寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【Hな体験】常連の男の子を誘惑して筆下ろし[後編]

2015/11/25 18:00


Kくんの指は私の少し毛深い陰毛を撫で、だんだん下の方へ移動してきました。そしてとうとう、私の一番敏感な突起へ指が触れたのです。その指は意に反してそのままそこを通り過ぎ、割れ目へと下っていきました。 もうそこが十分に濡れていることは私にも分かっていました。
Kくんの指は、その割れ目の滑りを楽しむように上下に往復していました。
私「濡れているでしょう?女性はね、感じると愛液で濡れてくるの、どうしてか知っている?男性の性器が挿入しやすいようになっているのよ」
K「本当にぬるぬるしている。こうしていると気持ちいいの?」
私「うん、気持ちいいよ。ねえ、まだ女性のアソコ見たことないんでしょう?」
K「うん、生ではね。写真ならあるけど」
私はKくんの頭を下腹部へ押すようにして「見たいでしょう?見ていいよ」と言って膝を立て、両足を開いて見やすいように正常位の体位で構えました。
Kくんは一旦私の体から離れて、私の股の間に座り込むようにして顔を近づけました。
私「ねえどう?グロテスクでしょう?」
しばらくしてKくんは「本当にシャコ貝みたい」と言いながら花びらを指で開いてきたのです。私は、恥ずかしさと快感の入り交じった新鮮な気分でした。
私「ここがクリトリス、とっても敏感なところよ」
人差し指と中指で包皮を剥き、Kくんが見やすいようにしました。
K「豆みたいだね」
私「ねえ、そこを舌先で舐めてみて、気持ちいいの」
Kくんの舌先が触れて来ました。同時に私の体中に電気が走りました。Kくんはクリトリスを舐めたり吸ったりしていました。そして今度は指を花びらの中心に差し込んできたのです。それは、まるでミミズが行き場所を探して頭をくねくねとしているようでした。
私「Kくんそこにおちんちんが入るのよ、そこが膣の入り口」
K「こうしたら気持ちいいの?」
・・・と、指を出し入れしています。
私「うん、気持ちいいよ」
しばらく私はKくんの指の動きに意識を集中していました。
私「Kくん、その膣の入り口とクリトリスの間にちっさな穴があるの分かる?」
K「ちょっと待って」
Kくんは指で探し始めました。
K「あ、あった、ここ」
私「うん、そこ。そこがオシッコが出るところ」
K「へー、女の人のって小さい穴だね」
Kくんは感心していました。私は、ゆっくり上半身を起こして・・・。
私「Kくん、今度はKくんの番。Kくんのを見せて。私も5年ぶりに見るんだから(笑)そこに寝て・・」
私はKくんの足を開かせ、その間に跪くように座ってブリーフの上から唇をつけました。もうそこは、はち切れんばかりに盛り上がっていました。そしてそこに頬擦りをしました。ブリーフを通して中の固まりの躍動と熱気が頬に伝わってきて暖かく感じました。
それから私はブリーフを引き下げました。Kくんのモノは、そそり立つと言うよりも、おへその方に倒れている感じでした。下から眺めるとより一層、長く、大きく見えました。
私はこれから行うことを予期していました。まだ、未知の体験です。そう、フェラチオに取りかかろうと決心しました。でも初めてだと言うことは、Kくんには言わないことにしました。どうせKくんも初めてだし、上手下手など分かりっこないと思ったからです。それに、年長としての優位性も保持したかったからかもしれません。
私はまずKくんのサオを根元の方から上に向かって舌を使って、ゆっくり、丁寧に舐めていきました。Kくんの体が少しピクッと動きました。今度は、袋の方に舌を移動しました。最初はキスをしてみました。すると袋が縮んだように動きました。次に舌で舐めてみました。袋の皺の感触でザラザラしていました。そして指で触ってみました。袋の中のモノを確かめるように指先を動かしました。確かに2つ玉があるのが分かりました。ウズラの卵ほどの大きさかなと思いました。そしてそれを口の中に含んでみました。
K「くすぐったい(笑)」
私は逆に面白くなって、まるでディープキスをするみたいに袋中を舌先で舐め回したり強く吸ったりしました。
今度はKくんは「気持ちいい!」と言って仰け反りました。
それから私は顔を上げ、おへそに向かっているKくんのモノを右手で握り、真上に起こしてから、尿道の入り口のところをぺろっと2、3回舐めてからゆっくり口の中に含んでみました。亀頭の部分をすっかり口に含み、舌を使って舐め回しました。
K「う、うっ・・・」
Kくんの体が硬直しました。私の舌が転がるたびにKくんは快感で悶えていました。
その時です。
K「で、出る!」
Kくんが叫びました。その瞬間に、口の中に生暖かいドロッとした液体が飛び込んできました。
私はそれが流れ出ないように唇を閉じるので必死でした。勢いのいい液体は、私のノドチンコまで達したようで、吐き出したくなりましたが、必死で我慢しました。やっとKくんのサオの脈打ちが静まると、その液体が漏れないように唇を締め付けたままKくんのモノから口を離しました。本当は吐き出したかったのですが、Kくんに悪いような気がして、恐る恐る飲み込んでしまったのです。もちろん初めての経験です。喉越しの何とも言えない異物感は気分が悪くなるかと思うほどで、けっして美味しいモノではありませんでした。でも、汚れのない若いKくんの男性自身から出たモノなので、汚いという感じはありませんでした。
私「Kくんの精子全部飲んじゃった」
K「どんな味なの?」
私「あんまり美味しいモノじゃないね」
そう言って苦笑いしました。Kくんが初めて大きな声で笑っていました。
K「初めて飲んだの?」
私「ううん、前にもある」
嘘をつきました。
K「・・・ごめんね」
私「どうして?」
K「僕、早漏なのかな?すぐ出てしまうから」
私「気にしないでいいよ、最初はみんなそうだよ。経験を積んでだんだん大人の男になるんだから、まだ10年早いよ(笑)」
Kくんも「そうだよね」と、言ってくすっと笑いました。
私はちらっとKくんのサオを見ました。それは前より増して赤みを帯びてはいましたが、まだ膨張したまま立派にそそり立っていました。若いってすごい!と感心しました。
ふと壁の掛時計を見ました。もう9時30分になっていました。
私「遅くなっちゃったけど、時間大丈夫?」
K「うん、大丈夫。どうせ一人住まいだから」
私「ちょっと実家に電話するね」
私は部屋から出て、『お客さんと話し込んでいて子供の迎えが遅くなるから』と実家の母に電話しました。電話の受話器を置いてから、自分が素っ裸であることに気づき、急いで休憩室に戻りました。
私「そうだ、Kくんの童貞奪うんだったね」
Kくんの傍に座りました。Kくんはまだ横になっていました。
「あ、そうそう」と言って私は立ち上がり、戸棚の中を覗きました。
確か段ボール箱の下に隠して置いたはずです。3個繋がったコンドームのパッケージがありました。それを持ってKくんのそばに再び座り・・・。
私「コンドーム。赤ちゃんできたら困るから。Kくん、もう2回も出たからすぐには出ないでしょう?それとも精子もう残っていないかな」
K「たぶん、大丈夫、もう少ししか出ないと思う。それに、すぐには出ないと思う」
私「ねえ、出るときは分かるんでしょう?出そうになったら教えてよ」
K「コンドームするんでしょう、じゃあいいじゃん」
私は少し考えてから話しました。
私「今日はKくんの童貞を奪うのよ、Kくんにとって初めての経験よ。それなのにコンドームをはめたままじゃあ、嫌でしょう?本当の意味での初体験とは言えないんじゃないかな?だから最初は生でして、出そうになったらコンドームをはめたらいいんじゃない?ね、いいアイデアでしょう!」
K「うん、僕も生でしてみたい、ありがとう」
Kくんは私に抱きついてきました。私はKくんを受け止めました。私たちは座ったままお互いに唇を求め合いました。もう最初から濃厚なディープキスになっていました。お互いのつばを相手の舌に絡め合い、まるで掃除機のように吸引し合いました。Kくんの両手は私の乳房を揉みしだいていました。
私「もっと強く揉んで」
K「こうしても痛くないの?」
Kくんは鷲掴みで強く揉んできました。
K「思ったより柔らかいね」
そして再び私のシャコ貝に潤いが戻ってきました。
私「もうそろそろ始めようか」
私は仰向けに寝ました。そして正常位の姿勢で両足を開きました。
私「こっちにきて」
Kくんは私の開いた足の間に立ち、それから腰を落として私の上に重なってきました。その仕草を見ていて、Kくんも雑誌やビデオで体位は知っているのだなと思いました。でも、Kくんは私の中に入ろうと試みているようですが、なかなかうまくいきませんでした。
私「Kくん、落ち着いて。いい、私のモノをちゃんと見て。さっき教えたでしょう?下の方に膣の入り口の穴が見えるでしょう?さっき指を入れてたところ。そこにKくんのモノを押し込んでみて。出来なかったら、手で掴んでから、そこに先を当ててから押し込んでみて」
K「分かった、やってみる」
Kくんは下を向いて、もそもそと動いています。私の膣は今か今かと待ちわびていました。焦れったくなって私が起きあがろうとした時でした。膣の中に熱い塊が侵入して来たんです。
私「あ、あ」
私は思わず声を漏らしました。
それは一気に奥まで入ったかと思うと不規則な動きを始めたのです。こんなに感じたことは今までありませんでした。おそらく、今私の上に重なっているKくんが初めての体験であり、そして私の息子と言ってもおかしくない年齢の子と交わっているんだという背徳感と、得体の知れないときめき・・・。そういう非現実的な…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【隠し撮り】とーちゃんが運転中にかーちゃんの股間に悪戯w染みが凄いことになってたんだがwww
2017/01/12 00:00
2017/01/12 00:00
昨年の夏、本場の高知のよさこいを生で見ようと家族4人で

車で遠出した時のことです。

父が運転で母は助手席に、

僕と妹は後部座席に乗って、

しばらく景色を眺めていましたが、

いつの間にか寝ていました。

目が覚めて隣を見ると妹も寝てました。

前を見ると運転している父が母に悪戯をしているみたいで、

太ももを触ろうとしては手を退けられていました。

「やめてって。子供らが居るやろ。」

母が寝ている僕たちを気にして小さな声で父に言っていますが、

父はその困っている母を楽しむように、

しつこく股の部分に手を伸ばしています。

「もう・・・知らん」

そう言うと、母は父のしつこさに負…
【レイプ】初めて味わう“ウナギ責め”でイカされまくった
2015/11/20 00:00
2015/11/20 00:00
ある晩、私はC君に呼び出され、カラオケBOXに行きました。C君はK大のアメフト部で、ルックスも良く、女の子達に人気があります。私はつい最近C君と付き合い始めたばかりですが、もう離れられないと感じていました。 浮気性で強引で利己的だけれど、はっきり言って私は彼のセックスの虜だったのです。 C君は鍛え抜かれた体と甘いマスクだけでなく、あっちの方もすごいんです。 彼は私に、器具で弄ばれる悦びを教えてくれました。彼はその器具を『ローター』と呼んでいました。逞しいペニスで私を貫き、激しく突き動かしながら、快感にのたうち回る私の最も敏感な部分にローターを宛てがうのです。初めて彼に抱か…
黒ギャル風俗店で日焼けしたギャルの尻肉を揉みまくり
2017/07/05 20:08
2017/07/05 20:08
俺のマイブームは
ガングロギャルが在籍している黒ギャル風俗なのだ

日焼けした黒ギャルの虜になってしまったww

一時期黒ギャルとか大嫌いだったんだけど、

ふとAVで見てからかな?

黒ギャルにドハマりして、

何でこんなエロい生き物を嫌っていたんだと

すぐさまネットで

ガングロギャル専門のソープを調べて行ってみた。

そしたらやばいぐらいハマッてしまって、

足繁く通う日々w

もちろんソープだけじゃなくピンサロなど

黒ギャルやガングロギャルがいる近場の風俗店を

しらみつぶしに行っているw

当然結構な値段するので・・・






普段の生活は切り詰めて
歯科衛生士の年上の彼女がエロくて、見ているだけで勃起しちゃうエッチな体験談
2016/01/07 22:02
2016/01/07 22:02
僕の彼女はよく友達に言われるのが佐々木希に似てると、

歯科衛生士をし、僕より背も高く、

年も僕は学生で18、彼女が24と離れてる為

周りから見たら姉弟に見えると思う。

名前は希(仮名)普段僕は希さんと呼んでます、

何でこう呼ぶかと言うと彼女がプライドが高く性格ブスでありまして、

年下に呼び捨てにされるのが嫌みたいで

無理矢理そう呼ばされてます。

彼女はデートしてても

「早く歩いて、さっさとこれ持って、私に逆らうんだ?」

ともうお嬢様気取りで気が休まらずデートが地獄に感じます。

それでも何故かHの時だけは別で甘えさせてくれ僕の要求を聞いてくれます。

そんな彼女とも付き合…
保険外交員
2017/11/01 14:19
2017/11/01 14:19
私保険外交員をしてるんですが契約が全然取れません。 それでいつも私にイヤミを言ってくる上司が契約の取り方を教えてやるからついてこいと言われ私は上司の車に乗せられある会社の社長室に連れていかれました。 待ってると社長らしき人があらわれ私をジロジロ見てきました。 そして上司に「社長は俺の友人だから契約の取り方の秘訣を教えてもらえ。 気に入られれば契約もしてくれるから」と言われました。 私は社長に「宜しくお願いします」と頭を下げると社長は私に「契約が全然とれないの」と聞いてきました。 私は「はい」と答えると「契約取りたかったら色気を使え」と言い私のスカートをもっと 短くしろと言ってきました。 私が戸…
陸上部のあの子は、お尻も太もももムッチムチでおかずでした
2016/07/06 15:00
2016/07/06 15:00
ぼくには中学校時代いつも遊んでいる6人くらいのメンバーがいた。
その中には一人だけ『S子(仮名)』という女子がいた。
S子は陸上をやっていたのもあって、お尻から足までムチムチしていた。
さらにいつもピチピチした黒いジーパンを身に着けており、思春期のぼくにはたまらない存在だった。

中一の頃はなんとも感じなかったが中二の後半になるとその子でオナニーしまくりだった。
ある日、いつもと同じように遊んでた。
その日もS子は黒いジーンズでムチムチしていた。




外で遊ぶことになり、みんなで小さな公園に行った。
ぼくとS子を除いたメンバーは野球が好きでよくキャッチボールをする。
ぼくとS…
初めて見る母の表情
2016/03/26 09:00
2016/03/26 09:00
その日、僕は学校から帰るなり風呂場へ飛び込んだ。
母は、リビングで掃除をしているようだった。
今朝は朝食も食べずに飛び出していった。母の顔を見ることができなかった。
昨日とうとう自分の母親としてしまったのだ。薄着で寝ている母親にムラムラしてのしかかり、無我夢中で何回も母の中に放出した。その後のことはよく覚えていない。
シャワーを浴びながら昨日のことを思い出していた。暗闇の中で母の顔はゆがんでいた。でも、途中から力が抜け、顔も何か我慢をするような、声も押し殺すような・・・


確かに途中から母に変化があった。もしかすると、母は感じていたのかも・・・
気がつく…
【近親相姦】名探偵?【体験談】
2016/08/11 12:41
2016/08/11 12:41
市橋が逮捕される日の朝、羽田空港でのことバス乗り場一つひとつに配置された警察官を見て、あーそういやまだ捕まってないんだっけ、とか思っていた。 バスを降り、外の喫煙室で一服していると若い女性二人が入ってきた。 姉妹だろうか、連れに「お姉ちゃん」と呼びかける女性はなかなか可愛かった。 「〜たい」「〜ばい」という方言から察するに、どうやら九州の人間らしかった。ふと、妹が呟いた。「空路はない。絶対ないよね。」 まあ、これだけ警察官が立ってたら嫌でもその話題になるか。 自分ならどう逃げる?と盛り上がり始めた二人をちらりと見て、喫煙室を出る。「タクシーでフェリー乗り場に行って、そこで捕まるわ。うちらが家に…
自分の女を俺に目の前でイカされて興奮する悪友【寝取り体験談】
2016/02/03 20:10
2016/02/03 20:10

俺もかなりの変態ですが、俺には、更に上を行く悪友がおります。

彼には、付き合って20年を超える愛人がおります。

名前は広子と言い、あまり美人とは言えませんが、彼が結婚する前から、彼と付き合っている女なのです。

彼と広子は、乱パブへ行ったり、相互鑑賞などをして楽しむという、マニアックなセックスを愛好する節があるのですが、それでも満たされなくなったとき、俺のところへ電話がかかってくるのです。

彼は、激しい嫉妬心を感じることでしか、性癖を満たすことができない身体になっており、俺と広子のセックスを見て、嫉妬したいと言うのであります。


最初は、かなり抵抗がありましたが、真剣に訴える彼を見…
ボランティア先の女の子 ④ (恋人との体験談)
2015/10/22 02:00
2015/10/22 02:00
前編:ボランティア先の女の子 ③ http://www.seilogs.com/archives/1021650763.html 834 :和貴 ◆DL/2MDSDao :2006/09/06(水) 19:59:09 ID:QZ4hHCF50 皆様、先日来暖かい祝福を頂きありがとうございます。 報告をとの事なので、プロポーズ絡みの事を報告に来ました。 簡単に書くつもりでしたが、結構長くなってしまいましたwww 835 :和貴 ◆DL/2MDSDao :2006/09/06(水) 19:59:46 ID:QZ4hHCF50 このス…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【Hな体験】週末はピンサロで働く新入社員の娘と

・【痴漢・レイプ】相姦肉玩具理恵

・【痴漢・レイプ】ビデオ恐喝

・私の今までの体験談

・【乱交】二穴セックスでイキ過ぎて痙攣が止まらなくなった

・学年で1、2を争う巨乳に我慢が出来なくなって

・彼氏とのセックスをもっとよくしたくて、不感症専門クリニックに行った結果

・クラブでナンパした巨乳人妻を自宅に連れ込み中出しセックス 3

・おちんちんをさわらせる風習

・Gカップの義姉とラブラブ種付けセックス[前編]

・Gカップの義姉とラブラブ種付けセックス[後編]

・クラブでナンパした巨乳人妻を自宅に連れ込み中出しセックス 2

・【痴漢・レイプ】二人の男に嬲られる妄想

・中学時代に好きだった女子にカラオケで抜いてもらった話

・セックス嫌いな彼女を酔わせてイタズラ三昧

・~亜美との出会い~

・主人に月一、バイアグラとトノスで愛してもらっています

・【不倫】顔以外は最高の人妻にマスクを被せて[後編]

・男2女2で4Pしたら興奮しすぎてすぐに逝き、悲惨なことになった

・【衝撃】フ●ラして金稼いでる男だけど質問ある?

・【痴女との体験談】恭子の金玉潰し

・童貞なのに従兄弟と従兄弟の彼女と3P して即発射した

・妻とのセックスの後には・・・

・女装風俗行った時疑問を持ったことがあるんやけど

・エロ医者のエッチなセクハラ診断

・高校時代の数学の先生

・【痴漢・レイプ】ネットカフェ

・【熟女体験談】M女な高齢淫乱おばさんが車で寝ているところを襲って勝手に中出し

・何喰わく顔して結婚する女部下

・【不倫】顔以外は最高の人妻にマスクを被せて[前編]