寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【姉との告白体験談】不思議の国の姉  ▲近親相姦体験談▲

2015/11/16 17:25


小さい頃から姉が好きで好きでしょうがなかった。はじめのうちは単なる家族愛。だが姉が中学に入り、自分だけが小学校の取り残されると(小五)、心落ち着かなかった。一つの同じ学校におれば、会おうと思えば会えるのに対し(っていっても家の外で家族と顔を合わすほど気まずいことはないと考えていたから、たまたま廊下で知れ違ってもお互い知らん振りしていたが、俺は姉の姿を眺められて内心嬉しかった)小学校と中学校とに分かれてしまえば、姉の姿を確認することが出来ない。それに小学生にとっては中学校というのはワンダーワールドで、姉の日常が全く見えてこない。想像も出来ない。何も姉が自分に隠れて(姉には隠れているつもりも何もないだろうが笑)男と何かしているのではないかと考えて不安になったのではない。ただ姉が見えないことが不安だった。 それに第一俺はほとんど全く何の性的な知識も持ってなかった。 その証拠に今も覚えている恥ずかしい記憶がある。 小学校五年の保健の時間、担任の先生から性の仕組みを教わった時、当時質問出来る子ほど優等生だと信じていた俺は、「先生、精子と卵子によって子供が出来ることはわかったのですが、制止は男、卵子は女の体にしかないんですよね?じゃあいったいどうやってこの二つがくっつくのでしょうか・・・?」などと、クラスのみなの前で誇るかのように尋ねたのだった。 今考えるとやっぱりちょっと赤面する。 俺らの年代だとまさかすでに体験していた子はいなかっただろうと思うけれど、性交について早熟な知識を持ち合わせた子はいただろうと思う。 というより、多くの子が知っていたかもしれない。 俺とてウブとはいえ、男友達とおっぱいがどうしたなどと悪戯めいた心持で語ることはあったし、近所の公園の茂みに、雨に打たれた大人の週刊誌なんぞが落ちていると、「わあ、エロ本だエロ本だ」と、本当は見たいくせに遠巻きに眺めて騒ぎまわる、というようなことはしょっちゅうだった。 でも「おっぱい」(お尻だの腰の魅力なんて点でわからなかったし、ましてマソコなんてものは、そのことばも知らなかったよ。 都市の平均的小学生ってそうだったよね?汗)と保健の時間の「セックス」だの「受精」だのとが、俺の頭の中で結びつくのはもっともっとずっと後の話。  ずいぶん姉の話から遠ざかってしまった。  姉は中学に入ると吹奏楽部に入った。 トロンボーンをやることにした、とある晩の食卓で姉が嬉しそうに報告すると、母は少し困ったように笑って「でも、高いんじゃないの?」といった。 姉は屈託なく「ううん、楽器は学校にあるから大丈夫。でもマウスピースだけは自分で買いなさいって先輩がいってた」「マウスピースって?」と俺「ま、ラッパの口をつけるところですな。そこだけ取り外しが出来るようになっているのであります」姉は少し興奮しているようだった。 「でもなんでトロンボーンにしたの」「えー、だって何かかっこいいじゃん。ほかの楽器は指で穴ふさいだりして音を変えるけど、トロンボーンは管の長さを変えて音をだすんだよ。ちょっとかっこいいじゃん」そこで初めて僕はトロンボーンがどの楽器のことをさすのかをようやく知った。 ああ、あれか。 なるほど、たしかにどこかかっこいい気がする。 「みさちゃんはトランペットやるっていってた」姉の友人で、小さい頃はよく姉と一緒に俺も遊んだ。 俺には準幼馴染といったところか。 「トランペットはどうやって音変えるの」「トランペットはねー、こうやって構えるんだけど、ここのところに、まあボタンとでもいえば通じるかなあ、そういうものが三つ並んでいてね、それを押すことで音を変えるの」姉は箸を持ったまま顔の前でそういう格好をした。 小さく顔の前でまとまったその姿を見て、俺は一層トロンボーンの格好良さを思った。 トロンボーンの方が活発な姉にはいかにも似合っていると思った。 ただし、すらりと綺麗な姉の指を目立たせるには、むしろトランペットなんだなあと、そんなこともちらりと思った。  それからどれくらいあとの事だったか覚えがないが、さして遠からざる四月か五月のある日、姉が学校の帰りにみさちゃんをうちに連れてきた。 セーラー服を着た俺の準幼馴染は数年あわぬ間にちょっと大人っぽい顔つきになっており、そのみさちゃんと並んだ姉も、なんだか急に遠い大人になってしまったような気がしてぎくりとした。 今更小さい時のように、姉を真似して「みさちゃん」と呼ぶのもはばかられるし、かといって急に「ミサコサン」だの「小倉サン」だのと改めるのも、かえって物笑いの種になる気がして、黙って三人並んで用意されたおやつを食べていた。 姉とみさちゃんとは何がおかしいのか、肘で突っつきあっては笑いをこらえかねている。 母も気が利かない。 俺が邪魔者じゃないか。 確かに昔一緒になって遊んだけれど、今となってはどういう態度をとればよいものか全く判らない。 みさちゃんのことは嫌いでもなんでもなく、むしろこうして再会出来たことに喜びを感じていたが、それでも我々三人を「幼馴染」でくくり、それで現在の関係まで束縛されてしまうのはたまらないと思った。  けど結局そういうモロモロの物思いは、つまりはテレ、だったのね。 それまでみさちゃんの方も一度も俺の名を呼ばなかったが、おやつを食べ終わり(みさちゃんは丁寧にお皿を台所まで持っていった)、「さてと。私ン部屋行こ」と誘う姉についていきながら、「(おれ)ちゃんも行こうよ」みさちゃんがそう俺を昔の呼び名で誘ってくれたとき、一瞬びっくりし、それから涙が出るくらい嬉しかった。 そういえば俺は昔、二つしか歳の違わないみさちゃんに(小さい頃なら二つの差は大きいが)、姉には恥ずかしくてあらわせないような、ありとあらゆる甘えの心情で寄りかかっていたような気がする。 じゃれ付いていた、といっていい。 そうした関係であった俺とみさちゃんであってみれば、言い訳に聞こえるかもしれないが、みさちゃんの方から過去の俺を許す、とでもいった笑顔を向けてくれないことには、さすがに小学五年の俺には、みさちゃんをみさちゃんなどという甘ったるい名前で呼ぶことは出来なかったのだ。  姉の部屋では人生ゲームをしたり、漫画を読んだり、一部俺には「つまんね?!」と思われるお話をしたりしながら遊んだ。 姉の手前、というよりさすがにこの年齢、みさちゃんのひざに甘えかかるようなことは出来ないし恥ずかしすぎるが、それでも相当俺は童心に帰って、楽しく過ごしていた。  そのうち二人の話が中学のことになり、吹奏楽部のことになった。 俺にはよくわからないので、もじもじしながら面白くもない二人の話を聞いていたが、みさちゃんが突然トロンドーンの構えを真似しながら、ピストンピストン、とひょうきんな声を出して笑った。 そしてまた姉も「やだ?」とみさちゃんの肩を抱くようにしながら笑い崩れたとき、俺は雷に打たれたように、ハッとした。 すでに述べたように性交だの何だのといったことを何も知らなかった俺だったが、二人が何か「いけない」ことを笑っているのだ、あまりおおっぴらに出来ないことで腹を抱えているのだということだけは判った。 そして急に二人が気味悪く、遠い存在に思われた。  汚らわしいというか、下卑ていると思われた。 適当に二人に合わせて笑って見せたりしたが、心の中では嫌悪感が渦巻いていた。  しかし嫌悪感が強ければ強いほど、あれがいったいなんだったのかに関心を持たずにはおれなかった。 そして道端に落ちているエロ本が(そのころエロ本は「買う」なんてとんでもない、こっそり「拾う」か、道に落ちていてもつとめて冷静に「無視する」ものだった)、姉やみさちゃんとつながっているだろう事を直感していた。 それにしても、長年会わなかったみさちゃんはともかく、毎日同じ家に寝起きしていた姉が、「ピストンピストン」という他愛ない無意味な冗談の中に意味を見出し、そして恥ずかしげに大笑いしていたことは、衝撃だった。 何か裏切られたとさえ感じた。 姉が先に進んでいってしまった、というよりは、姉だけが俺をおいて堕落してしまったと感じた。 「ピストン」の笑いは、明るく健康的なものではなかった。 コソコソと人目を忍んで行われる、陰性の笑いだった。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
親指しゃぶりの癖が抜けない妹のヌルヌルのお口
2017/11/15 00:44
2017/11/15 00:44
僕には年の離れた妹がいます。
妹はいくつになっても親指しゃぶりをする癖が抜けませんでした。
小学校に上がる年になっても、まだ親指しゃぶりをしており、「そのうち癖も治るでしょ」と言っていた親もさすがに心配になってきたのか、妹が指しゃぶりしていると、「だめだよー」と口から親指を離すようになった。
それでも癖は治らず、妹の親指いつもふやけていて、爪もちょっと変形していました。

ある時、両親の部屋に行ったら両親は不在で妹だけスヤスヤと寝ていました。
相変わらず親指しゃぶりをしながら眠っており、親から「妹が指しゃぶりしてたら離してあげてね」と言われていたので、言われた通り妹の親指を口から離し…
職場の仲間と飲んだ帰りにお気に入りのお姉さんを落したったw
2017/10/17 16:10
2017/10/17 16:10
職場とは少し違うかも知れんが、仕事帰りよく飲みに行っていた。
まー職場仲間4~5人くらいなんだが年上のKさんは、高確率で参加していた。

その日は3人だったが一人先に帰ってしまい、自分とKさんだけになった。
フランクに話せる関係だったので、盛り上がり飲んでいた。


けっこー脇が甘い人で、パンチラ&ブラちら見れる人で、適度なHネタと無防備なむっちりな内太ももに、もー脳内かなりキテいる。

帰りに店を出ると雨が少し強くなっているので傘に入れてあげ(社を出るとき小雨でKさん傘持って出ないでいた)

ビニールの小さい奴なので肩がピッタリくっついてドキドキ感上がりまくってる所に、混雑抜けたりして体勢変…
性感帯の乳首を吸われてアソコはぐしょぐしょ
2017/04/20 10:16
2017/04/20 10:16
323 :えっちな18禁さん :2014/04/19(土) 10:16:06.49 デブスでチビだから喪女で処女だったんだけど、乳首で感じるようになって、 いじっていたら大きくなってしまった。 デブだから胸は大きくて服の上からでも乳首がわかるのでニプレスを貼るようになった。 そんな私にも好意を持ってくれる男の人が現れたけど、乳首が恥ずかしくて、 処女なのにそっちの方が怖くて逃げていた。 でもとうとうある日、押し倒されてしまった。 ニプレスを剥がされたら乳首が固くなっていてにょーんと…。 恥ずかしくて泣きそうだったけど、もう見られてしまったから目を閉じて固まった。 324 :え…
パート先の男性の、太くて長いものが私を狂わせます
2016/05/15 12:03
2016/05/15 12:03
8歳年上の旦那とは、いろいろありながらも結婚してみたものの、今では年齢が離れているせいか、旦那がたまに体を求めて来ても、おざなりの前戯をして私の上に乗って腰を動かし、自分だけ射精して満足すると高鼾をかいて寝てしまうことがほとんどです。

こんな夫婦生活は正直、まるで、私は射精するための道具でしかないような感じがして惨めで、自分たちの夫婦生活におけるセックスというものが、なんとなく無味乾燥であることを感じるとともに、いつも間にか不感症になっていました。

そのような私が不倫をするようになった相手は、パート先の金融機関の行員。
私より2歳年上の34歳。もう彼との不倫関係は4年続いています。
【恥辱】家庭教師の恥辱(2)
2016/01/10 03:51
2016/01/10 03:51
汚された… 私はもう…と 男の下で泣きました そんな泣いている私の姿まで撮影が続きました やがて男が離れると足を閉じさせてもらえず局部をアップされたり 涙と汗でグチャグチャになった顔までずっと撮影されたんです そしていきなり次の男に襲われたんです イヤだったけど縛られていてどうすることもできません 犯され揺さぶられる自分の身体が自分でない感覚で 呆然と天井にある明るい照明を見ていました この男も同じように私を乱暴に突きながら腰をゆすっていると、やがて汚い 精液を身体の中に感じたんです。 身体に流れ込む男の精液のおぞましさ どうすることもできない口惜しさ 一部始終撮影されている恐怖で泣き…
GW最終日に従姉妹の家で、年上の肉食系お姉さん達におもちゃにされて中出ししまくった話
2016/02/16 14:02
2016/02/16 14:02
中●生の時、姉と一緒に

従姉妹の家に遊びに言った時に初体験をした。

あれは忘れもしないゴールデンウイークの最後日。

自分の部屋のベッドで本を読んでいると

姉貴が突然入ってきて、

従姉の家へ遊びに行こうと誘われた。

姉貴と同い年で同じ高校へ通っている

従姉はすぐ近くに住んでいた。

従姉の家へ行くと、

従姉のほかに会ったことのない

お姉さんが4人いて、姉貴が俺を

連れてくるのを待っていたようだった。

空いていた従姉のベッドに

腰掛けるといきなり従姉と初めて会った

お姉さんに押し倒された。

気がつくとあっという間に

パンツ一枚にされていた。…
【レイプ・痴漢】【レイプ】美容師のマゾ女判別法3 【無理矢理】【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/04/08 12:45
2017/04/08 12:45
美容師のマゾ女判別法1美容師のマゾ女判別法2さて、ここからが困った。予定では、エロエロになった加奈子ちゃんを俺の部屋に連れ込んじゃうはずだったんだけど、このテンションだと、今にも帰りそうな感じ。やっぱ、経験の浅い加奈子ちゃんには、レズはきつかったみたい。。。エロ話にもほとんど反応なし。話しかけたときに、無理に見せる笑顔が俺たちの加虐心を煽るけど、それもこっちのフィールドに引き込まないと消化不良に終わってしまう。こっちは、レズって逝っちゃった加奈子ちゃんのあの悩ましげな官能の表情を見て、チ●チンがビンビンなのに、、、ここで終わったら、たまったもんじゃない。もうここは、泣き落とししかない。という…
【母】友達の母 2- 文恵【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/10/25 17:25
2017/10/25 17:25
「あら、そう美香に言っとくから」 文恵が立ち上がり、玄関で悠斗を見送った。 悠斗はズボンのポケットに手を当て、すぐ隣の自宅へ駆け込んだ。 息が上がり心臓が跳ね、全身から汗が流れおちた。 逃げ込むように部屋のカギを掛け、ズボンのポケットを握りしめた。悠斗はカーテンを閉め、密室になった部屋で額から流れる汗を拭った。 汗ばみ震える手でズボンのポケットからくすねてきた文恵のショーツを引っ張り出した。 「、、、、、、」 クシャクシャになったショーツをそっと目の前で広げる。汚れたショーツ 悠斗はカーテンを閉め、密室になった部屋で額から流れる汗を拭った。 汗ばみ震える手でズボンのポケットからくすねてきた…
弟をレイプ
2017/12/11 12:19
2017/12/11 12:19
私の弟の恭介って、結構童顔で、ハッキリ言ってモテるみたいでした。 私はエンコー、エッチ何でもアリの不良女子K生で、現役女子K生。 名古屋のK校に通っている2年生。 私のエンコー仲間のユキ(仮名)が、恭介とヤリたいって言うんで、1万円で協力しちゃいました。 でも、どう見ても恭介は童貞(C3生)だろうから、ユキがムリヤリ犯した方が簡単だろうって思い、友達のマユミとミカにも手伝ってもらうことにしました。 両親が親戚の家に泊まりで出かけたので、私とユキは学校をサボって家にいましたが、マユミとユカが学校から私の家に来てからしばらくすると、恭介 が1人の女子を連れて家に帰って来ました。 作戦開…
友達の彼氏にアナルまで舐められて…
2015/09/01 06:00
2015/09/01 06:00
友達の友紀ちゃんと武田君は付き合っていしたが、最近仲がうまくいっていないと聞き、武田君の相談に乗ってあげました。
私自身も婚約者がいて、今は式の打ち合わせなど準備で忙しいのですが、
平日の夜だったら時間があったので話を聞くことにしました。
どっちが悪いとも言えない感じで、ずーっと話を聞いてました。
バーのようなところでお酒も飲み、終電の時間に間に合わなくなってしまいました。
 
タクシーでは遠すぎるし、どうしようと話していると武田君が
「ホテルで泊まるか・・・」
「えぇっ!?私、婚約してる人いるし、武田君も友紀ちゃんがいるじゃん」と答えると「何もしないからさ」
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・心では抵抗していたつもりでしたが・・・

・H体験告白。。友達の旦那、サッカーコーチと不倫セックス

・【人妻体験談】高校受験合格祝いに母のオッパイを吸って赤ちゃんプレイ

・Å子から・・・・・・

・ペットにクンニされて我慢できなくなった私は。。。

・【熟女体験談】転職組のキャリアウーマンに誘われ、性欲に歯止めが効かず、ベッドインのランデブー

・僕の目の前で浮気相手とアナルセックスした彼女

・※子育ても落ち着いた妻が、前に働いていた会社でパートを始めた結果5(転載禁止)

・課長の奥さんと、、、 

・【浮気】主人には言えない一度きりの裏切り[後編]

・美人で巨乳の義理の姉とパチンコ屋で会って

・❤私ことわられないんです

・カップル同士で混浴風呂のある温泉に行ったときの話

・チャットで仲良くなった19歳の娘に出会った記念に中出ししたったw

・東北の借金人妻

・【驚愕】小6でヴァージン卒業したけどなにか質問ある?wwwwwwww

・松下奈緒っぽい嫁の後輩ナースと中出しセックスした体験談

・困ってるキャバ嬢に金貸したらいいセフレになってくれた

・❤二穴同時の挿入での濃厚セックス

・エロい姿を見て^ ^

・フェラ

・香奈(1)?友人と協力してなんとか輪姦に持ち込もう?

・大好きだった人と、露天風呂で愛し合いました

・メル友

・【人妻体験談】70代の老婆とリアルにHするために計画を立てて実行に移す祖母が大好きな孫

・昔、同級生の女の子に手コキしてもらった話

・【熟女体験談】独身SEが後輩のエロ可愛い極上な妻を無理やり寝取りレイプ

・バイト先の36歳の女性社員は、アッチの教育もしてくれました

・顔射おねだりする21歳の現役女子大生w【エロ体験談】

・魔が差しました・・・・・・・