寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

奥手でおとなしい嫁が後輩に仕込まれた2

2018/11/10 00:01


嫁の真奈美が、バイト先の常連客にちょくちょくデートに誘われるという話を聞いて、俺は慢心と好奇心から嫁にデートをさせてしまった。

それが刺激になり、俺と嫁の仲もそれまで以上に良くなり、大成功だと思っていた。
だが、そのデートをしていた男が、実は会社の後輩の隆司だったとわかり、状況が一変した。

だが、それなのに、自宅に隆司が来たときも、俺はつまらない見栄と慢心で、隆司と嫁をセックスさせてしまった。

二人がつながっている姿を見て、俺は自分の性癖を自覚した。俺は、嫁が寝取られている姿に異常に興奮するらしい。
そして何よりも、奥手で恥ずかしがり屋の嫁が、隆司とデートをするようになって以来、セックスに積極的になっていた。いつもは、ほとんど声も出さずにマグロに近い状態の嫁が、大きなあえぎ声を上げ、おねだりをしたりする。
俺は、隆司のことをとても気に入っていて、信用もしているので、しばらくこの状態を楽しもうと思っていた。

昨日、衝撃的に隆司と嫁がセックスをしたが、今日は予定通りデートをするらしい。元々の約束だったのだが、昨日セックスをしてしまったので、嫁はちょっと動揺している。
朝、会社に行く前に
「ねぇ、かず君、、 怒ってない?」
心配そうに聞いてきた。
「え?なにが?」
「昨日の、、、 隆司、、さんとの、その、、」
嫁は言いづらそうにしている。隆司のことも、28歳の嫁から見れば2つ年下なので、どう呼んで良いかわからない感じだ。
俺の前で、親しげに名前を言うのも抵抗があり、呼び捨てにするのにも抵抗がある感じだ。

俺は戸惑い心配する嫁に、なぜか欲情していた。
「怒るわけないじゃん!俺の方こそ、真奈美が怒ってないか心配してるよ。」
「ホント?」
上目遣いで聞いてくる嫁は、メチャクチャ可愛かった。
「ホントホント! あとさ、隆司のこと呼びづらいなら、たか君って呼んであげな。隆司さんは他人行儀だよw」
親しげな呼び方をされるのは、本当はイヤなのだが、寝取られ的興奮のためにそう言ってみた。
「うん、、わかった。」
戸惑いながらもうなづく嫁。

「今日は夕方からデートだろ?夕飯食べてくるよw」
「あぁ、、うん、そうして!ゆっくりで良いからねw」
嫁は急に小悪魔のような感じになった。

たまらなくなりキスしようとすると、
「ゴメン、今日デートだからw」
と、笑顔でかわされた、、、

そして会社に行き仕事を始めていると、隆司が寄ってきた。
小声で
「先輩、昨日は本当にありがとうございました。先輩の奥さんだとも知らずに、ホントすいませんでした。」
真剣に謝ってくる。
「良いよ、そんな、謝らなくても、、、  良い刺激だったよw」
余裕があるフリをした。

「さすが先輩!器デカいっすね!じゃあ、その、、、  今日も予定通りで良いですか?」
少し遠慮気味に聞いてきた。

「もちろん!  真奈美も楽しみにしてるよ。」
「ホントですか!?嬉しいなぁw」
ニヤニヤしながら隆司が言う。

俺は、またつまらない見栄というか強がりで
「避妊だけは忘れるなよw」
なんて言ってみた。
隆司は目を丸くしながら
「了解です!」
と、元気いっぱいに言った、、、

自分で言っておきながら、俺のいないところで抱かれる嫁を想像して、死ぬほど鬱った、、、

そして定時になり、事務の女の子たちが帰るのに混じって、浮かれた隆司が帰って行った。

俺と一瞬目が合うと、チラッとコンドームを見せて出て行った。
うわぁ、、、 完全にやる気じゃないですか、、、 などと、心の中で言いながら、残業を開始した、、、

そして仕事を終わり、ファミレスでディナーチョイスで飯を食べてると、メールが来た。

隆司からだ、、、

件名も本文もないメールを開くと、画像が一枚添付されていた。
それはどう見てもラブホテルの外観写真で、思わず
「マジか、、、」
と、声に出してしまった、、、

その後は、まったく味のしない飯を食べ、珍しくビールを頼んでしまった。

すると、すぐにメールが来た。
嫁のキスをするような目をつぶった顔のアップ写真があり、本文には
「びっくりした?もうお家だよ 早く帰ってきてね」
こんな文章が、絵文字だらけで書いてあった、、、

ホッとして泣きそうになりながら、頼んだビールも飲まずに会計をして駆け出した、、、
急いで家に帰ると、確かに嫁は帰っていたのだが、隆司も一緒だった。
「あっ!先輩、お邪魔してますw」
「かず君、お帰り! ねぇねぇ、ビックリした?」
嫁は、無邪気に聞いてくる。なんか、二人の間に妙な親密さが感じられて、嫉妬で胸が詰まる。

「あぁ、ただいま、、、 うん、、驚いたよ、、 て言うか、今も驚いてるけど、、、」
隆司を見ながらそう言った。

「ゴメンね。なんか、かず君に会いたくなっちゃったから、、ごはんだけ食べて帰ってきたんだ。」
「先輩、すいません。何か、余計な俺までついてきちゃってw」

真奈美が嬉しいことを言ってくれたので、また俺の悪いクセが出て、
「そんなことないよ! じゃあ、3人で飲むか!」
そんなことを言った。

そして、嫁が軽くつまみを作り、3人でビールやワインを飲み始めた。

「ホント、マジで最初はどうしようかと思いましたよ。あんなにキョドったの、初めてでしたもんw」
隆司は、昨日、俺の家に来て真奈美がいた時の驚きを話した。
「イヤ、俺こそヤバイと思ったってw」
俺も、そう言った。

「私も、たか君が来た時は、ストーカーかと思って緊張したよw」
嫁がからかうように言う。人見知りな嫁が、こんなに打ち解けているのを見ると、嫉妬がわき出る。ただ、同時に痛いほど勃起している自分もいる。

そして、酔いも進むと際どいことも言い始める。

「真奈美ちゃんって、小柄で痩せてるのに、おっぱいデカいっすねw」
隆司が脈絡もなくそんなことを言うが
「そう?でも、肩こるんだよね、、、」
真奈美は嫌がるそぶりもない。
「そうだよねwそれだけデカイと重いもんねw」

ため口になりながら、椅子に座る真奈美の後ろに回り、肩を揉み始める。

「そうなんだ、肩こるなんて、始めて聞いたよ。」
俺は、少し驚いて聞いた。
「えーー、、だって、肩こるとか言ったら、ババ臭いでしょ? かず君に嫌われたくないもん!」
そんな可愛いことを言う。

隆司は、苦笑いしながら嫁の肩を揉み続ける。
「あぁ、ホントこってるね。結構すごいわw」

「あぁぁ、、気持ちいい、、  たか君上手だね。」

俺は、酔いも手伝ってなのか、悪い虫が騒ぎ出した。
「真奈美、そこに寝なよ。もっとちゃんとマッサージしてもらいな。」

提案ではなく、言い切った。

すると、隆司はぴーんと来た感じで、真奈美を促してリビングにうつぶせで寝かせる。
「えーーー、、いいよ、悪いし、、、」
「いいから、いいから、俺、うまいんだよ。」
隆司がノリノリで言う。

「そう?じゃあ、、、  でも、エッチなことしちゃダメだよ!」
冗談ぽくだが、そんなことを言う。奥手な嫁が、こんなにも楽しそうにしている。それは、嬉しくもあり嫉妬もする。

隆司は、デートの時の格好のままの真奈美をマッサージしていく。真奈美の今日の格好は、膝よりも少しだけ短いスカートに、ストッキングをはいていて、上は薄いピンクのアンサンブルだ。可愛らしい顔の真奈美に、とてもよく似合っていて、ときめいてしまう。
やはり、今日はデートだったので、おしゃれをしているんだなぁと、今更ながら思った。

そして、スカートの裾を気にしながらうつぶせで寝ている真奈美の上にまたがると、背中の方から上へ上へとマッサージをしていく。

「ん、、 ホント、、 上手だね、、、  あぁ、気持ちいい!」
目を閉じて、気持ちよさそうに言う嫁。
俺は、黙ってそれを見つめる。

そして、肩や首筋などを揉んで行く隆司。そのまま嫁の頭も揉んだりしている。

嫁は、本当に気持ちよさそうにしている。

そして、隆司が動いた。

いきなり嫁の足下に移動して、足の裏をマッサージし始める。
「あっ!たか君、そこはいいよ!汗かいちゃってるし!」
うっとりと寝そうになっていた嫁が、慌てて言う。

「大丈夫、臭くないよw」
隆司がおどけて言う。
「イやン! バカ!」
そうは言うが、結局揉まれるに任せている。結構気持ちがいいようだ。

そして、足の裏からふくらはぎと来て、太ももを揉み始める。

このあたりまで来ると、嫁も無口になる。
隆司も、黙々と揉み続ける。
もう、30分以上も揉んでいるが、疲れた感じはなく黙々とやっている。

そして、動きが怪しくなってくる。揉むというか、さするような動きになってきている。
そして、どんどん太ももの付け根に移動していく。
すでに、スカートの中に手が入っている。

だが、嫁は気が付かないのか、気持ち良いからなのか、理由はわからないが無抵抗だ。

そして、そのまま揉み続け、上へ移動していくと、当然にスカートがめくれてくる。

そして、スカートがめくれてストッキング越しにショーツが見えた状態になる。

俺達の家のリビングで、嫁が他の男にマッサージを受けている。しかも、スカートがまくれてピンクのショーツが丸見えの状態だ、、、

こんな、普通なら怒りがわくような状況にも関わらず、俺はただ勃起しながら見つめていた。

そして、太ももの付け根あたりを、隆司が揉むというか、さするというか、性感マッサージのような感じでマッサージしていくと
「ん、、 ん、、 あ、、」
時折、思わず吐息のような物が漏れる、、、

この状態でも、止めさせることなく揉まれている嫁。酔いもあるの…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
高校までは確実に処女だった同級生の凄いテク
2018/05/05 10:10
2018/05/05 10:10
2月に高校の同窓会が開かれ、同級生のうち何人かが帰省した。
みんなと逢うのは3年ぶりで盛り上がった。
2次会はカラオケとなったが、カラオケ嫌いな俺は何人かを「家飲みしないか?」と誘った。

結局、俺とT(男)とI(女)の3人で俺の家で飲み直すことになった。
みんな結構な酒量を飲んでいたせいもあり、お互いの彼・彼女の話で盛り上がった。
当然のごとく、会話は下ネタへと発展した。

Iは高校まで彼氏はいなくて、確実に処女と言われていた。
でも、彼氏の話が出ているということは・・・。
さすが東京の大学まで行っただけのことはあるな・・・と思った。
(Iは頭も良く東京の大学へ進学した)

俺は酔った勢いも…
29歳童貞男の人生初ソープランド体験レポート 【エッチな話】
2017/04/12 08:08
2017/04/12 08:08
あの日本でも有数の風俗街、
吉原でめでたく筆おろしされてまいりましたw

当方29歳で数日前までは、
女体を知らず童貞でしたが、
今では、初SEXを済ませた立派な一人の男性です。

単勝火星人w

このまま覚えたくもない魔法を覚えてしまうのか、
と思っていたところギリギリでこのスレを見つけ
俄然興味が湧き突撃してきた次第です。


先輩諸兄のレポでは65Kが主流のようですが、

「もしこのまま溺れたら
毎度65Kはちとキツイかな」

と思い(別に毎度高級店じゃなくてもいいだろうに)
40K台の大衆店ソープランドにいたしました。

2chをはじめ、いろいろなページを吟味。

ウインドウを10個…
【レイプ・痴漢】【痴漢・痴女】女子校生を一時保護した【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/04/30 07:11
2017/04/30 07:11
土曜日に、お茶の水に行った。良く晴れて、風が気持ち良い天気の一日だった。月曜の朝は、金環日食だ。このまま晴れてくれると良いなぁ。得意先の人達と打ち合せをして、その後、皆でハシゴして、俺の馴染みのママのクラブで、カラオケ会になった。楽しく飲んで、気がついたら終電まであまり余裕が無くなってしまった。東京駅から東海道の下り電車に乗り込む。席は、そこそこ空いていて、2人掛けの席に座れた。O駅で降りるまで小一時間はかかるが、寝ないようにしよう。寝過ごしたら、上りは終わっている時間だ。スマホでネットを見たりメールのチェックをした後、文庫本の小説を読み始めた。-----ぼちぼち発車かな。そこへ、女子高生が…
【熟女体験談】お金を貸す仕事をし、返済出来ない熟女に中出し拷問する男
2017/08/19 18:02
2017/08/19 18:02
2017/08/19 (Sat) 彼氏が自宅に大金を隠し持っていたの

彼は、銀行に預金できないからって
自宅の金庫にいれていて

ワニ革のセカンドバック200万ぐらいする
高いバックに現金で常に100万入れて持ち歩いてたし。

車もベンツのSクラス5000万以上するんじゃないかな?

凄い改造に1000万ぐらい使ってたし。

何故か窓ガラス防弾仕様だったし。

ヤクザの親分みたい。

なんか私はついていけなかったよね。

そう、彼氏は闇金っていうのかな?

お金を貸す仕事してたの

彼氏は人妻や熟女とかも好きらしいから
主婦には喜んで貸してたね。

20代の若い主婦だけじゃなく、
三十路…
バツイチのお見合いパーティーでフトマラ好きの美熟女と出会った
2018/06/07 00:00
2018/06/07 00:00
私はバツ一の45歳。
子供は二人いて、20歳の娘と18歳の息子がいます。

そしてある×一同士の離婚経験者のお見合いパーティに行きました。
彼女とそこで知り合ったのです。



当然彼女も42歳で離婚歴があり、20歳のお嬢さんがいます。

40代の男性と40以上の女性が12吊で集まって
お見合いパーティーをしたのです。

全員が離婚経験者で、気に入れば最初はお友達からというケースです。

 六本木のイタリア料理店で日曜日のお昼に集まりました。

 セレブな奥様の主催で、
彼女の知り合いばかりが集まってのお見合いでした。

一番若くて41歳、女性は40歳から50歳までの6人でした…
【人妻・不倫体験談】友達の叔母さんが・・・2
2017/04/04 03:59
2017/04/04 03:59
 先輩の1人が携帯で誰かを呼びだしたようで、叔母さんの耳元で何かを言ったみたいだが俺には聞こえなかった。  すると、叔母さんは「それだけは・・ダメよ」と言うのが聞こえた。 それから10分ぐらいしてもう一人の叔母さんが  現われた。 そのまま奥にいって2人の先輩がまたその人にも同じように媚薬で犯しだした。 5分したら立ちバックのまま  現われた。 俺は自分の目を疑った。 2人目の叔母さんは2軒隣のK叔母さんだった。 2人の叔母さんが目を合わせた瞬間に  叔母さん達は青ざめたが、それを楽しむかのように先輩たちは嫌がる奥さん達に媚薬を使ってあh楽しみはじめた。  そして、10分後に…
初めて逢った人をズルズルと攻略していくことはたまらん興奮なのだ・・・
2017/02/27 20:01
2017/02/27 20:01
先週の事、ライブチャットで知り合ったご近所さんと
その後実際に合ってHなことしちゃった話をします

2ちゃんをやってればライブチャットのバナーが気になり
覗いたことある人は多いはず
僕もよく初期無料ポイント付きのことろを
探してはやってたりするんです
仕事柄平日休みのある僕は、子供を送った後
朝からライブチャットをしました

偶然同じ県内のチャットガールを見つけ
交信してみました、紺野まひる似のミサキ(仮名)さん
という方です。くだらないギャグなんかで喜んでくれて
割と気が合いました。自分の住んでる所を教えるとこれが
2-3㎞ほどしか離れていないご近所さんだったんです

ビットキャッシ…
【女×女】初めての双頭バイブは男よりも気持ちよかった
2017/08/27 14:00
2017/08/27 14:00
あの日まで、私は真由美ちゃんがレズだって知らなかった。失恋を慰めてもらっているうちに、いつの間にか飲みすぎて、意識がなくなっていて・・・。でもどうして自分も真由美ちゃんも裸なのか判らなかった。 裸で抱き合ってたからってレズとは限らない。きっと真由美ちゃんは裸で寝る主義の人で、私の服もついでに脱がせちゃっただけかも・・・。 なんていう誤魔化しは、真由美ちゃんが目を覚ました瞬間に消え去ってしまった。真由美ちゃんは私の顔を見ると、愛おしそうに微笑んで、ためらうことなくキスしてきたのだ。 (ああ、レズだ・・・レズ確定だ・・・) 初めての女の子とのキスにクラクラと眩暈がして、昨日…
寝取られて言い訳をする不倫下衆野郎に私は言った!「おまんこやったら1回も100回も罪は罪だ!」
2015/11/04 16:59
2015/11/04 16:59

寝取られて言い訳をするその人に私は言った!1回も100回も罪は罪だよ!と【イメージ画像1】


めて投稿します。
去年の秋に起こった事件を書きたいと思います。
(実話の為にハードな内容ではありません。)私、山本順(仮名)29歳と、妻、由里子29歳は、結婚2年半の夫婦です。

じメーカー勤務の同期…
友達の元カノを好きになった話し【体験談】
2016/02/22 12:10
2016/02/22 12:10

その友人とは結構仲が良かった。
同じ部活ということもあり、ほぼ毎日一緒に帰っていた。
学校で会えるというのにメールもほぼ毎日していた。
ほかの人には話さないようなこともお互いに包み隠すことなく話していた。
おれは親友だと思っていたし、その友人もおれのことを親友だと言ってくれた。

そんなある日、おれと友人は喧嘩した。
この喧嘩は、自分で言うのは少しおかしいけど、友人が悪かった。

でもすごい些細なことだったし、こんな感じの喧嘩は度々起こっていたからすぐ収まるだろうと思っていた。
しかし、現実は違った。

こういう些細な喧嘩はいつもメールで謝って終わるっていうのが定番?だった。
案の定、その…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【痴漢】キモいおじさんに痴漢されて駅前の汚いトイレで・・・。

・【熟女体験談】田舎の風俗には都会から落ちぶれて流れてきたヤラせてくれるデリヘル嬢が大勢いる

・宴会の後コンパニオンとプライベートでセクロスしたったwww

・他人の家を覗いてよく観察してみると

・ヤケになった被論破童貞、哀れ

・【人妻体験談】パンストから透けて見える母の白い綿パンツにパンストから透けて見える母の白い綿パンツを覚えた息子が生まれて初めての近親相姦SEX

・【レイプ】ストーカー化した男友達に無理やり

・韓国人留学生に嫁を寝取られたと思ったら戻った話改

・風俗嬢リエちゃんからのお願い

・弟とセックス三昧

・女子大生の私が初痴漢体験で体が火照ました

・妻のすべてが嘘だった・・・

・【人妻体験談】風俗の面接に落ち続けた貧乏おばさんがパンツ売りサイトで生計を立てている

・【熟女体験談】性獣のように積極的なクソババアに不覚にもSEXも主導権を握られて中出し強制射精しちまった

・やりての女社長とラブホテルへ

・【不倫】パートのおばさんとの思い出[後編]

・気晴らしをしに公園で痴女体験

・【人妻体験談】大晦日からかけてお正月まで妻を調教レイプしながら年越しSEXをした最高の年明け

・出会い系の人妻とのSEX話

・小学生で兄に性的ないたずらをされ、中学生で犯されてた

・バレンタインデーに彼氏持ちの女に即マン

・【レイプ】アイドル並みに可愛かった妹の壮絶レイプ動画

・風俗嬢がセフレになった瞬間を話そう

・【レイプ】最後まで俺のレイプ願望を満たしてくれた美脚OL

・先輩と…

・【痴漢】電車が揺れるたびに男性の太ももが恥骨に当たって

・エネマグラ

・彼女がうわきした・・・

・【熟女体験談】スーパー童貞クンがエロい超爆乳白人熟女と初体験SEX

・おっぱぶで本番した