寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

女の子にたくさんいじめて貰った話を書いていく

2018/11/16 01:01


俺のスペック
・男性経験20人ほど。アナル非処女。
・普通の風俗は一応経験ある。素人童貞
・年齢:26才(フツメンだと思いたい)
・彼女いない歴=人生
・身長172? 体重68?(今朝計測)
・眼鏡くん

M性感のお話。

一応アナルセックスも体験したこともあるけど、M性感ってそういや
行ったことないなぁと、ある日ふらりととあるM性感に足を運んだのでした。
店名を晒していいのか悩むので、大阪のとあるM性感とだけ言っておきます。
大阪・M性感でググると出てくるので適当に検索して想像してください。
結構有名店なので調べたら上の方に出てきます。
お店に入ると男の人が(以下略)
とりあえず、?1の女の子を指名したわけです。
その店の良し悪しを知るには?1と遊ぶのが一番だと思ったんだね。

エレベーターの前で待ってたら綺麗なお姉さま(以下、有希さん)が登場。
エレベーターで腕を組み、早速僕の乳首をワイシャツの上から
弄ってくるわけですよ。
有希さん「ふふふ…もう、こんなに固くしちゃって……」
そういいながら今度は股間もいやらしくソフトタッチで触ってくるんです。
そのテクニックに拙者の愚息は思わずぎんぎんに……!
有希さん「若いのね♪」
そんな悪戯っ子のような笑みは妖艶と言って差し支えないでしょう。

そのあとホテル迄の道中も腕を組みながら、色々話を聞かれてましたね。
有希「よく来るの?」
俺「いえ、初めてなんです」
有希「そうなんだ……こういうの興味あるの?」
拙者「はい、僕どっちかと言えばMなんで」
有希「そうなんだ……女の子にもてそうなのに」
私「いえ、もてないっす」
なんか、そういう情報収集をされてたと思う。
で、ホテル到着。有希さんはてきぱきお風呂の準備とか
ベッドにバイブとかを並べ始めてるわけですよ。

一緒にシャワー浴びて、ベッドに移動。
有希さんがどれを使おうかなって悩んでる姿に拙者はちゃんと恥ずかしがらずに
自分のして欲しいことを言うことにしたんです。
俺様「あの……できたら一番太いのでお願いします」
有希様「え? いいの? 結構太いよ?」
俺様「あの、僕アナル初めてじゃないんです。アナルセックスも経験があって」
有希様「そうなんだ……しまった……それならプライベート用の極太持ってきたらよかったね」
俺様「ごめんなさい……どんな風にすればいいのかわからなくって」
有希様「ううん? でも、嬉しいなぁ……初めてのお客さんって大体細いのしか駄目でしょ?」
俺様「そうなんですか?」
有希様「そうなのよね。普段使えないものを使えるとわくわくしない?」

有希様はもう、ノリノリでしたね。目が輝いていました。

ちなみに洗腸は家で済ましてきたのでお風呂場でそこはパスでした。

有希様「そうなんだ。恥ずかしいところ見たかったなぁ……」
俺様「ごめんなさい。洗ってくるのが礼儀だと思って」
有希様「いいのいいの。その分たっぷりプレイを楽しみましょ?」

そして有希様はゴム手袋をパシンと装着されて、M時開脚するように命令されました。
有希様「ふふ、恥ずかしい格好ね。なのになんでちんちん立ててるの? 恥ずかしくない?」
俺君「は、恥ずかしいです……でも、この格好してるとなんかドキドキして」
有希様「そっか、お尻の穴もひくひくさせて早く入れて欲しいって感じだし…」

そういいながら有希様は指で尻穴周りにローションを塗りたくり指を2本挿入されました。

有希様「本当イヤラシイお尻。もう2本も飲みこんじゃうなんて……」
俺「は、はい…もっと入ると思います…」
有希様「じゃぁいきなりこっち入れちゃうね?」

そうおっしゃると太いバイブを取りだされたのです。

有希様はぺろりと舌でバイブの先を舐められ
有希様「嬉しいなぁ……これ使うの久しぶり……」
本当に楽しそうにそう仰っていました。

ゆっくり僕の菊座にバイブを押し当ててゆっくりゆっくりとそれを押し入れて行く有希様。

有希様「ほんと……こんな太いのを簡単に飲みこんじゃうなんてやらしい♪」

そういいながら指で僕の乳首を弄られるのはなかなかにたまらない刺激でした。
僕ちん「あ、あのおちんちん扱いてもいいですか…」
有希様「いいよ? 扱いて見せて」
ぼくたん「ああっつ、僕の恥ずかしい姿有希様に見られてる……!!」

拙者の愚息は名刀エクスカリバーのごとくそそり立っており申した。

最初のうちはゆっくり有希様はバイブを動かされていましたが、
拙者「あ、あのもっと激しく……して欲しいです」
有希様「ふふ、素直ないい子ね……」

そう仰るとずこずことバイブを前後に動かす有希様
有希様「もうおちんぽの先からとろとろのお汁が溢れてるけど…?」
俺様「は、はい気持ちいいんです。気持ちいいですぅ!」

有希様「じゃぁ、もっと気持ちよくしてあげよっか」
そういうと有希様はローターを取り出し僕の亀頭に一瞬当てたり、
陰茎を刺激するようなソフトタッチに振動をプラスし
ぼくたんのおちんちんを刺激して下さるのです。

有希様「おちんちんとアナル……どっちが気持ちいい?}
僕「あ、アナルの方が……で、でもおちんぽも気持ちいいです!」
有希様「ふふ、なぁんかホントに女の子みたい……じゃぁ、犯してあげよっか」

その言葉に僕はぞくりとしました。

有希様は道具入れの中からパンツのようなものを取り出し装着されました。
そしてその股間にバイブ……と呼ぶにはやや強大な赤いディルドを装着なされました。

その赤さはまさに『ゲイボルグ!』と、思ったものの口には出しませんでした。

有希様「これで虐めれるなんて……嬉しいわぁ……」
ローションをディルドに塗り込み、僕に
有希様「四つん這いになってお尻を突き出して……そう、それで枕を抱いててね?」
そういいながら有希様は僕のお尻を指でなぞりデイルドの穂先をお尻に突き当てたり、
離したり、ゆっくりと入口をこじ開けるような感じでした。

有希様「犯してください……ってお願いして欲しいなぁ……」
僕「ゆ、有希様のおちんちんで僕を犯してください」
有希様「だぁめ、もっと卑猥に言って欲しいな」
僕「ゆ、有希様のそのちんぽで僕のケツマンコを犯してください!」
有希様「どうしよっかなぁ……」
俺様「え……!?」

僕がそう戸惑ってる瞬間にそれは一気に体内を貫きました。
肉を一気に貫かれる感覚。そして強烈なピストン。
まるでそこに神経が集中しすぎて脳味噌が考えることを放棄したように
僕は尻穴を占領するその異物に心奪われてました。

有希様「どう? 気持ちいい? 気持ちいいなら素直にいってもいいよ?」
俺「き、気持ちいいです。僕のケツマンコ気持ちいい!」
有希様「そうなんだ。じゃぁ、これは?」
そういうと有希様は角度を変えてより鋭角に突いて来ました。
それだけで違う刺激が僕の身体を貫いて行きました。

有希様「そう言えば、君の名前は?」
俺様「え……浩之(仮)です」
有希様「浩之くんは、こんな風に女の子みたいに犯されたかったの?」
俺様「そ、そうです……犯して欲しかったんです」
有希様「じゃぁ、浩之ちゃんだね……くすくす」

腰を動かしながらの会話なので息も上がりながらのはずなのに
有希様のテンションはウナギ登り。狂気にも近い言葉責めは
流石店の?1.エロイし威厳があるし逆らい難いものでした。

有希様「じゃぁ、ちゃんと女の子みたいに喘がなきゃ」
私「え……あ、あの」
有希様「浩之ちゃん……可愛い」
私「そ、そんなぁ……そんなことないです」
有希様「もう、目がとろんってしてる。ほら、鏡見て……」

ベッドの奥にある鏡を目視させられ、犯されてる自分を認識させられる。
それはとてもとても恥ずかしいこと。

有希様「ほら、浩之ちゃんは今どうされてるの?」
浩之ちゃん「あ……あの、ゆ、ぁぅ……有希様に犯されて……」
有希様「犯されて…?」
浩之さん「あ、お、犯していただいてますっ!」
有希様「ふーん……乳首もこんなに敏感でやらしい浩之ちゃんは男? 女?」
私「あ……今は女ですぅ」
有希様「くすくす、女の子にこんなものついてないでしょ?」

そう言うと有希様はちんこを指で少し触られましたが、すぐに手を離されました。

有希様「女の子だったら……おちんちんなんて無いもんね?」

私「あぅぅぅ な、ないですぅ…」

有希様「じゃぁ、体位変えてみる?」

そう言うと有希様は正常位の格好
(腰をあげて腰の下に枕を入れた状態)を
お命じになられました。

有希様「顔を見ながら犯してあげる♪」
浩之ちゃん「あ……は、恥ずかしいです」
有希様「くすくす、こんなに太いディルドを美味しそうに飲み込んでるのに恥ずかしいの?」
俺「だ、だって……」
有希様「女の子はこんな風に男に犯されてるんだよ?」
浩之くん「そ、あ……なんか変……」

こんな風に犯される。そう認識しながら腰を激しく、緩急つけながら動かされるのは
すごく恥ずかしく、心の中がぐちゃぐちゃになるような感じ。
でも、胸の内が熱く、そして身体の感覚がおかしくなるとしか言いようがないんです。

僕「へ、変になっちゃう。や、やっ!!」
有希様「いいよ? おかしくなっちゃえ。狂った浩之ちゃんの顔も見てみたいな」
浩之くん「は、恥ずかしいっ!!」
有希様「だぁめ。ちゃんと私の目を見なさい」
僕「くぅぅ……」

視線を合わせたまま犯される。これは本当に身体の中が息苦しいような
恥ずかしいだけじゃない、脳みその中が溶けたアイスクリームのように
何も考えられなくなる。ただその命令を守りたいけど身体の反応が
反逆…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
酔うと淫乱になって記憶をなくす妻
2017/01/30 16:00
2017/01/30 16:00
私の妻、美紀はお酒に弱く酔いだすと調子に乗り更にハイになり、大胆にHになり最後は意識が無くなる所まで行くそうです。今までも何回か泥酔して朝目が覚めると、隣に覚えが無い男が寝てた事が、数回有ったと妻に告白されました。
今日は先に書いた妻のパート先での歓迎会での出来事を麗子の証言も入れ、妻の告白どうりに詳しく書きます。


歓迎会も夜9時ごろになり、他の社員やパートさんたちがゾロゾロ帰りだしました。妻も少しだけ飲んでいてこの時は、ほろ酔い程度でした。

妻も麗子も帰ろうかなと立ち上がりました。

社員A「駄目だよ美紀さんまだ帰っちゃ2次会始まるよ奥さんの為の歓迎会なんだ…
女をお互いに取り返した寝取られエロ体験談
2015/10/14 22:30
2015/10/14 22:30


昔会社に派遣で来たK子は相武紗季に似てモロ俺好みだった。




同僚Tに言うと「えーあんなやつどこがいいんだ?」と全く相手にしない。




確かに男に対してガードが堅い雰囲気があってどことなくすました感じ。




噂ではお嬢様育ちで男性経験なしとの情報も。

そりゃハードル高いわ。




でもやたら美人だったのであきらめるのはもったいないとおもた。




「俺アタックしてみるわー」というと「どうぞおすきに」というスタンスだった。




なので最初はTや中の良かったM子などを含むグループで


カラオ…
妻がモデルに・・
2016/05/31 20:05
2016/05/31 20:05
私の妻は結婚5年目の31歳です。顔は童顔で背はそんなに高くありませんがかえってそれが幼さを増しているようで、いまだに街では独身に間違われよくナンパされています。 そんな妻をぜひモデルにしたいと取引先のk社長から話がありました。社長とは年に数回ではありますが旅行などして家族ぐるみで付き合いがありました。社長はいわゆるアマチュアカメラマンで風景を主に撮っていましたが今度女性を撮ってみたいとのことで、正直私は戸惑いました。 以前から貞操感の強い妻を他の男の前で晒したい、他の男たちに抱かれるとどんな顔をするのか見てみたい・・そんな願望はありましたがいざ話しが来ると、どうしていいかわからなくなってしまい…
お母さんにしがみついて初めての射精
2017/02/01 14:00
2017/02/01 14:00
きっかけが何か、って聞かれるとよく分からない。
成り行きというか昔からというか・・・。
ウチの父親は建築系の仕事で1ヶ月、2ヶ月での出張が多かった。
よく分からないけど現場監督みたいな。
家にいるのは4月と10月、後は年末年始だけって感じ。


兄弟のいない俺はほとんど母子家庭状態で暮らしてきた。
と、いっても別に全然寂しいとかグレるとかなくて極めて普通。
近くに爺ちゃん婆ちゃんも住んでてしょっちゅう一緒に飯食ったりしてる
し、
何よりも母さんとずっと一緒だったから。
父親が家にあまり居ないからか、母さんは俺にすごく優しい。
婆ちゃんからは「甘やかしすぎ」って言われ…
採用した女の子には、年上の彼氏がいたがいただきました
2017/02/03 12:20
2017/02/03 12:20
俺は都内で広告系の仕事をしていた
職場は3階建ての家を事務所として使用している
室内は白を基調としたオシャレな感じになっている
床は土足厳禁で、フワフワの絨毯が敷いてあるのでスリッパを脱いで歩くと気持ちが良い。



当時、忙しかったので求人を出して二人の女の子を採用した
1人は28歳で、容姿はサザエさんに似ている明るいAさん
もう1人は24歳で気分屋っぽい感じで容姿は釈由美子になんとなく似ているSさんだった

Aさんはそこそこ経験を積んでいるので器用にパッパと仕事をこなしていく、頼もしい
SさんはAさんにくらべると、経験が浅く試行錯誤をくりかえしているので仕事が遅い
でも、かなり…
転勤族の夫を持つお隣の奥さんと仲良くなった【エロ体験談告白】
2016/06/24 08:16
2016/06/24 08:16
同じアパートに住んでる尚子さんと関係した。

同じアパートの階で、3年前に尚子さんが越してきた。

37歳で4つ上だが、ちょいポチゃでセミロングの綺麗な奥さんだった。

歳が近いからか話も合うし、料理をくれたり、こちらも田舎から来た荷物をあげたりしていた。

でも、旦那さんがまた転勤になった様子だった。


「せっかく親しくなれたのに…」

と言われ、寂しがる尚子さん。

3月末には引っ越すと言われた。

この前、3連休に入る前の日に夜にチャイムが鳴った。

ドアを開けたら尚子さんで

「良かったら飲まない?」

とパジャマ姿で現れ、彼女と飲みました。

聞いたら、旦那と子供が実家に行き、明…
姉のあそこ
2017/09/27 21:31
2017/09/27 21:31
 今から30年以上も前の話です。 僕が中3(15歳)で姉が20歳の時の、今では遠い思い出です。 田園風景が広がる田舎町で育ちました。 姉は高校を卒業して、地元の電気部品の会社に勤めておりました。 中3の夏休みに友達の1人が、兄貴の裏本なる本を見せてくれた。 今みたいにネットで簡単に見れる時代ではないので、非常に衝撃を受けた記憶があります。 薄い下着を着けた女性の陰毛や割れ目が、うっすら透けて見える写真に興奮してました。 友達からその本をもっと良く見たいからと、借りて家に持ち帰り机の中に入れておいたのですが、ある夜姉が、僕の部屋を掃除していて見つけたと、その本を持って部屋へ入ってきました。 開口…
【レイプ体験談】え?19歳?
2015/09/30 04:23
2015/09/30 04:23
631:えっちな18禁さん:2012/05/07(月)01:27:16.53ID:LXWC8hCm0 思い出したので昔話を1つ。 冬から春に変わる季節の変わり目の週末に職場の飲み会があったんだが 一次会は所属先の面子で行われ、二次会からは親しいもの同士に分かれて行ったんだよ。 俺は二次会まで参加してそこでお暇させてもらったんだが 二次会の会場の近場の駅から乗って電車で帰るよりもその駅のバスターミナルから出てるバスで帰ったほうが安上がりなのでバスで帰ることにした。 632:えっちな18禁さん:2012/05/07(月)01:31:50.76ID:LXWC8…
【レイプ体験談】なぜか1日だけ淫乱だった母
2016/03/17 17:36
2016/03/17 17:36
私が高校(定時制)に入学した時の話です・・・  当時の母の年齢は43歳、少し太めではありましたが、胸はFカップで巨尻、小学生の頃など、母と一緒に歩いていると、よく母は胸元を凝視され、時折擦れ違いざまにデケェなどと言われていたのを覚えて居ます。  高校受験に失敗し、定時制に通うことになり、母は入学式に来るのも渋々でした。私の通った高校は工業高校で、条件的には共学でしたが、女子が入ったのは私が4年生になった時、この頃は教師も全て男、唯一の女性は定年間際の保健の先生のみ・・・  後に進級してから知りましたが、本来入学式に先輩達が来る必要もないのですが-----、関係無い生徒達まで来ては、自分のクラ…
小学生の頃に従姉が風呂場でしてくれたエッチな遊び
2017/07/26 18:49
2017/07/26 18:49
小学生の頃、3歳年上の従姉が住んでる伯父の家が近所にあった。 我が家にも伯父の家にも風呂はあったが、50年ほど前は貰い湯が普通のことで、従姉と一緒に入浴することにも何の違和感もなかった。 小3のある日、いつものように彼女と一緒に入浴して、いつものように彼女は背中を洗ってくれた。 でも、その日に限ってスポンジではなく素手で・・・。 子供ながらに、スポンジの無機質な感触とは違う素肌の感触を感じながら・・・。 「どうしたの?・・・どうして今日は手なの?」 「手の方が気持ちいいでしょ?・・・イヤ?」 「うん!手の方が気持ちいいよ!」 いつもなら背中だけなのに、その日に限って背中から首筋…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・エッチの為に遠征してきたメル友

・【人妻体験談】切ない両親のセックスを目撃し、泣いてしまった息子

・【熟女体験談】農家に婿に入り、老婆な義母とほぼ毎日SEX

・【初体験】3人の処女との体験を語る[後編]

・スイミングクラブの夜

・修羅場にならなかった悪戯

・小6少女に受けた屈辱の欲望~約束のアイドル~

・お互いの息子を交換して性処理

・【初体験】3人の処女との体験を語る[前編]

・【人妻体験談】念願のマイホームを新築し、隣の綺麗な奥様を盗撮していたら誘惑された

・【熟女体験談】アダルトチャットで、レイプっぽく襲われたい願望のあるおばさんと知り合い、レイプされるストーリーのなかセックスした

・セフレに頼まれて中出し放置プレイ

・単身赴任の夫を裏切り続けています

・人妻社員京子とのエッチ?

・屈辱!レイプおっさんに従順な彼女

・【近親相姦】息子のように若くて逞しい肉棒が欲しくて・・・。

・私の全てをさらけ出した

・マンションで朝から夜まで 最後の営み

・【不倫】小太りなオヤジの絶倫セックスにハマってしまった

・姉のPC修理してたら元彼とのメール発見ww

・【人妻体験談】金切り声を上げ続ける母にイラつき、罵倒しながらレイプする鬼畜な社長

・家族でクリスマスを楽しんでいると後輩が訪れて来た

・義弟に強いピストンを促すいけない私

・【Hな体験】大雪の夜に成り行きで相部屋になった美人OLと

・ようこそ川越達也のレストランへ

・妻と他人のセックスまで持ち込むのは難しいですね・・・

・【人妻体験談】引っ越した先で出会った夫婦にスワッピングをしないかと誘われた

・【熟女体験談】中途採用のツンデレな女課長をラブホでハメたら、ポルチオ性感に目覚めてハメ潮を吹きだすようになった

・泊まり宿の無い女の子達との交流

・AVコーナー