寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【女×女】後輩の女性教師からレズ調教を受けています[前編]

2018/11/11 10:00


独身のまま高校の国語教師を定年で退き、後は静かに慎ましく一人暮らしと思っていました。ところが4月、後輩の幸子という現役の教師が訪ねて来てから、思いもかけずレズの世界に引き込まれてしまいました。
幸子が来てから僅か1時間後、ベッドの上で全裸で胡坐をかいた幸子の上に私もまた全裸で跨がり、幸子の首筋にしがみ付き身悶えていた私。 胡座をかいた幸子は小柄な私は軽々と抱え、片方の手で私の尻を抱え、もう一方の手で背中を撫でながら私に囁きかけてきます。
「淋しかったんでしょ?本当は好きなんでしょ?」
私は幸子の声が音楽のように聞こえ、何を言われているのかわからないまま顔を歪めて頷く。堪えらずベッドに仰向けに倒れ込むと、幸子は私の腰を両手で抱えて・・・。
「まだまだこれからよ。乳房がぐしゃぐしゃ」
乳首を摘ままれ、私は頭上の枕を両手で掴んで顔を激しく左右に振り、「やめて!もうダメ」と身悶える。幸子は重ねた上半身を起こすと、私の足首を掴んで器用に海老のように折り曲げ、腰を激しく擦り付けてきた。汗にまみれた陰毛の刺激が心地よい。私の小柄な身体は上にずり上がり、「イキそう」と絶叫する。後ろ抱きにされて「よかった?」と念を押された時、身も心も溶けていました。
昼間眠ってしまうと夜が長くなります。20年前、私が40歳の時、同じ高校で同僚になりました。彼女は教育大を出て体育教師として赴任してきました。新任ながら体育教師らしく短パン半袖シャツで、伸びやかな肢体を眩しく眺めていたことを思い出します。教科が違うので親しく話したことはありませんでしたが、その後、今日まで年賀状だけのやりとりは続きました。それだけの関係での突然の訪問だったので、思い出すのに時間がかかりました。もてなしたコーヒーカップを引いて、流しで水洗いをしていたら背後から襲われました。
「先生!」と言って腰と胸を同時に掴んできました。
「どうしたの?」
「しばらく我慢して。先生の裸を見たい」
「もう、そんな冗談はやめて」
私を無視してセーターとシャツを捲り上げ、裸の胸を揉みあげてきました。
「先生はノーブラなんですね。軟らかい乳房」
「何するの、やめて!」
「お願い、もう少し我慢して!」
しっかりと腰を掴んで、なおも揉み続けます。胸をしつこく揉まれて、それだけで立っていられなくなりました。たまに自分を慰めたくなって、乳房を揉んだり、乳首に爪を立てたりして自慰をしてきましたが、それとはまったく違う感触でした。その後、全裸にされて彼女にしがみつくまでは、あっという間でした。
私たちは基本的にいちゃついているだけです。でもそれがとても安らぐのです。幸子は私の胸、性器、お尻ばかり弄ります。私は彼女の綺麗な脇、乳房、お臍、背中を舐めたりするのが好きです。彼女に尋ねたことがあります。
「性器やお尻の穴は汚いでしょ?」
「確かに、でも指を入れて先生の悶える顔が見たいの」
「征服感?」
「そうですね、指1本で先生を操ることができます。こんな快感はないでしょ?」
私の趣味は即物的で彼女は精神的ということでしょうか。2時間も彼女と裸でいると、体力を使い切って夜は熟睡できます。
ある時を境に幸子がサディステックに私の体を苛むことが多くなりました。それは私の男性経験を告白してからからです。問われるままに、そして見栄も手伝って、かなり誇張して話をしてしまいました。
「いやよね、男の人って。女のお尻を見ると、すぐに撫でたり抓ったり、叩きたくなったり」
「で、どうだったの?お尻を叩かれて痛かった?それとも・・・?」
何て答えたらいいのか分かりません。すでに幸子にはお尻の穴に指を入れられて声を出したことがあるからです。今さらという感じでしたが、幸子は真剣です。
「答えられないっていうのは・・・先生は皮膚が薄いから痛かったんでしょ、違う?」
「・・・はい」
「乳首と同じだものね、先生のお尻は」
「そんな・・・」
「そうかしら?痛いのにすぐ答えなかったのは、他にも感じることがあったからでしょう?つまり苦痛の反対、快感よね?」
「・・・」
向き合ったまま無言で私の肩に両手を掛けてきました。それから指先を後ろ髪に絡めてきました。巻きつけては解き、巻きつけては解き、それから指先で耳朶を摘まれ、耳の後ろから首筋にかけてなぞられると背筋が反るほど感じました。
「こうして上から見ると、乳首が尖っているのがよく分かるわ。敏感なのね、先生は」
襟元から鎖骨に指先が滑り、そのままブラウスのボタンを外されました。そして左のオッパイだけ丸出しにされました。
「ほおら、出ちゃった、左のオッパイ・・・」
そう言いながら幸子はいきなり乳首を引っ張りました。乳首だけでなく左のオッパイ全体が伸びてしまうくらい強い力でした。
「ああぁぁ・・・」
「よく伸びるわ、男の人が好きそうなオッパイ」
「ああ、幸子、今日は変よ」
「いつも澄ました顔している先生の本当の姿を見せてもらうわ」
「イイィィ・・・」
いきなり引っ張った乳首を捻られたのです。
「まあ、いやらしい顔・・・下品よ、先生」
「ああ、幸子・・・虐めないで」
「気持ちと逆のことを言ったりして。本当は、『虐めて』でしょう?」
幸子は引っ張って捻った乳首に強弱をつけていました。その都度オッパイが揺れ動き、苦痛と快感が交互にやってきました。
「幸子・・・虐めてぇ・・・法子を虐めてぇ・・・」
『川の流れのように』とう唄がありますが、私はすでに海に出てしまって目標を失っています。女性同士というよりも、幸子の体が私には妖艶でエロいです。午後の昼下がり、素っ裸で私のマンションの窓から外を眺めている幸子の後ろ姿は、とても素敵です。何度、後ろから抱きついたことでしょう。
「またなの?仕方ないわね~」
私はいそいそと畳の上で仰向けになります。幸子の大きなお尻が私の顔を押し潰してきます。そしてグリグリと私の顔を捏ねまわします。
「先生、窒息しない?」
「・・・」
「いやあね~、こんなことで興奮するなんて、変態!」
「痛い!引っ張らないで、抜けちゃう」
「仕方ないでしょ。濡れて光っているんだもの」
「でも痛いんだもの」
「この毛は何というの?」
「・・・陰毛」
「他には?」
「・・・」
「乳首を引っ張るわよ」
「恥毛!」
「チモウ?意外なお返事!他には?」
「マン毛よ、マン毛!」
「よくできました。でも恥ずかしくないの?」
「ひどい!あなたが全部悪いのに!」
私は泣き出してしまいました。これは1週間前の話です。
「あっ・・・ぁ、ぁあ~ぁ・・・イィ・・・ィ。だめぇ~もう・・・だめ~ぇ」
私をマングリ返しにして、もう1時間も幸子は私のオマンコに吸い付いている。
「あぁ・・・お願ぃ、もう・・・もう・・・」
私の哀願を無視して幸子はずるずると音を立てる。
「あぁ~ぁ・・・だめぇ・・・あっ!あっ!あ~ぁ」
「元国語教師なのに他に言葉は知らないの?」
「ヒイ~!助けてっ!」
幸子が乳首を引っ張て来た。私は担ぎ上げられた両足を幸子の肩の上でばたつかせた。
「声が出ないわ!」
「声は出なくても、いやらしいお汁はドクドク湧いてくるわ。いやらしいオマンコ!」
幸子によって開発された私の肉体は、言葉とは裏腹に激しく反応をして快楽の淵を彷徨って行く。
「お汁がお尻の穴に吸い込まれていく。先生はオマンコよりお尻の穴のほうが綺麗!」
幸子が私の足を頭の上まで折り曲げてお尻を剥き出しにした。ボキボキと体が鳴った。
「先生は若い!こんな格好も平気だもの」
「平気じゃないわ。堪忍して!」
「相変わらず、いいお尻ですね。ムチムチ張っててスベスベで。これで61歳」
横に座り直して、私の足を片手で押さえながら、右手の手が私のお尻撫で回していた。幸子は撫で回していた手を振り上げると、汗にまみれた臀をピシャリと叩いた。
「アッ・・・、や、やめて」
言い終わらないうちにまたピシャリと来た。
「こんなの惨めだわ!」
「もっと叩かれて鳴いてみますか?」
「嫌よっ」
私は幸子を睨みつけた。
「そんなことは許さないわよっ」
「そうですか」
あっさりと幸子は頷いて、なにかゴソゴソしている思ったら30センチのセルロイドの物差しを手にしていた。すぐに何をされるか直感したので・・・。
「今日の幸子は変よ!やめて!」
「このライン・・・大きいお尻して。慎みがないのね、先生は。憎らしい!」
突然物差しが振り下ろされてお尻が鳴りました。派手な音がして、苦痛が皮膚に沁み込みました。そうして体勢を支えることが出来なくなって、よろよろと座布団の上に頬と肩を着けた格好になりました。逃げたつもりが、さらに幸子の好都合になってしまいました。つまり、お尻を幸子の目の前に晒す格好でした。
「まぁ、女の私にこんな格好を見せるなんて・・・節操のない人ね」
そして四つん這いの格好で、十数回、強弱をつけられながら物差しでお尻を打たれました。お尻の山が熱を帯び、それは苦痛なのに徐々に痺れを感じ、そして下半身が疼く感覚になりました。
「両手を伸ばして、お尻を広げなさい」
意識の中から囁かれるような声に私は言われた通りにしました。それがどんなに恥ずかしい姿なのか分かっているのに拒めなかったんです。
「あらあら、お尻の穴が丸見えになったわ。ねぇ先生、お尻の穴がね、盛り上がってヒクヒクしてるわよ、いやらしいわね」
「そんなことない」と言おうとする間もなく、ひどい苦痛が襲いました。お尻の穴を物差しで打たれたのです。こんな感覚は初めてでした。お尻の皮膚を打たれる感覚とはまるで違いました。粘膜へ直に沁みる苦痛でした。でもそれが断続的に続くと、皮…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
アルバイト先で…
2017/11/01 06:49
2017/11/01 06:49
夜のお仕事()をしているんだけど、とかでよくさせられたりもまれたりします。 でもこの間、お客さんも私も酔っちゃってて凄い事になっちゃいました。 その日は、ついてたお席が歓迎会でかなり盛り上がってお酒が入ってて、最初は新人さんの上司さんに歓迎にしてあげてって言われて、軽く頬にをしてあげました。 すると、唇にって言われて、仕方なく…そしたら今度はでって…それは無理っていったんだけど、新人さんが怒られて可哀相だったので。 やけくそで、ねっとりと舌を絡ませ本格的にやっちゃいました。 一瞬となってしまうくらい(笑) すると、上司さんがお前立ってないかお前お礼に乳もんだれやはい…新人さんの手が胸に…軽く…
【近親相姦体験告白】 計画停電の時、妹が…
2016/07/27 23:29
2016/07/27 23:29
震災後の原発事故の影響で計画停電が実施された週末の事、仕事から帰って来た俺は直に停電となるのを考慮して自室のベッドで横たわっていた。最終の停電だった為、辺りは暗く一切の光源が無い為、本当に真っ暗になり周辺は静まり返っていた。そんな時だった、部屋のドアがノックされ「お兄ちゃん…」と心細い声と共に懐中電灯を片手に握りしめた今年高校2年になった妹が入って来た。「どうした?」と聞くと「一緒に居てもイイ?」と言うではないか…「なんだ怖いのか?」と、ちょっと意地悪っぽく聞くと「だって!…」と、何かを訴えようとしたようだが直ぐに沈んでしまったので俺はベッドの端に移動しスペースを作ると「ほら…」と空いた所…
出会い系人妻にお仕置き
2018/06/01 23:49
2018/06/01 23:49
さっきまで、某出会い系で知り合った人妻と会ってハメてきたよ。 ダンナが夜勤だというので送り出してからは時間があると携帯にメールが入り、子供も実家に帰っているというので早速面接決定!近所のスーパーの駐車場で待ち合わせ。 写メもらっていたけど、どんな人がくるのか警戒して待ち合わせにしていた場所の死角になるとこで待機。 そうしてると、一台の赤い軽からキョロキョロした感じのわりかしタイプの人妻風女性が降りてきてこちらもメールで「着いたよ~」って知らせてご対面。 身長は160くらいだけど意外に胸が大きくてエロい顔立ち。 前からメールでエッチな話はしていてこれならOKとばかりにお茶に誘うと俺の車でドラ…
【レイプ体験談】淳ちゃん
2015/09/28 11:49
2015/09/28 11:49
彼女は淳ちゃんといい、僕とは大学に入学してから出会った仲だった。 見た目だけしっかり者、だけどなんだか抜けているところがとても可愛い。 セミロングの今時珍しい黒い髪、整った目鼻立ちで胸はそこそこ、 身長は168cmと少し高め、人並み程度の僕の隣にいてくれる女の子としては とても不釣り合いで、恐れ多いほど。 それでも仲間内からは「お似合い」とか言われて、悪い気はしなかった。 そんな彼女が「雑誌のモデルにスカウトされた」と僕に自慢してきたのは、 先週のことだった。彼女の「でも、断ろっかなー」という…おそらくは僕が 「すごいね、やってみれば?」というのを期待しての言葉に、もちろん…
おかしな世の中…。
2015/08/28 08:36
2015/08/28 08:36
俺には無関係な記事が載っていた。海外の大手の不倫サイトの情報がネット上で漏れたということだ。その中に日本人が不倫を求めて15万人もの人が登録している事実。自殺者すら出ているのも現状だ。(>_<) 凄いことだと思った…(>_<) 俺には無関係のことだが、それだけ日本人がそんなサイトに登録している事実に理解出来ない。 昔、石田純一が『不倫は文化だ❗️』と、有名になったことは、今ではそんな気軽に参加出来るサイトがある時代なのも現状だ(笑) サイトに登録しなくても、自由に不倫を求める人口は図りきれないのも現状だと思う。 とある幼稚園に通わ…
私の人生を狂わせた絶倫の弟[中編]
2017/05/01 02:44
2017/05/01 02:44
弟の所為でこうなってしまった私の性癖について、もう少し綴らせてもらいたいと思います。

弟は私を都合の良い性の捌け口として使っているだけかと思っていましたが、後になってから、実は私に負けたくないという昔から一貫した負けん気の強さが、執拗に私を責めさせたのではなないかと思うようになりました。
弟が不良の道を邁進する中、自分でいうのもあれですが、私は家でも学校でも品行方正な優等生でした。
子供の頃の習い事こそ長続きせず、親の期待に沿うことはできなかったものの、その後、両親が娘(私)にお淑やかさを求めていることを知り、お花やお茶のお稽古に勤しんできました。
また、学校でも率先して生徒会の役…
私のセックスパートナーになった母
2017/02/18 18:49
2017/02/18 18:49
私は、1年前から母をセックスパートナーにして、いわゆる母子相姦の関係を続けています。 私が母をセックスパートナーにしたいと思ったきっかけは、ある日パソコンで遊んでいて、たまたま『新近親遊戯 艶母相姦 #16』というウェブビデオを見つけことから始まりました。 刺激的なタイトルもさることながら、300円で1時間半も見れるというリーズナブルな点も気に入って、迷わず視聴してみました。 そこに映し出された熟女のエロい裸体には、現実感がありました。 たれ気味の乳房、三段腹、帝王切開の跡など、本物の熟女で、息子に勃起したちんぽを挿入されるシーンも気に入って何度も見入ってしまいました。 またフェラ顔…
妹とお風呂の秘密
2015/10/25 01:05
2015/10/25 01:05
俺が中学生の時の事です 俺の小3の妹の事を溺愛していてお風呂に入れるのも俺だった ある日俺は冗談で妹に「俺にフェラしてくれへん?」と言った 「フェラって何~?」 「俺のここを舐めて」と指をさしていった 「汚くないの?」 「お風呂に入ってるからいけるよ」 「じゃあやってみるね」 「キャンディーを舐めるつもりでね」 「うん」 妹は俺のアソコを手に取り舌を出してペロペロ舐め始めた 妹に触られただけで大きくなっていた俺のアソコはどんどん大きくなっていった それを妹は小さい口で一生懸命舐めてくれた 「ほら 俺のアソコを口に咥えて」 「こう」 妹は俺の言うとおりに口に咥えた 「そのまま 俺のアソコを舐めて…
【熟女体験談】朝起きたらラブホのベッドの上だった
2016/10/03 12:02
2016/10/03 12:02
2016/10/03 (Mon) 昨年の忘年会後のはなし。

俺は飲んでいた途中までの記憶はあるが、その後の記憶が一切ない。

気が付いたら朝になっていた。

しかもラブホのベットの上。

俺はわけがわからず、急いでガバッと起き上がると、目の前に20代半ば位のモデル並みに綺麗な女性が立っていた。

その女性は身支度をすっかり終わった後の様で部屋を出る直前だった。

そして「あっ、起きちゃった?ごめんね!バイバイ!」と部屋を出て行った。

俺は更にわけわからなくなり、「え?えぇっ?!」って感じ。

全裸で部屋をウロウロしながら思い返していたが、全く思い出せない。

急いで持ち物とかも確認した…
【妹との告白体験談】ドキュソ兄さんの精通体験
2015/11/04 01:37
2015/11/04 01:37
95名前:94投稿日:02/04/3014:24ID:??? すみません、誤爆したようです。 せっかくなので、スレにそったレスもしていきます。俺の精通は、妹のフェラでした。小学生の頃、一緒に風呂に入ったとき、妹に初潮が来て 俺より先に大人になったのを知ってくやしく思いました。 妹は背が小さくて、胸も小さくて、華奢な身体つきだったのに、 クラスでも比較的背が高くて、喧嘩も強いこの俺より何で先に!? という感じでした。 妹はいつも下を向いていて、無口で人と滅多に話さず、 近所では”薄気味悪い子”と言われてましたが、俺にはなついていて (こわがってたのかもしれない)従順だったので、可愛がってまし…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【Hな体験】まさかの子持ちだったエロ可愛い23歳のOL

・完堕ちした美しい人

・あいつのSOS

・君の精液の味が知りたくなった…という感じかな?

・奥さんにしてるように激しく…私じゃダメ?

・【人妻体験談】友人の1周忌に未亡人になった友人の奥さんと愛し合い、中出しSEXした

・女が淫乱になる理由について

・義妹の服が軽装で体のラインや胸が丸見え

・【レイプ】イケメンにナンパされてついてったらキモオヤジ3人が

・某地域掲示板の熟女の作者さんへ

・女性は、僕が触りやすいように着替えてきたのです・・・

・男の理性を保つのは難しく崩壊すのは簡単

・夜に彼女と連絡が取れない時間がある

・【人妻体験談】職場同期入社として知り合った人妻と仲良くなり焼き肉に誘った後、立ちバックで犯し最高の一日を過ごした

・【熟女体験談】学生の頃、下宿先の大家さんと散々やりまくったり、アパートの裏で青姦してみたりとSEXをするの日々でおいしい生活をしていた

・【近親相姦】腹違いの妹とは知らずに妊娠させてしまいました

・妻が風俗通いの友人に、もったいないから私がしてあげると言い始めた(オリジナル 転載禁止)

・・・・妻はヤクザを拒む事は出来ないと悟った

・【人妻体験談】向かいのベランダで洗濯物を干している奥さんに自慢のチンポを見せたことで約束を取り付け、お股がとろけるまでオマンコして満足させてあげた

・派遣社員の人妻のエッチなお悩み

・人妻もアレの快感が忘れられないのかな

・家庭教師のバイトに行ったつもりが、まさかの展開になり、、、。

・【寝取られ】すべては夫の性癖を満たすために・・・。

・【レイプ】救急車のサイレンが鳴るまで私は犯され続けた

・モモとノンタン 再開後 03 前半

・妻の「元カレ」人数知っていますか!?

・【レイプ】リアルレイプは本当に恐かったです

・冬季オリンピック特集

・義父と嫁のセックス 06

・【人妻体験談】W不倫をした人妻と山の道路の真ん中で全裸でバックから挿入SEX