寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【女×女】後輩の女性教師からレズ調教を受けています[後編]

2018/11/11 14:00


「あぁぁ・・・」
期待と恥ずかしさで私は声を漏らす。全裸になって幸子に反応を促す。
「どう?先生・・・大好き・・・先生を離したくない」
幸子が私を強く抱き締めて、濃厚なキスをする。
「あぁ・・・私を離さないで・・・もう・・・もう私は幸子の女だから・・・」
ベッドの上で脚を大きく拡げられ、私の股間に体を入れてくる幸子。私の脚を肩に担ぎ上げ、淫らに潤んだ陰部に顔を埋めていく。
「あっ!あぁぁ・・・恥ずかしい・・・あぁ、いぃ・・・ぃぃぃ~っ」
股間に埋まる幸子の髪を掴み、私は淫らに喘ぐ。
「先生・・・今、何をされてるか・・・言って下さい」
「あぁぁ・・・あなたに・・・あなたに舐められてます・・・あぁ、気持ちいぃ」
「どこを舐められてるのか言って下さい・・・」
「あっ!あぁ・・・嫌~恥ずかしぃ・・・。あっ・・・ぁ、ぁあ~ぁ・・・イィ・・・ィ。だめぇ~もう・・・だめ~ぇ」
「先生の体は前より若くなってきたわ。オッパイも張りがあるし、乳首も若々しい~!ふふふっ!下のお毛毛が毛羽立っているよ」
幸子の陰毛を手で逆立てみたけど、漆黒の艶のある毛はすぐに元に戻った。幸子は私の手を制して口づけをしてきた。
「可愛い、先生の顔!」
そう言いながら私の唇をなぞったり、鼻を摘んだり、耳を引っ張ったりして、私のうめき声を楽しんだ。
「あぁ・・・お願ぃ、もう・・・もう・・・」
私は幸子によって以前とは全く別の女になってしまった。
「・・・あ、はあっ・・・幸子・・・」
「・・・たまらない?」
「いやあっ・・・」
「どうする。こんなに敏感な乳首になっちゃって」
「だって」
「私に弄られるようになってから、倍くらいの大きさになったわよ?先生、今までどれが一番感じた?」
「・・・な、何を・・・」
「やっぱ、お尻の穴?それともスパンキング?それとも大根がよかった?」
幸子の言葉に私は目眩がするようだった。そのすべてが事実だから黙って聞くばかり。
「先生なんて慕われてるけど、先生はホントはドスケベ!」
ふたつの乳房を形が変わるほど、ぐにゃりと絞り上げた。
「・・・あ、ああんっ!」
「答えは?」
「・・・な、何がなのっ・・・」
「自分がまだまだ女だと思っているんでしょ?」
「・・・そんな、こと・・・」
幸子は私をベッドに押し倒して、強引に四つん這いにさせた。幸子も乗り込んだのでベッドが軋んだ。乱暴に私のショーツを引き裂いて、お尻を鷲掴みにする。幸子は人差し指と中指を一気に埋め込んでいった。
「あーッ!・・・」
私は電気に撃たれたように背中を弓なりに反らせて悲鳴を上げる。
「・・・っ!ひっ!だ、だめっ・・・それ、痛い!いつもと違う」
「今日は2本よ、特別サービス。すぐによくなるわ!」
「あっ!あああっ・・・!!幸子っ・・・」
「先生は毛深いのね。穴の周りが毛だらけ!抜いてもいい?」
幸子が指をゆっくり出し入れしながら聞いてくる。
「許してっ・・・イヤっ」
「今日はこれがしたかったの?お尻を揺らしておねだりなの?」
「やめて!そんなこと!」
プチンと小さな音がした。抜いた毛を私の鼻先に差し出して、「これは何?」と聞いてくる。私が首を振っていると、私の耳元で囁きます。
「大きな声で言ってごらん!」
「いや!」
「もう1本指を入れるわよ!」
「いや、堪忍してっ!」
幸子がさらに指を1本入れようとするから、さすがに頭から倒れてしまいました。
「言います。ごめんなさい!私のお尻の毛です」
「それから!」
「むさ苦しくてすみません。綺麗にしてください。ああ~っ」
「自分で抜いたことあるの?
「ひいいっ!・・・あ、あるっ・・・ごめんなさい・・・ありますぅっ・・・!・・・」
私は興奮して、そう叫んでしまった。こうしてまたひとつハードルを越えてしまったような気がします。
言い忘れましたが、私は87歳の母親と一戸建てに住んでいます。母が週3回デイサービスに出かける日に幸子はやって来ます。そして朝9時に来て、夕方きっちり5時に帰って行きます。午前中は激しく愛し合うけど、昼食を採ってからはテレビの情報番組を観ながら静かに過ごします。その日の幸子はテレビの中年の女性評論家を指して、「ああいう女性を裸にしてみたいわ。裸になったらあんな澄ましたこと言えないのに。そうでしょ?」と言うと、裸の私ににじり寄ってきました。
「先生だったら、あの女よりましなことが言えると思うわ。そうでしょ?」
にっこり微笑みながら、私のふたつの乳房を力強く鷲掴みにして、上に引っ張ったと思ったら一気に手を離して、ブルンッ、タップンッとさせています。そして乳首を引っ張り上げたり、胸を平手で叩いたりしています。
「今日はどうしたの?」
「また欲情しちゃった。先生がテレビの評論家に見えたの」
幸子は眼をぎらつかせながら、なおも乳房を左右に叩き続けます。以前の私だったら恐怖でブルブルと震えていたでしょう。
「先生はこうやって下品に扱われるのが好きなんだよね!」
幸子が嬉しそうに喋っています。
「そんなことないわ!」と答えると、「今日はテレビの評論家みたいに思い切り上品な言葉でお願いします」とにっこりしながら言います。
「好きなんでしょ?乳房にビンタが」
バシッと手打ちが飛んできました。
「さあ、上品なお返事をして!」
幸子の凝視に勝てません。私は、「うっ、うぐっ、はぁぐっ、うううう」と我慢するような声を出していました。
「あぁん・・・ぃやっ・・・そんなこと、お、おっしゃらないで・・・」
今まで使ったこともない言葉が出てきました。
「いいわ!その調子!先生はお芝居も上手。先生にはお上品な言葉遣いがピッタリよ!・・・ハァッハァッ・・・ゾクゾクする~!!もう一度!」
「おっしゃらないでぇ」
「素敵!人間は肉体より精神だわ!うふふッ・・・ほら、立ってみて・・・」
「えっ?!・・・ぃやっ・・・んっ・・・」
「ダメっ、隠しちゃダメ・・・手は頭の上!」
「ぃやっ・・・そっ・・・そんなっ・・・!」
「早く~・・・ほらっ、もっと上よ・・・もっとよ・・・そう・・・いい眺めだわ・・・」
「いゃっ・・・やっ・・・」
「ほらっ、顔上げて・・・ん~!どうした・・・?フフフッ・・・乳首をこんなに尖らせて?」
「あんんんっ・・・ぃやぁ・・・」
「フフフッ・・・いいお顔!それに綺麗な脇!私のために手入れしてきたの?」
幸子の指が這いまわります。
「ぁん・・・いっやぁっ」
「たまらないわ!この白さ!この陰りは若い女にはないわ」
ンムッ・・・ズチュッ・・・チュパッ・・・チュッ・・・。
幸子は夢中になって脇の下を吸い続けます。唾液が溜まったら親指で丁寧に拭き取りながら。
「うっ、んんんっ・・・んんっ・・・」
私の体は勝手に動き出します。
「何度吸っても飽きないわ!先生の脇の下が私のツバでベトベト・・・ど~れ、先生の体をよ~く見せて・・・」
「あぁ・・・そんなに・・・見られたら・・・は、恥ずかし・・・」
「ハァハァッ・・・見てるだけでクラクラする。たまらねぇこの肉付!ハァハァ・・・いやらしく下着の跡をクッキリつけて・・・乳が・・・ここんとこだけ、まっ白!」
「はあぁんっ・・・ぁあっ・・・」
「ブラの跡をなぞられただけでそんなに感じるの?」
「んんんっ・・・」
「それと・・・ここも・・・ハァハァッ・・・くぁっ・・・、還暦でもこのお尻!・・・これじゃ、まだ男も寄ってくるわよ。向うを向いてお尻をよ~く見せて!」
私はゆっくり体を回して、窓枠に手をついてお尻を突き出しました。
「そうそう、あれっ!お尻にも下着の跡がくっきり、このラインはシーツの跡かな?」
幸子が舌でなぞってきます。
「はあんっ・・・お・・・およしになってぇ・・・そ、そんなところ、お舐めに・・・ならないでぇっ・・・はぁっ・・・ああぁっ・・・」
ピチャッ!ペチョッ!チュルッ!
唾液の淫靡な音が木霊した。
「先生!『の』の字にお尻を振って見せて!」
「ぃやぁぁっ・・・はぁん・・・あぁっ・・・」
私は腰を振りましたが、幸子にがバシッと尻タブを叩かれ、膝に力を入れてもう一度振りました。額に汗が滲んできました。
「女に苛められのが好きなんだ?先生は女の私に・・・ここを・・・こうされたかったんでしょ?」
「ああんっ!そ・・・そんなぁ・・・あぁっ・・・そんなこと・・・ち、違います・・・あぁッ!」
「いい?正直に答えてよ!相手は誰でもいいんでしょ、先生は?男で女でも!」
「えぇっ!・・・はっ・・・はい・・・、いえっ違います」
バシッと、またお尻を叩かれました。
「本音が出たわねっ、悔しいっ!」
幸子が半狂乱になって私の尻を叩き続けるので、ベッドに上体から倒れ込みました。
「ハァッハァッ・・・もっと!・・・もっと尻を突き出して。そう!いい眺めよ・・・先生のお尻をお猿さんのように真っ赤にしてあげる」
「あぁ・・・そ、そんな・・・こと・・・あんっ・・・おっしゃらないでぇ・・・」
「いつまで上品ぶっているの。もう先生は猿なのよっ!」
「あぁっ・・・そ、そんなに意地悪ならさないでぇっ・・・」
この時、まだ私には言葉遊びをしている余裕がありました。
「先生!・・・チンポが欲しい?!」
「あっ・・・あぁぁっ・・・ほ、欲しいっ・・・です・・・くだ・・・さい・・・」
「よ~し、いい子だ・・・ぶち込むわよ!覚悟して!」
私はビックリして幸子を振り返りました。幸子が大きなナスビを手にしていました。
「舐めな!」
ナスビを私の口元に据えて、幸子は男のように命令しました。今まで道具を使ったことはなかったので私は動転して逃げようとしましたが、若い幸子の体力には敵…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
不倫など無縁と思える知的で清楚な人妻を愛人にした
2018/01/04 11:24
2018/01/04 11:24
人妻の落とし方は人それぞれ。
ただし一時的な性欲の捌け口にするために人妻に手を出すのはよした方が良いだろう。
トラブルの元。
そこまでリスクを犯して人妻と関係するなら、自身の性欲より彼女達を満足させてやることを優先すべし。
そうすればトラブルを防げ、長く良い関係を維持できるはず。
これがオレ自身が経験から得た認識。

身体が成熟するとともに性欲も徐々に強まっていくのが女の身体。
ところが男は逆に年齢とともに精力も性欲も徐々に衰えていく。
30代の女盛りで夫とすでにセックスレスという可哀想な人妻も少なくない。
その熟女人妻達のセックスパートナーを務めるのがオレの裏の姿。
夜行バスの中で痴漢してきた大学生と
2017/03/06 06:19
2017/03/06 06:19
大阪から東京への夜行バスに乗ってた時の事です。 車内は消灯され、私も眠っていました。 途中、体がムズムズしたので静かに目を開けると、誰かが私の腕の辺りを触っていました。 目を覚ましたばかりでボーっとしている間に、その手は、セーターの上を腕から胸の方へと動いてきました。 そこでやっと、(痴漢!?)って思いました。 触っている人は大学生ぐらいの、可愛い感じの男の子で、私が起きないように、そーっと胸を触ってきました。 暗い中で、ムラムラっとしてしまったのでしょうか。 私は妙に冷静に(寝起きだからかもしれません)、それを見つめていました。 そのうち止めるだろうと思っていたのですが、一向…
セックス大好きな学校の先生
2018/09/08 22:07
2018/09/08 22:07
私は、関西で小学校教諭をしている32才です。 名前は香織(仮)としておきます。 今年の夏は一つ年下の同僚の美奈(仮)と二人で海に行こうという話になり、彼氏がいない女二人、車で日本海を目指したのです。 場所は夕日ヶ浦温泉。 ホテルは海岸から歩いてすぐの所に予約していたので、先にチェックインを済ませ、水着になって砂浜へと直行 昼間は海で過ごし、ナンパされながらも適当に無視しながら、楽しみました。 海は遠浅で凄く綺麗でした。 海から上がってホテルに備え付けのシャワーで砂を落とし、夕飯までの間に温泉に浸かろうという事になりました。 ホテルの大浴場に向かうエレベーターの中で、あるポスターに目が止ま…
【人妻体験談】少年野球で出会った人妻達がエロすぎて乱交してしまった話www
2015/09/27 03:22
2015/09/27 03:22
久子と知り合ったのはちょうど2年半前、私は少年野球のコーチをしていた時でした。 今の時代、少年野球には父母会というものが存在しており、いろいろとうるさい存在でもありました。 私はヘッドコーチなので、ある程度の決定権はあったものの、監督は起用法に父母会よりごちゃごちゃ言われていたので、私が窓口となりいろいろなクレームなんかの処理にあたっていた。 そんな時、6年生のレギュラーで3番を打っている子の母親の久子が、野球以外の相談をしてきた。 私は、こころよく相談にのっていたのですが、どうもおかしな事をいうのです。 どうも子供がオナニーをしているとかしていないとか・・・・。 そんな問題は他人に相談す…
【熟女体験談】総入れ歯の熟女風俗嬢が歯茎フェラをしてくれて都市伝説並みに気持ちいい快感を味わった
2019/01/01 12:02
2019/01/01 12:02
2019/01/01 (Tue) うわさのベテラン熟女風俗嬢が登場!

「ここにちょっと有名なおばさんがいるって聞いたんですけど」

そういうとすぐにピンときたのかすぐに笑顔で席に案内されました。

どこのピンサロもそうなんですが、薄暗い店内に激しいユーロビート、そして破れたソファ…。

元々キレイなお店ではなかったですが場末感は本当に半端ないです。

「こんなところにすごいテクニックの持ち主なんているのだろうか?」

そう思った矢先、「こんにちは〜」と薄いカーテンを開けて挨拶してくる熟女が。

「失礼します。あ、思ったより若くてかっこいいですね。」

この心のこもっていない感じもピンサロ…
妹のアナルは俺専用な件wwwwwwwwwwwwwwwwww
2018/07/10 12:02
2018/07/10 12:02
最初に言っておくけど、

俺はとくに近親●姦に興味があったわけじゃない。

しかし今、妹を調教している。

どちらかというと、

俺はSM、アナル調教などが好きで、

近親者にそういう行為をする興味などなかった。

今回は妹を調教するきっかけを書きます。

俺と妹は6つ年が離れています。

妹はまだ◯学生、顔は普通?

体系は痩せめ。

俺はマニア倶楽部という雑誌を定期購入している。

一言で言えばSMの雑誌だ。

その雑誌は人目につかぬよう、

部屋の押入れの奥に隠していた。

ある日の夜中、雑誌を読もうと思い、雑誌を探していると、俺が気に入…
偶然望遠鏡で人妻のオナニーを覗いたら童貞喪失できた
2017/02/26 01:32
2017/02/26 01:32
僕は公団に住んでいる16歳の高校生です。
両親は共稼ぎで、父親は公務員、母親は普通の会社に勤めています。
僕は大学で天文学を勉強したいと思っていて、高校に入学した際にお祝いに天体望遠鏡を買ってもらいました。
学校から帰ると、いつも夜になるのが待ち遠しく、部屋のベランダから星空を見ていると心が休まるというか、すごく気持ちがいいんです。
公団は10階の最上階に住んでいて、たまに昼間も望遠鏡で遠くを見たり、空港も見えるのですが、色々な所を見ています。
公団は何棟もあって、たまに昼間に望遠鏡を色々な角度にして見ていると、向かいの棟なんかは、ほんとにごく稀ですが、奥様方が着替えてい…
貧困主婦が風俗デビューでローション素股してたらアナルに挿れられる
2017/07/10 22:28
2017/07/10 22:28
夫の給料が安く欲しいものも買えないので、夫の夜勤の日にデリヘルに勤め始めました。夫とは違った愛撫がたまりません。お金を貰いながら欲求不満が解消できるなんて最高です。夫にも「最近上手くなったね」って言われ、ばれないか心配です。

 昨日3人目の人の所へ行きました。ホテルに着き部屋に入ると、40代のちょっと強面の人でした。その人は電話中で私を見るなり「脱いで待ってて」でした。私は服を脱ぎ下着姿で立ちすくんでいました。


* 電話を終えその人に「ゆかりです。失礼ですけどお名前は?」と聞き、歯磨きセットとうがい薬を渡し「シャワー浴びてきます」と言うと「名前はひでたか。シャワーは浴びなくていい…
【不倫体験告白】デジャヴ
2016/05/13 23:13
2016/05/13 23:13
私50歳、妻の眞澄41歳の熟年夫婦です。 結婚生活も30年を過ぎるとやはりマンネリ感は避けられないもので、先日金曜日の夜に刺激を求めアダルト映画を観に行く事にしました。 夫婦でこんな映画を観るのは全く初めての事です。 仕事帰りにススキノで待ち合わせ、軽く食事をして夜の7:30頃に映画館に入りました。 薄暗い館内には人がまばらに座っており、当然ですが男性ばかり12,3人程居たでしょうか。 若い大学生の若者が2人並んで観ているのを見つけ、妻に「ほら、あそこに2人若者がいるだろ、あそこに座ってちょっと様子を見てきたら…?」 妻「え#12316;っ、嫌よ。そんなことしてもし痴漢でもし…
奥手なせいで彼女とやれずにいたら友だちとセックスしてた寝取られ体験談
2015/12/07 19:00
2015/12/07 19:00


何年前になるかな…大学行ってた時だけど、俺って高校まで堅物でさ。

親が歳いってるせいもあって結構厳しい家でさ。

志望大学もチョイ無理目だったせいもあって、女の子と付き合った事もなくてさ。




そんなヤツが大学受かっちまったんで、当然遊びたいよな?だけどそんな簡単にハイそうですか、なんて女の子いないし、彼女なんて中々出来なかったんだよな。





コンパ行ったって話し掛ける事も出来ないし、向こうから声掛けられても、真っ赤になるだけ(笑)思えば純情だったな


だから必然的に男ばかりと遊ぶ訳。

そん…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・あいつのSOS

・【痴漢】痴漢が触りやすいようにお尻を少し浮かせた

・奥さんにしてるように激しく…私じゃダメ?

・【人妻体験談】友人の1周忌に未亡人になった友人の奥さんと愛し合い、中出しSEXした

・義妹の服が軽装で体のラインや胸が丸見え

・【レイプ】イケメンにナンパされてついてったらキモオヤジ3人が

・某地域掲示板の熟女の作者さんへ

・女性は、僕が触りやすいように着替えてきたのです・・・

・男の理性を保つのは難しく崩壊すのは簡単

・夜に彼女と連絡が取れない時間がある

・【熟女体験談】学生の頃、下宿先の大家さんと散々やりまくったり、アパートの裏で青姦してみたりとSEXをするの日々でおいしい生活をしていた

・妻が風俗通いの友人に、もったいないから私がしてあげると言い始めた(オリジナル 転載禁止)

・【乱交】男たちに弄ばれているという恐怖も怒りも忘れて

・【人妻体験談】向かいのベランダで洗濯物を干している奥さんに自慢のチンポを見せたことで約束を取り付け、お股がとろけるまでオマンコして満足させてあげた

・派遣社員の人妻のエッチなお悩み

・人妻もアレの快感が忘れられないのかな

・家庭教師のバイトに行ったつもりが、まさかの展開になり、、、。

・【寝取られ】すべては夫の性癖を満たすために・・・。

・みづき 初めてのヌードモデル(露出の体験談)

・【レイプ】救急車のサイレンが鳴るまで私は犯され続けた

・モモとノンタン 再開後 03 前半

・妻の「元カレ」人数知っていますか!?

・【レイプ】リアルレイプは本当に恐かったです

・冬季オリンピック特集

・義父と嫁のセックス 06

・【熟女体験談】少しぽっちゃりした高齢熟女をナンパしてラブホでSEXをする熟女フェチ

・隣人夫婦とスワッピングしたせいで大変なことになった1

・乗り合わせたタクシーの女性運転手

・スワッピングで夫婦のマンネリ化の解消を試みました

・【寝取られ】寝取られ願望と男根への憧れが同時に叶った[後編]