寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

【人妻体験談】拘束寝取られレイプで淫乱女に成り下がった美人妻

2018/11/05 22:02


近所で美人奥さんとして評判の私の妻
二人の子供を出産して三十路後半になったがちゃんとクビレもあるナイスボディで実年齢よりも妻は若く見られる
そんな自慢な妻の小由里だが最近夫婦の営みがマンネリになってきたこともあり私に寝取られ願望が芽生えてしまった
自慢の美人妻が他の男と浮気セックスしてどんな風に感じているいるか見たいという倒錯的な欲求
私の知る限りでは才色兼備な妻は浮気などしたことはないはずである
そしてNTR計画はいつも庭の手入れをお願いしている植木屋のご主人に小由里を抱いて欲しいとお願いすることにした。
ご主人(Aさんとしておこう)も以前から妻の小由里を気に入っていたので相談すると2つ返事で乗ってきた。
ただ、何しても後で文句言うなよという約束させられた。
何するつもりだろうと一抹の不安を覚えたが、普段の付き合いから安心はしている。
それがとんでないことになろうとはその時は想像だにしなかった。
そして子供が学校に行っている平日の水曜に妻の寝取られ計画を実行することにした。
私は水曜の朝出勤前に
「今日、庭の手入れをAさんにお願いしているから、よろしく」
と妻に言って出掛けた。
実のところ会社には有休を取っている。
駅前の本屋や喫茶店で時間を潰し、そろそろ工事も終わる頃だろうと昼過ぎにこっそりと家に戻ることにした。
Aさんには、小由里がコーヒーを出すはずだからと、知り合いの医者から貰った睡眠薬を渡しておいた。
戻ってみると庭にAさんの姿はない。
庭木もきれいに整えてある。
家の前に軽トラがあるから、まだAさんは居るはずである。
リビングを覗いてみたが、2人の姿が見えない。
どうやらうまくいったようである。
玄関のドアをそっと開け中に入る。
二階からかすかな物音が聞こえる。
後でAさんから聞いた話では、小由里は作業を終えたAさんにケーキとコーヒーをすすめた。
自分も同じものを口にしていた。
そして小由里がキッチンへ立った隙をみて、Aさんは小由里のコーヒーに睡眠薬を入れた。
小由里はそうとも知らず、コーヒーを飲み干す。
世間話をしている最中に何回もアクビをする小由里。
とうとうテーブルにもたれかかり寝入ってしまった。
Aさんはすかさず小由里を抱きかかえ、2階の寝室へと運んだ。
そして衣類を丁寧に一枚づづ剥がし、生まれたままの姿にして両手・両足をベットの四隅に用意していた縄で縛りあげている
ぷっくりと脹らんだ土手マンコ
豊満な肢体の大事な部分が露になった。
本人には言ってないが小由里のオマンコに生えている毛はクンニで顔が痛くなるほどの剛毛である。
小由里が寝入っている間にAさんは全身を嘗め回す様にビデオを撮り、足元から映るようにセットし、小由里の意識が戻るまでしばらく様子を見ることにした
ここから先は、ドアの隙間から私が見たままである
何も知らない小由里が全裸のままベッドに縛られている
Aさんはビールを飲みながら意識が戻るのを待っている
それから1時間ぐらいたっただろうか小由里の意識が戻り始めた。
その時はAさんも全裸になっていた。
その股間についた肉棒は小由里の肢体に既に反応し、太く、長く、何よりもその肉棒は天にむかってそびえたち、お腹にくっつくほどである。
小由里と同い年のはずであるが、その元気なことに我ながら驚く
Aさんはおもむろにベッドに縛られている小由里に覆いかぶさり、両手で両方の乳房を揉みしだきはじめた
小由里の乳房は寝そべった状態でも隆起がはっきりとわかる
最初はやさしく揉んでいたが、握りつぶすように、思うがままに小由里の乳房を弄んでいる
右の乳首を丁重に舐めはじめた。
乳首を舌で転がしていると寝ているはずの小由里の乳首が勃起してきた
しつこいくらいにしゃぶりついている。
舌は左の乳首へと移っていく。
そして舐めていたその舌は下へと移動しはじめた。
ついに小由里の一番大切な部分、おまんこに舌を這わしはじて睡眠薬レイプしはじめたのだ
ここからははっきりと見えないが一番敏感な突起物、クリトリスを舐めているのだと思う。
Aさんには、小由里はクリトリスでもイクことができるが子宮派である。
奥の奥を肉棒で突かれると何回でもイクと言ってある。
小由里のおまんこからクチャクチャと音が出ている。
寝ているのに感じているのか、もの凄くいやらしい音が…!
その時である。小由里が目を覚ました。
そして
「えっ何?いや、やめて…。Aさんやめて…!」と叫んだ。
あまりに大きな声にAさんは一瞬動きを止めた。
そしてAさんは小由里のからだに圧し掛かり作業で使った鋏を小由里の首に突き付けた。
小由里は「やめて、いや、やめてください!」とからだを起そうと抵抗するが、ベッドの四隅に両手・両足を拘束されているために身動きができない。
そうちょうどアルファベットのX状態になっている
そしてAさんは小由里に
「大声を出すんじゃない。刺すぞ!」
というと小由里は大きな声は上げなくなった。
「口を吸わせろ!」
と小由里の口元に唇を近づけると
「いや!死んでもいや!」
と顔を左右に激しく振り拒んだ
「だったらこれをあそこに突っ込んで、使い物にならなくしてやるぞ。それでもいいか!」
「…」
Aさんの形相に恐ろしくなり、小由里はどうすることもできない
「口を開けるんだ」
小由里は両目をきつく瞑り、口を少し開く
Aさんは小由里の顔を両手で包み動かぬようにしてから少し開いた口の中に舌を強引に差し入れた。
「舌を動かすんだ」
小由里は言われるままに舌を動かした
Aさんはその動きに合わせ、自分の舌を絡ませる。
Aさんの舌が小由里の小さな舌にべっとりと絡まっている。
Aさんの煙草くさい臭いに小由里は今にも吐きそうになるのを必死に堪えていた
千切れんばかりに思いっきり小由里の舌を吸い上げる。
見るとAさんの唇が小由里の口の中にすっぽりと隠れてしまっている
小由里の舌を歯で噛みながら根元から吸い上げているためである。
小由里はその反動で、これ以上は無理というぐらいに口を大きく開けさせられている。
自分では想像できないだろうが、何とも滑稽な、顎がはずれたような顔になっている
「んんっ」…小由里の苦しそうな呻きが微かに聞こえる。
Aさんの唾液が注ぎ込まれているのか小由里の喉が上下に動いている。
小由里にとってはすごく長く苦しい時間に感じたことであろう。
Aさんがやっと開放したと思ったら、顔を手で挟んだ状態のまま両方の親指を上唇と歯茎の間に滑り込ませる。
普段笑っても見ることのできないピンク色の歯茎がむき出しになった。
どんなに綺麗な歯並びでも滑稽に見える。
Aさんはニヤッと笑い、たっぷりと唾液のついた舌を伸ばし、歯茎や白く輝く歯の表面、裏側まで何回もねっとりと舌を這わせている
たっぷり楽しんだあと今度は下の歯茎も同様に…。
その間小由里はされるがままじっと耐えている。
こんな接吻を今までやったことはない。いや接吻といえるように代物ではない。
「小由里さんのきれいな口元を見るたびに、いつかこうしてやりたいとずっと思ってたんだ。やっと願いがかなったよ」
飽きることなく時間を掛けて嘗め回す。
口の中を隅から隅まで完全に蹂躙され…初めての経験に小由里の目からは涙が流れている。
しかしAさんはそれだけでは飽き足らず、次にやったことは…もう変態としか…。
「きっと俺のことが忘れられなくなる」
Aさんは、着ていた上着のポケットから何やら包みを取り出した。
よく見るとそれはチョコレートである。
「チョコレートは好きかい?小由里さんに食べさせてあげるよ」
そう言うと、チョコレートの包みをはずし、自分の口の中に入れた。
くちゃくちゃ…あっという間に口の中でチョコレートが溶ける。
Aさんは、小由里の頬を両手で押さえ、自分の口の中にあるドロドロに溶けたチョコレートを舌に載せ小由里の口の中に流し込み咀嚼キスをしようとしている
しかし小由里は口をぎゅっと結び首を左右に振って激しく抵抗した。
Aさんは一旦諦めたが、持っていた道具箱から首輪を取り出し、小由里の首に取り付けた。
首輪には何やらフックのようなものがついている。
「小由里さん、これが何かわかるかね?」
「…」
「先に小由里さんの美しい顔をもっと美しくしてあげよう」
そう言うと首の後ろから頭のてっぺんをとおして鼻の穴に引っ掛けた。
フックにはゴム製の紐がついており、小由里の形のよい鼻がこれ以上は無理なほど上を向いてしまった。
「最初だからこんなもんだろう。調教したらもっと上を向くようになるよ」
小由里は「やめて、いや、やめてください!」首を左右に激しく振りながら叫んだが、聞く耳持たぬといった態度である。
さらに頭の後ろから両頬をとおして二つのフックを左右の鼻の穴に引っ掛けた。
形のよい鼻が上だけでなく左右にも引っ張られ、真正面から見ると顔の真ん中に大きな穴が二つ並んだようである。
鼻毛も丸見えである。横から見ると鼻の頭が潰れ皺が幾重にもできている。
何とも醜い豚顔にされてしまった。Aさんにこんな性癖があろうとは…。
しかし興奮する自分がそこに居た…。
「小由里さん見てごらん。すごくいい顔になったよ」
Aさんは鏡台にあった手鏡を小由里の前に差し出した。
「いや、見たくない」
小由里は目をつぶり鏡を見ようとしなかったが、「見ないとフックをもっと引き上げるぞ」とAさんに脅され、しかたなく鏡を覗く小由里。
そこには想像だにしなかった醜い豚顔が…
鼻がきつく引っ張られているため口を閉じることができない、歯が剥き出しのままの…これが自分の顔だとは…
それを赤の他人に見られていると思うと、恥…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
強気でクールな姉さん女房が、巨根の後輩にご褒美をあげた9【ブロマガ】
2017/01/11 10:59
2017/01/11 10:59


美里は、私が覗いているのをわかった上で、積極的に悠斗にキスをしている。舌を差し込み、かき混ぜているのがはっきりと見える。美里の舌が、悠斗の舌に絡み合う……。私は、そんなものを見せられているのに、息を潜めて覗き続け、そして興奮していた。

美里は、チラチラと私の方を見ながらキスを続け、悠斗の背中に腕を回して抱きしめるような仕草までしている。まるで、恋人同士のようなキスを続ける二人。こんな状況なのに、私は自分が極限まで勃起しているのを自覚して、オナニーをしたくてたまらないと思っていた。

自分の妻が、会社の後輩とキスをする姿を見て、オナニーをしたくなる私……。どこで歯車が狂った…
傷心の傷をを同僚がセックスで慰めてくれた
2017/05/28 20:46
2017/05/28 20:46
736 :えっちな18禁さん:2008/03/25(火) 22:55:22 「親父が突然死した。」 残業中にそんな電話が入った。2日前に電話で俺が親父に怒った事が頭をよぎった。 呆然とした。ついそのまま「わかった」とだけ伝え他は何も聞かず切ってしまった。 俺は高校卒業後一人暮らしをし、両親とは年に3、4回顔を合わせる程度だ。 しかも両親は生活費を借金をするくらいお金に関して能力が無い為、最近は俺が 実家のお金を管理していた。電話で怒ったのもその事だった。 737 :736:2008/03/25(火) 23:04:29 そんな親父だったので正直ムカつく存在としか思っていなかった…
母親を犯す快感
2017/02/13 12:19
2017/02/13 12:19
オレは今年から社会人になった。 でもなかなか彼女も作れない。 その訳はオレの誰にも明かせない『秘密』があるから・・・。 その『秘密』とはズバリ、母親との近親相姦。 もう5年近くも続いている。 信じられないかも知れないが、これは本当の出来事であり、すべてが真実だ。 信じない者は信じなければいい。 でも誰しもが、少なからず母親に対して性的欲望を抱いた事はあるハズだと思う。 ほとんどが社会的モラルや理性によって否定されているだけ。 だが一度その理性が失われれば、たとえ母親と息子と言えども所詮は男と女、愛欲地獄に陥るモノだと実感する。 オレが初めて母とセックスしたのは高校3年の大学…
車を運転中にもエロ行為でムンムン【エロ体験談】
2018/03/31 01:30
2018/03/31 01:30
友人達は、毎週末クラブに行ってはナンパをして女の子達とHしていた。平日にも、クラブでナンパした沢山の中から女の子達に連絡をし、2~3日に1回Hという感じであった。

そんな友人に、たまには家に連れてきてくれ!みんなで乱交しようと頼んでいた。友人もホテル代が掛からなくていいか、と言うことになり連れてきてもらった。

その日は、友人2人に19歳の女の子2人、自分を入れて総勢5名である。M子は、ふっくら気味の顔はまあまあで胸はEカップ。H子は、細身で結構かわいいくて胸はCはあったと思う。

友人達4人が来たときには、みんな酔っていたが部屋にあげ更にみんなで飲んだ。しばらくすると、A雄が車で買い出しに…
【人妻体験談】10年来の知合いの人妻とのセックス体験談
2015/11/06 06:29
2015/11/06 06:29
761 :えっちな18禁さん :2012/07/09(月) 18:45:18.94 ID:8INqh6P80(9) 去年の夏に10年来の知合いの人妻とSEXした。 駄文だが、載せてみる。 彼女のスペックは身長170cm半ばでスレンダーなモデル体系。胸はDカプ位。 顔は仲間ゆきえ似。 元は職場同期入社として知り合った。 当時はお互いに独身。 彼女は明るく人見知りしないので人気があったし、職場中の男がエロい目でみていたと思う。 同期ということもあり、在職中は他の同期のメンバーと一緒に飯を食いに行ったりしたことがあるくらいの関係。   お互いその職場を辞めた後も、たまにメールする…
ベランダで朝起ちチンコを露出して、隣の若妻と相互オナニー
2015/10/07 11:06
2015/10/07 11:06
俺はバーテンダーをしていて
仕事柄日中は家にいます

俺の住んでるマンションの隣には
子無しの若夫婦が住んでいるんです

隣の奥さんの顔は見た事ないけど、
声の感じと旦那の見た目からして若いと思います。

たまに休みの日に家にいると
隣からヤってるHな喘ぎ声が聞こえる時もあります。

俺の出勤時間は夕方5時からだから昼間は寝てます。

そしてこの前の平日、
俺は3時ぐらいに起きると真っ裸のままベランダに出ました。

最近熱くなってきたから、夏はいつもこんな感じです。

寝る時はいっつも裸だから、
朝立ちしたビンビンのままベランダに出るのが最高っす

ベランダの向こうは川だから…
【姉との告白体験談】 オナニー覚えたてで、姉の風呂を覗き見してたら…見つかって手ほどき
2016/04/14 11:27
2016/04/14 11:27
小5の時、風呂上がりの姉貴の部屋を覗きながらおナニーしてた。 姉貴はよく深夜に風呂に入るので、家族が寝ている時がチャンスだった。一度見つかったと思った時があったが、翌日もいつもと変わらない対応だったので、ばれてなかったと思い一週間後にまた決行した。 覗きながらオナっていると、姉貴と目が合った。しまった、と思いまた逃げようとしたが、前回のこともあり、もう一度覗いてみた。やはりこちらを見ているが、気付いていなさそう…と思った瞬間。ニッコリ笑って手招きされた。ば…ばれてる。顔が熱くなってきた。もう逃げてもしかたがないので、諦めて姉貴の部屋に入っていった…恐る恐る部屋に入ると、バスタオル姿の姉貴が…
セックス体験、主人の先輩との不倫セックスが気持ちいい
2015/12/09 21:00
2015/12/09 21:00



こんにちは。
私もおなじ社宅の人とときどきHなことしてます。
昨日、ついにさいごまでしちゃいました。
すごいどきどきしますね。
私の場合は主人の先輩がお相手なので余計に興奮しちゃって。その人、主人と同じ部署だから主人の仕事の時間とかも知ってるから
主人が遅い日なんかは、仕事の後うちによって行くんです。
それで、3階上の自宅に帰っていくんですよね。
顔もすごく好みだし、いけないと分かってるけどやめられないです・・・
 
出会いは私の結婚式でした。2年前です。主人の仕事仲間として出席してました。
彼は主人の先輩で、一緒に仕事してた人です。今は部署は一緒だけど仕事は別みたい・・・。
先輩と…
【人妻体験談】元同級生の美人なママと良い仲に
2016/09/06 22:02
2016/09/06 22:02
今からもう20年以上前の話です。当時パチスロ(1.5号機)が流行り出した頃で、土曜日の午後は友人達と大阪のナンバでよく遊んでた。ちなみに当時の俺は勿論童貞で170cm、53kgぐらい。姉と兄がいて、顔はフツメン。昔から今も男女問わず年上ウケは良いほう。  その日もちょこっと打った後にオカンから買い物を頼まれていたので高島屋へ寄ったところ、前から紙袋を一杯にぶら下げた綺麗な人が歩いてきた。よく見ると小学校でずっと同じクラスだった三谷恵理子(仮名)のお母さんやと思い声を掛けてみた。 「すいません、三谷恵理子さんのお母さんじゃないですか?」「はい?そうですけど?」「僕、小学校でよく一緒…
大好きな優子ちゃんが同じ会社の奴に喰われた
2016/03/05 00:05
2016/03/05 00:05
今日、大好きな優子ちゃんが同じ会社の奴に喰われたことが判明。 そいつはナンパ野郎として社内でも有名な遊び人。社内食堂でそい つのグループと隣になった時、自慢げに話しているのを聞いてしま った。複数で飲んでいたようだが、移動中二人がはぐれたらしく、 二人での2次会でガンガン飲ませてタクシーで優子ちゃんの家へ。 ベッドに横にしたらすぐに寝てしまったのでイタズラ。ムラムラし てそのまま喰ったとのこと。そいつは初めから狙っていたらしい。 途中からは優子ちゃんの意識も戻って完全和姦。「最初は痛がって 大変だったけどマ○コの締り良くてサイコーだった」だと。優子ちゃんは清楚な雰囲気で顔もスタイルも本当に可愛…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【熟女体験談】義姉との初めてのアナルセックスになんともいえない興奮を覚えた

・温泉混浴で注意書きを守らなかった罰

・▲初めてできた恋人は、黒髪巨乳で後ろまで調教済みだった3(転載禁止)

・【盗撮・覗き】トラウマとなった恍惚とした母の顔

・主人が「俺以外の男に抱かれたくないか」と言い出した・・・

・【混浴】混浴に妻をノータオルで入らせる罰ゲーム

・白髪を剃り落としたPaipan夫婦

・突然部下が結婚するといってきて、彼女のことを奪いたくなった

・【熟女体験談】熟女デリヘル嬢とセフレに発展し、大半は制服姿でSEXしている

・【人妻体験談】ポッチャリ体系な妻の母に媚薬を飲ませ、SEXにハマらせた

・お尻でイク

・【Hな体験】胸の小さな妹の頼み事[後編]

・出会い系の人と偶然会うなんて

・伯母と過ごした永遠の4年間

・小雪みたいな感じの顔のオバサンでしたが・・・

・【人妻体験談】睡眠薬とお酒で泥酔している母を襲って中出し射精

・【熟女体験談】妻との旅行で知り合ったご婦人たちに温泉でフェラ攻めされた

・映画館でレイプした人妻と

・他部署の上司との生セックスが病みつきに

・【Hな体験】密かに想いを寄せていた文学少女に膝カックン

・【人妻体験談】父が再婚した義母に誘惑されたら、イキながらお漏らしした

・【熟女体験談】親が旅行でいない間、隣に住んでるおばさんにお世話をしてもらい童貞卒業

・抜かずの3発に腰も子宮も癒される不倫三昧

・【羞恥】キャバの面接で紹介されたヤバい裏風俗

・非処女の妻は美しい

・【Hな体験】ゴムが破けるハプニングで知った生中出しの快感

・映画館の女子トイレで

・【人妻体験談】お尻が大きい幼馴染の母親とのセックスの相性は抜群

・高校教師している彼女の教ええ

・男なら気になる妻は何人の男と寝たのか