寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【妹との告白体験談】バイト帰りの妹が…  

2015/12/14 06:15


あれは年末の押し迫った金曜日の夜だった。何時もならとっくに帰って来ている妹がその日は帰りが遅く、バイトの帰りに何所か遊びに行ったのかと思って、俺は風呂に入った。大体毎日ほぼ決まった時間に入浴する俺は、その日もほぼ同じ時間に入浴していた時だった。原チャリのエンジン音が近づいて家の前で止まったのを確認した俺は妹が帰って来たのだと分かった。妹は高校卒業後、就職氷河期の煽りを受け志望会社から内定を取り消され、已む無く就職活動をしながら近所のガソリンスタンドでバイトをする事になった。せっかく商業高校を卒業して経理関係の仕事に就きたかったのにと、その願いも虚しく唯一見つかったのがスタンドのバイト…俺は直ぐに辞めると思っていたが、負けん気の強い妹は俺の気持ちを知ってか、毎日ちゃんと出掛け、商業高校卒業で経理が得意とバイト先が知るや、妹はスタンドの経理をバイトを初めて3ヶ月で任され、結局一年後には社員として昇格してしまい、一応経理の仕事もするからとそのままスタンドの正社員になってしまった。給料もバイト時代からかなり増えたらしく、へたすりゃ俺の方が給料安いんじゃないかと…そんな妹がご帰宅…日付が変わる頃の入浴は近所の物音が良く聞こえる為、妹の行動が目に見える様に分かる。 エンジンが止まるとスタンドを下ろす「カタッ」と言う音が聞こえ、キーを抜く音と同時に家のカギを探す音…そして鍵穴に差し込み回すと「カチャッ」と家の中に響き、「ガチャッ」とドアの開く音…そのまま「カチャン」と閉まる音が聞こえ、ヘルメットを下駄箱の上に置いた音が聞こえると、妹が靴を脱ぎ上がった時の足音が微かに聞こえる。 そのまま脱衣所兼洗面所の扉が開閉し、蛇口を捻り水音が聞こえ「ガラガラ」とウガイをする音が聞こえる。 そして衣類の擦れる音が忙しなく聞こえ暫し、その音が聞こえ無くなると…「お兄ちゃん入るよっ!」と言う声と同時に浴室の扉がガラっと開く…「えっ!」裸の妹が片手で胸を隠す様にしてもう片手で「ほらっ!スペース開けて!寒いんだから!」と言いながらシッシッと手を振る。 その突然な行動に言われるまま俺は浴槽の中で体育座りをしてスペースを開けた。 そこに背中を向けた妹が同じ様な格好で浸かる…「あ゛~暖かい~♪」パシャパシャと湯に浸かっていない肩の辺りに手杓で湯を掛けながら幸せそうに言う妹に俺は「お~い、由梨さぁ~ん」と、あたかも遠くに居るかの様な声の掛け方をしてみた。 「ん?な~に?」首を少し捻って呆気らかんと返事をする妹に「な~に?じゃなくてさぁ何入ってんの?」と、ちょっときつめに言うと「いいじゃん!寒かったんだよ!雪降ってる中の原チャリ、めっちゃ寒いんだから!」と予想だにしない答えが返って来た。 「えっ!?雪!」俺は驚いてザパッと湯船から立ち上がると浴室の窓を少し開け外を見た。 「マジっすかっ!」外は何時の間に降りだしたのか、かなりの大粒の雪が降っていて、地面も白く積り始めていた。 「ヤダぁーお兄ちゃん!寒いから早く閉めてよー!それで座ってよ~お湯が減って寒いんだからぁー」と不平不満たらたらだった…俺は素直に再び体育座りで湯に浸かった。 「どうりで物静かな訳だ」と誰に言うでもなく大きな独り言の様な事を言うと「って言うか、お兄ちゃん何時まで入ってるの?」と、今度は冷ややかな言葉が投げかけられて来た…「なっ!俺だってさっき入ったばかりで、もう少し温まりたいんだよっ!さっきは早く座れって言ったくせに何だよっ!」「え~マジでぇ~そもそも何でこんな時間に入ってるのぉ~?信じらんな~い」キィーッ!「俺は何時も位の時間に入ってるよっ!由梨の帰りが遅いのが悪いだろ!どっかで遊んでたんだろ?」と皮肉っぽく言うと「んな訳ないじゃん!私がスタンドの制服のまま遊び行く訳ないでしょ!」と言われ、確かにそうだなと…妹は何時もスタンドの作業着?のまま通勤しているので、そのまま帰宅せずに出掛けるなんて事は余程の事が無い限り有り得なかった。 「んじゃ何で遅いんだよ~」と、もう小学生レベルの口ゲンカっぽくなっていた…(笑)「それがさぁ~聞いてよー」と、突然身体の向きを90度変え、俺の顔が見える体勢になった。 けど隠す所はちゃんと隠していた…「今日の売上計算してて、どーしても1,000円合わないの…足りないのよ~何度数え直しても、何度計算し直しても丁度1,000円足りないの…でね、お金数えてる時に気付いたんだけど、新券…ピン札の事ね…の千円札が混ざってて、もしかしたらお釣りを二枚重なってるのに気が付かなくて余分に渡したんじゃないかなと…」隠す所をちゃんと隠しながら手を使ってジェスチャー混じりに力説する妹に「んな素人じゃあるまいし…」と最後まで言う前に言葉を遮る様に「それが居るのよっ!一週間前に入ったばかりのバイトの高校生くんがっ!」「そんなバイトくんに金触らせるのが悪いだろ~」「そうなんだけど、今日に限ってメチャクチャ混んでて、バイトくんには暫く一人でお金のやり取りはさせない様に店長とも話してたんだけど、どうにもお客さん待たせ過ぎるから仕方なく今日だけは一人でやらせちゃったんだよねぇ…まぁほぼ間違いなくバイトくんが犯人なんだろうけど、それを攻める訳にもいかないから今日のところは店長が自腹切る事に…店長嘆いてたなぁ…俺の昼飯代が一日分減っちまったって…(苦笑)」【後日、良心的なお客がお釣りが多い事に気が付き返しに来て店長さんの昼飯代も無事に戻って来たそうな】「ふ~ん、それで遅くなったって訳か…」「そうです…」再び俺に背中を向けて「はぁ~疲れた…」とガックリ肩を落とすと「足、伸ばしたいだけど…」とつぶやくように言われ、そう言われたら俺は湯船から出るか足を広げ妹を後ろから抱っこする様な体勢にならなければならなかった。 そんな事を考えていたら「お兄ちゃん足広げてよ」と妹から指示してきた。 それに素直に答え足を広げ伸ばすと、その間に妹が入り込んで足を伸ばした。 「あ~やっぱ足伸ばさないと辛いわぁ~」と、両手両足を精一杯伸ばして、やっとリラックス出来た感じだった。 その時、当然妹の背中は俺の腹部に密着するわけで、特に下半身のブラブラフニャフニャしたモノが妹の腰辺りに押し付けられてしまい、刺激を受けるので、これはかなり危険なので俺も出来る限り腰を引いて刺激を与えられない様にした。 すると大分リラックスしたのか妹は俺に思いっ切り寄りかかって、まるで俺が座イスかソファーの背もたれかの様に寄りかかって来た。 「あ~お兄ちゃん暖かぁ~い♪」そう言う妹の身体は全然温まっていなかったので、そっと包み込むように両腕を首下辺りに回し「こうするともっと暖かいだろ?」と耳元で囁く様に言うと「うん♪」と素直に頷いた。 『素直でいれば可愛いのに…』と心の中で呟くと、その声が聞こえたのかグイグイと背中を押し付けて「もっと暖めてぇ~」と言ってきた。 俺は焦った!おいおい!由梨さんや、そんなに背中を押しつけられたらマイ・ジュニアが起きてしまうでわないかっ!いや、きっと分かってやってるなっ!絶対、自分の腰にフニャフニャしたモノが当っているのは分かっている筈だから、コイツ絶対ワザとだ!と思ったので「コラッ!そんなにグイグイされたら感じてまうやろっ!」「あっ、やっぱり!♪」と首を後ろに仰け反る様に人の顔を見上げながら悪戯っぽく微笑む妹の顔を見た瞬間、ジュニアが反応していまった!ムクムクと長さと硬度を増すジュニアが妹の腰から背中にかけ密着した。 「あ~♪」物凄く嬉しそうな顔で俺を見上げる小悪魔がいた。 こうなったらと俺は「えいっ!由梨にもしてやるっ!」そう言って俺は妹のオッパイを鷲掴む様に揉み始めた。 「キャッ!いや~ん、お兄ちゃんのエッチぃ~♪」と、とても嬉しそうだ…ひょっとして妹はされたくてワザと俺に刺激を与えたのかと、その時は正直分からなかった…【後で問い詰めたらワザとであった事を白状した…】俺は由梨のオッパイを堪能するべく、ゆっくりと大きな動きでマッサージをする様に揉んで言った。 「由梨のオッパイ柔らかくて気持ちいいなぁ♪それに大きいし♪」【89のDカップと後に判明】「あ~ん♪エッチ~」『エッチ~』の言葉には『もっと~』の意味も含まれているのか、俺が揉めば揉むほど「は~ん、お兄ちゃんのエッチ…あんっ…エッチ…ダメ…あ~ん♪」と決して『もっとして』とは恥ずかしくて言えないのか、この時はひたすらエッチを連呼していた。 俺も段々調子に乗って来て乳首を摘まんだり転がしたり執拗にオッパイを攻めていた。 ふと由梨の手を見ると何時の間にか自分の股にある事に気が付いた。 どうやら俺にオッパイを揉ませオナニーを始めていたようだ。 そこで俺は一旦揉むのを止めて由梨の身体の向きを変えようと手を離した。 すると切なそうな顔で俺を見上げてくるので「由梨の身体の向きを変えるだけだよ」と優しく言いながら俺に対して90度向きを変えお互いの性器を右手で触れる様な体勢にした。 そして俺は右手で由梨のマンコに、由梨の右手で俺のチンポを握らせた。 空いた左手は由梨の左肩から垂らす様に伸ばしオッパイを揉んだ。 同時にオッパイとマンコを刺激された由梨は気持ち良さそうな表情でウットリとしていた。 そんな顔を見ていたら思わず唇に吸いついてしまっていた。 唇が触れた瞬間由梨は小さくビクッとしたが、直ぐに舌を絡ませ吸いついてきた。 浴槽で兄妹が互いの性器を刺激し合う光景ほど淫らな物はないなと思う反面、近親相姦の背徳感もあったが、この今まで味わったことの無い興奮は一度体験してしまうともう後戻り出来ないのだと、この時は微塵にも感じなか…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
妻が寝取られたしまったあとに死ぬほど熱く、狂おしいほどの嫉妬心に駆られる
2015/09/23 21:59
2015/09/23 21:59

妻が寝取られたしまったあとに死ぬほど熱く、狂おしいほどの嫉妬心に駆られる【イメージ画像1】


週間ほどの海外出張から帰ってきた日のこと。
久しぶりに同僚と飲み、そのまま勢いで自宅に同僚も連れて帰った。
妻はいきなりの来客に驚いた様子だったが、嫌がるそぶりも見せずに応対した。

速飲み…
彼女が水着に着替えたら
2017/02/03 05:19
2017/02/03 05:19
(・・・目、目のやり場にコマッティ・・・。) 雨宿り代わりに入ったデパートの水着売り場。 由紀(俺の彼女・本名)は女だから別にいいが、俺は付き添いなんだから。 っっって、俺から離れンなよ、勝手に。 こんなとこに一人でいたら、怪しまれんだろが。 恥ずかしいんだよ、マジで。 俺が白い水着に見とれている間に、隣の列へ行ってやがる・・・。 そのとき俺の鼻の下は20センチくらいはあったかと思う。 下を向けていたチンコもジーパンの中でもがき始めていた。 出せー・・・出してクレーって。 「どういうのがいいかなぁ・・・」 真剣に俺に聞くなよ。 まだ6月上旬だぞ。 季節は夏へ急いでるけ…
【エッチ体験談】美人でGカップの女友達とのH体験談
2016/03/31 03:00
2016/03/31 03:00
おれは27歳になる普通の会社員です。

相手は大学時代に知り合った

純子(仮名)という27歳のコで、美人な上に

かなりの巨乳の持ち主。

大学時代はお互い恋人も居て、

正直何度も計画を練ってセックスまで持ち込もうとしたが

うまくはいかなかった。

純子は大学卒業と同時に実家に帰ってしまい、

会う機会がほとんど無くなってしまいましたが、

運のいいことにおれの仕事の担当エリアが

純子の地元で出張の度に一緒に飲みに行っていた。 おれはいつも「ホテル泊まろう」とか

冗談っぽく言ってたが純子は

「彼がいるからだめー」と言って断わられ続けていた。

一つ付け加えておく…
目の前で、隣のオヤジに挿入されている妻
2016/06/06 15:00
2016/06/06 15:00
ここに妻のことを書き込むことになるとは思ってもいなかった。しかし興奮して見てしまった自分が居て、かといってまさか知り合いにはき出せる話の訳もなく、ここに書いておくことにしました。
 結婚数年目になる私の妻、里沙(仮名)27歳は、美人と言われもしますが、どちらかというと可愛い系の顔立ちだと思います。


私の同僚などに妻を紹介する機会があると、胸が大きめなこともあり、女房はエロい体だな、などとからかわれることもあります。
しかし夜の生活は普通の夫婦より少なかったことは否めません。

私は妻の清楚な雰囲気が気に入っていましたが、妻はセックスには奥手で、フェラなどはほとん…
変態カップルの物凄い青姦現場を目撃した思い出
2016/04/18 14:02
2016/04/18 14:02
去年の夏休みです。

夜中に冷蔵庫の水のペットボトルが空になった私は

マンションから数分のコンビニに行くことにしました。

ダラダラとコンビニで立ち読みしたり

新発売のおやつをチェックしてコンビニをでました。

コンビニの周り=私のマンションの周りは雑居ビルが多く

夜中は人通りがありません。

数メートル歩くと何やら

犬の鳴き声のようなけたたましい声がしました。

たまにノラ猫はでますが犬は珍しい

どこかな?と

鳴き声の出どころを探し回りました。

しばらく鳴き声の出どころを探すと、

雑居ビルの方からでした。

そこの雑居ビルは、地下に飲食店街があり

地下だけは外部の階段から…
女子中学生がイケメン同級生を逆レイプしたくなった瞬間
2015/09/05 16:02
2015/09/05 16:02
中学生のときに学校の地下倉庫で

卒業生の絵でお手本になりそうなのを探していました。

もう一人となりのクラスの男子のS君という

吹奏楽部の男子が中にいて部活は違ったんだけど、

そのときは何か作業があって私と倉庫の中にいました。

そろそろ帰ろうと思ってたら

電気が消えて真っ暗になりました。

「おい!誰だよ電気を消したの、点けろよ」

と暗闇からS君が叫んでました。

「すいませーん。まだいまーす」と私も叫びましたが反応がありませんでした。

電気を点けに出ようと思ったら出入口が閉まって鍵がかかってました。

「閉じ込められたんじゃない?」

「どうしようか・・・」

出入口を叩…
【妹との告白体験談】妹に悩まされ…その後  ~近親相姦体験~
2015/12/14 04:51
2015/12/14 04:51
とうとう、ブレーキが壊れました!投稿が遅くなりましたが、以前の投稿の直ぐ後です。妹と関係を持ってしまいました。それも意外な事に妹自身、私との関係を拒否しなかったのです!その時の様子がこうです…昨年9月に新しくシルバーウィークなる連休が出来ましたが、その連休中に事が起きました。9月も昼間は暑い日が続きその日も何時もの様に妹はパンツ全開オッパイ御開帳で我慢の限界だった俺は「なぁ麻衣…前から言おうと思ってたんだけどさ…」「なに?」「麻衣、自分で気付いてるかどうか知らないけど、そう言う格好だとパンツは丸見えだし、オッパイも乳首まで見えてる時があるんだけどさ…」と言うと、以外にもアッサリと「あっ!や…
【痴漢・レイプ】私は妻を他人に犯させました・・・
2018/06/28 06:34
2018/06/28 06:34
私は妻を他人に犯させました。 私はついに取り返しの付かないことをしてしまったんです。 私の妻は32歳で仕事をしているせいか人からは歳より若く見えるといわれ、私が見ても容姿は人並み以上だと思っています。 そのせいか私は以前から妻にミニスカートを履かせたりブラジャーのラインが透けて見えるブラウスを着せたりして男性が妻を見ているのを見るのが刺激だったのです。 でも数年前からそんな刺激がどんどんエスカレートして行ってしまったのです。 皆さんはこの気持ちが理解出来るでしょうか?実は私は妻が他の男性に犯されるのを見てみたい、妻が抵抗してもレイプされているのを見てみたいと思い始めたのです。こんな妻の愛し方…
おとり捜査で犯された婦警さん【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/11/05 16:42
2017/11/05 16:42
「被害者の住まいは、またコーポフレアだ」 主任のこの一言に、室内は、様々な感情が入り混じったため息で満たされる。 「既にみんな知っての通り、ここは3階建てのアパートだ。アパートと言っても、まだ築2年、鉄筋でセキュリティも厳重、マンションなみの設備を誇っている」 「被害者の部屋はまた2階ですか? それとも1階?」 「まあ、焦るな、高水」 そう声をかけたのは、管内でここ数週間に連続発生する、一連の婦女暴行事件の捜査担当主任、山下であった。難関である巡査部長試験を1回でクリア した山下は、30代半ば、技量、経験ともに捜査の責任者としては充分な人間である。室内には山下のほかに、10名程度の…
貧乳の彼氏持ちの女友達とカーセックスした【体験談】
2016/02/02 23:10
2016/02/02 23:10

大学のころ、女友達と後輩(男)と飲みに行ったその帰りの車の中でありました。

後輩は自力で帰るということで、友達はおいらが送ることになりました。

当時は飲酒運転の罰則がきつくなかったので、結構飲んだ状態で運転してました。

友達は泥酔して寝てたんだけど、いつからか起きだして、突然「星が見たい」と言い出しました。
ちょうど通りかかった近くの駐車場に停めて見てました。


周りは暗く、星はよく見えました。寒かったから車の中で見てたんだけど、オイラは眠くなってしまって寝てました。

気がつくと、彼女(友達)がオイラの耳や首を指でなぞって遊んでました。

目が覚めたオイラは「もしやこれは…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・屈辱の診察(4)

・アンケートの電話からセクハラに

・【人妻体験談】出会い系で真面目そうな円光主婦に嘘をついて勝手に中出し

・【熟女体験談】猪八戒のようなデブな雌豚おばさんデリヘル嬢と姫始めをして後悔

・職場の後輩の主婦28歳との先週金曜日の出来事

・屈辱の診察(3)

・男勝りで無防備だった私は、気が付くと初体験なのに乱交に

・【Hな体験】ヤンキーが見せてくれた衝撃のアルバム[前編]

・屈辱の診察(2)

・こたつ手マン

・【Hな体験】18歳のちょいぽちゃヘルス嬢に中出しまくり

・妻の体内に精液を生で射精する瞬間

・中学からの親友とセフレみたいになってしまった

・おおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお

・【人妻体験談】妊娠させた長身美人なシングルマザーが堕ろさずに他の男と結婚した

・MM夫婦調教の方法と理想。

・若いツバメとSEX汗を流しています

・【初体験】ポニーテールが似合う先輩にリードされながら

・忌むべき日常行事_3

・先生のリードでアソコがへと導かれる・・・

・町工場の職人技SEXに満たされています

・忌むべき日常行事_2

・【人妻体験談】隣の夫婦と婦交換し白目絶頂

・【不倫】潔癖症の私が友達の旦那にお尻の穴を攻められて

・条件は・・オナニーだけは好きにさせて欲しい

・忌むべき日常行事_1

・ママ友とお互いにバイブで責め合って

・【寝取られ】セックスレス解消とはいかなかったものの・・・。

・【人妻体験談】隣に住む若ハゲ旦那にビンタして無理やり中出し逆レイプをするドS主婦

・【熟女体験談】父と息子という血の繋がった二人の男性とファザコンの出戻り娘の近親相姦SEX生活