寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

貞淑な妻が堕ちて行く

2018/11/01 17:04


僕は一度でいいから我が妻が他の男に抱かれることをいつも想像していた。
結婚当初は考えもつかないことであったが子供ができ成長し
マンネリ化した頃から
いつのまにかそう考えるようになっていた。
しかし妻は厳粛な家庭で育ったせいか、貞淑でカタブツで
テレビなどで見る不倫
浮気などはまるで別世界のように考えていた。
男も私一人しか知らない。

四十五歳になると身体の線は少し崩れてきたが
女の魅力はますます磨きがかかってきた
と思う、髪はセミロングヘアで顔は童顔だが綺麗だ。
背は163センチと普通で決して太っていない。
同僚や友人は美人で色気があり羨ましいと妬む。
美魔女と言われている。 そんな妻を誰かに抱かしてみたいという考えは異常であり変態かも知れない。
でも実際に妻の仕草を見ているとそう思ってしまうのだ。
これが愛の究極というのは大げさな考えなのだろうか。
僕が仕事の関係で都内へ出張することとなった、支店長会議だ。
妻のそのことを告げると珍しく一緒に行きたいと言う、
久しぶりに東京へ行きたい
と言い出した。
子供は親に見てもらい何年か振りに妻と二人きりで出かけることとなった。
僕は心の底で考えていたことを実行に移してみたくなり色々と考えぬいた。
そこで思いついたのは出張ホストなるものが東京に存在することを知ったのだ。
電話をして事情を説明し僕の気持ちを理解してくれた店の方は運良く良心的で
こんなアイデアを教えてくれたのだ。 まずホストということではなくマッサージを呼ぶということで部屋に入れ奥さんの
出方を試してみてはどうかと、たまたま性感マッサージの修行をしている男性が
いるとのことで念密な打ち合わせをしてついついOKをしてしまった。
想像から現実へ、僕はその日から毎日悩み続けた、お願いしたもののイザとなれば
出来るはずなどないと自分に言い聞かせた。
何も知らない妻は東京で何処へ遊びに行くか、何処へ買い物へ行くかと楽しみに
していたのだ。 そしてとうとう、その日が来た。予約しておいた有名ホテルへ着いたのは夕刻、
部屋は奮発しスイートルームを取っておいた。
二人で豪華な夕食をして妻にはワインを何杯も飲ませると大喜びであったが僕は
これから起こるとんでもない事態を想像すると一向に酔えなかった。
そしていよいよ、打ち合わせ通りの計画を実行することとなった。
僕たちは部屋に戻りくつろいでいた、そして妻に風呂に入るようすすめた。
何も知らない妻は言うとおりにシャワー室へ入っていった。
定刻通り部屋の電話が鳴った、打ち合わせ通りだ。
僕は湯船につかっている妻へこう告げた。
「マッサージを呼んでおいたけど急に明日の支店長会議へ出席する同僚と合うこと
になったので君が僕の変わりに揉んでもらうように」と。
そして終わったら地下にあるバーにいるから来るようにとつけ加えた。
妻は安心して「ええ、いいわよ」と返事してきた、きっとマッサージというから
老年のおばさんか、おじさんと思ったことなのだろう。
僕は妻を残して部屋を出ようとした、これから起こることを期待して。
本当に妻はその男に抱かれるのだろうか、あり得ない、いやわからない、
もう今更後悔しても仕方ない、そう決心して部屋を出ようとしたとき、スイート
ルームだけに部屋は二部屋の続きとなっておりベットのある寝室の隣りの奥の
窓際のカーテンが厚く垂れ下がっていたのを目にした。
・・・ひょっとしてここに隠れていたら分からないかも知れないと。
部屋を出るつもりが僕はその薄暗い隣室のカーテンの裏へ隠れてしまった。
とんでもないことをしようとしている・・・口が渇き心臓が早鐘を打つ。
妻がシャワー室から出てきて鼻歌を歌っている、僕が隠れていることなど考えもなく
いるのだ。 息を殺してジッとしていることが苦しかった、でも今更出ていくわけにはいかず
隠れていることがバレないことを祈った。 しばらくして部屋のドアがノックされた。いよいよだ。
妻は濡れた髪を頭に巻きバスローブを着てドアの前に立った。
マッサージです、という声を聞いておくびもなくドアを開けた、そこに立っていた
のは妻の想像する年老いたマッサージ師ではなく三十五位のスラリとした男だった。
妻は動揺していた、バスローブの襟元に手をあて狼狽していた。
「あのお・・・本当にマッサージ・・・の方ですか」と後ずさりすると
男は穏やかに「ええ、そうです、ご安心ください」と妻を安心させようと丁寧に
挨拶をした。
「予約を受けていたもので・・・もし、私でまずいのであれば帰りますが」
その言葉に妻は逆らえないと思ったのか
「主人が受ける予定でしたの、でも急用ができて・・変わりにわたしがするように
言われてます」
「分かりました」と男は完全に部屋の中に入ってきた。
もうそこは男と女だけとなってしまった。
二人は隣のベットのある方へ歩いていった。
身動きも出来ないほど身体を硬直していた僕は見つからなかったことに安堵した。
「それじゃあ、横になってください、それとバスタオルを一枚、お借りします」
男の事務的な口調が聞こえた。
「はい、いいですよ」
それからしばらく無言の時間がたった、隣りで何をしているのか分からない。
「ああ、気持いい」
妻の声が聞こえた
「凝っていないようで凝っているものなんですよ」
どうやら普通のマッサージのようだった、安心した。
だが、この男は確かに性感マーサージの修行中と聞いたが・・・
「上向きになってください」
そう声が聞こえた時、
「あう・・・何を・・するの、止めて・・・お願い」
妻の驚いた声がした。
「待って・・何にをするの」
いよいよ男が行動に出たのだ、それを聞いた僕は全身に震えが走った。
とんでもないことを計画したことを後悔した。 「奥さん、静かに、静かにしてください」
低い男の声が妻をなだめている。
「あう・・・」
妻の泣き声とも聞こえるような呻きがますます僕を震わせた。
一体、何をしているのだ。カーテンの裏から飛び出していきたい衝動にかられた。
そして妻の声がしなくなった、まさか殺されているのでは・・・
そう思うといても立ってもいられなくなりカーテンの裏から這いだして仕切のない
隣室の壁つたいを忍び足で近寄って見た。 なんとベットの上では妻が男に組み伏されて涙を流していたのだ。
イヤイヤと顔をふり必死の抵抗をしていた。
だが男は諦めずに妻の顔を追いかけキスをしようとしてる。
無言の戦いが繰り広げられていた。
やがてキスをあきらめた男は妻の首筋から抵抗ではだけたバスローブから覗く
乳房に舌を這わせた。妻の一番感じる性感体だ。
「あん、いや・・・・」
妻は男との抵抗に疲れたのか、それとも感じてきたのか、前ほどは抵抗をせずに
男にされるがままになっていた。
「ねえ、おねがい・・それ以上はやめてほしいの」
幾分、声も冷静になってきていた。
男はうん、うんとうなずいて妻を安心させた瞬間だった。
妻の唇を奪ったのだ、一瞬のスキをつかれ奪われた妻の唇は男の顔の下でイヤイヤ
抵抗を見せていたが次第にそのキスを受け入れ始めたのだ。
「あう・・・・」
微かな呻き声を上げると抵抗を止めて二人は長いキスを続けたのだ。
始めてあった男とこんなに長いキスをするなんて、一体妻は・・・
時おり男が顔を上げるとその顔を妻が追いかけキスを求めたのだ。
妻の頭を男の腕が支え妻の腕は男の首に巻かれまるで恋人のように
二人は激しいデイープキスを求め合っていた。 男の手が妻のバスローブを解いた時、
「・・・お願い・・暗くして・・」
妻の甘い声がした。
覚悟したのか、それとも男のテクニックに魅入られたのか。 その光景は信じられないものだった、あり得ない、あってはならないことが
僕の目の前で行われようとしていた。全て僕自身が仕組んだことにせよ、こうも
簡単に貞淑であったはずの妻が始めてあった男に抱かれようとしていることに。
部屋から部屋へ移る壁にそってまるでスパイのようにして覗き込む僕は一体何を
しているのだろうか、そう思いながらも見たい好奇心と見つかってはとんでもない
ことになる不安が入り交じっていた。
喉はカラカラに乾き足下から微かな震えが伝わってくる。 男の性感マッサージというのは一体何がそうなのか、これでは半ば強姦ではないか、
そんな怒りを抑えながら固唾を飲んで覗き続けた。 男は妻の言うとおりベットランプの光を落とした。薄ぼんやりと暗くなった部屋では
これから何が起こるのだろうか。
妻が仰向けになり男を待ち受けていた、男は観念した姿の妻を見て衣服を脱ぎ始めた。
まるで二〇代のような若々しい肉体がそこにあった。
妻を抱き寄せ舌を丁寧に丁寧に首筋から豊満な乳房へ這わせていく、そして男の右手は
妻の太ももをまるで羽毛のように撫でている。
バスローブの前が割れてパンテイだけの姿が見えた。妻は足の付け根を恥ずかしそうに
よじり微かな抵抗を見せていた。男の手が妻の腰の壺のような場所を見つけて押しつける。
「ああ・・・だめ、そこ」と聞き慣れた声が部屋に響く。
脚が微かに開く、まだ僕以外の男が進入したことのない秘密の場所へ男の指が入ろうとしていた。
「だめ、そこ、変になりそう・・」と哀願に近い嘆き声だ。
男の中指が妻の脚もとが緩んだ瞬間を見計らって一気に奥深くまで進入したように…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
昔出会い系で遊んだ人妻と偶然再会したらもっとエロくなってたw
2018/05/14 12:00
2018/05/14 12:00
以前、「●●●スタイル」というサイトで31歳の人妻のゆかりと出会ってすばらしいひと時を過ごさせていただいたのですが、それから1ヶ月か1ヶ月半ほど経った頃に偶然、ゆかりさんと街で再会しました。



ゆかりさんとは体の相性もよくて、セフレの1人にでもと思ったのですが、遠方から来ていたようで、頻繁に会えないようなので泣く泣く別れたことを覚えています。

そんなゆかりさんがどうしたのかと思っていると、彼女の方も僕に気付いて「久しぶりね」って声をかけてきました。
ゆかりさんは「ちょっとすっぽかされちゃったみたいで」と少し照れながら言いました。僕は、まだ出会い系とかしてるんだと思い、とっさに…
乳首勃起しながら喘ぎ声を我慢する恥ずかしがり屋の五十路おばさん
2017/12/18 00:29
2017/12/18 00:29
50才のおばさんです。いけないと思いつつも、通っているスポーツクラブで知り合った人とエッチしてしまいました。夫は特に何も言わず外出し夜帰らなくても、何も言われないくらい冷めてしまっています。

 昨夜ホテルで夕食後お酒を飲んで、ほろ酔い気分になっていたところ部屋を取っていると言われて、驚きドキドキしながらシャワーを浴びベッドイン。お酒とタバコのにおいが混じった舌が入り込んできました。

絡めているだけでもだんだんと体が熱くなって、気持ちよくなりたくなってきます。手が首や腕を撫で回しながら少し敏感な所へと責めてきました。乳首が少し勃起して、責めてほしいと自己主張しているのに焦らされて辛い…
お義父さんは十本目のチンポでした【人妻・淫乱】
2016/02/10 00:05
2016/02/10 00:05
私はエリといいます。  淫乱な人妻です。 実は私は同居している夫の父、私にとっては義父と肉体関係を遂に持ちました。  夫は長男の為、両親と同居しています。義父はすでに60歳を過ぎて定年退職、後妻の義母は50代後半なので会社で働いています。その為に結婚し て専業主婦をしている私は必然的に、夫よりも義父と過ごす時間が多くなり、ましてや、義父は夫に似て私の好みのタイプでありました。  私は好みのタイプであれば、基本的に年齢や血縁関係などは特に問いません。事実、10歳で初恋と初キスの相手は8歳だった年少の頃の夫。16歳 で処女を捧げた相手は11歳の実弟であったし、18歳のときに家庭教師をして…
小学4年の時の実話4
2017/08/14 10:19
2017/08/14 10:19
お兄ちゃんに初めてお尻を舐められてから、二週間後の日曜日に、また親戚の家に出掛ける事になりました。 親戚の家に着くやいなや、僕は小走りでお兄ちゃんの部屋へと階段を上がって行きました。 お兄ちゃんはベッドの上で仰向けに寝転んで、ド●ゴン●ールのコミックを読んでいました。 『いらっしゃい』と笑顔で僕を迎えてくれました。 一緒にベッドに寝転んで、『僕も読む』と言って、一緒にコミックを読んでいました。 しばらく二人して無言で漫画を読んでいましたが、この間あんなに僕のお尻を執拗に触ったり舐めたりしていたお兄ちゃんが、今日は何もしてきません。 僕は、この間のくすぐったい けど、気持ち良いような不思議な感覚…
誰もいない終電で上司と中出しセックスしちゃった
2017/03/17 01:03
2017/03/17 01:03
OL1年目の、みかです。
先日、会社でちょっと遅い歓迎会があり、かなり飲まされました。

私の会社では、女子新入社員はすべての男性上司達と“氷の口移しゲーム”というのがあって、ゲームで負けると上司達と氷が溶けてなくなるまで順番に口移ししていかなければなりません。

お酒の弱い私は負けてばかりでした。
中にはわざと口の中で氷が小さくなるまで溶かして、「舌で取りなさい」なんて言う人もいて、私はほとんど全員の上司と舌を絡ませたディープキスをしたような感じでした。


その帰り、なんとか終電に乗りました。
他に乗客もいなかったので、酔って苦しかったブラを外し、上着を脱いでキャミソールだけで眠…
超天然で無防備な叔母【エッチ体験談】
2017/12/21 17:01
2017/12/21 17:01
今年は最悪の夏だと思っていた。 でも思わず自分にとっては、最高の夏休になった。 一応そのいきさつを、ヘタな文章で書いてみようと思う。自分は○川県に住む現在高校2年生の17歳です。 チビでちょいデブ、引っ込み思案でおとなしく、顔もたいしたことのない、情けない若者です。 男子高に通っており、彼女いない歴17年、もちろん今どきキスすらさえしたことのない、チョイ悲惨な人間。     性欲だけは人一倍ある。 唯一の趣味は、部屋でエロビデオを見ながら、ひたすら右手を使うこと。 オナニーを覚えたのがけっこう遅かったせいか、毎日3~4回はしてしまうサルのような人間です。…
【Hな体験】看護婦になってた同級生と夢の院内セックス
2018/06/25 18:00
2018/06/25 18:00
入院と言えば看護婦とのエロいことを想像する。これが健全な男性だと思う。暇な病院生活、そんな時に可愛い看護婦さんにフェラで抜いてもらったり、騎乗位でイカせてもらう妄想を誰もが抱くはずだ。実際、脚の骨折などで動けなくともチンポはビンビンな若者が男日照りのナースとっていう話はよく聞く。オレの場合は入院中ではないが、それに近いことはあった。 当時のオレは都内の大学に通っていたので東京近郊に1人暮らしをしていた。そして夏休みや年末年始に時々帰省するという、ごく普通の大学生活を送っていた。 それは大学2年の冬休みに実家に帰った時の話だ。家に帰った途端、オレは風邪を引いた。やはり田舎…
【同僚とのエッチ体験談】ほぼレイプ状態で結婚退職した憧れOLをイかせてみた
2015/12/22 16:00
2015/12/22 16:00
取引先の事務員の佳代…………私より2才年上でロングヘアの綺麗なお姉さんでした。 ちょくちょく話をするようになったんですが………佳代が年上な事も有り、姉上目線でしたが。 憧れていた女性なんで話するだけでも楽しかったものです。 しばらくして佳代が結婚退職したんで数年間会う事も無かったんですが……ある日バッタリ会いました。 懐かしさもあり、しばらく話をした後に連絡先を交換し、別れました。 何度か電話やお茶したりしてるうちに……佳代から。 佳代「アルバイト手伝ってくれない?」 正直、面倒だし、やりたくなかったんですが、惚れた弱みで手伝う事に…………。 一緒にいればいろんなチャンスも有…
【近親相姦】従姉との性体験【体験談】
2015/12/11 00:10
2015/12/11 00:10
もう古い話ですが、私の母の出身は東北の片田舎でした。私は、小学校1年の時に東京で就職していた15歳年上の従兄に連れられて母の田舎に初めて行きました。  そこは東京生まれの東京育ちだった私にとって衝撃的な場所でした。  駅から小一時間バスに乗って、バス停で降りた私は、まず、東京で言うドブ川のようなところに、魚が泳いでいるのを見て驚きました。  そこは田んぼに続く水路だったのですが、人工的に作られた水路は私にとってドブ川のイメージだったのです。  さらに、そこで蛙を狙う蛇を見ました。蛇を見たのはそれが初めてでした。  母の実家までは、バス停から二十分程田んぼの間の道を歩いて行くのですが、人の気配が…
僕の長い初恋 1【体験談】
2016/04/07 20:10
2016/04/07 20:10

血は繋がってないけど本当の姉以上に大事な人、その人の名前はみどり子姉ちゃんという。本人は今でも「今時色の名前なんて・・しかもみどりなんてどう思う?」

というが僕はずっと大好きだ。だって凄く優しそうな名前で彼女にピッタリだから・・ 姉ちゃんは僕が生まれた時に向かいの家に引っ越してきて、僕とは10歳離れたお姉さん。一人っ子で兄弟が欲しかった。

姉ちゃんは俺がまだ言葉も喋れないうちから、毎日のように遊んでくれて、姉と弟みたいにして育った。

実際僕は小さい頃は本当に姉のように思っていた。

良くお互いの家に泊まって、小学校低学年まで一緒に寝たりお風呂にも入った。

毎日優しく僕の髪や背中を洗…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【露出】女装ビキニでナイトプールに侵入

・奥さんも覚悟したのか、欲しくなったのか・・・

・【レイプ】甲子園の常連校だった野球部の横暴

・今日メル友と会ってきた報告するよ

・浴室での排泄行為

・【乱交】変態カップルさんのプレイに混ぜてもらって初体験

・お堅い女上司の意外な趣味

・【熟女体験談】理容師の爆乳おばちゃんに勃起したらおっぱいプレスに手コキの痴女責めをされた

・男は欲情を理性で抑えているんですよ

・あなたのこと『だけ』訂正するようにしてあげるから

・想い出迷子~元彼に抱かれるとき~

・【男×男】ホームステイ先のカッコイイお兄さんに犯されたボク

・嫁の美人ママ友が家に遊びに来てくれました

・旦那のとは違って黒々してる・・・

・30代女性は狙い目なのか?

・【人妻体験談】超爆乳でブスな娘の友達のママさんにパイズリしてもらった後、無断中出し

・【熟女体験談】元ソープ嬢の現熟女デリヘル嬢な母との近親相姦SEX

・【オナニー】期待を超える汚れ方だった母の下着[後編]

・社長と偽って愛人募集

・小?高にかけて妹への行為

・【オナニー】期待を超える汚れ方だった母の下着[中編]

・【人妻体験談】ストレッチをして汗臭い義母と近親相姦

・【熟女体験談】独身女子会の罰ゲームで全裸浴衣で部長達にお酌するはめになり輪姦レイプされた

・俺と幼女だけの世界

・戻る事が出来ない犯され続けた体

・3P初体験…

・弟「なんか変なおしっこでちゃったぁ.......」

・【Hな体験】膝に跨がってキスをせがんでくるエッチな彼女

・何という大きさだ・・私の物とは比べ物にならなかつた・・・

・【近親相姦】俺は今、姉貴の奴隷です