寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【妹との告白体験談】TVゲームに魅せられて  =近親相姦告白=

2016/01/05 04:31




TVゲームに魅せられて「やったあ! 第二ステージ・クリア!」 手にしていた家庭用ゲーム機のコントローラを振り回しながら、少女は歓喜のおたけびを上げた。
「見て見て、遂にやったよ。凄いでしょ?」 たった今、テレビ画面に登場した僧衣姿の老人から、天空龍王拳の継承者として認める旨を告げられた少女は、自分の背後でその操作ぶりを覗き込んでいる青年の方を振り返り、得意満面の面持ちで戦勝報告を口にした。
「…ん、ああ。大したもんだな。洋子ちゃん、本当にこの格闘ゲーム、初めてなの?」 僅か三十センチ程の距離に位置する、二つに結んだおさげの髪型が似合う整った顔を見つめながら、青年は、洋子と呼んだ少女に問い掛けた。「うん、このゲーム機も初めて。お年玉で買おうと思ったんだけど、ママが、無駄使いは駄目だって言うから…勝にいちゃんが持ってるなんて本当に嬉しいな。分かってたら、もっと早く遊びに来てたのに」 少女は肩をすくめながら、自分が遊んでいるゲーム機と、そしてこの六畳程の洋間の主であろう青年に愛想笑いを向けた。 つい最近十三歳の誕生日を迎えた少女の笑顔にはまだ幼さの成分の方が色濃かった。 「ちゃっかりしてるな、洋子は」「へへへ…あ、これが天空界に向かうイベント・シーンだよ…そうそう、この女の人が、戦闘中に魔法を使える様にしてくれるんだって、雑誌に書いてあった」 瞳をキラキラと輝かせながら、洋子はテレビ画面の中に展開されるCGアニメーションを食い入る様にみつめていた。 「………」 部屋の絨毯の上で座りこんでいる後ろ姿に、勝は熱い視線を注いでいた。  少女の通う市立中学の制服であるモス・グリーンのブレザーを着た肩が、画面の動きに合わせて左右にくねり、後頭部で結ばれたクセの無い髪の毛の束が、目の前でワサワサと揺れる…その都度、近接させた勝の鼻腔に、微かに甘い香りが漂って来るのだ。 ダーク・グレーに染められたギャザーのミニ・スカートは身体の動きに連れて乱れていた。 そこから伸びた、僅かに足の裏が汚れている白いソックスを履いた細い両脚が無造作に投げ出され、あまり女の子らしいとは言えない姿勢で絨毯に座り込んでいる。 めくれ上がったギャザー・スカートから覗く太ももが脚の長さに比してほっそりとした印象を受ける…体形のあちこちに、大人とも子どもとも言えない、十三歳という曖昧な年齢が見え隠れしている…以前から勝の意識野に形成されていた、洋子に対する『いいしれぬ思い』が、この時更に強く沸き立ち始めていた… 母親どうしが実の姉妹である勝と洋子は、歩いて二十分程の場所に住んでいた。 その中途半端な距離に加え、七才も年令が離れているという事情もあって、二人はそれまで、あまり親しい訳では無かった。 顔を合わせるのも正月と法事くらいであり、それも会えば挨拶ぐらいはする、という程度の仲だった。  ただ、親交の度合いとは別に、勝は洋子に対し、かなり強い性的興味を持ってはいた。 もちろんこれまでは、それを実行する機会も勇気も無かったのだが… そんな勝が、3D描画速度を売り物にした最新式の家庭用ゲーム機を購入したのは、今年に入ってすぐの事だった。 当初は、もちろん自分で遊ぶ事を目的に購入したのだが、一か月くらい経ったある土曜の昼過ぎ、近所の本屋で洋子と偶然顔を合わせた事から、勝のゲーム機には新たな意義と用途が加わる事となった。 「ねえ、勝にいちゃん、そのゲーム機持ってるの?」 本屋の一角にあるゲーム・ソフト・コーナーで、つい最近リリースされたばかりの格闘ゲームのパッケージを手にして裏面の注意書きを読んでいる青年に、好奇心と期待感を融合させた様な表情を浮かべている少女が問い掛けてきた。 勝より頭ひとつ背が低い洋子は、ブレザーの制服の上からでも、頼り無い程ほっそりとした体形である事が明確に伺えた。 その姿に好奇心を刺激されながらも、表面上は平然とした面持ちを崩さず、勝は少女の質問に答えた。 「え? うん。今年の初めに買ったんだ。それでこのゲームが面白そうなんで、どうしようかな、と思って…」「絶対面白いよ! 買わなきゃ損!これね、この間発売されてからずっと品切れになってたの。もの凄い売れ行きで今買い逃したら、またいつ手に入れられるかわからない位なのよ」 十三歳の営業部員はそう力説し、購入をためらっていた大学生の客に、必死に売り込みを続けた。 「そう…じゃ、買ってみようかな」 ゲームに対する興味は勿論あった。 だが、買った方が彼女に気に入られるに違いない…どちらかといえばそれが、勝の購入決定要因であった事は言うまでも無い。 そしてその思惑は即座に功を奏する事になった。 「ねえ、勝にいちゃあん…」 レジで清算を済ませた勝の耳に、先程とはうって変わって、如何にも子どもっぽい猫撫で声が聞こえてきた。 「これから家に帰って、すぐそのゲームやる?」「…ああ、そのつもりだけど。」「それね、一人プレイよりも対戦プレイの方が面白いんだって。人間どうしの戦いの方が変化があるものね。それに、実力差もオプションでハンデが付けられるし…」 必死の形相でまくしたてる少女の姿を目にした勝は、それで相手の魂胆を確認した。 「一緒に遊ぼうか?」「…う、うん、構わないよ」 子供特有の見栄が含まれた返答に内心失笑しながらも、勝は洋子を伴って帰宅の途についた。 ※「ああ、疲れたあ、ちょっと休憩!」 二人が、勝の寝室に設置された二十八インチのワイド・テレビの前で、買ってきたばかりの格闘ゲームを始めて二時間後…勝は指先の痺れと肩凝りを訴えて続行断念を告げた。 「え、もう? あたし、このキャラクタの動きを、やっと掴んだばかりなのに…」「頼むからさ、ちょっと休ませてよ」「…それじゃ、あたし、一人プレイやっていい?」 その問い掛けに、勝は手ぶりで『どうぞ』と促した。 快心の笑みを浮かべた洋子は早速ゲーム・モードを切り換え『対戦プレイよりも面白くない』はずの一人プレイを、今までにも増して嬉々とした様子でプレイし始めた。  完全に、このゲーム好きの小悪魔の策略に引っ掛かった…という事を察した勝だったが、別に腹は立たなかった。 洋子が喜んでくれた事の方が重要だし、それに、明確にでは無いがこの時勝は洋子に貸しをひとつ作った様な気になっていた。 それが、勝の心から『かせ』をひとつ外す結果をもたらした。 「………」 夢中で、ゲーム機のコントローラを操作している十三歳の少女の背後に座り込んだ勝は、洋子の背中と密着する寸前まで身体を寄せた。 クーラーの効いた部屋の中で、目の前の少女が発散する体温と体臭が感じられる…我慢の限界に達した勝は、両手を洋子の腰の付近から前に伸ばし、絨毯に座り込んで六十度程に開いていた太ももの内側に滑り込ませた。 「………」 ギャザー・スカートから伸びた生脚の感触が両手のひらに伝わって来る…その、ぞくぞくする様な緊張感に、勝は今すぐ洋子を押し倒して制服をはぎ取りたい興奮にかられたが、寸前で心にブレーキをかけ、相手の様子を伺った。 両ももの内側に手を差し入れられた洋子は、しかし別に気にするそぶりも見せず、相変わらず、お気に入りのキャラクタをテレビ画面の中で動き回らせていた。 (…こうなったら、行ける処まで行ってみよう…) そう決意した勝は、太ももに置いた両手をゆっくりと脚の付け根に向かって滑らせた。 ダーク・グレーのギャザー・スカートの中に手が入っても、洋子は嫌がらない…それを確認した勝は心の中でニヤッとした笑みを浮かべ、さらにスカートの奥へと指先を進めた。 フィット・ブルマーであろう感触が指先に感じられると、勝は躊躇せず、布に護られたその幼い秘部を撫で始めた。 「………」 厚い布ごしに、内側の形状と弾力が伝わって来る。 心持ち開いた股の中央付近が、えぐれた様にペコンとへこみ、その中央付近に何か小さな突起の感触がある。  位置からして、多分洋子のクリトリスだ…そう察した勝は、右手の人差し指と中指の先で、その突起の付近をさすり始めた。 初めはゆっくりと、軽く触れる程度の力で、パンツの中の突起とその周辺を、円を描く様に撫でていた。 しかし洋子が何も反応しない為、勝は序々に、動きと圧力を強めていった。 「………あ!」 洋子が、初めて具体的に反応したのは、勝の指先が、パンツの中に入り込もうとした時だった。 パンツの裾から両手の指が入り込む気配を見せると、洋子は驚いた様に肩をピクッと奮わせて開いていた両脚を閉じてしまった。 だが、勝が無言で、手を太ももの間に差し込んで開脚を促すと、洋子は意外な程素直に、再び脚を大きくひらいた。  ホッとした様子の勝は、今度は念の為、左手で相手の左脚の太ももを押さえ込み、自分の右脚を前方に伸ばして、洋子の右脚を絡めとった。 もう脚を閉じたくても閉じられない状態になった少女の恥部に、勝は再び指先を這わせ始めた。  指先がパンツの中に入れ込み、むれた様な感触を持った秘裂を捉えて幼い肉丘を撫でまわす。 ひと筋の淫毛さえ無い、少女そのものの性器だった。 秘裂の中心にある、プルプルとした感触の突起をさぐり当てると、表層の柔らかな突起を中指の先端でこね回し、奥にひそんでいる肉芽を探り始めた。 「!」 勝の指先が、目指す肉芽の感触を捉えたのと同時に、それまでテレビの中で盛んに動き回っていたキャラクタが、突如として動きを止めた。 同時に、それまでは規則正しかった少女の呼吸がひきつる様に乱れ始めた。 「…やだ、勝にいちゃんのエッチ」小さな声で、洋子は微かに呟いた。 だが勝の手を払いのけようとはしなかった。 少女の秘奥にひそんでいた、コリッとした…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
憧れてた子がヤリマンサークルに入ってた
2015/08/26 18:00
2015/08/26 18:00
昔ヤリサーが流行った時期があって、今も東京でちょっと話題になってるので昔話をしよう。俺がまだ大学生でイケイケだった時代の話だ。もう時効だしいいだろう。
大学時代某有名私大に通っていた。
俺は当初真面目に体育会で部活してたんだが、友人にイベサーに入ってる奴がいた。
イベサーっていってもソイツが立ち上げたサークルで、女の子の割合が多いのが気になった。
30人程度の中規模のサークルだったんだが女の子が20人近くいた。
 
色んなイベントをしてて、色んな口実での飲み会が1番の行事だったが、スポーツ系のイベントもしてた。

例えば男だとフットサルとか女の子だとテニスとか。…
姉ちゃんから渡されたビデオで目覚めてしまった
2015/08/11 14:10
2015/08/11 14:10

だいぶ前の話だけど、俺が中3の時の出来事です。
当時姉は短大を卒業した後就職せずにレンタルビデオ屋でバイトしてました。
そこは社員が常駐してなくてバイトだけだったので、俺はただでビデオ借り放題でした。

ある日友達の家に泊まりに行くことになった俺はビデオでも借りて行こうと思って姉ちゃんに「なんかおもしろいのない?」と聞きました。

すると姉ちゃんはいきなり飯島愛のビデオを持ってきて
「これが今一番人気だから」と俺に渡しました。

当時の俺はエロビデオを見たことがなく、飯島愛も知らなかったし、姉ちゃんとエロい話をしたこともなかったのでかなり動揺しましたが、
姉ちゃんの、「男同士の夜はやっぱエ…
とんでもない変態がいたwwww
2017/12/30 23:21
2017/12/30 23:21
2012/05/12 20:35┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者 電車の4人がけの奥のとこに座ってたんだそこにまずJKが斜め前に座った 4駅目でコート着た中年のオッサンが俺の横に座ったんだ 1分ぐらい過ぎたころになんか横の男がもぞもぞしててなんか物探してるのかとおもってたら違った 鞄上にかぶせてたから最初よくわからなかったが90%オナニーだとおもったこりゃやべえとおもって席を替えようとおもったが男が足を前のJKに触れるか触れないあたりまで伸ばしてて通れない 焦ったが前のJKは特に反応してない携帯に夢中で気づいてなかったどうしようか悩んでたらもう一人女性がきたそしてその女性(お…
私の中のM心が・・・
2017/07/30 06:01
2017/07/30 06:01
この前、仕事場の忘年会(温泉に泊まり)がありました。
元々女の方が多い職場だったので、油断していたのもあるのですが、温泉に
入って浴衣に着替えると、すっかりリラックスしてしまって、宴会の席で少し飲
みすぎてしまいました。
ホロ酔いになって、トイレに行こうと立ち上がると、少しフラッとして倒れてしまい
ました。同僚の女の子達もみんな結構ベロベロで、たまたま傍にいた先輩(男)
が心配して、トイレ(入り口)までついて来てくれました。

「もしかして襲われちゃうかも」とドキドキしていた私は、拍子抜けしたままトイレ
で用を足して出ると、まだその先輩が前で待っていました。
そして、その先輩は「ちょっ…
【熟女体験談】イケナイ快楽を知ってしまいました
2016/08/08 18:02
2016/08/08 18:02
2016/08/08 (Mon) 昨日、主人の知り合いの男がウチに来て主人と私の三人でお酒を飲みました。

お酒が弱い主人は酔いが回ったらしく『少し酔い覚ます』と言うと一人二階の寝室へ休みに行きました。

一時間以上経っても主人は一向に降りて来る気配がなく、寝室を覗きに行くと主人は完全に熟睡してました。

しかたなく私は主人の知り合いの男と二人、再び飲む事になりました。

やがて私もその男もかなりいい気分になり気が付くと私達はかなり距離を近くして飲んでました。

時折男の顔が真近まで迫るようになり、さらにお酒が進むと話題はエッチな話になりました。

初体験、主人とのエッチの回数、好きな体位…
真面目と思っていた彼女が違う男の名前を呼びながら
2017/03/17 02:04
2017/03/17 02:04
同じ大学で知り合ったまじめな女の子と付き合い始め、ようやくセックスまでこぎつけた。


ある日、仲間同士で飲みに行った。

彼女も一緒に飲みに行き、程よく酔っ払い僕のアパートへ。


二人とも結構酔っ払っていてアパートに着くなり当然の如く二人でベットに倒れこむ。

いつものようにセックスしはじめた。


いつもの流れで正常位でインサート。

そこで彼女「ああん・・いい・・きもちいい・・」とふだん言わない言葉を。

そこでまずビックリ。

そのあとなぜか彼女が上になった。


いつも上に乗るのを嫌がる彼女、不思議に思いつつも。

彼女、ちんちんをあてがい自分で入れた。
「…
デリヘルで働いていた近所の超美人妻【風俗・69】
2016/07/13 15:15
2016/07/13 15:15
数か月前の出来事です。 経験した事がある方もいると思います。 私35歳、妻32歳、子供10歳 ここ数年、私は妻との夜の生活も少なくなり半年に1回程度です。 私はまだまだ、やりたい時期なのですが、妻にその気がありません。 だから、パチンコで稼いだ時は、ホテルにデルヘルを呼んで欲求を解消しています。 ある日、私はいつもの様にパチンコを楽しんでいるとフィバーの嵐!!! 気づけば10万円稼いでいました。ニコニコでそのままホテル直行! 携帯からデリヘルに電話を掛け、部屋で待つ事に・・・。 ”コンコン”とドアを叩く音! ”どうぞ”と部屋のドアを開けると、30代の女性が立っていました。 ”ん~”…
【姉】姉の同級生 薫さん 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/07/09 22:14
2017/07/09 22:14
前篇:姉の同級生 友里さん(手コキ体験談) 729:460◆saxsejGW8g:2008/06/05(木)15:53:58ID:ppkQMRB60 スレちなので経緯だけ 俺高2の三学期から予備校に通ってたんだけど(薫さんも当然知っていた) 高3の夏期講習にその予備校にバイトで薫さんがいたのにはビックリした どうも就職内定した薫さんが暇つぶしに確信犯で来たみたいだった。 夏期講習は朝一から夕方まで。 薫さんもバイトなのでアガリ時間は俺たちとそんなに変わらなかった。 薫さんは大学近くに一人住まいだったけど 途中までは電車の路線が一緒だったから時々は一緒に帰っ…
ビッチな大学生だけど質問ある?
2018/01/16 11:31
2018/01/16 11:31
【近親相姦体験告白】義母と義叔母(続き)  ○近親相姦体験告白○
2015/12/24 08:37
2015/12/24 08:37
由香は俺の種を受け入れて「あ~っ!」と声を発して腰を落として果てた。由香の肉感と体重を受け止めながら、嫁由子と似た由香の性癖を感じていた。繋がったまま「敦さん、凄いわぁ良かったわ、由子が羨ましいわぁ、どっちがいい?」「どっちかなんてわからないですよ、叔母さん締まりが良くて最高だし、由子は俺の好きな行為を全部心得てるし、でも叔母さんとこうなったのは運命的な気がするよ」「ふふ、初めて見た時から狙ってたんだもん、当り前よ。敦さんのって太くて硬くてタフだから、また相手してね」「いいけど、あんまりややこしいことにならないようにしないとね。一応義理でも親戚なんだから」「ねえ、姉さんのことは、女としてど…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・8人目の人妻

・【痴漢・痴女】痴漢の彼

・シルバーのBMWと我輩の男根を乗りこなす近所の奥様

・20代後半の母親と子供は家族揃って超ハイレグのお尻丸出しでしたwww

・【熟女体験談】仕事の訪問先で知り合ったエロい高齢熟女に赤ちゃん言葉で話しかけ、おっぱいに吸い付くとなんだか母親と近親相姦をしている気分になる

・■SEXをしたくてたまらない時期

・日本酒のチカラ【人妻体験談】

・【痴漢・痴女】ドンキのトイレに痴女が出没したんだけど質問ある?

・姉と私 1989 から

・恋人ではない年上の男性と同棲してる♀だけど質問ある?

・中学の同窓会で再会した元彼女と

・セフレ探してる四十路の金持ち熟女とのエロ体験

・優しく無防備なオナニタには困らない天然エロなパート主婦

・【オナニー】寿退社した先輩OLの生パンを拝みながら

・姉に彼氏が出来たと思ったらエッチした相手は俺でした。

・【痴漢・痴女】痴女と出会って人生終わりかけた話する

・全裸後ろ手錠で高校生と

・遠距離の彼氏がいましたが、童貞君と仲良くなっちゃいました

・不倫の相手は息子の家庭教師です

・耳も弱いワタシはメロメロ…言葉だけでいきそう【出会い系体験談】

・妻のバイト先の人間と共謀して妻を犯してもらう計画。

・【Hな体験】セックス嫌いな彼女を酔わせてイタズラ三昧

・取引先の後輩の妻と

・女子刑務所での誘惑

・蘇る嫉妬心

・人妻めぐみ

・【初体験】沖縄でナンパした女子大生と童貞喪失

・【痴漢・痴女】痴漢でかんじてしまいした・・・

・スカートに頭突っ込んで、人妻が逝くまでペロペロしました

・ネットでは「くれあ」さんだった