寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

片思い 2 (レイプ体験談)

2018/12/08 14:33


前編:片思い (レイプ体験談)


俺は合意ではないとはいえ、友紀とやったのには変わりなく、その事を思い出しながら何度もオナニーした。
そして、友紀の事しか考えられないようになっていた。
ストーカーと言われてもしょうがない程友紀の事しか考えられない。


雪も溶けて春になり、その頃には俺と友紀の関係は前みたいに二人で食事に行くところまで
回復していた。
もちろんHのチャンスもいくつかあったが前回みたいにならないように必死で堪えた。
本心を言えばもちろん友紀を抱きたい。





ある日の夜、休憩室に行こうとドアを開けようとしたら小野田と吉田の会話が聞こえてきた。
まだ居たのか・・・と思って会話を立ち聞きしていたら

「しかし友紀のまんこ気持ち良かったよなー」
「そうだな~、またやりてえな~」
「明日辺りによ、友紀ご飯に連れて行ってその後犯っちゃわない?」
「まじかよ!?どうすんのよ?」
「○○にご飯食べに行ってよ、その後○○中学校に連れて行ってそこで犯んの。
夜中の学校なら誰もいねえし、人も通らないし」
「無理矢理かよ!」
「犯った後にさ、写真撮っちゃえばそれネタに脅して一生やりまくれるぞ」
「お、それいいかも」
「でも友紀はやりまんだから抵抗しないかもな(笑)」

そんな会話が聞こえて俺の心臓はバコンバコンいっていた。
自分の心臓の音がこいつらに聞こえてるのではないか?というほどだった。
(まずい・・・これは絶対阻止しなければ・・・)

次の日、友紀が出勤してきて友紀の休憩時間を狙って友紀の元へ行った。
あいつらが誘う前に誘ってしまえば大丈夫だろう。
「今日終わったらメシ行かない?」と誘ってみた。
友紀の答えは
「ん~~~・・・、ごめん、今日は小野田君達にご飯誘われてるからまた今度ね」
と言われた。
(まじかよ!行ってはいけないって!!)
「どうしても今日は友紀とメシ行って話したい事があるから小野田の誘いはまた今度に
してもらってよ」
すると友紀が怒り出して
「なんでむとさんにそんな事言われなきゃいけないのよ!彼氏でもないのに!
オレがいつ誰とご飯を食べようと勝手でしょ!!」と完全に怒ってしまった。
友紀が怒ってしまった以上、俺はどうしていいかわからず、時間だけが過ぎていった。

そして22時。3人は退勤して一緒に店を出て行ってしまった。
俺の勤務は23時まででその後片付けをしてここを出れるのは23時半くらいであろう。
そこからの1時間半がものすごく長く感じた。
心臓が破裂しそうなくらいにバコバコいっている。

そして片付けが終わって23時20分。即店を出た。
あいつらが食べに行くと言っていた店まで車を飛ばした。
そして店に着いて小野田の車を探す。
・・・ない!  あいつの車がない!・・・
その駐車場は広いのでもう一度車を探すがやはり無い。
(そんな・・・・)
俺は一目散に○○中学へ向かった。

○○中学に着くと
あった!小野田の車だ。しかし中は誰も乗っていない。
車から降りて学校へ入る。
門から入るとそこは運動場。人はいないようだが木が学校を囲むように並んでいて
この暗さではよく見えない。
俺は木に沿って運動場を一周した。

・・・いない・・・・・

俺は校舎の前に来て1棟から2棟へ向かう通路を歩いた。
そして一棟と2棟の間の庭に差し掛かるとき音と共に人の気配がした。
俺はそっと覗いてみることにした。目は慣れていてこのくらいの暗さなら街頭もあるので
はっきりと見える。
そ~~と覗いて俺の目に映ったものは・・・

吉田が座っていてその前で友紀の上半身を押さえている。そして友紀の口を手で塞いでいる。
小野田はというと、友紀の両脚を両手で押さえつけて大きく開き、友紀のあそこにチンポを挿入して
腰を前後に振っている。
「まじで友紀の中は気持ちいいなぁー」
と言いながら思いっきり腰を前後に振り、チンポを友紀のあそこに出し入れしていた。
友紀がもがくので時折吉田の手から口が開放されると
「やめろ!ちくしょー!」と叫ぶがすぐに手で塞がれてしまう。
明らかに合意での事ではないことは誰が見てもわかる。

(友紀を・・友紀を助けなきゃ・・・)
しかし、何故か足がすくんでしまって動かない。

「ああ~~、まじで気持ちいい~。いっちゃまいそうだ。
俺、1回中出しっていうのやってみたかったんだよね」
小野田が言うと
「や、やめっ・・」
吉田の手によってかき消される声。

「お前、やりまんみてえだから俺が出したとこで誰の子かわかんねえよな」
だんだんと腰使いが荒くなってくる。
「ああ、もう駄目だ、いっちまう!」
そう言って小野田は腰の動きをラストスパートへもっていった。

その時、奇跡が起きた!
俺のすくんでた足が動いたのだ。
俺は友紀を助けたい一心で小野田に飛びついていった。
「てめえ、いい加減にしろ!」と叫んで小野田を友紀から離れさせた。
そして小野田に一撃入れた。
小野田は向かってくるどころか気が動転して何が起こったかわからないようで
「て、店長・・!? な、なんでここが・・・」
すると横から吉田が蹴りを入れてきて「い、行こうぜ」と慌てて逃げていった。
追いかけることよりも友紀の元へ向かった。
「だ、大丈夫か?」
友紀は震えている。

震えが止まると
「なんでここがわかったの?」と聞いてきたので
「昨日、あいつらが話ししてたのを聞いたから」
そう答えると
「なんでもっと早く言ってくれなかったのよー」と言って泣き出した。
答えが出てこない・・
「オレの事好きって言ったくせになんでこうなる前に助けてくれなかったのよー」
と言って俺の体を叩いてきた。
「男なんてどうせHする事しか考えてない!むとさんもどうせ同じこと考えてるんでしょ!?」
「ちがうっ!!」
「やりたきゃやればいいじゃん!助けてくれたお礼にやらせてあげるよ!
ほらっ、こんなチャンスもう無いかもよ!好きにしたら?」
そういうと友紀は寝転がってパンツを履いていないのに脚を大きく開いた。

(友紀はおかしい!なんでこんな・・・
過去に一体何があったんだ!何が友紀をこんなふうにしてるんだ)

俺は友紀の腕を掴んで立たせた。
「前に言わなかったか?俺は友紀が好きなんだ。体なんかどうでもいい」
そういって友紀を強く抱きしめた。
友紀の目からは涙がポロポロ溢れてくる。
それを見て友紀に女を感じた。

しばらく抱きしめたままの時間が続いて
「オレ・・・むとさんのこと好きになっちゃうかもしれない・・。
だから言うけど、もうオレに構うのはやめてよ・・・
オレと付き合っても何にもいい事ないから・・」

どっちとも取れない言葉を耳にして、夜も遅いので家に帰すことにした。
「さ、帰るぞ。送っていくよ」
助手席へ友紀を乗せて友紀の家に向かった。
家に着いて車から降りるとドアから男が出てきた。
「おう、おせーじゃんか、ん・・・?お前誰だ?」
お兄さんらしい。23~4歳くらいだろうか。
「なんだ、送ってもらったのか?さんきゅ」
と言い残して出かけていってしまった。
そして俺も家に帰った。
それ以来、小野田と吉田が出勤してくることはなかった。

友紀の言葉使いや、男を見る目にはきっと何かトラウマがあると思った。
俺は家でも悲しくて泣いてしまった。
そして、そのトラウマが何であるかかはっきりするのにそう時間はかからなかった。

1ヶ月後の事である。
仕事が終わってみんなで喋っていたのだが、遅くなってみんなは帰っても友紀は
帰ろうとしない。口では言わないが帰りたくないのがはっきりと伝わってくる。
でも、理由を聞いてはいけない気がしてその事は伏せて会話に付き合っていた。
すると、出入り口をドンドン叩いて一人の男が入ってきた。お兄さんだ。
「お前、おせーんだよ!何やってんだよ、みんな待ってるんだぞ!!」
と言って友紀の腕を引っ張って連れて行く。

「そんじゃ、またね」と友紀が言って出て行った。
しかし、そのときの友紀の表情を見逃さなかった。
「そんじゃ、またね」と微笑んでいたが、完璧な造り顔だった。
泣きそうなんだが無理やり笑顔を造っている感じだった。
そして目には涙が滲んでいた。

(何だ?あの態度は?なぜ家に帰るのを恐れる?絶対何かある!)
妙な胸騒ぎを感じて俺は車を友紀の家に走らせた。
家に着くと1階は真っ暗だ。親は週末で出かけているのか?
2回には一部屋だけ電気がついている。
その部屋にはベランダがある。
(の、上れる・・・)
俺は静かに2階へよじ登った。そしてベランダに入った。
レースのカーテンのみ。覗けるぞ。
俺はそ~っと覗き込んだ。
そして我が目を疑うほどの光景を見た。目がおかしくなったのか、
はたまた夢でも見ているのかと思った。

男3人の真ん中に友紀は裸で横になっている。
その内の一人は友紀のおまんこにチンポを入れて腰を振っている。
その腰を振っている人・・・

お兄さん・・・!?

(ば、ばかな・・・・こんなばかなことが・・・・)

友紀の両サイドにいる人は友紀の横に座って自分のチンポを扱いている。
お兄さんの友達か。

そして不思議なのは、誰かが友紀を押さえつけている訳でもなく、友紀が抵抗している
素振りもない。しかし、友紀の顔は喜んでる訳でもなく悲しそうだ。
ますます訳がわからなくなる。
その時であった。

「こらぁ~~、てめえ何やってんだ!?」
下の方から怒…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
元妻から手紙が来ました
2018/02/01 14:17
2018/02/01 14:17
中身は ・近況報告(小さなアパートに3人で暮らしている、派遣で働いているが生活は苦しい等・・) ・結婚していた時は、生活の心配もなく、趣味も出来てとても幸せだった。  ・今になって本当に愛してくれていたのはあなただけだった。  ・あなたはまだ独り身だと聞いている。   もしかして私の事を待ってているのかなと思っている。  ・あなたと娘達と4人で笑いあえる日がくるのが、今の私の夢です。 といった内容でした。 手紙には娘達の似顔絵とメモリカードが同封されていてメモリカードには娘達の写真や「お父さんともう一度暮らしたい」と涙を浮かべながら娘達が訴えてくる動画が入っていました。 今回の手紙で元妻の…
普段ハスキーボイスな彼女のHのときにみせる卑猥な声がたまらなくエロい
2016/01/21 23:30
2016/01/21 23:30


少し昔の話だけどちょっと面白い体験だったので書いてみる。




自慢交じり、面白交じりだ。




合コンで知り合った子で、俺は20代後半、彼女は20代前半。




彼女は放送業界でフリーターみたいなのをやってるんだと言っていた。




俺はごく普通のサラリーマン。




やや人見知りで世間に疎い感じの子だったが、


(例えばサラリーマンの生態を基本的に判ってなかったり)


素直で優しい印象の子だった・・・が。





SEXがやたらとエロい。

一回目のSEXから


「・・・のおちんちん太…
混浴露天風呂で遭遇した変態夫婦
2017/02/17 23:31
2017/02/17 23:31
13 えっちな18禁さん[sage] 2012/07/25(水) 15:12:42.94 ID:3s0/PuHgi 一人で行ったツーリング先の温泉での出来事なんだけど… 平日の昼間、混浴と知ってて温泉に入ったら俺一人だった。 貸し切りだなー、と喜んでたら30代前半位の夫婦がバスタオルを巻いて入ってきた。 ドキっとして、あんまり見ちゃダメだなと思って俺は離れて露天風呂の方に行ったんだけど数分後その夫婦も露天風呂にきた。 俺はまた内風呂の方に移動しようとしたら旦那と思われる男に話しかけられた。 『お一人ですか?』って。 『はい、そうです。すいません移動しますね』って言って照れ笑いしながら離れようと…
虐めの対価
2016/07/28 05:01
2016/07/28 05:01
20年前の、俺たちの秘密を、告白します。小学生時代俺たち3人は、 今じゃぁ考えられない、虐めを受けていた。 同級生にでは無い。先生にだった。今なら大問題だ。確かに、俺たち3人は、成績も悪く、不良っぽかった。 でも、(今からは、糞女と呼ぶ) その糞女は、ホームルームで、教室中が、ワイワイしてるのに、俺たち3人を、怒りだし、親が親だから、ダメだと、(俺たち3人の親は、スナックを経営してたり、ホステスだった)。罵り、罵倒して、目の敵だ。 ある日、5時間目の体育館で、終了時、3人を騒いだと(俺たちもバカじゃないから、静かにしていた。) 体育館に居残りさせて放置。何時間がたち(もう、辺りは薄暗くなって…
デリヘルで溜まってたモノを思いっきり出した3P体験談
2016/07/18 20:02
2016/07/18 20:02
デリヘルでたまってたモノを思いっきり出してきました。

風俗での3P体験というものをしてみたくて、

とあるデリヘルで女の子を二人お願いしてみました。

ちょうど3Pが出来る子がいるとのことで、ホテルの一室に入りました。

やってきたのはSちゃんとAちゃん。

二人とも人妻(30代近くか?)ぐらいの感じでしたが、

スタイルはまずまずといったところ。

ベッドに座り、自分の両側に二人を座らせました。

二人ともかなりエッチで、痴女に攻められているようでした。

「うわ、もう硬くなってる・・・」

Sちゃんがズボンの上からペニスを撫で、しごき始めました。

「どれ~?」

Aちゃんもペニスをぎ…
彼女の友達に誘われてエッチ。今は性処理女になっていますwww
2017/12/23 02:02
2017/12/23 02:02
ある日の飲み会の事ですが、

私と彼女と彼女の友達5人で居酒屋で飲んでいました。

飲み会もお開きになり、

私は車で彼女達を順番に送っていたのですが、

友達を2人降ろしたところで、

彼女が疲れて眠そうにしていたので彼女の友達が

「眠いなら先帰ってもいいよ」

と提案したので、

先に彼女を送り届けて私とその友達を送っていく事にしました。

少し山道に差し掛かった時、突然その友達が

「おトイレ行きたい…」

と言ったのですが、

その山道は長くコンビにまで少し時間が掛かってしまう為、

仕方なく私は途中にある公衆トイレによる事にしました。

チン毛剃ってソープ逝ったらとんでもない事になったwww
2018/09/16 21:23
2018/09/16 21:23
 嬢にクッソ好評だったwww 
ヤバイよwwwお前らも剃って行ったほうがいいぞwwwww 
2:  ピョアだな 
3:  ただし、デカチンに限る 
4:  それ後で後悔するぞ 


生えかけはちくちくし過ぎてキツいしその状態で走り込みをすると擦れて血が出る 
5:  癖になるぞまじで
 何が好評だったの?笑われたの? 
7:  いつもより濃厚に舐めまくられて昇天したったwww…
29歳の妻の友達とSEXしちゃった童顔美人体験談
2017/03/22 07:14
2017/03/22 07:14
先日、僕達夫婦の家に、

妻の友達が泊まりに来ました。

その友達は某県に住んでいる主婦で、

地元で結婚式があったので、

ついでに妻と遊ぶ事になって

家に泊まって行く事になったんです。

その奥さんはYと言って、29歳ですが

かなり童顔で可愛い顔をしていました。
妻は少しぽっちゃり系ですが、

Yは妻よりすこし細い感じで、

柔らかそうなエロい体をしていました。

僕達3人はお酒を飲み始めると、

すぐにYの旦那の話になりました。

そしてお酒が進むに連れてエッチな話になって、

Yの口から「私イキやすいのに

旦那がイカせてくれない!」とか

「旦那のアレはたぶ…
陰毛が愛液でベトベトなる程激しく官能不倫
2017/04/17 22:13
2017/04/17 22:13
私は37才の主婦で
優しい主人と3人の子供たちに囲まれて平凡ですが幸せな毎日を過ごしていました。

結婚して16年・・主人とのSEXは今でも週1ペース。でもそのSEXで私が絶頂に達することはほとんどなくそれどころか濡れることさえ困難な状態です。なのに求めていくのはいつも私。


そんな女として満たされない思いを隠しながら過ごしていました。自分が求めている物が何か・・それに気がついているのに。そして子供たちもそれなりに大きくなり自分の時間がもてるようになった今・・私は『全国妻の肉体関係掲示板』という出逢い系サイトに足を踏み入れてしまいました。

そこで知り合った彼は私の住んでいるところか…
俺が熟女好きになったきっかけは、彼女の母親の下着姿だった
2017/01/27 12:00
2017/01/27 12:00
いきなりだけど、俺は人妻という結婚している女性に性的興奮を覚える!
人妻と言っても、30代後半から50歳前後の熟女と呼ばれる年代の女性なんだが。
「なぜ人妻か?」と言われると、後腐れなくセックスが出来るから。
バレた時を考えると恐ろしいが、そのデメリットよりも俺は快楽を優先してしまう。まーバレない様に再三の注意を払ってるわけだし、(バレるような夫婦関係にいるような人妻は、まず浮気しない!)というのが俺の考えだ。


浮気する人妻の大半は、夫婦仲が良くないのがほとんどで・・・。
俺が関係を持った人妻の大半が家庭内別居状態。
会話もほとんどなく、中には、「一日顔を合わせ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【女×女】お隣の奥様に覗かれてレズに目覚めた私[後編]

・□子種のない私が、大学生の甥に妻を妊娠させてもらうことにしました

・【人妻体験談】人妻専門サイトに参加し、近所の綺麗な人妻を見つけSEXを楽しんだのだが・・・

・双子の甥達と 2

・【女×女】お隣の奥様に覗かれてレズに目覚めた私[前編]

・【Hな体験】私のビッチ生活はこの夜から始まった

・#妻を友人に撮影させているうちに、スワッピングへの扉が開いた

・【不倫】巨根に溺れた生保レディ

・妻の秘密を発見!

・【人妻体験談】素人専門の出会いコミュニティで童貞を捧げた同級生と再会し、セフレとなった

・義弟の股間から見えた太いものに

・セフレをスワップしてみた

・双子の甥達と

・妻も何度も何度もイされ疲れ果てて・・・

・手っ取り早く男のつまみ食いは出会い系で

・【羞恥】俺のイキ顔を見ながら抜いてくれた陸上部の貧乳先輩

・偶然見かけた人を思い出してドキドキ

・妻の母と淫靡な毎日

・【乱交】授業を抜け出して、彼や彼の友達と気持ちいいこと

・【人妻体験談】淫乱人妻を白昼堂々調教中

・【熟女体験談】簡単にヤラせてくれるエロい人妻に誘われ、バックで挿入し、中でイッてしまった

・口説かれて体を許すまでの道のりが好き

・エロいお姉さん②

・部長の奥さんと関係を持つことになった。

・エロいお姉さん(^^)①

・【Hな体験】30年ぶりに再会した元カノはバイブが恋人だった

・騙して中出し!そのままホテルに放置w

・先週初のハプニングバー体験 興奮と後悔と驚愕!

・#嫁の初恋の相手に嫉妬して、他の男とデートさせるようになったら寝取られました【転載禁止】

・【人妻体験談】アナルにローターを入れられながら夫の父のチンポを咥えイチャイチャする妻