寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

友人の母親を陵辱 続編

2018/11/08 13:41


前編は以下のとおり良くぞあの瞬間射精せず、また女に飛び掛ることもなく、耐えに耐えて「おっぱいみせろ」っていえた厨房の自分が、なんだか誇らしい。「みせてよ、おばさんのおっぱい」 そういったら、硬直してたヒロキの母親がぺたんと座り込んじゃって、子供みたいに両手を目に当てて、泣きじゃくり始めた。「どうして?どこまでやれば、気が済むの・・・・・・?わたし、わたし、あなたの言うとおりにしたじゃない。見せてあげたでしょ・・・・・・ひどい」「おばさん、勘違いしちゃだめだよ。だっておばさん、ぼくのマスターベーション、手伝ってくれるんだろ?ぼくが射精できるように、エッチな格好、してくれるんだろ?でもぼく、まだ射精してないんだよ?それに、悪いけどおばさんのパンティじゃぁ僕、ちっとも興奮しないな。これじゃあとてもじゃないけど、射精できないよ」もちろん、うそだ。すでにちょっぴり漏れちゃってるし、それでもギンギンにおっ勃っててズボンを突き破りそうになってるし。 「だからほら、おっぱいみせてよ。もっと僕を、興奮させてよ」あのヒロキの母親を、ねちねちといじめていることに、言いようのない快感があった。なにしろ2週間以上も引きこもり状態だったから、普段にはない根暗パワーが鬱積してたんだろうな。でもよ、考えたらお前らもゾクゾクしねぇか?今こうやって、自分の母親がストリップを強要されてることをヒロキが知ったら、どんなにショックをうけるか、どんなに苦しむかってね。ヒロキの母親はあきらめたように、こっちに体を向けた。目は真っ赤に腫れ上がり、頬に流れた涙で薄化粧も剥げ落ちていた。髪の毛は乱れ、凄惨な色気があった。餓鬼ながらにぞくりとしたもんだ。そして、上からボタンを一つ一つ、震える手ではずしていった。 白いのど元から徐々に鎖骨のくぼみが露わになり、美しい胸が俺の目の前に現れ始めた。ヒロキの母親の胸は、大きかったよ。わなわなと震える手で、自らブラウスを広げて俺に胸を見せてくれてるんだ。パンティとおそろいの、ベージュのブラで包まれた豊満な胸を、ね。俺もう、興奮のあまり発狂しそうだった。鼻血出るどころか、脳みそが爆発しちまいそうな勢いだった。 すげえよ、ブラで寄せられてるんだろうけど、しっかり白い谷間もできてて。ヒロキの母親、目をぎゅっとつむって、はき捨てるように「さ、見なさいよ・・・・・・ほら」 といいやがった。「ちがうでしょ、おばさん」 ヒロキの母親は目をチラッと開けると、悔しげに言い直した。「私の胸を、見てください・・・・・・これで興奮して、ください。・・・・・・お願い」 「そうじゃないでしょ、おばさん」 俺は興奮で声が震えるのをおさえながら、なんとか抑揚を保ちつつ、いった。「僕が見たいのは、おっぱいなんだよ。ブラなんかじゃない。さ、はやくブラをとって」ヒロキの母親、哀願するような目で俺を見やがった。そして、かすかに首を横に振る。もちろん俺は容赦するつもりはなかった。そりゃそうだろ? 俺が立ち上がると、ヒロキの母親はびくっとして、本能的な動きで胸をかばうように腕を縮めた。おれが一歩一歩、ゆっくり近づくと、観念して「わかったわ、脱ぐから、脱ぐから、こっちこないで。ね、いま脱ぐから、だから、あっちむいてて。ね?」 という。だが俺がじっとにらんでいると、「わかったわよ・・・・・・」 そういって後ろに手を回し、フォックをはずしてブラを上に押し上げた。ブラウスを脱ごうとしなかったのは、多分すぐ服を着られるように、ってことだったんだろうな。そんなことは、当時の俺にはどうでもよかった。ただ、両手に余る豊乳が、ぷるんと震えて現れたことのほうに目を奪われていた。果実のように丸い乳房はまぶしいほど白く、こげ茶色の小さめの乳輪がなんとも卑猥だった。アーモンドのように長めの乳首が、ちょんと立っている。本能的に手で胸を覆ったが、俺が「おい!」というと、痙攣したように震わせながら腕をおろした。その振動が胸に伝わって、柔らかい乳房が波打って、いっそう淫らだった。それにしても当時の俺は、つらかったね。切なかったね。なにしろおばさんとはいえ早々お目にかかれないような美人のパンティを見、お尻を見、ブラを見て、そして胸。童貞君には刺激が強すぎたよ。それでも女に飛び掛りたい衝動を抑え、もう亀頭の付け根あたりまで出掛かっている精液を必死にこらえてるんだ。もう俺、たまらず左手で部屋着のズボンとパンツ、一気におろした。パンパンに腫れてて、もう痛くて痛くてたまんなかった。先走り液で濡れた俺のチンポが、ヘソにつかんばかりに天に向かって怒張してた。「ひいっ」 と引きつったような悲鳴を上げて、ヒロキの母親は両手で顔を覆ってしゃがみこんだ。ショックだっただろうなぁ。なんせ、息子の同級生の雄々しい性器をなまで見ちまったんだから。へへ、あんたの息子も、もう立派なモノをもってるんだよ。こんな風にね。もう俺、限界だった。この、硬くて、熱くて、パンパンに腫れあがって、ビクンビクン脈打っているモノを、押し付けたかった。あの白い、やわらかそうな女の肉体に、押し付けて、こすり付けたかった。俺がはあはあいいながら近づくと、ヒロキの母親は電流に打たれたようにびくんと痙攣し、「こないで・・・・・・こないで・・・・・・」 と首をいやいやさせながら後ずさった。腰が抜けたのか、しりもちついたようにして後ずさる。そのたびにスカートはまくれて白いむっちりした太ももがむき出しになり、ベージュ色のデルタがいやらしく俺を挑発する。おっぱいはふるふると波打ってゆれ、もはやヒロキの母親は逃れることに精一杯でおっぱいを隠そうともしない。 哀願するような目から、ぽろぽろ涙がこぼれる。 乱れた髪の毛が数条、涙に濡れたほほに張り付いていた。・・・・・・どうだおまえら、紺野美沙子のそんな姿、想像できるか? ドーテーでこんなセンセーショナルな姿にありついた俺は、正直しばらく、ノーマルなセックスでは満足できなかったことを告白しておくよ。さすがにヒロキの母親、とでもいうか、気の強さというか、いざというときの凶暴さはよく似通っていた。 後ずさりながらも、手に触れたもの、?スリッパだとかコップだとかを、投げつけてきやがる。だが震える手でなげるもんだから、まともに飛んできやしない。「いやぁ・・・・・・こないでぇ・・・・・・」 泣きながら、後ずさる。不思議なもんだな。まあ、何らかの形で俺の性欲を満たさなきゃいけないと覚悟定めていたんだろうが、やっぱりいざとなると、こうして怒張した男性器を目の当たりにすると、そんな覚悟なんて、微塵に砕かれるんだろうな。俺は女を追い詰める喜びと、ヒロキに対する復讐心を満たしつつあることでの喜びで、全身打ち震えていた。 へへへ、ヒロキよお、おめえの母ちゃん、俺の前でおっきいおっぱいブルンブルン震わせながら泣いてるぜ・・・・・・おめえの吸ってたおっぱいをよお。へへへ、 パンティも丸見えだ・・・・・・。俺の精液のにおいに混じって、つんと鼻につく匂いが、部屋に充満していた。当時はなんだかわかんないが、異様に興奮した。今ならわかる。成熟した女のにおいだ。あの、ベージュ色のデルタの奥から湧き上がる、女の性臭だ。後ずさってたヒロキの母親の手が、部屋の壁に触れた。行き詰まりにはっと後ろを見たその隙に、俺はヒロキの母親にむしゃぶりついた。左腕で抱きすくめると、崩れるようにのしかかり、顔を豊かな胸にうずめた。「いやあぁ!」 とヒロキの母親は叫ぶが、もうとまらない。「へへへ、おっぱいだ、おっぱいだ」 と、俺は顔をこすり付けるようにして、白い、弾力に富んだやわらかい、すべすべした、同級生の母親の乳房の感触を楽しんだ。ヒロキの母親は「やめなさい!やめて、やめて!」 俺の髪をつかんでひっぱりやがった。だがもうどうにもとまらない俺は、左手であふれんばかりの乳房を揉み揉みし、指先で乳首をつまみ、もう片方の乳首をちゅうちゅうちゅうちゅう、音を立てて吸った。幾多の経験を経たいまであればこそ、乳首を舌で転がしたりなめあげたり甘く咬んだりと緩急をつけて攻めることもできるが、なにせ初めてのおっぱいだぜ?もう、無我夢中で、ちゅうちゅうじゅるじゅる、赤ん坊のように吸いに吸ったよ。それに、おっぱいを揉み揉みする左手の、気持ちよかったこと! ヒロキの母親、自分の敏感なこげ茶色の部分を吸われて指でこりこりつままれて、「はぐっ」 なんて、全身痙攣させてやんの。俺の髪から手も離れ、ちらっと見上げると、両手で顔を覆って、狂ったように首をブルンブルンふってるの。「やだ、やだ、やだぁ!」 っていいながら。俺、征服感で笑いが込みあがってきて、とまらなかった。ははは、へへへ、笑いながらちゅうちゅう、こりこり。ヒロキの奴、まさかいま自分の母ちゃんが、押し倒されておっぱい揉み揉みされて、ちゅうちゅう吸われて「いやあぁ!」と叫んでるなんて、思いもしなかっただろうな。しかも、「はぐぅ!」なんて、全身痙攣させたんだぜ?しっかしこのときの俺、そうとうアドレナリン分泌してたみたい。結構このとき右腕痛めちゃって、実際後で直るのが長引いたんだ。 相当痛んだはずだったんだが、もう興奮の坩堝で、まったく感じなかったんだ。 あとで医者に「無理な運動でもしたのかい」なんて聞かれたけど、そりゃ確かにレイプは無理な運動だよな。夢にまで見た女のおっぱい、揉み揉みしてちゅうちゅう吸って至福のひとときにいた俺… 「レイプ体験談」カテゴリの最新記事 乳首パンティおばさんおっぱい豊満美人童貞母親挑発太もも


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
SNS内のブログ機能で、6人の人妻とW不倫
2015/09/13 21:13
2015/09/13 21:13

40代の既婚者です。

暇潰しにゲームをしようと思い、4年ほど前にテレビでよくCMをしているSNSを始めました。

当初は単にゲームだけでしたが、ブログのように日記を書く機能もあり、色々な人の書いた日記も見ていました。

中でも、持病があり、過去の出産の事など、どちらかと言うとネガティブに日記を書いていたミワという40歳の既婚女性の日記が気になった。

もう少しポジティブに頑張って…とコメントを入れた事がきっかけで、サイト内のメールを始めるようになりました。

初めは些細な話でしたが、下ネタの話なども徐々に増え、直メのアドレスを交換しました。

ミワの旦那は女性経験がなく、チ…
【人妻体験談】結婚退職した元同僚の子無し人妻に中出ししまくり
2017/07/30 18:02
2017/07/30 18:02
彼女が4年前、結婚退職しました。 その彼女とは、部署は違うけど、同じ会社にいて、年に数回飲みに行くだけの関係でした。 可愛くてスタイルいいので、連れて歩くだけど、僕は満足だった。 久々に4年たった、6月に彼女にメルしてみました。 なぜか、すぐ返事が来て、久々だから会いたいと言ってきたのです。 旦那は日曜日仕事だから、日曜のランチを食べることになり、一緒に食べながら、久しぶりの会話をしてました。 子供は4年経っても出来ないってことです。 途中から旦那の愚痴を聞かされ、今では月に1回??それも数分でエッチは終わり、子供作る作業のみらしい話です。 俺も結婚してるから、そんな話を聞いて誘うこと出来な…
【性的虐待体験】秘密のエッチ本を見つけたら【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/01/29 00:48
2017/01/29 00:48
私の母は教育委員会の仕事、父も学校の先生をしていて肝心の私は放課後いつも一人で留守番していました。幼稚園の時から母が退職私の受験のためにするまで私は一人で夜まで自由でした。初めは児童館とか時間をつぶしていたけど、結局夕方から一人ぼっちになるからだんだんと道を外れるようになりました。ある日、下校途中に声をかけられた人ん家に着いて行き、それ以来通い続けるようになりました。年令は代くらいだと思います。最後まで正確な年令は教えて貰いませんでした。彼の家にはたくさんのマンガがあり、私は暗くなるまでマンガを読みふけり、夜になったら自宅まで送って貰ってました。もちろん両親には内緒です。ある日私は気づきまし…
オフィスで机をならべている人妻と最近、深い関係になりました
2018/03/06 02:57
2018/03/06 02:57
オフィスで机をならべている奈津美と最近、深い関係になりました。 奈津美はいわゆる総合職で、27歳の人妻。 旦那さんは弁護士、子供なしという典型的なDINKSです。 私は34歳。 妻は都市銀行勤務の総合職。 子供なし。 二人は似たような境遇で「夫婦で過ごす時間が少ない」とこぼし合っていました。 ある夜、二人きりで残業をしている時のこと。 奈津美は疲れていたのか机のパソコンの上に頭を乗せ、居眠りをし始めました。 こんなことは時々あることなので、私は気にせず黙々と自分の仕事を片づけていきます。 1時間たっても奈津美は起きません。 疲れてるんだな、と横を見ると、椅子に腰掛けた奈津美のお尻の重量感…
ニューハーフに寝取られ
2015/11/27 00:01
2015/11/27 00:01
私は39歳、妻は37歳で結婚して10年、子供は小3と小1の普通の家庭です。 妻は専業主婦で子育てに専念している普通の女性です。 性生活も地味で、結婚以来 妻から求めることはなく、内容も私の一方的なものでした。 最近は月に一度あるかどうかに減っていますが、特に仲は悪くなく円満な夫婦でした。妻に少し変化を感じたのは子供が小学校に上がってからです。 友達と昼間に出掛けたり、 友達が家に遊びに来る機会が多くなって、着るものとか身だしなみも気を使うようになったと思います。 元々美人系でスタイルの良かった妻です、ヘアスタイルや化粧まで少し変わると、仕事中心で家のことに無頓着だった私でも気付きます。 それで…
【レイプ・痴漢】エロ女神(3)
2016/06/04 08:48
2016/06/04 08:48
俺はイク所より潮を吹く所が見たかったので真希が痙攣している最中も激しく指を動かし続ける。 そして指を折り曲げて掻き出すように動かしていたらピシャピシャッと液体が飛び散り始めた。 掻き出す度に大量の液体が凄い勢いで飛び出してくるのが面白くてずっと繰り返していたら、l 俺もソファも床もビショビショになっていた。 グッタリとして動かない真希とは逆に大興奮の俺たち。 「すげー、潮吹いた!!」 「でも潮って無色無臭じゃねーの?なんか小便の匂いがするなぁ」 口の周りについた液体を舌で舐めると確かに塩っぱい味がした。 「潮吹き失敗?小便を漏らしただけかな?」 「どっちでもいいけど俺のソファがビショビショ…
セックスだけの存在
2018/03/11 00:21
2018/03/11 00:21
2010/02/11 18:56┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者 おれは自分でいうのもなんだが、顔もスタイルもよく仕事もできる。 女にはけっこうもてる。 だが生まれてこのかた29年間まともに女とつきあったことがない。女は俺にとってセックスだけの存在だ。 言い寄ってくる女はほとんどその日のうちにむりやりやって飽きたら捨てた。 だがたいていの女は襲っても嫌がらないのでつまらなくなり、女にまるで縁のないぶさいくな友人(あきら)と行きずりの女をレイプするようになった。 ある週末の夜、あきらと駅前に物色に行った。 電車がついて下りてきたのは数人。 見ていると24,5歳くらいのワンピ…
印象深いレイプ【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/11/18 07:29
2017/11/18 07:29
その女は、白地に花柄の刺繍のついたTシャツにエメラルドグリーンのひらひらしたミニスカート、小さなポシェットを肩からかけ、髪型はいわゆる「聖子ちゃんヘア」と、当時の典型的な若い女性だった。きれいな長い足が印象的で、少し腰をふりながら歩く姿に、私達3人は一目で魅了された。人気のない道を歩いているところを、いつもの手順で拉致し、貯水池の横の空き地に車を止めた。この日は、私が先頭だった。すでに目隠しをされて、体格のいい先輩Bに羽交い絞めにされていた彼女は、>「やめて、放して!」 「なによ! どうするつもり!」 「い、痛い、ねえ!」と叫びながら足をバタつかせていた。おかげで、ミニが捲くりあがり、…
【不倫エッチ体験談】40歳の美魔女な妻が他人の肉棒で悦楽に浸る
2016/09/01 23:00
2016/09/01 23:00
最近まで私達は平凡な夫婦でした。 私は40代、妻は40代前半、かなりの美人でスタイルもよく美魔女とか言われています。 清楚でお堅いと私は思っていますので、他の男性を知らなかったでしょう。 事の起こりは妻が近所のセレクトショップで働き始めたことです。 特に収入が必要だったわけではなく、家にいるより外で働きたいことが理由の趣味的な仕事でした。 元々その店で扱っている小物類が好きな妻は、毎日楽しそうに通っていました。 スタッフは知人である店のオーナーと男女の学生と妻。 オーナーは他にも店をやっていて忙しく、 妻に能力があれば、その店の店長にしようと考えていたようです。 …
事務の女子の深くて緩いアソコに挿入
2015/10/11 20:12
2015/10/11 20:12
650 :えっちな21禁さん:2006/06/17(土) 08:54:30 昨夜、会社の娘とついに一線越えました。  いや~深い。あんなに深いマ○コは初めてです。どうにも届かない。 上で計って15cmな自分、完敗でし。  655 :650:2006/06/18(日) 00:07:48 24時間経過して、頭も冷えてきましたのでレポートします。  22才で事務の娘で164cmで全体的に肉がついて、「胸の無い”かとうれいこ”」 という感じです。 飲み会後誘ったらのりが良かったので、迷わずラブホに入りました。「え~」っと びびっ…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・あいつのSOS

・【痴漢】痴漢が触りやすいようにお尻を少し浮かせた

・君の精液の味が知りたくなった…という感じかな?

・奥さんにしてるように激しく…私じゃダメ?

・女が淫乱になる理由について

・義妹の服が軽装で体のラインや胸が丸見え

・【レイプ】イケメンにナンパされてついてったらキモオヤジ3人が

・パチンコで負けた巨乳ギャルとカーセックス

・某地域掲示板の熟女の作者さんへ

・女性は、僕が触りやすいように着替えてきたのです・・・

・夜に彼女と連絡が取れない時間がある

・【人妻体験談】職場同期入社として知り合った人妻と仲良くなり焼き肉に誘った後、立ちバックで犯し最高の一日を過ごした

・【熟女体験談】帰りにグラマーなパートのおばちゃんと出会い、車の中で正面座位の格好でカーセックス

・【近親相姦】腹違いの妹とは知らずに妊娠させてしまいました

・妻が風俗通いの友人に、もったいないから私がしてあげると言い始めた(オリジナル 転載禁止)

・・・・妻はヤクザを拒む事は出来ないと悟った

・【乱交】男たちに弄ばれているという恐怖も怒りも忘れて

・【人妻体験談】向かいのベランダで洗濯物を干している奥さんに自慢のチンポを見せたことで約束を取り付け、お股がとろけるまでオマンコして満足させてあげた

・派遣社員の人妻のエッチなお悩み

・人妻もアレの快感が忘れられないのかな

・家庭教師のバイトに行ったつもりが、まさかの展開になり、、、。

・みづき 初めてのヌードモデル(露出の体験談)

・【レイプ】救急車のサイレンが鳴るまで私は犯され続けた

・妻の「元カレ」人数知っていますか!?

・【レイプ】リアルレイプは本当に恐かったです

・冬季オリンピック特集

・義父と嫁のセックス 06

・【熟女体験談】少しぽっちゃりした高齢熟女をナンパしてラブホでSEXをする熟女フェチ

・乗り合わせたタクシーの女性運転手

・スワッピングで夫婦のマンネリ化の解消を試みました