寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

新社員研修

2018/10/31 12:01


「ねえ…これ行ったほうがいいのかな…」
バックに入っていたチラシを手にした未央は
TVの野球中継を見ながらビールを飲んでいる夫の正志の前に座って言った。
「…あそこの工場って付き合いがあるんだろ…」
正志はチラリと目を通すと未央の前に差し返した。
「それに…未央は工場の人たちとうまくやっていかないと困るだろう…」
「うーん…」未央は浮かない顔つきでチラシを開いた。

「エムエス工業社員研修」そうタイトルが打たれた案内に内容や日時が明記されていた。
「でも…ビール工場見学なんて」
気が乗らない未央は何とか行かなくていい方法を考えていた。
「まぁ…内容はともかくとして…行ってきたほうが良いんじゃないの…」
「社員になってから新しいんだから、好印象与えてこいよ…」
「山本さんは気さくでいい人だろう?」
「……。」
(人ごとだと思って…)未央は頬を膨らまして正志の顔を見ていた。
不機嫌そうな顔をしている未央をそのままに、正志はTVの野球に夢中だ。

広崎未央は27歳で夫の正志は32歳。未央は今年の1月に夫の務めるエムエス株式会社の系列のエムエス工業に事務職で途中入社した。新人で作業職と事務職の人間関係など分からない未央は、断ることができず、嫌々ながらの参加となった。

研修会の当日、未央は集合場所に指定されていた工場の駐車場に立っていた。
「やぁ広崎君の奥さん…おはようございます…」主任の山本が未央に挨拶しながら近づいてきた。
「あっ…おはようございます…今日はよろしくお願いいたします」
未央は笑顔をつくって挨拶を返した。
山本は3年前に60歳でエムエス株式会社を退職し、エムエス工業に再就職した。山本は未央の夫の元の上司だった。未央の途中入社には山本の口添えもあったようだ。

「どうも…おはようございます…暑いですねえ…」
木陰のベンチに座っていたのは立花だ。彼はアルバイトや新人の工員を指導する立場で30代後半の独身だが、はきはきした言葉づかいで男性女性を問わず評判が良い。工場では事務職員の未央にも挨拶してくれるので好印象な男だ。
そこに小型車がゆっくりと近づいてきた。未央と同年代の男女4人が乗っている。彼らは夫婦で未央の工場で働いているのだ。

「後は…ビールの苦手な田野上君か…おお来た…来た…」
やがて「下戸」の田野上が運転するミニバンが4人の前に止まった。未央は山本たちと一緒の車にのることになるようだ。
・・・ええっ…結局研修会ってこの8人だけなの…・・・。
「はいはい…どうぞ…」
運転席の窓から田野上の声が聞こえ山本は助手席のドアを開けて乗り込んだ。
「じゃぁ…我々も…」
そう言って立花が未央を後部座席に押し込みながら乗り込んだ。2列シートのミニバンは新車の臭いがする。

「新車なんですね。」
未央は作り笑顔で運転席の田野上に向かって言った。
「そう。…先月買ったんです…」
30歳の田野上は総務部で山本の下で働いているので未央とは顔なじみだ。人が良く酒が飲めないので、運転手をかってでた。190センチはある大男だ。
「じゃぁ…行きましょうか…」
山本の声にミニバンと小型車は団地を出発した。
「今日は…ありがとうございます。週末は何かと用事が入っているのでしょう?」
走り出してすぐ立花が未央にお礼を述べてきた。
「いいえ…そんなお礼なんて…」
未央は手を振ってかぶりを振った。

新車の中に未央の体から発する甘い香りが漂っていた。ショートヘアからのぞく耳たぶは白く産毛が初々しい。
(うーん…いい匂いだ…)
「広崎さんは…お酒は強いんですか?」
立花は未央の顔を覗きこみながら聞いた。
「いえ…あんまり…」
未央は笑顔を見せながら言った。
「全然飲めないって訳じゃないんでしょ…」
「ええ…まぁ…でもあまり強くないから…」
「そうか…良かった…良かった…飲めないんじゃないんですね…」
「え…ええ」

2時間ほど高速を走りインターを降りた未央達は曇り空の中、地ビール製造工場へ向かった。
「ああーやっと着いた」
山本が助手席から降りて大きく伸びをした。
(ふぅぅぅ…)未央も立花の質問責めから解放されるのでほっと息を吐いた。

地ビール工場では醸造の工程を担当者が案内してくれた。今にもひと雨きそうな空で蒸し暑かったが館内は涼しく快適だ。
「さーて…やっとビール…ビール」
最後に見学者用の試飲コーナーを案内された彼らは、グラスに注ぎ放題のビールを注いでグイグイッとあおっていった。ドライバーの田野上たちは違うラインで作られた清涼飲料を手に、にこにこしながらながめている。

「ぷはー…美味い」
男達は白い泡を鼻の下につけながら感嘆の声を轟かせた。
「さぁ…広崎さんも…」
「は…はい」
男達の飲みっぷりにあっ気にとられていた未央は目の前のグラスに口をつけた。
(あっ…美味しい…)苦味が少なく爽やかな口当たりに未央は目を丸くした。
「美味しいでしょ…ビンに詰めたのとは違うんだよ…ほら…ドンドンいきましょう…」
「は…はい…とっても美味しいです」
未央は心からの笑顔を初めて男達に見せてビールを口に運んだ。
「そうでしょ…それにこれはいくら飲んでもタダですから…ははははっ」
山本が大きな声で笑った。
「ふふふっ…」
未央も「タダ」を強調する山本の仕草が可笑しくて笑っていた。
「ほら…もっと…もっと…せっかくきたんだし…」

みんな次々にビールを注ぎ満たしてはグラスを空けていった。酔いが少し回ってきた未央も警戒心を解き楽しくビールを味わっていた。
「ははははははっ…」
ビール工場に隣接するレストランでの昼食も美味しく、みんなビール工場でレジ袋にいっぱい土産までもらって大満足だった。帰りの車内では下戸の田野上が話す「下ネタ話」に男達の笑いが沸きあがっていた。少し顔を紅潮させた未央も笑い声を漏らしていた。未央も疲れから帰りはシートに深く腰をおろした。身体がほてるのでポロシャツのボタンはふたつとも外した。

「広崎さんも笑ったね…意味が分かったんだ…ははははっ…」
すっかり上機嫌の山本が赤ら顔を覗かせて笑った。
未央は少し恥ずかしい顔をしながら笑みを浮かべていた。
「広崎さんは綺麗だから…毎晩求められて大変だろ…はははははっ…」
「広崎さんは…上?下?それとも…後ろからが好きなの?」
立花が酒臭い息を漏らしながら聞いてきた。
「知りません…そんな恥ずかしい。」
未央は顔を赤くさせた。
「俺のは…気持ちいいよう…」
田野上が巨体をねじって振り向きながら言った。
「田野上。ちゃんと前見て運転しろよ…」
男達の下ネタの内容が濃くなってくるのを未央は恥ずかしくなって聞いていた。
「おいおい……セクハラで訴えられるぞ…広崎さんの耳が真っ赤だぜ」
山本がたしなめた。
「い…いいえ」
未央はうつむいて返事を返した。

ビール工場を出発し快調に飛ばしていた車はやがて渋滞に捕まりその動きを止めた。
「あららら…」
田野上は小さく声を発した。
「渋滞…ですか?」
未央は田野上に声を掛ける。
「ああ…事故かな…こりゃ長いかもな…」
「え…ええ。次のパーキングまではどれくらいですか…?」
「うーん…30分…いや表示が見える…○○まで90分ということは1時間かな…」
「田中さん達が正解だったな。あんなに早くトイレ休憩するなんてと思っていたが…」
仲間の小型車ははるか後方にいるはずだ。
「そ…そうですか」
「大丈夫?」
「ええ…大丈夫です」
未央は笑みを作って返事をした。

(1時間か…我慢できるかな…)さきほどから未央は強い尿意を覚えていた。レストランを出発するときにトイレを済ませていたのだがここに来て再びもよおしていた。さっきパーキングの表示板があったので安心していたので余計に辛くなっていた。
(………。)
「何だ…渋滞かい」
山本と立花も目を開けて起きてきた。
未央はうつむきながら内腿を擦り合わせて必死に尿意をこらえていた。

「ちょっと小便してくるわ…」
「俺も…」
田野上と未央を残して山本達は路肩に向かうと恥ずかしくもなく放尿を始めた。男達は大勢の車が並ぶなか堂々と用を足すと、少し前方に移動した車に戻ってきた。
「そういや…広崎さんトイレ平気?」
「え…ええ…ちょっと行きたいです」
「でも…俺達みたいにその辺でって訳には行かないよな」
「皆の前で尻丸出しにして小便はできないだろ…」
「俺が壁になってやろうか」
「いえ…もう…何を言うんですか!」
「ハハハ…もうちょっと我慢できるかい」
「……はい」
「わかった。次の出口で降りてガソリンスタンドに寄ってあげるから…」
「頑張ってこらえてみて…」
「は…はい」しかし未央は限界が近かった。

何度も車を停めてもらおうかと考えたが、大勢の行楽客の前で恥ずかしい姿を晒すことができず、尿道口まで来ている小便を我慢していた。車はノロノロと進んでは止まるといった動作を繰り返し、我慢できなくなった子供を連れた母親が小便をさせている。
(あああ…が…我慢できない)未央はぴったりと内腿を合わせ、膝の上のバッグを握りしめていた。
「おお…出口が見えたぞ…ナビに出ているか…ガソリンスタンドはどの辺だった?」
立花は未央のバッグに手をのせ体重をかけて身を乗り出した。
「あっ、いやっ…だめ…」
未央は膝にかかる重さに思わず叫んだ。

(あああああああああああ…)
未央は腰を浮かせて溜まりに溜まった小水が放出されていく感触に体を震わせていた。熱い液体が下着を濡らし内腿に染み出す。
「あ…ああ…ごめんなさい…ごめんなさい…」
未央は止まらないでいる小水を放ちながら顔を手で覆い叫んでいた。立…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
スキーツアーで仲良くなった女子大生と帰りのバスで…【体験談】
2015/11/16 14:10
2015/11/16 14:10

昨年の冬休み、友人たちと信州にスキーに行きました。

まだ21歳の学生なのでお金もなく安いバスツアーです。

スキーは初めてでしたが、なんとか滑れるようになり、同じバスツアーの女子大生グループと仲良くなることもできました(彼女たちが一つ年上)。

しかし民宿形式の宿だったため、あまり発展することはなく、帰途につきました。


最終日は夕方まで滑り、車中一泊のパターンです(翌早朝に帰る)。

僕の右隣の窓際には、グループの中でもあまり美人とは言えない潔子という子でした。

短い茶髪のパーマヘアーのやや太めですが、明るく気さくでHな話もOKな所が気に入っており、彼女も年下の僕のことを意識してい…
★気になっている義兄へ許しました
2017/03/06 14:47
2017/03/06 14:47
 私は33歳の主婦です。3歳年上の義兄(姉の旦那)に気持ちが行っています。きっかけを作ったのは私の方かもしれません。自分の旦那と義兄とをいつしか比べるようになり、明らかにうちの旦那の方が劣っている事に可愛らしさも感じながらも、不満を感じる事も多くありました。

 家が近い事もあって、始めはそれを便利に感じながらも、次第に不満の方が大きくなってくると、精神的に不便に感じる事も増えてきました。姉が親の介護でしばらく家を空けなければならない時に、私は自分の家にいて、出来ない旦那の顔を見ているよりも、出来る義兄が家にいなくても同じ空気を吸う事に喜びを得ている時期がありました。

 会社をいくつか経…
友達だけどお尻の穴を舐められ中出しまで・・[エッチな体験談] 
2015/09/02 09:39
2015/09/02 09:39
彼氏とのHがマンネリ化していた時に、友達のマンションで友達カップル2人(KくんとYちゃんは同棲中、Yちゃんはわたしの友達)と飲みました。

いつも通りくだらない話で0時くらいまで盛り上がりましたがわたしは体調悪い上に結構飲んだので潰れてしまいました。

最初から飲むつもりだったのでわたしは、お泊りセット持参でしたが、飲みすぎでお風呂も入らずに客間へ。

着替えもせずに敷いてもらった布団の中へ・・・。

私もどれくらい寝たのか時間は分かりませんが「何かもぞもぞする・・・。」

と思って飛び起きるとKくんがわたしTシャツの上から胸を触っていました・・・。

「だめだよ、何してるの、Kくん、だめ・…
クラスメイトの前で全裸にされて感じてしまった【JK・女子高】
2015/10/06 00:05
2015/10/06 00:05
夏なので体育で水泳をやったときのことですが、私は泳ぎも苦手で見学してぼーっとしてる方が好きなので、生理を理由にしてさぼることにしました。 ところが、体育の先生は、よくチェックしてるんですよね。 生理の時期が違うことに気づき、それでつっこまれたので返答にとまどっていたらばれちゃったんです。 当然のように、先生は「さぼらず泳ぎなさい!」と言いました。 ちなみに先生は35才ぐらいの女性です。 まさかばれるとは思っていなかったので、私は水着を持ってきていませんでした。 そのことを言うと、先生はさすがに女子校の女性教師だけあって、なんと、 「じゃあ、罰として裸で泳ぎなさい。さぼるとどうなるかの見…
【母】既婚で2児の母が遊びにきてやってしまったこと【エッチな体験談 近親相姦体験談】
2017/06/30 16:23
2017/06/30 16:23
仕事の関係で1年前からロス郊外にきてます。 ついこないだ知り合いの女の人が遊びにきてやってしまったことなんですけど。 その人とは、日本に居るとき行きつけの飲み屋で知り合いました。 ねこ目で結構エロそうな目つき、そしてロケットのような形のいいバストが印象的でした。 既婚で2児の母、上の子はもう中学1年です。 相手は私の3つ上、37歳です。 私がアメリカにいるあいだに、アメリカに行ってみたいということで、時間を作って来るとのことでした。 日本に居るときはこんな女と一発できたらいいなぁ、なんて思ってましたが、飲み屋で知り合って、しかも知り合いの友人ということ…
同僚たちと3Pを満喫する不良人妻です
2018/07/22 17:26
2018/07/22 17:26
 4歳年上の私の夫は同僚の中で一番早く結婚をして、20歳の私を自慢したいのか、仲の良い同僚の佐藤さんと今井さんをよく家に連れてきて飲み会をします。私も皆さんと一緒に飲んだりするのですが「お前こんなに若くてカワイイ嫁さんもらうなんて羨まし過ぎるぞ!」

「美沙ちゃん、こいつと別れたらオレのところに来いよ」とか言われて悪い気はしません。その日もいつもの感じで遅くまでみんなで飲んでました。
退院前に人妻ナースとの最高のセックスを体験したアラ還悪オヤジ
2018/05/24 12:10
2018/05/24 12:10
私はいわゆる悪人です。

若かりし頃から悪行三昧で淫れた生活を送ってきて、60歳を過ぎると天罰なのか病に犯され緊急入院し、手術するハメになりました

大きな公立病院に入院し、私が入った外科病棟には、数多くの病室が有り、大勢のナースが勤務をしていました。

そのナース達は皆美人揃い、どのナースも感心する程、献身的に患者の世話をしている美しい天使たちでした。

そんな美人揃いのナース達の中でも、目立つ程可愛いナースがいました。

彼女、準看上がりの色白美人なナースで、話をすると結婚している人妻ナース

年齢は三十路前後でしょうか。

笑顔がとても可愛いく、スタイル抜群

本当の天使の様な純真な人妻…
妹の喘ぎ声を聞いて興奮が抑えられなくなりエッチしちゃいました
2018/07/14 23:08
2018/07/14 23:08
某繁華街で悪酔いしている、OLをお持ち帰り【睡姦・レイプ】
2016/07/23 15:05
2016/07/23 15:05
学生時代、中央線某駅近くに住んでいた俺。 11月頃に深夜のアーケード街を歩いてたら、 某々スーパーの搬入口-段ボールが積まれていた隅に、 ヘタリ込んでるおねーさんを発見! 風邪をひいちゃいけない! 凍死まである! 親切心(w)で声をかけたんだよね。 そしたら、篠原涼子を地味目にした感じの そのおねーさんは、ろれつが回らなくて 「だいじょーぶ、だいじょーぶ!サンキュ」 って感じで、立ち上がろうとして、 またへたり込んじゃう。 「大丈夫じゃねーよ、風邪ひくよ。 服だって汚れてるじゃん。タクシー代持ってんの?」 「だいじょーぶ、おにーさん、 何か飲むモン、買ってきてぇ~♪」 …
仲良しの女友達と布団の中で激しくレズってしまった
2017/06/27 05:19
2017/06/27 05:19
あの日の事は、今でも忘れることはできません。 あれは、高2年の秋の修学旅行、最後の日の夜でした。 最終日の昼は、グループに別れての自由行動。 バスに乗ったり、自転車を借りてサイクリングをしたりと駆け回り、最後の日を楽しみました。 そして、その日の夜。 昼のグループと一緒で、なかよしの6人部屋。 最後の日は、みんなで部屋で飲もうと、こっそりとウイスキーや焼酎をバッグの中に忍ばせてきていました。 「先生に見つかるとやばいから、静かにね」 そう言いながらも、旅行最後の夜ということもあり、みんなの飲むピッチもだんだん早くなっていき、話題はクラスのことから、次第にエッチな話へ。 彼氏と…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・浮気をしていた妻が一段と綺麗に・・・

・夫の寝取られ願望を叶えていますが

・【浮気】洗っていないのに咥えてくれる風俗バイトの美人OL

・【洒落怖】同窓会に参加して、ローションプレイ4Pセックスをする人妻

・初めて行った銭湯で、いきなり露出プレイをする貞淑な妻

・△温泉旅行で酔い潰れ、目が覚めたら妻が口移しで酒を飲まされていた(転載禁止)

・アイマスクされて大勢に挿入されたのに、こんな快感味わったことがありません

・俺の初体験。

・【レイプ】彼氏を逆恨みした男に処女を奪われて輪姦撮影までも

・【Hな体験】本番強要ぐせがあるというパイパンのオジサン

・父の養分にされた息子

・中○生にパンチラだけでなく

・【レイプ】高2の夏、処女の私は万引きで捕まって・・・。

・落ち着いた大人の女性と出会いたいと思って登録した出会い系

・【熟女体験談】夫がいないときに息子と近親相姦する母親

・性の知識が全くない巨乳で可愛い天然の同級生にマッサージを頼まれた

・男なら興味津々な女医の妖しい行動

・義父と嫁のセックス 05

・【寝取られ】バイト先のイケメン大学生に孕まされた嫁

・透けた競泳水着

・綺麗な妻には過去がある

・母が激しく犯されながら切なげに喘ぎ声を上げている光景・・・

・叔父の奥さんに憧れていた若き俺のエロ歴

・【人妻体験談】妊娠中の元カノとセックスして中出し連発

・【熟女体験談】毎朝立ち寄るコンビニの小奇麗なおばさんと中出ししてハメた

・【Hな体験】好きだった人妻先生に無理やりキスしたら・・・。

・銭湯の娘だって子供扱いされたくない

・大嫌いだった従姉妹の話する

・【SM・調教】告ってきた派遣OLを性処理係に任命[後編]

・※妻が偶然元カレと再会して始まった寝取られ的生活