寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

妻を囲んで

2018/11/09 22:01


かなり無理なローンではあったが新婦と家を構えた俺を、悪友たちがお祝いしてく
れることになり、悪友たちが約束通りビールとスナックを抱えてやってきた。
連中は、持ってきたものを妻に手渡して、ソファに座り込むと健二が俺に聞いてき
た。
「おい、いつのまにこんなかわいい奥さんをめっけたんだい?」と。
「俺のあそこがいいてっさ??」とニタニタして応える、、昔から酒に女に、、一緒に遊び回っていた悪友たちだ、、自然話は下の方へ行く、、

「それが本当なら、あっちのサンボンのモノになってるはずだぜ」とも言う。俺は
笑って、
「それもそうだな」と言った。
 妻はよくわからずに恥ずかしそうに微笑んでいるだけだった。

妻はこれまで2、3回しか俺の友達に会っていなかった。実際、誰も
知らないんじゃないかと思う。最初はちょっと恥ずかしそうな感じに
していたのだった。
だが、酒が進んでくるといつもの明るい妻に戻っていた。妻は自分から
進んでビールを注いでくれたり、チップスを用意したりしくれていた。
そのうち男たちはかなり大騒ぎになり、ビールが急速に消費されていく。妻が短いスカートで跳ねるようにして立ち上がって台所に行く所を、みんなが目で追っていた。

体に密着したタンクトップと短いスカート姿で、体の線がはっきりと見
えてた。タンクトップの方は、胸元が切れ込んでいて豊かな谷間が見え
ていた。スカートの方も彼女のお尻を隠し切れていなかった。彼女は、
注文のビールを抱えてすぐに戻ってきた。
普通よりちょっと体を揺らしながら歩いてきたのに俺は気がついた。妻
もかなりビールを飲んでいたのは確かだった。彼女は男たちに見られて
いるのを知っていながら、見せてあげているのだと思った。
乳首がもうかなり立っていて、タンクトップの薄手の生地を通して見え
ていた。
妻は腰を下ろしてにこやかに話を続けていたが、次第に会話は途切れが
ちになっていった。

沈黙を破ったのは妻だった。

サンボンに質問したのだ。
「サンボンってあなたのあだ名なの?、本名じゃないわよね、、変わっ
てるわね、、」
サンボンはニコニコして、俺たちもクククと笑った。
「何がそんなにおかしいの?」

サンボンは「聞かない方がいいよ、、、」とニタニタ笑いながら言った。彼女は、ちょっとためらいがちに微笑んで俺たち四人を見回していた。
そして、キュートなかわいい声で聞いた。
「どうしてなの?」みんなの笑い声は大きくなった。

妻は、楽しそうな表情から、イライラした表情に変わっていった。
「あなたたち、私を馬鹿にしてるの、、どうして、意味を教えてくれな
いのよ?」
「本当に知りたいのかい?」そう俺が聞いたら、彼女はうなずいた。

「ほんとだね?」念を押すと、妻は大きな声を上げた。
「そうよ、もうからかわないで」俺は健二に答を教えるように身振り
で伝えた。

健二は話を始めた。

「サンボンってのは、サンボン目の足のことさ、、 彼の真ん中の足は、人並みは
ずれてるんだ、、、」
「まあ・・・」妻は顔を赤らめていた。みんなはニコニコして、真っ赤
になった妻を見続けていた。

「風呂にはいる時に、二本の足と、真ん中の足とで、三回!、ボッチャ
ン!、、とお湯の音がするのさ、、
 それで、サンカイボッチャン、、略して、サンボン、、、」

ちょっと間を置いてから、ためらいがちに妻は聞いた。
「それで・・・どのくらいなの?」
「ははっ、、まさか、、今、ここで教えろってのかい?」サンボンが
ニタニタと答えた。

「ええ、聞いているのは、どのくらい長くなるのかってことだけど・・・」
妻はかすれ声だった。
「まあ、25センチくらかな、、」等と、自慢げに言った。
「まさかあ、、からかわないでよ、、、」妻は頭を振りながら笑って
言った。

人の良いサンボンも妻の疑いの言葉にちょっと馬鹿にされたような気持
ちになったようだった。
「じゃあ、みせてやろうか?」
「ええ、証明してみてよ!」驚いたことに、妻はそう言った???
俺が知っている限り、妻は俺以外の男の裸を見たことがない。
俺たち二人とも童貞と処女の間柄だったからだ。

サンボンはむっとして、ズボンを降ろして大きな膨らみを見せた。
酔っぱらっていたので、なんと、さらに続けてブリーフも膝まで降ろし
ていった。
サンボンの大きなぶら下がりは、足の間の陰嚢の下に畳まれたように
なって隠れていた。
柔らかいが、15センチ以上はあったと思う。

妻は、もっとよく見ようと椅子から腰を上げた。彼女がペニスのサイズ
に驚いていたのは確かである。
でも、彼女はその気持ちを表に出さないように努めていた。妻は作り笑
いをしながら言った。
「なんだ、25センチなんて嘘じゃない?」

サンボンは声を大きくして応えた。
「そりゃそうさ、まだ固くなっていないんだから」
「そんな言葉、信じろっていうの?」

サンボンは怒りを交えてこう言った。
「そんなら、こっちに来て2、3回擦ってみろよ。そうすれば、25セン
チにお目にかかれるぜ!」
サンボンはちらっと俺の方を見て、それから、声を落ち着けて言った。
「ああ、ごめんごめん、、いや、、冗談さ、、、、」

「ははっ、、、まあいいさ、、今の長さを聞いていたんじゃなくって、
どれだけ長くなるかを聞いたんだから、それでいいんだよ」そう俺は
言った。

妻は、ちょっと確かめるような表情で俺を見た。
妻はサンボンのペニスがどれだけ大きくなるのか知りたがってる。
だが、それを手で擦ってやる気はない。そう俺は思った。妻は聞いた

「触らずに、固くさせる方法はないのかしら?」

サンボンはちょっと考えてから言った。
「それじゃ、ちょっと脱いで見せてくれたらいいと思うよ。旦那様が気
にしなければ、、の話だけどね」

妻は俺の方を見て、反応をうかがっていた。俺は両手を広げて肩をすぼ
めて見せた。
「まあ、しょうがない」といった動作だ。決断はまかせることにした
のだ。

俺が妻に判断を任せた理由には、俺自身彼女のセクシーな身体を見た
かったというのもあった。
それに、他の男たちが見ても実際、俺は気にしなかった。
彼女がストリップでも見せてくれたらいいなと、俺はひそかに思ってい
た。
だが、流石にそれは無理だろうとも思っていたのだ。

「でも、、、」妻は少し考えていたが、、ふいと立ちあがった、、、
こちらを向いて、にっと笑った、、彼女の生き生き顔は、今や、淫靡な
表情を湛えていた。
ペニスからひとときも目を離さず、体をくねくねさせ始めた。
僕は妻が昔ディスコが好きで、よく踊りに行っていたという話を思い出
していた。
両手をお尻に当てて前かがみになって、大きな乳房を前に押し出したり
する。
かと思えば、まるでセックスしている時の動きのように、恥丘の部分を
前に突き出したりもする。
妻は確かに大きなペニスに影響を与えていた。
もはや、柔らかくはないが、まだ25センチにはなっていなかった。
妻はがっかりした表情になり、、
「やっぱり脱がなきゃあ、だめ、、??」と言い、、こちらを眺めた妻
に、僕はにやっと笑って見せた、、、

妻は、飛び跳ねるようにしてステレオに向かうと、音楽を鳴らした。
彼女は前と同じようにダンスし、さらにいろいろセックスをほのめかす
体の動きを
して見せた。もし、妻が昔、ディスコのお立ち台でこれをやっていたの
だとしたら、、
さぞかしフロアの多くの男の股間を堅くしたことだろう、、、
僕は妻の過去の不安なものを覚え始めた、、、

少し経った後、妻は体の前で腕を交差させ、タンクトップのすそを握った。
交差した腕は、ゆっくりと上がり、胸の前を過ぎ、頭の上に上がった。

薄手の赤いブラジャーが乳房を支えていたが、カバーしている部分はきわ
めて少なかった。
大きな乳房は、ほとんど露出しているも同然だった。
それから両手の親指をショートパンツの腰に引っかけた。そして、体をく
ねらせながら、脱いでしまった。
これでブラとマッチした紐パンティだけの姿になってしまった。
いくらビールで酔っぱらったにしてもあんまりだ、、
妻は、サンボンの寝ていても大きなチンポに、酔っぱらってしまったの
か??

パンティはすでに小さな半透明の布切れのような状態になっていた。
かろうじてきれいに手入れされた恥毛を覆っている。
スパゲッティのような紐で腰に引っかかるようになっていた。

後ろの方の紐は、お尻の割れ目に食い込んで見えなくなっている。お尻
は丸見えだ。

体をかがめて乳房を押し出すような動きをすると、お尻の二つの肉が左
右に分かれて見えた。
紐が中央線となって、はっきりと肛門が見えてしまっていた。

男たちは彼女が服を全部脱いでしまうのを待ち望んでいた。だが、彼女
はまた迷っている。
俺の方を見て、反応をうかがっていた。俺は再びうなずいて見せた。

彼女は、それを見て、俺に投げキッスをした。背中に手を回してブラの
ホックを外そうとする。

その彼女の行動は、もちろん、サンボンのビッグなペニスにもいい影響
を与えた。
妻は頭をもたげ始めたペニスの反応を見て、決意を固めたようだった。
何としても、それを大きくしなければならないと。

妻は俺たちに背中を向け、背に手を伸ばしてブラのホックを外した。
ブラのカップを乳房に当てたまま両手で押さえていた。
ブラの紐がスルリと肩から滑り落ちた。彼女はゆっくりと腰を振りなが
ら俺たちの方に向き直った。

顔の赤味は消え、代わりに淫乱な表情が浮かんでいた。カップを当てた
まま、大きな乳房を両手で持ち上げ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
ジムで知り合った女性とトレーニングする前にカーセックスする仲になった話
2017/09/12 16:02
2017/09/12 16:02
俺はスポーツジムに通い始め6年になります。

去年の9月にジムで、

ナイスボディーでレオタードを着た

可愛い30過ぎくらいの女性に声をかけられたのです。

「◯◯さんですよね、同じ町内の◯◯聡美です」

「運動不足と体脂肪減らそうと思い、今月から入会したの」

「知らない人ばかりで不安でしたが、よかった~~」

俺はまったく知りませんでした。

可愛くてナイスボディな人と話できるだけで

ジムも楽しくなる程度と思ってました。

週に2回ほどジムで会ったり、

プールでも会ったりして、

楽しい会話で日々が過ぎた時、

偶然に帰りの駐車場で会い、話し込んでると、

虫も多く、俺は自分の車…
海外日本人学校の女校長とワンナイトラブ
2016/04/16 12:06
2016/04/16 12:06
社の支援の一環で、毎年東南アジアの学校に家電を送ったり取り付けたりしていた。

去年、エアコンを取り付けに行ったタイに、ある日本人が建てた学校へ。

市街地から一時間、道が悪い山間部を行きたどり着いたら、そこに日本人の女性が居ました。

憲子さんという35歳の女性で、校長らしく一人で教育もしている。

生徒は身寄りがない子で、みんな学校の隣にある建物に住んでいる。

新しく寄付で建てられた校舎と宿舎にエアコンを取り付けに行った。

三人で行き、翌日もエアコンを取り付けて生徒は歓喜していました。

涼しい風がようやく蒸し暑い部屋を冷やした。

しかし、憲子さんが住んでいる建物にはエアコン…
偶然知り合った彼女はかなりマニアックだった
2016/05/10 12:00
2016/05/10 12:00
自分(29才既婚)の体験談ですが…
駅前のコンビニでひょんな事から若い彼女と知り合いました。
名前はあんな。後日会ってホテルへ行ったのですが、挿入はNGと言うことで舌を絡めて30分ほどディープキス。
ちなみにキスとテコキはOKで、こっちから触るのは胸もあそこもNG。フェラもNG。
いっしょに風呂もNG。服も脱ぎません…。


それでも円光などではないし、年頃なので仕方がないかなあと思いました。

ちなみに乙葉似?の可愛い子です。

経験人数は自称2人と。

「一人でやっているところを見せて」と甘い声で言われたので

ネタがないと立たないと言って何とか胸を触らせても…
【人妻体験談】夫が私の兄嫁と浮気してました
2017/04/01 22:02
2017/04/01 22:02
私35歳、夫42歳、子供1人(娘小2)がいます。 兄は38歳で、兄嫁は36歳で、子供1人(息子小3)。 それぞれ幸せな家庭でしたが、実は・・・。 夫が私の兄嫁と浮気してました。 兄夫婦と私の実家に帰った時に、夜みんなでお酒を飲み、お酒に弱いうちの家族(父・母・兄・私)は、みんな寝てしまいました。 私だけ、深夜喉が渇いて目が覚めたのですが、隣に夫の姿がなく1階に下りてゆくとリビングで荒い息遣いと喘ぎ声のようなものが聞こえました。 兄夫婦がエッチしていると思い、ドキドキして寝室に引き返そうかと思いましたけど、喉が渇いてて、台所はリビングの反対側なのでこっそり行けば大丈夫だろうと台所のほうに向かい…
美少女で性格が悪い女ボスとブ男が学校で変態すぎるHな関係に
2015/12/20 20:14
2015/12/20 20:14
高校時代の体験談です

同級生に真希という女がいた。

父親がある大手企業の社長で、
俺の学年の中では女ボス的な存在であった。

学力、運動等何をやらせても学年のトップである。

おまけに容姿も抜群で、モデル並みの美少女な同級生

170cm代の長身に豊満な乳、くびれた腰、
大きく引き締まった尻、きりっとした鋭い目と妖艶な唇。

ただ、人間性に問題があった。

ある日俺が教室に入ろうとすると、教室を出ようとする真希と正面からぶつかった。

「痛いわね。謝りなさいよブ男!」

「すいません・」

ちょうど俺の顔が真希の胸に埋まるようにぶつかり、俺はにやけてしまった。

「あんたわざとぶつ…
【レイプ・痴漢】【痴女】金殺処刑美少女【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/04/19 10:12
2017/04/19 10:12
男 「ぐううううえぇぇぇぇぇ・・・」少女「クスクス・・・まだまだ終わらないよッ♪」ドグオォッ!!男 「ッげぇあぁっ!!も、もう許しでぐださいぃ・・・」ある廃屋。そこに三人の人影がある。一人は男。どこにでもいそうな最近の若者風の男。鼻ピアスをあけ、いかにもチンピラのような雰囲気。そして残りの二人は小学生中学年程の少女。二人共整った顔立ちをしているかわいい女の子だ。一人は「千夏」。清純という言葉が似合いそうな透き通るような白い肌をした少女。ツインテールに引き込まれそうなパッチリした目が純粋さを一層引き立てる。もう一人は「智美」。-----運動好きで健康的な小麦色の肌が色っぽい艶を放っている。ショ…
【近親相姦体験告白】 母が犯されているのに、僕は・・・
2016/05/16 11:52
2016/05/16 11:52
僕は両親が小さい頃に離婚して、母に引き取られてからずっと二人で、母子家庭として暮らしていました。 母はパートをしながら必死に働いて、僕を育ててくれていましたが、今度高校受験を迎える僕を塾に行かせる為に、住み込みで働けて家賃のかからない、現場作業員の寮の寮母として働く事になりました。寮には十人の作業員がすんでいて、母はその作業員達の食事の世話等をしていて、仕事の割には高いお給料を貰えて、母はすごく喜んでいましたが、実はその高いお給料には、別の仕事の報酬が含まれていたのでした・・・。寮で働き始めて一ヶ月程たったある日、僕が塾から帰ってきて玄関に入ると、この寮に住む五十代から三十代の作業員四人が…
【痴漢・レイプ】輪姦された母
2018/06/14 20:29
2018/06/14 20:29
僕は両親が小さい頃に離婚して、母に引き取られてからずっと二人で、母子家庭として暮らしていました。 母はパートをしながら必死に働いて、僕を育ててくれていましたが、 今度高校受験を迎える僕を塾に行かせる為に、住み込みで働けて家賃のかからない、現場作業員の寮の寮母として働く事になりました。 寮には十人の作業員がすんでいて、母はその作業員達の食事の世話等をしていて、 仕事の割には高いお給料を貰えて、母はすごく喜んでいましたが、 実はその高いお給料には、別の仕事の報酬が含まれていたのでした…。 寮で働き始めて一ヶ月程たったある日、僕が塾から帰ってきて玄関に入ると、 この寮に住む五十代から三十代の…
【レイプ・痴漢】転勤先でのこと【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/05/20 16:11
2017/05/20 16:11
私は、主人の転勤で、4年前に関東のある都市に引っ越ししました。  そこでの1年間は私にとっては地獄の1年でした。幸い、1年でまた転勤となり今のところにすんでいます。けど、私のために犠牲になった彼女はどうなっているか、心配です。  私は、転勤で社宅に住んでいましたが、親しい友人もいなく、寂しかった。ある時、スーパーで買い物をしていて、万引きをしました。何故そうしたのか、今でもわかりません。店を出でて、ある男性に呼び止められました。彼は、私が万引きするところを見ていたのです。私は気が動転してしまい、彼の車の中で必死に懇願して、許して貰おうとしました。彼はこの事が知れると私ばかりでなく、主人も困る…
【痴漢・レイプ】片思い(2)
2018/06/05 15:24
2018/06/05 15:24
そして22時。3人は退勤して一緒に店を出て行ってしまった。 俺の勤務は23時まででその後片付けをしてここを出れるのは23時半くらいであろう。 そこからの1時間半がものすごく長く感じた。 心臓が破裂しそうなくらいにバコバコいっている。 そして片付けが終わって23時20分。即店を出た。 あいつらが食べに行くと言っていた店まで車を飛ばした。 そして店に着いて小野田の車を探す。 ・・・ない!  あいつの車がない!・・・ その駐車場は広いのでもう一度車を探すがやはり無い。 (そんな・・・・) 俺は一目散に○○中学へ向かった。 ○○中学に着くと あった!小野田の車だ。しかし中は誰も乗っていない。…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【痴漢】キモいおじさんに痴漢されて駅前の汚いトイレで・・・。

・レギンス

・#彼女をイカせて下さいと他の男に頼む僕

・宴会の後コンパニオンとプライベートでセクロスしたったwww

・他人の家を覗いてよく観察してみると

・ヤケになった被論破童貞、哀れ

・【人妻体験談】パンストから透けて見える母の白い綿パンツにパンストから透けて見える母の白い綿パンツを覚えた息子が生まれて初めての近親相姦SEX

・私の友人とその弟

・風俗嬢リエちゃんからのお願い

・弟とセックス三昧

・女子大生の私が初痴漢体験で体が火照ました

・妻のすべてが嘘だった・・・

・やりての女社長とラブホテルへ

・【不倫】パートのおばさんとの思い出[後編]

・猫は発情しなかったけど

・気晴らしをしに公園で痴女体験

・【不倫】パートのおばさんとの思い出[前編]

・いじめっ子がエスカレートして母を犯したのですが・・・(前編)

・【人妻体験談】大晦日からかけてお正月まで妻を調教レイプしながら年越しSEXをした最高の年明け

・【熟女体験談】二穴SEXの快感に無理やり覚醒させられて廃人のように絶叫しっぱなしで、最高の性体験をした熟女

・小学生で兄に性的ないたずらをされ、中学生で犯されてた

・バレンタインデーに彼氏持ちの女に即マン

・風俗嬢がセフレになった瞬間を話そう

・【レイプ】最後まで俺のレイプ願望を満たしてくれた美脚OL

・先輩と…

・【痴漢】電車が揺れるたびに男性の太ももが恥骨に当たって

・エネマグラ

・彼女がうわきした・・・

・【熟女体験談】スーパー童貞クンがエロい超爆乳白人熟女と初体験SEX

・おっぱぶで本番した