寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【妹との告白体験談】TVゲームに魅せられて  =近親相姦告白=

2016/01/05 04:31




TVゲームに魅せられて「やったあ! 第二ステージ・クリア!」 手にしていた家庭用ゲーム機のコントローラを振り回しながら、少女は歓喜のおたけびを上げた。
「見て見て、遂にやったよ。凄いでしょ?」 たった今、テレビ画面に登場した僧衣姿の老人から、天空龍王拳の継承者として認める旨を告げられた少女は、自分の背後でその操作ぶりを覗き込んでいる青年の方を振り返り、得意満面の面持ちで戦勝報告を口にした。
「…ん、ああ。大したもんだな。洋子ちゃん、本当にこの格闘ゲーム、初めてなの?」 僅か三十センチ程の距離に位置する、二つに結んだおさげの髪型が似合う整った顔を見つめながら、青年は、洋子と呼んだ少女に問い掛けた。「うん、このゲーム機も初めて。お年玉で買おうと思ったんだけど、ママが、無駄使いは駄目だって言うから…勝にいちゃんが持ってるなんて本当に嬉しいな。分かってたら、もっと早く遊びに来てたのに」 少女は肩をすくめながら、自分が遊んでいるゲーム機と、そしてこの六畳程の洋間の主であろう青年に愛想笑いを向けた。 つい最近十三歳の誕生日を迎えた少女の笑顔にはまだ幼さの成分の方が色濃かった。 「ちゃっかりしてるな、洋子は」「へへへ…あ、これが天空界に向かうイベント・シーンだよ…そうそう、この女の人が、戦闘中に魔法を使える様にしてくれるんだって、雑誌に書いてあった」 瞳をキラキラと輝かせながら、洋子はテレビ画面の中に展開されるCGアニメーションを食い入る様にみつめていた。 「………」 部屋の絨毯の上で座りこんでいる後ろ姿に、勝は熱い視線を注いでいた。  少女の通う市立中学の制服であるモス・グリーンのブレザーを着た肩が、画面の動きに合わせて左右にくねり、後頭部で結ばれたクセの無い髪の毛の束が、目の前でワサワサと揺れる…その都度、近接させた勝の鼻腔に、微かに甘い香りが漂って来るのだ。 ダーク・グレーに染められたギャザーのミニ・スカートは身体の動きに連れて乱れていた。 そこから伸びた、僅かに足の裏が汚れている白いソックスを履いた細い両脚が無造作に投げ出され、あまり女の子らしいとは言えない姿勢で絨毯に座り込んでいる。 めくれ上がったギャザー・スカートから覗く太ももが脚の長さに比してほっそりとした印象を受ける…体形のあちこちに、大人とも子どもとも言えない、十三歳という曖昧な年齢が見え隠れしている…以前から勝の意識野に形成されていた、洋子に対する『いいしれぬ思い』が、この時更に強く沸き立ち始めていた… 母親どうしが実の姉妹である勝と洋子は、歩いて二十分程の場所に住んでいた。 その中途半端な距離に加え、七才も年令が離れているという事情もあって、二人はそれまで、あまり親しい訳では無かった。 顔を合わせるのも正月と法事くらいであり、それも会えば挨拶ぐらいはする、という程度の仲だった。  ただ、親交の度合いとは別に、勝は洋子に対し、かなり強い性的興味を持ってはいた。 もちろんこれまでは、それを実行する機会も勇気も無かったのだが… そんな勝が、3D描画速度を売り物にした最新式の家庭用ゲーム機を購入したのは、今年に入ってすぐの事だった。 当初は、もちろん自分で遊ぶ事を目的に購入したのだが、一か月くらい経ったある土曜の昼過ぎ、近所の本屋で洋子と偶然顔を合わせた事から、勝のゲーム機には新たな意義と用途が加わる事となった。 「ねえ、勝にいちゃん、そのゲーム機持ってるの?」 本屋の一角にあるゲーム・ソフト・コーナーで、つい最近リリースされたばかりの格闘ゲームのパッケージを手にして裏面の注意書きを読んでいる青年に、好奇心と期待感を融合させた様な表情を浮かべている少女が問い掛けてきた。 勝より頭ひとつ背が低い洋子は、ブレザーの制服の上からでも、頼り無い程ほっそりとした体形である事が明確に伺えた。 その姿に好奇心を刺激されながらも、表面上は平然とした面持ちを崩さず、勝は少女の質問に答えた。 「え? うん。今年の初めに買ったんだ。それでこのゲームが面白そうなんで、どうしようかな、と思って…」「絶対面白いよ! 買わなきゃ損!これね、この間発売されてからずっと品切れになってたの。もの凄い売れ行きで今買い逃したら、またいつ手に入れられるかわからない位なのよ」 十三歳の営業部員はそう力説し、購入をためらっていた大学生の客に、必死に売り込みを続けた。 「そう…じゃ、買ってみようかな」 ゲームに対する興味は勿論あった。 だが、買った方が彼女に気に入られるに違いない…どちらかといえばそれが、勝の購入決定要因であった事は言うまでも無い。 そしてその思惑は即座に功を奏する事になった。 「ねえ、勝にいちゃあん…」 レジで清算を済ませた勝の耳に、先程とはうって変わって、如何にも子どもっぽい猫撫で声が聞こえてきた。 「これから家に帰って、すぐそのゲームやる?」「…ああ、そのつもりだけど。」「それね、一人プレイよりも対戦プレイの方が面白いんだって。人間どうしの戦いの方が変化があるものね。それに、実力差もオプションでハンデが付けられるし…」 必死の形相でまくしたてる少女の姿を目にした勝は、それで相手の魂胆を確認した。 「一緒に遊ぼうか?」「…う、うん、構わないよ」 子供特有の見栄が含まれた返答に内心失笑しながらも、勝は洋子を伴って帰宅の途についた。 ※「ああ、疲れたあ、ちょっと休憩!」 二人が、勝の寝室に設置された二十八インチのワイド・テレビの前で、買ってきたばかりの格闘ゲームを始めて二時間後…勝は指先の痺れと肩凝りを訴えて続行断念を告げた。 「え、もう? あたし、このキャラクタの動きを、やっと掴んだばかりなのに…」「頼むからさ、ちょっと休ませてよ」「…それじゃ、あたし、一人プレイやっていい?」 その問い掛けに、勝は手ぶりで『どうぞ』と促した。 快心の笑みを浮かべた洋子は早速ゲーム・モードを切り換え『対戦プレイよりも面白くない』はずの一人プレイを、今までにも増して嬉々とした様子でプレイし始めた。  完全に、このゲーム好きの小悪魔の策略に引っ掛かった…という事を察した勝だったが、別に腹は立たなかった。 洋子が喜んでくれた事の方が重要だし、それに、明確にでは無いがこの時勝は洋子に貸しをひとつ作った様な気になっていた。 それが、勝の心から『かせ』をひとつ外す結果をもたらした。 「………」 夢中で、ゲーム機のコントローラを操作している十三歳の少女の背後に座り込んだ勝は、洋子の背中と密着する寸前まで身体を寄せた。 クーラーの効いた部屋の中で、目の前の少女が発散する体温と体臭が感じられる…我慢の限界に達した勝は、両手を洋子の腰の付近から前に伸ばし、絨毯に座り込んで六十度程に開いていた太ももの内側に滑り込ませた。 「………」 ギャザー・スカートから伸びた生脚の感触が両手のひらに伝わって来る…その、ぞくぞくする様な緊張感に、勝は今すぐ洋子を押し倒して制服をはぎ取りたい興奮にかられたが、寸前で心にブレーキをかけ、相手の様子を伺った。 両ももの内側に手を差し入れられた洋子は、しかし別に気にするそぶりも見せず、相変わらず、お気に入りのキャラクタをテレビ画面の中で動き回らせていた。 (…こうなったら、行ける処まで行ってみよう…) そう決意した勝は、太ももに置いた両手をゆっくりと脚の付け根に向かって滑らせた。 ダーク・グレーのギャザー・スカートの中に手が入っても、洋子は嫌がらない…それを確認した勝は心の中でニヤッとした笑みを浮かべ、さらにスカートの奥へと指先を進めた。 フィット・ブルマーであろう感触が指先に感じられると、勝は躊躇せず、布に護られたその幼い秘部を撫で始めた。 「………」 厚い布ごしに、内側の形状と弾力が伝わって来る。 心持ち開いた股の中央付近が、えぐれた様にペコンとへこみ、その中央付近に何か小さな突起の感触がある。  位置からして、多分洋子のクリトリスだ…そう察した勝は、右手の人差し指と中指の先で、その突起の付近をさすり始めた。 初めはゆっくりと、軽く触れる程度の力で、パンツの中の突起とその周辺を、円を描く様に撫でていた。 しかし洋子が何も反応しない為、勝は序々に、動きと圧力を強めていった。 「………あ!」 洋子が、初めて具体的に反応したのは、勝の指先が、パンツの中に入り込もうとした時だった。 パンツの裾から両手の指が入り込む気配を見せると、洋子は驚いた様に肩をピクッと奮わせて開いていた両脚を閉じてしまった。 だが、勝が無言で、手を太ももの間に差し込んで開脚を促すと、洋子は意外な程素直に、再び脚を大きくひらいた。  ホッとした様子の勝は、今度は念の為、左手で相手の左脚の太ももを押さえ込み、自分の右脚を前方に伸ばして、洋子の右脚を絡めとった。 もう脚を閉じたくても閉じられない状態になった少女の恥部に、勝は再び指先を這わせ始めた。  指先がパンツの中に入れ込み、むれた様な感触を持った秘裂を捉えて幼い肉丘を撫でまわす。 ひと筋の淫毛さえ無い、少女そのものの性器だった。 秘裂の中心にある、プルプルとした感触の突起をさぐり当てると、表層の柔らかな突起を中指の先端でこね回し、奥にひそんでいる肉芽を探り始めた。 「!」 勝の指先が、目指す肉芽の感触を捉えたのと同時に、それまでテレビの中で盛んに動き回っていたキャラクタが、突如として動きを止めた。 同時に、それまでは規則正しかった少女の呼吸がひきつる様に乱れ始めた。 「…やだ、勝にいちゃんのエッチ」小さな声で、洋子は微かに呟いた。 だが勝の手を払いのけようとはしなかった。 少女の秘奥にひそんでいた、コリッとした…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
妹みたいな女子大生の乳首は小さめでコリコリ
2015/12/18 16:00
2015/12/18 16:00
近所のサークル仲間で二人ほど妹感覚で遊んでいたオニャノコがいる。 向こうも前々から「お兄ちゃん欲しかった」って言ってて、ここ最近はことあるごとに遊んでた。 ふたりとも俺に懐いていて、1回自室アパートに泊まったこともある(俺+♀2) そのときはまぁ、俺は2DKの別室でひとりさみしく毛布にくるまってネンネ。♀2は俺のベッドで寝てた。 A(♀・20・ポッチャリ)先に知り合った仲のいい子、こっちの方が好み、彼氏持ち B(♀・20・ナイチチ)あとから仲良くなった子、好みではないけれど話が合うAを狙うがためにB同席でもいいかな、なんて思ってた俺。 ふたりの就職祝いに飲みに連れて行く約束をしてた…
ご主人が最愛でしたか?【人妻体験談】
2018/04/13 00:30
2018/04/13 00:30
結婚5年、32歳の主婦です。
夫は37歳、思いやりのある優しい男性で、私の事をとても大切にしてくれて、愛情を感じます。

それでも、「一番好きだった男性」はずっと私の心の中にいて、今でも夫が二番目に好きな男性なのかもしれません。
おそらく、一番好きだった前彼への思いは、一生消えないような気がします。

私が21歳の時に知り合った前彼は、私にとって2人目の男性でした。
最初の彼は、私の気持ちを弄びながら処女を奪い、私が惚れているのをいい事に、恥辱のセックスを仕掛け、しまいにはロープで縛って恥ずかしい姿をデジカメで撮影しました。

私の体だけが目的だったと気付いて、痴態を撮影された裏切り…
セックスサークルという夢の様な話ww
2017/06/06 22:09
2017/06/06 22:09
友達の美樹に紹介されて、サークルに参加しました。なんとセックスサークルなんです。


きっかけは、冗談。美樹はふんわりのんびりした感じの大人しいこで、男の影も感じさせないんで、

ちょっとからかうつもりで、セックスの話題をしたんですよね。

「そういえばさあ、セックスのサークルってあるんだって」みたいな感じで。

美樹はきっと、「いや、そんなの考えられない」みたいな反応をするだろうなって思って。からかい半分で。

そしたら、「あゆって、そんなのに興味あったんだ。そうは見えないから……誘わなかったけど、よかったら、一緒する?」って。
あとで知ったんだけど、美樹って、結構、男…
【官能小説】涼宮ミカの絶頂(その1)
2016/08/23 09:00
2016/08/23 09:00
涼宮ミカはこの七月に二十六歳になったばかり。 結婚してまだ半年、共働きをしているせいかまだ「人妻になった」 という実感もあまりなかった。 結婚をしたら勤めている銀行を辞めて専業主婦になろうと思っていたのだけれど、入社してまだ三年にもなっていなかったし上司の説得もあってそのまま職場に残ることにした。 もちろん経済的な理由もある。 新居には新築のマンションの二階にある一室を借りた。 二人で新居を探すとき、都内の狭いアパートより郊外の広いマンションの方がいい、と話し合って決めたのである。 家賃も手ごろだったし、駅からも近い。 初めは慣れなかった結婚生活にもだいぶ慣れてきて、最…
【レイプ・痴漢】輪姦されて悶えて・・・【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/06/12 00:42
2017/06/12 00:42
「あっーー もうやめてぇー お尻がこわれちゃう うーん うーん いやん いやん はん もう 死んじゃう」 リビングで抱え上げられておまんことお尻を同時に犯された後、もう一人に立ったまま壁に手をついて後ろからお尻とおまんこを凶器でえぐられます。 ゆっくり一回ずつおまんこかお尻をえぐるように突き上げられます。 どちらに入れられるかわからないので、期待と恐怖で震えてしまいます。 本当は激しく、もっと短い間隔で何度も突き上げてほしいのに、でもそんなことは言えません。 膣の部分をなぞるように押し付けてくるので、おまんこに入れられると思っていたのに、お尻にいきなり入れられました。 「くっあーーん お尻壊…
犯された便器恵理【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/09/08 07:39
2017/09/08 07:39
あの日は暖かかったので、私は我慢できずにお気に入りの公衆便所に出かけま した。 そこは公園の公衆便所で、公衆便器は黄色く汚れがこびりつき、 床にまで小便の汚れが染み付いた私のいちばん好きな便所でした。 便所に入るとあまりの愛おしさに小便器にキスをしました、 「私のいとしい便器・・・」 舌を使い舐めるうちに体が熱くなり、我慢できなくなり服を脱ぎ、 下着はつけてこなかったので、すでに全裸です そのまま小便器に抱きつき、優しく愛撫しました、 丹念に全体をなで、舌でなぞり、そして小便器の中に顔をうずめて、 奥の穴の中まで舐めまわしました。 私の体は熱くてどうしようもなくなり、マンコをこすりつけなが…
【出会い系】久々にセックスしたので【体験談】
2016/02/08 03:58
2016/02/08 03:58
私 29♀、技術職好き、埼玉県、145/40 相手 23♂、神奈川県、お互いに写メ交換なし 彼氏と別れて半年たつので、さみしいのと新しい出会いがほしかった。普段あまりセフレ募集などで会ったりしないんですが、技術職の彼の書き込みになんとなく興味を持ちいいなぁ、と。SだというのでMの私はチト期待。仕事帰りに会うことになる。見た目は…ハッキリってかっこ良くはないけど好感の持てるルックス。慣れれば全然大丈夫。6時に待ち合わせして軽く酒を飲みながらいろいろ話す。話もまぁまぁ盛り上がる。その後ホテルへ。ソファに腰掛けてまったり話しながら距離を縮める。髪撫でられたりだっこされたりそうゆう触れ合いが久々だから…
【妹との告白体験談】 仲良し四姉妹
2016/07/23 18:47
2016/07/23 18:47
うちの親せきは仲が良く、夏休みと冬休みは田舎に集まって何日か過ごします。その中でも年の近い従姉妹が私を含めて4人いて、小さい頃から行き来もあり女の子同士年も近いので、会うのを楽しみにしていました。私が一番年上で、高2(ゆみ)、中3(なおこ)、中1(ともみ)、中1(さき)一応仮名です。年頃の女の子ばかりなので、いろんな話で盛り上がります。特に彼氏の話や男の子のこと、かなりきわどいエロトークも大盛り上がりです。そして恒例のゲーム大会が始まりました。みんなけっこうテンションがあがってきます。まず最初は下着ショーです。自分が一番気に入ってる下着を着て見せ合うというたわいのない物ですがけっこう盛り上…
嫁と友人にセックスさせた、終わってから興奮が止まらない
2016/02/18 12:00
2016/02/18 12:00


俺=28歳で名前は達也普通の会社員で顔は良くも悪くもこざっぱりしてると思う。昔は高身長で痩せ型だったけど最近ちょっと腹が出てきた。嫁=28歳で名前は美咲兼業主婦でパートに出てる。自分で言うのもなんだけどかなりの自慢の嫁。結構ツンも多いんだけど男を立ててくれる大和撫子タイプ。手足細長いし括れもちゃんとあるのにFカップ。ちょっと垂れ気味だけど超やわこい。でも本人はその巨乳が結構コンプレックスだったらしい。服装とかはそれを隠すように気にしてて俺も付き合うまで気づかなかった。顔はまぁ惚れた弱みで美人としかいいようがない。細めかつ釣り目がちなんだけど睫毛がわっさーってなってる。ただ昔友人から酔っ…
巨乳で可愛い新人教師VS童貞8人【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/12/12 23:37
2017/12/12 23:37
もう20年以上前の中学のときの思い出です。顔がすごい可愛くて巨乳で、国語の新人女教師がいました。性格もいいので人気者でした。 授業は下手くそでしたが・・・。 たぶん生徒を刺激しないように意識してか、やぼったいセーターとかばっかりだったけど、セーターだと体のラインが出てしまい、逆に巨乳が強調されまくって男子生徒は視線釘付けでした。日頃から生徒たちに、「先生こんちちわ~」って言っておっぱいタッチされてました。触られて「コラー!」って言うけど全然怖くないので、毎日数人から触られてましたね。私も毎日タッチしてました。最初は手のひらで軽くボヨンって触れる程度でしたが、次第に揉むようになってい…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・彼氏と同棲していたけど浮気してナマナカしちゃいました。。。

・年上のOLさんに体の隅々までスローに舐め回された

・息子の男友達は一人前の男達だった

・【Hな体験】Win95が発売された頃に知り合った女の子[後編]

・H体験談/ヤンキー娘4人組 続編

・【人妻体験談】妻をレイプした息子の同級生を容認し、乱交寝取られSEXをさせていた理由

・同級生夫婦の旦那と浮気生活

・事故で下半身麻痺になり「未来がない。一生介護していくのが我慢できない」と嫁が出て行った

・憧れの叔母との秘密2

・友人の最後の一突きで妻は痙攣してしまいました・・・

・お洒落なアパレルショップ店員と合コンでオルガスターが大活躍www

・ママになった先輩の母乳をたらふく飲ませてもらった

・スワッピングの愛好者達に徐々に洗脳された話

・□強気な姉さん女房と友人で脱衣麻雀を始めた結果(転載禁止)

・営業中の女をスーツのまま犯すというシチュエーションに興奮

・人妻上司にラブホでマットプレイを仕込んだ

・【人妻体験談】息子に妻を近親相姦させて寝取らせたいド変態でキチガイな夫

・今の妻と結婚する前に付き合った彼女が超エロかった件wwwwwwww

・【熟女体験談】子供の時に祖母と初体験の近親相姦して童貞喪失

・【Hな体験】Win95が発売された頃に知り合った女の子[前編]

・下半身裸四つん這い妻10

・妊娠した後輩OLが口で抜いてくれた

・妻には裏切られたが、妻の不倫相手の奧さんとうまいこといってる・・・

・女友達をよんで彼氏と3Pしたら、巨根すぎて友達が失神しちゃいました

・□嫁の後輩夫婦と温泉旅行に行ったら、嫁がまさかの相手に寝取られていました3(転載禁止)

・旦那に買ってもらった振袖を着て元カレと中出しエッチ

・カテキョの女子大生が、エロすぎてヤバかったです・・・

・仲悪かった弟に犯されかけたんだけど

・貧乳に悩む妹の相談中に発情して近親相姦したったwwwwwwwwwww

・高校時代 四