寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【レイプ】同級生を奴隷にした話

2015/12/24 15:41


突然、無性に書いてみたくなったので書いてみる。俺は、中学時代のほんの一時期だけ、
いずれ俺は有名文学者になるなんて痛い夢を見ていた頃もあったが
その後は全く書いてなくて、日記つけるぐらいしか文章書いてない。
だから、正直、稚拙な文章になると思う。
そういう文章にも我慢ができて、かつ腐った性根の男の話でも耐えられる、
どうか最後まで付き合ってほしい。全部は覚えてないし、日記帳にも家族に読まれることを恐れて書いてない部分もあるから
そういうあいまいな部分は妄想で補ってる。
だから、ネタと思ってもらって構わない。もう随分前、俺がまだ高校生だった頃の話だ。
地方にある私立の共学高校に俺は通ってた。
当時の俺のクラスには、吉野詩織という女がいた。
もちろん仮名だ。当時の高校生の間では、少し茶髪にするのがはやってたが
そんな中、少数派の黒髪で、無口で大人しいやつだった。
結構なお嬢様なので、喋り方もギャルっぽくなくて
制服のスカートも、他の女子より若干長めだ。
勉強はそこそこできたけど、スポーツは全くダメ。
クラスでも1、2を争うほど可愛いんだが、
仲のいい友達はみな地味だ。
おしゃれで目立ってるクラスの中心の女子グループとは距離を置いていて
彼女たちとは序列が明らかに下に見えた。詩織とは同じ中学だったが、一度もクラスが一緒になったことはなく
高校で同じクラスになっても、挨拶や話したりはするが、それほど親しい関係ではなかった。当時の俺は、猿同然で、いつも授業中はいやらしい妄想の海にどっぷり浸かっていた。。
その頃、ちょうど詩織が俺の斜め前の席だったんだが
ブラウスから透けて見えるブラやスカートからのぞく白い足には、大変お世話になった。いつ頃かは正確に覚えていないが、俺はこの女を犯す妄想をよくするようになった。
たぶん、彼女と別れてしばらくしてからだと思う。
授業中、集中力が切れたときなどには大抵、斜め前のこの女を凝視して
清潔感のある制服を剥ぎ取って白い肌を剥き出しにする妄想をしては
一人勃起をしていた。今振り返っても、当時、俺がなんであんなことをしでかしたのかは分からない。
取り憑かれていたとしか言いようがない。
俺の中のレイプ妄想はどんどん大きくなって、
いつしかこの女を犯すことを心で決めていて
後はただ、いつ、どうやって犯すのかを決定するだけのような精神状態だった。捕まったらどうなるとか、
息子がレイプ犯だということを親が知ったらどうなるとか
クラスのやつらにばれたらどうなるとか
そういった、通常は思い至るであろう心配事が、
当時の俺には、全て瑣末なことにような感じてたと思う。とうとうある日、俺はその妄想を実行へと移してしまった。学校の裏手の山には、昔、トラックが出入りしていた場所があった。
今では使われなくなったが、人がいた頃の面影はまだ残されていて
工事現場の近くにあるようなプレハブ小屋も、そこにそのまま残されていた。
プレハブ小屋に鍵が掛かっていないのは、以前から知っていた。その日、朝早く家を出た俺は、
通学用のカバンと一緒に大きなボストンバックを抱えて家を出た。親に怪しまれる心配はなかった。
俺の両親は、二人とも会計関係の専門職なので
事件あった10月の前後は、中間決算とかいうので二人とも出張がちになりがちだった。
ちょうどその日も、家には俺一人だった。裏山のプレハブ小屋のドアを開けると
中は灰色のスチールデスクと椅子が一つと白いスチール製の本棚が一つあるだけで
灰色の机の上には、銀色の安っぽい灰皿が置かれていた。
灰皿の中にはタバコの吸殻を確認した。3本あった。
昨日来たときも3本で、一昨日来たときも3本だった。
人が出入りした形跡がないことを、これで再度確認した。肌寒いぐらいの早朝の冷えた空気の中、
俺はもう一度プレハブ小屋を一回りして、椅子や机、窓枠ホコリの積もり具合
窓や扉の配置、室内の備品の配置を入念に調査し
これらにも人が出入りした形跡がないことを確認した。
確認を終えた俺は、ボストンバックから毛布を出して、
毛布でボストンバックを包んで隠すと、通学用カバンだけ持って学校に向かった。その日は一日、授業どころか友達との会話さえ、まともに頭にはいらなった。
変な緊張状態というか、興奮状態というか、
体が宙に浮いて、足に重みがかかっていないような感覚が放課後まで続いた。俺の計画を実行するためには、詩織にメールを送らなくてはならない。
しかし、計画実行を決心していても、このメールを送るのは相当の勇気がいった。5時限目が終わった後の10分休憩のとき、つまりその日最後の休憩のとき
俺は一人トイレに行った。
個室に篭って「俺はできる。俺はできる。俺はできる…」
「絶対にあいつとやる。絶対にあいつとやる。絶対に…」と心に念じ
手が震えてボタンを押すのに苦戦しながらも、ようやくメールを送ることができた。「今日、ちょっといいかな。話があるんだけど。
4時にグラウンドの裏山側のとこまで来てくれない?」あれだけ苦戦しても、送ったメールはわずかこれだけの文章だった。「いいよ。分かった」あっけないほどメールはすぐに帰って来た。もう後戻りはできない。そう思うと膝まで震えた。6時限目の授業とHRが終わったら、俺は走ってプレハブ小屋まで向かった。
プレハブ小屋に付くと、俺はすぐに毛布を予め決めていた位置に広げて
ボストンバックからビデオと三脚と取り出して机の上にセットした。
ビデオのズームや向きを調整して録画ボタンを押すと
ボストンバックからダンボールとボロ切れを取り出してビデオを隠した。時計を見ると、まだ時間は早い。
だが、いてもたってもいられない俺は、すぐに待ち合わせの場所に向かった。待ち合わせ場所に指定したのは、グラウンドの隅の出入り口のところで
グラウンドを一歩出て舗装された道路を渡ると、裏山の入り口の林へと続くという場所だった。
グラウンドに沿って背の高いネットが張られていて、
ネットの外には樹木が植えられていたので、
グラウンドから一歩外に出たところで待っていれば校舎からは完全な死角になった。約束よりも10分ほど早い時間、校舎の方からトボトボ一人歩いて来る詩織が見えた。詩織「あ、もう来てたんだ?……話って何?」詩織もなにやら緊張した面持ちだった。
告られるとでも思ってたんだろう。
無理もない。
大して親しくない男から人気のないところに呼び出されて
その男が挙動不審になるほど興奮状態なんだ。俺「ああ…。その前にさ、お前、ケータイ持ってるよな」
詩織「うん……持ってるけど…」
俺「ちょっとストラップ見せてくれよ」
詩織「え?…うん。いいけど」
そう言って、詩織がポケットから携帯を出した。「よし今だ。覚悟を決めろ。行くぞ」心の中で俺はそう叫んで、詩織の手から携帯を奪い取って
裏山の方へと走り出し、林の中へと入った。
詩織から20mぐらい離れたところまで走ってから、立ち止まって振り返ったが
詩織は、俺たちが会話していた場所で呆然と立ち尽くしていた。そこで俺は立ち止まって、詩織の2つ折の携帯の開き、
携帯の中身を見る振りをした。
「やだ。ちょっと返して」
ようやく我に返った詩織は、あわてて俺に駆け寄ってきた。詩織が駆け寄ると、俺はまた少しプレハブ小屋に向かって進み、
詩織と距離ができると立ち止まって携帯を見る振りをした。
俺はそれを繰り返した。詩織が追うことをあきらめるほど離れず
かといって詩織に捕まるほど距離を縮めず
付かず離れずの距離を維持しながら、俺はプレハブ小屋へと向かった。
待ってるときは足がガクガク震えたけど
追いかけっこをしているときは、なぜか体の震えはそれほどでもなかった。プレハブ小屋まであと5mというところで来て俺は立ち止まり
詩織が駆け寄るのを確認してから、俺はドアを開けて小屋に入った。
小屋に入った俺は、ドアのすぐ近くで立ち止まった。
詩織も、迷わず俺を追ってプレハブ小屋に入った。
詩織が小屋に入るとすぐ、俺は毛布の上に携帯を放り投げた。詩織は、まっすぐ携帯に走って行き毛布の上の携帯を拾ったが、
俺は詩織が携帯を拾う隙にプレハブ小屋のドアを閉め鍵をかけた。
この扉は、内側から鍵か掛けられる仕組みだ。扉を閉めると、詩織は驚いた顔をして俺を見る。
詩織が考え、言葉を発する間もなく、俺は詩織に飛び掛り詩織を毛布の上に押し倒した。いよいよ本番なわけだが、俺は大変な興奮状態で
飛び跳ねて大騒ぎしたいような気分だった。
体の震えは止まっていた。まずは詩織の唇に吸い付いた。
舌を入れようと思ったが、詩織は唇をギュッと閉じていて入れられなかった。
俺は仕方なく唇をなめ回し、詩織の唇の柔らかさを味わった。詩織の左手を俺の体の下に置いて動けなくし、詩織の右手首を俺の右手で掴んで拘束すると
俺は残った左手で、タイとブラウスのボタンを外した。
白いブラが現れると、ホックも外さずにブラを上に押し上げ
詩織の胸を露わにした。決して大きくもないが、それほど小さくもない胸はきれいなお椀型で、
乳輪も乳首も小さくて、色が薄かった。「やだ。やめて」今まで、無言だった詩織がここでようやく声を出した。
蚊の鳴くような小さな声だった。この女は不測の事態に直面すると、パニックになって硬直するタイプだ。
以前にも一度似たようなことがあった。
クラスの女子から詩織が言いたい放題に罵倒されたことがあったんだが
明らかに非は罵倒した女子にあるのに、
詩織は呆然とするだけで何も言い返せず、一方的に罵倒されていた。
そして、騒ぎが終わってから、詩織は悔し涙を流していた。
詩織のこういう性格であるこ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
上司とのHがビックリするくらい気持ち良くて…【人妻体験談】
2017/08/03 12:10
2017/08/03 12:10
27歳の人妻OLです。2ヶ月くらい前から、会社の上司(39歳)とエッチする関係になりました。
それが、上司とのHがびっくりするくらい気持ちよくて・・・すっかりはまっちゃって。

会社でしたのは、先週の金曜です。
場所は・・・オフィスじゃなくて女子ロッカールーム。

私だけ残業することになっちゃって、遅くなって・・・ほかの女性社員はみんな帰っちゃって。
そしたら、彼からメールが来て、「あとでロッカーのところに来て」って。

なんだろ?と思って女子ロッカーまで行ったら、待ってた彼にロッカールームに押し込まれました。
「制服姿みてたらやりたくなった」って。

だめ、ここはだめって言ったのですが、後ろ…
【SM・調教】美少女だけどアホっぽい処女のJKを中出し飼育
2018/01/14 10:00
2018/01/14 10:00
数年前のこと、夕方、仕事途中の郊外でゲーセンに入った。トイレと飲み物休憩でぼんやりしていると、馴れ馴れしく制服姿の女子高生が話し掛けてきた。見た目は可愛いと言うより、クラスに1人は必ずいる美少女タイプ。綺麗な顔つきでスタイルも良い娘でした。しかし、話の内容が飛び過ぎていて、こいつあんまり頭良くないなって会話。今で言うスザンヌタイプだろう。 じゃあ出るって時に、車でドライブすると勘違いして乗り込んできた。困ったというより、助手席の太股の見える姿にヤル気を起こさせられた。しばらく走って・・・。 「このままホテル行っちゃおうか?」 「あー、行ったことないから、行ってみたい」 …
友だちの彼女に…
2018/10/07 00:04
2018/10/07 00:04
俺はまさか友だちの彼女とエッチをするなんて思ってもいなかった。その日も教室でいつも通り、大学受験に備え夏期講習をしていた。俺は彼女がいないというか彼女ができたことがない。そんなある日、隣のクラスのアイドル的存在の麻里奈とたまたま席が隣同士だった。麻里奈は俺の友だちの彼女であり、いつ見てもでかいメロンおっぱいそれに細身でスレンダーボディー。 俺のオナニーのおかずであった。隣に座って麻里奈のおっぱいを見ただけで俺のチンコはすでに大きくなった。麻里奈『◯◯くん、どうしたの?』 オレ『あ、なんでもないよ』 麻里奈『分からないことあれば、教えてあげるよ?』 オレ『ありがとう、麻里奈さんって優しいんですね…
学校でヤリマンで有名なヤンキーギャル先輩二人に貞操を奪われた
2016/06/29 13:06
2016/06/29 13:06
中3の時、インフルエンザで俺以外の部員が全滅した。

帰ろうと思ったけど、塾の時間の関係で部室にいることにした。

この部室は、当時喫煙してた俺にとっては奇跡の楽園で、顧問から煙草はここで吸えと約束させられてた場所だった。

そこで換気扇の音を聞きながら煙草を吸ってたら誰か来た。

ドアをノックするので、俺はカギを開けた。

1つ年下のヤンキーギャル先輩、由希子と香織が入ってきた。

この部室は部外者の不良グループもよく来ていて(俺が呼んだ)、そいつらは皆小◯校から付き合ってて仲が良かった。

由希子「あ?Jちゃん(俺)だけ?」

俺「インフルエンザでみんな休み。Tとか(不良男子達)は…
【人妻】家出した人妻
2015/12/13 18:36
2015/12/13 18:36
俺が21歳の頃、ビルのメンテナンス管理会社に勤めていた、俺の担当ビルは、 歯科・眼科・旅行代理店と他に5社が入っている5階建ての総合ビルの管理業務でした。 9月末にある夜、帰る前のビル内点検で1階のトイレに居た家出女性を、俺のアパートに 連れていった時の話です。 その日は台風の影響でお昼ごろから雨が降っていました。 トイレから出てきた女性を見た瞬間声を失っていました。 髪はぼさぼさに近く、化粧もしていない様で、手には小さな紙袋を持って、 靴は汚れたスニカーを履いていました。 廊下まで出てきた女性は、ゆっくり俺の方を見ながら、 「すいません」 何か事情がありそうだと感じま…
従業員の巨根に貫かれる妻を見ながら、興奮が止まりません
2017/03/02 14:00
2017/03/02 14:00
私は松本信二(45歳)小さな設計事務所を経営しています。
妻(有里40歳158・86・60・88)も事務所を手伝ってくれています。
夕方、予定より早く帰社した達也に事務所での夫婦の遊びを見られた私達は、達也に口止めを約束させるため仲間にするしかなかったのです。
電話で私の覚悟を聞いた妻も『仕方ない・・・』と意を決したようです。


私と達也を乗せたタクシーは自宅に着きました。
玄関で私達を迎えてくれた妻の有里は事務所での格好にカーデガンを羽織ったままでした。

ただ透けたブラウスからはブラは着けていないのか乳首が透けてみえます。
達也をリビングに通して私はシャワーを…
貧乳で脚が綺麗な未亡人の上司が重大なミスをして…1
2017/12/26 22:10
2017/12/26 22:10
「それにしても、すっげえ美人だな」
「足とか細くてめちゃ綺麗じゃなかった?顔も小さかったよね」
「でも、胸も小さくないか?。」
「ばか、それがいいんだよ」
「シャツの張り具合から、乳の無さが分かりすぎて、逆にエロかったよな」

これは僕がとある卸売り会社の営業部に配属された日、同期と交わした会話の一部です。

僕は同族経営のショボイ卸売り会社に入社しました。
会社にも自分の人生にも、何も期待していなかったのですが、同期の渡辺、庄司と3人で営業第二課に配属され、はじめて自分の席に案内された時、大きな衝撃を受けました。

部長から僕達の教育担当として、隣の席の女性を紹介されたのです。
その女性こそ…
【レイプ・痴漢体験談】私の話じゃないけど・・・・
2017/02/20 23:35
2017/02/20 23:35
私は、22才のフリーターです。私はよくメールフレンドとかチャットで知り合った人と会って、Hしたりして楽しんでいます。ほとんどが援助交際になることが多いのですが・・・・今も援助交際相手は3人います。その人たちとは、メールで連絡をとって月に1~2回くらいずつ会っています。相手の人たちは、私のことを彼女だと思っているようですが・・・・(他に援助交際相手がいることは内緒にしているので・・・)その3人の援助交際相手のうちの一人で、25才の男性がいます。-----この人は、BBSでメール交換相手として知り合い、数回のHなしデートのあとマジな告白(交際申し込み)されて、はじめてHしたので、私のことをホント…
映画館の思い出(3)
2016/02/22 09:01
2016/02/22 09:01
ちょっとご無沙汰してしまいました。 この歳になってもいろいろとあるものです^^ 察して下さいね。さて、映画館で若い人に誘われてトイレに行ったところまででした。 女子トイレの個室でふたりきりになりました。こんなところで、ヘン、って思いましたが、ふと見ると、彼はもうビンビンで す(汗)彼はズボンを下ろして出してるんです(照)そうですよね。高校生が ポルノ映画を見て、それに私みたいな女性がそばにいて。しかもトイレに二人 きり。こんな状況になったら、することはひとつ、って思うでしょ? でも、そうはならなかったんですよ(笑)彼、皮がかむってて...つまり、包茎でした^^;私、包茎って知らなかったんです。…
自分がキチガイレベルのド変態だと気づいたソープ体験
2016/08/02 10:02
2016/08/02 10:02
自分は、21才で、童貞

素人娘じゃ初体験は、当分出来そうにないと

風俗の力をかりようと決めました

しかし、予約戦線に負け、希望の可愛い泡姫に入る事出来ず

次を待てば良かったのだが、性欲には勝てず

泡姫探しに苦戦している間にも気になる姫は予約で埋まっていき、

希望時間には入れず

しまいにはお店までもが満室で姫は空いているが、

案内は無理と言われる始末

性欲には勝てず料金と相談しながら手当たり次第電話を掛けました

そして希望の姫は無理でしたが、

部屋に空きが有り写真にて選べると言われ送迎を頼みました

物凄い緊張の中、指定された場所で送迎車を待ちました

待つ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・JC集団が一人になったところを狙ってレイプ

・人生初のモテ期が35歳で到来した。

・黒人のペニスは期待したよりも凄かったーー

・【人妻体験談】お風呂に入ってきた叔母に勃起し、ベッドで筆下ろし

・【熟女体験談】旅行先で妻のスカートの奥を覗き込む男たちを発見し、ビデオで撮影されながら犯されている妻の横で興奮する夫

・主人の義父は床上手でアレも素敵

・外注先の女に会社でストリップをさせた

・妄想の中で妹と一線を超えてエロいことした

・旦那の連れ子

・【初体験】マッサージの先生に咥え方や舌の使い方を教わって

・入院した看護師と病室で

・絶倫男に何度もイカされて思わず懇願

・【熟女体験談】ロレツも怪しいぐらい酔っているおデブなおばさんを車で自宅まで送る間に中出しカーセックス

・先輩とカラオケデートしてたらそのままレイプされた

・【人妻体験談】パート熟女と飲み会の後、マンションに連れていきたっぷりと中出しSEX

・【CFNM】ちん見せ(だけじゃない!)の思い出?中2の時のこと

・主人はエリートサラリーマンですがアッチの方は

・【不倫】酔った勢いで従姉の息子に胸を触らせてあげたら・・・。

・ココロとカラダ

・【CFNM】ちん見せの思い出?小6の時のこと

・エッチの為に遠征してきたメル友

・【人妻体験談】切ない両親のセックスを目撃し、泣いてしまった息子

・【熟女体験談】農家に婿に入り、老婆な義母とほぼ毎日SEX

・【初体験】3人の処女との体験を語る[後編]

・スイミングクラブの夜

・疲れたのでホテルでマッサージを頼んだ体験

・修羅場にならなかった悪戯

・小6少女に受けた屈辱の欲望~約束のアイドル~

・お互いの息子を交換して性処理

・【初体験】3人の処女との体験を語る[前編]