寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【不倫】パートのおばさんとの思い出[前編]

2018/11/12 14:00


昔バイトしていた職場はパートのおばさんばかりのところだった。職場で俺は、田所という19歳の奴とだいたい一緒に行動していた。年齢が近かったし、気が合った。ちなみに俺は奴より2つ上の21歳。
俺と田所は4、5人のおばさんグループと仲が良かった。このグループは職場のパートさんの中でも比較的若い人ばかりだった。若いといっても30代後半から40代前半くらいだが。最初の頃は、おばさんはおばさんとしてしか見られなかったけど、接している女性がおばさんだけだと、だんだんと感覚も麻痺するのか、いつしか“おばさんもいいな”と思い始めてきた。
俺も田所も童貞だった。焦りもあったのだろうか、ある日、田所が「杉さん(俺)、パートの中で誰がいいですか?」と聞いてきた。俺は躊躇いもなく、「佳恵さん」と答えると、田所は「え!俺も佳恵さん狙いっすよ!う~ん、被ったか。困ったな」と真面目に悩んでいた。傍から見ると滑稽だよね。
佳恵さん(仮名、実際は名字で呼んでいました)は、41歳。当然人妻だし、子供も2人いる。普通はそういうのを狙ったりしないし、向こうだってそんな気にならないだろう。でも何度も言うが、感覚が麻痺していた。同世代からモテない人生を送ってきた俺と田所。自分たちに良くしてくれる女性が気になるのは仕方ないことなのかもしれない、たとえおばさんでも・・・。
佳恵さんはおっとりとしていて、よく笑うきれいな人だった。身長もそこそこあるし、年齢や子持ちの割には体型が崩れてない。本人は、「昔はもっと痩せてたのよー」と言ってたが、今でもスタイルを保っていると思う。部分部分の肉付きはよくなったんだろうけど。
ある日、田所が佳恵さんグループを飲みに誘った。当然、俺も一緒に行くことになった。若者2人とおばさん4人の合コン・・・。ただ田所は事前に俺にこっそりと、「俺がセッティングしたんだから佳恵さんは俺。杉さんは珠美さんね」と、なぜか珠美さんを押し付けてきた。
珠美さんは40歳の人妻。高校生になる娘さんが2人いる。茶色の長い髪、メイクや言動、振る舞いから見るに元ヤンキーっぽい。小柄だが、胸がかなり大きいのは服の上からでも分かる。さばさばした性格だが、ちょっとキツいところがある。決して悪くはないのだが、俺はやっぱりおっとりした佳恵さんがいい。ただ男2人で誰がいいとか言っていても虚しいもので、まあ佳恵さんにしても珠美さんにしても、普通の主婦、どうこうなることはないだろうなと俺は思っていた。田所がどこまで本気だったか分からない。
飲み会はそこそこ盛り上がり、終わった。帰り、酔っ払った珠美さんは俺と田所の腕を掴み、「若者!送ってけ!」と強引に引っ張る。佳恵さん他2名のおばさんはそんな俺たちをニコニコと見送り解散となった。田所は佳恵さんを送っていくつもりだったんだろう。珠美さんに腕を組まれながらも何度か振り返る。そして唐突にこう言った。
「あ、そう言えば杉さんが珠美さんのこと狙っているんですよ。珠美さん、どうっすか?」
「はぁ!?」と俺は田所を睨んだ。
珠美さんは意に介さず・・・。
「わあ、嬉しい。でも私は田所くんの方がいいな」
そう言うと珠美さんは俺の腕を離して田所の腕にしがみついた。俺はやっと開放された感と、何か捨てられた感があり妙な気分になった。腕に胸を押しつけられ田所は多少動揺したようだった。
「そ、そうっすか!俺も珠美さんが好きっす!」
(おいおい、お前は佳恵さん狙いで、珠美さんは俺に押し付けたんじゃないのかよ)
相変わらず田所はお調子者である。まあ、どうでもいいが。ここで珠美さんが一言、俺にフォロー。
「あ、杉クンも悪くないんだけど、杉クンは佳恵のお気に入りだから」
俺は何となく嬉しくなった。が、田所は「えっ!」と言った表情で口をとんがらかせて・・・。
「なんすかそれ!なんすかそれ!杉さん童貞っすよ!こんなののどこがいいんすか!?」
え、ここで暴露?
「お前もだろ!」
俺も突っ込み返す。
「ええ、2人ともまだなの~」
珠美さんは妙な笑みを浮かべてそう言った。
「情けないぞ、若者。私が君たちくらいのときは、そこそこ遊んだけどなあ」
「じゃあ珠美さん、お願いします!」
お調子者の田所はいきなりそう言った。
「え~、別に構わないけど・・・」
珠美さんもあっさりとそう答えた。この一連の会話の中で田所はどこまで本気だったんだろう。彼特有のノリと勢いで言っただけだろうけど、珠美さんは本気だった。
「ホテルこっちよ」
珠美さんが腕を引っ張ると、途端に田所はビビりだした。
「え、あ、そうっすね・・・。でも珠美さん、時間ヤバイでしょ」
「ちょっとだけなら大丈夫よ」
「・・・杉さんもついて来てよ!」
半泣きの表情で俺の方を見て田所は言う。おいおい、何を言い出すんだこいつは・・・。
「3人でするの?それもいいわね」
・・・3人でホテルの一室へ。珠美さんがシャワーを浴びている間、俺と田所はベッドに大人しく座っていた。
「おい、どうするよ?」
俺はこの異常な状況に戸惑いながら田所に聞いた。
「どっちが先にする?」
田所はやる気まんまんになっていた。急に勢いづいたり、と思ったらすぐにビビッたり、田所は単純でおめでたい奴だ。
「ジャンケンで決めるか・・・」
俺は提案すると田所はまた怖気づき・・・。
「いや・・・年齢的にも杉さんが先にやって下さい」
そうこうしているうちにバスタオル1枚の珠美さんが戻ってきた。しっとりと湯気立つ肌、何よりもタオルからこぼれそうな胸の谷間が凄かった。俺と田所は股間を押さえて俯く。
「どっち先にするか決めた?」
珠美さんはわざわざ俺と田所の間に座り、さっきまでの俺たちの会話を見透かしたかのようにそう聞いてきた。
「えっと・・・」
俺も、「自分が先です」とは言えず答えに窮する。田所は無言。
「ま、とりあえず君たちも脱ごうか」
「・・・」
俺と田所はもたもた服を脱いだ。なかなか進まないのを見て珠美さんはイライラしたのか・・・。
「やめる?」
冷めたように言った。
「わー、脱ぎます!脱ぎますとも!」
田所は急いで服を脱ぎだした。俺もつられて急いで脱いだ。2人ですっぽんぽんになり、もじもじと珠美さんの前に立った。なんだかんだ言って、すでに俺も田所もギンギンだった。珠美さんはベッドに座りながら、意地悪そうな表情で裸の俺と田所を見比べる。
「じゃ、田所クン、来て」
俺はちょっとショックだった。田所は不安げな表情で俺の方を見る。珠美さんはバスタオルを脱ぎ、ベッドに横になった。柔らかそうなおっぱいがこぼれる。むっちりとした肉体だった。田所はそれを見ると急に息がはぁはぁと荒くなり、「お先に!」と言って珠美さんに覆い被さった。
「ちょっと!いきなり入れようとしない!」
珠美さんに怒られていた。
「こうですか?」
田所は珠美さんの指導を受け、指でもぞもぞと彼女の毛深いあそこの奥を弄っているようだ。
「わ、すげ。あったかい。ヌルヌルしてる・・・」
いちいち田所は感想を口にして興奮していた。
「んふっ・・・そう、いいわ・・・」
珠美さんも普段では聞けないいやらしい声を出し始めた。俺も興奮していた。が、どうしていいか分からない。一方田所は指を入れてそんなに経っていないのに・・・。
「も、もう入れていいっすかね?」
「・・・仕方ないわね」
珠美さんも呆れた声で答えた。俺はその間、勃起したまま裸で立ち尽くし見ているだけ・・・もどかしかった。田所は必死で珠美さんに入れようとするが、なかなか上手くいかない。
「代わろうか?」
俺も興奮していたし、辛抱たまらなくなりそう言った。
「いや、もう少し!」
田所は俺のことなんか意に介さず、入れることに専念していた。結局、痺れを切らした珠美さんが田所のチンコを手で自分の穴に誘導した。
「入った!入った!」
その瞬間、田所は異常なテンションでそう叫び、腰を動かしながら不器用に豊満な珠美さんの体を弄っていた。
「すげー!すげー!」
馬鹿みたいに声をあげる田所。
「んっんっ・・・」
何となく控えめに喘ぐ珠美さん。俺は辛抱たまらず、情けなくもその光景を見ながら自分でチンポをしごいていた。すると田所は急にこっちを向いて・・・。
「おい、そこでオナニーしている童貞!セックスって気持ちいいぞ~!」
(調子に乗りやがって・・・)
俺は殺意を抱いた。
すると珠美さんがトロンとした表情で、「杉クンも来て」と俺を招き、俺のチンコを握ったかと思うと咥えてきた。田所に突かれながらだ。珠美さんの吸い付くような口の感覚は本当に快感だった。珠美さんは、下半身は田所に突かれつつ、上半身をよじらせてベッド脇に立つ俺のを器用に咥える。優しく口に含んだかと思うと急に激しくなったり、時には手でシゴき、玉を弄んだり唇を這わせたり、とにかく緩急を使い分け、男の気持ちいいとこはすべて把握しているかのようなフェラだった。上半身と意識は俺のチンコに集中しながらも、時に下半身をうねうねと動かして田所の相手もしているようだった。他人のことをどうこう言える身分ではないが、田所ごときのピストンでは珠美さんは物足りないんだろう。が、田所はただ膣にチンコを出し入れする行為に息を荒げ夢中になっていた。そして俺が高等テクニックなフェラをされているのを見て、「ああ、いいなあ。俺にも後でやって下さいよ!」と言っていた。
情けないことに俺は珠美さんのフェラで果ててしまった。まだ田所は頑張っているというのに。俺がイキそうになったのを珠美さんは察し、激しく咥えながら目で「いいよ」と言った視線を送ってくる。俺は珠美さんの口の中に出した。じわっと温かいも…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
AV鑑賞で実践しちゃった
2015/10/13 23:05
2015/10/13 23:05
俺が21歳の時、よく遊びに行っていた友達の12歳の妹が結構発育良くって目のやり場に困る程でした。 妹はみなこ小6、オッパイでかいくせに全く羞恥心を持っていない様で 「ブラするときつくていやなんだ」 って、ノーブラでタンクトップ1枚。 前かがみになるとプルンプルン隙間からまる見えでした。 「あ~今胸見てた~スケベ~」 なんて言ってる割りに風呂上がりに、バスタオル1枚でブラブラする様な娘でした。 友達とAV鑑賞する事になって、酒やらつまみを買い込んで部屋でスタンバッっていると 何か怪しい雰囲気に興味深々でみなこがやって来た。 「ガキは早く寝ろよ~!」 友達がそう言いながら妹を部屋から追い出す。 必…
おばさんは名実況アナ【エッチ体験談】
2016/03/23 14:04
2016/03/23 14:04
 もう20年以上前の高一の夏休み。家風呂が壊れた私は銭湯へ行った。 一人で外湯へ入るのは初めて。早い時間だったので、他にほとんど客はおらず、 大きな湯船にゆっくりつかりちょっぴり大人気分に浸っていた。  すると、まあ「酒屋の智子ちゃん(仮名)」と、女湯からおばさんの声。 同級生が入ってきたらしい。おっとりとした性格で、同性からも好かれる子。 背が高く、ちょっとTBSの久保田アナに似ている感じです。  二人の会話から、彼女は店舗兼自宅の建て替えのために仮住まい中だが、 風呂の調子が悪く今日だけ銭湯に。幼いころから店番をしている彼女は、 近所でスナックを経営…
温泉旅館の美少女
2017/07/29 15:31
2017/07/29 15:31
これは、私の萌えた体験談です。昨年の秋の終わり頃の出来事です。 週末利用して東北地方の、とある温泉旅館に来ていました。旅館と言っても、小さな一軒家で、家族が3組程がキャパシティでした。私はその年で3年連続で、訪れていたので、そこのご家族とも、顔馴染みになり、中学2年生の娘さんの「みゆきちゃん」その弟で小学3年生の「たかしくん」とも仲良くなっていました。御夫婦の他は、足の悪いおじいさんがいました。 それは、最初の夜の事でした。私は一人旅でしたので、自分の部屋で、みゆきちゃんとたかしくんと、トランプをしながら、テレビを観ていましたが、しばらくすると、女将さんが、「あんた達、 田中さん(私の仮名)…
真弓【エッチ体験談】
2016/03/13 02:05
2016/03/13 02:05
ようこそ「真弓の小屋」へ 私が自分の性癖が人とは違うと気づいたのは小学生の頃でした。 その後、中学生になって「SM」という性のシャンルがある事を知り、自分が求めていたものが世の中にカテゴリーとして存在する事に驚いたものです。 20歳になって初めて調教というものを経験し、現在に至っております。   インターネットを始めて、色々なSMのHPを見て感じた事は、 自分が思っていた程、この性のスタイルは異端ではないという事でした。 SM雑誌などでは「作られたSM」も多く掲載されていますが HPというものは利益を上げる必要がない分、本当にリアルな性が描かれています…
【不倫】清楚な童顔からは想像できないスケベな女[中編]
2017/10/11 18:00
2017/10/11 18:00
コリコリのクリトリスを高速で舐めながら左手の2本指をオマンコに入れていた。初めは1本だった。M実のイメージから1本だったからだが、あまりにも反応が良くて2本にすると、体を躍らせるように感じ、声も激しくなっていった。右手で乳首を弄ってやり3点攻めをすると・・・。 M実「ダメ、ダメ、あああぁ、イク、イッちゃう、イッちゃいます、ダメ、あああぁ~ん、ああ」 M実は自分の手で口を押さえながら、それでも結構な声を出しながらイッた。しばらく体をヒクヒクして息を荒くしていたが・・・。 M実「ふう、先生、すごいです。あんなに舐められたの初めて」 ちょっと、前の男とのセックスをどうしていた…
【レイプ・痴漢】同級生の母親(2)【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/06/03 21:49
2017/06/03 21:49
さすがに「最近 SEXしたのは何時や?」とか「浮気は何回した?」の質問は 「そんなこと、してません!!」 の一点張りでした。 多分、正直に答えてるんでしょうが、そんなことは関係ありません。目的 は、してると言わせることなのです。 バイブレーターと電気マッサージ器で5,6回イカせて、「一週間まえにSEX しました。浮気は2人です。」と 無理やり言わせました。悟は、それを悔しそうに聞いてましたが、母親がイ ク時の姿を凝視してました。それを見ていた俺は、母親の所へ行き「おばさん。おばさんは、こっちは使ったことあるの?」と言って尻の穴を触りました。 母親は「な、何。そんな事したことない!!触らないで…
学校のトイレで女子にしごいてもらいながらおっぱいを触った
2017/03/25 20:16
2017/03/25 20:16
861 えっちな18禁さん[sage] 2014/01/15(水) 01:04:30.96 ID:QPPcCRF60 中学の頃の話。 ある日クラスの女子に「ねえねえ、ジャンケンしよ」と声をかけられた。え?と思ってるうちに突然ジャンケンを始められた。 俺パー、相手グー。「あ!ダメ、もう一回!」といってもう一度。 俺グー、相手パー。 訳も分からず「何なん!?」と聞く「知らなーい笑」と言い、クスクス笑いながら他の女子の元へ帰って行った 後ほど、一つ下の学年で、「男女でジャンケンをし、男子が勝てばオッパイを、女子が勝てばおちんちんを触る」という、どちらに転んでも男が得をするゲームだったと判明。 …
サークルの合宿で恥ずかしい体験【エッチ体験談】
2015/12/29 02:07
2015/12/29 02:07
もう8年ほど前のサークルの合宿で。 最初みんなで飲んでたんですが、途中で私たち1,2年生女子だけお風呂に行って 部屋に帰ってみると真っ暗。声をかけても返事がないので女部屋に戻ると女の先輩たちも戻ってきていました。 男の人はみんな潰れちゃったというので、女だけで飲むことにしました。 しばらく飲んでエッチな話とかしてたらある先輩が、○○(私)の体はエロいとか反則だとか言い出して ちょうどその前のお風呂でもそんな話をしてたから、みんなでエロいずるいの大合唱。 で、いつのまにか脱げ脱げコールに変わっていきました。 あんまり男運に恵まれなかった私は妙にうれしくてw…
【H体験談】浮気話に興奮、女友達を口説いたSな俺
2016/10/02 08:51
2016/10/02 08:51
高校3年で同じクラスで仲良くなり、
偶然同じ大学に進学する事になった女友達がいる

サバサバした性格で
音楽の趣味が合ったから高校時代より
寧ろ大学時代に仲良くなった。



ただ御互い高校時代から
彼氏彼女がいたから本当に
友達という感じの付き合い。



週一位で電話したり、バ
イト帰りとかに時々飲んだりといった感じ。



下ネタもありありで本当サバけた
感じの付き合いをしてた。



そして大学3年になったある冬の日、
俺の家で二人で飲んでた。





それも二人で飲もうではなく、
本当は3人で飲む予定が
一人キャンセルしたからという理由で二人だった。



当時俺には彼…
【寝取られ】嫁は若い独身男とセックスしてます 続13編【体験談】
2016/01/24 11:37
2016/01/24 11:37
前編は以下のとおり思いがけず嫁友のお誘いがあって嫁、娘連れて朝から外出中。嫁子とも同い年の女友と銀座行くんだってさ。ギリ二十代の女が幼い子連れて行くところじゃないと思うんだけど、まあ俺的にはガッツリ時間もらえて正直に嬉しいっすwで、一気にレコーダー聞いたよ。二人が寝室に入ってきてすぐにおっぱじめる、毎度のパターンとは違って普通に話し出してた。「あと一週間か・・・」「そう。あと一週間で終わり」「ん?・・・嫁ちゃん、なんか喜んでない?」「へへ、バレた?」「マジで?なんで?」「なんでって、当たり前じゃん、これが普通なの」「え・・・いや、だけど喜ぶって酷くね?」「だってやっとマトモな主婦に戻れるんだも…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【初体験】3人の処女との体験を語る[後編]

・スイミングクラブの夜

・疲れたのでホテルでマッサージを頼んだ体験

・修羅場にならなかった悪戯

・小6少女に受けた屈辱の欲望~約束のアイドル~

・お互いの息子を交換して性処理

・【初体験】3人の処女との体験を語る[前編]

・【人妻体験談】念願のマイホームを新築し、隣の綺麗な奥様を盗撮していたら誘惑された

・【熟女体験談】アダルトチャットで、レイプっぽく襲われたい願望のあるおばさんと知り合い、レイプされるストーリーのなかセックスした

・単身赴任の夫を裏切り続けています

・人妻社員京子とのエッチ?

・【オナニー】「生で触ってみたい」と妹に頼まれて

・かなり昔の話だけど全裸の女を拾った事が有る。

・【近親相姦】息子のように若くて逞しい肉棒が欲しくて・・・。

・私の全てをさらけ出した

・マンションで朝から夜まで 最後の営み

・【不倫】小太りなオヤジの絶倫セックスにハマってしまった

・中古住宅を購入したら裏手にアダルトグッツ小屋があった  続

・【熟女体験談】昭和時代にノーパン着物姿の母が中年のおじさんにスカートの中を覗かれた

・【人妻体験談】金切り声を上げ続ける母にイラつき、罵倒しながらレイプする鬼畜な社長

・家族でクリスマスを楽しんでいると後輩が訪れて来た

・【Hな体験】大雪の夜に成り行きで相部屋になった美人OLと

・「平均13センチ」という都市伝説

・腰ロックされ何もできず奥にぶちまけた。

・出会い系の人妻女性で苦手意識を克服

・嫁の実家で失敗したかもしれない…

・【人妻体験談】引っ越した先で出会った夫婦にスワッピングをしないかと誘われた

・【熟女体験談】中途採用のツンデレな女課長をラブホでハメたら、ポルチオ性感に目覚めてハメ潮を吹きだすようになった

・泊まり宿の無い女の子達との交流

・海水浴場のシャワー室は密室SEXにもってこい