寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【泥酔】泥酔女はやっとくべき?

2016/01/11 02:53


夜もけっこう遅い時間にタバコがなくなったので、
歩いて近くのコンビニに行った帰りでも出来事でした。

近くの公園をぬけてコンビニに行くのですが、
ベンチに寝ている女性がいたんです。

こんな時間だから酔っ払って寝ているのだろうと思って、
あまりかかわらないほうがいいと、素通りしたのですが、
シャツの首のところからブラが少し見えていて、
一旦通り過ぎたが、急にムラムラとして下心がわいてきて、
もしかするとなんかできるかも、とか男なら誰でも
考えるのでしょうが、私もつい考えてしまって、
泥酔していた彼女はわりかしきれいだったので、
変な正義感を燃やして話かけたんです。

「大丈夫ですか?こんなとこに寝たら風邪ひくよ」
すると彼女は、
「だいじょうぶだよ~」
かなり酔っていて酒の匂いがプンプンしてて、
でも笑顔はかわいくて、
「家まで送ろうか?近くなん?」
「す~ぐそこだよ~」

話しかけたのが間違いだったと一瞬思ったが、
このまま寝かせているわけにもいかず、彼女を支えながら
立たせると、彼女の指さす方向へ抱きかかえながら歩いていった。

しかし最近の若い子は見ず知らずの男性が話しかけてきて、
あっけらかんとしてるな、って思います。
これが自分じゃなかったら犯されているかも、と思いながら、
自分自身も同じようなことを考えていたので、たいして差はないかと
思いながら、泥酔してて重い体を支えながら、ようやく彼女の
指さすマンションの前に到着した。

「マンションの前についたよ」
「は~い、これ鍵~」
彼女はオートロックのマンションの鍵をポケットから出すと、
「部屋までよろしく~、あ、でも襲わないでよ~」
なんか少しうざったく思ってきたが、彼女の胸が時折腕に触れると、
自分の股間がなんか反応してきて、
「襲わないけど、最近変な犯罪が多いからね」
「はい了解しました」

彼女は警察官のように敬礼し、また私に寄りかかってきた。
しょうがないので、彼女の部屋の前にくると鍵を開け、
電気をつけると、女の子の部屋っていう感じで、いい匂いで
ドキドキしてきた。

彼女のテンションはまだ高いままで、部屋に入り彼女をベットに
横にならせると、喉が渇いたっていうから、冷蔵庫の中から
ウーロン茶をコップについで渡すと、彼女は少し飲んで、
着ているスーツに半分くらいこぼしてしまった。

「あ~あ、濡れちゃったよ」
私は脱衣所からバスタオルを持ってきて、とりあえず濡れている
服を拭いてあげると、
「あ~、お兄さんやさしいね~」
「パジャマに着替えようか?」
「うん、そこのタンスの引き出しに・・・」
「え、どれ?」
「え~、ど~れだ」

ほんとにむかつく女だ。だいたいパジャマとか入れてる引き出しって
下のほうだから、下から開けていくと、なかなかきちんとたたんで
整理されている。小さい引き出しも開けてみると、
ブラとパンティが入っていた。

すると私の股間がさらに大きくなった。
そしてパジャマを出してくると、
「お願い~、着替えさせて~」
ちょっとムカついたが、ジャケットを脱がし、ブラウスを
脱がせると、意外に豊かな胸が登場して、ズボンも脱がすと、
なかなかいい眺めだった。

胸はDかEくらいはありそうで、私は調子にのって
ブラのホックを外すと、
「あ~、なんでブラ取るの~?えっち~」
「ば~か、締め付けたらきついやろ」
そんなことを言いながらブラを取ると、たわわに実ったおっぱいが
顔を出し、まだピンク色の乳首に、なかなかの形である。

そのまま彼女を一旦起こして、ウーロン茶を飲むように言うと、
少しは飲み始めた。

私はお茶を飲ませる口実で、おっぱいの大きさや形を起こした状態で
見たかったのですが、乳輪も大きすぎず、色っぽいおっぱいだった。

「さあ、パジャマを着せるよ」
と適当なことを言いながら、彼女の前にしゃがみこみ、
もう私は我慢できなかったので、乳首を軽く吸ってみると、
「あ、あ~ん、いや~ん」
彼女の反応は上々だった。この時点で今日はいけそうな気がする~、
って今話題のエロ詩吟みたいに叫びたいのを抑えながら、
もう一度、おっぱいを揉みながら、乳首を強く吸うと、
「あ~ん、あ~ん、いい、感じる~」

そしてキスをすると、酒臭い匂いとワインの匂いで、
私の方が酔いそうだったが、舌を入れてみると、
彼女も舌を絡めてきた。そしてキスを止めると、
「えっち~、送り狼から襲われる~」

すると私も急いで全裸になって彼女の横に寝転ぶと、
またキスをして、首筋あたりを愛撫すると、
「あ~、久しぶりなの~、いいわ~、男の感触はいいわ~」

もう彼女が抵抗することもなく、私の愛撫にリードされ、
よりいっそう喘ぎ声をあげ始め、私の頭を握りしめ、
「あ~ん、あ~ん、もっと、もっと~」

そしておっぱいは愛撫し、アソコに手を伸ばすと、
陰毛の感触で私の股間は最高潮に勃起した。

おまんこを確認すると、もうビショビショで、パンティの横から
おまんこに指を入れ、ヌルヌルっていう感じで、簡単に指が入っていき、
彼女は、ハア~、ハア~、言いながら、もっと、もっとと叫んでいた。

さんざんおっぱいで感じさせ、おまんこに指を突っ込みながら、
私はほんとに人生がんばっててよかったと心から思った。

もう私は34歳になるが、妻と子供がいて、小遣いも少なく、
とても若い子とエッチできる機会がない。

彼女のパンティを脱がし、おまんこの顔をうずめ、クリトリスを
吸いまくり、指で膣の中をクリクリしてると、

「あああ~、だめ~、いくっ、いくっ、あああ~、いく~っ」

彼女は簡単に絶頂を迎えた。私の妻と比べると、妻は淡白なので、
セックスを楽しむというようなことはあまりなく、それでも、
イってはいるが、月に1~2回しかエッチしないので、
比べ物にならないくらいにスケベで、男としても、こんなに早く、
イカせられると、なんか妙に自信が沸いてくる。

そして彼女の顔の前にペニスを持っていくと、彼女はアイスを
ペロペロ舐めるように、亀頭のカリの部分から舐めはじめ、
ビンビンに勃起したペニスをさらに口の奥の方まで、
出し入れしながら、フェラチオのスピードがさらに加速していった。

彼女のフェラチオはとにかく唾液をいっぱい出して、
グチュグチュと音をたてて、玉袋も揉み揉みしながら、
なかなかのテクニックであった。

「おいしい~、早く入れて~」
彼女は乱れた声で、ペニスを入れろと訴えかけてきたので、
彼女の両足を掴み、いっぱいに開き、正上位でゆっくりと
ペニスを挿入させていくと、

「あ~っ、あ~っ、すごいっ、ああ~っ、だめ~」
もう彼女は動物だった。言葉にロレツがまわってなくて、
私は1回1回突き上げるたびに、喘ぎ声が叫び声に変わっていき、
「ああ~、お兄さん、恥ずかしい~」
「さあ、もっと声を出して、もっと、そうだ」
「いや~ん、あっ、あっ、だめ、またイクっ、あああ~、あああっ~」

彼女はまた絶頂に達したが、おまんこから大量の愛液なのか潮を噴いたのか
とにかくたくさんの汁がいっぱい出ていて、シーツはビショ濡れで、
彼女はたくさんの汗をかいていて、少しではあるが、顔色が
正常に戻りつつあった。

私はさらに彼女を四つん這いにさせて、また勢いよく、
後ろから突き上げると、彼女は数分でまたイってしまい、
私ももうそろそろ我慢できなくなってきていた。

「ああ~、俺もイキそう、どこに出していい?」
「あ~、だめ、中はだめ~、そと、そとで~」
「口でいいか?」
「あ~、う、うん、は、早く~」

私はバックから突き上げていたが、急いでペニスを引き抜き、
彼女の顔の前にペニスを持っていくと、口にペニスをくわえさせ、
数回のピストン運動だったでしょうか、口の中に2週間以上、
溜めておいた精子を全部発射した。

そしてお互いベットに倒れこみ、彼女は酔いが
だいぶ冷めてきたのか恥ずかしそうに、
「すいません今日は・・・」
「いえいえどういたしまして」
彼女はだまってしまい、私の方から、
「もう公園に寝ちゃだめだよ、犯されるよ」
「は、はい・・・・」

すると彼女は私の腕にしがみつき、泣き始め、
「え、どうしたの?」
「いえ、その、ふられたんです~」

彼女が泣き止むまで腕まくらで、そのままの状態でいた。
そして、だいぶ気が済んだのか、
「あの~、今度お礼がしたいのですが~」
「え、お礼は今十分にしてもらったよ」
「いや、その~、体じゃなくて、今度はゆっくり話をしたいんです」
「わかったよ、俺も近くのマンションに住んでるから、
 携帯教えておくね」

お互い携帯やアドレスの交換をして、仕事などは次回会った時に
話をするようにした。そうしないと彼女がどんな人かわからないし、
電話してこないかもしれないし・・・・。

しかしこの1時間半、充実した時を過ごせた。
もう妻は寝てるだろうし、もう少しゆっくりして、
家路に向かった。

その後、彼女とは月に2~3回会った。ちょうど会社が
同じビルだったので、仕事中もたまに会うこともある。

笑顔が憎めないくらいにかわいい。
でもこの前、妻から最近まったくエッチしてないね、って言われた。
もう2ヶ月してない。さすがに怪しまれているような気がします。
つい最近もベットで迫ってきたが、断ってしまったんで、
近いうちにお義理セックスをしなければと思っています。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【不倫体験】その日、俺はいつものごとく、合コンチャットで楽しんでいた
2018/08/29 14:02
2018/08/29 14:02
>はじめまして!

そう、挨拶をしてきたのがユキとの出会い。

そして・・・

その数週間後に、俺はユキに会いにいく・・・。

初めての街で、

四苦八苦してた俺の携帯にユキからの電話が鳴り響く。

「どこ?」

「今、新幹線の改札を出たところ」

それが、2人の初めての会話。

俺の前に来たユキはまさに「今!」って感じの女性!

子供がいるって聞いていたけど・・・・

どう見ても、・・・見えない(^Q^)

金髪にの長い髪に、夏に真っ黒に焼いた肌!

対する俺は、ジーンズに少し沈んだ感じの

ワインレッドのシャツを、だら~と垂らしている、冴えない叔父さん?

【レイプ・痴漢】なつかしの名作 (ほてるまん) 【エッチな体験談・レイプ、強姦】【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2016/12/17 14:59
2016/12/17 14:59
昨年投稿させて頂いた小さなホテルで働いております者です。前回同様私の副業をする機会が先日ありましたのでまた皆様にご報告させて頂きたいかと思います。いつものように中番の私がフロント業務をしていました。私の町では夏の高校生の大会があり駅周辺にはそれらしい真っ黒な男の子と女の子が行き来しておりました。私のホテルも同様に高校生の団体が宿泊する事もあり、試合の影響か段々とその真っ黒な少年・少女の影も薄くなりってきました。そんなある日私が終える夕方時頃にある女性の部屋からコールが入りました。『マッサージをお願いします…』声の感じから高校生である事はすぐわかり…と同時に宿泊名簿を見ると、個人名で塚原玲子 …
出会い系で知り合った旦那に満足できない女子とセックスする約束をしたら大変なことになった
2016/10/02 08:09
2016/10/02 08:09
697 :えっちな18禁さん:2009/04/27(月) 15:00:095年前の秋、俺は家族と共に嫁の実家の近くに住む親類の葬儀に出席していた。 普段は絶対に実家に泊まることのない嫁に、たまには実家でゆっくりしてきなよ! といい俺は家路に急いだ。 実は数日前から出会い系で知り合った26才の妻子持ちのNとメールで連絡を 取り合っていて、年の離れた旦那では満足出来ないなどと相談をされていた。  葬儀でバタバタしてて時間が無かったのもあるが写メ交換はせず、ただNの言う ポチャだから…を素直に信じていた。  698 :えっちな18禁さん:2009/04…
【近親相姦体験告白】後悔もあるけど気が・・の続きです。  ○近親相姦○
2015/12/14 15:36
2015/12/14 15:36
3週間くらい前に書いた 後悔もあるけど気が楽に・・の続きです。会った男の子、やっぱり当時は中学生だっただけあって初めての相手は処女の子がいいと思ってたんだって。だけど彼女にしたいと思ってた同級生の女の子が別のクラスの男の子と付き合っていてもう処女じゃないって知ってショックだったから、もう絶対に春休み中に経験してから高校生になりたいって思ってたんだって。それでネットで教えてくれそうな人いないかとかみてたらたまたま私の書込みを見つけたのでメールくれたんですって。ホテルに入ったら、彼はもう緊張してるのがよくわかるんです。なんか顔が少し上気してるし。もう、内心私もドッキドキ。彼は当然私はそこそこ経…
【近親相姦】少年と母親での近親相姦はあるのだろうか・・・3 (近親相姦の体験談)【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/11/13 15:16
2017/11/13 15:16
493 名前:304 ◆CaPkn6PDT6 :03/12/16 19:23 俺が夕食を済ませ風呂にも入り、そろそろ寝ようかという時に、玄関が開く 音がした。俺は戸締りも確認していたのでかなり驚き、廊下に飛び出た。 母だった。「起きてた?ごめんね、晩御飯はどうしたの?」と母は普通に 俺に話しかけたが、俺は驚いて「今日は泊まりじゃなかったの?」と母に尋ねた。 母は「そのつもりだったんだけど」と言いながら、台所へと歩いていった。 俺は母を追いかけた。母は「タツヤが一人だけって聞いて、タクシーで帰ってきたのよ」と笑う。 俺は別に寂しく無いし、そんな理由で帰ってこられたら祖母や姉に恥…
彼女と私の秘密
2016/05/23 07:05
2016/05/23 07:05
私には高校2年から付き合っている彼女がいます。 22歳になる今でも、ちょっと変わった趣味があります。 付き合い始めて半年たったころ彼女の部屋に行った時のことです・・・・ 突然「ねぇ!ストッキング何色がいい?」と聞かれました。 クローゼットからパンストがいっぱい出てきました。 普段きちんとストッキング履いていて、私もそれに包まれた脚を見るのが 楽しみでした。 その時もベージュのパンストを履いていました・・・・ 私は少し動揺して「うーん・・・」と言うと 「私ねパンストフェチなの!」と突然言われて 「えっ・・・」と言葉を詰まらせました。 すると、「嫌いじゃないでしょ・・・」と言ってつま先を自分で撫で…
俺の体験したことを振り返ったらアニメみたいだった
2018/10/27 15:01
2018/10/27 15:01
とりあえず俺のスペック 当時は確か22歳だったかな。 身長は174で、フツメンだったと思いたい。雨上がりの宮迫に似てるとよく言われる。 母親は物心ついたときはもういなくて、顔も覚えてない。 親父は小学生の時に自殺。という事で叔父夫婦に育てられた。 高校卒業と同時に就職して一人暮らし。 俺のスペックはこんな感じかな。 登場人物がちょっと多いんだけど、名前考えるの難しいから好きなアニメのキャラの名前とかつけてく。 親父が自殺した理由は、母にDV、それで逃げられずっと会社とかでもイジメみたいなのにあってたらしい。 そういうの子供にはあまり話さないからイジメの内容とか頻度はわからないんだけど、当時…
家に遊びに来る先輩を○した体験談
2016/02/03 07:41
2016/02/03 07:41
20才そこらで会社の寮を出てアパートに居る頃、よく会社の人が来た。

女子の先輩も何回か来たし、エログッズは極力隠しておいたんだけど 会社の帰りに1人の女子の先輩にDVDを借りに来られて、玄関に待たせていたら ちょっと目を離した隙にまるでドロボウに入られたかのように 漁くられイラっとするも

使用済みオナホールを見つけられてしまい、 皆にばらさない代わりにって事で射精するまで実演させられた。

20代半ばで綺麗な人なんだけど、普段から悪ふざけが絶えないし 口も軽いからあまり好きでは無かったが、
どうにもチンコが立たないため白けていると オレもだんだん慣れてしまい

先輩に…
【痴女との体験談】弟の嫁とセクロスしたったwwww
2018/07/13 22:15
2018/07/13 22:15
スペック 俺26歳 どうt・・・ フリーター 嫁22歳 ちびむっちり体系 専業主婦 弟24歳 リア充 会社員 優秀 弟は高卒で今の会社に入って今は大卒とは比べ物にならないほど使えるらしい 給料もそれなりに貰っている。 元々嫁さんに働かせないために今の給料をもらえるまでがんばってたらしい 弟は処女厨だったけど今の嫁と結婚すれば 毎日退屈せずにすみそうだとかそんな理由で結婚 嫁に退屈させないためにゲームもたくさん買ってあげたりもしてた 俗にいう嫁ニートだけど弟いわく、 共働きで嫁の職場の寝取られるのが怖いので それだけは絶対に嫌だというわけでニートにさせてる…
【レイプ・痴漢】【レイプ】狙っていた同級生を泥酔させて生で挿入したった【無理矢理】【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/04/14 08:13
2017/04/14 08:13
高校の時の話。ある週末の夜、暇してたら電話が来て、「急遽飲み会やる事になったから来いよ」との電話。暇だったからもちろん参加。みんな制服だから、お前も制服な~と言われたので着替えて出掛けた。マツ(♂):親友、家提供。ジョー(♂):知り合い以上、友達未満。寡黙イケメン。テラ(♂):その時が初対面、挙動不審暗めなデブ。ユカ(♀):小柄だがスタイル最高。ちょいギャル。アヤ(♀):小柄、陸上やってたから足太め、俺の元カノ、イラつくぐらい天然。ナオ(♀):…標準体型、ノリがいい。典型的な当時のギャル。これに俺を加えた7人。みんな高校の同級生。女連中の顔はユカ>ナオ>アヤだけど全員平均以上だっ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・騙して中出し!そのままホテルに放置w

・【乱交】北海道行きの寝台特急の中で2人の男と

・先週初のハプニングバー体験 興奮と後悔と驚愕!

・【熟女体験談】オナニーを止められたが、我慢できないでいたら手伝ってくれた母

・#嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました【転載禁止】

・【人妻体験談】アナルにローターを入れられながら夫の父のチンポを咥えイチャイチャする妻

・中古妻エレジー

・【SM・調教】スタイル抜群な女子にされた金玉いじめ

・毎日抱きたい年上妻

・羽振りの良い社長に紹介された女性

・【熟女体験談】バイト先の店長を酔わせてレイプしたらかなりの変態M女なのが発覚し、初アナル体験もさせてもらった

・【浮気】結婚間近の女友達と、友人の披露宴帰りに[第4話(終)]

・股も心も開いたメンヘラ女w

・姉と僕の初体験の遠い思い出

・【浮気】結婚間近の女友達と、友人の披露宴帰りに[第3話]

・【熟女体験談】妻が辱めを受けながら犯されるDVDを観ながら3Pをする最低な夫

・会社の女の子達ミニスカートの魔力

・【浮気】結婚間近の女友達と、友人の披露宴帰りに[第2話]

・【オナニー】インターネットで何本も注文しちゃいました

・【熟女体験談】訪問営業でスキ者奥さんに大量中出し

・【人妻体験談】女性実業家と旅館の離れでエッチなことをして一日を過ごす

・妻の妄想スワップ

・旦那にばれるよりも数段マシ・・・

・SEXで体がトロけたいので男を探す私

・【熟女体験談】息子を誘惑し、お風呂の中で手コキしてきた母親

・【Hな体験】私がこれまでに会った2人のエロいメル友

・幼馴染との思い出

・会社の若い子をセフレにしてスポーツみたいなセックス

・エロ出来るセフレが欲しくてほしくて

・【レイプ】悲しい成人式