寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

新社員研修

2018/10/31 12:01


「ねえ…これ行ったほうがいいのかな…」
バックに入っていたチラシを手にした未央は
TVの野球中継を見ながらビールを飲んでいる夫の正志の前に座って言った。
「…あそこの工場って付き合いがあるんだろ…」
正志はチラリと目を通すと未央の前に差し返した。
「それに…未央は工場の人たちとうまくやっていかないと困るだろう…」
「うーん…」未央は浮かない顔つきでチラシを開いた。

「エムエス工業社員研修」そうタイトルが打たれた案内に内容や日時が明記されていた。
「でも…ビール工場見学なんて」
気が乗らない未央は何とか行かなくていい方法を考えていた。
「まぁ…内容はともかくとして…行ってきたほうが良いんじゃないの…」
「社員になってから新しいんだから、好印象与えてこいよ…」
「山本さんは気さくでいい人だろう?」
「……。」
(人ごとだと思って…)未央は頬を膨らまして正志の顔を見ていた。
不機嫌そうな顔をしている未央をそのままに、正志はTVの野球に夢中だ。

広崎未央は27歳で夫の正志は32歳。未央は今年の1月に夫の務めるエムエス株式会社の系列のエムエス工業に事務職で途中入社した。新人で作業職と事務職の人間関係など分からない未央は、断ることができず、嫌々ながらの参加となった。

研修会の当日、未央は集合場所に指定されていた工場の駐車場に立っていた。
「やぁ広崎君の奥さん…おはようございます…」主任の山本が未央に挨拶しながら近づいてきた。
「あっ…おはようございます…今日はよろしくお願いいたします」
未央は笑顔をつくって挨拶を返した。
山本は3年前に60歳でエムエス株式会社を退職し、エムエス工業に再就職した。山本は未央の夫の元の上司だった。未央の途中入社には山本の口添えもあったようだ。

「どうも…おはようございます…暑いですねえ…」
木陰のベンチに座っていたのは立花だ。彼はアルバイトや新人の工員を指導する立場で30代後半の独身だが、はきはきした言葉づかいで男性女性を問わず評判が良い。工場では事務職員の未央にも挨拶してくれるので好印象な男だ。
そこに小型車がゆっくりと近づいてきた。未央と同年代の男女4人が乗っている。彼らは夫婦で未央の工場で働いているのだ。

「後は…ビールの苦手な田野上君か…おお来た…来た…」
やがて「下戸」の田野上が運転するミニバンが4人の前に止まった。未央は山本たちと一緒の車にのることになるようだ。
・・・ええっ…結局研修会ってこの8人だけなの…・・・。
「はいはい…どうぞ…」
運転席の窓から田野上の声が聞こえ山本は助手席のドアを開けて乗り込んだ。
「じゃぁ…我々も…」
そう言って立花が未央を後部座席に押し込みながら乗り込んだ。2列シートのミニバンは新車の臭いがする。

「新車なんですね。」
未央は作り笑顔で運転席の田野上に向かって言った。
「そう。…先月買ったんです…」
30歳の田野上は総務部で山本の下で働いているので未央とは顔なじみだ。人が良く酒が飲めないので、運転手をかってでた。190センチはある大男だ。
「じゃぁ…行きましょうか…」
山本の声にミニバンと小型車は団地を出発した。
「今日は…ありがとうございます。週末は何かと用事が入っているのでしょう?」
走り出してすぐ立花が未央にお礼を述べてきた。
「いいえ…そんなお礼なんて…」
未央は手を振ってかぶりを振った。

新車の中に未央の体から発する甘い香りが漂っていた。ショートヘアからのぞく耳たぶは白く産毛が初々しい。
(うーん…いい匂いだ…)
「広崎さんは…お酒は強いんですか?」
立花は未央の顔を覗きこみながら聞いた。
「いえ…あんまり…」
未央は笑顔を見せながら言った。
「全然飲めないって訳じゃないんでしょ…」
「ええ…まぁ…でもあまり強くないから…」
「そうか…良かった…良かった…飲めないんじゃないんですね…」
「え…ええ」

2時間ほど高速を走りインターを降りた未央達は曇り空の中、地ビール製造工場へ向かった。
「ああーやっと着いた」
山本が助手席から降りて大きく伸びをした。
(ふぅぅぅ…)未央も立花の質問責めから解放されるのでほっと息を吐いた。

地ビール工場では醸造の工程を担当者が案内してくれた。今にもひと雨きそうな空で蒸し暑かったが館内は涼しく快適だ。
「さーて…やっとビール…ビール」
最後に見学者用の試飲コーナーを案内された彼らは、グラスに注ぎ放題のビールを注いでグイグイッとあおっていった。ドライバーの田野上たちは違うラインで作られた清涼飲料を手に、にこにこしながらながめている。

「ぷはー…美味い」
男達は白い泡を鼻の下につけながら感嘆の声を轟かせた。
「さぁ…広崎さんも…」
「は…はい」
男達の飲みっぷりにあっ気にとられていた未央は目の前のグラスに口をつけた。
(あっ…美味しい…)苦味が少なく爽やかな口当たりに未央は目を丸くした。
「美味しいでしょ…ビンに詰めたのとは違うんだよ…ほら…ドンドンいきましょう…」
「は…はい…とっても美味しいです」
未央は心からの笑顔を初めて男達に見せてビールを口に運んだ。
「そうでしょ…それにこれはいくら飲んでもタダですから…ははははっ」
山本が大きな声で笑った。
「ふふふっ…」
未央も「タダ」を強調する山本の仕草が可笑しくて笑っていた。
「ほら…もっと…もっと…せっかくきたんだし…」

みんな次々にビールを注ぎ満たしてはグラスを空けていった。酔いが少し回ってきた未央も警戒心を解き楽しくビールを味わっていた。
「ははははははっ…」
ビール工場に隣接するレストランでの昼食も美味しく、みんなビール工場でレジ袋にいっぱい土産までもらって大満足だった。帰りの車内では下戸の田野上が話す「下ネタ話」に男達の笑いが沸きあがっていた。少し顔を紅潮させた未央も笑い声を漏らしていた。未央も疲れから帰りはシートに深く腰をおろした。身体がほてるのでポロシャツのボタンはふたつとも外した。

「広崎さんも笑ったね…意味が分かったんだ…ははははっ…」
すっかり上機嫌の山本が赤ら顔を覗かせて笑った。
未央は少し恥ずかしい顔をしながら笑みを浮かべていた。
「広崎さんは綺麗だから…毎晩求められて大変だろ…はははははっ…」
「広崎さんは…上?下?それとも…後ろからが好きなの?」
立花が酒臭い息を漏らしながら聞いてきた。
「知りません…そんな恥ずかしい。」
未央は顔を赤くさせた。
「俺のは…気持ちいいよう…」
田野上が巨体をねじって振り向きながら言った。
「田野上。ちゃんと前見て運転しろよ…」
男達の下ネタの内容が濃くなってくるのを未央は恥ずかしくなって聞いていた。
「おいおい……セクハラで訴えられるぞ…広崎さんの耳が真っ赤だぜ」
山本がたしなめた。
「い…いいえ」
未央はうつむいて返事を返した。

ビール工場を出発し快調に飛ばしていた車はやがて渋滞に捕まりその動きを止めた。
「あららら…」
田野上は小さく声を発した。
「渋滞…ですか?」
未央は田野上に声を掛ける。
「ああ…事故かな…こりゃ長いかもな…」
「え…ええ。次のパーキングまではどれくらいですか…?」
「うーん…30分…いや表示が見える…○○まで90分ということは1時間かな…」
「田中さん達が正解だったな。あんなに早くトイレ休憩するなんてと思っていたが…」
仲間の小型車ははるか後方にいるはずだ。
「そ…そうですか」
「大丈夫?」
「ええ…大丈夫です」
未央は笑みを作って返事をした。

(1時間か…我慢できるかな…)さきほどから未央は強い尿意を覚えていた。レストランを出発するときにトイレを済ませていたのだがここに来て再びもよおしていた。さっきパーキングの表示板があったので安心していたので余計に辛くなっていた。
(………。)
「何だ…渋滞かい」
山本と立花も目を開けて起きてきた。
未央はうつむきながら内腿を擦り合わせて必死に尿意をこらえていた。

「ちょっと小便してくるわ…」
「俺も…」
田野上と未央を残して山本達は路肩に向かうと恥ずかしくもなく放尿を始めた。男達は大勢の車が並ぶなか堂々と用を足すと、少し前方に移動した車に戻ってきた。
「そういや…広崎さんトイレ平気?」
「え…ええ…ちょっと行きたいです」
「でも…俺達みたいにその辺でって訳には行かないよな」
「皆の前で尻丸出しにして小便はできないだろ…」
「俺が壁になってやろうか」
「いえ…もう…何を言うんですか!」
「ハハハ…もうちょっと我慢できるかい」
「……はい」
「わかった。次の出口で降りてガソリンスタンドに寄ってあげるから…」
「頑張ってこらえてみて…」
「は…はい」しかし未央は限界が近かった。

何度も車を停めてもらおうかと考えたが、大勢の行楽客の前で恥ずかしい姿を晒すことができず、尿道口まで来ている小便を我慢していた。車はノロノロと進んでは止まるといった動作を繰り返し、我慢できなくなった子供を連れた母親が小便をさせている。
(あああ…が…我慢できない)未央はぴったりと内腿を合わせ、膝の上のバッグを握りしめていた。
「おお…出口が見えたぞ…ナビに出ているか…ガソリンスタンドはどの辺だった?」
立花は未央のバッグに手をのせ体重をかけて身を乗り出した。
「あっ、いやっ…だめ…」
未央は膝にかかる重さに思わず叫んだ。

(あああああああああああ…)
未央は腰を浮かせて溜まりに溜まった小水が放出されていく感触に体を震わせていた。熱い液体が下着を濡らし内腿に染み出す。
「あ…ああ…ごめんなさい…ごめんなさい…」
未央は止まらないでいる小水を放ちながら顔を手で覆い叫んでいた。立…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
同じマンションの隣に住む大学生と肉体関係になってしまいました
2018/01/11 12:10
2018/01/11 12:10
32才になる主婦です。

同じマンションの隣に住む大学生と肉体関係になってしまいました。

毎週土曜日の昼すぎに呼び出され抱かれています。

きっかけは、私が伝言ダイヤル遊びにはまっていたためなのです。

私の夫は海外勤務で単身赴任1年目、任期の残り3年を私は一人さびしく待つ身でした。

私はいつしか、一回きりの後腐れのない相手を見つけては秘密の火遊びをしていました。
その時も、私は見ず知らずの男と一時の情事を楽しんでいました。

帰り際、傘を差してホテルから出てきた私は、一瞬息が止まってしまいました。

なんとそこにはいつも回覧板を廻している同じマンションの隣に住む大学生と偶然にも出会ってし…
【人妻体験談】妻に甘えたい。後ろから抱きしめてクンカクンカしたい
2015/11/20 08:54
2015/11/20 08:54
2012/08/12 19:15┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者 1 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/08/10(金) 00:35:31.03 ID:9UR/vO9s0 そういうキャラづくりしとこなかったから 今更難しいんだがどうすればいい?  2 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします :2012/08/10(金) 00:35:48.06 ID:V2jPtWJ/0 しるかよハゲ  13 :以下、名無しにかわりましてV…
#意地っ張りな俺は、嫁が昔のバイト仲間と会うのを許してしまった4(転載禁止)
2019/02/01 12:57
2019/02/01 12:57


俺は、元栓が壊れた水道のように射精を続ける自分のペニスに驚きながらも、強すぎる快感に声が漏れてしまった。個室ブースとは言え、ネットカフェのあってないような仕切りなので、周りを気にしてしまった。

画面では、あやみが下駄箱に両手をついてお尻を突き出している。拡げられた脚……アソコからは蜜が溢れて床に垂れ落ちているのがわかる。
あやみは、確かに濡れやすい女性だとは思うが、普段はこんなに濡れてしまうことはない。俺は、敗北感のようなものを感じながらも、画面を食い入るように見続けた。

「で、でも、もうやめた方が良いと思うけど……。旦那さんの事、大好きなんでしょ?」
彼は、申し訳…
パパごめんね!凄いの!優子逝くよ!3
2017/11/14 18:31
2017/11/14 18:31
ラブホテルで佐々木に抱かれた次の日、生理が来ました。 週末の夜、溜まっていた気持ちを抑えきれない主人は 私がフルバックの大きなパンティーを履いているのに 荒い息で、しぼりあげたオッパイを吸います。 気持ちいいです。 乳首はコリコリに起ちあがります。 オカズは又あの二日間の夜の事 「優子!たまらん!あんなデカいのしゃぶって、ぶち込まれて! 気持ち良かったか?可愛いよ!!好きか?あのチンぽ好きか? 言ってくれ!ホントの事言ってくれ!デカいのがいいって言ってくれ!」 以前に比べ、手コキする勃起の角度も大きさも増して とっても素敵なんです。こんなに想われて、こんなに興奮されたらやっぱり堪らなくなるんで…
ザーメンぶっかけ(笑)
2015/10/16 11:38
2015/10/16 11:38
可愛過ぎて(笑)ザーメンを顔や、口の中でぶちまけた(笑) (笑)
【羞恥】小学生の従妹にまで「もう出たの?」と言われたオレ
2016/05/28 03:00
2016/05/28 03:00
オレは22歳、ルックスはイケメンだが、短小で早漏という欠点があるんだ。(皮は剥けている!)だから女の子とエッチまでは割りと簡単にいけるんだけど、その後が続かない。 オレの勃起したスモールチンコを見て、あからさまに「ちっちゃい!」って言う女の子もいたし、「エッ、もう出たの?」って言われたのは1回だけではない。 オレの従妹に、理香ちゃんという小学校5年生の女の子がいる。この夏休みに理香ちゃんがオレの家に泊まりで遊びに来た時の話なんだけど。 理香ちゃんは一人っ子なので、オレのことを「お兄ちゃん」と呼んでよく懐いているんだ。だから、よく一緒にお風呂に入ったりしてたんだけど、理香ち…
彼女が風俗嬢だった過去2【エッチ体験談】
2016/07/22 08:40
2016/07/22 08:40
一番古いヤツをクリックする。さっき見た画像だが…ノーモザイクだった… 思わずカウンターを振り返る。そこにいるMとおんなじ顔の女がボールを咥え、胸をはちきれんばかりに縛り上げられ 手枷で拘束され、首輪までしてる。ヘアーも丸見え。あの服の下にこの体があるのか… 正直この時ノーモザイクで見たことでMとブログの女が繋がってちょっと興奮しはじめてた。 じっくり眺めてからクリックして次の画像へ。 同じアングルのバストアップ。乳首立ってるよな?これ? (後にエッチした時にわかったけど彼女は最高に興奮すると乳輪にもシワが寄る  伝わるかわかんないけど。俺の乏しい女性経験…
【痴漢・レイプ】女子高生レイプ強姦体験:後悔しています【レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白】
2017/01/19 00:39
2017/01/19 00:39
思わず「いやぁ?誰かぁ?」と叫ぶと同時に容赦なく頬を叩かれました「騒ぐなよ!ヤラれたくて俺たちを呼んだんだろが!」「暴れると制服が破れて親にバレるぜ!」と脅されながら押さえつけられガムテープで暴れる私の手を3人がかりで後ろ手縛り口にもタオルを詰められた後ガムテープで巻かれたんです逃げようとどんなに暴れても外れないことを確認すると男たちに制服の上から遠慮なく胸を揉まれたりスカートの中に手を入れられたりされていました何度も泣き叫び暴れましたがどうすることもできずやがてクルマは郊外のラブホテルに入ったんです経験がない私でも郊外の妖しいネオンがどんな場所かわかりますここが私の初体験の場所なんだ…こん…
【近親相姦体験告白】近親相姦チャットのログ その6(後編)
2015/11/26 12:34
2015/11/26 12:34
SYSTEMしげさん(男)が在室しています。 SYSTEM明子さん(女)が入室されました。 しげ:おかえりなさい。 明子:すみませんでしたしげ:いいえ。 ・・・どうなさったんですか?明子:ご近所の方が来てしまってしげ:そうでしたか。 しげ:では、先ほどの続きです。 しげ:息子さんに、ぐっしょり濡らしている事を指摘されてしまった、という話ですね?明子:はいしげ:・・・それから?明子:そんな知識は持っていたみたいしげ:指摘されて、明子さんはどうされたのですか?明子:両腿を閉じても指が敏感な部分に触れてきてしげ:それでも抵抗を続けたのですか?明子:触らないでと言っても、続けてくるしし…
※嫁が子作りを始めたいと言ってきたので、寝取られ性癖を告白した(転載禁止)
2018/05/06 18:41
2018/05/06 18:41


生まれて初めて触る女性器は、想像以上に柔らかくて、壊れてしまいそうに感じた。
『んっ、そこじゃないって。クリトリスはもっと上だよ』
玲奈は、そんな指摘をしてきた。まさか、初めて女性器を触る相手が妹になるなんて、想像もしたことがなかった。前から、兄妹仲は良い方だと思う。僕がこき使われることも多いが、それでも可愛い妹だと想っている。

僕は、恐る恐るクリトリスを触り始めた。包皮からすでに頭がのぞいていて、粘膜みたいな感じの皮膚は、触ると痛いんじゃないかな? と、思ってしまうような見た目だ。指が触れると、
『うぅんっ』
と、玲奈の口から息が抜けるような不思議な声が漏れる。
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・映画館でレイプした人妻と

・他部署の上司との生セックスが病みつきに

・【人妻体験談】父が再婚した義母に誘惑されたら、イキながらお漏らしした

・抜かずの3発に腰も子宮も癒される不倫三昧

・「3Pお願いします」と頻繁に見かける書き込み

・【羞恥】キャバの面接で紹介されたヤバい裏風俗

・【近親相姦】田舎の祖母の家でぽっちゃり美人の母を夜這いレイプ

・非処女の妻は美しい

・【Hな体験】ゴムが破けるハプニングで知った生中出しの快感

・映画館の女子トイレで

・【熟女体験談】未婚の親戚のおばさんで初エッチ童貞卒業

・【人妻体験談】お尻が大きい幼馴染の母親とのセックスの相性は抜群

・高校教師している彼女の教ええ

・男なら気になる妻は何人の男と寝たのか

・【不倫】昼はセフレと夜はクラブで若い男漁り

・女子体操選手のレオタードのシミ

・間違いなくあのままでは犯される・・・

・【人妻体験談】馬鹿な人妻を騙してセックスする塾講師

・【熟女体験談】夫婦交換大好きでスワッピング中毒な変態夫婦

・塾生の相談に乗り流れでラブホへIN

・【オナニー】ジャクジー風呂で男子高校生に露出しながら

・【人妻体験談】妻が浮気をしているようで、友人に監視してもらったら金持ちの男に寝取られていた

・未亡人はエロに飢えているんですね

・【スワッピング】30歳の童貞キモオヤジに彼女を貸し出した結果

・【寝取られ】チャラい先輩とのセックスをブログ公開してた元カノ

・内妻の友達を旦那の前で

・【不倫】バスケサークルで知り合った若い男の子に告白されて

・痴漢される妻を目撃8(映画館編)

・社長のおちんちんを咥えています

・【人妻体験談】会社に出入している浮気したことのない人妻生保レディーが家にきたので、初めての浮気を経験させてやった