寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

美人なママ友の口の中に大量のザーメンを放出した人妻のフェラチオ体験

2015/12/16 16:02




今一人で飲んでて暇なので思い出し萌えしながら綴ってみようと思う。

ママ友は少し珍しい名字なのでイニシャルでKさんと表記させてもらう。

うちは以前は妻の地元で生活しており、

3年程前に俺の転職の都合で東京に出てきた。

妻とKさんは当時のパート仲間であり、

同じ歳の子供がいるせいもあって今も連絡を取り合う仲だ。

Kさんの旦那は中古車屋の営業とかだったと思う。

夏休みにKさんと子共&うちの妻子とで浦安の例の施設へ遊びに行く為、

うちに泊まったのだ。

(確か金曜で俺は行ってない)

子供達も久しい友達と遊べて楽しめていたらしい。

その日、俺が仕事から帰ると妻とKさんは子供達を寝かし終わり、

風呂も済ませてリビングのテーブルでリラックスしながら

チューハイを飲んでいた。
妻「お帰りー」

Kさん「おじゃましてまーす。お久しぶりです〜」

俺「あ〜どうもこんばんは。ご無沙汰してます」

てな挨拶だったと思う。

子供が寝静まった後のママ達のお喋りは盛り上がっていたらしく、

挨拶も程々に再び女のお喋りタイムが始まった。俺も缶ビールを持って来て

輪に加わった。とは言っても聞き役なわけだが。

その時の話しは主にKさんの旦那への愚痴がメインになっていて、どうやら

近ごろ旦那の若い女への興味が強まっていること、そして夫婦仲が薄れて

いることなどだった。当然俺には男の意見を求められ、ありがちな話しだな

とは思いつつ、適当に波風立てない答え方をしていた。ただ、Kさんはその時

35,6で(俺31妻30)適度に細くて大人の女の落ち着きも兼ね備えた、美人の

部類の女だ。俺はKさんは魅力あるのにもったいない、的なことを説いていた。

俺「Kさんの旦那さんは近くに居過ぎてわからないんですよ〜」

Kさん「あらそうかしら、Tさん(俺の名)わかる〜?(笑)」

みたいな具合。口説いてるレベルではないから妻も気にしてない様子だった。

お喋り大会は俺が参加してからもしばらく続き、宴会のような状態で

お開きになったのは1時を回った頃だったかと思う。妻は酒に弱い訳では

ないが酔った様子で直ぐに子供達のいる寝室に向かい、Kさんもその部屋で

寝ることになったらしく一緒に寝に行った(ちなみに俺は普段から自室で

一人で寝ている)。俺はホロ酔いながら寝る前に風呂に入った。先程まで

隣に座っていたKさんの色気あるスウェット姿を思いつつ、洗濯物に下着でも

あれば抜いてしまおうかと思ったが、Kさんは1泊なので洗濯物が出てる

はずもなく、おとなしくドライヤーで髪を乾かしていた。

が、何気なく洗面台の端に目をやると、

そこには見慣れない黒の下着が小さくまとめられて置いてあった。

明らかに妻のものではない。

瞬時にKさんの下着だとわかった俺は、

突然のサプライズに動揺しつつも

バスタオルを巻いただけの下半身が熱くなってくるのだった。

数秒間コンパクトに置かれた上下セットの黒の下着を眺め、

背徳感と同時に熱い喜びを感じつつ、

完全に勃起したモノがバスタオルをほどきそうになった

その時、コンコンと洗面所の引き戸をノックする音が。

俺「……!!!!……ハイ」

Kさん「ごめんなさい今大丈夫?」

俺「あ、あー全然いいですよ」

と、いいわけないのに誤って入れてしまったのだ。

俺のバスタオルを巻いただけの後ろ姿を見たKさんは

「あ、ごめ・・」と洗面所を出ようとした。

「あ、別に大丈夫ですよ」と、もう大丈夫でない俺は前をKさんに見せない

姿勢を保つのにただ必死だった。

俺「どうしたんですか?」(全力の平常気取り)

Kさん「コンタクト外すの忘れてて」

俺「あ〜、それか」と、洗面台に置いてあるコンタクトの保存液を見つつ

俺「どうぞ」とドライヤーをあてつつ一歩下がって洗面台の正面を譲った。

「失礼しま〜す」と少し照れつつ前屈みになり、外したコンタクトをケースに

しまうKさん。

屈んだKさんを後ろからみると、スウェットの背中に薄らと背骨のラインが

浮き、Kさんが今ノーブラ状態であることがわかった。で、変な興奮から

余計モノを収めにくい状況になる俺。

俺「コンタクト大変ですね〜」

Kさん「もう慣れちゃったけどね」と言いつつ俺をチラっと見、その瞬間に

俺の股間が完全にバスタオルを押し上げてる状態に気付いた。

Kさん「・・・!!」

俺「・・・」

Kさん「・・・エ〜!?なんで?どうしたの?」

俺「イヤ、あのそういう変なつもりじゃなくて、風呂から上がったらそこに

下着があって、何だか興奮してきちゃって・・・その、マジで何もしてない

んです」

みたいな感じで言い訳どころかしどろもどろに正直な解説をしてしまった。

Kさんは俺に言われて洗面台の端を見て、下着を忘れていたことに初めて

気付いたらしく、

「あ!」

といいながら直ぐに手に取り恥ずかしそうにしていた。正直可愛かった。

少し気まずい空気と静寂が流れ、でも元気に起ったままの俺。

俺「・・・すみません」何故か謝ることしかできない。

Kさん「・・・下着見ただけでそんなに興奮するって、Tさん変態〜?」

俺「イヤ、それは、男はそういうもんです。」

Kさん「そうなの〜?」

俺「でも誰でもってわけじゃなくて、Kさんみたいに女の魅力がある人の

だから、こう、ソソられてしまって・・・」(もう必死)

Kさん「え〜・・・・・」

Kさん「何かTさんも、男なんだね」

俺「そりゃ・・・溜ってますし」

Kさん「・・・Sちゃん(妻)とはしてないの?」

俺「・・・全然。俺はしたいんですけど」

Kさん「まあ子育て中だしね。したくならないってのもわかる」

俺「・・・男も結構ツライんですよ」

完全に俺の後ろを取った風のKさんは悪戯っぽく言った。

「で、私が来なかったらシテたの?」

俺「・・・そうかもしれません。」

Kさん「え〜・・・じゃ、この後再開するんだ。」

俺「・・・バレバレでもうツライな〜」

Kさん「じゃどうするの?」といいつつバスタオルを押し上げたままの

俺の股間をチラチラ見るKさん。

俺「恥を承知で正直に言うと、手伝ってくれたら、かなり嬉しいです。」

もう、この一言はかな〜り勇気がいった。言った後は祈る気持ち。

Kさん「え〜・・・」

俺「手でサクッと」(何がサクッとだ)

Kさん「どのくらいシテないの?」

俺「半年以上っすね」これはマジ

Kさん「ウソ〜!それは男の子には長いかもね。」

俺「でしょ?この起ち方みて下さいよ」

Kさんは恥ずかしそうに笑っていた。

半ば親切心からだったのか、急に入ってきた軽い罪悪感からだったのか、

ちょっと諦めたかのような感じでKさんは言った。

「Sちゃんに絶対内緒にできる?」

俺即答「絶対言いません!」

「じゃ、はい」

と言って、洗面台の方に股間を向けるよう俺を促した。

俺はもうさっきまでの悪夢が最大限の喜びに変わり、ギンギンだった。

俺は自分でバスタオルを外し、洗面台にモノを向けた。

Kさんは俺の左後ろから覗き込むようにモノを眺めた。

さっきまでの軽い虐めのスタンスからモードが変わり、

「凄ーい」と言いつつ、冷んやりした指先でモノをそっとつまんできた。

優しくシゴキ初め、俺のモノは緊張感から解き放たれた快感もあり、

かなり熱くなってた。

「すごい熱いよ」

俺「Kさんの手が気持ちイイからです。」

Kさん「そ〜お?」

Kさんはそう言うと、今度は手のひらでしっかりと竿を握るように持ち替え、

人さし指と親指の輪っかをカリに当てながら、ちょっと早くしごきだした。

俺「超気持ちイイです」

俺はKさんに無言でしごき続けられ、快感に浸っていた。

数分経った頃だろうか。俺のモノを握ったKさんの体は俺の左半身と密接

した状態になり、Kさんの横乳を脇に感じられる姿勢になった。

俺はそれまで壁についていた左手をKさんの背中に下ろし、

さっきみた背骨のラインを手のひらで軽く撫でてみた。

Kさんはそれに気付いたが、何も言わなかった。

軽く力を入れてみたり、広く優しく撫でてみたりを繰り返しつつ、

俺はKさんの腰のあたりを重点的にさすった。

エロめのツボを刺激するかのように。

多分俺のモノをシゴキ続けているKさんは、この時点で自分のしていることに

結構興奮していたんだと思う。俺がスウェットの裾から手を入れて地肌の

背中を愛撫し始めても、「コ〜ラ!」と言う程度で抵抗しなかった。

ノーブラの背中を楽しんだ俺の左手は、背中では飽き足りず、Kさんの左から

徐々に乳房をめがけて進んでいった。・・・・

そして、完全に揉んでいる状態になった。

Kさんは何も言わなかったが、ほんの微量にだけ体を震わせたのがわかった。

もう、止まらない俺の左手である。

Kさんのオッパイは、妻のよりも一回り大きく、そして柔らかかった。

手は乳房を揉みながら乳首に到達し、硬くなってる乳首を指先でつまんで

優しく揉んでみた。Kさんはさっきよりもわかり易くビクッとして、その

瞬間は俺をしごいている手が止まった。

その洗面所でのエロイ状態が数分間続いた。俺は心地よい快感を股間に感じつつ

Kさんの左の乳房を堪能し、ついにKさんを向かい合わせる格好にした。

そして、今度は右の乳房をおもむろに揉みしだいた。

Kさんは目を細め「・・ハァ」と軽い吐息を漏らすようになっていた。…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
❤上司はただヤリたいだけなんだろう
2017/08/16 11:30
2017/08/16 11:30
 会社の同期(25)とおつきあいをしているのですが、だんだんと私の方の気持ちが冷め気味です…。一緒に遊んだりする分には楽しいですが。

 去年の忘年会の時に同じ会社の上司(41)から「2人で飲みに行きたいな」と前々から言われていて、メルアドを教えることになりました。メールの内容も月日が経つにつれて親密な内容に。

 そして最近になってついに飲みに誘われ行ってきました。駅前で待ち合わせをしたのですが、そこの町はラブホが数多く立ち並ぶところ。予約してもらったお店も思いっきりラブホ街のど真ん中…(;´Д`)

 さすがの私も一瞬どん引きモード。いざお店に入ると当たりさわりない無難な話題で3時間ほ…
主人と子供の目の前で・・
2016/01/04 10:05
2016/01/04 10:05
去年の夏、主人と小学生の息子2人(小5と小4)で 山中の河川にでかけたときのことです。 私と上の子は水着になり川で遊び 主人は下の子とバーベキューの用意をしていました。 気づくと主人と息子の姿がなくバーベキューの所には見知らぬ20代位の男性が・・ その男性は私たちを手招きして呼び寄せました。 そしてそのまま人気の無い山の奥のほうへと連れていかれました。 もうその時からただならぬ感じはうけていましたが・・ 男性に案内されたところでは暴行を受けた主人と下の子が木に縛られていました。 そして4人の若者に囲まれて主人と子供の前に連れて行かれました。 「なんなんですか!あなた達は!!」 私の質問は無視さ…
【人妻・不倫体験談】なつかしの名作を拾いましたので貼り付けます【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/01/31 19:36
2017/01/31 19:36
ある街のホテルのフロントで働いております。入社10年で私以外のフロントは男3名、女性7名の合計10名でローテーションを組んでおります。 私の趣味と言いますか… 年に度しかないある事の為に私はこの職場を離れる事ができません。その行為とは… 月に何名か女性一名で宿泊される方がおります。その女性がマッサージを頼まれる方が、これも数名、そのうち私がコールを受けるパターン、しかも私が早番等で丁度業務終了前に予約を受けれる…  「人妻・不倫体験談」カテゴリの最新記事 浴衣マッサージ乳首おっぱい
初めてヤンキーに感謝した
2017/02/02 20:49
2017/02/02 20:49
夜に帰宅途中ゲーセンに寄りました。 少しゲームした後店を出ると、中学の同級生のヤンキーの男2人が原チャリでたむろしてました。 もう1人茶髪の中学生ぐらいのヤンキー女も1人いました。 自転車に乗ろうとした俺をヤンキーが「◯◯◯やんけぇ?ちょっとこっち来いや」と呼び付けました。 少し話をして帰ろうとしても「帰んなや、もうちょっといとけ」とか言って俺は別に何をするわけでもなく、そこに立って3人と一緒にいました。 しばらくすると男2人が「例の場所行こうか」と言い出しました。 やっと家に帰れると安心したのですが「一緒に来い」と強引に原チャリの後ろに乗らされ2人乗りした原チャリ2台で走り出しま…
【痴漢・レイプ】キモ男
2018/06/08 06:16
2018/06/08 06:16
彼と一緒に食事をしてから映画でも借りて彼の家に行きました。 マンションのエレベーターを下りて部屋に向かう途中に若い女が前から歩いて来ると、彼が急に変な動きをしはじめて、あからさまに顔を隠そうとしていました。 女が近づいて来ると「あれ?彼女いたんですね?あたし忘れ物しちゃったみたいで取り来ただけなんですけど、取って来てもらっていいですか?」と笑顔で言っていた。 一瞬で状況を把握しました。 昨日の夜はこの女と一緒にいたんでしょうね! たぶんその若い女も彼女が居ないって言われてたんでしょうけど・・・ その場で「私が帰るから二人でごゆっくり」と言ってすぐに帰りました。 本気でムカ付いたので…
俺が風俗に行かない理由【エッチ体験談】
2015/12/15 14:14
2015/12/15 14:14
あれは22歳のある晴れた春の日の事だった。 新入社員の俺は部署の新歓飲み会に参加した。 2次会のカラオケを終えて、30台前半の先輩社員に風俗に連れて行ってもらった。 初めての風俗。これが社会か!と興奮しきり。 軽く緊張しつつ、カタログを開く。高校の時好きだった子に似た子をセレクト。 待合室にやってきた愛ちゃん(仮名)は好きだったあの子に本当に似ている。 個室に入り、シャワーで仕事と飲み会の汗を流す。シャワー室でのフェラで発射。 ベッドの上で絡み合い、手コキに前立腺マッサージ。 来て良かった〜と大満足でいると、おもむろにゴムを突き付けてきた。噂に聞いた基盤…
銀行のOL達とコンパして、そのうち一人をリモコンバイブ調教してみた
2016/08/19 22:30
2016/08/19 22:30
バブル時代の私は金回りもよく、『コンパの鬼』とか『テレクラ王』なんて不名誉な称号をつけられていた。
ある日、銀行員のOLグループとコンパをする機会があり、(堅い仕事だからどうかな?)なんて思い込んで参加すると、まあ打ち解けるのが早くてテンションが上がりっぱなしで驚いた。
1円でも計算が違えば夜遅くまで残業がある、そんなストレスの溜まる仕事だけに、発散しに来ているようなのだ。
怖いものだ。




彼女達とはウマが合い、中でもイケイケ風の長身の美人で、一番目を引くAさんといい雰囲気になり、渋谷のラブホテルに行った。
入るなりキスの嵐。
酒の味がする。
キスをしながら、ブーツ、コート…
【Hな体験】電車の中でお漏らしをしていた女子大生と
2018/04/25 06:00
2018/04/25 06:00
5年ほど前、仕事が遅くなり終電で帰宅。平日ということもあり結構電車は空いていた。普段は立って帰るが、その日は疲れていたので座っていた。周りは酔っ払ってる人や寝てる人、若い5人の男女が雑談しながら立っていた。 そんな5人を羨みながら携帯を弄っていると、ふと自分の足元が濡れて、ちょっとした水溜りになっていた。雨が降っていた訳ではないので、誰か飲み物でも倒したのかと思い、それがどこから流れてくるのか辿っていった。するとそれは、その5人の男女の内の1人の女の子の足元からだった。 その子は恐らく20代前半の大学生。服装もジーンズのショーパンに白シャツ。酔っ払っていたからか無邪気で…
卒業旅行で告白しようと思っていた女と親友が露天風呂で・・エッチな体験談
2018/05/17 20:27
2018/05/17 20:27
高校の卒業旅行に、みんなで温泉に泊まりに行った時の話 みんなクラスメート 男は俺(圭介)卓哉、浩の三人 女は亜也、美樹、真紀子の三人 六人で旅行に行く事になってた ただ、真紀子が急用が出来たと言ってドタキャンしてきたので結局、男三人、女二人の五人で行く事になった 俺は亜也さえいるなら他はどうでもよかった 俺はずっと亜也の事が好きだった しかし俺は今まで思いを告げられずにいた 亜也には彼氏はいないらしい この卒業旅行は俺にとって最後の機会 俺はこの旅行中に亜也に告白する決心をしていた 温泉には浩の車(ステップワゴン)で行った 俺は浩とは特に仲が良く、二人で遊ぶ事も多い。 亜也の事を相談し…
嫁の友人のオメコとクリを同時攻め【人妻体験談】
2016/09/11 21:10
2016/09/11 21:10
私は31才の会社員です。
嫁さんの友達夫婦と4人で温泉旅行に行った時の事です。

うちの嫁31才、嫁の友人E31才(超美人でスタイル抜群、生唾がでるくらい)、友人の旦那H35才との4人です。

私は昔に柔道をしていたことがあり、接骨院でいろいろとマッサージやツボを教えてもらった事がありました。
そのマッサージを時々嫁さんに施してあげています。

室内での食事が終わり、4人で雑談をしていました。
その時主婦業は大変だ、と言う話になりうちの嫁さんが私のマッサージの事を話し出しました。

Eは羨ましがって私にマッサージをせがんできました。

私は仕方が無く、Eに下半身マッサージをすることにしました。…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【痴漢・レイプ】続・同僚がオフィスでオナニーしてるのを発見

・彼女は女子高生

・【画像】ワイが競泳水着着てみた結果wwwwwwwwwww

・■女の肉体は愛がなくても感じる

・【痴漢・レイプ】同僚がオフィスでオナニーしてるのを発見

・清楚な妻 由香 初めての他人棒~その後

・彼女の友達のDカップの巨乳おっぱいが触りたくて我慢できないwww

・義兄と相互オナニーしてから、生ハメ中出ししちゃいました

・【痴漢・レイプ】中2の時、目をつけられてた先輩に

・搾乳中の姉に欲情して

・高速鉄道事故の陰に腐敗と安全軽視 “鉄道金脈”を食い物にした男と女

・【痴漢・レイプ】デブ巨乳

・妻と妻の友人とする3Pにハマっています

・色白で綺麗な人妻にバイブ責めで鬼イカセ【出会い系体験談】

・【Hな体験】ドSなすりこぎ棒

・【痴漢・レイプ】姉の就寝中に

・【痴漢・レイプ】妻と実弟(実話)

・JKの露出13

・全裸萌え女系一家

・【痴漢・レイプ】先輩にいかされた妻

・【痴漢・レイプ】イノセンス

・ずっと隠し続けてきた別の女性との関係が、ついにバレてしまった 2

・【痴漢・レイプ】寝取られてた妻!

・彼氏のいる女にマッサージして貰っていたら勃起してしまい・・

・愛妻を他人棒に寝取らせる旦那の日常

・修学旅行中に他校の生徒とエッチ

・ 優しい義姉の手コキと生挿入で初体験

・ずっと隠し続けてきた別の女性との関係が、ついにバレてしまった 1

・【痴漢・レイプ】妻の下着を狩る熟女②

・友達の裸をじっくり堪能