寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

20歳の女子大生と12歳の恋人

2018/11/07 14:04


 私は10代の頃は特に男にもセックスにも興味がなかったが、そこそこ美人でFカップ(今はGカップ)の胸のお陰で年上の男性から良くもてたの。
 でもね、家の事情ですべて断ったわ。
 私の隣の家は共働きで帰りが遅かった事から、その家の男の子の優君を預かっていたから。
 優君が赤ちゃんの頃は母が面倒を見ていたが、私が中学に上がると働き出し、その役目が私に回ってきたのだ。
 私も優君が赤ちゃんの頃から面倒を見ていたのでそれほど苦もなく、むしろ、それが当たり前だと思っていたが、中学の頃はともかく、高校に入ると巨乳好きの3年生の先輩から猛アタックがあり、あまりの強引さに一度だけデートする事にしたの。
 ただし、その日はうちと優君の両親はいなかったので、子供の面倒を見ているから夜遅くまでいられない事を条件にしたのに、この先輩は私に酒を飲ませ、眠ったところをラブホテルに拉致られた。
 その後、優君からの電話が入り、眼を覚ますと、時間は21時を回っていたわ。
 先輩はシャワーを浴びてる最中だったので、急いで荷物をまとめてラブホテルを出た。
「お姉ちゃん、何かあったの」
 家に帰ると優君は抱きついてきたの。
「ごめんね、優君」
 一人でいる寂しさよりも、私のことを心配しており、無事であった事に安堵していた。
 私も心配をかけてごめんねと謝り、優君はこのミスをうちの両親に話す事はしなかったわ、本当にいい子。
 私は戒めの為に髪を切ろうとしたが、優君は私の髪は綺麗だからダメと止められ、そこで私は優君にも見られない下の毛をすべて切り捨てパイパンにして、戒めとしたが気持ちよかったのであまり意味がなかった。
 翌日、先輩に会うと謝るどころか、逆ギレされ「恥をかかせやがって」「子供と俺のどっちが大切なんだ」「そんな子供なんか知った事か」と悪態を突くのでビンタを食らわせて「黙れ、小学生以下の租チン」と怒鳴りつけた。
 それ以後、私は怖い女と認識され、もてなくなり、先輩は卒業するまで租チンと虐められたらしい。
 それで高校を卒業後、とある大学に入ったの。
 そこでなぜか、租チン先輩と再会し、また、自分の悪行を完全に忘れ、迫れるが今度は完全に無視したわ。
 ただ、大学では気になる人には出会ったの、それも2人も。
 両方とも大学の先生で格好のいいイケメンとダサいけどナイスガイな大人の男。
 イケメン先生は色々と私に声を掛けてきたが、ただ、女好きなのであまり好きにはなれなかったが気にはなった。
 ナイスガイ先生は30越えても自分の事ができない人なので、私はナイスガイ先生の家にわざわざ出向き、色々世話をしてあげた。
 それに気を良くしたナイスガイ先生は自分を家に留めようとするが、私は時間が来るとすぐに帰ったの。
「美雪、俺に惚れて世話をしているじゃないのか」
「違います。先生がだらしがないから、来ているんです。それに家には子供を預かっているからすぐに帰るんです」
 あまりにも私がきっぱり言うもんだから、先生は頭をかきながら、「そいつはいくつだ」といってきた。
「もうすぐ中学生だから12歳です」
「じゃあ、もう一人でやらせろ。んで、美雪は俺の世話をしろ」
「嫌です。結婚しているわけではありませんから」
「じゃ、卒業したら結婚してやるから、世話しろ」
 ナイスガイ先生はいい年こいた大人が中学生にほっといて自分の世話をしろとは情けないが、さらりと結婚してやると平然とかっこよく言ってきた。
 また、それがさまになるので私はかなりドキドキした。
 それからイケメン先生からも「卒業したら俺と結婚して欲しい」といってきた。
 まあ、こちらは私のそれなりの美貌と自慢の長い黒髪と多分、20歳のGカップなのに処女だと噂のせいだろうと思うが、イケメン先生から告白は心を動かされそうになった。
 まあ、20歳も過ぎたことだし、優君の世話を卒業して彼氏を作るのもいいかなと考えて始めた。
 そして、いつも通りに優君はうちに来た。
 宿題を教えてあげ、ご飯を食べた後で、居間で2人でテレビを見ていたときに、エロいシーンが流れ、いきなり「お姉ちゃんはHしたことある?」って聞いてきたの。
 飲んでたお酒入りのジュースをこぼしちゃったよ思わず。
 20歳で処女だったけど、お姉ちゃんの意地っていうか思わず「あるよ…」って。
 そしたら優君ったら目を輝かせて「ほんとぉー、どんなの?僕にも教えてよ!!」って。
 あまりの喜びぶりにもう後戻りできなかったわ、本当に。
 お酒も回っていたし、色々と恋愛についても考えていた。
 2人の先生や他の男性からも付き合って欲しいといわれていたが、優君も中学生だから恋愛対象にどうかな、あとはお姉ちゃんの意地と、優君の天然な喜び方が可愛くって。
「じゃあしょうがないな~、ズボン脱いでっ」
「あ、う、うん」
 一人前な事を言ってもいざとなると恥ずかしい仕草を見せる優君に何か興奮しちゃって。
 久しぶりに見る優君のおちんちん。
 友達の話やネット画像から考えても結構大きいと思う。
 だらんとしたものを動かして見たらすぐに大きくなって。
 とっても不思議。
 もう一点に集中。
 初めて舐めるおちんちん。
「うっお姉ちゃん何かムズムズするよぉ…」
 優君はすぐにいって私の顔に精液がかかったの。
「今日はここまでね、またのお楽しみね」
 その日はそれで終わったけど、私のおまんこはヌレヌレで一人でしちゃった。
 次の日に優君と2人になりたくて1人で居間で待ってたりして。
 駄目だって分かってたけど。
 優君が学校から帰って、私の家に来る
「お姉ちゃんただいまぁ、今日続きやろうよ!!」
「…まったくしょうがないな~」
 優君は何でそんなに普通に言えるんだろう。
 でもそれがかえって安心したの。
 私の部屋に優君を連れて行き、二人とも服を脱いだ。
 私の全裸を見るとゆうくんのおちんちんはあっというまに起っちゃった。
 優君は私に抱きつくと私も優君を抱き締める。
 身長差は私の頭一つ分程度だから体を少し屈めれば顔が近くなる。
「大好きだよ、お姉ちゃん」
「私も優君を愛してるよ」
 私達はキスをした。
 別に恋人ではなかったが、私も優君もその言葉には嘘がなかったわ。
 幼馴染の特権という奴なのかな。
 唇を重ねるだけのキスを繰り返した後、私は優君の前に跪き、そのおへそまで反り返りそうに元気なおちんちんを握る。
 優君のおちんちんをくわえて、それが昨日の体験からちょっとスムーズに出来ちゃって。
 気持ちよさそうにする優君。
「我慢してるのね!?」
 優君は手を私の首に伸ばし、自慢の黒い髪を撫でてくれたわ。
 そして口に含んで生暖かい感触が…。
 もう、おまんこがジメジメしてくるのが分かる。
「お姉ちゃんもう駄目そうだよ…、どうしたらいい??」
「とりあえず、出していいよ。お姉ちゃん全部飲んであげるから」
 そういうとおちんちんは口の中に精液を流し込んできたの。
 苦いと思ったが優君のものだから平気。
 全部飲んであげて、おちんちんの先に唇をつけて、中に残った精液をすべて吸いだして飲んであげた。
「お姉ちゃん、気持ちよかった」
「そう」
「今度は僕がしてあげる」
 そういうと私をベッドに押し倒し、おっぱいに顔を埋め、乳首を吸い上げ、舌でなめあげる。
 私の体にビクッとした感覚が走り、動けなくなったわ。
 ちょっと意識が飛び、気がつくと今度は股間に顔を埋めて、おまんこの上の包皮を剥き、クリちゃんに吸い付かれたの。
 また、さっきと同じでビクッとした感覚が走り、また意識が飛んじゃった。
 たぶん、逝ったのだろうとおもうの。
 また、1分くらいして意識が戻ると優君は私を優しく抱き締めくれてくれており、私も優君を抱き締めた。
「大丈夫、お姉ちゃん」
「平気よ、気持ちよくて、意識が少し飛んだだけ」
「でも、どうしてこんな事を知っているの」
「友達に聞いたんだよ」
 優君の友達にはすでにセックスを経験していた男の子がおり、今日やり方を聞いたとの事だが、聞いただけで、これだけできるとはこの子は天才なのかな。
「セックスのことは聞いたの」
「知らない。今度、友達からセフレさんを紹介してやるから教えてもいってた」
 そうなの、凄いわね優君の友達。
 そのあとは69でお互いの股間を舐め合い、優君はもう一回出し、私も逝きました。
 一回、休憩を取り、口の中を洗って息を整えて、再び、キスをしたの。
 今度はぎこちないディープキス。
 でも、とても嬉しかったの。
「じゃあ、セックスしようか」
「うん、でどうするの」
「じゃあ、ほら上向いて寝てっ…」
 知らないけど「知ってる」って言った手前、押し通すしかない。
 私は優君を寝かせ、股間を跨ぐ。
「そういえば、お姉ちゃんのあそこ、毛がないね」
「うん、この方が気持ちいいんだ」
「僕も毛があるのはあんまり好きじゃないんだ」
「あそこみたことあるの?」
「うん、友達のおばあちゃんの介護の手伝いしたとき毛が濡れていると拭くのに邪魔だから好きじゃないんだ」
「へえ、そうなんだ」
 何か思いっきり趣旨の違う話をする優君に少しだけ気が紛れ、いきりたったおちんちんを右手に持ってゆっくりとおまんこに入れる。
 徐々に徐々に。
 濡れていたから途中まではすんなり入ったわ。
 でも、全てが入った時体中に電流が走った。
 いうまでなく処女膜がおちんちんで破られたせいです。
 あまりの痛みに体が動かず、痛みで涙がでました。
 優君は私の手を取り、引っ張って自分のほうに倒す。
 私は優君の上に覆いかぶさり、乳房が優君の胸でぐにゃりとつ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【レイプ・痴漢】息子の怖い友達に押えこまれ【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/07/24 20:15
2017/07/24 20:15
■息子の怖い友達に押えこまれ(人妻の告白) 私を見る目が普通ではない事になんとなく気付いていました。ただ、まだ中学三年です。同じ陸上部で息子の友達として訪れるようになったのはここ二ヶ月です。家庭事情で転校して来た辰也君はどこかカゲのある子でした。親は暴力団関係という噂もあります。買い物に行く前に着替えたり化粧している最中に、気配を感じて振り向くと辰也君がいる事が度々です。「辰也君帰ったの?」「帰ったよ、お母さんの事37歳だけど若くて綺麗だと言ってたよ」 複雑な家庭事情でもあり母親の愛情に飢えてる子なのかしら。その日も用事から帰ると来ていました。何か嫌な予感が。トイレから出ると辰也君が立ってい…
【不倫】会ったその日に車内中出しさせてくれた年上好きな若妻
2017/12/26 14:00
2017/12/26 14:00
私は既婚で、今は年下の彼女とW不倫になってます。彼女は25歳で1児の母親です。これまで年下の女性とあまり付き合ったことがなく不安でしたが、彼女は年上の男性にしか興味がなく、私に対してすごく親近感を持ってくれていました。(実際、彼女の旦那は私よりかなり年上です) 出逢いは某サイトでした。実際に逢うようになるとは思っていませんでしたが、気がつくと私は彼女を好きになり、逢いたいと思うようになりました。メールや電話で話すうち、思い立って彼女に会いに行きました。 名前はS子(仮名)とします。隣の県まで車で行きました。2時間下道で・・・。 初めて逢った時、普通に楽しく過ごせました。…
男の右手が、我慢の限界に来たように、私の性器を捕えました。
2017/12/30 18:19
2017/12/30 18:19
こういうサイトに投稿を繰り返し、ただの過ぎた経験の一つとなるように努力しています。 傷口をえぐる事になるかもしれませんが、物語のように投稿する事で、他人の経験のように思えてくるようになればと思います。 もう10年以上前の忌まわしい記憶・・・・・・北関東の小さな都市に住んでいた私は、地元の中学を卒業して地元の進学校に通っていました。 3歳上の姉は近所でも有名な美人で、私も鼻が高い存在だったのですが、そんな姉のおこぼれで、私もけっこう男の子にちやほやされる存在でした。 そんな風でしたので、男の人にナンパを仕掛けられることも多く声を掛けられることになんの警戒心も持っていませんでしした。 その日は…
托卵の娘を育てて・・・
2016/01/14 20:01
2016/01/14 20:01
830: 名無しさん@HOME 2012/05/19(土) 17:07:27.70 0

托卵の娘を育てて内縁の妻にして、昨日出産。
法律的に結婚はできないし、俺の子供ってことにもできないけど
一生懸命育てていくわ。

836: 名無しさん@HOME 2012/05/19(土) 17:39:26.57 0

>>830
それだけだとただのロリ鬼畜親父にしか見えない

831: 名無しさん@HOME 2012/05/19(土) 17:11:50.86 0

ごめん、よくわからない。

血の繋がってない娘を>>830が内縁の妻にして、
その妻が>>8…
旦那がいかに租チンなのか解るのでした・・・
2016/09/17 20:01
2016/09/17 20:01
私は数年前にアジアの某国に駐在として勤務しておりました。
駐在と言えば格好がよいのですが、実態は工場の管理で毎日遅くまで
残業だったり土曜日も仕事でした。
そんな実情であり私の楽しみといえば、工場の女性スタッフを見て
想像を含ませる事でした。
私が勤務していた工場は90%が女性社員でして、下は16歳上は45歳と
なんとも幅広い年齢の方々が勤めておりました。
私は女性に対して少々変わった趣味があるのですが、それは30歳以上であり
背が低く且つ童顔の女性が好きなのです。
30歳以下の女性には全くと言っていいほど欲情する事もなく、あー綺麗だね
っていう感覚のみで、性的対象にまったくなりません…
【熟女体験談】ここ最近人妻熟女がなんだかやたら釣れ出してきた
2016/09/03 00:02
2016/09/03 00:02
2016/09/03 (Sat) 『俺、明日は早朝出勤をして仕事をやっつけないとダメなんだよ。』
『あらっ じゃぁ私もオフィスにお邪魔しちゃおうかしら。 』

最近はそんな会話が日常化しつつあります。

私は会社員です。

ここ一年くらいなぜか理由は分かりませんが
見た目の容姿やスタイルも悪くはない
どちらかというと清楚で上品そうな30代半ば~50代半ばにかけての
人妻熟女がなんだかやたら釣れ出してきていますよね。

しかも全部が全部ではありませんが、ほぼ共通している事は
メールのやりとりも最初の数通だけで
すぐに実際に会い、その日に関係を結ぶ・・・。


リアルでスピーディーな時代という…
【Hな体験】夢に出てきた爆乳同級生とリアルガチの肉弾戦
2018/12/10 22:00
2018/12/10 22:00
大学を卒業して3年目の俺。就職した会社には慣れてきたけれど、自分の能力の限界を感じて、将来への不安や迷いのようなものが出てきていた。会社の同僚から飲みに誘われたりもしたが、俺とは違って野心家で、貪欲にのし上がろうとしている彼らと一緒の時間を過ごすのが辛かった。 体は疲れているのに眠りは浅く、朝起きるまでに何度も目覚めて、目覚ましアラームで起きた時は頭が重かった。 そんなつらい日々が続いていたある日、変な夢を見た。入社早々、会社の研修旅行で行った施設の芝生に集められて、上司から訓示を受けている光景。ふと横に目をやると、高校時代のクラスメートだった『ミドリ』がいる。実際にはミ…
【近親相姦体験告白】姉と僕  ○近親相姦体験告白○
2016/01/04 16:44
2016/01/04 16:44
名前:姉と僕投稿日:03/12/1522:26ID:3VF/7UAZ信じてもらえなくてもどっちでもいいですが僕は姉としてます。 姉と僕はまじでブサイクです。 姉は大学生、僕は高校生で年が二つ違います。 お互いに初めての相手です。 だってお互いブサイク過ぎて彼氏彼女いないから。 お互いにセックスには興味があった、周りの友人が脱処女・童貞をクリアーして行く中お互いに焦りを感じていました。 お互いに認めるブサイク同志での姉弟の協力というか二人でしたオナニーというか…多少スレ違いだが萌える事は無いけど姉としてます。 ホテル代が要らないのだけがメリット170名前:姉と僕投稿日:03…
出会い系で知り合ったイケメンは、おしっこプレイの変態さんだった
2016/01/26 12:19
2016/01/26 12:19
冬になると、小学生の息子と、毎週のようにスキーに行きます。日帰りだとしんどいので、温泉宿に泊まることも多いですが、先日、ちょっといい経験をしました。

土曜日に早朝から滑っていましたが、午後から風も出てきて、吹雪いたような天候になってしまったので、少し早めに切り上げ、15時には宿にチェックインしました。
よく行くその宿は、私と息子と二人で泊まる場合でも、大人料金と子供料金で泊まれるので、ちょくちょく利用している宿でした。息子と二人で泊まる場合、大人料金×2でないと泊まれない宿が多いので、本当にありがたい宿でした。

そこは、けっこう古いホテルですが、最近リニューアルをしたので、外…
待ち伏せされて。
2017/08/17 13:19
2017/08/17 13:19
大嫌いの同僚に犯された私は、失意のうちに翌日退職したんです。彼の元へ行こう と決めたんです。しばらくはプータローもいいか。て感じで、帰宅を急ぎました 。家まで後数の場所で、いきなり黒い物体が出てきたんです。暗がりへ引き込ま れ、それが、私を犯した同僚なのは直ぐ判りました。キスで唇を塞がれ、ミゾオチ にパンチを食らい、失神させられちゃったんです。 意識が戻ったのは、忌まわしい彼のアパートでした。下半身に違和感が、クンニの 真っ最中でした。既に全裸にされてて、薄汚い布団に寝かされていました。 トランクス一丁の彼は、脇から大砲を覗かせ夢中で舐めてます。 彼の顎に思いっきりキックを放ったんですが、軽く…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・完堕ちした美しい人

・【熟女体験談】お惣菜の宅配セールスレディに遠慮なく挿入し中出しを堪能

・あいつのSOS

・【痴漢】痴漢が触りやすいようにお尻を少し浮かせた

・君の精液の味が知りたくなった…という感じかな?

・奥さんにしてるように激しく…私じゃダメ?

・【人妻体験談】友人の1周忌に未亡人になった友人の奥さんと愛し合い、中出しSEXした

・女が淫乱になる理由について

・某地域掲示板の熟女の作者さんへ

・女性は、僕が触りやすいように着替えてきたのです・・・

・男の理性を保つのは難しく崩壊すのは簡単

・夜に彼女と連絡が取れない時間がある

・【人妻体験談】職場同期入社として知り合った人妻と仲良くなり焼き肉に誘った後、立ちバックで犯し最高の一日を過ごした

・【熟女体験談】学生の頃、下宿先の大家さんと散々やりまくったり、アパートの裏で青姦してみたりとSEXをするの日々でおいしい生活をしていた

・【近親相姦】腹違いの妹とは知らずに妊娠させてしまいました

・妻が風俗通いの友人に、もったいないから私がしてあげると言い始めた(オリジナル 転載禁止)

・・・・妻はヤクザを拒む事は出来ないと悟った

・小学校の挨拶登板に行く途中襲われました

・【人妻体験談】向かいのベランダで洗濯物を干している奥さんに自慢のチンポを見せたことで約束を取り付け、お股がとろけるまでオマンコして満足させてあげた

・家庭教師のバイトに行ったつもりが、まさかの展開になり、、、。

・【寝取られ】すべては夫の性癖を満たすために・・・。

・みづき 初めてのヌードモデル(露出の体験談)

・モモとノンタン 再開後 03 前半

・妻の「元カレ」人数知っていますか!?

・【レイプ】リアルレイプは本当に恐かったです

・冬季オリンピック特集

・義父と嫁のセックス 06

・【熟女体験談】少しぽっちゃりした高齢熟女をナンパしてラブホでSEXをする熟女フェチ

・隣人夫婦とスワッピングしたら大変なことになった2

・乗り合わせたタクシーの女性運転手