寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【レイプ】同級生を奴隷にした話

2015/12/24 15:41


突然、無性に書いてみたくなったので書いてみる。俺は、中学時代のほんの一時期だけ、
いずれ俺は有名文学者になるなんて痛い夢を見ていた頃もあったが
その後は全く書いてなくて、日記つけるぐらいしか文章書いてない。
だから、正直、稚拙な文章になると思う。
そういう文章にも我慢ができて、かつ腐った性根の男の話でも耐えられる、
どうか最後まで付き合ってほしい。全部は覚えてないし、日記帳にも家族に読まれることを恐れて書いてない部分もあるから
そういうあいまいな部分は妄想で補ってる。
だから、ネタと思ってもらって構わない。もう随分前、俺がまだ高校生だった頃の話だ。
地方にある私立の共学高校に俺は通ってた。
当時の俺のクラスには、吉野詩織という女がいた。
もちろん仮名だ。当時の高校生の間では、少し茶髪にするのがはやってたが
そんな中、少数派の黒髪で、無口で大人しいやつだった。
結構なお嬢様なので、喋り方もギャルっぽくなくて
制服のスカートも、他の女子より若干長めだ。
勉強はそこそこできたけど、スポーツは全くダメ。
クラスでも1、2を争うほど可愛いんだが、
仲のいい友達はみな地味だ。
おしゃれで目立ってるクラスの中心の女子グループとは距離を置いていて
彼女たちとは序列が明らかに下に見えた。詩織とは同じ中学だったが、一度もクラスが一緒になったことはなく
高校で同じクラスになっても、挨拶や話したりはするが、それほど親しい関係ではなかった。当時の俺は、猿同然で、いつも授業中はいやらしい妄想の海にどっぷり浸かっていた。。
その頃、ちょうど詩織が俺の斜め前の席だったんだが
ブラウスから透けて見えるブラやスカートからのぞく白い足には、大変お世話になった。いつ頃かは正確に覚えていないが、俺はこの女を犯す妄想をよくするようになった。
たぶん、彼女と別れてしばらくしてからだと思う。
授業中、集中力が切れたときなどには大抵、斜め前のこの女を凝視して
清潔感のある制服を剥ぎ取って白い肌を剥き出しにする妄想をしては
一人勃起をしていた。今振り返っても、当時、俺がなんであんなことをしでかしたのかは分からない。
取り憑かれていたとしか言いようがない。
俺の中のレイプ妄想はどんどん大きくなって、
いつしかこの女を犯すことを心で決めていて
後はただ、いつ、どうやって犯すのかを決定するだけのような精神状態だった。捕まったらどうなるとか、
息子がレイプ犯だということを親が知ったらどうなるとか
クラスのやつらにばれたらどうなるとか
そういった、通常は思い至るであろう心配事が、
当時の俺には、全て瑣末なことにような感じてたと思う。とうとうある日、俺はその妄想を実行へと移してしまった。学校の裏手の山には、昔、トラックが出入りしていた場所があった。
今では使われなくなったが、人がいた頃の面影はまだ残されていて
工事現場の近くにあるようなプレハブ小屋も、そこにそのまま残されていた。
プレハブ小屋に鍵が掛かっていないのは、以前から知っていた。その日、朝早く家を出た俺は、
通学用のカバンと一緒に大きなボストンバックを抱えて家を出た。親に怪しまれる心配はなかった。
俺の両親は、二人とも会計関係の専門職なので
事件あった10月の前後は、中間決算とかいうので二人とも出張がちになりがちだった。
ちょうどその日も、家には俺一人だった。裏山のプレハブ小屋のドアを開けると
中は灰色のスチールデスクと椅子が一つと白いスチール製の本棚が一つあるだけで
灰色の机の上には、銀色の安っぽい灰皿が置かれていた。
灰皿の中にはタバコの吸殻を確認した。3本あった。
昨日来たときも3本で、一昨日来たときも3本だった。
人が出入りした形跡がないことを、これで再度確認した。肌寒いぐらいの早朝の冷えた空気の中、
俺はもう一度プレハブ小屋を一回りして、椅子や机、窓枠ホコリの積もり具合
窓や扉の配置、室内の備品の配置を入念に調査し
これらにも人が出入りした形跡がないことを確認した。
確認を終えた俺は、ボストンバックから毛布を出して、
毛布でボストンバックを包んで隠すと、通学用カバンだけ持って学校に向かった。その日は一日、授業どころか友達との会話さえ、まともに頭にはいらなった。
変な緊張状態というか、興奮状態というか、
体が宙に浮いて、足に重みがかかっていないような感覚が放課後まで続いた。俺の計画を実行するためには、詩織にメールを送らなくてはならない。
しかし、計画実行を決心していても、このメールを送るのは相当の勇気がいった。5時限目が終わった後の10分休憩のとき、つまりその日最後の休憩のとき
俺は一人トイレに行った。
個室に篭って「俺はできる。俺はできる。俺はできる…」
「絶対にあいつとやる。絶対にあいつとやる。絶対に…」と心に念じ
手が震えてボタンを押すのに苦戦しながらも、ようやくメールを送ることができた。「今日、ちょっといいかな。話があるんだけど。
4時にグラウンドの裏山側のとこまで来てくれない?」あれだけ苦戦しても、送ったメールはわずかこれだけの文章だった。「いいよ。分かった」あっけないほどメールはすぐに帰って来た。もう後戻りはできない。そう思うと膝まで震えた。6時限目の授業とHRが終わったら、俺は走ってプレハブ小屋まで向かった。
プレハブ小屋に付くと、俺はすぐに毛布を予め決めていた位置に広げて
ボストンバックからビデオと三脚と取り出して机の上にセットした。
ビデオのズームや向きを調整して録画ボタンを押すと
ボストンバックからダンボールとボロ切れを取り出してビデオを隠した。時計を見ると、まだ時間は早い。
だが、いてもたってもいられない俺は、すぐに待ち合わせの場所に向かった。待ち合わせ場所に指定したのは、グラウンドの隅の出入り口のところで
グラウンドを一歩出て舗装された道路を渡ると、裏山の入り口の林へと続くという場所だった。
グラウンドに沿って背の高いネットが張られていて、
ネットの外には樹木が植えられていたので、
グラウンドから一歩外に出たところで待っていれば校舎からは完全な死角になった。約束よりも10分ほど早い時間、校舎の方からトボトボ一人歩いて来る詩織が見えた。詩織「あ、もう来てたんだ?……話って何?」詩織もなにやら緊張した面持ちだった。
告られるとでも思ってたんだろう。
無理もない。
大して親しくない男から人気のないところに呼び出されて
その男が挙動不審になるほど興奮状態なんだ。俺「ああ…。その前にさ、お前、ケータイ持ってるよな」
詩織「うん……持ってるけど…」
俺「ちょっとストラップ見せてくれよ」
詩織「え?…うん。いいけど」
そう言って、詩織がポケットから携帯を出した。「よし今だ。覚悟を決めろ。行くぞ」心の中で俺はそう叫んで、詩織の手から携帯を奪い取って
裏山の方へと走り出し、林の中へと入った。
詩織から20mぐらい離れたところまで走ってから、立ち止まって振り返ったが
詩織は、俺たちが会話していた場所で呆然と立ち尽くしていた。そこで俺は立ち止まって、詩織の2つ折の携帯の開き、
携帯の中身を見る振りをした。
「やだ。ちょっと返して」
ようやく我に返った詩織は、あわてて俺に駆け寄ってきた。詩織が駆け寄ると、俺はまた少しプレハブ小屋に向かって進み、
詩織と距離ができると立ち止まって携帯を見る振りをした。
俺はそれを繰り返した。詩織が追うことをあきらめるほど離れず
かといって詩織に捕まるほど距離を縮めず
付かず離れずの距離を維持しながら、俺はプレハブ小屋へと向かった。
待ってるときは足がガクガク震えたけど
追いかけっこをしているときは、なぜか体の震えはそれほどでもなかった。プレハブ小屋まであと5mというところで来て俺は立ち止まり
詩織が駆け寄るのを確認してから、俺はドアを開けて小屋に入った。
小屋に入った俺は、ドアのすぐ近くで立ち止まった。
詩織も、迷わず俺を追ってプレハブ小屋に入った。
詩織が小屋に入るとすぐ、俺は毛布の上に携帯を放り投げた。詩織は、まっすぐ携帯に走って行き毛布の上の携帯を拾ったが、
俺は詩織が携帯を拾う隙にプレハブ小屋のドアを閉め鍵をかけた。
この扉は、内側から鍵か掛けられる仕組みだ。扉を閉めると、詩織は驚いた顔をして俺を見る。
詩織が考え、言葉を発する間もなく、俺は詩織に飛び掛り詩織を毛布の上に押し倒した。いよいよ本番なわけだが、俺は大変な興奮状態で
飛び跳ねて大騒ぎしたいような気分だった。
体の震えは止まっていた。まずは詩織の唇に吸い付いた。
舌を入れようと思ったが、詩織は唇をギュッと閉じていて入れられなかった。
俺は仕方なく唇をなめ回し、詩織の唇の柔らかさを味わった。詩織の左手を俺の体の下に置いて動けなくし、詩織の右手首を俺の右手で掴んで拘束すると
俺は残った左手で、タイとブラウスのボタンを外した。
白いブラが現れると、ホックも外さずにブラを上に押し上げ
詩織の胸を露わにした。決して大きくもないが、それほど小さくもない胸はきれいなお椀型で、
乳輪も乳首も小さくて、色が薄かった。「やだ。やめて」今まで、無言だった詩織がここでようやく声を出した。
蚊の鳴くような小さな声だった。この女は不測の事態に直面すると、パニックになって硬直するタイプだ。
以前にも一度似たようなことがあった。
クラスの女子から詩織が言いたい放題に罵倒されたことがあったんだが
明らかに非は罵倒した女子にあるのに、
詩織は呆然とするだけで何も言い返せず、一方的に罵倒されていた。
そして、騒ぎが終わってから、詩織は悔し涙を流していた。
詩織のこういう性格であるこ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【妹との告白体験談】 It goes with future...
2016/05/25 21:22
2016/05/25 21:22
俺は妹がいるけど血がつながってない。俺が小さい頃に親が再婚してお互い連れ子。で、妹は普通じゃないんだよな。こういう言い方いけないかもしれんけど頭が弱い。普通よりも知能指数が低くて小学生低学年ぐらいの知能しかない。 小学生の頃には申し訳ないけど妹が普通じゃないのが恥ずかしくて嫌だったけど同級生の男に小石投げられてバカ呼ばわりされてしゃがみ込んで泣いてるのを見てからは大事にするようになった。俺が守ってやらなくちゃって痛感したことを今でも覚えてるよ。ちなみに顔は結構可愛いと思う。俺から見ればだけど。男は異常にエロいとかそういうの全然理解出来てないから「お兄ちゃんお兄ちゃん」と小さいコのように俺の…
車屋さんの店長に告白!チンチンがおっきくて口に入りきりませんでした(/ω\*)
2017/06/22 20:02
2017/06/22 20:02
私は23歳 女 身長160cm

体重 秘密 B80 W55 H78 くらいです★

今のカレシとの出会いです。

年上の男性はいいですよ~

カレシはとある車屋の店長さん。

35歳って言ってたけど見た目とHは20代って感じですー

出会いは 初めての車を買いに行ったとき

いつもお父さんが買っている車屋さんの店長さん。

そのときは、何てことなくフツーな感じで

気に入った車があったので購入しました。

店長さんを好き!って思ったのは納車の後でした。

納車してから数日後の昼間

私の不注意でバッテリーがあがってしまい救出に来てくれました。

店長さんの家からは近かったようで、

たの…
出会い系で知り合った中出しOKのバツイチ女【エロ体験談】
2016/09/25 23:10
2016/09/25 23:10
俺は人妻クローバーで30歳の女性とメールした。
写メを交換することになった。
そこそこ可愛らしい女性だった。

本来H目的で会う約束はしていなかったが、俺の写メを見て彼女は「めっちゃタイプや」と言ってきたのでこの女はヤレルと思っていた。
そして、2~3日で会う約束をした。

俺は脈打つ股間を抑えながら彼女と会った。
軽い挨拶を済ませ
「何処行く?」と問うと
「う~ん・・・」
「何処でもいい?」
「いいよ」

”もらった!”と心の中で叫んだ。
心理的に俺が主導権を握っていたので、「いいよ」の一言で全てが決まった。

「じゃあ、ホテル行こうか?」
「ええぇ~・・・」
思い…
人妻になった同級生の元カノに生中出し
2017/03/21 20:33
2017/03/21 20:33
10年ぶりの同窓会に参加したら、「お久しぶりですね、お元気そうで」と突然、元カノの良子が声を掛けてきた。
女盛りの体型で、付き合っていた頃より美味しそうに見えた。
2次会でお互いの近況など酔いに任せて聞き出した。
旦那と知り合った経緯や今の夫婦関係など、そして再会を約して別れた。

「旦那には何て言って出て来たの」

「大学の時の友達に会うと言って来たわ」
同窓会での近況話では夫婦関係は冷めていると言う。
そんな人妻になった元カノとドライブと美味しい食事。
そして会話を楽しんだ後、当然のようにラブホに入った。
最初は緊張しているようだったが、抱き寄せキスすると、力が抜けた…
防音のスタジオ内でADの巨乳を堪能しながら中出しした不倫体験談
2016/05/22 16:14
2016/05/22 16:14
地方のFM局にディレクターとして勤めてるんだけど、

最近ADとやっちゃった。

俺は全然意識してなかったんだけど、きっかけは出張。

県外に中継に行くことがあって、

俺と営業担当、DJ、AD恵理子(仮名)、

技術者の5人で出張。

県外の中継は珍しく、

大型のスポンサーの大事な中継でもあったので、

中継の前日から前のりで中継準備に入った。 準備が終わったら、スポンサーの担当者との

飲み会がセッティングされたんだけど、

これは仕事の前日って事で、

ハメはずすわけにも行かないので、早めに切り上げて、

ホテルにチェックインした後は

次の日の進行と原稿の最終チェ…
【不倫】お義父さんと一緒なら地獄に堕ちてもいいの・・・
2015/12/12 03:00
2015/12/12 03:00
昨年の夏、寝苦しさを覚え、明け方に目を覚ました私の腕の中に、産まれたままの姿で息子の嫁、恵子がいた。混乱しながらも28歳の女の裸体に目を奪われていた。 染み1つない素晴らしい体に、豊満な胸と形の良い乳首、綺麗に整えられているアンダーヘアの隙間から僅かに秘処が覗いていた。 ベッドの周りには私の服と恵子の物と思われる下着が脱ぎ捨てられていた。事態を把握するためと自分自身に言い訳をして恵子の秘処に目を向けた。ベッドには幾つものシミが出来ていたが、ゴミ箱にもどこにも避妊具が無かった。見た限りでは恵子の秘処にその跡は見つけられなかった。 まずいとは思いながらも、意を決して恵子の秘処…
思い続けた幼馴染みがチャラい先輩と2
2017/05/02 10:04
2017/05/02 10:04
僕には、幼稚園の時からの幼馴染みがいた。幼馴染みのみなみは、気弱な僕をいつも守ってくれるような、活発な女の子だった。 小学校、中学校と、ほとんどいつも同じクラスで、僕は幼稚園の時からみなみの事が好きだった。 多分、みなみも僕に恋心を持ってくれているなと思いながらも、なにもアクションを起こせず、高校時代も過ぎさり、大学生になった。 だけど、大学の時に衝撃的な物を見てしまった。 みなみが、他の男と……。 でも、それがきっかけで勇気を持ち、みなみに告白して付き合い始める事が出来た。なぜもっと早くそうしなかったのかという後悔はあったが、幸せな日々のスタートだった。 見てしまった衝撃的な光景は、長…
★OLです自虐オナニーで至福な時を
2016/09/02 20:40
2016/09/02 20:40
 私、事務系の仕事に携わっているOLです。私の自虐の性癖が何年も変わってなくて、更にエスカレートして変態になってきました。私、野外でアナルにいろんなグッズを入れたり、縛ったり、浣腸プレイなどしながらオナニーしています。

 最初は、自分の部屋で声を殺しての普通のオナニーだったけど、隣の人に声が気づかれないようにするうちにストレスが溜まって、そのうち我慢できなくなって野外でするようになりました。私が住んでいるところは地方なので、緑に囲まれてのオナニーは最高です。野外で大きな声で淫乱な事を言って泣いたりすると最高にストレス発散できます。
「ア~ッ!見て~!入れて~!もっと虐めて~!」など、野…
ナースになった近所のお姉さんの手コキフェラがたまらなく気持ちよかったH体験談
2015/11/20 15:30
2015/11/20 15:30


高校2年の夏休み中、持病の喘息の病状を調べるために


検査をすることになって2週間の入院をすることになった。




入院をする病院には俺より10歳年上で「R姉さん」と


呼んでいる幼馴染の看護師がいて、


入院中は担当になることになった。




R姉さんは俺が幼稚園に通っている時からの知り合いで、


お互いに住んでいる家が隣同士でよく一緒に遊んだりしていたので


たまに姉弟と間違えられたりしていた。





R姉さんが看護学校に通っている間などあえない時期が


会ったが卒業後に俺が通う病院…
興奮してメスの臭いをプンプン発散させる義理の妹とのセックス体験談
2017/05/26 00:30
2017/05/26 00:30
俺の家には、妻(32)の妹(30)が良く遊びに来る。元々、仲の良い姉妹&俺の子供と妹の子供達も仲が良く歳が近いから、週2~3回来てる。

この日も、何ら変わりなくいつも通り来た訳だが・・・。あいにく妻は近所まで買い物に出ており、俺は起きたばっかりでパジャマから着替えてたら、階段を誰か上がってくる音が聞こえ・・。

「義兄さん、パソコン見せて~」と唐突に扉が開き、下半身丸裸中だった俺は隠す間もなく義妹に息子を全開で見られた!が、次の瞬間・・・「お、おっきい・・」驚き逃げるかと思いきや、意外な反応。俺が慌てて股間を隠すのを見て、思い出したかの様に目線を逸らし・・・「あっ、ゴ、ゴメン!着替えてる…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・職場の忘年会で後輩とエッチしたのですが・・・

・❤叔父とのセックスには充実しています

・【浮気】小悪魔な元カノに翻弄されて人生初の中出し[前編]

・【画像】JDのあたし将がJKコスプレしてみた結果♡♡♡

・ブルセラショップで下着を売っていた私と、キモいおっさんの話

・妻を寝取らせることにしたら【人妻・寝取られ体験談】

・【近親相姦体験告白】母にペニバンで犯してもらった

・【熟女体験談】大学を卒業しても童貞だった俺は新米社員の時に営業先の超熟女社員に逆ナンパされて筆下ろしされた

・寝取られ現場に遭遇すると、とっさに相手を殴るなんて出来ないものですね

・人妻になった同級生に中出し【人妻体験談】

・30代人妻^ ^

・好色淫熟妻・眞澄(Age51)?1

・人生最高エッチで最悪な体験談

・ナンパ師な俺が高齢処女のバージンを喪失させたったwww

・【浮気】社長とその息子とちょっとだけ親子丼

・“脳イキ”できる美人な奥様を“腹部責め”で攻略

・真面目なレギュラー達は、練習後に不真面目に乱交してました

・泥酔して失禁したブスになぜか女を感じて

・大学の吹奏楽部で浮気しまくり

・【寝取られ】NTR属性が開花した彼女の願望を叶えてやった

・今日妻が上司とセックスするはず・・・

・同僚が、、、、、、

・先輩にいかされた妻に ”興奮”

・変態淫乱大学生になっちゃった私のエッチ体験

・教職の現場で

・【Hな体験】同級生がしてくれためっちゃ気持ちいいフェラ

・そんなのつらいよ

・俺を兄貴を間違えて誘って来た兄嫁とそのまま

・私は、自称ツンデレと言いながらもドMです

・美魔女と言われる私は、25歳も若い男の前で一匹の牝になっていました