寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

片思い 2 (レイプ体験談)

2018/12/08 14:33


前編:片思い (レイプ体験談)


俺は合意ではないとはいえ、友紀とやったのには変わりなく、その事を思い出しながら何度もオナニーした。
そして、友紀の事しか考えられないようになっていた。
ストーカーと言われてもしょうがない程友紀の事しか考えられない。


雪も溶けて春になり、その頃には俺と友紀の関係は前みたいに二人で食事に行くところまで
回復していた。
もちろんHのチャンスもいくつかあったが前回みたいにならないように必死で堪えた。
本心を言えばもちろん友紀を抱きたい。





ある日の夜、休憩室に行こうとドアを開けようとしたら小野田と吉田の会話が聞こえてきた。
まだ居たのか・・・と思って会話を立ち聞きしていたら

「しかし友紀のまんこ気持ち良かったよなー」
「そうだな~、またやりてえな~」
「明日辺りによ、友紀ご飯に連れて行ってその後犯っちゃわない?」
「まじかよ!?どうすんのよ?」
「○○にご飯食べに行ってよ、その後○○中学校に連れて行ってそこで犯んの。
夜中の学校なら誰もいねえし、人も通らないし」
「無理矢理かよ!」
「犯った後にさ、写真撮っちゃえばそれネタに脅して一生やりまくれるぞ」
「お、それいいかも」
「でも友紀はやりまんだから抵抗しないかもな(笑)」

そんな会話が聞こえて俺の心臓はバコンバコンいっていた。
自分の心臓の音がこいつらに聞こえてるのではないか?というほどだった。
(まずい・・・これは絶対阻止しなければ・・・)

次の日、友紀が出勤してきて友紀の休憩時間を狙って友紀の元へ行った。
あいつらが誘う前に誘ってしまえば大丈夫だろう。
「今日終わったらメシ行かない?」と誘ってみた。
友紀の答えは
「ん~~~・・・、ごめん、今日は小野田君達にご飯誘われてるからまた今度ね」
と言われた。
(まじかよ!行ってはいけないって!!)
「どうしても今日は友紀とメシ行って話したい事があるから小野田の誘いはまた今度に
してもらってよ」
すると友紀が怒り出して
「なんでむとさんにそんな事言われなきゃいけないのよ!彼氏でもないのに!
オレがいつ誰とご飯を食べようと勝手でしょ!!」と完全に怒ってしまった。
友紀が怒ってしまった以上、俺はどうしていいかわからず、時間だけが過ぎていった。

そして22時。3人は退勤して一緒に店を出て行ってしまった。
俺の勤務は23時まででその後片付けをしてここを出れるのは23時半くらいであろう。
そこからの1時間半がものすごく長く感じた。
心臓が破裂しそうなくらいにバコバコいっている。

そして片付けが終わって23時20分。即店を出た。
あいつらが食べに行くと言っていた店まで車を飛ばした。
そして店に着いて小野田の車を探す。
・・・ない!  あいつの車がない!・・・
その駐車場は広いのでもう一度車を探すがやはり無い。
(そんな・・・・)
俺は一目散に○○中学へ向かった。

○○中学に着くと
あった!小野田の車だ。しかし中は誰も乗っていない。
車から降りて学校へ入る。
門から入るとそこは運動場。人はいないようだが木が学校を囲むように並んでいて
この暗さではよく見えない。
俺は木に沿って運動場を一周した。

・・・いない・・・・・

俺は校舎の前に来て1棟から2棟へ向かう通路を歩いた。
そして一棟と2棟の間の庭に差し掛かるとき音と共に人の気配がした。
俺はそっと覗いてみることにした。目は慣れていてこのくらいの暗さなら街頭もあるので
はっきりと見える。
そ~~と覗いて俺の目に映ったものは・・・

吉田が座っていてその前で友紀の上半身を押さえている。そして友紀の口を手で塞いでいる。
小野田はというと、友紀の両脚を両手で押さえつけて大きく開き、友紀のあそこにチンポを挿入して
腰を前後に振っている。
「まじで友紀の中は気持ちいいなぁー」
と言いながら思いっきり腰を前後に振り、チンポを友紀のあそこに出し入れしていた。
友紀がもがくので時折吉田の手から口が開放されると
「やめろ!ちくしょー!」と叫ぶがすぐに手で塞がれてしまう。
明らかに合意での事ではないことは誰が見てもわかる。

(友紀を・・友紀を助けなきゃ・・・)
しかし、何故か足がすくんでしまって動かない。

「ああ~~、まじで気持ちいい~。いっちゃまいそうだ。
俺、1回中出しっていうのやってみたかったんだよね」
小野田が言うと
「や、やめっ・・」
吉田の手によってかき消される声。

「お前、やりまんみてえだから俺が出したとこで誰の子かわかんねえよな」
だんだんと腰使いが荒くなってくる。
「ああ、もう駄目だ、いっちまう!」
そう言って小野田は腰の動きをラストスパートへもっていった。

その時、奇跡が起きた!
俺のすくんでた足が動いたのだ。
俺は友紀を助けたい一心で小野田に飛びついていった。
「てめえ、いい加減にしろ!」と叫んで小野田を友紀から離れさせた。
そして小野田に一撃入れた。
小野田は向かってくるどころか気が動転して何が起こったかわからないようで
「て、店長・・!? な、なんでここが・・・」
すると横から吉田が蹴りを入れてきて「い、行こうぜ」と慌てて逃げていった。
追いかけることよりも友紀の元へ向かった。
「だ、大丈夫か?」
友紀は震えている。

震えが止まると
「なんでここがわかったの?」と聞いてきたので
「昨日、あいつらが話ししてたのを聞いたから」
そう答えると
「なんでもっと早く言ってくれなかったのよー」と言って泣き出した。
答えが出てこない・・
「オレの事好きって言ったくせになんでこうなる前に助けてくれなかったのよー」
と言って俺の体を叩いてきた。
「男なんてどうせHする事しか考えてない!むとさんもどうせ同じこと考えてるんでしょ!?」
「ちがうっ!!」
「やりたきゃやればいいじゃん!助けてくれたお礼にやらせてあげるよ!
ほらっ、こんなチャンスもう無いかもよ!好きにしたら?」
そういうと友紀は寝転がってパンツを履いていないのに脚を大きく開いた。

(友紀はおかしい!なんでこんな・・・
過去に一体何があったんだ!何が友紀をこんなふうにしてるんだ)

俺は友紀の腕を掴んで立たせた。
「前に言わなかったか?俺は友紀が好きなんだ。体なんかどうでもいい」
そういって友紀を強く抱きしめた。
友紀の目からは涙がポロポロ溢れてくる。
それを見て友紀に女を感じた。

しばらく抱きしめたままの時間が続いて
「オレ・・・むとさんのこと好きになっちゃうかもしれない・・。
だから言うけど、もうオレに構うのはやめてよ・・・
オレと付き合っても何にもいい事ないから・・」

どっちとも取れない言葉を耳にして、夜も遅いので家に帰すことにした。
「さ、帰るぞ。送っていくよ」
助手席へ友紀を乗せて友紀の家に向かった。
家に着いて車から降りるとドアから男が出てきた。
「おう、おせーじゃんか、ん・・・?お前誰だ?」
お兄さんらしい。23~4歳くらいだろうか。
「なんだ、送ってもらったのか?さんきゅ」
と言い残して出かけていってしまった。
そして俺も家に帰った。
それ以来、小野田と吉田が出勤してくることはなかった。

友紀の言葉使いや、男を見る目にはきっと何かトラウマがあると思った。
俺は家でも悲しくて泣いてしまった。
そして、そのトラウマが何であるかかはっきりするのにそう時間はかからなかった。

1ヶ月後の事である。
仕事が終わってみんなで喋っていたのだが、遅くなってみんなは帰っても友紀は
帰ろうとしない。口では言わないが帰りたくないのがはっきりと伝わってくる。
でも、理由を聞いてはいけない気がしてその事は伏せて会話に付き合っていた。
すると、出入り口をドンドン叩いて一人の男が入ってきた。お兄さんだ。
「お前、おせーんだよ!何やってんだよ、みんな待ってるんだぞ!!」
と言って友紀の腕を引っ張って連れて行く。

「そんじゃ、またね」と友紀が言って出て行った。
しかし、そのときの友紀の表情を見逃さなかった。
「そんじゃ、またね」と微笑んでいたが、完璧な造り顔だった。
泣きそうなんだが無理やり笑顔を造っている感じだった。
そして目には涙が滲んでいた。

(何だ?あの態度は?なぜ家に帰るのを恐れる?絶対何かある!)
妙な胸騒ぎを感じて俺は車を友紀の家に走らせた。
家に着くと1階は真っ暗だ。親は週末で出かけているのか?
2回には一部屋だけ電気がついている。
その部屋にはベランダがある。
(の、上れる・・・)
俺は静かに2階へよじ登った。そしてベランダに入った。
レースのカーテンのみ。覗けるぞ。
俺はそ~っと覗き込んだ。
そして我が目を疑うほどの光景を見た。目がおかしくなったのか、
はたまた夢でも見ているのかと思った。

男3人の真ん中に友紀は裸で横になっている。
その内の一人は友紀のおまんこにチンポを入れて腰を振っている。
その腰を振っている人・・・

お兄さん・・・!?

(ば、ばかな・・・・こんなばかなことが・・・・)

友紀の両サイドにいる人は友紀の横に座って自分のチンポを扱いている。
お兄さんの友達か。

そして不思議なのは、誰かが友紀を押さえつけている訳でもなく、友紀が抵抗している
素振りもない。しかし、友紀の顔は喜んでる訳でもなく悲しそうだ。
ますます訳がわからなくなる。
その時であった。

「こらぁ~~、てめえ何やってんだ!?」
下の方から怒…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
こたつで
2015/12/04 09:01
2015/12/04 09:01
こたつに入ってテレビを見ていたら、隣にいた中1の妹がぐっすり眠っていた。 目を覚ます気配が無かったから、ジャージの上から太ももに手を置いてそのまますーっと上のほうへ…。 服の上からマンコのあたりをぷにぷにと揉むようにしながら、割れ目を探ろうとしたが感触がわからず思い切って妹のジャージの中に直接手を入れた。 少し毛が生えてるのが意外だった。割れ目の間に指を入れると中は少しねっとりして湿ってた。 穴のほうを触ってみたかったが、その前にクリトリスらしき膨らみを指先でいじったら、妹が「うんんんん~」と寝返りを打ったからそれでやめておいた。 しばらくしてから妹は目を覚してマンコを触ってたのがばれた気配は…
【体験談】出合い系で会った可愛い男の子のおしりの穴を犯しまくって調教プレイ
2016/06/28 08:30
2016/06/28 08:30

出会い系サイトで知り合った、
ショウっていう18才の男の子を
ラブホに誘って連れていきました。



電話では強気だったのに、
会ってみると緊張しまくりのウブBOY

そこがまた可愛いくって抱き締めてキスしてやったの。



目を閉じて舌を絡め合って、そのまま両手で頭を掴んで耳も鼻の穴も舐めまくって、顔中私の唾液でベトベトにしちゃった。


それから上半身を裸にして、ベットに両手を縛りつけてやったの。



「あらあら乳首が勃っちゃってるじゃない」
って指先で摘んだりして、いたぶってやったの。


そし…
監禁之快楽なりと知る
2018/04/12 15:25
2018/04/12 15:25
あぁ・・・また「この時間」がやってきた。 私がこの場所に監禁されてから、もう何日たったのか分からない・・・。 それでも変わらず「この時間」は一日に一回必ずやってくる。 「この時間」・・・狂わしい快楽・・・壊れそうな快楽・・・。 人格が破壊されそうな、しかし理性はちゃんと保たれるようなギリギリの。 ・・・そう。 ギリギリの線までイカされる。 私はもう二度と・・・「この時間」からは逃れられないと・・・思う。暗い部屋・・・窓のない暗い部屋。 あるのはベッドとヤツが「この時間」になると持ってくるランタンだ け・・・。 そして一日2回の食事と排泄用の小部屋。 私は今もベッドの…
囚われた18歳の記憶
2017/09/01 11:19
2017/09/01 11:19
はじめまして。私には壮絶なレイプ体験があります。それもただ犯された、と いうよりもいたぶり抜かれた、という言葉の方が適切かもしれません。思い出 すたびに恥ずかしくて、辛くて、怖くて、叫びだしたくなる衝動に駆られる一 方で、何処か妖しい胸の昂ぶりを抑えきれなくなる経験です。皆さんの投稿を 読ませていただくうちに、もう誰にも知られることのない私の体験談を書いて みる気になりました。 あれは高三の初夏のことです。夏休みに入るとすぐに始まる最後の大会に備え て猛練習を終えた後、玄関のところで私服姿の男子人に囲まれました。私の 通っていた高校は定時制と併設されていたので夜になると、少し問題を抱えた 生徒…
友達のタケシのお母さんと初体験
2017/08/30 12:00
2017/08/30 12:00
 
 僕が子どもの頃、親友だったタケシの家にはよく通ったものでした。夏休みなどは毎日のように遊びにいくこともあり、タケシの家族にも顔なじみだったのです。中◯になってからは野球の部活の帰りにタケシの家によることがあり、その時はシャワーを進めてくれたのです。そんな中2の時の話。夏休みの野球の部活の帰り、タケシに誘われタケシの家に寄っていくことになりました。タケシのお母さんにシャワーを浴びるよう進められて浴びることにしました。二人で一緒に入るのはもう狭かったので一人ずつ入ることになり、ユニフォームを脱いで、トランクスだけの格好になりタケシの部屋でタケシが終わるのを待っていました…
告別式
2016/07/02 23:05
2016/07/02 23:05
私はO県で市役所に勤務している27才です。先日、高校時代の恩師が亡くなり告別式に参列しました。市の郊外にあるセレモニーホールで行われ、私はバスで行きました。会場には高校のときの同級生が何人も来ていて、式のあと近くのファミレスで8人で軽く食事をしました。その中にSという同級生がいました。バスの時間が近くなったので私が帰ろうとすると、Sが車で送ってあげると言うのでした。そこで断ればよかったのですが、私もバスで帰るのは面倒だったので、ファミレスを出てSの車に乗りました。途中、Sの住んでいるマンションがあり、Sは私を送ったあと夜勤に出るので、仕事着を取りに寄っていいかと言いました。もちろん私はOKし、…
【近親相姦体験告白】姉はカウンセラー(2)
2017/11/27 17:39
2017/11/27 17:39
「ねぇ、タカシさぁ、  カノジョとした時ってさぁ、  最初から勃たなかったの?  それとも、イザっていう時?」 「……  そっ、それは……」 「ねっ、タカシ。  さっきも全部話したでしょう?  また、全部お姉さんに話してみて。  ね、お願い…」 「実は初めから勃たなくて……  でも、興奮してくれば大丈夫なハズだと思って…  だけど、一向に大きくならなくて。」 「そう、そうなの。  それにしても、今のタカシの、  とても立派よ……。  どうしてかしら?  こんなに硬いモノがフニャフニャになっちゃうなんて」 姉はしばらく思案顔だったが 「よし、じゃぁ、今夜は可愛…
【レイプ体験談】私が万引きしたがため犯され続けた体験談
2016/07/07 08:39
2016/07/07 08:39
ある時、スーパーで買い物をしていて、万引きをしました。 何故そうしたのか、今でもわかりません。 店を出でて、ある男性に呼び止められました。 彼は、私が万引きするところを見ていたのです。 私は気が動転してしまい、彼の車の中で必死に懇願して、許して貰おうとしました。 彼はこの事が知れると私ばかりでなく、主人も困ることになると言いました。 私がどんなに懇願しても、これは犯罪であり、どうしようもない。 けど、「僕が黙っていると犯罪はなかったことになり、誰も困らない」と言いました。 彼は私にお金を要求してきました。 私は彼に10万円を払い、何とかこの事は公になりませんでした。-----私は家に帰っ…
【いとこ】従妹と② 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/10/28 06:59
2017/10/28 06:59
前回の話はコチラ⇒久美子と初めて関係を持った日から一週間してまた久美子の家に行く事になりました。その日は妻は実家に帰り泊まって来るとの事だったので。20時ぐらいだったと思いますが、その日に久美子と会って初エッチの時の違和感とビックリの意味が解りました。チャイムを鳴らし玄関に入るとバスローブを着た久美子が出迎えてくれ、私は「もうヤル気満々ですでにシャワーしたとか?」と思いましたが…それは大きな間違いで…久美子は何も言わずに私の手を取り寝室まで連れて行きました。寝室に入ると照明は消されていて部屋のあちこちでキャンドルに火が点いていました。キャンドルとは言え何本も点けているせいか暗いという印象は…
【初体験】雀荘を営む奥さんの暴れるおっぱい[第4話(終)]
2015/11/20 21:00
2015/11/20 21:00
拭き終わった奥さんが、タオルを置きました。すごい色っぽい表情で言います。 奥さん「おにいちゃんじっと見すぎw」 俺「たまりませんでした」 奥さん「たまらなかったの?ふふw溜まっちゃったんでしょ?」 俺「え?」 奥さん「そこ・・・ズボンの前・・・すごいよ」 見るのに夢中になりすぎて隠すのを忘れていました。 奥さん「おにいちゃんもズボン脱いで乾かしたら?窮屈そうだよ」 目をじっと見て言ってきます。 (今脱いだら勃起してるのばれる。いや、もうばれてるから関係ないのか、むしろ見せた方がいいのか。奥さんとセックスできるのか?!) ベルトに手をかけて緩めました。濡れて脱ぎにくいなと…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・妻と兄の情事は・・・

・酔ったマヤはエロい

・輪姦される事で体に性の快感が

・【Hな体験】知り合いの人妻看護婦さんがしてくれた手コキ[後編]

・あけおめパンティ!ことよろパンティ!

・大学生男女の飲み会の末は乱交SEX

・【Hな体験】知り合いの人妻看護婦さんがしてくれた手コキ[前編]

・【熟女体験談】寝ている息子に夜這いをかけ、息子と近親相姦をしてしまい、息子の人生を狂わせてしまった母

・シナ人によりアフリカ内戦を激化 象は絶滅の危機

・人生初の乱交パーティーでしたがエロ勝手が

・彼女がほかの男に弄ばれ感じている・・・

・あんなに綺麗ごとを言っていた母が・・・

・二股かけてたJKに年上彼女を寝取られた

・【不倫】もはや童貞食いは私の趣味と言ってもいいかも

・いい人を演じる予定だったけど…

・元カノとの再会が…

・【熟女体験談】エッチな本を見つけたらおばさんに見つかり、オチンチンを舐めて筆下ろしまでしてくれた

・温泉旅行先で会社の同僚に妻が大サービス

・ 寝取られ動画サイトに影響されて、嫁を単独男性宅へ

・【人妻体験談】出会い系で知り合った子持ちママをイカせたら、中出しの許可が出た

・妻に淫らな体験をさせ興奮する私。

・【不倫】工事服の男の巨大なシンボルに私の目は釘付けになった

・下着好きな俺が若い子の脱ぎたて下着を撮影した話をする。

・無防備な妻 改 4

・もう私もとっくに我慢の限界を超えていた。この年になっても下半身は元気・・・

・人妻の加奈さんの旦那は、寝取られ性癖だった

・【人妻体験談】約束を破られたことに怒り、友達に乳首を見せて嫉妬させてくる妻

・【レイプ】宅配便を装った男にレイプされました

・大きいのが好き

・精子、気力、体力を根こそぎ吸い取る人妻