寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

小学生が友達の母親をSMレイプして淫乱化させるまで(後編)

2018/11/07 04:13



あっったかくて、すごく気持ちがいい……これが、美由紀さんのおっぱいなんだ。

「イヤーッ!エッチ!!」

さすがに、美由紀さんが大声で叫んだ。

思わず僕は、シャツから手を出してしまう。

すると今度は優が、さっきジュースと一緒に持ってきてくれてたおしぼりを手にして 「ママが大きな声出すと、パパが来ちゃう」

と言って美由紀さんの口に、そのおしぼりを ねじ込んでいく。

僕は心の中で、優よくやった、と誉めてあげた。

もう声が出せないから今のうちにもう一度おっぱいを触ろうと思っていたけど、よく見 ると美由紀さんは両脚が自由だということに気がついた。

脚をバタバタされると、うるさいと言っておじさんがやって来るに違いないから 最初の予定通り、ガムテープで両脚をくっつけてしまうことにする。

優とふたりで美由紀さんの脚を捕まえた。

僕はガムテープをグルグルと何重にも両足首に巻いていく。

たぶんもう離すことはできないはず。

僕は優にガムテープを渡し、美由紀さんの口に貼り付けるように言った。

優は僕に言われた通り、ガムテープを二重三重に貼り付けていく。

これで、ねじこまれたおしぼりを吐き出すことも出来ない。

そして僕は太腿に、優はお腹の上に乗っかって、美由紀さんを動けなくした。

これで完璧だと思った。

今からはなんでも、やり放題だ…… 位置的におっぱいが触れなくなったのは残念だったけど、いま僕の目の前には 少しずり下がったGパンがある。

そしてそこからピンクのパンツがのぞいている…… 僕はすごく興奮していた。

別におっぱいに触れたとか、パンツが見れたとかそんなことで興奮しているんじゃない。

憧れていた女の人を身動きできなくして、好きなように弄ぶことができる…… しかもその女の人は、友達のお母さん…… そんなやってはいけないことをしているという気持ちと、この人を自由にできるという 気持ちから、僕のオチンチンは痛いほど硬くなっていた。

「優!悪役レスラーにお仕置きだ!裸にしちゃえ」

僕はそう言って優をけしかける。

優は「オーッ」

と言いながら、美由紀さんのTシャ ツを捲り上げていった。

優の肩越しにピンクのブラジャーが、見え隠れする。

美由紀さんは身体をよじって、抵抗するけど無駄な抵抗。

Tシャツは美由紀さんの首から剥ぎ取られて、縛ってある手首のところまで上げられた。

さらに優はブラジャーに手をかけて押し上げていく。

がんばれ優!もう少しだ……僕は手に汗握って小さな凌辱者を応援した。

ベロンとピンクのブラが捲り上げられ、大きなおっぱいが出てきた。

先端の乳首は薄いピンク色で、まるで僕たちを誘っているみたいにピンと尖っている。

思わず吸い付きたくなったけど、今この太腿の上からおりるわけにはいかない。

足首はくっつけてるけど、手首みたいにどこかに固定しているわけじゃないから 僕がおりるとバタバタと暴れるに違いなかった。

なんとか脚も固定したい…… そう思って周りを見ると、優の勉強机が目に入った。

問題は何で固定するかだけど…… 電気の延長コード!かなり長いから充分使えそう。

僕は延長コードを手に取ると、両足首をくっつけているガムテープにそれをくくりつ けた。

そのまま、その端を机の脚に結びつける。

これでもう僕が太腿からおりても、美由紀さんは身体をくねらすことくらいしかできない。

僕は太腿からおりると、美由紀さんのおっぱいにしゃぶりついた。

それを見た優も、同じようにもう片方を吸い始める。

「ふぅ?ン……ふぅ?ン……」

美由紀さんはなんだか今までと違う、甘えたような声を出し始めた。

ふと見ると、目元が少し赤みを帯びてトロンとした感じになってる。

僕は乳首を舌でコロコロ転がしてやった。

するとそれは更に大きく硬くなっていく。

そのままズーッと舐め上げながら、今度は腋の下あたりまで舌を持っていった。

ぺろぺろ腋の下を舐めてると、くすぐったかったのか美由紀さんはさらに身体をくね らせて、ふぅんふぅんと声を荒げた。

じゅうぶん舐め回した僕は、下半身に目を移す。

上半身は裸だけどまだ下の方はGパンを穿いたままだ。

脱がせよう……たぶん今日しかチャンスはない。

美由紀さんを丸裸にするんだ。

僕は太腿にもう一度乗っかり、Gパンのボタンをはずすため指をかけた。

攻撃の手が下半身に移ったので、美由紀さんはまた腰をくねらせて抵抗しようとする。

でも、全然問題ない。

ボタンは簡単にはずすことが出来た。

次はファスナーだ。

僕はじっくり、ゆっくり焦らすように下ろしていった。

ピンクのパンツが目の前に現れる。

股のところからは黒い毛がうっすら見えていた。

一気にパンツも下ろしちゃおうかと思ったけど、一枚づつ剥いていくのもおもしろ そうだと考え直して、まずGパンだけ引き下ろすことにした。

僕は手をGパンの腰のあたりにまわして、お尻の方から下ろしていくことにした。

でも、美由紀さんはお尻を上に上げてくれないので、なかなか下げられない。

僕は腹が立ってきて、左の人差し指で美由紀さんの股をチョンと突いてやった。

ビクンとした美由紀さんが腰を引いて逃げる。

思ったとおりお尻が少し動いた。

僕はその隙を狙ってGパンを引き下ろす。

勢いあまってパンツの後ろの方が、少しずり落ちてしまいお尻が半分出てしまった。

割れ目の上の方が顔をのぞかせる。

Gパンを膝あたりまで引き下ろした僕は、今度はピンクのパンツに手を掛けた。

優はその間も、自分のお母さんのおっぱいを吸ったり、揉んだりしている。

「あれ……?」

美由紀さんのパンツの股のところが、少し濃いピンクになってる。

触ってみると少し濡れている……怖くなっておもらししちゃったんだろうか…… よし!それを確かめるためにもパンツをずらそう。

僕はパンツの脇を持ち、徐々に徐々にずらしていった…… 美由紀さんは「ふぅ?ん、ふぅ?ん」

とうめきながら、腰をわずかにくねらせる。

黒い毛が見えてきた!! すごい……もじゃもじゃだ! 自分のお母さんのは見たことあるけど……これが美由紀さんの毛なんだと思うと すごい感動した。

僕は……僕は思わずその黒いもじゃもじゃのあるところに顔をうずめた。

そして、スーっと思い切り息を吸いこんだら鼻の中になんとも言えない匂いがした。

さらに僕はヌメヌメしたその部分を、ねっちょりと舌で舐めしゃぶっていく。

おいしい……もう、僕のオチンチンはギンギンのバンバンだ。

僕が一生懸命舐めていると、少しづつ股が開いていくみたいだった。

美由紀さん……もっと舐めて欲しいんだ…… そう思った僕は、さらに舌を突き出して奥の方まで舐めていく…… 次の瞬間、美由紀さんの身体がピンと伸びて、一瞬固まった。

僕と優はびっくりしてふっと顔を上げる。

美由紀さんはぐったりして、目を閉じていた。

まさか……死んじゃったの……? そう思って口のガムテープを取り、おしぼりを抜き出した。

よかった……ちゃんと息してる…… 優が思わず泣き出してしまった。

僕もいくらなんでもやりすぎたと思った。

両手脚を結んでいた縄跳びもガムテープも、延長コードもみんな外して、服も元通りに 戻しておいた。

しばらくすると美由紀さんは、僕たちの顔を見るなりうっうっうっと泣き出してしまった。

「もう……こんなことしちゃだめよ……」

と泣きながら言う美由紀さん。

「ごめんなさい…もうしません」

そんなことがあってから何週間かたった。

僕はあれ以来なんとなく気まずくなって、優んちにも行ってないし優と外でも遊ん でいない。

そんなある土曜日、外でばったり美由紀さんと出会ってしまった。

「郁哉くん、こんにちは?」

今までと変わらない最高の笑顔で、僕に話しかけてくれる。

「しばらく、遊びに来てないね。

……あのね、前のことは気にしないでいいから遊びにいらっしゃいよ」

「う、うん……」

ほんとにうれしかった。

また、美由紀さんと会えるんだと思うと天にも昇る気持ちだった。

「じゃあ、今からいらっしゃい」

美由紀さんは僕と手をつないで家に向かって歩き始める。

家に着くと鍵を開けて僕を招き入れてくれる。

「あれ?優は……?」

「優はおじさんと昨夜から、おばあちゃんのところに行ってるの」

「えっ……それじゃあ……」

「うん、今はわたしと郁哉くんだけだよ……」

「レイプ・痴漢」カテゴリの最新記事 舐めお尻お母さん腋の下脚乳首おっぱい縄初凌辱


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
入院していた時、隣のベッドで可愛い看護師さんが犯されて喘いでいた話
2016/03/11 16:02
2016/03/11 16:02
半年ほど前、

私は持病の腰痛が悪化して入院することになりました。

これはそのときの話です。

何事も無ければもう1週間もしない内に退院ということになった日。

2人部屋だったのですが、

隣の人が午前で退院していき、午後3時ごろになって

別の患者が隣に入ってきました。

ところがそれが坊主頭で歳は50くらい、

サングラスをしていてとても人相の悪い男でした。

が、挨拶をして話をしてみると見かけとは違い、

いたって普通の人でした。

ただ、やはり仲良くなって話していくうちに

ヤクザ的の稼業をしていた時期もあることがわかりました。

私はそれを知って以来は

あまり深くこの男に関わり…
【Hな体験】失恋して落ち込んでた男友達をフェラで慰めてあげた
2018/03/20 06:00
2018/03/20 06:00
男友達がずっと好きだった片思いの女性に振られて滅茶苦茶落ち込んでいたのもあって、「ぱーっと遊ぼうぜ!」ってことで一泊二日で遊びに行った。(男友達は過去にも振られてて、それでも好きでアタックしてたけど、今回は完全に相手から見放されたらしい) あっちこっち回ってる時は普通に元気でよかったなと思ったけど、ホテルについて一息ついたら好きだった女性のことを考えてしまうのか、落ち込んでしまって空気が重い。 「仕方ない奴だなー、はよ元気出せよー」って頭ヨシヨシしてあげていたら寄りかかってきて、(甘えたいんだろうなあ・・・)って感じだったので好きにさせてやってたら、私の胸に手を添えてサ…
巨根を武器に女子社員とハメまくってたキモ男の熱意
2017/04/28 21:53
2017/04/28 21:53
俺が勤めている地元中小企業に去年、中学で同級生だったK(♂)が入社してきたんだ。
中2と中3で同じクラスだったんだが、別に友達でもなかったし、3年間で言葉を交わしたのは4回くらい(笑)
隣町の底辺私学へ進学したと聞いてたが、同窓会にも来ないし、卒業してからずっと音信不通だった。 俺だけじゃなく、中学時代にKと友達付き合いしてた奴はいなかった。
まず、外見が人を寄せ付けない。
チビのくせに猫背で、欠食児 童みたいな骸骨体型。
土色のニキビ面に銀縁メガネをかけて、ギョロリと剥いた目は濁ってて全然生気がない。
悪相というか死相というか、死神そのものだったな。

性格にも問題があっ…
ビッチで可愛いキャバ嬢を対面座位で喘がせる
2016/01/01 00:09
2016/01/01 00:09
元カノが結婚するという噂を聞いて、

彼女と経験した事を書こうかとw

昔ホストクラブをもっとラフに、

初心者でも気軽に来れるようなメンズバブってので

俺はバイトしていた。

当時俺は21歳で、彼女は19歳だったかな、

働いていたメンスバブの店舗の隣にある同オーナーが経営するスナックに

しょっちゅうヘルプに行かされていて、

そこに彼女が働いてて仲良くなった。

源氏名は愛。

モーグルの上村愛の、

もう少し目を大きくした感じで明るくて人気ある子だったな。


んでまぁ1回遊びに行こうつってディズニー行って、

その日に即ハメ

その子は、高校中退で16歳位から同棲…
【近親相姦】入院している妹の着替え【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/03/05 22:25
2017/03/05 22:25
当時私には結婚を前提にした付き合いの、同居中の彼氏がいましたが、 その彼とはもう2年以上Hしてませんでした。 彼は性に対して大変消極的で、遠回しに話をしようにもはぐらかされてしまい 本音を話し合う事もできず…女としての自信をただ無くしていくだけの日々が続いてました。 私には親友がいました。付き合いが10年以上続いていた親友です。 お互い腹を割って話せる相手として色々な事を話してきました。 ですが…流石に彼氏との性生活に関してだけは相談できず、1人で悩んでいました。 趣味が共通する事から、親友(以下A子)&親友の彼氏(以下B氏)と 私の彼氏(以下C)&私(以下D)の、…
双子の姉とのぞきして
2016/12/19 17:19
2016/12/19 17:19
中2の夏、家族で海に行ったとき。 双子の姉と歩いて旅館に戻ってたら、途中の家の中が見えて、男女がはげしくセックスしてる声が丸聞こえだった。 そっとのぞいたら、大学生か新婚かが、あそこを入れあってて、上になったり転がったりで、すごかった。 二人でどきどきして、姉は胸を、おれはあそこを揉みながら見てた。 興奮したので旅館のお風呂に二人で入って、水着を脱いでみせあった。 「こんななっちゃった」と姉はとがった乳首を見せて、おれもおもいきり立ったちんちんを見せた。 どちらともなく触りあいになって、姉のEカップのオッパイをもんだり吸ったら、姉もおれのを握って揉んだ。 おれも出そうだったし、姉…
妻の性癖を知りスワッピングに参加しました【エロ体験談告白】
2016/03/10 10:18
2016/03/10 10:18
私は30歳 妻29歳 ごく普通の平凡な夫婦です。

子供は6歳 5歳ともに男の子です。

それは 妻が長男を出産するまえの出来事ですが…

ある有名な助産婦で出産する計画で助産婦院ということで正式な診断は産婦人科でしてもらう必要があるらしくその先生のもとへ診断に何回か行くことになりました。


先生は55歳くらいで看護師さんもおばちゃんでした。

2回目の診断の時でした隙間からのぞくことができどのような検診かとみていました。

なんと 妻のおまんこを指でピストンそして拡張しているみたいにみえました。

私はそれを覗きながら チンポががちがちになっていました! 帰宅して妻に(どんな検診だった?…
【妹との告白体験談】エロい写メから始まる体験談
2015/10/28 05:17
2015/10/28 05:17
868名前:(‘A)2006/05/24(水)01:45:560 喪友達の妹がちっこくて大人しくて無茶苦茶可愛くてベタ惚れ(俺の一方的な片思いだが)だった時期があるんだ。 で、喪友達とは喪板の妹スレのノリで「じゃあお前の妹くれよ」「やるよ、あんなの」みたいなお決まりのやりとりをメールするのがお約束化してたんだが、 その日は深夜に 「そろそろオナニーして寝るから○○さんのぱんつ盗撮してきてくれ」 ってメール送ったら 「よし、少し待ってろ」って返信が来て、十数分。 ああ、こりゃ無視されたな、と思ったが、いつものことなのでさて寝るか、と布団に潜ろうとしたら 「寝てたみたいだからバッチリだ」 とい…
【義家族との体験】 まさか義母が‥‥
2016/07/24 04:18
2016/07/24 04:18
妻の実家と同じ住宅地の敷地内に新居を構え3ヶ月 私(43才・長距離ドライバー)・妻の夫婦2人は、職業柄、決まった時間に帰宅することが出来ず、食事もバラバラ! 共働きの2人ですから、食事時間を私に合わせるわけにもいかず、妻が出勤してる間に帰宅した際は、徒歩2分でいける嫁の実家で食事をいただく事になっています。 紹介が遅れましたが、義父(67才)は大衆演劇で役者をしている為、その日も半月間の九州公演へいっており、実家には義母・喜世美(61才)しかいませんでした。 私達は現在静岡県に住んでるのですが、仕事で青森にいっていたので、帰宅してそのまま、お土産持参で妻の実家にいきました。 義母・喜世美は…
【驚愕】性欲が抑えきれなくて46歳の女抱いたんだけどwwwwwwwwww
2018/08/08 15:46
2018/08/08 15:46
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【熟女体験談】お惣菜の宅配セールスレディに遠慮なく挿入し中出しを堪能

・あいつのSOS

・【痴漢】痴漢が触りやすいようにお尻を少し浮かせた

・君の精液の味が知りたくなった…という感じかな?

・奥さんにしてるように激しく…私じゃダメ?

・【人妻体験談】友人の1周忌に未亡人になった友人の奥さんと愛し合い、中出しSEXした

・女が淫乱になる理由について

・【レイプ】イケメンにナンパされてついてったらキモオヤジ3人が

・女性は、僕が触りやすいように着替えてきたのです・・・

・夜に彼女と連絡が取れない時間がある

・【人妻体験談】職場同期入社として知り合った人妻と仲良くなり焼き肉に誘った後、立ちバックで犯し最高の一日を過ごした

・【熟女体験談】学生の頃、下宿先の大家さんと散々やりまくったり、アパートの裏で青姦してみたりとSEXをするの日々でおいしい生活をしていた

・【近親相姦】腹違いの妹とは知らずに妊娠させてしまいました

・妻が風俗通いの友人に、もったいないから私がしてあげると言い始めた(オリジナル 転載禁止)

・小学校の挨拶登板に行く途中襲われました

・【乱交】男たちに弄ばれているという恐怖も怒りも忘れて

・【人妻体験談】向かいのベランダで洗濯物を干している奥さんに自慢のチンポを見せたことで約束を取り付け、お股がとろけるまでオマンコして満足させてあげた

・派遣社員の人妻のエッチなお悩み

・人妻もアレの快感が忘れられないのかな

・【寝取られ】すべては夫の性癖を満たすために・・・。

・みづき 初めてのヌードモデル(露出の体験談)

・モモとノンタン 再開後 03 前半

・妻の「元カレ」人数知っていますか!?

・【レイプ】リアルレイプは本当に恐かったです

・冬季オリンピック特集

・【熟女体験談】少しぽっちゃりした高齢熟女をナンパしてラブホでSEXをする熟女フェチ

・隣人夫婦とスワッピングしたら大変なことになった2

・隣人夫婦とスワッピングしたせいで大変なことになった1

・【人妻体験談】W不倫をした人妻と山の道路の真ん中で全裸でバックから挿入SEX

・乗り合わせたタクシーの女性運転手