寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

▲年上の嫁を寝取ってもらうために、友人のアレを型取ってディルドを作った5(転載禁止)

2018/11/04 22:55




嫁は、獣の雄叫びのような声をあげながら、見たことがないようなイキ方をしてしまった。秋雄のディルドで感じているときも恐ろしく乱れてしまっていたが、それ以上だ。
私は、手も触れていないペニスが射精をしてしまったことに動揺しながらも、あまりの快感にうめいていた。

秋雄は、自分はまだイッていないが、動きを止めた。
「大丈夫?」
彼は、ぐったりしている嫁に心配そうに声をかけた。



『大丈夫なわけないだろ……。なに入れてんだよ。合意がないセックスは、犯罪だろ……』
嫁は、いつもの強気な言葉を口にする。でも、その声は弱々しく、まだトロンとしたような顔のままだ。
「ゴメン。でも、すごく気持ちよかったでしょ?」
秋雄は、少しからかうような口調だ。
『まぁまぁかな。ほら、早くどけって』
嫁は、強気な言葉を繰り返す。でも、秋雄はペニスを抜かない。それどころか、奥に押し込んでこすりつけるように腰を動かす。
『うぅあっ、こ、こらっ、やめろって、もう十分だろ!』
慌ててそんなことを言う嫁。でも、顔が紅潮して上気したような感じになっている。
「十分なの? まだ、足りないんじゃない?」
秋雄は、そんなことを言いながら腰を微妙に動かす。回すような動きで、あまり動きはないが、嫁は足の指が開いたり閉じたりしている。
『た、足りてる。いいからどけって、うぅくぅ』
嫁は、抵抗しながらも声が漏れている。さっきまで、あんなに激しく感じていたので、体中が敏感なままなのだと思う。

「またまた~。ここはそう言ってないじゃん。キュンキュン締め付けてきてるし」
秋雄は、楽しそうにそんなことを言う。嫁は、とろけた顔のまま、それでも抵抗を続ける。
『もう、いいって! 早くどけよ。アンタも、なに見てるんだよ。とめろって!』
嫁は、私にも矛先を向ける。でも、私はパンツの中で暴発してしまい、ズボンにまでシミが出来ているような情けない状態だ。
『はぁ? またイッたの? 触ってもないのに? この、どヘンタイ』
嫁は、あきれたような顔で言う。私は、小さくゴメンとしか言えなかった。
「ほら、アイツも楽しんでるんだから。美冬ちゃんも楽しまないと損だって」
秋雄は、そんなことを言いながら動きを大きくしていく。すると、嫁の両足がピンと伸び、つま先がギュッと内側に曲げられ始めた。秋雄のディルドでわかったことだが、嫁は本当に気持ちいいと、こんな動きをする。私と普通にセックスをしていたときは、わからなかったことだ。
『うぅっ、うぅ~っ! あぅ、だめぇ、もう、あぁっ! あんっ、うぅっ』
嫁は、やめろとは言わなくなった。でも、さっきみたいにあえぐことは拒否しているようだ。声を必死で抑えながら、なんとも言えない表情で私を見つめている。怒っているようにも、困惑しているようにも見える。もしかしたら、助けを求めているのかな? とも思う。

「素直に感じればいいのに。身体はめっちゃ反応してるじゃん。子宮も、指で触れるくらい降りてきてるよ」
秋雄は、そんなことを言いながら腰を動かし続ける。単純な動きから、動きの読めない複雑な動きに変わってきている。

『うぅっ、ち、違う、そんなこと、ひぃぅ、ないから、うぅあっ!』
嫁は、苦しげな声で言う。私は、必死で声を抑えようとする嫁に、私への愛情を感じた。でも、これは私の仕組んだことなので、申し訳ない気持ちが大きくなる。そして、
「あっちの部屋にいるから。我慢しなくていいから」
と、嫁に言って隣の部屋に移動を始めた。
『な、なに言ってんだよ! そんなの、うぅっ、だ、だめ、あっ、あっ、うぅっ』
私の方を見て、そんなことを言い続ける嫁。でも、私は部屋を出て扉を閉めた。しかし、隣の部屋には移動せず、ドアに耳をくっつけて中の様子を聞き続ける。室内の薄いドアなので、ほとんど声は丸聞こえだ。

「ほら、もう平気でしょ? 声我慢しなくていいから」
秋雄は、そんなことを言う。そして、嫁はどんどん声が大きくなっていく。
『うぅあっ、あっ、そこ、うぅっ、気持ちいいっ、もっと強く、うぅあっ、あっ、そう、そこっ!』
嫁は、秋雄に注文まで始めてしまった。やっぱり、私が見ていることで声を我慢していたんだなと感じた。
「ここでしょ? わかりやすいな」
秋雄は、楽しそうに言う。そして、嫁はさらに声が大きくなっていく。
『イ、イクっ、イクっ! イクゥッ! んおおぉおおおぉおっ!』
嫁は、獣の雄叫びのような声をあげる。でも、まだ秋雄は動きを止めないようだ。

「ほら、舌出して」
秋雄はそんな指示をする。そして、急に声が聞こえなくなる。私は、不安に感じてドアを薄く開けた。すると、ベッドの上には、正常位で繋がりながら、濃厚にキスをする二人がいた。秋雄が舌を差し込み、かき混ぜるようにしている。そして、嫁の舌も控えめながら動いていて、秋雄の舌に絡ませているようだ。

私は、棒で頭を殴られたようなショックを受けた。すでに、嫁は秋雄とセックスをしているのに、今さらキスくらいでとも思う。でも、他人とキスをする嫁を見るのは、信じられないほどの衝撃を私に与えた。

やめてくれっ! と、私は叫びそうになった。でも、それ以上に私は興奮している。さっき射精したばかりのペニスが、脈を打つようにビクンビクンと跳ねている。

秋雄は、キスをしたまま杭を打つように打ち下ろすピストンを続ける。機械で種付けをしているような動きだ。
嫁は、キスをしたままうめき声を漏らし続け、そして、堪えきらなくなったように秋雄に抱きついた。こんなに濃厚なセックスをするなんて、想定もしていなかった。まるで、恋人同士みたいだ。

一度もキスを解くことなくセックスを続ける二人。すると、嫁の脚も秋雄の身体に絡みついていく。両手両脚で絡みつくように抱きつく嫁は、種付けされるのを望んでいるようにしか見えない。

「あぁ、出そう。イクよ、もう限界」
秋雄が、やっとそんなことを言い始めた。私なら、とっくにイッてしまっていると思う。

『イ、イッてっ! もう、だめっ、おかしくなるっ! 一緒にっ! 私もイクっ! イクっ! イクぅ~っ!』
嫁は、泣きそうな声で叫ぶ。そして、秋雄はスパートをかけ始めた。嫁は、秋雄の激しい動きに、声にならない声に変わる。
『んおぉおおおぉおお゛お゛お゛っ』
断末魔の声のようなものをあげながら、嫁は痙攣し始めた。秋雄は、うめきながら射精を始める。そして、どちらからともなくキスを始めた……。

私は、そっとドアを閉じた。そして、キッチンに向かう。冷蔵庫を開けて缶ビールを開けて飲み始めた。アルコールの酩酊感が、少し冷静にさせてくれた。

私は、缶ビールを二本手に持つと、寝室に戻った。少し大きめの足音を立てて近づき、ドアを開けると、嫁と秋雄は離れた位置に座っていた。

『途中でいなくなるなよ! バカッ!』
嫁は、私に怒鳴ってきた。秋雄は、涼しい顔で私と嫁を見つめている。私は、二人に缶ビールを渡した。
「おっ、サンキュー」
秋雄はそう言ってビールを飲み始める。嫁も、渋々という感じでビールを開け、飲み始めた。
『まったくもう……。たくらんでただろ』
納得できないという顔で言う嫁。私は、素直にゴメンと謝った。
「どうだった、俺のチンポは?」
笑顔で質問する秋雄。
『どうって、大きかったよ』
「痛くなかった?」
秋雄が質問を続ける。
『別に痛くはないけど……』
「じゃあ、気持ちよかったってこと?」
『う、うん。まぁ少しは……』
「美冬ちゃん、最近ディルドにこってるでしょ」
『なっ! なんでそんな……。雄太! アンタだろ!』
嫁は、顔を真っ赤にしながら怒鳴る。私は、思わずごめんなさいと謝っていた。

「まぁまぁ、あれって、俺のチンポで作ったんだよね」
『はぁ? 作った?』
嫁は、意味がわからないという顔になっている。秋雄は、どんな風に作ったか説明をした。

『……手の込んだことしたんだ。ホント、その情熱を他に生かせないのかねぇ……』
妻は、怒ることもなくあきれたように言う。私は、怒ってないの? と、質問した。
『別に怒ることでもないし。ただ、どうして? なんでそんなに他の男に抱かせたがるの?』
嫁は、直球で質問をしてきた。私は、正直、そんな風に言われると返答に困ってしまった。

『興奮するってこと? 私が、他の男と浮気するのが……』
釈然としないという顔で嫁が言う。私は、素直に興奮してしまうと言った。
「まぁ、いろんな性癖があるからさ。美冬ちゃんもあるんじゃない? こんな状況だからさ、言ってみれば?」
秋雄は、そんなことを言い始めた。私は、そういえば嫁の秘めた性癖については、考えたこともなかった。誰にでも、人に言えないことはあると思う。

『別にないよ。私はヘンタイじゃないし』
嫁は、私を冷たい目で見ながら言う。
「そんなことないでしょ。今だって、アイツが見てるからいつもより興奮したんじゃない?」
秋雄が言う。
『ま、まぁ、少しはあるかも』
嫁は、珍しく言いよどむ。
「でしょ? ほら、こんな時じゃないと言えないんだから、願望とか言ってみなよ」
秋雄は、そんな風に嫁を誘導していく。
『まぁ、願望というか、童貞の男の子としてみたいって思ったりはするかな?』
嫁は、少し照れくさそうに言う。
「へぇ、なんか、イメージ通り。童貞の男の子を食べちゃうとか、メチャ似合いそうじゃん」
秋雄はそんな風に言う。私は、想像してしまった。嫁が童貞の男の子相手に、イヤらしい個人レッスンをしている姿を……。

『うっさい。でも、想像するだけだから』
嫁は、顔を赤くしながら言う。いつも強気で、姉さん女房みたいな嫁が…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
中O人に犯されました。
2017/09/21 23:49
2017/09/21 23:49
私の住んでいる町の工場に中O人労働者がいて、コンビ二で袋とじを破ったり スーパーの惣菜を勝手に食べたり、女の人をエロイ目で見たり と言い噂をあまり聞かなかったので、私も気をつけようと 思っていました。 駅からの帰りに中O人が人ほど、こっちを見ていて、 知らない振りをして、通りすぎようとした時に 後ろからはがいじめにされ、無理やりワゴン車に乗せられ 抵抗しましたが、「騒ぐな、騒ぐと殺すあるよ」と 脅され、そのままラブホに連れ込まれました。 ちなみに車を運転していたのは日本人の人で彼らに脅かされ 運転させられていたらしいです。 その後、ホテルで「早く服、脱ぐあるよ、脱がないと殺すあるよ」 とせかさ…
【近親相姦】若者に急増する「新型うつ」の実態【体験談】
2016/06/03 00:33
2016/06/03 00:33
出社無理でも…旅行や趣味はOK 若者に増える「新型鬱」 産経新聞-2013年05月19日08:10新型欝の特徴(カッコ内は従来型の鬱病) 発症する人:20代から30代(40代〜60代) 性格:自己中心的。責任を相手に押し付ける。(生真面目で完ぺき主義) 症状:趣味を楽しむ時は元気。食欲は旺盛で過食。朝は起きるのが苦手。(趣味に対する興味減退・食欲不振・不眠) 傾向:「自分は鬱病だ」と主張する。一つのことをきっかけに発症。(自分を病気だと認めない。徐々に時間をかけて発症する) 治療:抗欝剤が効かない。(抗欝剤が効く) 朝になると気分が落ち込み仕事には行けないが、休んでしまえば旅行も趣味も楽しめる…
❤ある日のエレベーター内の話
2017/10/20 21:03
2017/10/20 21:03
 ちょうど2年前くらいのことです。当時、私の会社は12階建てオフィスビルの7階にあって、事務所まではエレベーターで行くことがほとんどでした。朝の上りのエレベーターはとても混雑していて

 毎朝エレベーターを使うのが億劫になりますが、7階まで階段で上るのもきついので、仕方が無くエレベーターで事務所に向かってます。

 そして、ある日のこと・・・私はエレベーターに乗る際はバッグを両手で持つ癖があり、その日もいつも通り両手でバッグを握って体の前に手があるような感じで乗っていました。

 いつも私は7階という中途半端なタイミングで、エレベーターから降りるのでボタン付近に乗るのですが、その日はエレベ…
★ソープランドへ未知の体験をした
2017/02/10 17:31
2017/02/10 17:31
 とある日曜日、競馬で大勝をしたので、生まれて始めてソープランドというものに行ってみた。おれは童貞ではないが、どちらかと言うと残念な見た目なのでここ最近は全然セックスをしていない28歳。

 初めての風俗と久しぶりのセックスなのでドキドキわくわくしながら、店(60分2万円の大衆店)に到着。俺以外に客はいなく、中に通されてすぐにパネルを数枚わたされた。
 どの姫もいまいち決め手に欠けていたので、どうしようかと迷っていたらボーイさんが「パネルはないのですが、今入店したばかりのかわいい女の子がいますが、いかがなさいますか?」というのでその子を指名。

 すぐに呼ばれて姫と対面するのだが、見た瞬間…
誰もいない美術室で巨乳女子とHなプレイ
2016/03/31 20:12
2016/03/31 20:12
404 :えっちな21禁さん:03/07/21 18:51 去年,南の離島から転校してきた綾子さんとの思い出です。彼女は 「本土の夏は蒸し暑くてイヤ」といってセーラー服の下にはブラジャーだけ 着けていることが多かったです。  405 :えっちな21禁さん:03/07/21 18:52そんなある日。美術室でデッサンの練習をしていて,彼女がクロッキーを落としてしまい, 前屈みになって拾おうとしました。すると,セーラー服の襟の隙間から,たわわな オッパイが見えてしまいました。  406 :えっちな21禁さん:03/07/21 18:53 思わずデッサンの…
一回目の絶頂で彼の顔に潮かけちゃいました【エロ体験談】
2016/06/13 23:10
2016/06/13 23:10

1ヶ月のやりとり(エロand雑談)をして先週逢いました。写メだとビミョーだったけどカリがでかいっーんであってみたら、笑顔の素敵なリーマンでした♪

居酒屋で2時間ほど雑談して、ホテルに行くと思いきや彼の家へ。

メールでお互いあってみてストライクならエッチって事で逢って、話しも合うし一回合体だな!と手をつないで彼の家へ到着☆

部屋に入るなり、あごをぐいっともたれて、DEEP…口がおっきくて既に食べられしまったみたいでもうじわっときちゃって、でも悔しいから感じてないふりをしながらベッドへ☆


すると何やらちっちゃいカバンを持ってきた!カパ。中にはバイブとローション☆
ニコニコし…
W不倫なれど毎回中出し三昧
2017/11/27 14:25
2017/11/27 14:25
【レイプ・痴漢体験談】新書買い取り
2017/02/19 01:28
2017/02/19 01:28
新古書店で夢中でセドリしてる最中に全く知らない女から、「本売ろうとして来たんですけど身分証ないから引き取ってくれなくて・・・かわりに売ってもらえませんか?」と声かけられた。その一瞬でおれは、頭の中でその後のシナリオをたてた。「いいけど、君のすぐあとにおれが同じ物持って行ったら店員に怪しまれるかもだから別の店行こう」と、俺はひとまず彼女を店の外に連れ出した。エスカレーターで店外に降りる際舐めるように彼女の体をチェックしつつ。身分証ない、ってのは嘘で盗品か?ずいぶん若いよなあでも平日の昼間だし学生では-----ないよな。この店はセドリによく使ってるからまずいな。それにしても良い体つきだ。ぐへへ・…
【レイプ・痴漢】羞恥プレイや輪姦プレイショー・・1/2【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/07/24 10:33
2017/07/24 10:33
■羞恥プレイや輪姦プレイショー・・1/2(調教された女の告白) 私はこの期間に調教されていたというか?ひたすら自分の欲望を満たすための変態三昧でした。Yさんも呆れてしまったのか?Nさんという人を紹介されました。そして野外露出、野外排泄などあらゆる羞恥プレイをしました。深夜のスナックでハダカになり、他のお客さんにオナニーをみていただいてから、バイブを挿入されながら、会ったばかりの人のおちんちんをおしゃぶりしました。 女性は私一人に対して男性は複数、それも十人とか二十人とかの輪姦プレイも受けました。輪姦プレイの様子はカメラやビデオにも撮影され、おまんことお尻に同時に挿入されながらおしゃぶりをして…
車の中で義兄にクリトリスを弄られて
2017/03/30 17:10
2017/03/30 17:10
先週の土曜日、学校が休みにも関わらずクラブの用事で高校まで行きました。
昼には用事も終わり、いつものように電車で帰るつもりでしたが、友達が家族に迎えに来てもらっているのを見て、一人で帰るのも淋しく思い、私も家に電話をしてみました。
姉に迎えに来てもらおうと思っていたのですが、電話に出たのは同居中の義兄でした。
聞くと姉は留守で、代わりに迎えに来てくれると言うので私は喜んで待っていました。
車に乗り、私は初めて家以外の場所で義兄と二人きりになったのです。
最初は他愛もない話をしていましたが、義兄がダッシュボードの中の物を取ろうとした時、偶然私の胸に腕が当たったのです。
義兄…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【露出】女装ビキニでナイトプールに侵入

・奥さんも覚悟したのか、欲しくなったのか・・・

・【レイプ】甲子園の常連校だった野球部の横暴

・今日メル友と会ってきた報告するよ

・浴室での排泄行為

・【乱交】変態カップルさんのプレイに混ぜてもらって初体験

・身長体重測定

・【熟女体験談】理容師の爆乳おばちゃんに勃起したらおっぱいプレスに手コキの痴女責めをされた

・俺とビッチとの思い出

・男は欲情を理性で抑えているんですよ

・あなたのこと『だけ』訂正するようにしてあげるから

・【人妻体験談】隣の引きこもり少年に好意を持たれて玄関でレイプされた専業主婦

・想い出迷子~元彼に抱かれるとき~

・【男×男】ホームステイ先のカッコイイお兄さんに犯されたボク

・嫁の美人ママ友が家に遊びに来てくれました

・旦那のとは違って黒々してる・・・

・30代女性は狙い目なのか?

・【人妻体験談】超爆乳でブスな娘の友達のママさんにパイズリしてもらった後、無断中出し

・【熟女体験談】元ソープ嬢の現熟女デリヘル嬢な母との近親相姦SEX

・【オナニー】期待を超える汚れ方だった母の下着[後編]

・社長と偽って愛人募集

・セフレ人妻達から知った主婦の実態をご紹介

・【オナニー】期待を超える汚れ方だった母の下着[中編]

・【人妻体験談】ストレッチをして汗臭い義母と近親相姦

・戻る事が出来ない犯され続けた体

・【オナニー】期待を超える汚れ方だった母の下着[前編]

・弟「なんか変なおしっこでちゃったぁ.......」

・何という大きさだ・・私の物とは比べ物にならなかつた・・・

・妹と普通に寝た話

・【近親相姦】俺は今、姉貴の奴隷です