寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

▲年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った5(転載禁止)

2018/11/04 22:55




嫁は、獣の雄叫びのような声をあげながら、見たことがないようなイキ方をしてしまった。秋雄のディルドで感じているときも恐ろしく乱れてしまっていたが、それ以上だ。
私は、手も触れていないペニスが射精をしてしまったことに動揺しながらも、あまりの快感にうめいていた。

秋雄は、自分はまだイッていないが、動きを止めた。
「大丈夫?」
彼は、ぐったりしている嫁に心配そうに声をかけた。



『大丈夫なわけないだろ……。なに入れてんだよ。合意がないセックスは、犯罪だろ……』
嫁は、いつもの強気な言葉を口にする。でも、その声は弱々しく、まだトロンとしたような顔のままだ。
「ゴメン。でも、すごく気持ちよかったでしょ?」
秋雄は、少しからかうような口調だ。
『まぁまぁかな。ほら、早くどけって』
嫁は、強気な言葉を繰り返す。でも、秋雄はペニスを抜かない。それどころか、奥に押し込んでこすりつけるように腰を動かす。
『うぅあっ、こ、こらっ、やめろって、もう十分だろ!』
慌ててそんなことを言う嫁。でも、顔が紅潮して上気したような感じになっている。
「十分なの? まだ、足りないんじゃない?」
秋雄は、そんなことを言いながら腰を微妙に動かす。回すような動きで、あまり動きはないが、嫁は足の指が開いたり閉じたりしている。
『た、足りてる。いいからどけって、うぅくぅ』
嫁は、抵抗しながらも声が漏れている。さっきまで、あんなに激しく感じていたので、体中が敏感なままなのだと思う。

「またまた~。ここはそう言ってないじゃん。キュンキュン締め付けてきてるし」
秋雄は、楽しそうにそんなことを言う。嫁は、とろけた顔のまま、それでも抵抗を続ける。
『もう、いいって! 早くどけよ。アンタも、なに見てるんだよ。とめろって!』
嫁は、私にも矛先を向ける。でも、私はパンツの中で暴発してしまい、ズボンにまでシミが出来ているような情けない状態だ。
『はぁ? またイッたの? 触ってもないのに? この、どヘンタイ』
嫁は、あきれたような顔で言う。私は、小さくゴメンとしか言えなかった。
「ほら、アイツも楽しんでるんだから。美冬ちゃんも楽しまないと損だって」
秋雄は、そんなことを言いながら動きを大きくしていく。すると、嫁の両足がピンと伸び、つま先がギュッと内側に曲げられ始めた。秋雄のディルドでわかったことだが、嫁は本当に気持ちいいと、こんな動きをする。私と普通にセックスをしていたときは、わからなかったことだ。
『うぅっ、うぅ~っ! あぅ、だめぇ、もう、あぁっ! あんっ、うぅっ』
嫁は、やめろとは言わなくなった。でも、さっきみたいにあえぐことは拒否しているようだ。声を必死で抑えながら、なんとも言えない表情で私を見つめている。怒っているようにも、困惑しているようにも見える。もしかしたら、助けを求めているのかな? とも思う。

「素直に感じればいいのに。身体はめっちゃ反応してるじゃん。子宮も、指で触れるくらい降りてきてるよ」
秋雄は、そんなことを言いながら腰を動かし続ける。単純な動きから、動きの読めない複雑な動きに変わってきている。

『うぅっ、ち、違う、そんなこと、ひぃぅ、ないから、うぅあっ!』
嫁は、苦しげな声で言う。私は、必死で声を抑えようとする嫁に、私への愛情を感じた。でも、これは私の仕組んだことなので、申し訳ない気持ちが大きくなる。そして、
「あっちの部屋にいるから。我慢しなくていいから」
と、嫁に言って隣の部屋に移動を始めた。
『な、なに言ってんだよ! そんなの、うぅっ、だ、だめ、あっ、あっ、うぅっ』
私の方を見て、そんなことを言い続ける嫁。でも、私は部屋を出て扉を閉めた。しかし、隣の部屋には移動せず、ドアに耳をくっつけて中の様子を聞き続ける。室内の薄いドアなので、ほとんど声は丸聞こえだ。

「ほら、もう平気でしょ? 声我慢しなくていいから」
秋雄は、そんなことを言う。そして、嫁はどんどん声が大きくなっていく。
『うぅあっ、あっ、そこ、うぅっ、気持ちいいっ、もっと強く、うぅあっ、あっ、そう、そこっ!』
嫁は、秋雄に注文まで始めてしまった。やっぱり、私が見ていることで声を我慢していたんだなと感じた。
「ここでしょ? わかりやすいな」
秋雄は、楽しそうに言う。そして、嫁はさらに声が大きくなっていく。
『イ、イクっ、イクっ! イクゥッ! んおおぉおおおぉおっ!』
嫁は、獣の雄叫びのような声をあげる。でも、まだ秋雄は動きを止めないようだ。

「ほら、舌出して」
秋雄はそんな指示をする。そして、急に声が聞こえなくなる。私は、不安に感じてドアを薄く開けた。すると、ベッドの上には、正常位で繋がりながら、濃厚にキスをする二人がいた。秋雄が舌を差し込み、かき混ぜるようにしている。そして、嫁の舌も控えめながら動いていて、秋雄の舌に絡ませているようだ。

私は、棒で頭を殴られたようなショックを受けた。すでに、嫁は秋雄とセックスをしているのに、今さらキスくらいでとも思う。でも、他人とキスをする嫁を見るのは、信じられないほどの衝撃を私に与えた。

やめてくれっ! と、私は叫びそうになった。でも、それ以上に私は興奮している。さっき射精したばかりのペニスが、脈を打つようにビクンビクンと跳ねている。

秋雄は、キスをしたまま杭を打つように打ち下ろすピストンを続ける。機械で種付けをしているような動きだ。
嫁は、キスをしたままうめき声を漏らし続け、そして、堪えきらなくなったように秋雄に抱きついた。こんなに濃厚なセックスをするなんて、想定もしていなかった。まるで、恋人同士みたいだ。

一度もキスを解くことなくセックスを続ける二人。すると、嫁の脚も秋雄の身体に絡みついていく。両手両脚で絡みつくように抱きつく嫁は、種付けされるのを望んでいるようにしか見えない。

「あぁ、出そう。イクよ、もう限界」
秋雄が、やっとそんなことを言い始めた。私なら、とっくにイッてしまっていると思う。

『イ、イッてっ! もう、だめっ、おかしくなるっ! 一緒にっ! 私もイクっ! イクっ! イクぅ~っ!』
嫁は、泣きそうな声で叫ぶ。そして、秋雄はスパートをかけ始めた。嫁は、秋雄の激しい動きに、声にならない声に変わる。
『んおぉおおおぉおお゛お゛お゛っ』
断末魔の声のようなものをあげながら、嫁は痙攣し始めた。秋雄は、うめきながら射精を始める。そして、どちらからともなくキスを始めた……。

私は、そっとドアを閉じた。そして、キッチンに向かう。冷蔵庫を開けて缶ビールを開けて飲み始めた。アルコールの酩酊感が、少し冷静にさせてくれた。

私は、缶ビールを二本手に持つと、寝室に戻った。少し大きめの足音を立てて近づき、ドアを開けると、嫁と秋雄は離れた位置に座っていた。

『途中でいなくなるなよ! バカッ!』
嫁は、私に怒鳴ってきた。秋雄は、涼しい顔で私と嫁を見つめている。私は、二人に缶ビールを渡した。
「おっ、サンキュー」
秋雄はそう言ってビールを飲み始める。嫁も、渋々という感じでビールを開け、飲み始めた。
『まったくもう……。たくらんでただろ』
納得できないという顔で言う嫁。私は、素直にゴメンと謝った。
「どうだった、俺のチンポは?」
笑顔で質問する秋雄。
『どうって、大きかったよ』
「痛くなかった?」
秋雄が質問を続ける。
『別に痛くはないけど……』
「じゃあ、気持ちよかったってこと?」
『う、うん。まぁ少しは……』
「美冬ちゃん、最近ディルドにこってるでしょ」
『なっ! なんでそんな……。雄太! アンタだろ!』
嫁は、顔を真っ赤にしながら怒鳴る。私は、思わずごめんなさいと謝っていた。

「まぁまぁ、あれって、俺のチンポで作ったんだよね」
『はぁ? 作った?』
嫁は、意味がわからないという顔になっている。秋雄は、どんな風に作ったか説明をした。

『……手の込んだことしたんだ。ホント、その情熱を他に生かせないのかねぇ……』
妻は、怒ることもなくあきれたように言う。私は、怒ってないの? と、質問した。
『別に怒ることでもないし。ただ、どうして? なんでそんなに他の男に抱かせたがるの?』
嫁は、直球で質問をしてきた。私は、正直、そんな風に言われると返答に困ってしまった。

『興奮するってこと? 私が、他の男と浮気するのが……』
釈然としないという顔で嫁が言う。私は、素直に興奮してしまうと言った。
「まぁ、いろんな性癖があるからさ。美冬ちゃんもあるんじゃない? こんな状況だからさ、言ってみれば?」
秋雄は、そんなことを言い始めた。私は、そういえば嫁の秘めた性癖については、考えたこともなかった。誰にでも、人に言えないことはあると思う。

『別にないよ。私はヘンタイじゃないし』
嫁は、私を冷たい目で見ながら言う。
「そんなことないでしょ。今だって、アイツが見てるからいつもより興奮したんじゃない?」
秋雄が言う。
『ま、まぁ、少しはあるかも』
嫁は、珍しく言いよどむ。
「でしょ? ほら、こんな時じゃないと言えないんだから、願望とか言ってみなよ」
秋雄は、そんな風に嫁を誘導していく。
『まぁ、願望というか、童貞の男の子としてみたいって思ったりはするかな?』
嫁は、少し照れくさそうに言う。
「へぇ、なんか、イメージ通り。童貞の男の子を食べちゃうとか、メチャ似合いそうじゃん」
秋雄はそんな風に言う。私は、想像してしまった。嫁が童貞の男の子相手に、イヤらしい個人レッスンをしている姿を……。

『うっさい。でも、想像するだけだから』
嫁は、顔を赤くしながら言う。いつも強気で、姉さん女房みたいな嫁が…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
保健室の夏帆
2018/04/21 05:01
2018/04/21 05:01
小学校6年のとき、とても発育のいい女の子がいました。 赤いランドセルを背負った夏帆で脳内再生お願いします。 身長は165cm近かったと思います。 当時俺は155cmくらい。俺のクラスでは160cmを超える男子はいなかったはずです。 男子を含めても夏帆が一番高くて、おっぱいも最低Cはあったと思います。 おっぱいよりも目立つ、ぷりぷりの大きなお尻が大好きで、俺はいつも眺めていました。 かわいいけどおとなしい女の子で、お尻のことをからかわれるとよく泣きそうになってました。 夏の放課後、保健室の前で、保健の佐和木先生と夏帆が話しているのを見かけました。 佐和木先生は当時25?30歳くらいだったと…
バツイチな俺を心配してくれる弟の嫁を寝取ってアナルセックスしたったwww
2018/05/15 18:02
2018/05/15 18:02
俺は32歳でバツイチです

毎日インスタントばっかり食べてて、弟の嫁が心配してくれてご飯たべにいらしてと

いってくれるのが、いつもありがとうといいつつ、断ってはいたんですが、

その日は弟に用があって弟の家にいったんです

弟は28歳でゲーム大好きでいわば、おたくです

でもそんな弟にもこんなきれいな嫁ができてよかったと兄としても思ってる半面、

こんな弟にできすぎだろう、とは思ってました

案の定弟は自分の部屋に閉じこもってゲームばかり。。。

それでも、弟と話をして、用を済ませて帰ろうと思ったら、ご飯食べていってというので

ご馳走になることになったんですけど、弟は部屋からでてくるそ…
幼稚園の先生をしてる僕の妻が輪姦され中出しされていた・・・
2016/12/19 20:02
2016/12/19 20:02
僕の妻は、幼稚園の先生をしてる。

年は39歳で子供が2人ですが、

困った事に妻は下の子を出産したのを期に

ブラジャーを着けなくなってしまった。

B98のHカップでかなりの巨乳だと思うけど、

幼稚園に行く時もノーブラで、

Tシャツの上にエプロンを付けて乳首が目立たないようにして通ってる。

園長先生も60歳位の女性の方で、

同僚の先生も2人とも45歳と22歳の女性。

園児達も全部で40人位と少なめで、

送迎もお母さんが多くあまり男性と関わる事の少ない職場なので、

僕も妻のノーブラについては放置してた。

妻曰く、

ブラジャーの肩紐で1日子供の相手をして走り回ると

肩から…
セックス体験、チャットで出会った快感を知らない若い人妻に性の快楽を教えた
2016/03/01 12:00
2016/03/01 12:00
 

まいは、都内下町に住む人妻。
といっても、まだ22歳。若妻だった。まいの父親は、職人だそうだ。確かペンキ屋か何かだったと思う。
まいが高校生のとき、家に出入りしていた父親の助手が今のご主人。
 高校を卒業してスグ、18歳で結婚。
18歳で結婚したけど、決してすれてるわけではなく、それと正反対のマジメな純朴な子。
 街中でキャッチセールスに捕まると、延々と話を聞いてしまうのだそうで、他人を疑うことを知らないらしい。 目鼻立ちははっきりしていて、美少女という印象ではじめて見たときはラッキーと思った。
10代に見えるから、この美少女という表…
セックス体験、ヤクルトレディがヤリマンだった
2016/08/25 21:00
2016/08/25 21:00
 

 会社に毎週月曜と木曜にヤクルトレディが来るんだけど、かなり若くて金髪のギャルなんだ。佐々木希を少しぽっちゃりとさせて巨乳にした感じで、すごい可愛い子だから前のヤクルトレディの時は全く買いもしなかったんだけど、変わってからは毎回毎回買うようになった。 で、世間話とかも少しずつするようになって、住んでいる地域や22歳って事とか色々分かってきた。 そのうち、おっぱい大きいねとか軽い下ネタとかも話せるようになってきて、お互いに結婚しているので17時以降は絶対にメールをしないって約束でアドレスの交換をしてもらう事ができた。 翌日から早速メールの…
保母さんと温泉で
2018/01/05 13:22
2018/01/05 13:22
私は8月に入ると、嫁さんと子供を嫁の実家に送って数泊し、 その帰りに温泉に立ち寄って(私だけ当然嫁公認)帰るのが恒例になっていた。 数年前のこと。 その年は不景気で仕事が(自営)暇だったので、いつもより遠回りだが 良い露天風呂のある温泉地に行くことにした。運良く宿も取れた。 私は、数種類ある露天風呂から一番離れたところにある「混浴」を迷わず選んだ。 そこは脱衣場は別々だが後は全くのオープン、多少岩陰があるが高台なので見晴らし は最高である。 湯は鉄分を含んでいるのであかい(所謂金泉、入浴剤じゃない) 私は独身時代からよく各地の露天風呂を回っていたが、混浴があるときは必ず混浴に 入った…
姉貴がごっついバイブを使ってAV見ながらオナってた時の衝撃たるや…www
2015/10/09 21:00
2015/10/09 21:00
そんなことより姉のオナニーを見てしまった時の話していいか 家に誰もいない(と思われるとき)時は、進入の際音を極力音立てないようにする癖があるんだけど その日もしずかに家に入ってリビングに向かったら、姉がAV見ながらごつごつしたバイブを秘部に出し入れしてた   「こういうときどうすりゃいいんだろう、あ、もう一度家に入りなおせばいいんだ」なんて考えながら、玄関に引き返そうとした矢先に姉と目が会った 何を思ったか俺は「続けて」姉「ちょっとあんt:」俺「見なかったことにしてあげるからどうぞつづけて」 続きを読む
【Hな体験】農作業で日焼けした幼馴染の中学生と
2017/03/22 22:00
2017/03/22 22:00
妻との馴れ初め話です。10年以上前、大学に進学して故郷のド田舎から上京しました。そして大学生活も終わり頃、就職を控えて久しぶりに故郷である寂れた村に帰郷した時のことです。 その戻った先で久しぶりに再会したのが、当時中学2年生になっていた将来の嫁で、幼馴染の友子でした。友子は僕の家の隣に住んでいた女の子で、子供が少ない田舎の村でしたから僕と友子は小さい頃から常に一緒に遊び、家が隣同士なので夕食も一緒に食べていて、下手な親戚より仲のいい付き合いでした。 僕の家と友子の家のトイレは共同で、しかも汲み取り式。お互いの家の敷地の境界に建っています。僕が高校生、友子が小学生の時など…
義母と初めてやったのは妻が出産する二日前だった
2017/05/15 07:19
2017/05/15 07:19
妻が出産を控えて病院に入院をした。 一週間前から、田舎から妻の母も世話をする為に泊まりに来ている。 予定日の午前中、まだ予兆はないが診察を受けに3人で病院に行き、妻と義母を病院に置いて、俺は一旦帰った。 夕方迎えに行くと、そのまま妻は入院することになり、義母と二人で帰って来た。 義母が作ってくれた夕食を食べ、俺が先に風呂に入り、テレビを見ていると、義母が風呂から上がってきて、「ちょっと飲まない?」と誘ってくる。 赤ちゃん誕生の前祝いにも良いかなと、二人で乾杯する。 浴衣姿が似合う、艶っぽく色気のある義母のお酌で飲む酒は美味い。 妻と付き合い始めた時からの憧れのお義母さんだ。 つ…
娘の家庭教師の先生とのエッチですごくドキドキしました・・【エロ体験】
2015/12/03 07:57
2015/12/03 07:57
夫は昨年から工場の生産ラインを東南アジアに移すため現地に赴任中です。

娘から高校入学を機会に数学と英語を家庭教師から教わりたいとの相談を受け、幸い近所に国大があるのでお願いしました。

娘の友達も同じように国大の学生さんから指導を受けているのでお母さん方から情報を得ていたこともあって、スムーズに話が進み週2回、6時から7時30分までのお約束で纏りました。


紹介された学生さんは工学部で学んでいるガッチリした体格のスポーツマンのような方でした。


最初の日は、私も娘も学生さんも緊張してぎこちない雰囲気でしたが、勉強が始まると次第に解れて集中した指導になりました。

高校生と大学生の男女で…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【初体験】17歳の私をビッチにしたイケメン外国人

・【人妻体験談】嫁の画像交換サイトで知り合った男性と嫁を貸し出すプレーした

・温泉混浴で注意書きを守らなかった罰

・▲初めてできた恋人は、黒髪巨乳で後ろまで調教済みだった3(転載禁止)

・主人が「俺以外の男に抱かれたくないか」と言い出した・・・

・【混浴】混浴に妻をノータオルで入らせる罰ゲーム

・【初体験】超美人のクラスメイトと付き合うことになって

・【人妻体験談】ポッチャリ体系な妻の母に媚薬を飲ませ、SEXにハマらせた

・お尻でイク

・人肌が恋しくなり出会い系で探した体験談

・【Hな体験】胸の小さな妹の頼み事[後編]

・出会い系の人と偶然会うなんて

・伯母と過ごした永遠の4年間

・小雪みたいな感じの顔のオバサンでしたが・・・

・【熟女体験談】妻との旅行で知り合ったご婦人たちに温泉でフェラ攻めされた

・【Hな体験】胸の小さな妹の頼み事[前編]

・映画館でレイプした人妻と

・【Hな体験】密かに想いを寄せていた文学少女に膝カックン

・【人妻体験談】父が再婚した義母に誘惑されたら、イキながらお漏らしした

・【熟女体験談】親が旅行でいない間、隣に住んでるおばさんにお世話をしてもらい童貞卒業

・抜かずの3発に腰も子宮も癒される不倫三昧

・「3Pお願いします」と頻繁に見かける書き込み

・【羞恥】キャバの面接で紹介されたヤバい裏風俗

・【近親相姦】田舎の祖母の家でぽっちゃり美人の母を夜這いレイプ

・非処女の妻は美しい

・【Hな体験】ゴムが破けるハプニングで知った生中出しの快感

・映画館の女子トイレで

・【熟女体験談】未婚の親戚のおばさんで初エッチ童貞卒業

・【人妻体験談】お尻が大きい幼馴染の母親とのセックスの相性は抜群

・高校教師している彼女の教ええ