寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【Hな体験】常連の男の子を誘惑して筆下ろし[後編]

2015/11/25 18:00


Kくんの指は私の少し毛深い陰毛を撫で、だんだん下の方へ移動してきました。そしてとうとう、私の一番敏感な突起へ指が触れたのです。その指は意に反してそのままそこを通り過ぎ、割れ目へと下っていきました。 もうそこが十分に濡れていることは私にも分かっていました。
Kくんの指は、その割れ目の滑りを楽しむように上下に往復していました。
私「濡れているでしょう?女性はね、感じると愛液で濡れてくるの、どうしてか知っている?男性の性器が挿入しやすいようになっているのよ」
K「本当にぬるぬるしている。こうしていると気持ちいいの?」
私「うん、気持ちいいよ。ねえ、まだ女性のアソコ見たことないんでしょう?」
K「うん、生ではね。写真ならあるけど」
私はKくんの頭を下腹部へ押すようにして「見たいでしょう?見ていいよ」と言って膝を立て、両足を開いて見やすいように正常位の体位で構えました。
Kくんは一旦私の体から離れて、私の股の間に座り込むようにして顔を近づけました。
私「ねえどう?グロテスクでしょう?」
しばらくしてKくんは「本当にシャコ貝みたい」と言いながら花びらを指で開いてきたのです。私は、恥ずかしさと快感の入り交じった新鮮な気分でした。
私「ここがクリトリス、とっても敏感なところよ」
人差し指と中指で包皮を剥き、Kくんが見やすいようにしました。
K「豆みたいだね」
私「ねえ、そこを舌先で舐めてみて、気持ちいいの」
Kくんの舌先が触れて来ました。同時に私の体中に電気が走りました。Kくんはクリトリスを舐めたり吸ったりしていました。そして今度は指を花びらの中心に差し込んできたのです。それは、まるでミミズが行き場所を探して頭をくねくねとしているようでした。
私「Kくんそこにおちんちんが入るのよ、そこが膣の入り口」
K「こうしたら気持ちいいの?」
・・・と、指を出し入れしています。
私「うん、気持ちいいよ」
しばらく私はKくんの指の動きに意識を集中していました。
私「Kくん、その膣の入り口とクリトリスの間にちっさな穴があるの分かる?」
K「ちょっと待って」
Kくんは指で探し始めました。
K「あ、あった、ここ」
私「うん、そこ。そこがオシッコが出るところ」
K「へー、女の人のって小さい穴だね」
Kくんは感心していました。私は、ゆっくり上半身を起こして・・・。
私「Kくん、今度はKくんの番。Kくんのを見せて。私も5年ぶりに見るんだから(笑)そこに寝て・・」
私はKくんの足を開かせ、その間に跪くように座ってブリーフの上から唇をつけました。もうそこは、はち切れんばかりに盛り上がっていました。そしてそこに頬擦りをしました。ブリーフを通して中の固まりの躍動と熱気が頬に伝わってきて暖かく感じました。
それから私はブリーフを引き下げました。Kくんのモノは、そそり立つと言うよりも、おへその方に倒れている感じでした。下から眺めるとより一層、長く、大きく見えました。
私はこれから行うことを予期していました。まだ、未知の体験です。そう、フェラチオに取りかかろうと決心しました。でも初めてだと言うことは、Kくんには言わないことにしました。どうせKくんも初めてだし、上手下手など分かりっこないと思ったからです。それに、年長としての優位性も保持したかったからかもしれません。
私はまずKくんのサオを根元の方から上に向かって舌を使って、ゆっくり、丁寧に舐めていきました。Kくんの体が少しピクッと動きました。今度は、袋の方に舌を移動しました。最初はキスをしてみました。すると袋が縮んだように動きました。次に舌で舐めてみました。袋の皺の感触でザラザラしていました。そして指で触ってみました。袋の中のモノを確かめるように指先を動かしました。確かに2つ玉があるのが分かりました。ウズラの卵ほどの大きさかなと思いました。そしてそれを口の中に含んでみました。
K「くすぐったい(笑)」
私は逆に面白くなって、まるでディープキスをするみたいに袋中を舌先で舐め回したり強く吸ったりしました。
今度はKくんは「気持ちいい!」と言って仰け反りました。
それから私は顔を上げ、おへそに向かっているKくんのモノを右手で握り、真上に起こしてから、尿道の入り口のところをぺろっと2、3回舐めてからゆっくり口の中に含んでみました。亀頭の部分をすっかり口に含み、舌を使って舐め回しました。
K「う、うっ・・・」
Kくんの体が硬直しました。私の舌が転がるたびにKくんは快感で悶えていました。
その時です。
K「で、出る!」
Kくんが叫びました。その瞬間に、口の中に生暖かいドロッとした液体が飛び込んできました。
私はそれが流れ出ないように唇を閉じるので必死でした。勢いのいい液体は、私のノドチンコまで達したようで、吐き出したくなりましたが、必死で我慢しました。やっとKくんのサオの脈打ちが静まると、その液体が漏れないように唇を締め付けたままKくんのモノから口を離しました。本当は吐き出したかったのですが、Kくんに悪いような気がして、恐る恐る飲み込んでしまったのです。もちろん初めての経験です。喉越しの何とも言えない異物感は気分が悪くなるかと思うほどで、けっして美味しいモノではありませんでした。でも、汚れのない若いKくんの男性自身から出たモノなので、汚いという感じはありませんでした。
私「Kくんの精子全部飲んじゃった」
K「どんな味なの?」
私「あんまり美味しいモノじゃないね」
そう言って苦笑いしました。Kくんが初めて大きな声で笑っていました。
K「初めて飲んだの?」
私「ううん、前にもある」
嘘をつきました。
K「・・・ごめんね」
私「どうして?」
K「僕、早漏なのかな?すぐ出てしまうから」
私「気にしないでいいよ、最初はみんなそうだよ。経験を積んでだんだん大人の男になるんだから、まだ10年早いよ(笑)」
Kくんも「そうだよね」と、言ってくすっと笑いました。
私はちらっとKくんのサオを見ました。それは前より増して赤みを帯びてはいましたが、まだ膨張したまま立派にそそり立っていました。若いってすごい!と感心しました。
ふと壁の掛時計を見ました。もう9時30分になっていました。
私「遅くなっちゃったけど、時間大丈夫?」
K「うん、大丈夫。どうせ一人住まいだから」
私「ちょっと実家に電話するね」
私は部屋から出て、『お客さんと話し込んでいて子供の迎えが遅くなるから』と実家の母に電話しました。電話の受話器を置いてから、自分が素っ裸であることに気づき、急いで休憩室に戻りました。
私「そうだ、Kくんの童貞奪うんだったね」
Kくんの傍に座りました。Kくんはまだ横になっていました。
「あ、そうそう」と言って私は立ち上がり、戸棚の中を覗きました。
確か段ボール箱の下に隠して置いたはずです。3個繋がったコンドームのパッケージがありました。それを持ってKくんのそばに再び座り・・・。
私「コンドーム。赤ちゃんできたら困るから。Kくん、もう2回も出たからすぐには出ないでしょう?それとも精子もう残っていないかな」
K「たぶん、大丈夫、もう少ししか出ないと思う。それに、すぐには出ないと思う」
私「ねえ、出るときは分かるんでしょう?出そうになったら教えてよ」
K「コンドームするんでしょう、じゃあいいじゃん」
私は少し考えてから話しました。
私「今日はKくんの童貞を奪うのよ、Kくんにとって初めての経験よ。それなのにコンドームをはめたままじゃあ、嫌でしょう?本当の意味での初体験とは言えないんじゃないかな?だから最初は生でして、出そうになったらコンドームをはめたらいいんじゃない?ね、いいアイデアでしょう!」
K「うん、僕も生でしてみたい、ありがとう」
Kくんは私に抱きついてきました。私はKくんを受け止めました。私たちは座ったままお互いに唇を求め合いました。もう最初から濃厚なディープキスになっていました。お互いのつばを相手の舌に絡め合い、まるで掃除機のように吸引し合いました。Kくんの両手は私の乳房を揉みしだいていました。
私「もっと強く揉んで」
K「こうしても痛くないの?」
Kくんは鷲掴みで強く揉んできました。
K「思ったより柔らかいね」
そして再び私のシャコ貝に潤いが戻ってきました。
私「もうそろそろ始めようか」
私は仰向けに寝ました。そして正常位の姿勢で両足を開きました。
私「こっちにきて」
Kくんは私の開いた足の間に立ち、それから腰を落として私の上に重なってきました。その仕草を見ていて、Kくんも雑誌やビデオで体位は知っているのだなと思いました。でも、Kくんは私の中に入ろうと試みているようですが、なかなかうまくいきませんでした。
私「Kくん、落ち着いて。いい、私のモノをちゃんと見て。さっき教えたでしょう?下の方に膣の入り口の穴が見えるでしょう?さっき指を入れてたところ。そこにKくんのモノを押し込んでみて。出来なかったら、手で掴んでから、そこに先を当ててから押し込んでみて」
K「分かった、やってみる」
Kくんは下を向いて、もそもそと動いています。私の膣は今か今かと待ちわびていました。焦れったくなって私が起きあがろうとした時でした。膣の中に熱い塊が侵入して来たんです。
私「あ、あ」
私は思わず声を漏らしました。
それは一気に奥まで入ったかと思うと不規則な動きを始めたのです。こんなに感じたことは今までありませんでした。おそらく、今私の上に重なっているKくんが初めての体験であり、そして私の息子と言ってもおかしくない年齢の子と交わっているんだという背徳感と、得体の知れないときめき・・・。そういう非現実的な…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
フェラをしないのは悪いといわれてなぜかHまでさせられた俺の彼女の寝取られ体験談
2016/03/12 19:03
2016/03/12 19:03
彼女も俺も社会人。




彼女は、有名人で言うと、木佐彩子みたいな感じ。




結構可愛いと俺は思う。




彼女は平日休みが多く、俺は普通に土日休み。




付き合い始めて3ヶ月ぐらい経って、彼女が休みの日の前の晩、仕事帰りに友達と飲みに行く予定がある、と言っていた。




その時は女しかいないもんだと思ってた。




(彼女の職場は女だらけなので)



俺はその日は普通に仕事、翌日も仕事。




特に気に留めてなかった。



ところが、実際には男もいた。




人数的には、男3、女2だったそうだ。



そ…
【犯され】妻が犯されるところを静観していた夫・・・後日談
2016/03/10 15:36
2016/03/10 15:36
あれから、仕事中などにも頭から離れず、考えを巡らせた結果、やはり大矢さんに話をつけた方がいいと考えました。しかし問い詰めるにも証拠が無いことが気掛かりで、やはり映像なり音なりで現場が残っていないとこちらからも強く出られないのではないかというのが結論でした。私自身、妻を信じていますから一度の過ちで妻を傷つけたくはないですし、本当に妻は男を受け入れるようなことをするのかもう一度確かめたい気持ちもありました。 もしも万が一、もう一度妻があの男と関係することがあるとするなら、その現場を押さえられない方が問題だと思いました。そのため私は賭けにでることにし、作戦を立てました。 その作戦とは家に大矢さん…
20歳までに経験したくて、迫ってこない彼をその気にさせた【体験談】
2016/05/25 00:30
2016/05/25 00:30

私は地方の某県の市立大学に通う女子です。

2年生になり、ある科目の授業で、やはり2年生の男子と知り合いました。

彼は浪人しているので私より1つ年上でした。

顔立ちはソフトで、しゃべりが優しくて、私はすぐに彼に惹かれました。

田舎の山の中にある公立大学ですから、地味な学校ですが、彼はよその県から来ている人で、雰囲気はこちらの人より垢抜けていました。

授業の後、大学のカフェで何度かコーヒーを飲んだり、市内の繁華街に買い物に一緒に行ってもらったこともあります。

彼は原付バイクの通学ですが、私は軽自動車で通学しているので、お買い物の時は私の車で行きました。

そんなことを何回か繰り返し…
調教しがいのあるロリ妻を捕まえた・・・
2016/07/20 20:01
2016/07/20 20:01
今回捕まえたのは若干23歳のロリ妻!
最近若妻たちの反応がいいのは嬉しいことですね。
ただこの子も含めて、こんな歳から
不倫しまくっちゃってこの先大丈夫なんでしょうか…
とまぁ心配もほどほどに、今回は比較的ハメ撮りにも
おおらかに応じてくれたので裸も撮らせてくれました。

幼い体型が人妻に見えませんがこれでもなんと2児の母!
抱き心地最高のスベスベムッチリ敏感ロリ妻ボディは
最高に楽しませてくれました!

ホテルでくつろぎながら携帯をいじるあさみちゃん。
歳の割りには落ち着いてるし性格もマイルドでちょっと
天然チックな所がグッドです!

シャワーを浴びて一息。
もうこの時点で体から…
【近親相姦体験告白】デブの叔母との思い出
2017/12/21 19:57
2017/12/21 19:57
ずいぶん昔の話になるが、私が小学校年から中学生の頃の話。 近所に母の妹が住んでいた。 当時、叔母は才で独身、一人暮らし。 不規則な仕事で、昼間いたりいなかったりした。 私は叔母に可愛がられ、在宅の時はよく遊びに行き、おやつをもらったり、マンガを読んでいたりした。 叔母は、でっぷりと太っており、性格はいいのだが男とは縁がなさそうだった。 ある日、いつものように遊びに行くと、呼んでも叔母は出てこず、不在のようだった。 鍵は開いていたので、近所に買い物でも行ったのかなと思い、勝手に入ってマンガを読んでいた。 シーンとした家の中で、どこからともなく声が聞こえた。 奥の部屋のほうで、声がする。 叔母…
【Hな体験】惚れてた会社の娘が泥酔・・・もう我慢できない!
2015/10/22 06:00
2015/10/22 06:00
新人教育してた娘が泥酔、あくまでネタという事で・・・。同じ会社の新人Yさんとの話。 新人教育をしていた俺は、新人の彼女に惚れていた。告白もしたけど、断られた。 一度だけキスもできたけど、それでもダメだった。それでも彼女と何回か飲みに二人でいった。彼女は、異性とはこういう関係OKだったみたい。飲むたびに仕事悩みとか色々相談に乗ったりした。 ある日、猛烈に飲んだ日があった。 俺「もっと飲もうか」 誘ってみた。終電なくなりそうだったので、敢えてそう言った。 Yさんは「そうだね」と言ってくれた。 俺「誰かに聞かれないよう二人きりで飲もう」 そう言ってホテルに誘った。脚元フラフラな…
チャットで話し会ったのはそこそこ美人な人妻
2018/07/05 21:11
2018/07/05 21:11
 チャットで話したまりことは、県東部の街で会った。お互いに車でその駅前のロータリーで待ち合わせ。あらかじめ聞いていた色と車種の車が入ってくるのを見届け、打ち合わせどおり少し離れたコインパーキングに向かった。

 パーキングに車を入れると、まりこは躊躇いもせず漏れの車に乗り移って来た。車に乗っていたときから気づいていたが、そこそこの美人。最大の特長は・・腰のくびれが目立つこと。
車の中で初対面の男に・・・
2017/04/03 18:19
2017/04/03 18:19
高校を卒業して専門学校に通い始めた1年の夏、中学の時の女友達に誘われて飲み会に行った時のことです。 その友達とは久しぶりに会い、男性2人とは初対面でした。 私はあまり飲まなかったけど他の人は結構酔っていました。 飲み会は深夜まで続き、閉店も近くそろそろ帰ることになりました。 男性の車で送ってもらうことになり、男性が運転、助手席に私の友人。 私ともう一人の友人は後部座席へ。 その間に男性が1人割り込んで座りました。 その時の私の恰好は、ノースリーブの白いミニのワンピースで、座るとかなり太腿が露出するので一瞬戸惑いましたが、その男性の向こう側には友人が座っていたので、下着が見えないよ…
【熟女体験談】昼間はヒステリックな鬼の女課長が、ベッドの上では甘えんぼうのエッチ大好きな淫乱女性に
2017/05/18 18:02
2017/05/18 18:02
2017/05/18 (Thu) 入社して2年目のペーペー平社員です。

自分が営業部にいるんだが、
会社のお荷物的存在になっている。

あまりにも営業成績が悪いので
社長が抜本的改革だ!と女上司を連れててき。

この女上司は紺色のタイトなスーツに
ふちなしのインテリ眼鏡のキャリアウーマン。

髪は後で結び、化粧は派手じゃない。

天海祐希を彷彿とさせる
その容姿と言動は周囲を恐怖に陥れた。

まさに学歴も凄くて
正真正銘のエリートキャリアウーマン

有名大学を卒業後語学留学。

経済学を学び博士号。

そして、性格がめちゃくちゃキツイw

年下の俺には容赦なく命令。

失敗す…
【強姦】万引き発見し
2015/12/31 08:32
2015/12/31 08:32
684名前:悪人投稿日:02/07/1105:17ID:Q05MKLMX 先日何気なくスーパーへ買い物に行きました。 中で買いたい物を探していると、ふと一人の高校生に目がいきました。 ついでだから、お尻でも触っていこうと思い近づきました。 近くに行くと、その子は周りをチラチラ見ています。 おかしいなと思い、少し離れて見ているとその子は万引きしているじゃありませんか・・・ そして移動しようとしていたので、私は買い物カゴを下に置きついていきました。 レジの横を堂々と通ってその子は外へ・・・そしてその子は自転車置き場に歩いてます。 私は周りに人がいないのを確認して、その子に声を掛けました。685名…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【Hな体験】キス上手なバツイチ女性とのセックスに溺れた

・年上新入社員の麻美

・ロリコン

・男2女1で酒の勢いで3Pした

・痴漢じゃないです~

・【熟女体験談】物凄くエロくて素敵な淑女のアヘ顔があまりにもエロ過ぎて中出し射精

・従姉(33)のセックスを見せてもらった話

・【人妻体験談】ヤリマンビッチで馬鹿な母乳幼妻と出会い系で知り合い中出しフィニッシュ

・秋祭り

・某サイトに割り切りで募集をした体験談

・遠距離の彼女と会いに行く前の晩に巨乳の先輩と

・色黒で爆乳、男勝りの勝気な幼馴染 小学生編(再補足と再修正)

・射精で暴れるおちんちんを口に収めておくのが大変・・・

・飲み会でお持ち帰りしたら同僚の彼女って打ち明けられ仰天した話2

・【熟女体験談】レントゲン撮影の時にビキニパンツに興奮して逆痴漢してきた熟女ナース

・自分でも知らなかったスケベな私の体

・【SM・調教】終わらない絶頂地獄

・人妻の男あさりが止められません

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[後編]

・【人妻体験談】息子の同級生に調教されて雌犬奴隷になった下品な母

・【熟女体験談】同級生の家に性奴隷家政婦として働いていた母に目隠しして近親相姦SEXをした息子

・大塚愛似のかなり可愛い女友達

・超美人のOLを鬼のように口説いて中出しさせてもらった

・男のオモチャの様に扱われた日々

・36歳の巨乳処女OL(再々修正版)

・【Hな体験】防音の放送室に呼び出されて[前編]

・酒を利用して寝取った

・泥酔女の話しを一つ

・【男×男】玉無しニューハーフに開かれた禁断の世界

・嫁を寝取っていたのは俺だった?終り