寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【近親相姦】憧れの姉と混浴温泉帰りにラブホに寄って[前編]

2018/12/09 10:00


憧れだった姉と先日、セックスすることが出来ました。童貞だった僕に姉は色々と教えてくれました。その時の話をしたいと思います。
5つ年上の僕の姉は結構さばけた性格で、人をからかったりする傾向はあるものの本質的には優しく、家にいた時も出てからも、色々と僕の世話も焼いてくれたりしてました。 スタイルも良く、DかEカップはありそうな胸にくびれた腰、お尻も結構大きくて、ジーンズ姿もセクシーです。僕は高校の頃から姉の女性的な部分を意識してしまい、姉のことを想像しながらオナニーしていました。
そんな姉が長期休みで家に帰ってきた時のことです。
「明日、ドライブがてら温泉にでも行ってみない?」と姉に誘われたのです。
ちょうどこの頃、他の人の体験談で『姉と混浴の温泉に行って』という話を読んだばかりで、それに感化されたこともあり、姉と温泉に行ってきました。しかし、連れて行かれたのは残念ながら普通の温泉でした。そうそう上手くいかないものだとガッカリはしたものの、姉と一緒に出かけるのは悪くもなく、姉の方もそう思ったらしく、帰りの車の中では、「また一緒に行こうね」って話になりました。僕は内心ドキドキしながらも、ちょっと冗談っぽく、「今度は混浴がいいな」と言ってみました。そうしたら姉は、「私と一緒に入りたいの?」と問い返してきました。
僕が「た、たまにはいいかなって・・・」と生半可な答えをしたら、姉は「そうね。それもいいかもね」って意味深な笑みを浮かべてました。
その時は特に期待もせずにいたんですが、後日姉から、「来週の半ばくらいにまた一緒に温泉に行かない?」と連絡があったんです。混浴の話を出したばかりだし、(もしかしたら姉の裸を見ることが出来るのかも・・・)と期待は高まります。本当は裸を見るだけでなく、憧れの姉とセックス出来ないかと思いもしましたが、さすがに自分から姉に迫る勇気などありません。それ以前に次に行く温泉が混浴かどうかもまだ分からない状態で、とにかく期待と不安が入り交じった日々が過ぎていき、再び姉と温泉に行く日となりました。
午前中から出発した姉と僕は早めの昼食を摂って、お昼頃に温泉に着きました。着いた温泉は期待通りの混浴でした。
「ゆう(僕)が混浴がいい言ってたからね。今日は一緒に入りましょ」
姉はご機嫌の様子でそう言いながら脱衣所へ入っていきました。
(姉の裸を見ることが出来る・・・)
僕はドキドキしながら脱衣所に向かい、急いで服を脱いで温泉へ行きました。平日のお昼時とあって、温泉には誰もいませんでした。僕が温泉に浸かり始めた頃、姉がやって来ました。驚いたことに、姉は何も隠さずに入ってきたのです。さっきまでは見たいという思いが強かったんですが、いざとなると羞恥心が働いてしまい、僕は思わず目を逸らしました。
「なに恥ずかしがってんのよ。お風呂なんだから裸で当然でしょ?」
そんな僕を見て姉はおかしそうに笑いながら僕の横に座ってきました。姉は、「気持ちいいわね~」などと言いながら温泉を満喫しています。僕はしばらく姉を見ることも出来きませんでした。でもそのうち羞恥心よりも好奇心が勝り、僕は盗み見するように姉の方をちらちらと見ていたら、姉はちょっと意地悪く笑いながら、「見たいの?」と言ってきました。面食らいながらも僕はつい強がってしまい、「そんなことないよ」と。しかし、その言葉に説得力はなく、姉には大笑いされてしまいました。
「見たいなら見てもいいわよ」
姉はそう言って立ち上がると、縁に腰掛けました。どうしていいか一瞬迷いましたが、意を決して姉の裸体と向き合いました。姉の白い肌はほんのり赤くなっていて、張りのある大きな胸はおわん型で形も良く、乳首や乳輪は普通くらいの大きさでした。そして少し開かれた足から覗くアソコには毛が生えていないのが分かりました。ずっと憧れていた姉の裸体に、僕はしばらく目を離せませんでした。
「何、そんなにじっと見ちゃって・・・もしかして女の人の裸を見るの初めて?」
姉のからかい気味の言葉に僕は、「そんなことないよ。裸ぐらい見たことあるよ」と答えました。これは強がりではなく、女性の裸を見たり、触れたりしたことはあります。友達に連れられて風俗に何度か行ったことがあり、セックスの経験はないのですが、フェラやクンニなども、少しは経験していました。
「ふぅん、そうなんだ」
姉は楽しそうに笑い、その後いきなり、「じゃあ、今度はゆうのを見せてよ」と言いだしたのです。
「な、なんで?」
「私だけ見せてるのは不公平でしょ。ほら、今度はゆうが見せなさい」
姉は命令調で言ってきます。
僕は焦りました。当然、僕のペニスは姉の裸を見て大きくなっていたからです。さすがに勃起したペニスを見られるのは恥ずかしいと思いました。
しかし姉はそんな僕に対して容赦なく「何、私の裸を見ておいて自分は見せられないの?」と言ってきます。
僕はしどろもどろになってしまい、「い、今はちょっと・・・」と。
何とか見せないようにしようとしたのですが、姉は僕が拒否する理由に気付いているらしく、「おちんちんを大きくしててもいいから。ほら、見せなさい」とダメ押ししてきます。結局、姉に逆らえず、僕は勃起したペニスを見せる羽目になりました。姉と位置を交代して僕が縁に座ると、姉はまじまじと僕のペニスを見てきました。
「へぇ~、結構立派じゃない」
姉は感嘆しながら僕のペニスを見つめていました。しっかりと見られているのが恥ずかしくなってしまい、「もういいでしょ」と立ち上がろうとしました。が、姉はそんな僕を制止させ、「まだダメ。ちょっと触らせて」と言い、いきなり僕のペニスに触れてきたのです。僕は突然のことにビックリし、体を硬直させることしか出来ませんでした。
「うわ、ゆうの凄い硬いのね・・・」
姉はそう言いながら綺麗な手で撫で回すように僕のペニスを触ってきます。姉の手が触れていると意識したら急に気持ちよくなり、僕は思わず声を出してしまいました。
「ね、姉さん・・・ちょ、ちょっと・・・」
「あ、感じちゃった?」
姉は悪びれた様子もなくふふっと笑い、「このおちんちんで何人の女をヒイヒイ言わせたの?」などと、オヤジ全開な台詞で答えられないことを聞いてきたりしました。
「まだ童貞」だなんて恥ずかしくて言えず、嘘をつこうにも咄嗟のことで上手く言えず、「あ、えっと、あ・・・」と、またしどろもどろになってしまいました。そんな僕の様子を見て姉が、「ひょっとして、まだ童貞?」と聞いてきます。たぶんカマをかけてきただけだと思うのですが、その時は(言い当てられた!)と思ってしまい、墓穴を掘って童貞であることがバレてしまいました。
「ふぅん、ゆうはまだ童貞なんだ~」
姉はニヤニヤ笑いながら僕のペニスから手を離しました。僕は恥ずかしくて誤魔化すようにまた温泉に浸かりした。そんな僕に姉はわざと擦り寄るように近づいてきました。
「じゃあ、さっきの『裸を見たことがある』って言うのは嘘?」
「あ、あれは本当だよ」
「だってセックスしたことないんでしょ?どこで見たのよ」
しつこく問い詰めてきます。結局、言い逃れ出来ず、風俗経験のことを姉に話す羽目になりました。風俗に行ってたなんて知られたら、あまりいい印象じゃないよなと思ったのですが、姉はさして変わった様子もなく、「そうだよね~、オナニーだけじゃ我慢出来ないわよね~」と、からかわれる始末。
ちょっとムッとした僕は、「じゃあ姉さんはセックスの経験はあるの?」と聞き返しました。僕の反撃も姉にとっては些細な反抗に過ぎなかったようで、「そりゃあるわよ。付き合ってた人もいたんだからそれなりには。まぁ、今はフリーだけど」と答えてきました。綺麗な姉のことだから、彼の1人や2人くらいはいるとは思っていました。でも、その人達とセックスしたと聞いて・・・やはり少しショックを受けました。
ちょうど話が一区切りついたところで、「そろそろ出ましょ」と、姉は温泉から出ました。僕も姉に続き温泉を出て行きました。帰りの車の中は出来るだけ平静を装っていたものの、やはり姉を妙に意識してしまいました。
姉は男の人にどんな風に抱かれたんだろう?どんな行為をしたんだろう?
想像で頭がいっぱいになります。ハンドルを握る姉の手を見て、さっき触れられていたことを思い出して、1人だったらすぐにでもオナニーしたいくらい興奮して勃起してしまいました。そんな風に悶々としてる帰路の途中、「ちょっと寄りたいところがあるんだけど行ってもいい?」と姉が尋ねてきました。
「別に構わないよ」と答えると、姉は帰路から外れた道を進み始めました。
しばらく走ると姉が右ウインカーを出しました。姉が入ろうとしている建物を見て、僕は驚かずにいられませんでした。なんとラブホテルだったのです。姉は平然とした顔で右折し、車をホテルの駐車場に停めました。エンジンが切られ、僕はようやく我に返り、姉に尋ねました。
「姉さん、こ、ここって・・・」
「ラブホテルよ」
姉は平然と言います。
「こ、こんなところに来てどうするの?」
「こんなところですることって言ったらセックスに決まってるじゃない」
姉は、『何を当たり前のことを』といった感じで僕に言います。姉は僕に言いました。
「ゆうもあんな状態になったままじゃ辛いでしょ?」
僕にとって恥ずかしいことを姉はサラリと言ってきました。僕はどう答えていいか思いつかず、無言のまま姉を見ました。そんな僕を見ながら姉がおどけたように言葉を続けてきます。
「オナニーじゃ満足出来なくなってるようだし、ここは私が一肌脱いであげようと思った次第なわけなので…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【不倫】息子の家庭教師を次から次に摘み食い
2016/04/06 03:00
2016/04/06 03:00
どうしても息子を一流の私立高校に入れたい為に雇った家庭教師だったんです。でも、大学生のアルバイトにしては高額の報酬を支払っているはずなのに、息子の成績は今ひとつパッとしません。 「もっとしっかり頑張らせてよ。ギャラが不足だと言うんなら・・・、考えてもいいのよ」 子供がいない昼間、三浦クンを呼び出してそう言うと、彼は申しわけなさそうな顔をして頭を下げたんです。 「教える方の熱意というより、子供の成績は当人の素質と熱意ですから・・・」 「そんなことはわかっているわよ。その熱意を開発して欲しくて、あなたを雇っているんじゃないの。お金だけでは不足と思うなら、別の形での報酬を考え…
やくざ大宴会
2017/09/03 17:19
2017/09/03 17:19
売れない演歌歌手でドサ周りしていた頃の話で す。ある日、地方企業の忘年会に呼ばれ歌を披露 する事になりました。しかし、そこはいわゆる企 業舎弟だったのです。 男性のマネージャーと共に宴会場に入ると、恐ろ しい方々が大勢いました。既に皆相当酔っ払って いるようでした。私はなんとか落ち着き払って歌 い始めました。そのうち何人かが近寄って来て歌 っている私にちょっかいを出してきました。腕や 脚や腰を触ったり…。そして一人が私の背後から 両手を回し、抱きしめるようにして私の胸を揉ん できたのです。私は、きゃー、と声をあげてしま いました。すると、ちゃんと歌え、と徳利が飛 んできて、私の頬をかすめました…
「吐精」の意味を知った日
2016/12/18 14:19
2016/12/18 14:19
究極に恥ずかしかった体験を書きます。 当時僕は中学2年生で、オナニーも覚えて毎日のようにしていました。 ある日、いつものようにオナニーしていると、亀頭のカリの部分に小さなプツプツがたくさんできていることに気づきました。 性病というものはどんな病気か知らなかったけど、自分が性病になったんだと思って恐くなり、病院へ行くことを決めました。 ところが、親に症状を話すのも恥ずかしい年頃で、相談する人もいないので、どこに行けば良いのかさえわかりませんでした。 本で調べた結果、性器の事はどうやら「泌尿器科」という所へ行けばいいとわかりました。 当然学校を休んで行くわけだけど、学校をサボった事がバ…
ラテン系の血が流れている女の子は、ディープスロートが上手い
2017/10/01 21:10
2017/10/01 21:10
地元でも労働賃金の安い外国人を雇うのが風潮となり、
当時勤めていた会社にも日系ブラジル人家族が働きに来た。

その中で歳が近いTと仲良くなり、たまに遊びに行っていました。

そんなある日、Tから他の会社に勤めている
日系ブラジル人家族の所に一緒に遊びに行こうと誘われ、
ちょっとドキドキしながら行きました。

そこの家族(S島さん)は叔母や
従兄弟家族を含めて11人と大所帯で来ており、それは賑やかなものでした。

中でもまだ学生で双子の姉のCに気に入られた感じだった。

Cの父親は日系人だが、母親は日系の血が入っていない為か、Cは所謂ラテン系の顔でスタイルもちょいポチャな感じだが、若さ故に張りの…
友達の結婚式で知り合った着衣セックス好きな男性
2015/11/30 17:29
2015/11/30 17:29

はじめまして、めぐみです。
今日はちょうど去年の今頃体験した、エッチなお話をさせていただきます。

あれは、高校時代の友達の結婚式のときです。
よくありがちな、結婚式で出会って恋に落ちる系のアレです。
私もその時は既に30代になっていて、周りも殆どが結婚していたので、結婚式での出会いなんかほとんど期待してませんでした。

ただ、その結婚式にはとても素敵な男性が・・・。
私は見ているだけでドキドキしてしまい、おそらく顔は少し赤くなってたと思います。
結婚式の時にはその方とは何もなかったのですが、結婚式の二次会で私の向かい側に彼がいたので、少しお話をして仲良くなってま…
夏祭りで、浮かれる私と痴漢される妻
2018/03/31 12:00
2018/03/31 12:00
季節は夏!
至る所で、夏祭りが行われている。
私の住む街の、商店街も恒例の夏祭りが行われていた。

私30歳、妻27歳、子供5歳(男)も、夜の祭りに出掛ける準備を行っていた。



子供と妻が着替えを済ませ、寝室から出て来た。
妻は、夏らしく涼しげな白いワンピース姿だった。

薄ら透ける白い生地の下に薄らと水色のブラジャーが見える。
友人にもよく、綺麗な奥さんだねって言われる位、まぁ美人だ。
スタイルも良く、胸はDカップ程ある。若干下半身が太めだが、それが大人の女性の魅力を引き立たせる。

車で数分走った所で、指定駐車場に止め、歩いて歩行者天国に出た。
多くの人で賑わい中々前に進め…
【痴漢・レイプ】昏睡陵辱(2)
2018/06/03 22:56
2018/06/03 22:56
2つの柔らかいふくらみがブラジャーからこぼれるように現れた。 想像してやまない大谷真琴の乳房。 小豆くらいの小さな乳首が、大谷に似合って可愛い。 巨乳好きは満足させられないであろうが、揉み応えは充分ありそうな乳房。 社員全員、いや街中の男たちも大谷真琴のこの姿を見たがっているに決まっている。 今までは彼氏1人だけが独占していた大谷の体。大谷真琴みたいな若くて美人な女は、 みんなで楽しまないといけない!そんな勝手な妄想にとらわれていた。 「堪らない体をしてるな!」と言いながら、坂田は写真を撮り捲っていた。 フラッシュに照らされる大谷真琴の裸は、私たちにほぼ暴かれ記録されていった。 私は我…
【寝取られ願望のある彼氏】内緒で企画物のAVに出演する女の子
2016/04/21 22:00
2016/04/21 22:00
私には今、1年くらいつき合ってる彼氏がいますが、このまえあるH投稿雑誌の素人モデル企画に内緒で出ちゃいました。 半年くらい前、彼の部屋にあったそのH雑誌をみて少し興味がありました。彼は他の男と私がやっているのを想像するとすっごい興奮するみたいで、普段から「Hの最中は、昔好きだった男の名前を言いながらあえいで」と私に言っているくらいです。 でも、ほんとに他の男の子とHさせる勇気がないらしく、彼はいつも妄想で嫉妬し興奮していました。そんなこともあり、もしバレても大丈夫だと思い素人企画に参加しました。普通の人よりかなりエッチな私もさすがに当日は緊張しまくりました。 電車の途中何度やめようかと…
【姉との告白体験談】姉のPC修理してたら元彼とのメール発見ww
2017/12/25 05:27
2017/12/25 05:27
3:えっちな18禁さん[]:2013/04/03(水) 13:28:11.22 ID:0V9DdysR0ユウジとの思い出は、いいことしか残してない。 待ち合わせや、手を繋いだことや(笑)楽しかったんだぁ。 いろいろあったんだけどね。 そしてマンションのこと、いつまでもありがとう。 ユウジこそなんで、あの日は会ってくれてたの??って私も不思議にみてたんだ。 あの時、結婚を前にしてまたユウジと会って愛し合ったのは常識外れだったかもしれないけど、シークレットにしたから、私はおかしい事したとは思ってないよ。 今でも来てくれてよかったと思うわ。 当時は、自由がいっぱいだっ…
悪夢の写真撮影 【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/08/22 19:19
2017/08/22 19:19
174名前:飛び入り◆Vi5dkZqWDY投稿日:03/04/0622:11ID:PoEl8Wby 「よーし、次の撮影を始める!」 カメラマンのフジシロの一言でスタジオ全体に緊張が走る。 露光の測定、照明の位置の確認等を終え、 スタッフはスタジオからぞろぞろと退出してゆく。 入れ替わるようにバスローブを纏った 上原多香子が控え室からカメラの前に出てきた。 これから行われるのは彼女のセミヌード撮影。 そのために、スタッフを全員外に出し、 カメラマンのフジシロと多香子の2人だけで、 ギリギリまで際どいショットを収めるのである。 175名前:飛び入り◆Vi5dkZ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・妻と兄の情事は・・・

・【熟女体験談】服従のポーズをして洗濯ばさみを使ってオナニーをする変態おばさん

・【Hな体験】知り合いの人妻看護婦さんがしてくれた手コキ[後編]

・羽を伸ばしたいという出会い系の人妻

・あけおめパンティ!ことよろパンティ!

・大学生男女の飲み会の末は乱交SEX

・【Hな体験】知り合いの人妻看護婦さんがしてくれた手コキ[前編]

・【人妻体験談】近親相姦をした息子が嫉妬してくれることに愛おしく思う母

・【熟女体験談】寝ている息子に夜這いをかけ、息子と近親相姦をしてしまい、息子の人生を狂わせてしまった母

・シナ人によりアフリカ内戦を激化 象は絶滅の危機

・人生初の乱交パーティーでしたがエロ勝手が

・あけおめパンティ?ことよろパンティ?

・【浮気】女の悦びを蘇らせてくれたスーパー銭湯のバイト君

・あんなに綺麗ごとを言っていた母が・・・

・【初体験】処女なのに乳首イキさせられた

・二股かけてたJKに年上彼女を寝取られた

・【不倫】もはや童貞食いは私の趣味と言ってもいいかも

・いい人を演じる予定だったけど…

・【熟女体験談】エッチな本を見つけたらおばさんに見つかり、オチンチンを舐めて筆下ろしまでしてくれた

・温泉旅行先で会社の同僚に妻が大サービス

・ 寝取られ動画サイトに影響されて、嫁を単独男性宅へ

・【人妻体験談】出会い系で知り合った子持ちママをイカせたら、中出しの許可が出た

・妻に淫らな体験をさせ興奮する私。

・【不倫】工事服の男の巨大なシンボルに私の目は釘付けになった

・下着好きな俺が若い子の脱ぎたて下着を撮影した話をする。

・無防備な妻 改 4

・まぁ~義父さんたらHは元気ねぇーー

・【人妻体験談】約束を破られたことに怒り、友達に乳首を見せて嫉妬させてくる妻

・【熟女体験談】母が寝た深夜、セクシーランジェリーで待つ兄嫁と母に気づかれないように正常位SEX

・大きいのが好き