寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

後輩とえっち

2018/11/18 20:04


学校帰り普通にいつも通り駅に向かって歩いてると、後ろから名前を呼ばれた。振り向くとそこには、後輩の恵美が俺の名前を呼んでいた。恵美『◯◯先輩、今日はもう帰るんですか?』
オレ『そうだね、なんもないから』
恵美『じゃ、久しぶりに勉強おしえてください!』
俺の1つ下の後輩で、テストが近くなると俺は家庭教師のように恵美に勉強を教えていた。
オレ『いいけど、どこでやる?』
恵美『ん?そうですね?』
おいおい、場所考えてないんかい!って俺は思わずツッコミしたくなった。
オレ『じゃ、俺ん家にするか?』
恵美『さ、さすがに…それは申し訳ないですよ!』
オレ『いいって、汚いけど俺の部屋でいいんだったら』
恵美『ん?◯◯先輩が迷惑じゃないんだったら!』
オレ『全然いいよ!』そして俺は恵美と一緒に駅まで歩き、電車に乗り俺の家へと向かった。恵美『◯◯先輩って?どういった女の子がタイプなんですか?』
オレ『え?どうしたのに急に、俺は優しくて笑顔が可愛い子かな』
恵美『ほうほう?ちなみに、女の子のココは必ず気にする!ってところあります?』
オレ『ん?難しい質問だな…どうだろうな?』
恵美『胸が大きいとか、スタイルが細いとか、気にするのかなって』
オレ『そういうこと!?まあ?気にしないって言ったら嘘かもしれないけどそんな気にしないかな』
恵美『へ?ちなみに私はどうですか?』恵美はそこそこの巨乳でしかもスタイルはモデル並みに良く、たとえるなら桐谷美玲みたい感じかな。オレ『いいと思うけど…』
俺は少し小さめの声で言った。
恵美『◯◯先輩も私は好きです…すごい憧れます!』
オレ『あこがれ?』
恵美『だって有名国立大に行くんですもんね?』
オレ『あっ、うん』
恵美『いいな?キャンパスライフ楽しそうだな?』
オレ『恵美大学は?』
恵美『私も先輩と同じとこ第一志望なんです!』
オレ『おう?自分的にはどう?』
恵美『模試とかでB判定なんです』
オレ『Bか…俺もその時期くらいBだったよ』
恵美『へ?◯◯先輩Aかと思った!』
オレ『総合判定でBだった!』
恵美『数学と理科が弱くて…』
オレ『理数な、俺も苦手だったわ』そんな話をしてると駅に着き、降り歩いて俺の家に向かった。オレ『とりあえず今日は何の勉強?』
恵美『そうですね、まず数学と英語を教えてほしいです』
オレ『数学はなにおしえれば?』
恵美『微分・積分です』
オレ『わかった、英語は?』
恵美『長文の宿題を手伝ってほしい?』
オレ『じゃ辞典必要だな』
恵美『忘れてきた?』
オレ『俺の電子辞書使いな』
恵美『ありがとうございます』
オレ『そんなこと言ってる間に到着』
恵美『ココが◯◯先輩の家なんですね』俺の家に到着し、家の中に入ろうとしたら鍵が閉まっていた。オレ『あれ、誰もいないのか』
恵美『え?いいんですか?!』
オレ『どうせ、妹も今日部活だろうし父さんも母さんもしばらくしたら帰ってくると思うし』
恵美『じゃお邪魔します』
オレ『2階の手前の引き戸の部屋が俺の部屋だから先行ってて』
恵美に部屋に先に行っててもらい、俺は麦茶を持って後から部屋に入った。恵美『◯◯先輩、ちょっとだけきたないですね…笑』
オレ『だから言ったでしょ』
恵美『でも男の部屋って感じ!』
オレ『とりあえず、そこの机と椅子使っていいよ』
恵美『は?い、よいしょ』
ふと恵美のスカートの中から白いものが見えた。
気のせいだろう。
オレ『じゃ、これ俺の電子辞書』
恵美『ありがとうございます、先に英語を片付けましょう』
オレ『じゃ、さっそくやるか』とりあえず30分かけて、2ページにわたった長文の訳を完成させ、明日までの宿題を終わらせた。恵美『麦茶飲んでいいですか?』
オレ『いいよ!ゆっくり休んで』
恵美『なんで、◯◯先輩そんなスラスラ英語できるんですか?』
オレ『どうしてだろう、中学の時から英語好きだったし、英検かな』
恵美『英検か?私も3級もってます』
オレ『3級か?高校卒業までに2級取っておくといいかも』
恵美『2級?◯◯先輩2級ですか?』
オレ『うん、そうだよ』
恵美『観光客とか何話してるかわかるんですか?』
オレ『全部わからないけどある程度キーの単語聞いたらわかるときもある』
恵美『すごいな?』そんなどうでもいい話とかしながら恵美と勉強をしていた。恵美『◯◯先輩?トイレ行ってきます』
オレ『出て右ね』
恵美は無事に全ての勉強を終え、トイレをしに行った。
下の方から妹の声が聞こえてきた。
恵美『◯◯先輩、誰か来ましたよ』
オレ『妹帰ってきたわ』
恵美『妹さんって中学生ですか?』
オレ『そう、受験生』
恵美『高校どこにするんですか?』
オレ『オレ達と同じ』
恵美『じゃ、私1学年上の先輩として挨拶してきます!』
オレ『大丈夫大丈夫!笑』
恵美『いいんですか?!』
オレ『大丈夫だ、アイツ最近ずっと勉強勉強だから、疲れてると思うし、文化系の部活で最後の卒業制作もしてるから』
恵美『大変ですね』しばらくして廊下から、お兄ちゃんただいまと聞こえたので、お疲れと俺は言ってあげた。オレ『さて、恵美どうする?』
恵美『ん?勉強終わっちゃったし、先輩はどうします?』
オレ『そうだな?』
恵美『あっ!』
オレ『ん?』
恵美『先輩!』
オレ『なした?』
恵美『手貸してください』
オレ『うん、いいよ』
恵美『先輩の手を?』
オレ『恵美!なにしてんの!』
恵美『大きい?』恵美は突然俺の右手を取るなりおっぱいに当ててきた。オレ『まあ…大きい』
恵美『私…先輩のこと大好きなんです!』
オレ『うん』
恵美『先輩…私と付き合ってください』
オレ『え?あ、えーっと』
恵美『私先輩と一緒になりたいんです』
オレ『そもそも俺でいいのか?』
恵美『はい!』
俺は頭が真っ白になりかけたが、我に帰ることができた。恵美『だから…◯◯先輩…私を大人の女性にしてください』
オレ『大人の女性?』
恵美『保健体育教えてください!』
オレ『エッチ?!』
恵美『はい…』俺は恵美にそんなことを言われ、躊躇をしたがおっぱいを揉み始めていた。恵美『私のおっぱい、◯◯先輩の好きなようにしてください』
オレ『恵美、こんなにエッチな子だと思わなかった』
恵美『私のパンツも見てください』
オレ『恵美』そうして俺は恵美の初めてをもらった。
どんな感じでエッチをしたのか忘れたが、
恵美はその後俺の彼女になり、学校でもエッチなことをしたり、第一志望の大学には入学し、目標達成し、今は俺が今度は就活ということでがんばっている。恵美のためにも仕事を早く見つけないと。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
★女がその気になれば男なんて
2015/08/13 12:17
2015/08/13 12:17
 女がその気になれば、いくらでも男が寄ってくる。30歳でバツイチになった私は、とりあえずスーパーマーケットで働き出した。そこにいる男達は、ちょっとくすぐれば鼻の下伸ばしてついてきた。一度関係すると、二度三度を期待して、焦らせば貢いでくれる。

 店長さんは妻子持ち、奥さんよりエッチに「アッアーン、アーン、イイ、イイ、スゴクイイわあ…」とよがれば夢中になってくれた。まだ入ったばかりの23歳の男の子「アッ、アアッ、恥ずかしい、そんなに見ないで…」なんて清楚な淑女をよそおえば、イチコロ…
 33歳の時、36歳の真面目でオクテそうな男性と知り合い、色仕掛けで誘いながらも焦らしていたら、大真面目に告…
同期入社した彼女が結婚後も忘れられず不倫に・・・
2017/10/11 12:02
2017/10/11 12:02
私・田原と近藤、理香は現在31才の同期入社です。

3人は仲が良く飲みや遊びに繰り出していました。

私は理香の可愛いらしさと

推定90センチの巨乳に恋心を抱いていましたが、

やがて近藤と理香が付き合い出し結婚しました。

その後、近藤は横浜に異動となり私と理香は本店です。

理香の制服の上からでも一目で分かる巨乳は私のズリネタであり、

男達の飲みの席では、

あのおっぱいを拝みたい!揉みたい!と話題になっていました。

2人が結婚して4年目の30才の時、

理香に飲みに誘われました。

近藤も合流すると思っていましたが

2人だけで理香の悩みを聞く形となりました。

なかなか子供が…
看護師の姉が看病してくれたら・・・
2018/03/05 20:19
2018/03/05 20:19
正月に風邪を引いて寝込んでいた。


診療所も休みだし、薬飲んだけど熱が下がらなかったけど、次の日にはだいぶ楽になってた。


でも親戚とか集まってたから会うのがウザくて、そのまま寝込んでいたんだ。


するとカチャっとドアが開いて、薄暗い部屋に誰かが入ってきた。


正月だから実家に帰って来た姉(看護婦)だった。
俺はそのまま寝た振りをしてた。


姉は、俺のおでこに手の平を当てると

「ただいま、大丈夫?熱下げる薬、買ってきたよ」

俺は

「う……う〜ん」

と、うなされているような返事をした。


買い物袋から野菜ジュースやポカリと一緒に姉は薬を取り出した…
サイズがあわない
2016/06/14 23:01
2016/06/14 23:01
母親の友人のN子さんは、衣料品のセールスをしてる。 母親よりずっと若い。 その日おれは、新製品の試着をすすめられた。 二人に見られながら試着した。 はきかたが、よくわからなかった。  母親が「おしえてあげて」と、N子さんに言った。N子さんは、アスリート用トランクスの中に手を入れて、 おれのチンポをにぎって、正しい位置におさめた。 「りっぱな男性器ですね。サイズがあわないので、 あとで大きいの持ってきます」といった。 そして、おれが一人で留守番してるときに、N子さんは来た。忙しいN子さんが、無理に予定をつくってきたというので、 二人きりで、試着することになった。 N子さんは間近で、おれの試着を見…
僕と太郎と姉(1)
2017/11/30 12:19
2017/11/30 12:19
僕は思春期の時、異常なほど悶々としていて何時如何なる時もエロい事を 考えていた。 どうしても女の裸が生で見たい!胸を触ってみたい!と、常に思いつつ も、そんな女がいるわけも無く、妄想は膨らむばかりの毎日だった。 自分でも素直に認める異常性欲。 そしてそんな僕には小学校からの腐れ縁、親友と呼んでも過言ではない友達 の太郎(仮名)がいた。 太郎も僕同様の異常性欲の持ち主で、お互いがそれを認識しあったのは小学 生の高学年の時だった。 太郎は男3人兄弟で4コ上と6コ上の兄貴がいる末っ子だった。 年の離れた男兄弟 がいたせいか、女の体に詳しく、僕は太郎に色々と教わり ながらエロ知識を深めていた。…
不倫相手の友人の奧さんとは、最近アナルSEXにはまってます
2016/12/16 16:00
2016/12/16 16:00
僕は45歳、不倫相手の奥さまは44歳、友人の妻でもう3年目になります。
最初は友達の家に、ゴルフをするために前日から泊まりがけで行ったのです。
前夜は4人でお酒が入り、10時頃にお風呂に入り、気持ちよくなり上がってビールを一杯頂きました。奥さまは美人妻で、胸のふくらみはDカップぐらいで、Tシャツがモッコリと飛び出して膨らんでいました。


僕が最後のお風呂で、3人は明日の朝が早いので10時半ごろには就寝してしまいました。
2階建ての家で、客間は10畳ぐらいで3人で休むように布団も敷いてありました。
ビールを飲んで、テレビ番組を見ていると奥さまがお風呂を上がって、浴衣…
雷様が女にしてくれました! その三
2018/03/24 20:04
2018/03/24 20:04
<膨らみ>がほとんどなかった「胸」が最近になってお友達の由美子にも言われるぐらいわずかながらも膨らみ始めてきたのだけど、その「胸」がさらに大きくなっているの??! 「背中」への《気持ち良さ》を与えてくれた「雨筋」を「背中」いっぱいに受ける様、ひざまずいて四つん這いに近いほどに前のめりになっていた《姿勢》の為、私の小さな「乳房」が下に向くのでほとんど<膨らみ>のない私の「乳房」でさえ引力で引っ張られ膨らんでいる様に思えていたのだけど、そうではなかったわ。 間違いなく大きくなっている・・??!! それも「わずか」ではなく、「かなり」・・よ! 『ど、どうしたの・・? 私の「胸」が・・・』と思わず声を…
あっさりセックスで十分満足【出会い系体験談】
2018/05/24 13:10
2018/05/24 13:10
暇だったのでセフレ掲示板をgdgd観察。

ふと目に留まったのが濃い顔の募集。

あんまり濃い顔が好きってわけじゃないんですけど、でもなんか文章から好みのオーラにじみ出てるときありませんか?その時何故かそのオーラを感じ取ってしまったのでメール。


お酒と音楽が好きとのこと。

じゃあ、とりあえず今度飲みにいきましょっかー、って話してダラダラとメール。

2週間後ぐらいにお互いの休みが合ったので面接決定。

待ち合わせた某所でドキドキしながら合流。

すっごく濃いのを想像してたけど、来たのは田辺誠一風味のお兄さん。

以下田辺。


全然濃くないし!!むしろさわやかです!!っていうか甘いふいん…
万引きの罰に疼きを覚えてしまった若妻
2016/08/01 19:00
2016/08/01 19:00
業務スーパーK、安いので近所の主婦層には人気がある。
近所の社宅に住む高藤未央は、黒いショートヘアーで切れ長な目が印象的な美人だ。
旦那もごく普通の会社員であり、二人は昨年の夏に結婚したばかりの新婚カップルであった。そんなかわいらしい若妻・未央。24歳で身長は160。彼女は一人で社宅にいるというストレスからか、スーパーで万引きをしてしまったのだ。


そして未央はテレビで見たのと同じく店の外で肩を叩かれ、事務所に連れて行かれてしまった。

向かいのパイプ椅子を指差して座るように促されると、静かに事務所内に入って腰掛ける未央。うっかりバッグに入れた、という言い訳は通じ…
従姉妹との思い出
2016/08/19 20:05
2016/08/19 20:05
従姉妹との思い出 投稿者:精留守マン ◆WYMT4O01CM 投稿日:12月3日(月) 22時33分03秒 先日初Rの思い出を書き込みましたが、それ以前の中学生の頃の偶然Rの話 をしたいと思います。私には同い年のミキという従姉妹がおりまして、中学 の頃は家族でよくミキの家に泊まりに行きました。ミキの家は千葉で民宿を やっていて夏は海水浴などが楽しめました。それは昼間海で泳いでからミキ の家のお風呂に入っていた時の事でした。民宿ですからお風呂といっても普 通の家と同じで浴槽には一人しか入れないタイプでした。しかも昔の浴槽で すから足も伸ばせず体育座りのような体勢で湯船に浸かっていました。そ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【人妻体験談】切ない両親のセックスを目撃し、泣いてしまった息子

・【初体験】3人の処女との体験を語る[後編]

・スイミングクラブの夜

・修羅場にならなかった悪戯

・小6少女に受けた屈辱の欲望~約束のアイドル~

・お互いの息子を交換して性処理

・【熟女体験談】アダルトチャットで、レイプっぽく襲われたい願望のあるおばさんと知り合い、レイプされるストーリーのなかセックスした

・セフレに頼まれて中出し放置プレイ

・単身赴任の夫を裏切り続けています

・人妻社員京子とのエッチ?

・屈辱!レイプおっさんに従順な彼女

・【近親相姦】息子のように若くて逞しい肉棒が欲しくて・・・。

・マンションで朝から夜まで 最後の営み

・【不倫】小太りなオヤジの絶倫セックスにハマってしまった

・中古住宅を購入したら裏手にアダルトグッツ小屋があった  続

・【熟女体験談】昭和時代にノーパン着物姿の母が中年のおじさんにスカートの中を覗かれた

・姉のPC修理してたら元彼とのメール発見ww

・【人妻体験談】金切り声を上げ続ける母にイラつき、罵倒しながらレイプする鬼畜な社長

・家族でクリスマスを楽しんでいると後輩が訪れて来た

・義弟に強いピストンを促すいけない私

・ようこそ川越達也のレストランへ

・「平均13センチ」という都市伝説

・腰ロックされ何もできず奥にぶちまけた。

・妻と他人のセックスまで持ち込むのは難しいですね・・・

・出会い系の人妻女性で苦手意識を克服

・嫁の実家で失敗したかもしれない…

・【人妻体験談】引っ越した先で出会った夫婦にスワッピングをしないかと誘われた

・【熟女体験談】中途採用のツンデレな女課長をラブホでハメたら、ポルチオ性感に目覚めてハメ潮を吹きだすようになった

・AVコーナー

・海水浴場のシャワー室は密室SEXにもってこい