちゃん、今凄く眠いでしょ?」
と察した感じで聞かれ、
「そうですねー、千里さんも眠いですよね?良ければ僕のベッド使って下さい。

僕はココ(コタツ)で寝ますから」と答えると、
「それはダメだよ!ただでさえお邪魔しちゃってるのに…」
と謙虚な返答。


といっても、
「自分だけ悠々とベッドで…」
というのは気が引けたので、
説き伏せてベッドで寝てもらうようにしました。


別々の部屋になってから約30分後、
突如肩をポンポン叩かれて起こされたので、
「どうしたんですか?」と眠気まなこで聞くと、
「何か一人になったら寂しくてさ、寝れないかから一緒に寝ようよ」
とサラっと言ってきました。


「え、一緒にですか?」と驚いて答えると、
「うん、一人だと寝れなくてさ」
と急にかわいらしい感じになり、
そのギャップに萌えてしまった僕は、
「じゃーそうしましょうか」と答え、
二人でベッドに入りました。


シングルのベッドに二人…、
当然くっつくように寝る感じになり、
先輩に対して一抹の背徳感を覚えつつも、
千里さんが隣にいるという状況に
エロの気持ちを抱かずにはいられませんでした…。


「できることなら抱きついちゃいたい…」
と良からぬ思案をしていると、
それを察したのか否か
「何かドキドキするねぇ(笑)」
と言われました。


「え、そうですか?」
と素知らぬ感じで返すと、
「石ちゃんはドキドキしないの?(笑)」
と再び聞かれました。


美人なお姉さんとベッドに二人きりという状況でドキドキしない訳がなく…。


「そりゃーね…(笑)」と白状すると、
「そっか、石ちゃんも男で良かった(笑)」と言うや、
仰向けになった僕の上に半身乗っかってきました。


「えー!!!」っと心の中で嬉しい雄叫びをあげながらも、
特にリアクションをしないでいると、
「ドキドキしてる?(笑)」
と言いながら顔を近づけてきました。


予想外の展開に大分テンパっていましたが、
気づいた時にはキスをされており、
久々(1年ぶり位)だったせいか、
はたまた酔って理性が働かなくなっていたせいか、
その後はひたすらキスをしながら抱き合ってしまってました…。


しばらくそうしていると、
突如千里さんの手が股間に触れ
「石ちゃんもやっぱ男だね(笑)」
と先ほども聞いたセリフを言うと、
手で上下に擦ってきました…。


「いやー、もうこの展開は…」
と嬉しい悲鳴を心の中で上げつつも、
「先輩とまだ正式に別れた訳じゃないんだよなぁ…」
という何とも言えない気持ちを覚えていると、
「脱いじゃったら?(笑)」
と本能を揺さぶられることを言ってきました。


「ココで自ら脱いだら先輩に対して裏切りになるよな…」
「けど、こんなチャンスをみすみす逃して良いものか…」
という葛藤を繰り返した挙句、
ベルトを外し始めている自分がいました…。


そして、下半身だけ露出しているという哀れな格好になると、
千里さんは慣れた手つきでゆっくり手コキを始め、
その後は余計な人間関係を考えることもなく、
お互い本能に任せるようになっていきました…。


千里さんの手コキはゆっくりながらも確実に上下に扱いてくるもので、
しばらくの間上半身はキス・下では手コキ…という、
ただ快楽に任せる状態が続きました。


我慢汁で大分ヌルヌルなった頃、
千里さんは徐に身体を起こし、
「そろそろ攻守交代よ」
という空気を出していたので、
今度は千里さんを寝かして僕が上に乗っかる…
という状況になりました。


その後はキスをしながら、胸を揉み…
細い脚を堪能し…洋服、下着を脱がしていき…とすると、
すでに結構濡れていることに気づきました。


その様子にテンションが上がってしまった僕は、
手で攻めながら千里さんのエロい声をしばし堪能し、
再びキスをしようと上方に上がると、
千里さんは徐に脚を開いた状態になりました…。


「まだそれは意図してなかったけど、挿れちゃって良いってことか…?」
とその日最高潮の萌えを感じましたが、
ここにきて「本当に挿れちゃって良いのか…?」
「一応まだ先輩の彼女だぞ…」という邪念?が頭の中を寄切り、
挿れないでキスのみしていると、
「遠慮してる?(笑)」と、
こちらの思惑は完全に見透かされていました。


「そうですねー…」と苦笑い気味に答えると、
「(挿れちゃって)いいよ。

だって私がしたいんだもん」
という有り難いお言葉を頂きました。


が、「ほんとに良いのか…」とまだ葛藤していると、
続けて
「(私の)気持ち良いと思うよ。

自分ではよく分からないけど、今までの彼氏がそう言ってたから(笑)」
と何とも生々しい言葉を言ってきました。


「そうなんですか?」と何とか返答すると、
「だから、皆すぐイッちゃうみたい(笑)」
と自ら名器アピールをしてきました…。


すぐイッちゃうほどの名器なんて出会ったことないぞ…と思いながら、
「凄くしたくなってきちゃいました…(笑)」と言うと、
「いいよ(笑)」と促され、
そこで本能に負けた僕は生のままヌルンと挿れてしまいました…。


生だったせいか、確かに千里さんの中はやたら気持ち良く、
「細い身体だから締まっているのかも…」などと思いながら、
夢中で腰を動かしていました…。


千里さんは「アッ…石ちゃん…気持ちいぃ…」と言うくらいの反応でしたが、
先輩の彼女を抱いているというシチュエーションと、
自ら名器と言うだけのしまり具合にやられ、
5分経たない位でイキそうになっていました…。


「千里さん、そろそろイッちゃうかも…(笑)」
と恥ずかしさを覚えつつ言うと、
「いいよ、イッちゃって…(笑)」
と寛容なお言葉が返ってきました。


といっても、今はまだ生…。


残念な気持ちを覚えながらも一旦抜こうとすると、
「大丈夫だよ。

ピル飲んでるから」
とまたもや先回りされ、
「え、じゃーこのままイッて良いんですか…?」と確認すると、
「うん、いいよ」と即答されました。


といっても、今まで中出しをしたことがなかったので
一抹の不安を拭えずにいたのですが、
腰を振るたびに気持ちよさが増してくるのを…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【近親相姦体験告白】バイト帰りの妹が…  
2015/10/03 16:24
2015/10/03 16:24
あれは年末の押し迫った金曜日の夜だった。 何時もならとっくに帰って来ている妹がその日は帰りが遅く、バイトの帰りに何所か遊びに行ったのかと思って、俺は風呂に入った。 大体毎日ほぼ決まった時間に入浴する俺は、その日もほぼ同じ時間に入浴していた時だった。 原チャリのエンジン音が近づいて家の前で止まったのを確認した俺は妹が帰って来たのだと分かった。 妹は高校卒業後、就職氷河期の煽りを受け志望会社から内定を取り消され、已む無く就職活動をしながら近所のガソリンスタンドでバイトをする事になった。 せっかく商業高校を卒業して経理関係の仕事に就きたかったのにと、その願いも虚しく唯一見つかったのがスタンドのバ…
【人妻体験談】美佐子1
2016/02/13 04:35
2016/02/13 04:35
 今年の春でした、既婚者の出会い系サイトで美佐子という46歳の女性と巡り会ったのは。  彼女は、僕より4つ年上のスケベな女だった。 最初の頃は、清楚な主婦を演じていたのだろう、しかし、2週間も経たない頃から徐々に本性を現してきた。 メールの内容がSEXに対する欲求でいっぱいになってきた。 「旦那は、相手にしてくれない」「昼間から一人、ベッドの中でオナニーしているの」「昨日は、あなたの事を想像してエッチなことしちゃった・・・」 この様なメールが届くようになった。  僕も、正直、彼女の淫らさに引かれ、オナニーしザーメンを放出したことを告白した。  毎回、彼女は、メールの最後に「逢いたいとは…
裏無防備妻
2017/11/21 02:28
2017/11/21 02:28
そのうちやっと男達のセクハラから解放された妻が、まるで捨てられた人形のように哀れもない格好でスベリ台を滑り降りてきた。 しかし下では獲物を待っている狼達が、やっと解放された妻が降りてくると、喜びながら一斉に手を差し伸べ、妻に飛びついた。 滑り降りてしりもちや肘をついている状態の妻を、やさしく介抱してあげるという名ばかりのセクハラ行為。 しかも最初の頃みたいに遠慮などなく、ひたすら何十本もの手が妻の体中を這いずり回った。妻の胸やお尻を掴みながらゆっくりと妻を起こしてあげるやさしい男達。そして立ち上がった後も妻の胸やお尻に付いた砂ぼこりをひたすら丁寧に丁寧に手の平で払ってあげる親切な男達。 そのう…
彼氏より先に精子が・・・子宮まで・・・
2017/12/31 20:01
2017/12/31 20:01
ある結婚式場を回っていたときに出会ったのがウェディングディレクターの内田恵梨子(30歳)さん。
内田さんはベテランで普通は初め男性のスタッフがついて後から女性プランナーがお客につくそうですが、
内田さんは一番初めか仕事を任せられるくらい仕事ができる人みたいです。
僕はそんなことよりも、内田さんの胸とかお尻に目がいってしまって・・・。
貧乳好きなんですが、まさに微乳っぽい感じの女性でした。
ズボンを穿いていて、さりげなく内田さんのお尻を見るとなかなかお尻は大きいように見えました。
3回くらい説明を受けたのですが、条件が少し合わずに他の式場を回り始めました。

内田さんはすごく真面目で大人…
深夜の駅前で歩いていた人妻をナンパ 2
2018/06/07 01:43
2018/06/07 01:43
正常位の体勢になり、人妻の肩を掴んで、腰の動きだけでポイントをさぐり、亀頭の先で穴を確かめてから、一気に深く挿入した。 挿入した瞬間、人妻が「はっぁぁ~」という声とともに膣をキュ~と締めつけてきたので、金玉が上に上がるのを感じ、オレも「うぅ…」と声を出した。 オレが人妻の肩を掴み、人妻がオレの尻を掴んで、淡々とピストンを繰り返す。 舌を交互に出し入れしたり、耳元をペロペロ舐めたりしながらオレ : 「今度は、奥まで届いてるでしょ?」人妻 : 「奥にあたって、気持ちいいぃ…」オレの腰の動きに合せて、上下左右に微妙に腰を振りながら人妻 : 「あっん、あっん、あっん、あぁぁぁ~ん」と単調に繰り返す…
可愛い女友達の使用済み下着でオナニーしてたらバレた
2017/03/31 00:00
2017/03/31 00:00
その夏は、バイクで大学のある所から田舎に帰るため、友達の家に寄りながら2、3日かけて帰っていた。
その日はA君の家に泊まる予定だったが、当日になって連絡が取れなかったため(夜には連絡取れたが・・・)かなりの疲労もあり、そのまま実家に帰れない距離ではなかったが、近くに住んでいる友達を探す事にした。

携帯をピコピコしていると元カノの友達の名前(Sちゃん)があった。
Sちゃんとは元カノと付き合っていた時にかなりお世話になっていた。
Sちゃんが今いる辺りに住んでいることは知っていた。

(う~ん、どうしたものか)

数秒悩み、エロい展開になることを期待しながら電話してみることに。

俺「も…
優実さん (初体験談)
2016/01/18 01:00
2016/01/18 01:00
僕は小規模の公営団地に住んでいますが、その敷地は丁度良い通り道になっ ており、隣にある比較的広い土地に立っている一戸建てに住む家族もよく団 地の敷地を通っていました。その家族の一人が優実さんという女性です。 僕が5歳のときでした。妹(1歳)とその友達(1歳:同じ団地に住んでい る)が団地敷地内にある公園の砂場で遊んでいた時に、優実さんが通りかか りました。当時の優実さんは小6でしたが、明らかにブラジャーが透けて見 えていたのです。思い出せるのは黒いセーターで、かなりざっくりした編み だったと思われること、白いブラのカップが綺麗に…
★宅配便のコートにアレらしき物が
2015/11/28 18:46
2015/11/28 18:46
 私は29のOLで家族と暮らしています。ある日の昼間、仕事中に見知らぬ番号から着信があり、とってみると宅配便の人からでした。宅配便の人は私の住所と名前を言い、○○という会社から荷物が届いていると…通販で買った洋服が届いたようでした。

「ご不在のようでしたから不在票を残そうと思ったんですが、玄関は開いてるようだったので一応電話してみました」とのこと。いつもは母が居るはずなのですが、鍵をかけ忘れのかも…と思い、親切にありがとうございますと御礼を言いました。
「いえいえ、では荷物は中に置いておきますので…」と言われた時、一瞬「えっ?入るの?」と思いました。咄嗟に「外に置いておいてください」と言…
【不倫体験告白】妻の友達と・・・その(2)
2017/04/28 09:37
2017/04/28 09:37
妻はテレビドラマを見終わり、みき子と共に食事の後片付けを終えると「そろそろ眠くなってきた」と言い、一度子供達の様子を見てきた後、みき子の布団を用意しました。 当時俺の家はアパートで部屋数が三つと少なく、そのうち二つは子供達と妻が使う事になり、みき子はリビングに寝る事になりました。 俺はまだテレビを見ながらお酒を飲みたかったので、リビングのソファーにそのまま寝ることになりました。 それぞれの部屋の戸は開けてあり、妻とみき子は頭と頭が近くなる様に縦に布団を敷きました。 この時、妻から俺の座ってるソファーは死角となり見えていませんでした。 やがて妻はパジャマに着替え布団に入りました。 電気を…
旦那に浮気された親友の妻との体験談
2015/10/06 16:10
2015/10/06 16:10

学生時代からの親友(A男)でお互い結婚後も家族付き合いをし、子供同士も仲良く日帰りの旅行やバーべキュー等よく一緒に出かけていたそんなある日、A男の奥さん(K子)から携帯に突然のメール。

内容は相談したい事があるので時間を作ってくれとの事、数日後会社帰りにK子と会った。

ファミレスで会った瞬間から涙目。

「どうしたの?なにかあった」
K子「主人が浮気してるみたい?」


うすうす親友のA男から話を聞いていたがまったく知らないふりをして
「まさか~A男がそんなことする訳無いだろ」

K子「最近帰りが遅いし、携帯を常にチェックしているの。怪しいと思いお風呂に入っている間に携帯を見たら…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【Hな体験】週末はピンサロで働く新入社員の娘と

・【痴漢・レイプ】相姦肉玩具理恵

・私の今までの体験談

・【乱交】二穴セックスでイキ過ぎて痙攣が止まらなくなった

・【痴漢・レイプ】友達の脅迫

・学年で1、2を争う巨乳に我慢が出来なくなって

・彼氏とのセックスをもっとよくしたくて、不感症専門クリニックに行った結果

・おちんちんをさわらせる風習

・Gカップの義姉とラブラブ種付けセックス[後編]

・クラブでナンパした巨乳人妻を自宅に連れ込み中出しセックス 2

・【痴漢・レイプ】二人の男に嬲られる妄想

・セックス嫌いな彼女を酔わせてイタズラ三昧

・クラブでナンパした巨乳人妻を自宅に連れ込み中出しセックス 1

・【人妻体験談】シミ付きパンティを売る素人若妻を動画撮影レイプ

・~亜美との出会い~

・偶然再会した後輩のお母さんと自宅で密会

・主人に月一、バイアグラとトノスで愛してもらっています

・男2女2で4Pしたら興奮しすぎてすぐに逝き、悲惨なことになった

・【衝撃】フ●ラして金稼いでる男だけど質問ある?

・【痴女との体験談】恭子の金玉潰し

・童貞なのに従兄弟と従兄弟の彼女と3P して即発射した

・~悦子との不倫~

・エロ医者のエッチなセクハラ診断

・【痴漢・レイプ】レディース集会編

・高校時代の数学の先生

・【痴漢・レイプ】ネットカフェ

・【人妻体験談】高校の合格祝いで息子と母子旅行に行ったら夜中に近親相姦レイプされた

・【熟女体験談】M女な高齢淫乱おばさんが車で寝ているところを襲って勝手に中出し

・何喰わく顔して結婚する女部下

・【不倫】顔以外は最高の人妻にマスクを被せて[前編]