寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【人妻体験談】拘束寝取られレイプで淫乱女に成り下がった美人妻

2018/11/05 22:02


近所で美人奥さんとして評判の私の妻
二人の子供を出産して三十路後半になったがちゃんとクビレもあるナイスボディで実年齢よりも妻は若く見られる
そんな自慢な妻の小由里だが最近夫婦の営みがマンネリになってきたこともあり私に寝取られ願望が芽生えてしまった
自慢の美人妻が他の男と浮気セックスしてどんな風に感じているいるか見たいという倒錯的な欲求
私の知る限りでは才色兼備な妻は浮気などしたことはないはずである
そしてNTR計画はいつも庭の手入れをお願いしている植木屋のご主人に小由里を抱いて欲しいとお願いすることにした。
ご主人(Aさんとしておこう)も以前から妻の小由里を気に入っていたので相談すると2つ返事で乗ってきた。
ただ、何しても後で文句言うなよという約束させられた。
何するつもりだろうと一抹の不安を覚えたが、普段の付き合いから安心はしている。
それがとんでないことになろうとはその時は想像だにしなかった。
そして子供が学校に行っている平日の水曜に妻の寝取られ計画を実行することにした。
私は水曜の朝出勤前に
「今日、庭の手入れをAさんにお願いしているから、よろしく」
と妻に言って出掛けた。
実のところ会社には有休を取っている。
駅前の本屋や喫茶店で時間を潰し、そろそろ工事も終わる頃だろうと昼過ぎにこっそりと家に戻ることにした。
Aさんには、小由里がコーヒーを出すはずだからと、知り合いの医者から貰った睡眠薬を渡しておいた。
戻ってみると庭にAさんの姿はない。
庭木もきれいに整えてある。
家の前に軽トラがあるから、まだAさんは居るはずである。
リビングを覗いてみたが、2人の姿が見えない。
どうやらうまくいったようである。
玄関のドアをそっと開け中に入る。
二階からかすかな物音が聞こえる。
後でAさんから聞いた話では、小由里は作業を終えたAさんにケーキとコーヒーをすすめた。
自分も同じものを口にしていた。
そして小由里がキッチンへ立った隙をみて、Aさんは小由里のコーヒーに睡眠薬を入れた。
小由里はそうとも知らず、コーヒーを飲み干す。
世間話をしている最中に何回もアクビをする小由里。
とうとうテーブルにもたれかかり寝入ってしまった。
Aさんはすかさず小由里を抱きかかえ、2階の寝室へと運んだ。
そして衣類を丁寧に一枚づづ剥がし、生まれたままの姿にして両手・両足をベットの四隅に用意していた縄で縛りあげている
ぷっくりと脹らんだ土手マンコ
豊満な肢体の大事な部分が露になった。
本人には言ってないが小由里のオマンコに生えている毛はクンニで顔が痛くなるほどの剛毛である。
小由里が寝入っている間にAさんは全身を嘗め回す様にビデオを撮り、足元から映るようにセットし、小由里の意識が戻るまでしばらく様子を見ることにした
ここから先は、ドアの隙間から私が見たままである
何も知らない小由里が全裸のままベッドに縛られている
Aさんはビールを飲みながら意識が戻るのを待っている
それから1時間ぐらいたっただろうか小由里の意識が戻り始めた。
その時はAさんも全裸になっていた。
その股間についた肉棒は小由里の肢体に既に反応し、太く、長く、何よりもその肉棒は天にむかってそびえたち、お腹にくっつくほどである。
小由里と同い年のはずであるが、その元気なことに我ながら驚く
Aさんはおもむろにベッドに縛られている小由里に覆いかぶさり、両手で両方の乳房を揉みしだきはじめた
小由里の乳房は寝そべった状態でも隆起がはっきりとわかる
最初はやさしく揉んでいたが、握りつぶすように、思うがままに小由里の乳房を弄んでいる
右の乳首を丁重に舐めはじめた。
乳首を舌で転がしていると寝ているはずの小由里の乳首が勃起してきた
しつこいくらいにしゃぶりついている。
舌は左の乳首へと移っていく。
そして舐めていたその舌は下へと移動しはじめた。
ついに小由里の一番大切な部分、おまんこに舌を這わしはじて睡眠薬レイプしはじめたのだ
ここからははっきりと見えないが一番敏感な突起物、クリトリスを舐めているのだと思う。
Aさんには、小由里はクリトリスでもイクことができるが子宮派である。
奥の奥を肉棒で突かれると何回でもイクと言ってある。
小由里のおまんこからクチャクチャと音が出ている。
寝ているのに感じているのか、もの凄くいやらしい音が…!
その時である。小由里が目を覚ました。
そして
「えっ何?いや、やめて…。Aさんやめて…!」と叫んだ。
あまりに大きな声にAさんは一瞬動きを止めた。
そしてAさんは小由里のからだに圧し掛かり作業で使った鋏を小由里の首に突き付けた。
小由里は「やめて、いや、やめてください!」とからだを起そうと抵抗するが、ベッドの四隅に両手・両足を拘束されているために身動きができない。
そうちょうどアルファベットのX状態になっている
そしてAさんは小由里に
「大声を出すんじゃない。刺すぞ!」
というと小由里は大きな声は上げなくなった。
「口を吸わせろ!」
と小由里の口元に唇を近づけると
「いや!死んでもいや!」
と顔を左右に激しく振り拒んだ
「だったらこれをあそこに突っ込んで、使い物にならなくしてやるぞ。それでもいいか!」
「…」
Aさんの形相に恐ろしくなり、小由里はどうすることもできない
「口を開けるんだ」
小由里は両目をきつく瞑り、口を少し開く
Aさんは小由里の顔を両手で包み動かぬようにしてから少し開いた口の中に舌を強引に差し入れた。
「舌を動かすんだ」
小由里は言われるままに舌を動かした
Aさんはその動きに合わせ、自分の舌を絡ませる。
Aさんの舌が小由里の小さな舌にべっとりと絡まっている。
Aさんの煙草くさい臭いに小由里は今にも吐きそうになるのを必死に堪えていた
千切れんばかりに思いっきり小由里の舌を吸い上げる。
見るとAさんの唇が小由里の口の中にすっぽりと隠れてしまっている
小由里の舌を歯で噛みながら根元から吸い上げているためである。
小由里はその反動で、これ以上は無理というぐらいに口を大きく開けさせられている。
自分では想像できないだろうが、何とも滑稽な、顎がはずれたような顔になっている
「んんっ」…小由里の苦しそうな呻きが微かに聞こえる。
Aさんの唾液が注ぎ込まれているのか小由里の喉が上下に動いている。
小由里にとってはすごく長く苦しい時間に感じたことであろう。
Aさんがやっと開放したと思ったら、顔を手で挟んだ状態のまま両方の親指を上唇と歯茎の間に滑り込ませる。
普段笑っても見ることのできないピンク色の歯茎がむき出しになった。
どんなに綺麗な歯並びでも滑稽に見える。
Aさんはニヤッと笑い、たっぷりと唾液のついた舌を伸ばし、歯茎や白く輝く歯の表面、裏側まで何回もねっとりと舌を這わせている
たっぷり楽しんだあと今度は下の歯茎も同様に…。
その間小由里はされるがままじっと耐えている。
こんな接吻を今までやったことはない。いや接吻といえるように代物ではない。
「小由里さんのきれいな口元を見るたびに、いつかこうしてやりたいとずっと思ってたんだ。やっと願いがかなったよ」
飽きることなく時間を掛けて嘗め回す。
口の中を隅から隅まで完全に蹂躙され…初めての経験に小由里の目からは涙が流れている。
しかしAさんはそれだけでは飽き足らず、次にやったことは…もう変態としか…。
「きっと俺のことが忘れられなくなる」
Aさんは、着ていた上着のポケットから何やら包みを取り出した。
よく見るとそれはチョコレートである。
「チョコレートは好きかい?小由里さんに食べさせてあげるよ」
そう言うと、チョコレートの包みをはずし、自分の口の中に入れた。
くちゃくちゃ…あっという間に口の中でチョコレートが溶ける。
Aさんは、小由里の頬を両手で押さえ、自分の口の中にあるドロドロに溶けたチョコレートを舌に載せ小由里の口の中に流し込み咀嚼キスをしようとしている
しかし小由里は口をぎゅっと結び首を左右に振って激しく抵抗した。
Aさんは一旦諦めたが、持っていた道具箱から首輪を取り出し、小由里の首に取り付けた。
首輪には何やらフックのようなものがついている。
「小由里さん、これが何かわかるかね?」
「…」
「先に小由里さんの美しい顔をもっと美しくしてあげよう」
そう言うと首の後ろから頭のてっぺんをとおして鼻の穴に引っ掛けた。
フックにはゴム製の紐がついており、小由里の形のよい鼻がこれ以上は無理なほど上を向いてしまった。
「最初だからこんなもんだろう。調教したらもっと上を向くようになるよ」
小由里は「やめて、いや、やめてください!」首を左右に激しく振りながら叫んだが、聞く耳持たぬといった態度である。
さらに頭の後ろから両頬をとおして二つのフックを左右の鼻の穴に引っ掛けた。
形のよい鼻が上だけでなく左右にも引っ張られ、真正面から見ると顔の真ん中に大きな穴が二つ並んだようである。
鼻毛も丸見えである。横から見ると鼻の頭が潰れ皺が幾重にもできている。
何とも醜い豚顔にされてしまった。Aさんにこんな性癖があろうとは…。
しかし興奮する自分がそこに居た…。
「小由里さん見てごらん。すごくいい顔になったよ」
Aさんは鏡台にあった手鏡を小由里の前に差し出した。
「いや、見たくない」
小由里は目をつぶり鏡を見ようとしなかったが、「見ないとフックをもっと引き上げるぞ」とAさんに脅され、しかたなく鏡を覗く小由里。
そこには想像だにしなかった醜い豚顔が…
鼻がきつく引っ張られているため口を閉じることができない、歯が剥き出しのままの…これが自分の顔だとは…
それを赤の他人に見られていると思うと、恥…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
尻軽エッチな女の子はスグに濡れちゃう【セフレ・浮気】
2015/11/05 18:05
2015/11/05 18:05
昨日Gくんに会いました。(Gくんは一応終わったセフレ) 友達から電話があって飲み会に行ったらGくんがいたんです。 Gくんは元々はちかの遊び仲間の1人だから居ても不思議はない。 行ったら「久しぶりー」って。 言っても半月ぶりだけどね(笑)私が行った時は男3人女2人全員、すごい酔っ払い状態。 速攻隣に座ってきて腰に手をまわしてベタベタ。 その日一緒にいた人たちはGくんとちかがHしてるの知ってるから遠慮なく触ってくるんです。 腰に手をまわしたまま飲んでいると、指を微妙に動かして刺激してきます。 トイレに立って出てきたらGくんがいてキスしました。 そのままトイレに戻ってパンストと下…
★可愛い子の診断にはウキウキ・・1/2
2017/05/14 22:08
2017/05/14 22:08
 去年の夏の話ね。正真正銘、実話。だから誤魔化し誤魔化しかかないとヤバイwまあ平気だろうけど。。俺外科医なんだけど、ある日病院に盲腸の女の子が運ばれてきてさ。

 その日はその子すっぴんで、痛さで顔がすっごいゆがんでるわけだけど、それでも「あ、この子可愛いな」ってわかる。診察するためにTシャツを少したくしあげて、ジーンズも下げたんだけど、すっごいスタイルがいい。

 クビレがいいかんじにあって、でも肌柔らかい〜白い〜〜身長は少し小さめだけど、モデルでもおかしくない体型。痛がってるのに、おなかムニムニ触っちゃって、ちょっとかわいそうだった。

 彼女のスペック書くと、年は21歳、大学生。綺麗…
多分に俺の子・・・
2015/11/10 20:01
2015/11/10 20:01
俺は今 43才。10年位前の話しです
俺には3才離れた妻真姫(まき)がいます。
高校からの付き合いで俺が高校3年、妻は中学3年でした。
腐れ縁かだらだらと年月を過ごしていました。
大学卒業後に結婚 女児5才1人
週3回程のお勤めsex…小柄な真姫は俺好みでしたが、無い物ねだりです
体に比例してか?胸がない!
妊娠中は膨れたが今では元のまな板にマメ…

街を歩いても巨乳までなくても膨らんでいる胸に目がいってしまいます
真姫も薄々は感ずいている感じ
生まれ持っての宿命…お互い口には出しませんでした。
ある日日曜日に真姫が友達と電話で朝から話していました。
「あんた~今日、明美くるけど、…
婚約中の式場探しの男性に中出しされて、少しだけ興奮してしまった。。。
2015/12/02 15:30
2015/12/02 15:30


結婚式場で働いています。




この前、結婚式場を婚約者と探しているお客様のKさんと寝てしまいました。




うちの式場はスライドの写りと編集器具が自慢の会場で、必ずお客様に見せます。




3ヶ月打ち合わせを続けているKさんカップルにも見せようと、


会場を二人だけにして暗くしました。





私は上の編集器具室へ・・・


上映中に器具室から二人を見てたらKさんだけが席を立って


「トイレかな?」と思っていたら、


さっき私が案内した薄暗い器具室へ入ってきて


「佐野さんのこと、前から好…
平凡な主婦の私が声をかけてきた男性と成り行きでエッチしてしまいました
2017/09/16 22:02
2017/09/16 22:02
私は32歳の平凡な主婦です。

実の母親を引き取って三人暮らしでした。

結婚して五年になりますが、

何故か子供に恵まれません。

主人は38歳の働き盛りですが、

セックスの方も男盛りと言うのか週に二回は求めてきます。

平凡ながら三人仲良く生活していました。

昨年の秋に東京への転勤辞令が出たのです。

母を抱えている都合上、

単身赴任で経過しておりました。

月に一度は会社の経費で帰宅できるように配慮していただいております。

週に二回が月に一度になってしまったんです。

帰宅した時は母は気を利かせて、

二人の時間を出来るだけ長く取れるようにしてくれます。

黒人レイプ
2017/12/08 17:49
2017/12/08 17:49
こんにちは、都内でバーテンしてる26才の男です。 昨日の事なんですけど、俺は六本木駅近くのビルの7階のバーで働いていて、深夜2時位に休憩に入ったんで、バックヤードで一服してました。 そしたら、窓のすぐ近くで女の悲鳴みたいなのが聞こえたので、恐る恐る窓に耳をあてて聞いてみました。 すると、太い英語っぽい声が聞こえて、何かヤバそうな感じだったけど、ゆっくり窓を開けて覗き込みました。 窓の外は、すぐ隣のビルの非常階段の踊り場が見えています。 ちょうど俺が見下ろす感じで、すぐ下に黒人に押さえ付けられた日本人の女がいました。 たぶん隣のビル のクラブから出て来た奴らだと思うんですけど、編込んだ感…
酔って帰ったきた姉とのエッチ体験  =近親相姦体験=
2018/02/11 23:47
2018/02/11 23:47
僕はまだ高校生だったので姉には女としてすごく興味があり普段普通に会話してる時でも、ちょっと意識してました。 あれは姉が飲み会かなにかで、酒に酔って帰宅した時です 母が飲み薬を持って行ってあげてと言うので薬と水を持って2階の姉の部屋に行きました 姉は帰ってきたままの格好でベットで寝ていました。 「おねぇちゃん薬を持ってきたよ・・」と肩を叩きましたがまったく反応がありませんでした 下半身を見るとジーパンのボタンとファスナーが開いたままです 僕はそっとチャックの部分を広げるとパンティが見えました。 白とピンク色のチェックでした・・・ 僕はすごくドキドキしながら、少しパンティをさわった 胸…
1回も100回も罪は罪
2015/11/04 20:01
2015/11/04 20:01
初めて投稿します。 去年の秋に起こった事件を書きたいと思います。(実話の為にハードな内容ではありません。)私、山本順(仮名)29歳と妻、由里子29歳は結婚2年半の夫婦です。 同じメーカー勤務の同期で現在も共働きです。 由里子は超難関の国立大卒の才女で経営本部の課長補佐です。 私は中堅私大卒の営業部勤務で平社員です。 入社当時から、由里子は一目置かれる存在でした。 頭脳明晰で可愛く、私には高嶺の花でしたが、4年前の本店の同期会で偶然、私の席の隣に由里子が座り由里子が好きなサッカーの話題で盛り上がりました。ダメ元で、今度一緒に見に行かない?と誘ったところ、以外にもokの返事が返って来ました。 由里…
クラブで知り合ったイケメンにお持ち帰りされた時のエッチな話【SEX体験談】
2016/02/19 09:31
2016/02/19 09:31

数年前、ほぼ毎週クラブ通いしてたんだけど、そこで出会ったイケメンとの話。

「音を楽しむためにクラブ行ってる」

ってドヤ顔で言う奴ってちょっとどうかと思うんだけど、私たちは当時「男目当て」ってよりも「お祭り騒ぎして楽しむ」ために行ってた。

クラブにいる女の子ってだいたい2パターンいて、前のほうとかお立ち台で頭振り回して踊り狂ってる子と、隅っこでグラス両手で持ってナンパされてる子に別れると思うんだけど、私は完全に前者だった。

といってもクラブでよく見かけるようなセクシーダンスじゃなくて、友達と変なダンス(志村けんの変なオジサンの振り付けとか笑)踊ってアホみたいに騒いでるってゆー感じだっ…
催眠で
2017/09/23 09:49
2017/09/23 09:49
職権乱用ではないのですが、私は催眠誘導を乱用しているのでこちらに書き込みさせてもらいます他にどこに書くべきかわからなかったので。 年くらい前に本気で催眠誘導いわゆる催眠術というやつですを習得したくて、結構な金額を払ってに通いました。下心満載で笑通ったのですが、すぐに講師の先生に見抜かれ、悪用は絶対しないように諭されましたが(^_^;) まあ、実際には私が身につけたでは、初対面の相手に催眠をかけることなどとてもできません。私を信頼して心を開いてくれている相手なら、ある程度こちらの思うように誘導できる、というです。 なので、会ったばかりの子を催眠を利用してホテルに連れ込む…という ようなことはでき…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・浮気をしていた妻が一段と綺麗に・・・

・複数の男性から体を弄ばれたい願望・・・

・夫の寝取られ願望を叶えていますが

・【熟女体験談】チャットをした熟女と会い、イクことを教え、連続アクメを楽しませ、セフレゲット

・初めて行った銭湯で、いきなり露出プレイをする貞淑な妻

・△温泉旅行で酔い潰れ、目が覚めたら妻が口移しで酒を飲まされていた(転載禁止)

・アイマスクされて大勢に挿入されたのに、こんな快感味わったことがありません

・誰でも良いからSEXしたいアラフォーな人妻

・俺の初体験。

・【Hな体験】本番強要ぐせがあるというパイパンのオジサン

・中○生にパンチラだけでなく

・落ち着いた大人の女性と出会いたいと思って登録した出会い系

・【熟女体験談】夫がいないときに息子と近親相姦する母親

・男なら興味津々な女医の妖しい行動

・【人妻体験談】義母と一緒にお風呂に入り、湯船の中でお互いに言い訳しながら生挿入SEX

・義父と嫁のセックス 05

・【寝取られ】バイト先のイケメン大学生に孕まされた嫁

・透けた競泳水着

・母が激しく犯されながら切なげに喘ぎ声を上げている光景・・・

・叔父の奥さんに憧れていた若き俺のエロ歴

・日曜日のタダマン中出し

・【熟女体験談】毎朝立ち寄るコンビニの小奇麗なおばさんと中出ししてハメた

・【Hな体験】好きだった人妻先生に無理やりキスしたら・・・。

・銭湯の娘だって子供扱いされたくない

・「わたしが教えてあげようか」から3Pへ

・大嫌いだった従姉妹の話する

・彼が私の中で果てたとき・・・

・オーナーの指導を色々受けているバツ1女です

・【SM・調教】告ってきた派遣OLを性処理係に任命[後編]

・※妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活