寝取り、寝取られ、人妻、熟女、不倫、浮気のエッチ体験談サイト

リアルな告白~秘密のエッチ体験談~

泥酔、乱交、泥酔、痴漢、レイプ、覗きなどのネットだから話せる衝撃の抜ける体験談サイトです。

新社員研修

2018/10/31 12:01


「ねえ…これ行ったほうがいいのかな…」
バックに入っていたチラシを手にした未央は
TVの野球中継を見ながらビールを飲んでいる夫の正志の前に座って言った。
「…あそこの工場って付き合いがあるんだろ…」
正志はチラリと目を通すと未央の前に差し返した。
「それに…未央は工場の人たちとうまくやっていかないと困るだろう…」
「うーん…」未央は浮かない顔つきでチラシを開いた。

「エムエス工業社員研修」そうタイトルが打たれた案内に内容や日時が明記されていた。
「でも…ビール工場見学なんて」
気が乗らない未央は何とか行かなくていい方法を考えていた。
「まぁ…内容はともかくとして…行ってきたほうが良いんじゃないの…」
「社員になってから新しいんだから、好印象与えてこいよ…」
「山本さんは気さくでいい人だろう?」
「……。」
(人ごとだと思って…)未央は頬を膨らまして正志の顔を見ていた。
不機嫌そうな顔をしている未央をそのままに、正志はTVの野球に夢中だ。

広崎未央は27歳で夫の正志は32歳。未央は今年の1月に夫の務めるエムエス株式会社の系列のエムエス工業に事務職で途中入社した。新人で作業職と事務職の人間関係など分からない未央は、断ることができず、嫌々ながらの参加となった。

研修会の当日、未央は集合場所に指定されていた工場の駐車場に立っていた。
「やぁ広崎君の奥さん…おはようございます…」主任の山本が未央に挨拶しながら近づいてきた。
「あっ…おはようございます…今日はよろしくお願いいたします」
未央は笑顔をつくって挨拶を返した。
山本は3年前に60歳でエムエス株式会社を退職し、エムエス工業に再就職した。山本は未央の夫の元の上司だった。未央の途中入社には山本の口添えもあったようだ。

「どうも…おはようございます…暑いですねえ…」
木陰のベンチに座っていたのは立花だ。彼はアルバイトや新人の工員を指導する立場で30代後半の独身だが、はきはきした言葉づかいで男性女性を問わず評判が良い。工場では事務職員の未央にも挨拶してくれるので好印象な男だ。
そこに小型車がゆっくりと近づいてきた。未央と同年代の男女4人が乗っている。彼らは夫婦で未央の工場で働いているのだ。

「後は…ビールの苦手な田野上君か…おお来た…来た…」
やがて「下戸」の田野上が運転するミニバンが4人の前に止まった。未央は山本たちと一緒の車にのることになるようだ。
・・・ええっ…結局研修会ってこの8人だけなの…・・・。
「はいはい…どうぞ…」
運転席の窓から田野上の声が聞こえ山本は助手席のドアを開けて乗り込んだ。
「じゃぁ…我々も…」
そう言って立花が未央を後部座席に押し込みながら乗り込んだ。2列シートのミニバンは新車の臭いがする。

「新車なんですね。」
未央は作り笑顔で運転席の田野上に向かって言った。
「そう。…先月買ったんです…」
30歳の田野上は総務部で山本の下で働いているので未央とは顔なじみだ。人が良く酒が飲めないので、運転手をかってでた。190センチはある大男だ。
「じゃぁ…行きましょうか…」
山本の声にミニバンと小型車は団地を出発した。
「今日は…ありがとうございます。週末は何かと用事が入っているのでしょう?」
走り出してすぐ立花が未央にお礼を述べてきた。
「いいえ…そんなお礼なんて…」
未央は手を振ってかぶりを振った。

新車の中に未央の体から発する甘い香りが漂っていた。ショートヘアからのぞく耳たぶは白く産毛が初々しい。
(うーん…いい匂いだ…)
「広崎さんは…お酒は強いんですか?」
立花は未央の顔を覗きこみながら聞いた。
「いえ…あんまり…」
未央は笑顔を見せながら言った。
「全然飲めないって訳じゃないんでしょ…」
「ええ…まぁ…でもあまり強くないから…」
「そうか…良かった…良かった…飲めないんじゃないんですね…」
「え…ええ」

2時間ほど高速を走りインターを降りた未央達は曇り空の中、地ビール製造工場へ向かった。
「ああーやっと着いた」
山本が助手席から降りて大きく伸びをした。
(ふぅぅぅ…)未央も立花の質問責めから解放されるのでほっと息を吐いた。

地ビール工場では醸造の工程を担当者が案内してくれた。今にもひと雨きそうな空で蒸し暑かったが館内は涼しく快適だ。
「さーて…やっとビール…ビール」
最後に見学者用の試飲コーナーを案内された彼らは、グラスに注ぎ放題のビールを注いでグイグイッとあおっていった。ドライバーの田野上たちは違うラインで作られた清涼飲料を手に、にこにこしながらながめている。

「ぷはー…美味い」
男達は白い泡を鼻の下につけながら感嘆の声を轟かせた。
「さぁ…広崎さんも…」
「は…はい」
男達の飲みっぷりにあっ気にとられていた未央は目の前のグラスに口をつけた。
(あっ…美味しい…)苦味が少なく爽やかな口当たりに未央は目を丸くした。
「美味しいでしょ…ビンに詰めたのとは違うんだよ…ほら…ドンドンいきましょう…」
「は…はい…とっても美味しいです」
未央は心からの笑顔を初めて男達に見せてビールを口に運んだ。
「そうでしょ…それにこれはいくら飲んでもタダですから…ははははっ」
山本が大きな声で笑った。
「ふふふっ…」
未央も「タダ」を強調する山本の仕草が可笑しくて笑っていた。
「ほら…もっと…もっと…せっかくきたんだし…」

みんな次々にビールを注ぎ満たしてはグラスを空けていった。酔いが少し回ってきた未央も警戒心を解き楽しくビールを味わっていた。
「ははははははっ…」
ビール工場に隣接するレストランでの昼食も美味しく、みんなビール工場でレジ袋にいっぱい土産までもらって大満足だった。帰りの車内では下戸の田野上が話す「下ネタ話」に男達の笑いが沸きあがっていた。少し顔を紅潮させた未央も笑い声を漏らしていた。未央も疲れから帰りはシートに深く腰をおろした。身体がほてるのでポロシャツのボタンはふたつとも外した。

「広崎さんも笑ったね…意味が分かったんだ…ははははっ…」
すっかり上機嫌の山本が赤ら顔を覗かせて笑った。
未央は少し恥ずかしい顔をしながら笑みを浮かべていた。
「広崎さんは綺麗だから…毎晩求められて大変だろ…はははははっ…」
「広崎さんは…上?下?それとも…後ろからが好きなの?」
立花が酒臭い息を漏らしながら聞いてきた。
「知りません…そんな恥ずかしい。」
未央は顔を赤くさせた。
「俺のは…気持ちいいよう…」
田野上が巨体をねじって振り向きながら言った。
「田野上。ちゃんと前見て運転しろよ…」
男達の下ネタの内容が濃くなってくるのを未央は恥ずかしくなって聞いていた。
「おいおい……セクハラで訴えられるぞ…広崎さんの耳が真っ赤だぜ」
山本がたしなめた。
「い…いいえ」
未央はうつむいて返事を返した。

ビール工場を出発し快調に飛ばしていた車はやがて渋滞に捕まりその動きを止めた。
「あららら…」
田野上は小さく声を発した。
「渋滞…ですか?」
未央は田野上に声を掛ける。
「ああ…事故かな…こりゃ長いかもな…」
「え…ええ。次のパーキングまではどれくらいですか…?」
「うーん…30分…いや表示が見える…○○まで90分ということは1時間かな…」
「田中さん達が正解だったな。あんなに早くトイレ休憩するなんてと思っていたが…」
仲間の小型車ははるか後方にいるはずだ。
「そ…そうですか」
「大丈夫?」
「ええ…大丈夫です」
未央は笑みを作って返事をした。

(1時間か…我慢できるかな…)さきほどから未央は強い尿意を覚えていた。レストランを出発するときにトイレを済ませていたのだがここに来て再びもよおしていた。さっきパーキングの表示板があったので安心していたので余計に辛くなっていた。
(………。)
「何だ…渋滞かい」
山本と立花も目を開けて起きてきた。
未央はうつむきながら内腿を擦り合わせて必死に尿意をこらえていた。

「ちょっと小便してくるわ…」
「俺も…」
田野上と未央を残して山本達は路肩に向かうと恥ずかしくもなく放尿を始めた。男達は大勢の車が並ぶなか堂々と用を足すと、少し前方に移動した車に戻ってきた。
「そういや…広崎さんトイレ平気?」
「え…ええ…ちょっと行きたいです」
「でも…俺達みたいにその辺でって訳には行かないよな」
「皆の前で尻丸出しにして小便はできないだろ…」
「俺が壁になってやろうか」
「いえ…もう…何を言うんですか!」
「ハハハ…もうちょっと我慢できるかい」
「……はい」
「わかった。次の出口で降りてガソリンスタンドに寄ってあげるから…」
「頑張ってこらえてみて…」
「は…はい」しかし未央は限界が近かった。

何度も車を停めてもらおうかと考えたが、大勢の行楽客の前で恥ずかしい姿を晒すことができず、尿道口まで来ている小便を我慢していた。車はノロノロと進んでは止まるといった動作を繰り返し、我慢できなくなった子供を連れた母親が小便をさせている。
(あああ…が…我慢できない)未央はぴったりと内腿を合わせ、膝の上のバッグを握りしめていた。
「おお…出口が見えたぞ…ナビに出ているか…ガソリンスタンドはどの辺だった?」
立花は未央のバッグに手をのせ体重をかけて身を乗り出した。
「あっ、いやっ…だめ…」
未央は膝にかかる重さに思わず叫んだ。

(あああああああああああ…)
未央は腰を浮かせて溜まりに溜まった小水が放出されていく感触に体を震わせていた。熱い液体が下着を濡らし内腿に染み出す。
「あ…ああ…ごめんなさい…ごめんなさい…」
未央は止まらないでいる小水を放ちながら顔を手で覆い叫んでいた。立…


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
▼関連記事
【不倫】湯治場で出会ったスケベな人妻[後編]
2016/09/18 00:00
2016/09/18 00:00
目を瞑り、眠ろうとするが、眠れるわけがない。俺の腕とチンポにはまだ奥さんの感触が生々しく残っているのだから。吐き出したばかりのチンポはいつの間にか再び生気を取り戻し、血流が流れ始めている。 ギュッとそれを掴むとツンとした快感が走った。 (やぱい・・・) ふと奥さんの横顔を覗き見るとスヤスヤと寝息を立てて眠っているようだ。俺は、奥さんの横で寝ていると再び劣情を催し、抑えられそうにないので、そっと身を起こすとタオルを手に取った。 「どこ行くんですか?」 背後からの声に俺はビクン!と反応した。 「ビックリした!起きてたの?」「すみません、驚かせちゃいました?アハハ」 「寝てるの…
エレベーターで肩を抱かれ上司とSEXした新米OLの私。。。
2018/02/04 14:02
2018/02/04 14:02
23歳の新米OLで す

4月上旬の出張のときに会社の上司(49歳)とエッチしてしまいました。

その上司とは定期的に取引先の出張に行ってるのですが、

先日訪問したときの話です。

その日は納入日前後ということもあり、

初めて二泊三日の出張に行くこととなりました。

仕事が無事終了したあと、

初日打ち上げもかねて居酒屋で食事をすることになりました。

緊張感から開放されたこともあり、

いつになくお酒がすすんで、ほろ酔い気分です。

そうなってくるとプライベートな話になるのは流れで、

いろいろ聞かれました。

「彼氏はいるのか?」とか

「遠距離で寂しくない?」などです。

中学生の妹のオナニーを手伝ったら小便漏らした
2017/07/03 12:19
2017/07/03 12:19
久しぶりに地元の家に帰った時のことです。 この日は仕事で親は居ない、当然兄弟達も学校で居ないはずだった。 が、家に帰ると靴がある? 自分の部屋に行ってから洗面所に行くと居間の方から変な声が聞こえてきた。 「んっ・・・んっ」 行ってみるとソファーの上に中学生の妹が寝転がっていた。 ビックリさせようと近づいたら、足をくねらせながらオナニーをしていた。 妹も俺に気づいた。 さすがに気まずくなった。 妹「か、帰って来たなら言ってよ」 俺「・・・ゴメン。まぁ続けて下さい」 部屋に戻ろうとすると・・・。 妹「ぅぅ、待ってよ!」 俺「ん?てかお前学校は?」 妹「・・創立記念日で休…
東欧旅行で知り合った京都弁の女子大生との中出しエッチ体験談
2016/03/04 08:28
2016/03/04 08:28
これは大学時代の事。

俺は学業そっちのけでバイトをし、

時間と金ができれば海外放浪をしていた。

ある秋休み、東欧への旅行を計画。

ドイツから入り、オーストリア・チェコ・ハンガリー・

ルーマニア・ポーランドを巡る計画だった。

飛行機がフランクフルトに到着し、

その足で中央駅へ行き、プラハ行きの切符を買った。

発車までの退屈な数時間を過ごし、

列車に乗って発車はまだかまだかと待っていた時だった。 ホームを、1人のアジア系女性が歩いていくのが見えた。

あ、日本人かな?この列車なのかな?

声をかけようとも思ったが、日本人かどうかも分からないし、

反対側の列車…
再婚相手の連れ子をアナルでも逝けるように調教したったwwwwwww
2017/02/15 12:02
2017/02/15 12:02
二十八歳の私には三十七の妻と十四歳と四歳の娘二人がいます。

姉の方は妻の連れ子で妹の方は私の子です。

姉は最初話もしようともしませんでした。

どうやら前の父親から軽いDVを受けていたらしく、

それで私のことを警戒していたみたいです。

ですが誠意的に接していくうちに、

上の娘も徐々に心を開いていってくれて、

一年たったら妻も嫉妬するくらいに私に

べったりのファザコンになってしまいました。

少し困りましたが、

血の繋がらない私に甘えてくれているので

嬉しかったりもしました。

その後妻は妊娠し下の方の娘を出産、

一年程したら妻は仕事に復帰しました。

【犯され】母親が犯されている姿を見て興奮する中学生②
2016/03/02 13:56
2016/03/02 13:56
の続き一週間後、今度は聡の家に私達は集まった・・・聡の話によれば、涼子さんは、毎週土曜に仕事が休みで、平日は大体何時も20時過ぎに帰って来るという事だった。涼子さんが休みの前日の金曜日・・・この日私と猛は、聡の家に泊まる計画を立てていた。聡から、休みの前日は会社の同僚と軽く酒を飲んでくる日が多いと聞き、三人で涼子さんを犯す手順を相談し合った。聡は、私達を涼子さんの寝室に案内すると、 「家のお袋・・・結構欲求不満のようでさぁ、こんな物持ってるんだぜ?」そう言って聡は涼子さんのベットの枕元から、ピンク色したバイブを取りだした。聡がスイッチを入れると、それはブゥゥゥンとクネクネ動き始め、初めて見…
【人妻体験談】妻の母
2016/05/09 10:11
2016/05/09 10:11
妻が二人目の子ども妊娠中のことです。 切迫流産になってしまい、妊娠中も何回か救急車で運んでもらうことがありました。 何回か運ばれたある日、症状が悪化したようで、入院することになりました。 予定では、一週間から二週間という予定で聞かされていたので、まだ小さな長女と生活することになりました。 しかし、仕事を休むわけにはいかず、保育所にも入れていなかったので、車で40分くらいかかる妻の実家に、休日以外、毎日送り迎えに行っていました。 仕事の日は、朝早く送りにいって、夜迎えに行った時に夕御飯をいただいて帰るといった日が十日ほど続きました。 妻の実家でしたので、通いなれない私は毎日疲れ…
【妹との告白体験談】妹が徐々に変わっていった
2015/10/27 02:59
2015/10/27 02:59
1:名も無き被検体774号+:2012/10/10(水)20:41:41.10ID:34FsfU7H0 ちょっと胸糞悪い自分+妹語りスレ書き溜めてないから遅くなる 2:名も無き被検体774号+:2012/10/10(水)20:44:59.24ID:0M4OyjSbO どう変わったの?7:名も無き被検体774号+:2012/10/10(水)20:55:29.14ID:34FsfU7H0 2 それはまあのちのち 3:名も無き被検体774号+:2012/10/10(水)20:45:28.26ID:GaGFouAQ0 胸糞悪いのかぁ… 4:名も無き被検体774号+:2012/10/10…
【熟女体験談】29歳の若妻のGカップにたまらず寝取ってしまったエロ話
2016/01/17 12:02
2016/01/17 12:02
2016/01/17 (Sun) 私45歳、妻47歳で結婚16年目です。


子供は全寮制の学校に通わせていて、家には2人だけで最近はいつもまんねりの夫婦生活をしています。


ある日、後輩のA39歳がB子29歳と最近結婚したので我が家でお祝いもかねて食事会をしました。


B子は幼さが残る童顔でいたって普通にカワイイ顔、ショートカットの少し茶髪で体は丸みのある肉つきの


色白で女性特有の曲線美でオッパイがGカップあるエロティック体型で胸元を強調する


大きく開いたU字のセーターを着ていました。

テーブルでホームプレートを4人で囲み私の向かいにB子が座っていたので正面から…
巨乳好きな彼氏と友人で3Pするのが夢
2017/04/13 21:46
2017/04/13 21:46
219 :えっちな18禁さん :2010/11/26(金) 23:38:53 これは実話ですが… 彼の友人が巨乳好きな人で…いつも会うとき視線を感じていたんです。 ある時3人で遊んだ時に私があまりに谷間が見える服を着ていってしまい… 友人と別れた後、彼に「なんでそんな服を着てくるんだ!」とひどく怒られてしまい家に上がる間もなくエレベーターホールで バックで犯されてしまったんです… それ以来彼一緒にと友人の家に泊まる時は必ず友人が寝静まった後で 友人が寝ている横で声を押し殺してSEXしていました。 それにはまってしまったので… 願望は…SEXに気付いた友人が興奮して無理ヤリお…
「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」はみなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談をまとめた秘密の告白サイトです。
欲求不満の昼顔人妻からこぼれんばかりに熟した熟女、不倫現場の修羅場レポートや一夜限りの浮気経験談なども多数掲載しております。
ちょっと笑ってしまうような面白エロ体験談から、あっと驚くような人には言えないアブノーマルなセックス報告、イケナイ人妻寝取り告白や、反対に寝取られてしまった人の体験談なども、「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」なら存分にお読みいただけます。
更新される記事のジャンルは幅広く多岐にわたるエッチ体験談なので、あなた好みのジャンルのエロ記事をすぐに見つけていただくことができるはずです。
また内容も厳選に厳選を重ねたリアルな体験告白ばかりなので、その様子がまるで手に取るように分かるエロさ全開の記事が満載です。
人妻・熟女・不倫・浮気・セフレ・寝取り・寝取られ・職場・OL・風俗・デリヘル・出会い系・泥酔・レイプ・処女・初体験・女子校生・学生時代・女子大生・友達・恋人・外国人・近親相姦・覗き・痴漢・乱交・ナンパなど、25以上ものキーワードからタグ検索をしていただくことも可能です。
すぐにお好みのエッチ体験談をお探しになりたい方は、タグ検索が大変便利ですのでご利用ください。
中にはちょっとマニアックなプレイものから、かなり過激な極上エロ体験まで?こちらのサイトだからこそ赤裸々に語ることができるエッチ体験談の記事を毎日大量に更新しております。
みなさんから寄せられたリアルなエッチ体験談ならでは生々しくていやらしい極エロ記事は、大興奮間違いなしのハイレベルなエロ記事ばかりです。
人妻さんが愛欲に乱れ咲く様子が書かれた記事や、超絶テクニックで女性を快楽の新境地へ導いた武勇伝など、幅広いエッチ体験談を取り揃えた「リアルな告白~秘密のエッチ体験談~」ならではのハイレベルなエロ記事は、男女問わずすべての方にめいっぱいお楽しみいただけるはずです。
毎日100以上の新着記事を配信し、みなさんにエッチな記事をお届けしております。
選び抜かれた豊富なエッチ体験談記事の中から、お気に入りのエロ記事をぜひ見つけてください。
パソコン(PC)以外にも、スマートフォン(iPhone、Android等のスマートフォン)にも対応しています。
※当サイトの掲載記事はすべて無料で配信しております。安心してお気軽にお楽しみください。
▼人気記事

・【Hな体験】修学旅行で乗った飛行機の機内で彼氏に初フェラ

・【人妻体験談】超淫乱で痴女な人妻歯科衛生士と診察台の上で寝取り中出しSEX

・【熟女体験談】近親相姦をするようになって30年の母と息子のSEX

・彼氏の浮気に彼氏の後輩に報復浮気

・結婚相手に妻を選んだ理由

・奥さんも覚悟したのか、欲しくなったのか・・・

・今日メル友と会ってきた報告するよ

・浴室での排泄行為

・【乱交】変態カップルさんのプレイに混ぜてもらって初体験

・身長体重測定

・【熟女体験談】理容師の爆乳おばちゃんに勃起したらおっぱいプレスに手コキの痴女責めをされた

・俺とビッチとの思い出

・男は欲情を理性で抑えているんですよ

・あなたのこと『だけ』訂正するようにしてあげるから

・想い出迷子~元彼に抱かれるとき~

・妹が徐々に変わっていった話

・嫁の美人ママ友が家に遊びに来てくれました

・旦那のとは違って黒々してる・・・

・30代女性は狙い目なのか?

・【人妻体験談】超爆乳でブスな娘の友達のママさんにパイズリしてもらった後、無断中出し

・【熟女体験談】元ソープ嬢の現熟女デリヘル嬢な母との近親相姦SEX

・社長と偽って愛人募集

・アパート住まいが楽しいのは隣の奥さん

・小?高にかけて妹への行為

・【オナニー】期待を超える汚れ方だった母の下着[中編]

・【人妻体験談】ストレッチをして汗臭い義母と近親相姦

・【熟女体験談】独身女子会の罰ゲームで全裸浴衣で部長達にお酌するはめになり輪姦レイプされた

・俺と幼女だけの世界

・戻る事が出来ない犯され続けた体

・【オナニー】期待を超える汚れ方だった母の下着[前編]