寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

美人なママ友の口の中に大量のザーメンを放出した人妻のフェラチオ体験

2015/12/16 16:02




今一人で飲んでて暇なので思い出し萌えしながら綴ってみようと思う。

ママ友は少し珍しい名字なのでイニシャルでKさんと表記させてもらう。

うちは以前は妻の地元で生活しており、

3年程前に俺の転職の都合で東京に出てきた。

妻とKさんは当時のパート仲間であり、

同じ歳の子供がいるせいもあって今も連絡を取り合う仲だ。

Kさんの旦那は中古車屋の営業とかだったと思う。

夏休みにKさんと子共&うちの妻子とで浦安の例の施設へ遊びに行く為、

うちに泊まったのだ。

(確か金曜で俺は行ってない)

子供達も久しい友達と遊べて楽しめていたらしい。

その日、俺が仕事から帰ると妻とKさんは子供達を寝かし終わり、

風呂も済ませてリビングのテーブルでリラックスしながら

チューハイを飲んでいた。
妻「お帰りー」

Kさん「おじゃましてまーす。お久しぶりです〜」

俺「あ〜どうもこんばんは。ご無沙汰してます」

てな挨拶だったと思う。

子供が寝静まった後のママ達のお喋りは盛り上がっていたらしく、

挨拶も程々に再び女のお喋りタイムが始まった。俺も缶ビールを持って来て

輪に加わった。とは言っても聞き役なわけだが。

その時の話しは主にKさんの旦那への愚痴がメインになっていて、どうやら

近ごろ旦那の若い女への興味が強まっていること、そして夫婦仲が薄れて

いることなどだった。当然俺には男の意見を求められ、ありがちな話しだな

とは思いつつ、適当に波風立てない答え方をしていた。ただ、Kさんはその時

35,6で(俺31妻30)適度に細くて大人の女の落ち着きも兼ね備えた、美人の

部類の女だ。俺はKさんは魅力あるのにもったいない、的なことを説いていた。

俺「Kさんの旦那さんは近くに居過ぎてわからないんですよ〜」

Kさん「あらそうかしら、Tさん(俺の名)わかる〜?(笑)」

みたいな具合。口説いてるレベルではないから妻も気にしてない様子だった。

お喋り大会は俺が参加してからもしばらく続き、宴会のような状態で

お開きになったのは1時を回った頃だったかと思う。妻は酒に弱い訳では

ないが酔った様子で直ぐに子供達のいる寝室に向かい、Kさんもその部屋で

寝ることになったらしく一緒に寝に行った(ちなみに俺は普段から自室で

一人で寝ている)。俺はホロ酔いながら寝る前に風呂に入った。先程まで

隣に座っていたKさんの色気あるスウェット姿を思いつつ、洗濯物に下着でも

あれば抜いてしまおうかと思ったが、Kさんは1泊なので洗濯物が出てる

はずもなく、おとなしくドライヤーで髪を乾かしていた。

が、何気なく洗面台の端に目をやると、

そこには見慣れない黒の下着が小さくまとめられて置いてあった。

明らかに妻のものではない。

瞬時にKさんの下着だとわかった俺は、

突然のサプライズに動揺しつつも

バスタオルを巻いただけの下半身が熱くなってくるのだった。

数秒間コンパクトに置かれた上下セットの黒の下着を眺め、

背徳感と同時に熱い喜びを感じつつ、

完全に勃起したモノがバスタオルをほどきそうになった

その時、コンコンと洗面所の引き戸をノックする音が。

俺「……!!!!……ハイ」

Kさん「ごめんなさい今大丈夫?」

俺「あ、あー全然いいですよ」

と、いいわけないのに誤って入れてしまったのだ。

俺のバスタオルを巻いただけの後ろ姿を見たKさんは

「あ、ごめ・・」と洗面所を出ようとした。

「あ、別に大丈夫ですよ」と、もう大丈夫でない俺は前をKさんに見せない

姿勢を保つのにただ必死だった。

俺「どうしたんですか?」(全力の平常気取り)

Kさん「コンタクト外すの忘れてて」

俺「あ〜、それか」と、洗面台に置いてあるコンタクトの保存液を見つつ

俺「どうぞ」とドライヤーをあてつつ一歩下がって洗面台の正面を譲った。

「失礼しま〜す」と少し照れつつ前屈みになり、外したコンタクトをケースに

しまうKさん。

屈んだKさんを後ろからみると、スウェットの背中に薄らと背骨のラインが

浮き、Kさんが今ノーブラ状態であることがわかった。で、変な興奮から

余計モノを収めにくい状況になる俺。

俺「コンタクト大変ですね〜」

Kさん「もう慣れちゃったけどね」と言いつつ俺をチラっと見、その瞬間に

俺の股間が完全にバスタオルを押し上げてる状態に気付いた。

Kさん「・・・!!」

俺「・・・」

Kさん「・・・エ〜!?なんで?どうしたの?」

俺「イヤ、あのそういう変なつもりじゃなくて、風呂から上がったらそこに

下着があって、何だか興奮してきちゃって・・・その、マジで何もしてない

んです」

みたいな感じで言い訳どころかしどろもどろに正直な解説をしてしまった。

Kさんは俺に言われて洗面台の端を見て、下着を忘れていたことに初めて

気付いたらしく、

「あ!」

といいながら直ぐに手に取り恥ずかしそうにしていた。正直可愛かった。

少し気まずい空気と静寂が流れ、でも元気に起ったままの俺。

俺「・・・すみません」何故か謝ることしかできない。

Kさん「・・・下着見ただけでそんなに興奮するって、Tさん変態〜?」

俺「イヤ、それは、男はそういうもんです。」

Kさん「そうなの〜?」

俺「でも誰でもってわけじゃなくて、Kさんみたいに女の魅力がある人の

だから、こう、ソソられてしまって・・・」(もう必死)

Kさん「え〜・・・・・」

Kさん「何かTさんも、男なんだね」

俺「そりゃ・・・溜ってますし」

Kさん「・・・Sちゃん(妻)とはしてないの?」

俺「・・・全然。俺はしたいんですけど」

Kさん「まあ子育て中だしね。したくならないってのもわかる」

俺「・・・男も結構ツライんですよ」

完全に俺の後ろを取った風のKさんは悪戯っぽく言った。

「で、私が来なかったらシテたの?」

俺「・・・そうかもしれません。」

Kさん「え〜・・・じゃ、この後再開するんだ。」

俺「・・・バレバレでもうツライな〜」

Kさん「じゃどうするの?」といいつつバスタオルを押し上げたままの

俺の股間をチラチラ見るKさん。

俺「恥を承知で正直に言うと、手伝ってくれたら、かなり嬉しいです。」

もう、この一言はかな〜り勇気がいった。言った後は祈る気持ち。

Kさん「え〜・・・」

俺「手でサクッと」(何がサクッとだ)

Kさん「どのくらいシテないの?」

俺「半年以上っすね」これはマジ

Kさん「ウソ〜!それは男の子には長いかもね。」

俺「でしょ?この起ち方みて下さいよ」

Kさんは恥ずかしそうに笑っていた。

半ば親切心からだったのか、急に入ってきた軽い罪悪感からだったのか、

ちょっと諦めたかのような感じでKさんは言った。

「Sちゃんに絶対内緒にできる?」

俺即答「絶対言いません!」

「じゃ、はい」

と言って、洗面台の方に股間を向けるよう俺を促した。

俺はもうさっきまでの悪夢が最大限の喜びに変わり、ギンギンだった。

俺は自分でバスタオルを外し、洗面台にモノを向けた。

Kさんは俺の左後ろから覗き込むようにモノを眺めた。

さっきまでの軽い虐めのスタンスからモードが変わり、

「凄ーい」と言いつつ、冷んやりした指先でモノをそっとつまんできた。

優しくシゴキ初め、俺のモノは緊張感から解き放たれた快感もあり、

かなり熱くなってた。

「すごい熱いよ」

俺「Kさんの手が気持ちイイからです。」

Kさん「そ〜お?」

Kさんはそう言うと、今度は手のひらでしっかりと竿を握るように持ち替え、

人さし指と親指の輪っかをカリに当てながら、ちょっと早くしごきだした。

俺「超気持ちイイです」

俺はKさんに無言でしごき続けられ、快感に浸っていた。

数分経った頃だろうか。俺のモノを握ったKさんの体は俺の左半身と密接

した状態になり、Kさんの横乳を脇に感じられる姿勢になった。

俺はそれまで壁についていた左手をKさんの背中に下ろし、

さっきみた背骨のラインを手のひらで軽く撫でてみた。

Kさんはそれに気付いたが、何も言わなかった。

軽く力を入れてみたり、広く優しく撫でてみたりを繰り返しつつ、

俺はKさんの腰のあたりを重点的にさすった。

エロめのツボを刺激するかのように。

多分俺のモノをシゴキ続けているKさんは、この時点で自分のしていることに

結構興奮していたんだと思う。俺がスウェットの裾から手を入れて地肌の

背中を愛撫し始めても、「コ〜ラ!」と言う程度で抵抗しなかった。

ノーブラの背中を楽しんだ俺の左手は、背中では飽き足りず、Kさんの左から

徐々に乳房をめがけて進んでいった。・・・・

そして、完全に揉んでいる状態になった。

Kさんは何も言わなかったが、ほんの微量にだけ体を震わせたのがわかった。

もう、止まらない俺の左手である。

Kさんのオッパイは、妻のよりも一回り大きく、そして柔らかかった。

手は乳房を揉みながら乳首に到達し、硬くなってる乳首を指先でつまんで

優しく揉んでみた。Kさんはさっきよりもわかり易くビクッとして、その

瞬間は俺をしごいている手が止まった。

その洗面所でのエロイ状態が数分間続いた。俺は心地よい快感を股間に感じつつ

Kさんの左の乳房を堪能し、ついにKさんを向かい合わせる格好にした。

そして、今度は右の乳房をおもむろに揉みしだいた。

Kさんは目を細め「・・ハァ」と軽い吐息を漏らすようになっていた。…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
隣のアパートの女の子が彼氏とHしている時のイキ顔がエロ過ぎてオカズにしている
2015/09/29 15:30
2015/09/29 15:30


私が20代で、仕事のために一人暮らしをしていた時のこと。




家賃が安い所を探したので、少しアパートが古い。




そのため、カーテンを開けると隣の家が丸見えだ。




そんなある日、私の中に眠っていたエロの部分を開花させる出来事が起こった。




ある暑い日の夏、エアコンを一日中つけると電気代が高くなるので、昼寝後はカーテンと窓を開けることに。




すると、隣のアパートの住人の姿が・・・。





20代後半の女性で、黒髪ロング、色白でスラッとしている感じだった。




私に気づいていな…
【人妻体験談】バイトの依頼主と
2016/06/09 11:28
2016/06/09 11:28
もう10年以上前のことなんだけど年上の人妻とつきあっていたことがある。 その人は、森下愛子(古いか?)を、きりり&清楚にした感じだったので、愛子さんとしときます。 共通の知人(女性)を通じて、俺にあるバイトをやらないかという話がきたのが知り合うきっかけ。 その頃、俺は新卒後に勤めた会社を一年未満でやめて、もう一度美術系の専門学校に通っていた。 学費は親から借りたんだけど、家賃とか生活費は、自分で稼がなければならなかった。 そのバイトの依頼主が、愛子さん(28歳)だった。 彼女は、お嬢さま系の大学を出て、広告代理店に勤めていたんだけど、結婚して退社。 それでも専業主婦がいやで、知り合いのやっ…
妹のオナニー姿が卑猥すぎてパンツの中で射精してしまった兄
2015/11/04 06:00
2015/11/04 06:00
妹が性行為に興味を持ち始めたのは多分小6の頃だろう。
時々俺の秘蔵エロ本が無くなってる時が有り、不審に思った俺は
妹の部屋を家捜しした。すると、引き出しの中からアッサリ発見。
(妹よもう少し隠す場所を考えろよ!)
しかし、2、3日経つとやっぱりなくなってる。


エロ本を取られては取り返し、取られては取り返し…
そんなアホなやりとりが2年程続いた。

その2年の間、妹がオナニーしているであろう気配は多々あった。
隣の部屋から聞こえる怪しげな物音に気付かない程俺も鈍感じゃない。
(隣と言ってもタンスで区切られてるだけで部屋はつながっていた。
まぁタン…
3/3)彼氏の言いつけで輪姦されまくったエッチ体験談
2018/08/25 03:24
2018/08/25 03:24
2/3)彼氏の言いつけで輪姦されまくったエッチ体験談の続きローションを外だけじゃなく中まで塗り込まれる。 先端が狙いを定めてゆっくり押し込んでくる。 ぐ…ぐぐ…普段は入れるところじゃないし、私が力を抜いても簡単には侵入できないようだ。 でももう限界。 先っぽが、お尻の筋肉を無理やり広げて入ってくる。 ある部分を越えると、ボコンと頭の部分が入って、あとは一気に全部刺し込まれる。 もう抵抗は無意味。 ずるんずるんとお尻の穴に焼けるような感覚をくれるだけで気持ちよくはない。 さほど痛くはないけど奥に入れられると苦しい。 今日は嫌だと言ったけど、許してくれなかった。 事前に中まで全部きれいにさせ…
気の弱い先輩にやりたい放題してた話
2015/10/24 10:05
2015/10/24 10:05
俺が中学の頃の話、俺の通う中学はなんか厳しくて 塾や学校外での習い事など家庭の問題など特別な場合を除き 絶対に部活に入らないといけないルールがあった。 4月ごろは新入生への勧誘もしつこくて先輩が1年の教室の前で出待ちしてるくらい熱心そういうのが面倒臭い俺は事前にゆるくて楽そうな文化部に入ることにした 最初に見学したのは吹奏楽部、しかしこれが飛んだ文化部の皮を被った体育会系 体力作りにランニングもやるし練習はキツイし女だらけで性格もキツイ奴が多い ドラマの大奥みたいな雰囲気というか、妙にドロドロしてて派閥があって とにかく上下関係がすごいくて挨拶も声が出てないとドヤされるようなノリそこで次に行っ…
【寝取られ】まるでAV女優のようにフェラ上手になっていた妻
2016/06/09 00:00
2016/06/09 00:00
妻が赴任先の僕にメールをしてきました。妻とは毎日、メールか電話でやり取りはしていました。 休み時間、僕はメールの内容を見てビックリした。なんと妻は、僕の上司である次長に食事に誘われたのだ。 次長は僕達の結婚式でスピーチしてくれた方。家も近く、車で5分。妻も犬の散歩で時々会って会話していた。 35歳の妻は4歳の娘と暮らしてる。次長は妻より21歳も歳が上で、父親のような年齢。腕が悪い僕は次長には大変お世話になっていたし、今後の事も考えて、妻に「くれぐれも粗相の無いように・・・」と返答した。 食事は娘も同行して豪勢な食事をしたようだ。娘が電話で喜んで話してくれ、妻も上機嫌だっ…
調教2【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/11/05 02:36
2017/11/05 02:36
2005/04/21 13:12┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者 前編:調教 続き書きます。文章力が無い事、誤字は(馬鹿なんで)我慢してください。簡潔に書けなくて、長くなってしまい、また、途中になっています。1日目の終わりまで書きたかったのですが、ゴメンなさい。 俺「沙織すごく感じてたよ、おつゆもこんなにいっぱい」シーツのシミを指さす。沙「・・・・・」ちょっと見て 目をそらす。俺はベットに横になったまま、沙織をその前に立たせた。そして、全裸の沙織を見て楽しむ(本当にスタイルいいな、顔だって、最初は今イチだと思っていたけど恥ずかしいがる顔はいいよな)俺「後ろ向いて」(ケツもいい…
処女なのに、いや、いや、抜かないでと叫んでいたそうです……
2017/07/07 13:27
2017/07/07 13:27
彼氏ができて付き合いはじめたんです。
で、ゲーム買ったからこいよ、って言われて、初めて彼の家いったんです。
日中はご両親お仕事で彼だけだった・・。
結構意識したりとかするじゃないですかー。ドキドキだったの。

部屋は片付いていて、私の為にお掃除したのかなーとか思ってちょっと嬉しかったり。 ジュースだしてくれて・・ちょっと沈黙しちゃってなんとなーくヤバい雰囲気になってきちゃったの。

で。話題変えようとして「あ、ソフトいろいろあるんだー」って、かがんだのがまずかった。 そのまま太ももをさわられて・・・動けなくなっちゃったら後ろから身体中さわられちゃった。


向かい合ってキ…
同じ職場の貧乳処女
2017/04/27 07:49
2017/04/27 07:49
6年前、バイト先で同時に入った女の子がいたんだ。 当時俺は21歳でその子も同い年。 色白貧乳が好きな俺は一目惚れした。 仕事を同時に覚えてくのですぐに仲良くなった。 正直ブサメンだが、コミュ力はあったほうだと思う。 童貞だった俺はどうにかしたい一心だった。 童顔でなんとなく処女っぽいな、と勝手に思っていた。 しかし、その子には彼氏がいる事実を聞かされた。 こんな顔しやがって・・・とその日はベッドで妄想に耽った。 半年後、仕事場の友達とも仲良くなった。 彼氏がいると知らされる前はちょっとアピールしたりして、少し恥ずかしい気持ちになったりした。 淡い恋心。 そんな中、俺の好…
【レイプ体験談】マット2
2015/10/15 06:13
2015/10/15 06:13
せっかく買ったコンドームだったが使うチャンスは中々来なかった。 兄さんはスキーに行っていたので、彼女の家に行けば出来ないことは無い。 でも何となく私には”後ろめたい”感じがあったし、 正直彼女の親父さんにビビッているところがあった。 もし、最中に見つかったらどうしよう・・・。私は情けない根性無しだった。 次の日、彼女の家の前に行ってから親父さんの車が無いのを確認して、私は声をかけた。 すると、いつもは愛想のいいお母さんが無表情に応対したので、私はすごい不安に襲われた。 彼女はいつも通りだったのでホッとしたが、どうもお母さんの態度が気になる。 「どうかしたの?」 「何?…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・新入生の度胸試し

・【人妻体験談】病的なレベルでSEX大好きな人妻がご主人様と出会い、中出しSEXされまくり

・【熟女体験談】夫の実家に帰省した時に、複数の男達に押し入り集団レイプをされてしまった人妻

・【浮気】ネトゲで知り合った三十路の黒髪処女と

・H体験談。。同期入社の高身長美人妻と不倫セックス、夫婦の寝室で寝取り

・お泊まりに来た嫁のママ友に息を殺して中出し姦

・育児ノイローゼになった主婦がEDのカウンセラーで悩み解決

・取引先の女性にペニスバンドで

・【痴漢】満員電車でクラスメイトに擬似手コキ

・痴漢さんからセフレさんに

・【人妻体験談】旦那公認で目の前で寝取りアナルSEXをしたら、旦那がノーハンド射精していた

・元風俗嬢の嫁と寝取られ生活39

・エロいお姉さん^ ^

・【混浴】混浴で男性全員にアソコを視姦された彼女

・私が墓場まで持って行く秘密の告白

・友達にレズられたこと

・旦那と彼から人妻を奪い調教する 1

・人生の最後は

・同級生のエミと不良グループ

・【熟女体験談】25回目の結婚記念日の旅行でアナルバージン喪失した人妻熟女

・男の人、チンコをマンコに入れたときの感覚おせーて

・ナースのコスプレした女友達に欲情して中出し

・3Pで寝取られた私  前篇

・【人妻体験談】人妻フェチで寝取りマニアなナンパ師がミニマム体型の可愛い奥さんを寝取る

・処女だったの?

・女友達とAV鑑賞したら乱交になった・・・

・妊娠中にSEXしたがる人妻に、やっぱり中出し

・コインランドリーで見せて楽しんでいます

・健康ランドでちんシャブ大好きな40代美魔女マッサージ師をナンパ

・【寝取られ】隣に住んでるおじさんに妻を抱かせてみた結果