寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

妻を囲んで

2018/11/09 22:01


かなり無理なローンではあったが新婦と家を構えた俺を、悪友たちがお祝いしてく
れることになり、悪友たちが約束通りビールとスナックを抱えてやってきた。
連中は、持ってきたものを妻に手渡して、ソファに座り込むと健二が俺に聞いてき
た。
「おい、いつのまにこんなかわいい奥さんをめっけたんだい?」と。
「俺のあそこがいいてっさ??」とニタニタして応える、、昔から酒に女に、、一緒に遊び回っていた悪友たちだ、、自然話は下の方へ行く、、

「それが本当なら、あっちのサンボンのモノになってるはずだぜ」とも言う。俺は
笑って、
「それもそうだな」と言った。
 妻はよくわからずに恥ずかしそうに微笑んでいるだけだった。

妻はこれまで2、3回しか俺の友達に会っていなかった。実際、誰も
知らないんじゃないかと思う。最初はちょっと恥ずかしそうな感じに
していたのだった。
だが、酒が進んでくるといつもの明るい妻に戻っていた。妻は自分から
進んでビールを注いでくれたり、チップスを用意したりしくれていた。
そのうち男たちはかなり大騒ぎになり、ビールが急速に消費されていく。妻が短いスカートで跳ねるようにして立ち上がって台所に行く所を、みんなが目で追っていた。

体に密着したタンクトップと短いスカート姿で、体の線がはっきりと見
えてた。タンクトップの方は、胸元が切れ込んでいて豊かな谷間が見え
ていた。スカートの方も彼女のお尻を隠し切れていなかった。彼女は、
注文のビールを抱えてすぐに戻ってきた。
普通よりちょっと体を揺らしながら歩いてきたのに俺は気がついた。妻
もかなりビールを飲んでいたのは確かだった。彼女は男たちに見られて
いるのを知っていながら、見せてあげているのだと思った。
乳首がもうかなり立っていて、タンクトップの薄手の生地を通して見え
ていた。
妻は腰を下ろしてにこやかに話を続けていたが、次第に会話は途切れが
ちになっていった。

沈黙を破ったのは妻だった。

サンボンに質問したのだ。
「サンボンってあなたのあだ名なの?、本名じゃないわよね、、変わっ
てるわね、、」
サンボンはニコニコして、俺たちもクククと笑った。
「何がそんなにおかしいの?」

サンボンは「聞かない方がいいよ、、、」とニタニタ笑いながら言った。彼女は、ちょっとためらいがちに微笑んで俺たち四人を見回していた。
そして、キュートなかわいい声で聞いた。
「どうしてなの?」みんなの笑い声は大きくなった。

妻は、楽しそうな表情から、イライラした表情に変わっていった。
「あなたたち、私を馬鹿にしてるの、、どうして、意味を教えてくれな
いのよ?」
「本当に知りたいのかい?」そう俺が聞いたら、彼女はうなずいた。

「ほんとだね?」念を押すと、妻は大きな声を上げた。
「そうよ、もうからかわないで」俺は健二に答を教えるように身振り
で伝えた。

健二は話を始めた。

「サンボンってのは、サンボン目の足のことさ、、 彼の真ん中の足は、人並みは
ずれてるんだ、、、」
「まあ・・・」妻は顔を赤らめていた。みんなはニコニコして、真っ赤
になった妻を見続けていた。

「風呂にはいる時に、二本の足と、真ん中の足とで、三回!、ボッチャ
ン!、、とお湯の音がするのさ、、
 それで、サンカイボッチャン、、略して、サンボン、、、」

ちょっと間を置いてから、ためらいがちに妻は聞いた。
「それで・・・どのくらいなの?」
「ははっ、、まさか、、今、ここで教えろってのかい?」サンボンが
ニタニタと答えた。

「ええ、聞いているのは、どのくらい長くなるのかってことだけど・・・」
妻はかすれ声だった。
「まあ、25センチくらかな、、」等と、自慢げに言った。
「まさかあ、、からかわないでよ、、、」妻は頭を振りながら笑って
言った。

人の良いサンボンも妻の疑いの言葉にちょっと馬鹿にされたような気持
ちになったようだった。
「じゃあ、みせてやろうか?」
「ええ、証明してみてよ!」驚いたことに、妻はそう言った???
俺が知っている限り、妻は俺以外の男の裸を見たことがない。
俺たち二人とも童貞と処女の間柄だったからだ。

サンボンはむっとして、ズボンを降ろして大きな膨らみを見せた。
酔っぱらっていたので、なんと、さらに続けてブリーフも膝まで降ろし
ていった。
サンボンの大きなぶら下がりは、足の間の陰嚢の下に畳まれたように
なって隠れていた。
柔らかいが、15センチ以上はあったと思う。

妻は、もっとよく見ようと椅子から腰を上げた。彼女がペニスのサイズ
に驚いていたのは確かである。
でも、彼女はその気持ちを表に出さないように努めていた。妻は作り笑
いをしながら言った。
「なんだ、25センチなんて嘘じゃない?」

サンボンは声を大きくして応えた。
「そりゃそうさ、まだ固くなっていないんだから」
「そんな言葉、信じろっていうの?」

サンボンは怒りを交えてこう言った。
「そんなら、こっちに来て2、3回擦ってみろよ。そうすれば、25セン
チにお目にかかれるぜ!」
サンボンはちらっと俺の方を見て、それから、声を落ち着けて言った。
「ああ、ごめんごめん、、いや、、冗談さ、、、、」

「ははっ、、、まあいいさ、、今の長さを聞いていたんじゃなくって、
どれだけ長くなるかを聞いたんだから、それでいいんだよ」そう俺は
言った。

妻は、ちょっと確かめるような表情で俺を見た。
妻はサンボンのペニスがどれだけ大きくなるのか知りたがってる。
だが、それを手で擦ってやる気はない。そう俺は思った。妻は聞いた

「触らずに、固くさせる方法はないのかしら?」

サンボンはちょっと考えてから言った。
「それじゃ、ちょっと脱いで見せてくれたらいいと思うよ。旦那様が気
にしなければ、、の話だけどね」

妻は俺の方を見て、反応をうかがっていた。俺は両手を広げて肩をすぼ
めて見せた。
「まあ、しょうがない」といった動作だ。決断はまかせることにした
のだ。

俺が妻に判断を任せた理由には、俺自身彼女のセクシーな身体を見た
かったというのもあった。
それに、他の男たちが見ても実際、俺は気にしなかった。
彼女がストリップでも見せてくれたらいいなと、俺はひそかに思ってい
た。
だが、流石にそれは無理だろうとも思っていたのだ。

「でも、、、」妻は少し考えていたが、、ふいと立ちあがった、、、
こちらを向いて、にっと笑った、、彼女の生き生き顔は、今や、淫靡な
表情を湛えていた。
ペニスからひとときも目を離さず、体をくねくねさせ始めた。
僕は妻が昔ディスコが好きで、よく踊りに行っていたという話を思い出
していた。
両手をお尻に当てて前かがみになって、大きな乳房を前に押し出したり
する。
かと思えば、まるでセックスしている時の動きのように、恥丘の部分を
前に突き出したりもする。
妻は確かに大きなペニスに影響を与えていた。
もはや、柔らかくはないが、まだ25センチにはなっていなかった。
妻はがっかりした表情になり、、
「やっぱり脱がなきゃあ、だめ、、??」と言い、、こちらを眺めた妻
に、僕はにやっと笑って見せた、、、

妻は、飛び跳ねるようにしてステレオに向かうと、音楽を鳴らした。
彼女は前と同じようにダンスし、さらにいろいろセックスをほのめかす
体の動きを
して見せた。もし、妻が昔、ディスコのお立ち台でこれをやっていたの
だとしたら、、
さぞかしフロアの多くの男の股間を堅くしたことだろう、、、
僕は妻の過去の不安なものを覚え始めた、、、

少し経った後、妻は体の前で腕を交差させ、タンクトップのすそを握った。
交差した腕は、ゆっくりと上がり、胸の前を過ぎ、頭の上に上がった。

薄手の赤いブラジャーが乳房を支えていたが、カバーしている部分はきわ
めて少なかった。
大きな乳房は、ほとんど露出しているも同然だった。
それから両手の親指をショートパンツの腰に引っかけた。そして、体をく
ねらせながら、脱いでしまった。
これでブラとマッチした紐パンティだけの姿になってしまった。
いくらビールで酔っぱらったにしてもあんまりだ、、
妻は、サンボンの寝ていても大きなチンポに、酔っぱらってしまったの
か??

パンティはすでに小さな半透明の布切れのような状態になっていた。
かろうじてきれいに手入れされた恥毛を覆っている。
スパゲッティのような紐で腰に引っかかるようになっていた。

後ろの方の紐は、お尻の割れ目に食い込んで見えなくなっている。お尻
は丸見えだ。

体をかがめて乳房を押し出すような動きをすると、お尻の二つの肉が左
右に分かれて見えた。
紐が中央線となって、はっきりと肛門が見えてしまっていた。

男たちは彼女が服を全部脱いでしまうのを待ち望んでいた。だが、彼女
はまた迷っている。
俺の方を見て、反応をうかがっていた。俺は再びうなずいて見せた。

彼女は、それを見て、俺に投げキッスをした。背中に手を回してブラの
ホックを外そうとする。

その彼女の行動は、もちろん、サンボンのビッグなペニスにもいい影響
を与えた。
妻は頭をもたげ始めたペニスの反応を見て、決意を固めたようだった。
何としても、それを大きくしなければならないと。

妻は俺たちに背中を向け、背に手を伸ばしてブラのホックを外した。
ブラのカップを乳房に当てたまま両手で押さえていた。
ブラの紐がスルリと肩から滑り落ちた。彼女はゆっくりと腰を振りなが
ら俺たちの方に向き直った。

顔の赤味は消え、代わりに淫乱な表情が浮かんでいた。カップを当てた
まま、大きな乳房を両手で持ち上げ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
同期のキレイな裸に息を呑んだ
2017/01/10 21:08
2017/01/10 21:08
21 :えっちな18禁さん:2007/03/07(水) 11:33:29同期入社のA子(短大卒で入社)のことがオレ、ずっと好きだったんだけど、 お互い新入社員で入ってきて苦労とはドジが多かったし、泣き顔を見せたこともあったし、 なんとなく兄妹(オレが2コ上なんで)みたいな関係だった。おおげさに言うと戦友というか。 A子は美人とも可愛いとも言えるタイプ。 社内の人は、A子に対し、(同じ職場ゆえの抑制のせいだと思うけど)思ってても 露骨に「綺麗だね」とか言わない。目立つ行為は避けてる感じ。 でも、取引先の人などは正直だから、凄くA子のことを話題にするし、 明らかに…
【熟女体験談】会社のイケメン社員のチ◯ポをじゅぽじゅぽフェラチオしてる姿を見てしまった童貞の僕
2015/12/27 12:02
2015/12/27 12:02
2015/12/27 (Sun) 僕は童貞です。


年齢は35歳になります。


身長は160cm体重は95kg。


あだ名はありませんが、陰口は言われてるみたいです。


会社では営業みたいなことをしてますが成績はサッパリです。


風俗では2回に1回はキスしてくれません。


そんな僕。

彼女は巨乳。


名前はまい。


下の名前で呼んだことなどありません。


年齢は24歳。


身長は148cmくらい。


でもすごい巨乳で机に胸がのっかってます。


あだ名はまいとか、まいっちとか言われてます。


顔は夏帆に似てると思う。


会社では事務員さんです。


サークルの巨乳な後輩の処女を酔った勢いでいただきました!
2017/02/05 20:02
2017/02/05 20:02
大学時代、サークルの先輩(女)の部屋で

飲んでた時の話だ。

メンバーは女が3人と、

俺含めて男が2人だった。

部屋の主の美人な先輩、

おとなしい系の女、巨乳の後輩、

俺の結構仲のいい友達、それに俺。

みんな相当飲んでて、

寒い季節だったから全員コタツに入って結構密着してた。

で、俺の隣にいたのが巨乳の後輩、夏美。

こいつが小柄な割に尻とか

結構いやらしい感じに肉がついてて、

色白でなかなか可愛いんだ。

胸はEカップとか言ってたかな。


みんなでビデオ見たりしながら普通に喋って飲んでたけど、

たまに…
【SM・調教】子供の『ポコチン遊び』、大人の『ポコチン拷問』
2017/01/17 18:00
2017/01/17 18:00
36歳のサラリーマンです。私は小学6年生まで公営住宅で育ちました。お隣には2歳年上の陽子ちゃんという女の子が住んでいて、小さい頃は一緒にお風呂に入っていました。陽子ちゃんが小学4年生になった頃、お風呂で・・・。 「トモ君にはポコチンがあって、私にはないんだよね。不思議だよね」 そう言いながら私の陰茎を弄っていました。その時は、何だか気持ちいいなくらいにしか思いませんでした。それからしばらくして、陽子ちゃんとはお風呂に入らなくなりましたが、小学6年になって性教育を受けた陽子ちゃんに、「トモ君、ポコチン見せてよ」と言われました。陽子ちゃんの部屋でパンツを脱いで陰茎を弄られて…
【Hな体験】子供を寝かしつけたシングルマザーをバックで征服
2017/04/22 22:00
2017/04/22 22:00
5ヶ月くらい前の話。友達のシンママの家に遊びに行った。電車で2時間はかかる所なので会うのはかなり久しぶりだった。俺はこの旅の目的として、彼女(Uちゃん)とエッチ出来たらなとか考えてた。 もちろん一人の友人として久々に会いたかったが、実は彼女には1年半前にフェラして抜いてもらったこともあり、彼女自身もちょっとエッチな娘であることは知っていた。旦那もいないから、そういう部分もある程度求める可能性はあるなと思ったのと、あとは俺自身しばらくしてなかった事もあり、かなり溜まっていたからっていうのもあり、かなり期待していた。 彼女(+子供)とは夕方3時頃に家からは少し離れたコンビニ…
アナルでイケるドMな五十路のポチャり豊満熟女とSMプレイ!
2017/03/23 22:02
2017/03/23 22:02
部屋に入るなり、

すぐキスを求めて来るが、

俺はシャツだけ脱ぎ、

腋の下を舐めさせる。

『イイ匂い』

とか言いながら両脇とも舐め続け、

時には腋毛を咥えて引っ張ったりする

その間に俺はファスナーを下ろし

チンポだけ出して、

彼女の口元に持って行き即尺。

シャクらせながらEカップを揉むと、すぐ喘ぎ出す。

チンポと袋の間の匂いのきつい所もペロペロ舐める。

俺は袋まで出して、

玉舐めをさせながらズボンとパンツを脱ぐ。

そして足を上げると、

何も言わなくてもケツの穴を舐め始める。

今朝糞をした後、

軽くしか拭いてないの…
【義家族】彼女とお義兄さん夫婦 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/09/29 05:25
2017/09/29 05:25
2007/10/25 06:21┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者自分自身は近親相姦ではないですが、変わった経験をしたので書きたいと思います。 自分(康司)は24歳、付き合っていた彼女(優)は23歳、1年くらい普通の付き合いをしてい ました。(スレンダーで胸はCカップ、かわいいタイプでおしゃれなコでした) 彼女には結婚している兄がいて、兄夫婦(誠、かよ、共に27歳)が実家に遊びに来ているとい うこともあって、ご両親も含め紹介したいと言われ遊びに行きました。 実家に行くと、優のご両親はじめ、お兄さん夫婦達はすごく優しく出迎えてくれました。 特にお兄さん達は自分に興味津々と言…
【性的虐待体験】田舎の漁師町の思い出【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/01/30 15:19
2017/01/30 15:19
私の育った家庭は、2年か3年に父の仕事が公務員のために日本全国に移動の中で成長しました。小学校の2年生の4月に山間部の町から、海の見える町に引っ越して間もなく母は出産で入院して、病院に行ってもつまらなく友達の居ない私は、漁港の堤防に座って船や漁師さんを見ていました。現在も忘れられない事の始まりてす漁港に小さな船が入って来て、岸壁に着くとおじさんが船から何かを船から出しいたので、初めて見るおじさんの仕事に興味を引かれて近くに行って見てると < おねえちゃん この辺では見ない子供だけど 何処から来た >私は少し戸惑って < お父さんの 仕事で近くに 引越してきました >日…
「もう我慢出来ないぃ」本当はド淫乱だった人妻との不倫体験談
2016/10/08 20:38
2016/10/08 20:38
1歳年下の美樹子は(仮名)、

もともとはパートの部下として採用した女性だった。

第一印象はショートカットでボーイッシュな感じで

笑顔が可愛らしいと思った。

当時29歳で二人の子供がいた。

一生懸命働いてくれるし、残業や休日出勤も

家の都合さえつけば嫌な顔もせずに

喜んで働いてくれるので上司としては

とても扱いやすいパートで、数ヶ月も経てば

多くの仕事を安心して任せられるようになった。 ある日、いつものように休日出勤をお願いすると、

甘えた声で「えーーーっ、またですかぁ。いいですけど、

そのかわりにデートでも連れて行ってくださいねぇ」

と言われた。

禁断の関係
2015/10/01 01:01
2015/10/01 01:01
オナニーは中学の時から経験していましたが。 高校に入ってからその回数は自分でもあきれるくらいに増えてきました。 一日一回はやっているくらいです。 中学の時にはエッチな本を手に取って自分のあそこをこすっていたのですが。 最近では自分が男とやっている時のことを想像しながらやることが多くなりました。 それでも実際に経験するとなれば気後れしてしまいます。 要するに私の気が小さいのだと思います。 だから高校の2年生の3学期までは処女でしたが。 ある時、思いがけなく処女を喪失する日がきました。 相手は小学生の弟です。 弟は小学6年生でもうすぐ中学という年ごろですが。。 まだまだ顔だちは子供そのものです。 …
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・あいつのSOS

・【痴漢】痴漢が触りやすいようにお尻を少し浮かせた

・君の精液の味が知りたくなった…という感じかな?

・奥さんにしてるように激しく…私じゃダメ?

・【人妻体験談】友人の1周忌に未亡人になった友人の奥さんと愛し合い、中出しSEXした

・女が淫乱になる理由について

・義妹の服が軽装で体のラインや胸が丸見え

・パチンコで負けた巨乳ギャルとカーセックス

・某地域掲示板の熟女の作者さんへ

・女性は、僕が触りやすいように着替えてきたのです・・・

・夜に彼女と連絡が取れない時間がある

・【人妻体験談】職場同期入社として知り合った人妻と仲良くなり焼き肉に誘った後、立ちバックで犯し最高の一日を過ごした

・【熟女体験談】学生の頃、下宿先の大家さんと散々やりまくったり、アパートの裏で青姦してみたりとSEXをするの日々でおいしい生活をしていた

・【熟女体験談】帰りにグラマーなパートのおばちゃんと出会い、車の中で正面座位の格好でカーセックス

・・・・妻はヤクザを拒む事は出来ないと悟った

・小学校の挨拶登板に行く途中襲われました

・【乱交】男たちに弄ばれているという恐怖も怒りも忘れて

・【人妻体験談】向かいのベランダで洗濯物を干している奥さんに自慢のチンポを見せたことで約束を取り付け、お股がとろけるまでオマンコして満足させてあげた

・人妻もアレの快感が忘れられないのかな

・【寝取られ】すべては夫の性癖を満たすために・・・。

・みづき 初めてのヌードモデル(露出の体験談)

・【レイプ】救急車のサイレンが鳴るまで私は犯され続けた

・モモとノンタン 再開後 03 前半

・妻の「元カレ」人数知っていますか!?

・義父と嫁のセックス 06

・【熟女体験談】少しぽっちゃりした高齢熟女をナンパしてラブホでSEXをする熟女フェチ

・隣人夫婦とスワッピングしたら大変なことになった2

・隣人夫婦とスワッピングしたせいで大変なことになった1

・乗り合わせたタクシーの女性運転手

・スワッピングで夫婦のマンネリ化の解消を試みました