寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

20歳の女子大生と12歳の恋人

2018/11/07 14:04


 私は10代の頃は特に男にもセックスにも興味がなかったが、そこそこ美人でFカップ(今はGカップ)の胸のお陰で年上の男性から良くもてたの。
 でもね、家の事情ですべて断ったわ。
 私の隣の家は共働きで帰りが遅かった事から、その家の男の子の優君を預かっていたから。
 優君が赤ちゃんの頃は母が面倒を見ていたが、私が中学に上がると働き出し、その役目が私に回ってきたのだ。
 私も優君が赤ちゃんの頃から面倒を見ていたのでそれほど苦もなく、むしろ、それが当たり前だと思っていたが、中学の頃はともかく、高校に入ると巨乳好きの3年生の先輩から猛アタックがあり、あまりの強引さに一度だけデートする事にしたの。
 ただし、その日はうちと優君の両親はいなかったので、子供の面倒を見ているから夜遅くまでいられない事を条件にしたのに、この先輩は私に酒を飲ませ、眠ったところをラブホテルに拉致られた。
 その後、優君からの電話が入り、眼を覚ますと、時間は21時を回っていたわ。
 先輩はシャワーを浴びてる最中だったので、急いで荷物をまとめてラブホテルを出た。
「お姉ちゃん、何かあったの」
 家に帰ると優君は抱きついてきたの。
「ごめんね、優君」
 一人でいる寂しさよりも、私のことを心配しており、無事であった事に安堵していた。
 私も心配をかけてごめんねと謝り、優君はこのミスをうちの両親に話す事はしなかったわ、本当にいい子。
 私は戒めの為に髪を切ろうとしたが、優君は私の髪は綺麗だからダメと止められ、そこで私は優君にも見られない下の毛をすべて切り捨てパイパンにして、戒めとしたが気持ちよかったのであまり意味がなかった。
 翌日、先輩に会うと謝るどころか、逆ギレされ「恥をかかせやがって」「子供と俺のどっちが大切なんだ」「そんな子供なんか知った事か」と悪態を突くのでビンタを食らわせて「黙れ、小学生以下の租チン」と怒鳴りつけた。
 それ以後、私は怖い女と認識され、もてなくなり、先輩は卒業するまで租チンと虐められたらしい。
 それで高校を卒業後、とある大学に入ったの。
 そこでなぜか、租チン先輩と再会し、また、自分の悪行を完全に忘れ、迫れるが今度は完全に無視したわ。
 ただ、大学では気になる人には出会ったの、それも2人も。
 両方とも大学の先生で格好のいいイケメンとダサいけどナイスガイな大人の男。
 イケメン先生は色々と私に声を掛けてきたが、ただ、女好きなのであまり好きにはなれなかったが気にはなった。
 ナイスガイ先生は30越えても自分の事ができない人なので、私はナイスガイ先生の家にわざわざ出向き、色々世話をしてあげた。
 それに気を良くしたナイスガイ先生は自分を家に留めようとするが、私は時間が来るとすぐに帰ったの。
「美雪、俺に惚れて世話をしているじゃないのか」
「違います。先生がだらしがないから、来ているんです。それに家には子供を預かっているからすぐに帰るんです」
 あまりにも私がきっぱり言うもんだから、先生は頭をかきながら、「そいつはいくつだ」といってきた。
「もうすぐ中学生だから12歳です」
「じゃあ、もう一人でやらせろ。んで、美雪は俺の世話をしろ」
「嫌です。結婚しているわけではありませんから」
「じゃ、卒業したら結婚してやるから、世話しろ」
 ナイスガイ先生はいい年こいた大人が中学生にほっといて自分の世話をしろとは情けないが、さらりと結婚してやると平然とかっこよく言ってきた。
 また、それがさまになるので私はかなりドキドキした。
 それからイケメン先生からも「卒業したら俺と結婚して欲しい」といってきた。
 まあ、こちらは私のそれなりの美貌と自慢の長い黒髪と多分、20歳のGカップなのに処女だと噂のせいだろうと思うが、イケメン先生から告白は心を動かされそうになった。
 まあ、20歳も過ぎたことだし、優君の世話を卒業して彼氏を作るのもいいかなと考えて始めた。
 そして、いつも通りに優君はうちに来た。
 宿題を教えてあげ、ご飯を食べた後で、居間で2人でテレビを見ていたときに、エロいシーンが流れ、いきなり「お姉ちゃんはHしたことある?」って聞いてきたの。
 飲んでたお酒入りのジュースをこぼしちゃったよ思わず。
 20歳で処女だったけど、お姉ちゃんの意地っていうか思わず「あるよ…」って。
 そしたら優君ったら目を輝かせて「ほんとぉー、どんなの?僕にも教えてよ!!」って。
 あまりの喜びぶりにもう後戻りできなかったわ、本当に。
 お酒も回っていたし、色々と恋愛についても考えていた。
 2人の先生や他の男性からも付き合って欲しいといわれていたが、優君も中学生だから恋愛対象にどうかな、あとはお姉ちゃんの意地と、優君の天然な喜び方が可愛くって。
「じゃあしょうがないな~、ズボン脱いでっ」
「あ、う、うん」
 一人前な事を言ってもいざとなると恥ずかしい仕草を見せる優君に何か興奮しちゃって。
 久しぶりに見る優君のおちんちん。
 友達の話やネット画像から考えても結構大きいと思う。
 だらんとしたものを動かして見たらすぐに大きくなって。
 とっても不思議。
 もう一点に集中。
 初めて舐めるおちんちん。
「うっお姉ちゃん何かムズムズするよぉ…」
 優君はすぐにいって私の顔に精液がかかったの。
「今日はここまでね、またのお楽しみね」
 その日はそれで終わったけど、私のおまんこはヌレヌレで一人でしちゃった。
 次の日に優君と2人になりたくて1人で居間で待ってたりして。
 駄目だって分かってたけど。
 優君が学校から帰って、私の家に来る
「お姉ちゃんただいまぁ、今日続きやろうよ!!」
「…まったくしょうがないな~」
 優君は何でそんなに普通に言えるんだろう。
 でもそれがかえって安心したの。
 私の部屋に優君を連れて行き、二人とも服を脱いだ。
 私の全裸を見るとゆうくんのおちんちんはあっというまに起っちゃった。
 優君は私に抱きつくと私も優君を抱き締める。
 身長差は私の頭一つ分程度だから体を少し屈めれば顔が近くなる。
「大好きだよ、お姉ちゃん」
「私も優君を愛してるよ」
 私達はキスをした。
 別に恋人ではなかったが、私も優君もその言葉には嘘がなかったわ。
 幼馴染の特権という奴なのかな。
 唇を重ねるだけのキスを繰り返した後、私は優君の前に跪き、そのおへそまで反り返りそうに元気なおちんちんを握る。
 優君のおちんちんをくわえて、それが昨日の体験からちょっとスムーズに出来ちゃって。
 気持ちよさそうにする優君。
「我慢してるのね!?」
 優君は手を私の首に伸ばし、自慢の黒い髪を撫でてくれたわ。
 そして口に含んで生暖かい感触が…。
 もう、おまんこがジメジメしてくるのが分かる。
「お姉ちゃんもう駄目そうだよ…、どうしたらいい??」
「とりあえず、出していいよ。お姉ちゃん全部飲んであげるから」
 そういうとおちんちんは口の中に精液を流し込んできたの。
 苦いと思ったが優君のものだから平気。
 全部飲んであげて、おちんちんの先に唇をつけて、中に残った精液をすべて吸いだして飲んであげた。
「お姉ちゃん、気持ちよかった」
「そう」
「今度は僕がしてあげる」
 そういうと私をベッドに押し倒し、おっぱいに顔を埋め、乳首を吸い上げ、舌でなめあげる。
 私の体にビクッとした感覚が走り、動けなくなったわ。
 ちょっと意識が飛び、気がつくと今度は股間に顔を埋めて、おまんこの上の包皮を剥き、クリちゃんに吸い付かれたの。
 また、さっきと同じでビクッとした感覚が走り、また意識が飛んじゃった。
 たぶん、逝ったのだろうとおもうの。
 また、1分くらいして意識が戻ると優君は私を優しく抱き締めくれてくれており、私も優君を抱き締めた。
「大丈夫、お姉ちゃん」
「平気よ、気持ちよくて、意識が少し飛んだだけ」
「でも、どうしてこんな事を知っているの」
「友達に聞いたんだよ」
 優君の友達にはすでにセックスを経験していた男の子がおり、今日やり方を聞いたとの事だが、聞いただけで、これだけできるとはこの子は天才なのかな。
「セックスのことは聞いたの」
「知らない。今度、友達からセフレさんを紹介してやるから教えてもいってた」
 そうなの、凄いわね優君の友達。
 そのあとは69でお互いの股間を舐め合い、優君はもう一回出し、私も逝きました。
 一回、休憩を取り、口の中を洗って息を整えて、再び、キスをしたの。
 今度はぎこちないディープキス。
 でも、とても嬉しかったの。
「じゃあ、セックスしようか」
「うん、でどうするの」
「じゃあ、ほら上向いて寝てっ…」
 知らないけど「知ってる」って言った手前、押し通すしかない。
 私は優君を寝かせ、股間を跨ぐ。
「そういえば、お姉ちゃんのあそこ、毛がないね」
「うん、この方が気持ちいいんだ」
「僕も毛があるのはあんまり好きじゃないんだ」
「あそこみたことあるの?」
「うん、友達のおばあちゃんの介護の手伝いしたとき毛が濡れていると拭くのに邪魔だから好きじゃないんだ」
「へえ、そうなんだ」
 何か思いっきり趣旨の違う話をする優君に少しだけ気が紛れ、いきりたったおちんちんを右手に持ってゆっくりとおまんこに入れる。
 徐々に徐々に。
 濡れていたから途中まではすんなり入ったわ。
 でも、全てが入った時体中に電流が走った。
 いうまでなく処女膜がおちんちんで破られたせいです。
 あまりの痛みに体が動かず、痛みで涙がでました。
 優君は私の手を取り、引っ張って自分のほうに倒す。
 私は優君の上に覆いかぶさり、乳房が優君の胸でぐにゃりとつ…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
有名人官能小説 杏さゆり
2017/06/17 23:28
2017/06/17 23:28
「あれっ、慎吾の姉キってこの人?」 部屋飲みで友人の部屋に来ていた俺は、テレビの上に飾られた写真立てを見て尋ねた。とても仲良さげに肩を組んでいる。 「あぁ、この部屋の家主だよ。俺は居候」「マジ!?結構綺麗じゃん」 「確かに、正樹のタイプな顔だよなぁ」「いやいや、そんなんでもないけど」 そう、確かにど真ん中ストライクだったわけ。それにしても、まさかこんなヤツの姉キが… 「お前だから教えてやっけど、俺の姉ちゃん、グラビアとかに出てる杏さゆりなんだよ」 「うそっ!?」俺は素っ頓狂な声を上げていた。確かに似てはいるが… 「マジだって。今日も確か撮影だとか言ってた」「うへぇ…マジかよ」 「まあ、俺と姉ち…
【H体験談】お互いにいい歳ですが、職場のスタッフと不倫セックスを楽しんでいます
2016/08/27 14:35
2016/08/27 14:35
自分は43歳で既婚者で、



仕事はそこそこ大きな介護施設で事務長をしています。




介護施設なので、当然ながら老人としか接する機会もなく、



ヘルパーや介護スタッフの私同様中年のスタッフしかいません。




こんな職場なのでときめくことはほとんどありません。




その中で50歳前のヘルパーのFさんは、



身長も150ちょっと位で肥り気味で日本人特有のお尻が大きなアンバランスな体格で、



決して美人の部類ではなく、ムチムチとした豊満の大人しい熟女です。




そのFさんとは仕事柄話はよくしています。




そんな時、仕事が夜9時頃までかかり、終わる頃は2人…
白ムチナースと大満足の濃厚セックス
2017/05/15 23:49
2017/05/15 23:49
相手とはとある掲示板で知り合った。 趣味が同じなのでメールが盛り上がり、仕事上がりに中間点で会おうとなった。 俺はもちろん飲みだけで済ますつもりもなく、近場にラブホが林立する錦糸町を指定。 <顔合わせ前の事前情報> 俺:バツイチ一人暮らし。 相手(Nさん):バツイチ、子供&親と同居。 Nさんはナースで、夜勤などの時は親が子供を見てくれる。 したがって泊まりでも心配がない。 添付写真では胸は普通(Cカップ?)だが、抜けるような白い肌が白ムチフェチの俺の股間を突く。 盛り上がったのはスポーツ話で、年齢より若く見える。 当日、改札で落ち合ったNさんはやっぱり白かった。 この時点…
【姉との告白体験談】 包茎手術を姉に相談したらフェラチオ治療?してくれた
2016/04/14 16:15
2016/04/14 16:15
包茎手術を姉に相談したらフェラチオ治療?してくれたエッチ体験談。あれは僕が高校2年の夏休みの時です当時包茎だった僕は包茎手術を真剣に考えていましたでもお金なんかあるわけが無く、部活でバイトもできないのでどうしようか悩んでいました修学旅行までには何とかしたかったのですそこで大学生だった姉に10万円貸してくれないかと相談しました 素人個人撮影、投稿。 94 あや 23歳 大学生「なんでそんな大金がいるの?」って聞いてきましたが「いや、ちょっと欲しい物がある・・」って誤魔化してましたが「いじめられてるの?」って真剣に心配してくるので仕方なく理由を正直に言いました姉は最初はとまどっていましたが、ク…
彼氏の調教のせいですっかりドMにされた私
2017/03/14 13:10
2017/03/14 13:10
ネットで知り合った美樹と彼の最初のデートの時のことです・・・

彼からの命令は

『ショーツをつけないで待ち合わせの場所に来るように』ということでした


ちゃんと洋服を着ているのに美樹のまんまんはづっと火照っていて、彼の顔を見たとたん抱きついてしまいました。


彼に支えられるようにして車に乗り込み長く激しいキスを・・・

指定通りの黒いブラとガーターベルト・・・

そしてノーパン・・・彼の指と目がそれを確認して這い回ります。


スカートの中は洪水です。

『ほら・・・もう こんなになってる』

美樹はその言葉で さらに真っ赤になって、さらにさらに濡らしてしまったのです。…
ズバ抜けて綺麗な親戚のおばさんと
2018/01/02 23:00
2018/01/02 23:00
中学校1年生の時に親戚のおばさんとやってしまった。
父の弟の奥さんで当時20代後半か30ぐらいだったと思う。
見た目は背が高く170近い身長にムチムチ系ボディで顔は秋吉久美子系の美人。

とにかくズバ抜けて綺麗だったので小さい時からやたらなついてたし、
向こうも俺のことをやたら可愛がってくれてた。

俺が中1のときに親戚みんなで旅行にいくことになって、リゾート地みたいなところで男親や大学生ぐらいの
兄ちゃん達はみんなゴルフ、子供はプールで遊んでた。で、俺はプール組だったが、小さい子の相手にも
疲れて部屋に戻った。するとおばさんがベッドでくつろいでテレビ見てた。

「あら、どしたん?もうプール…
夫の四十九日法要の夜に住み込みの若い職人と…【熟女体験談】
2017/01/19 15:10
2017/01/19 15:10
私は20歳の娘がいる48歳の未亡人です。
20年前に夫婦で洋菓子屋を開業。
途中で男の子(K君)を住込み職人として雇いましたが、その彼も今では25歳。
立派なパティシエになり、頼もしい限りでした。


順風満帆だと思っていた矢先の今年3月に夫が他界してしまいました。
お恥ずかしい話ですが、夜夫婦の営みの最中にクモ膜下出血で急死してしまいました。

突然の出来事に取り乱してしまい大声で叫びました。
その声に驚いたK君が部屋に飛び込んできたので、夫婦とも全裸のみっともない姿を見られてしまいました。

K君が咄嗟に「パジャマを着て!風呂場で倒れたことにするから」と救急車と警察に連絡しました。

学生…
思い出の白い紐[第5話(終)]
2017/04/18 09:19
2017/04/18 09:19
ついにM美の股間全体を手の平で覆い尽くし、中指全体に柏餅の合わせ目を感じる。 初めて味わうその不思議な柔らかさに、たとえようのない満足感を得た。 中指の第一関節を軽く動かしてみると、かなりの湿度と更なるM美の秘密に誘われる。 M美は激しい吐息とともにしがみついてくる。 俺自身も再び激しい興奮に包まれるが、力を入れるな力を入れるなと、呪文のように心の中で繰り返した。 M美は息も絶え絶えで「M美、M美、準備が出来たみたい」とうわ言のように呟く。 もう、なにがなんだか本能だけでM美に身体を重ねると、亀頭にニュルリという感覚を覚えた途端、あっさりと挿入が完了していた。 ハッと我に返り、M…
襲われたい願望が強いエッチな25歳人妻
2015/11/21 08:00
2015/11/21 08:00
名古屋在住の双子の子持ちママで、25歳人妻綾香ママを”相方でかちん”とゲットした時の事。 俺の自宅の近隣にある団地住まいの綾香ママを初めて見た時から、俺の相方で通称”でかちん”と綾香ママの行動を監視しながらお近付きになるチャンスを狙ってました。 綾香ママの行動パターは、朝双子チャンを保育園に預けたら自宅で洗濯、お昼前には必ず外出。 何の目的がある訳でも無いだろうにぶらぶらと”栄”近辺を御買い物。 午後三時位までには帰宅して、夕方保育園に双子チャンをお迎えに行くのが日課。 綾香ママが御買い物に出掛ける時の格好が、とても双子チャンのママには見えません。 授乳中で真ん丸に張った乳が強調…
【近親相姦】自分がトイレに行くのに席を立ったら、会場入り口に小汚いババアがいるのを発見【体験談】
2016/01/21 06:21
2016/01/21 06:21
***** 私は見た!! 不幸な結婚式 108 ***** http://uni.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1323571043/426 :愛と死の名無しさん:2011/12/21(水) 12:36:29.47 妹の披露宴にて 田舎ということもあり会場は町の公民館、受付は発起人(結婚式の手伝いしてくれる人)にお願い 受付が終わったらみんな自分の持ち場に戻ることが多いから、受付はからっぽ そんな状況で出席者も300人超え、たぶん部外者が入っても「親類の人か」でスルーで、自分がトイレに行くのに席を立ったら、会場入り口に小汚いババアがいるのを発見 母だった 母は母が原…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【痴漢】キモいおじさんに痴漢されて駅前の汚いトイレで・・・。

・【熟女体験談】田舎の風俗には都会から落ちぶれて流れてきたヤラせてくれるデリヘル嬢が大勢いる

・#彼女をイカせて下さいと他の男に頼む僕

・他人の家を覗いてよく観察してみると

・ヤケになった被論破童貞、哀れ

・【人妻体験談】パンストから透けて見える母の白い綿パンツにパンストから透けて見える母の白い綿パンツを覚えた息子が生まれて初めての近親相姦SEX

・韓国人留学生に嫁を寝取られたと思ったら戻った話改

・風俗嬢リエちゃんからのお願い

・女子大生の私が初痴漢体験で体が火照ました

・奥手でおとなしい嫁が後輩に仕込まれた3

・妻のすべてが嘘だった・・・

・【人妻体験談】風俗の面接に落ち続けた貧乏おばさんがパンツ売りサイトで生計を立てている

・【熟女体験談】性獣のように積極的なクソババアに不覚にもSEXも主導権を握られて中出し強制射精しちまった

・やりての女社長とラブホテルへ

・【不倫】パートのおばさんとの思い出[後編]

・猫は発情しなかったけど

・気晴らしをしに公園で痴女体験

・【不倫】パートのおばさんとの思い出[前編]

・いじめっ子がエスカレートして母を犯したのですが・・・(前編)

・【熟女体験談】二穴SEXの快感に無理やり覚醒させられて廃人のように絶叫しっぱなしで、最高の性体験をした熟女

・出会い系の人妻とのSEX話

・小学生で兄に性的ないたずらをされ、中学生で犯されてた

・バレンタインデーに彼氏持ちの女に即マン

・【レイプ】アイドル並みに可愛かった妹の壮絶レイプ動画

・【レイプ】最後まで俺のレイプ願望を満たしてくれた美脚OL

・友達が寝てる横でセックスした

・先輩と…

・【痴漢】電車が揺れるたびに男性の太ももが恥骨に当たって

・彼女がうわきした・・・

・【熟女体験談】スーパー童貞クンがエロい超爆乳白人熟女と初体験SEX