寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

カジュアルな寝取られ3P 後編

2018/11/07 00:01



そのあとはひたすらエロい世界に没頭した
俺と親友君は、ギンギンになったチンコを景子に自由にしゃぶらせ続けた
景子は何も言わず、一心不乱に両方の手を上手に使いながら、俺たちのチンコを交互に舐めまくる
またAVの話で申し訳ないんだけど、よく見るあの光景だ

ふとそこで、「なんか俺たち、すげーことしてるね」と、親友君が久しぶりに口を開いた
「ね、俺、興奮しすぎてヤバいよ」思わず俺も本音を漏らす
「ていうか、景子ちゃんフェラうますぎ」とニヤニヤ笑いながら言った親友君の一言に、
「ほんと?てか、わたしも、実は、結構興奮して、きて、ヤバいよ」と、
景子がフェラチオの合間に言葉を紡いで返す
その景子の言葉がさらに俺の心の中の感情を盛り上げた
「ちょっと、王様、なんか、さっきより、固くなってきたんだけど…」と景子
「え、ばれてる?」
「バレバレw」景子は笑いながら俺を見上げて言った
で、ついにそこで親友君が次の行動に出る

「景子ちゃん、そのまま王様のチンコしゃぶりながらでいいからさ、四つん這いの姿勢になってよ」
景子は最初、ん?と顔をしてたんだけど、親友君が何をしたいかすぐに理解できたようで、
顔の正面に俺のチンコをくわえるような姿勢で、親友君の方にお尻を向けて四つん這いになった
親友君は、景子のお尻の方に座り込んで、景子のアソコをヒトさし指で触りだした
「景子ちゃん、さっきよりも濡れてんね」と親友君
景子は「あ…」と甘い声を漏らしたあとに、
「もうね、自分でも濡れすぎてるの分かる」と素直に認めた
それを聞いて「じゃあ、これ、いただきます」と言いながら、
親友君は景子のアソコに顔を近づけてクンニをし始めた
親友君が口や舌を動かす度に、ピチャピチャピチャピチャって音が景子のアソコから漏れてくる
「あああ!ダメ、そこ、気持ちいい!あああ…」と、
景子はさっきの手マンの時よりも大きな声を張り上げた
その声をまるで無視する親友君は、ひたすら景子のクリトリスや穴の部分を丁寧に刺激し続ける
「あん!ああん!ちょっと、本当にもう、あん!おかしくなっちゃうよう…」
「おかしくなっちゃまずいね、じゃあもうやめとく?」と親友君からいじわるな一言
「やだ、やめないで、お願い、つづけて!我慢できないの」と懇願する景子
「ぶっちゃけ、俺ももう我慢できなくなってきたよ」と親友君
「景子ちゃん、挿れてもいい?」たたみかける親友君
「うん、お願い、挿れてほしい…」とが消え入るような声でつぶやいた

親友君は、「ゴムある?」と俺に聞いてきた
それに対して景子が「うちら、いつも付けないから…」っていうと、親友君がチラッと俺に目配せをした
俺は無言でうなずくと、親友君はさっきまでクンニしていた景子のアソコにチンコの先をしばらくこすりつけたあとに、
そのまま生で挿れた
その瞬間、景子の口から「はああああぁぁんっ!」って大きな吐息が漏れた
俺としてるときいつもそうなんだけど、景子は今のこれが多分一番好きなんだと思う
挿れた瞬間に大きな声を出すのはいつものクセだ

「うっわ、景子ちゃんの中、きっつ…」と思わず感想をもらす親友君
すかさず景子も「ていうか、親友君の、すご、かたい…」って、顔を若干しかめっ面しながら、受け入れていた
親友君はゆっくり景子の膣中にチンコを押し込みながら、徐々に徐々にゆっくりと景子の一番奥まで押し込めていった
「ああああああんっ!もう、中、当たってる…、きもち、いい…」景子の声が一段と大きくなった
んで、そのままバックで親友君が腰を振りはじめた
景子は「あぁ!あぁ!あぁ!あぁ!」と言葉にもならない声を出し続けながら、喘いでいる
でも俺へのフェラチも止めてはいなかった

後ろから人に付かれる景子の正面の顔を見るのも、もちろん俺は今が初めてだった
バックの体勢で、下向いてもきれいな形のまま垂れている景子の胸も、やはりめちゃくちゃキレイだった
そんな目の前の光景を見ながら、俺の中ではもうすでに心臓バックバクを通り越して、
夢でも見てるんじゃないだろうかって気さえしてきた、
いや夢でもここまで凄い光景は見たことがない

親友君が腰を前後に動かす度に、クチャ、クチャ、クチャ、クチャっていう、いやらしい音が俺にも聞こえてきた
直接見なくても景子がものすごく濡れていることがよく分かった
景子は俺のチンコをくわえながら、親友君の動きに合わせるように、
「んっ、んっ、んっ、んっ」って声を喉で鳴らしている
でも、時折、親友君が円を描くように腰を動かして、景子の身体の中にグッと股間を押し付けると、
「あああっっ…」と声を上げて、景子は思わず俺のチンコを口から離してしまう
めちゃくちゃエロい空間が俺たちを包み込んでいた

しばらくこの時間が続くと、親友君が腰をゆっくり動かしながら景子に声をかけた
「景子ちゃん、めっちゃ感じてるでしょう」
景子は親友君の声を無視して俺のチンコを舐め続ける
「なんか白いのがいっぱい出てきてるよ」
親友君は景子の反応を気にしながら言葉を続けた
「やだ、やだ、見ないで、はずかしいよ…」景子は俺のチンコをくわえながら親友君に言った
「じゃあさ…」親友君はそう言うと、突然腰の動きを止めて景子から離れた
そして、そのまま景子の横に移動してきて、たった今まで景子のアソコに挿れていたチンコを景子の顔の前に突き出した
「じゃあさ、この白いの全部、景子ちゃんの口でキレイにしてよ」
おい、親友君よ、なんかすげーノリノリじゃね?
俺は心の声でつぶやいていた

景子は「やだ、無理…」って顔を背けて抵抗してたんだけど、
親友君はその言葉を完全に無視して、「ちょっと、そこ、どいて」って顔を俺に送ってきた
俺も思わず景子の顔から身体を離して、そのまま景子のお尻の方に移動した
景子は四つん這いの状態で上半身を倒して、お尻だけが付き上がったままだった
さっきまで親友君のチンコが入っていた景子のアソコに、俺は黙ってチンコを挿れた
景子の中はめちゃくちゃ濡れていて、めっちゃくちゃ気持ちよかった
俺が動くと、景子は上半身を突っ伏したまま「う、う、う、う」って声を出した

親友君は俺がいたところに、「よいしょ」って言いながら腰をおろした
ベッドの頭の部分を背もたれにして、両足を開いたまままっすぐ伸ばし、景子がその両足の間に挟まれる体勢になった
景子の顔の前には、まだギンギンに勃ったままの親友君のチンコがそびえ立っている
親友君が「ほら、景子ちゃん」っていうと、今度は何も言わずに、上半身を起こして親友君のチンコを舐めはじめた
俺はそれを見ながら腰を動かしている
親友君は「そうそう、すごいよ景子ちゃん」って言いながら、景子の髪の毛を耳にかけてあげた
後ろからでも景子の顔や舌の動きがはっきり見えた
景子は大事そうに親友君のチンコを両手で支えながら、舌でチンコにべとべとついてた白いのを舐めとっていた

「どんな味がする?」親友君が意地悪そうに景子に問いかける
さっきと同じように、景子は親友君の声を無視をして、ひたすらチンコを舐め続けた
「恥ずかしくないから言ってごらん?」親友君はさらに問いかける
「しょっぱい…」景子がボソっと返事をした
「それ、さっきまで景子ちゃんのアソコからいっぱい出てきてたんだぜ?」親友君の声に悪味が帯びてきた
「やだ、言わないで」今度は、はっきりと景子が声を出した
「景子ちゃんドエロだね、普通自分のアソコから出てきたものなんて舐めないよ」親友君は構わず続ける
「お願い、もう言わないで…ああっ…」最後はもう言葉になっていなかった
親友君は両手で景子の胸をまさぐりながら、指先で景子の乳首をやさしく刺激していた
「景子ちゃん乳首めっちゃ弱いよね、つーか、形もキレイだけど触り甲斐が良すぎ」
「ああ…あ…あっ…」
俺は二人のそんなやりとりを見ながら、無心で腰を振り続けた
「あー、景子ちゃんのおっぱい、すげーやわらかくて気持ちいい」
景子が身体をくねりはじめた
「こんだけいい身体してるんだからさ、絶対よそでも遊んでるでしょ」
親友君の言葉の後で、なぜか俺の腰の動きが段々早くなる
なんだ、この感覚?

親友君が景子を言葉でなじる度に、俺の腰の動きが激しくなっていた
腰だけじゃない、チンコもガチガチに固くなってる
そして、景子の口からだんだん大きな声が聞こえはじめてきた
「ああ…、ちょっと、なんかまたヤバい…」
俺は知らず知らずのうちに、景子のお尻を強く掴んでいた
景子の感度が上がっているのが、チンコ伝いでもよく分かった
「ちょっと、ほんとこれ…あっ」
景子のアソコの中がだんだん絡み付いてくる
「景子ちゃん、気持ちいい?」
親友君の声のトーンが急に優しくなった
景子は
「うん、ヤバい、超気持ちいい…」と答えながら、
今度は親友君の乳首を舐めはじめた
「景子ちゃんのアソコの中で王様のチンコはどうなってる?」親友君がさらに続ける
「すっごい固くなってて、すっごい大きくなってる、奥の方がヤバい…」
その言葉が俺の腰の動きを更に加速させた
それと同時に、景子は身体を完全に起こして、左手で親友君のチンコをしごきながら、
右手を親友君の頭の後ろに回して、自分からキスをしにいった
親友君はもう何も言わなくなっていて、激しく景子と舌を絡め始めた
二人の口の周りが唾液でベトベトに濡れている
親友君はまだ両手で景子の胸を揉み続けていた

景子と親友君のディープキスは、とにかくすんげーエロかった
二人ともお互いを求めて、自分の舌を絡めにいっている
景子は俺が後ろから突いているのなんて忘れてるんじゃないかってくらい、親友君の口に吸い付いて…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【妹】千夏との思い出…その1【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/03/19 09:37
2017/03/19 09:37
一昨年の夏休みの事、俺はバイト先の慶子ちゃんをリゾートホテルのプールへ誘おうと必死で稼いだバイト代を注ぎ込んで、某旅行会社のネット販売の格安チケットを購入した。格安とはいえリゾートホテルの宿泊チケット二人合わせて5万円程…慶子ちゃんとは友達以上、恋人未満な関係で、2人だけでデートはするものの、キスすらしたことなく、せいぜい手を繋いで歩くくらいで、それ以上の関係にはなってなく、それは俺がはっきり慶子ちゃんに告白していないのが原因であるのが分かっていた。だからこそ、勇気を振り絞って告白して、リゾートホテルのプールへ誘うつもりだった…が、彼女の予定も聞かず、期間限定特別料金、早い者勝ち!の文字に…
電車の中で触られて、イキまくる女性を見るのが好きです
2017/06/26 15:00
2017/06/26 15:00
私は痴漢ではありません。
数年前までは自分で痴漢もしていましたが、今は痴漢をされて乱れる女性を見て楽しむ視漢です。

そんなわたしが最近目を付けているのが、JR中央線の通勤特快で見かける二十歳過ぎの女性。
ぱっと見はそれほど美人ではないのですが、よく見ると結構整った顔立ちをしています。

少し下半身が太めですが、上から95、60、90ぐらいと、スタイルは悪くありません。
もっと磨けばいくらでも光るのに、と思いながらいつも見ているのですが、
そこがまた、私の興味を引くのです。

彼女はパンストは履かない主義らしく、いつも生足で、しかもいつもミニスカートで現れます。
そのためやはり狙わ…
気がついたらバイトの女の子の隣で寝ていた
2017/03/14 08:09
2017/03/14 08:09
696 :エロ店長:04/02/27 15:02去年の年末の話です。  オレ、某居酒屋チェーンの店長やってて、年末最後の営業が終わってから バイトの子らと自店で忘年会をしました。  今年1年お疲れでしたぁ、と宴会開始。 ま、話題はありきたりな、常連客の話や愚痴、 冗談にかこつけたオレへの文句(w)などなど。  一応オレ主催なので、バイトや他の社員はタダ酒だと思って飲むわ踊るわの大宴会。 オレも、どうせ始発まで電車も無いし、正月の間は店も休みだし、 飲みすぎても店で寝ればいいか~、なんて考えて、結構飲んだと思い…
妻が熟女にレイプされた
2018/02/12 01:45
2018/02/12 01:45
最近、結婚して2年になる私の妻(26歳)は同じアパートに住むおばさん(50歳過ぎ)に日中、私が仕事で外出している時間帯を見計らい、我が家に押しかけては妻に強制的なレズ行為や変態行為をしている。 私の妻は結婚する前、某化粧品メーカーで化粧品などを販売する仕事をしていて性格は少し勝気ですが顔は色白でスタイルも抜群、そしてかなりのの美人なので今でも私の自慢の妻です。 そんな妻が最近同じアパートに住む50歳過ぎのおばさんに、強制的なレズ行為、変態行為を受けていたのです。 この驚きの事実が分かったのは、ある日私は仕事が速く終わりお昼過ぎに妻に電話はせずに家に帰宅した時でした。 我が家の玄関の鍵を…
【レイプ・痴漢】ある少年の一日(5)
2016/07/17 07:15
2016/07/17 07:15
また大きく広げられた太腿 湿った股間が・・・ 貝から・・・イソギンチャクに変化したように見える ああ・・・やられてしまうんだ・・・とうとう・・・ ベランダから覗きこみながら ドキドキと切ないような感情が交互にに襲ってくる。 再びペニスを奥さまの亀裂にあてがう先輩 「やだーーーーー」 唯一自由の利く両足首を振りながら叫ぶ奥様 先輩の腰がゆっくり動き出す 「ヌルッ」・・・先輩のペニスが・・・ 「入ってくぜーーー」 さっきは捻じ込もうとしても入らなかったが・・・ 今度は・・・奥様の亀裂に・・・滑り込んでいく 亀頭が埋め込まれた 「ギャーーーーーーーー」 まるで動物のような奥さまの…
【人妻体験談】他人とのプレイについては否定的な妻を掲示板で勝手に募集し寝取らせた
2017/08/09 18:02
2017/08/09 18:02
妻38歳 悩みました、どうすれば妻が自分の性癖を理解し、納得了承してくれるのか・・・ 妻に告白・・・とんでもない! 相手にされませんし、変態扱いですよ。 エロサイトも見せました、いろんな人がいる事・・・妻も真面目ですがSEXはそれなりに好きです。 ソレが即、スワップなどには結びつけません。 私との間では開放的ではありますが、他人とのプレイについては・・・否定的です。 それで、結婚11年で少し刺激を与えたく、妻には内緒で掲示板にて相手を募集しました。 何人もの方と話しました。 妻の好みも考え、20代後半から30前半の少し筋肉質の男性・・・・ 掲示板で募集し、何人かの方とお会いしましたが、皆早急…
旦那とのセックスを覗いてる最中に目が合って見つかってしまった四十路の美熟女
2016/02/20 20:15
2016/02/20 20:15
去年の夏の終わりに、旦那とのセックスを覗いてる最中に目が合って見つかってしまった四十路の美熟女。

子供たちが就職して家を出て、夫婦二人になると頻繁にセックスする姿が見られるようになった。

あれから半年近く経つが、近所のスーパーで明美を見かける事が時々有る。




仕事帰りのフォーマルな着衣姿に、明美の裸体や腰を振ってる姿を重ねて想像し珍棒を勃起させていた。

白いブラウスに黒いタイトなスカート、Cカップの胸はツンと張り括れも残る極上ボディーだ。

黒いコートを羽織っているのでパンティラインは見えないが、ブラウンに染めた髪を後ろに束ねルイヴィトンのショルダーバックを肩に掛けた…
同窓会で、人妻になった同級生の汗ばむ尻の穴をペロペロ舐めたエッチ体験
2015/12/20 00:02
2015/12/20 00:02
この間同級会があったんだけど、

1次会の昔話でよくM子の靴の匂いかいでたよと冗談交じりに言った。

「あはは!うちの旦那と同じ!あはは!」

と笑ってた。

隣同士で飲んでて太ももをチラチラ何回か見ていたら、M子が耳もとで

「足好きなの?直接足の匂い嗅いでみる?」

って言われた後、

「どこの匂いが好きなの?どんな事したいの?性癖教えてくれたら何かしてあげる」

そう言われて脇の下とお尻の穴舐めたいと言ったら、M子は凄くびっくりして

「今日は凄く暑くて汗かいてるけど大丈夫なの?」

「ウンいっぱい舐めたい」

と言ったら、やらしいズボンの上からナニをモミモミしてきて、

「半立ちだね…
携帯が。。。
2017/10/23 19:49
2017/10/23 19:49
外出先で携帯電話が鳴るだけで、身体が熱くなるの 人目につかない場所をすぐに探して電話に出るだけで、子宮がウズウズして 突然挙動不審になるわたし テレセを外で強要され、従ってる最中に発見されて、そのまま犯された過去 がよみがえる あの時の快感とスリルが忘れられず、毎日ピルを飲んで外出する 多くのテレセフレンドがいても、そんなに毎日電話があるわけでもない 快感を求めて、毎日下半身のヘアを綺麗に剃って「変態女」と罵られて笑わ れて犯される自分を想像しながら街を歩く 耳元で呻きながら、私の中に熱い精子をたくさん出してくれる瞬間を思いな がら街を歩く 見知らぬ男性の精子を子宮にたっぷり浴びて恍惚に震え、…
【姉】中学の時の初体験が、まさか、姉の友達で、童貞を捨てた・・・エッチ体験談 【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/07/31 22:12
2017/07/31 22:12
37さん(紗南)から投稿頂いた「中学の時の初体験が、まさか、姉の友達で、童貞を捨てた・・・エッチ体験談」。 中学の時の初体験が、まさか、姉の友達で、童貞を捨てた・・・全部、実話なんです。まさかあんなふうになるとは思ってもいませんでした・・・わたしが、いつも通りに部屋でオナニーをしていました おかずは、パソコンで毎日探して 今日はこれだな!ていうのを選んでシコってました。 そのあと少しゲームをして、疲れたから寝ました。起きたら、6時間以上過ぎててびっくりしました。 私「6時間も寝てたのか、部活で疲れてるわけでもないのに・・・」 時刻は午後13時半、真夜中になってる。 ぼくが、パソコンを起動し…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【露出】女装ビキニでナイトプールに侵入

・【レイプ】甲子園の常連校だった野球部の横暴

・浴室での排泄行為

・【乱交】変態カップルさんのプレイに混ぜてもらって初体験

・身長体重測定

・お堅い女上司の意外な趣味

・【熟女体験談】理容師の爆乳おばちゃんに勃起したらおっぱいプレスに手コキの痴女責めをされた

・男は欲情を理性で抑えているんですよ

・あなたのこと『だけ』訂正するようにしてあげるから

・【人妻体験談】隣の引きこもり少年に好意を持たれて玄関でレイプされた専業主婦

・想い出迷子~元彼に抱かれるとき~

・【男×男】ホームステイ先のカッコイイお兄さんに犯されたボク

・妹が徐々に変わっていった話

・嫁の美人ママ友が家に遊びに来てくれました

・【人妻体験談】超爆乳でブスな娘の友達のママさんにパイズリしてもらった後、無断中出し

・【熟女体験談】元ソープ嬢の現熟女デリヘル嬢な母との近親相姦SEX

・【オナニー】期待を超える汚れ方だった母の下着[後編]

・社長と偽って愛人募集

・女を忘れ女を捨てていました

・小?高にかけて妹への行為

・セフレ人妻達から知った主婦の実態をご紹介

・【熟女体験談】独身女子会の罰ゲームで全裸浴衣で部長達にお酌するはめになり輪姦レイプされた

・戻る事が出来ない犯され続けた体

・3P初体験…

・【オナニー】期待を超える汚れ方だった母の下着[前編]

・弟「なんか変なおしっこでちゃったぁ.......」

・【Hな体験】膝に跨がってキスをせがんでくるエッチな彼女

・妹と普通に寝た話

・憧れの京都に落とし穴!

・【近親相姦】俺は今、姉貴の奴隷です