寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【人妻体験談】旦那が大好きな人妻をアナルフィストが出来る牝犬に調教

2018/11/09 12:02


2018/11/09 (Fri) 俺には人妻奴隷がいる

三十路の貧乳熟女で
名前はめいという

160cm45kgのかなりの痩せ型で、
胸も小さいのがちょっと不満だけど、
とにかくなんでも言いなりなので
熟女奴隷を飼い続けている

このめいという愛人奴隷は変わっていて
俺に抱かれながらも
ダンナのことが大好きというところだ

そのくせ俺に呼び出されると、
すぐに抱かれに来る

俺はめいのことを、かなり強烈に調教している。

めいも、ダンナに内緒で自分が塗り替えられていくことに、
強い興奮を覚えるようだ

今日も仕事が早く終わり、
昼過ぎに暇になったので、三十路奴隷のめいを呼び出した。
メールとかは面倒くさいので、直接電話をかけると、
ほとんどワンコールで電話に出た。

「ご主人様、抱いていただけるんですか?」

めいの発情した声がする。電話には、子供のはしゃぐ声も聞こえてくるので、
すでに子供が家にいるのがわかる。

それなのに、ご主人様とか言いながら
電話に出るめいは、本当に良い牝犬だと思う。

「あぁ、すぐ来れるならな。
30分で来なかったら、他呼ぶから」

と、それだけ言って電話を一方的に切った。

そんなことを言いながらも、
めいが来るのはわかっていたので色々と準備を始めた

普通のセックスだけでも別にいいのだが、
人妻を不可逆なほど壊すのが俺の趣味だ。

そしてめいは、20分ほどで到着した

人妻で、子供がすでにいる自宅から駆けつけたのに、
マイクロミニに近いくらいのミニスカートに、ノーブラキャミ姿のめい。
いつものことだが、あきれてしまう。

「あれ?ガキは?」
「え、駅前の託児所に、あずけてきましたぁ……」
息を切らせながら言うめい。

「その格好であずけてきたのかクッソ淫乱だな」
めいは、俺のそんな言葉に体をビクッとさせながらスカートをまくり上げた。

まくり上げた中は、下着も身につけていない秘部が丸出しになる。

めいのアソコは、全くの無毛だ。俺の趣味で、永久脱毛させた。
その時さすがに、「夫にバレちゃいます……それだけは……」
と、涙目で訴えてきためいだったが、

”イヤならもう終わりだ”とだけ言って追い返したら、
1週間ほど経って永久脱毛をしてやって来た。

そんな短期間で完了できるものかと思って驚いたが、
もともと薄いこともあってなんとかなったらしい。

「ダンナにはなんて言うつもり?」
俺が笑いながら聞くと、「脇とかのついでにしたって言います……」と、
理由になってない理由を言って、笑ってしまった。

でも、このパイパン化が牝犬精神に火を付けたようで、
この時のめいの興奮の仕方はハンパなかった。

俺のパール入りチンポにまたがると、狂ったように腰を振りながら、
「ご主人さまぁっ!もっとっ!もっとめいを改造してくださイィッ!!
ご主人様の好きにしてくださイィッ!!いぃい゛い゛い゛ィグゥゥッ!!!」
と、パイパンマンコで潮吹きしながら、ビクンビクンと体を震わせた。

そして、本気汁と潮でグチョグチョになった俺のチンポを口で清めながら、

「もっと牝犬マンコを改造してくれますか?」
と、熱っぽい目で言ってきた。それから、牝犬の肉体的な改造も始まった。

もともと、定番のプレイで精神的な調教をしていたが、
肉体の改造まではしていなかった。

やっぱり、めいが人妻ということもあり、
面倒なのもイヤだし、肉体改造系は他のセフレでやっていた。

めいは、ほとんどレイプのように俺に犯された日以来、
俺のパールチンポに狂ってしまった。

呼び出せばすぐ来るし、俺との生セックスのために、ピルまで飲み始めた。

俺が冗談で、「ダンナと別れちまえよ。そうしたら、家で飼ってやるよ」

と言ったら、
「ダ、ダメです……夫とは、別れられません……でも、飼って欲しいです……
ご主人様に、毎日可愛がったもらいたいですぅ……」と、泣きながら言った。

この時、俺の中でめいがセフレの中で一番のお気に入りになった。
ダンナのことを大好きなのに、俺のパールチンポに夢中の若妻(子持ち)
レア中のレアキャラだと思った。

なので、必然的にダンナを絡めたプレイが多くなった。
定番だが、入れながら電話をさせるのは大好物だ。

俺の趣味でスクール水着を着ためいが、
秘部に開いた穴からチンポを突っ込まれて、とろけた顔をしながら電話をする。

「あ、あなた、ごめんなさい、お仕事中に……」
ダンナと電話が繋がった途端、アソコがキュゥッと締まってくる。

「うん……何時くらいかなぁって思って……あ、ぅ、うん……へへありがとう」
俺のチンポを、生で奥までくわえ込みながら、ダンナと会話をするめい。

さっきから、奥の子宮口に当たったチンポが、痛いくらい締め付けられている。
「そう、だね……うん……あ、ミートローフ、に、ん、するつもり……です……ぅ」

声を必死で抑えながら、会話を続けるめい。
俺は、面白くなって腰をガンと突き上げてみた。

「ひぃんっ!あ、うぅん……つ、つまずいて……へへ、ドジだね」
思わず声が漏れたのを、必死でごまかすめい。

俺は、本当に愉快な気持ちになる。
ダンナは、この牝犬のために、電話の向こうで頑張って働いている。
それを、こんな風にオモチャにするのは、最高の気分だ。

「うん……私も……愛してる……」
そんな会話をするめいに、俺は少し嫉妬したのかも知れない。
下から普通のペースで、突き上げピストンを始めた。

「ぅぅ……掃除、してるぅ……よwう、うん……あ、ぅ、うん……早く、あ、会いたいぃ……ンッ」
声が微妙に漏れ始める。これで気がつかないダンナも、クソボケだなと思いながら、
まぁ普通は想像すらしないよなと、一人ニヤついた。

そして、なんとか電話を終えためいは、終わるとすぐに俺に抱きついてキスをしてきた。
「ご主人様ッ!突いて下さいっ!もっとイカせてくださイィッ!」
と、とろけた顔で叫ぶ。

「なに?ダンナと電話中にイッたのかよ」
「は、はひぃっ!イキましたっ!マーくんと電話しながらぁっ、
ご主人様のイボチンでイキましたぁっ!!イィくぅっ!!」

めいは絶叫しながら、またすぐにイッた。

「イキすぎ旦那のチンポじゃダメなのかよ」
「だ、だってぇ、パール入ってないからぁ……太さも足りないからぁ……
ご主人様のチンポじゃないと、イケなくなっちゃいましたぁ!」

酷い事を言いながら、また腰を振り始めためい。

「ヒデぇなそろそろイクぞ。どこに欲しい?」
「中にくださイィッ!牝犬の発情マンコに、たっぷり注いでくださイィッ!!」
「ほらイクっ」
「ンあぁっ!!ご主人さまぁっ!熱いの出てますぅっ!ありがとうございますぅっ!」

中出しされて、全身で喜びをあらわすめいを見て、本当に牝犬だなと笑えてきた。

こうやって中出しをした日は、必ずタンポンでフタをさせてそのまま家に帰らせる。

他人の精液を体内に満たしたまま、旦那や子供に接するめい。
それを想像すると、支配欲が満たされる。

そして、そんな風にした夜は、結構遅い時間にめいからメールが届く。
めいは、旦那や子供を裏切った状態で家にいるだけで、
数回はイッてしまうそうだ。

食卓で家族水入らずで楽しく食事をしながら、
密かにイクめい。ガキと一緒に風呂に入りながら、
シャンプーしている隙に思いきりオナってイクめい。

まさかガキも、自分の母親がクッソ淫乱で、シャンプーしている後ろで
オナってるとは夢にも思ってないだろうなと思うと、笑えてくる。

そして家族が寝静まった後、タンポンを引き抜き、
ドロッと流れ出てきた精子を口に含むと、
狂ったようにディルドでオナるそうだ。

そして、ディルドでイキまくった後、俺にメールで、
”ご主人様の中出し精子、飲ませていただいて良いですか?”
と、メールしてくる。

俺は、精液を口に含んだまま寝室に戻り、
寝てる旦那のチンポをしゃぶれと命令する。

そして、旦那が目を覚まして、チンポを突っ込んできたら飲み込んで良いと指示した。

そして、すぐにディープキスをしろとも命令した。

めいは、この命令を読んだ瞬間に、まず1回イクそうだ。
そして、指示どおりにするらしい。

旦那も、少しとは言え俺の精液を飲まされて、可哀想だと思う。

永久脱毛前は、こんなプレイをよくしていた。

そして最近は、不可逆的なプレイにハマっている。

今日も電話で呼び出して、すぐにやって来ためい。

そのまま一緒に出かける。俺の買い物に付き合わせて、
スマホのアクセサリーや、時計を買ってもらう。

全て旦那のクレジットカードでの決済だが、
高給取りで、めいに家計を全て任せている旦那は、気がつきもしないそうだ。

そして、俺のズボンを買いに伊勢丹に向かう。

「ご、ご主人さまぁ……もう、ムリですゥ……抜いて下さいぃ……」
めいは、苦しげな顔で訴えてくる。

しかし、本当に笑える。この牝犬の旦那は、必死で頑張って働いているはずだ。
外資系の会社は、超実力主義で、ひとときも気が休まらないと聞く。

そんな戦場みたいなところで頑張ってるのに、
嫁が他の男にいいようにオモチャにされ、貢がされている現実。

目の前でこの現実を見せて、笑ってやりたい。

もう少しこの牝犬を壊して、ある程度金を引っ張った後で、
実際にそうするつもりだ。

驚く顔を見ながら、俺は気持ち良く高笑いすると思う。
でも、めいはその状況で、多分イク。

苦しげに限界を訴えるめいに、

「何が限界だよ。限界って口に出した瞬間、限界は来るんだ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
出会い系で会ったエロい女をハメたった
2018/06/21 10:10
2018/06/21 10:10
毎日仕事が終わって、ただ家に帰るだけの毎日

なんの期待もなく僕は登録してるセフレ掲示板サイトを見る。すでにポイントがなくなっていて、メールを送る事ができないから、また新しいサイトに登録しては無料ポイントでメールを送るけど、サクラとかばっかりでまともな出会いもない・・と思ってた。


僕はある日、たまたま見つけたセフレ掲示板サイトで、いつものように無料ポイントがどれだけついてくるのか探している時に某サイトを見つけた。

登録すると、掲示板式のサイトで、リアルタイムで書き込んでいる女性達がいっぱいならんでていつもとは違う感じに、サクラからメールが来るとわかってても少し期待をしてメールを送ってる自…
不倫カップルが裸の付き合いをしてそこから思いがけずして始まった夫婦交換記
2015/12/01 05:28
2015/12/01 05:28

不倫カップルが裸の付き合いをしてそこから思いがけずして始まった夫婦交換記【イメージ画像1】


婚5年目の頃に、この人こそが本当の運命の女性じゃないか?と思ってしまう程の出会いがありました。
彼女、仁美(仮名)は、顔もスタイルもエロさも含めた性格までもが、俺の理想の女性です。
なので、妻とはしない&できないようなエ…
私の部下で、私の奴隷のF子
2017/01/21 21:19
2017/01/21 21:19
私の友達の奥さんで、私の部下でもあったF子。 年は26歳で結婚3年目だ。 ある日、業務終了後「ちょっと相談があるんですけど」と言うことになり、晩御飯を一緒に食べた。 「最近、旦那がおかしいんです。女ができたみたいなんです」という相談であった。 私もその件は彼から聞いてはいた。 「そんなことはないんじゃないの?今、彼の部署は忙しくて帰りが遅いからじゃないの?」とか曖昧に答えていたが、酒が入るとちょっとF子は乱れてきて、しくしくし泣き始めた。 私はちょっと困って「それじゃ、君のマンションで話を聞こうか」ということになり、マンションに行ったのだ。 応接に通されたが、相変わらずシクシク泣…
一日で3組のカップルとスワッピングしたったwww
2018/01/05 16:02
2018/01/05 16:02
上野にあるカップル喫茶キャッツ○○。

30になる妻と42の夫である夫婦です。

過去に何度かカップル喫茶やホテルなどでの3pやSWは経験しています。

しかし日に3組のカップルと交わるのは初めてでした。

小さな個室を出てプレイルームへ。

中心で二組のカップルが69の格好で互いを責め合っています。

女性の歓喜に咽ぶ声が漏れ、それを目にしたとたん下半身が疼いてくる。

咥えこんでる女性が時折勃起したチンポから漏らすあえぎ声は淫らそのもの。

妻がまとってるバスタオルの下は全裸。

バスタオルを取りプレイ中のカップルに見せるように

頭を手で押さえフェラへ導く私。

プレイ中の男性陣が時…
風俗嬢と再婚した障がい者の父親・・・
2018/07/07 20:02
2018/07/07 20:02
38歳の独身サラリーマンで

ムラムラチンコマンになると

風俗(ヘルス)にいく

そんなおり、足が不自由な

障がい者の還暦の親父が、介護師と再婚すると報告してきた。

しかも20代の女らしい、よくやるよ。

親父とは、母との離婚を期に疎遠になっていたが、

母が他界したのを期に一定の距離感をおいている。

しかし、その時が来た。

後妻から連絡が来た。

親父がついにほぼ寝たきり状態になり、

俺に会いたがってるということだった。

GWを利用して帰郷した。ってか、実家は隣の市なのだが。

ガラガラガラと玄関を開き、勝手知ったる実家だ。

久々に
2015/12/23 20:05
2015/12/23 20:05
外で作業していると、一台の黒い車が止まった。車から降りて来たのは、地主のオバサン。オバサンは参議院選が近いせいか、応援する政党候補者のチラシを配っていた。オバサンは、チラシを渡しつつ、未亡人で欲求不満なのか、モノ欲しそうに俺にカラダを擦り寄せてきた。あまりに積極的なオバサンに面食らったが、車を脇に止めさせ、木の陰でオバサンと69したあと、バックから思いっきりついてやった。オバサンは、昼間の野外にも人目をはばからずに大声あげて悦んでた。俺も、熟女との青姦でいつも以上に興奮しつつ頑張っちゃった。
★終わってもしばらくは抜かないで欲しい
2015/10/15 21:49
2015/10/15 21:49
 日曜日の午後、わたしは主人に「友達と渋谷でお茶と買い物して来るね」と告げて出かけて来ました。その友達が男性である事と、お茶と買い物の間に行く所がある事は省略したけど・・。

 主人は手のかからない人で、この日も「ああ、行っといで」なんて感じで笑顔で送り出してくれました。じゃね、と言って主人の顔を見た時、ちょっぴり胸がドキドキしました。夕べ抱かれたばっかりなのに、今から別の人に抱かれに行くわたしに何の疑いもなく笑顔を見せる主人に、思わず、一回りも年下の男の子に抱かれて来ますって言ってしまいそうで・・。
 主人の事は決して嫌いになった訳でもなく、ちゃんとセックスも定期的にしています。すっかり…
【熟女のH体験】青筋を立てた上司のペニスで膣イキする四十路の私
2017/06/09 12:02
2017/06/09 12:02
私は今年で四十三歳になるのですが、

それまでは、普通の、そして真面目な妻だったと思います。

しかし、職場の直属の課長と不倫関係を持ち、

何回も情事を重ねてしまいました。

自分でもまさか四十路になって、

そろそろ女性も下り坂の年齢なのに・・・

おばさんって呼ばれてもおかしくない年齢になって、

初めて不倫をするなんて思いもしませんでした。

もちろん夫には内緒ですし、

まだバレてもいません。

今日も私は課長さんに、愛され、そして抱かれ、

男の愛を一心に受けながら、

午後四時には何もなかったように帰宅していました。

午後六時頃、夫が帰ってきましたが、

その時、私は夫の顔…
【レイプ体験談】他人の・・・を偶然見た
2016/07/05 19:41
2016/07/05 19:41
まぁ、そんなこんなで二次会は進み、会社の愚痴や悩み等を語り合いながら皆、浴びる程酒を飲み泥酔状態。 で、みんな就寝。 …そこまではいつも通りだった。 (寝てた位置は俺は自分のベッドで寝てて皆は床で雑魚寝って感じ)夜中、物音と話し声らしき物がして「…?」と薄目開けてみた。 そしたら俺のベッドのすぐ横(下?)でKがAに後ろから抱きしめられる感じで胸を揉まれ、首を舐められいて、Bが前からKにキスをして体育座り状態のKの太股を撫でていた。 Bが口を離すと「やっ‥!離して…!!」とKが小さく叫び、Aが手でKの口を押さえた。 するとBが「今叫んでも、起きるのはT(俺)位だよ?助けてくれると思う?‥そ…
2人だけじゃ心配だからと友人を連れてきた彼女、でも2人ともやれた
2016/06/12 06:00
2016/06/12 06:00
高校時代に某掲示板で仲良くなった子がいた。仮名みぃとする。
みぃは岡山住みで俺は神奈川住み。メールもするようになって仲良くなるうちに彼女はプチメンヘラであった。少なからずみぃに好意があったのでメールで支えたりしていくうちに,メールで猥談(画像とかは無)などもするようになった。


大学に進学しみぃは東京の大学に進学した。当然の流れで落ち着いたら会いたいねという話になったが,お互い予定があわずみぃが帰省するギリギリの12月末に会うことになった。
2人で会う気でいたが,恐いらしく2対に2で会いたいといったのでそうすることになった。
俺は高校からの大学の友人(仮名:…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【寝取られ】寝取られ願望と男根への憧れが同時に叶った[後編]

・週末にクッソエロい体験したから話す

・おまけ

・人妻の不倫は飲みに誘われる事から始まる

・主人の上司との出来事・・・

・知らない世界を覗いてしまいましたOLです

・【人妻体験談】デリヘル店長の親友から虐めて良い人妻新人を紹介され、いじめまくって中出しSEX

・【熟女体験談】出会い系サイトに挑戦し、ダンデイなおじさんにホテルで襲われ中出しSEX

・【寝取られ】寝取られ願望と男根への憧れが同時に叶った[前編]

・無毛割れ目の夏

・ストライクゾーンが広い私のエロ観念

・【レイプ】車に拉致ったJKを犯しまくり

・【熟女体験談】出会い系サイトでメル友になった人妻の巨乳を揉みながら口の中に思いっきり射精した

・弟が姉の私を見ながらチ●ポ出して触ってる・・・・・・・・・・・・

・飲み会のあと、欲情した年上のパート女子とハメまくりました

・妻は清楚な淑女でしたが処女でなかったといううことは・・・

・ギャルとヤるのは意外と盛り上がるんだぜ

・母はエッチなのか?熟睡しながら・・・

・当時のいいオカズ

・【不倫】妊娠中の友達の旦那と2人きりの事務所で生セックス

・FXで嵌められた慶応卒の女先輩

・【熟女体験談】離婚したバツ一パートおばさんにアダルトビデオを見せられ、筆下ろしをしてもらった

・FXで失敗したエリート女の屈辱

・【人妻体験談】夫婦ゲンカをして飛び出してきた同じマンションに住む奥さんとハメまくってヤリまくり、この不倫を止められそうにない

・【レイプ】荒れた中学で起きた性的いじめの実態

・可憐の女店主が全裸で土下座した

・ウブな人妻は旦那しか知らない豊満な女体

・俺は聖人君子じゃないからなあ・・・

・【胸糞】母が不倫相手の子供を死産して病院に遺体を置いたまま逃げ

・45才の人妻のとても心に残る私の秘密の旅行でした