寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

久しぶりに再会してセックスした高校の同級生は既婚者だったエッチ体験談

2015/12/03 15:24



28歳の時、転勤になりました。

転勤先は実家の近く。


と言うのも俺は高校卒業後、神奈川の大学に行き、そのままそっちで就職しました。


それからずっと神奈川住まいだったのですが、
うちの会社が中部に新しく事業所をつくるって言うので、
そっちに実家の俺に転勤の白羽の矢が立ったのでしょう。


とは言え、さすがにいい年して実家から会社に通うのは何なので、
事業所の近くにマンション借りました。


引っ越してちょうど半年ほど経った頃、実家にちょっとした荷物を取りに帰りました。


その日は平日の昼間だったので、電車も人は少なかった。


ゆったりと席に座って電車に揺られていると、何か視線を感じた。


見ると、ちょっと離れた向かいの席に座っている女が、こっちをジッと見ている。


一瞬、目が合ったが、気のせいだろうと思い、すぐに視線を外した。


するとどうだろう。

その女がこっちにつかつかと歩み寄ってくる。
「ねえねえ、橘ナワフミじゃない?」
その女は俺の前で立ち止まり、俺のフルネームを呼び捨てで呼んだ。


あ、橘ナワフミってのは俺の仮名ってことで。


妙に馴れ馴れしい感じだったので、「何だ、こいつ」と思いながらも、
「ん、ああ、そうだけど。


俺は不審気に返事をした。

そしてその女をよくよく見てみると、何となく見覚えがある。


ただ誰だか思い出せず、顔と名前が一致しない。


「わあ、久しぶり!元気してた?」
向こうはそんな俺をお構いなしに親しげに話してくる。



「うん、まあね。


俺も適当に返事をした。

話しているうちに思い出すだろうと思って。


「橘、髪型変わったから最初分かんなかったよー。

声かけようか悩んじゃった。


「そう?俺はすぐに分かったよ。


本当は誰だか思い出せてなかったけど、そう言っておいた。


わーわーと年甲斐もなく女ははしゃぎながら、いろいろと話してくる。


俺も適当に話を合わせた。

完全に名前を聞くタイミングは逸してしまったし。


多分、中学か高校の同級生だろう。

同じ部活だったり、同じクラスにはなった事ないはず。


なのにこんなに親しげに話し掛けてくる女はいただろうか?

駅に着きかけた頃、女は急に慌て出し、
「わあ、次で降りなきゃ。

ね、携帯の番号教えてよ。


「え、うん、ああ・・・。







正直、多少の不信感はあったが、彼女の勢いにおされ、
俺は携帯を開いて自分の電話番号を見せた。


「ええっと・・・何か書くものない??」
「ん、ああ。


世話の焼ける女だなと思いつつ、カバンからボールペンを出して、
紙の切れ端に携帯の番号を書いてあげた。


「ありがと、じゃあ、今度連絡するねー。


扉が閉まる瞬間に慌ただしく行ってしまった。


ポカーンとしてしまった。

何と言うかマイペースな女だ。


俺は一方的に喋る女に相槌を打つだけだった。


しかし誰だっだっけ。


実家に帰ると俺はすぐに中学と高校の卒業アルバムで確かめた。


その女とは中学、高校ともに同じだった。

藤原ヤヨイ(仮名)と言った。


そう言えばいたなァという程度の記憶しかない。


卒業アルバムの顔は地味で素朴。

実際、当時はそんなに目立っていた存在ではないだろう。


さっき会った時の印象を思い浮かべ、アルバムと比べたら、
女って変わるなあって思った。

彼女はいい女になっていた。


ヤヨイは俺の携帯の番号を聞いておきながら、全くかけてこなかった。


1ヶ月くらいして忘れかけた頃、突然かかってきた。


最初は知らない番号からの着信だったので無視した。


2〜3度続けてかかってきて、「あ、もしかして」と思い出し、
出てみるとヤヨイからだった。


「お、やっと出た。

なかなか出てくれなかったねえ。


名乗りもしない。


ヤヨイは一人でしばらくぺちゃくちゃと喋った後、急に、
「ね、明日、土曜日、暇だよね?飲み行こ。


と誘われた。

俺の都合などお構いなしのようだ。

マイペースすぎる。


まあ、実際、用事なかったので、誘いに乗った。


少々の下心もあった。


もしかして「昔から好きだったの。

」みたいな展開になって、
オイシイ思いが出来るんじゃないかと妄想した。


いい女に化けたヤヨイとだったら悪くはないと思った。


翌日の夜、ヤヨイは待ち合わせにちょっと遅れてきた。

仕事が長引いてしまったそうな。


飲みながら軽くお互いの近況報告しつつ、今、誰々は何々をしているという話をした。


俺は高校抜けてからずっと向こう暮らしで、帰省もあんまりする方ではなかったし、
ほとんどこっちの友人とも連絡取っていないかった。

完全に浦島太郎状態だった。


ヤヨイの話でかつての友人達の現状を知った。


ちなみにヤヨイは某保険会社の代理店で働いているらしく、
仕事帰りのため、結構きっちりぴっちりとした服装だった。


タイトで短めのスカートは動く度にまくれあがってきて、黒タイツの太股の奥が見えそうになる。


彼女はそれに気付き、しょっちゅう元に戻していた。


胸元もけっこう開いていて、中が見えそう。

胸は明らかに大きい。


俺は目のやり場に困りつつも、やはり気になってしまう。

それで彼女の話を聞き逃す事もしばしば。


この体を使って営業やっているのかなと変な妄想をしてしまった。


俺もまさか保険入らされるのかと、多少構えたが、その話は一切出なかった。


最初は名字で「橘」と俺のことを読んでいたヤヨイだったが、
いつのまにか名前の呼び捨てに変わっていた。


さすがに俺は「ヤヨイ」とは呼べず、「藤原」と呼んでいたが。


「私、昔、ナワフミのこと、けっこう好きだったんだよ〜。


会話の流れの中でそんな事をヤヨイは言った。


俺は、「きたー!」と心の中で叫んだ。

この後、オイシイ思い出来るかも。


そして時間が過ぎた頃、「この後の予定は?」などと探るように聞いてみた。


ヤヨイは、「ん〜」と言いながら、俺の目をジッと見つめてきた。


そして、「別に、お任せしますけど。

」と意味ありげに微笑みながら答えた。


こうしてホテルへと行った。


部屋を選び、エレベーターに乗った。


エレベーターの中で激しくキスを交わした。


部屋に入って、そのまま抱き合いながら倒れるようにベッドに
激しく抱き合いながら、舌を絡ませあったよ。


ちょっと一段落したところで、ヤヨイはシャワーを浴びに行った。


しばらくしてバスルームからタオル一枚を体に巻いて出てきたヤヨイを見て、
俺は興奮抑えきれなくなり、立ち上がり彼女を抱きしめた。


そしてまたキスをする。


そのまま手をヤヨイの大きな胸へとやり、タオルの上から揉みしごいた。


そしてそのままの勢いでタオルを引っぺがそうとすると、彼女はそれを拒んだ。

「私だけ裸になるの?ナワフミも脱いでよぉ。


と妙に甘えたような声で言ってきた。









もっともだ。

俺も早くやりたくて仕方ないから、服を一気に脱いでトランクスだけになった。




ヤヨイはその間、ベッドにちょこんと座りながらニヤニヤしてこっちを見ていた。


で、トランクスだけになった俺はやよいの隣に座り、彼女を抱き寄せた。


ヤヨイは俺の胸の辺りを軽くさすってくる。

くすぐったかった。


そしてそのままベッドに押し倒した。


ここでやっとタオルの胸の辺りをそっと剥がす。

ボロンといった感じでおっぱいがこぼれる。


寝ているから潰れているが、かなり大きい。

俺は息をのんだ。


揉んでみると、柔らかく、それでいて弾力があり、揉み応え抜群だった。


そしてピンクと茶色の中間のような色の乳首を吸う。


「・・・ん・・・」と、ヤヨイはここで初めて声をあげた。


俺は舌でコリコリと乳首を転がしながら、
まだヤヨイの体にまとわりついているタオルを完全に剥がした。


そして片手でおっぱいを揉み、もう一方の手で彼女の股間に手をやる。


陰毛は逆三角形で濃い目だった。


それを掻き分け、割れ目にそって指を這わすと、その部分はもうじんわりと湿っていた。


そこをちょっと指でさするとすぐにパックリと開き、俺の指をすんなりと迎え入れた。


二本の指でぐちょぐちょとヤヨイの中をかきまわす。


異様な温かさと、液体で俺の指が溶けるんじゃないかと思った。


「んん・・・ん・・・」
とヤヨイは最初は控え目に喘いでいたが、俺の指がクリを弄った時に、
「ん・・・ああっ!」
と急に大きな声を上げるのでビックリして指を離してしまった。


「あ・・・やだ。

変な声出しちゃった。

そこ、敏感なのよね。


ヤヨイは頬を紅潮させ恥ずかしそうに微笑んだ。


俺はそれを聞いて、調子に乗ってクリばかり攻めた。


「ちょ・・・ちょっと・・・もう・・・ああ・・・もぅ・・・ああっ!・・・・いい!・・・」
さっきまではどことなく余裕の見られたヤヨイだったが、
ここを攻めると面白いように本気の反応を示し、昂ぶっていくのが分かる。


俺もそれに合わせ指の動きを激しくした。


「んぁ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【レイプ・痴漢】【痴漢・痴女】弓美【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/04/29 08:24
2017/04/29 08:24
関連BBS(ネタばれあり)【前話のあらすじ】俺の同級生で、同僚の弓美が別の会社の人に暴行された。犯人はクビになり、街を去った。暴行現場を目の当たりにしながら助けられなかった俺と妻・真帆を弓美は責めたが、それでも何とか会社に行けるまでに立ち直った。真帆の父である社長は、弓美に舞浜ディズニ一リゾートのクーポン券をプレゼントした。弓美は「ケン(俺)と行きたい」と言い、社長は苦笑していたっけ。【舞浜ディズニ一シーへ】5月半ば。新幹線と電車を乗り継ぎ、舞浜駅前のウェルカムサービスセンターへ荷物を預けた俺たち、弓美の希望で舞浜ディズニ一シーへ向かった。-----弓美の格好は、ピンクのブラウスに、膝丈の白…
40歳の母の性欲と男の精力と体力に驚きました・・・
2018/12/08 06:01
2018/12/08 06:01
僕は今高2です。

母は今年で40歳になります。
息子が言うのもなんですが、母は綺麗な方だと思います、シワも少ないしシミもないです。

父は僕が中学の時に単身赴任して海外にいます。
その日は、彼女と遊ぶ約束をしていて駅で彼女と待ち合わせでした。
30分ぐらい待った頃に彼女から連絡がきて
「おじいちゃんの容態が急変したから今日は遊べない」ということでした。
これはしょうがないなと思い、かと言って電車賃払ってきてるし何もしないで帰るのはもったいないと思ってしばらくブラブラしてから帰りました。

家に着いたのが確か11時頃だったと思います。
玄関を開けると知らない靴があり、「誰か客でも来てる…
エロい人妻とエロい働くお姉さん(^-^)
2016/10/07 21:49
2016/10/07 21:49
めちゃめちゃエロい事ばかり頭の中で妄想している奥様や、OLさんがいる(^-^) さっきまで普通に話していた奥様も、OLさんも突然の不意にした会話で、一瞬で顔色が変わり、一瞬でエロさが湧き出るかの様に、エロい事を好む(^-^) 女性を虜にさせるそんな言葉がある(^-^)人に寄って様々だが大体上手く行く事が多い(^-^) 先ず、貴方ならどう言われたら嬉しいですか❓(^-^) 貴方を口説くに何が必要ですか(^-^)   男女、人それぞれ違いますが、どう言われたら嬉しいか、どう言われたら一生懸命になれる❓どう接してくれたら嬉しいですか❓要は、男性、女性…
野球拳の後に乱交セックス
2017/05/12 22:46
2017/05/12 22:46
22 :えっちな18禁さん:2007/08/26(日) 12:18:03 大部屋で男女で野球拳やった 男子はパンツ一丁まで、女子は上半身ブラジャー一丁まで 大声は出せないが、盛り上がった その後、俺と友人はその中の女二人の部屋へ行った その女たち二人部屋でベッド2個 ベッドでいちゃついて結局本格的にセクス 当然のごとく、相手を代えてセクス 隣のベッドに刺激もされビンビン 乱交ではないが、げんなりするまで遣りまくった 引用元:PINKちゃんねる http://kilauea.bbspink.com/test/read.cgi/hneta/118748683…
居酒屋で知り合った男を逆お持ち帰り
2015/11/27 21:00
2015/11/27 21:00
今から4年前で私が20歳の頃の話です。当時付き合い始めた彼に、実は二股かけられてたことを知り、友人と居酒屋に飲みに出掛けた。私は当時ザルだったので、ジョッキ5杯・日本酒・カクテルをチャンポン状態。
友人も失恋直後だったこともあり、2人で愚痴りながらガンガン飲みました。金曜だったので店内は混み合ってて、カウンターに座っていたのですが、隣には20代後半くらいの男性二人が座っていました。


「男なんて性懲りもないよね、やはり浮気するような構造になってるんだよ・・・」
「そうだよね、あたしなんてさ・・・」
ってな具合で愚痴っていると、突然隣の席の男性が「そんなことないよ、…
人妻の淳子さん(2)
2018/01/07 07:22
2018/01/07 07:22
ニンジンやたまねぎ、食材を次々に淳子さんが買い物カゴに入れていきます。 そしてカゴを持ってるのは俺。ただそんな単純なことが嬉しかったりしました。 メニューは俺がリクエストしたハヤシライス。なんとなくハヤシライスな気分 だったのです。 買い物を終え、俺のポンコツ中古車の助手席に淳子さんを乗せアパートに 向かうことにしました。淳子さんはチャリンコで来てたので、念には念を入れて 近くの駅の自転車置き場に隠していきました。気は森に隠せです。 こうして、初めて出会ってから二ヶ月あまりで、個人的に会うところまで漕ぎ着けました。 俺の部屋で料理まで作っていただくのですから、そりゃあもう緊張しました。 …
33歳になる女先輩のおまんこが壊れそうになる程、爆速ピストン
2016/02/12 19:27
2016/02/12 19:27
こないだ、飲み会の帰りに流れで、会社の先輩(奈美子33歳)のアパートに寄った時の出来事です。奈美子さんは30過ぎても独り者で、結構焦っているという情報を仕入れ、飲み会の時に隣に座り、どんどん飲ませていい感じの雰囲気を作っていたら「S君(俺)って彼女居るの?」と聞いてきた。「いえ、一人で寂しいです」と答えると、「私も~、今日は独り者同士一緒にいっぱい飲むぞっ」と意気投合して、2次会が終わる頃には俺も美奈子さんも真っ直ぐ歩けないくらい酔っぱらっていたので、お互いくっ付いて身体を支え合いながら歩いていたら、美奈子さんのほうから「ウチ、寄ってく?」と誘ってきた。俺もムラムラしちゃって・・・。 飲み会の…
新婚すぐに他人に見られながらHしちゃった体験告白
2017/07/07 19:44
2017/07/07 19:44
結婚してすぐの大晦日。

ダンナの親友を呼んで家鍋&飲み。

酔っ払ったダンナと親友は、リビングで爆酔。

親友→ダンナに毛布をかけてあげると、

ダンナが、私を毛布に引きずり込んだ。

普段は淡白で優しいダンナなのに、

すごい力で私の顔を下半身に押し付けた。

彼の親友が同じ部屋で寝ているってのに、

私も何故か興奮しまくり、勢いで激しくフェラ。
声を押し殺すダンナがかわいくて、

無我夢中で咥えちゃいました。

ダンナは自分が逝ったあと、私の耳元で

息を吹きかけるかのような小さな声で囁きました。

「飲んだの?じゃあ、おかえし・・」

毛布の端を噛んで声をこらえな…
夫がアダルトグッズの会社に転職したら…
2016/07/17 09:00
2016/07/17 09:00
主人の転職先はアダルトグッズの開発会社でした。
しかも、給料も良く、待遇は抜群でした。翌日から夫はスーツに身を包み、意気込んで出掛けて行きました。夜20時を回る頃、夫が帰宅。「どうだった?」と聞くと、「何とかなるさ!」と心強い返事だった。「私に出来る事は協力するわ」と何気なく応援のつもりで私は励ましました。


夫が仕事に復帰して1ヶ月も過ぎ、給料の振り込みがありました。
以前よりはちょっと下がったけど、生活には問題ない金額でホッとしていたんです。
その頃でしょうか? 夫が夜の営みを求めて来て、私もその気になってました。
エッチが始まり、数分後に夫が思い出したかの…
徐々にヤラれました。
2017/08/25 08:49
2017/08/25 08:49
私は小学生の頃、暗くてメガネをかけている不細工な女の子でした。 友達も居なく毎日が憂鬱な日々の繰り返しだった。 住んでいた町は、村と呼んでもおかしくないような僻地で、時代背景もあったのでしょうか性知識など皆無で警戒心も薄い時代でした。 確か…年生だったと思いますけど、町外れの公園で男の人に声を掛けられ、友達の居ない私は嬉しくて色んな話しをしました。 家においで。と、言われて。 警戒心の無い私はついていってしまいました。 万年床のような感じで布団が敷きっぱなしの部屋で、コタツに一緒に入って話しをしてました。 男の人が胡座をかいた上に座らされ、スカートの中に手が入ってきて太ももとかを撫でられながら…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【不倫】妊娠中の友達の旦那と2人きりの事務所で生セックス

・FXで嵌められた慶応卒の女先輩

・【熟女体験談】離婚したバツ一パートおばさんにアダルトビデオを見せられ、筆下ろしをしてもらった

・FXで失敗したエリート女の屈辱

・【人妻体験談】夫婦ゲンカをして飛び出してきた同じマンションに住む奥さんとハメまくってヤリまくり、この不倫を止められそうにない

・【レイプ】荒れた中学で起きた性的いじめの実態

・ウブな人妻は旦那しか知らない豊満な女体

・40代兄妹の性交

・俺は聖人君子じゃないからなあ・・・

・【胸糞】母が不倫相手の子供を死産して病院に遺体を置いたまま逃げ

・【熟女体験談】行きつけのスナックでママと女の子の乳揉みは日常化し、SEXを楽しんだ

・45才の人妻のとても心に残る私の秘密の旅行でした

・【乱交】エアコン修理のおじさん2人に私の体も診てもらった

・凌辱された小学生

・ママ友ともナンパされホテルに行っちゃいました

・「精液好きです」って女がいるけど・・・

・【寝取られ】Aカップの童顔妻を貧乳好きの変態男に抱かせた

・【人妻体験談】専業主婦を調教してリビングでSEXしたが、癖になりそう

・【熟女体験談】施設で知り合った熟女ヘルパーを口説いて、ホテルで中出しSEXををし、付き合うことになった

・憧れの女性

・弓道部のJKに生挿入したら、ギューッと締めつけてくれた

・情事をDVDに撮るのは考え物です

・【レイプ】バッグの中身を漁られる横で、すでに私は犯されていた

・大嫌いな妹を犯した話

・僕と従弟のユウくん

・【不倫】太ももを割って入った主任さんの膝でアソコを擦られて

・某地域掲示板の熟女

・【熟女体験談】遅れてやってきた美熟女風俗嬢が本番SEXをさせてくれ、口に受け止めてもらった

・先輩に渡された本で彼女いない歴=年齢がスローセックス覚えた結果

・【人妻体験談】嫁さんとヤリたいと言ったら、大親友公認で大親友の妻のセフレと鳴った